冬の到来。

名残惜しい秋を全て吹き飛ばしてしまうかのような、冷たく強い風が吹きさらす土曜日の午後。

冬はこんな風にのってやってくるのだ、と、思いながらGusと丘の上へ。

実は、強風予報(加えて雨)も出ていたので、休みをもらった昨日金曜日に少し庭で片付けをしておいた。

どんどん落ちてくる枯れ葉をかき集め、コンポストにとても良いオークの葉っぱは庭の奥のワイヤーの中に積み上げる。

それ以外の落ち葉は、ご近所さんがみんなやっているように、家の前に積み上げた。

クリスマスツリーのオーナメントのように、まだ樹にぶら下がって残っているリンゴを振り落として集めたりもした。

落ちてくるものは完熟なので、すぐに食べるのが一番。今日、少しお友達にももらってもらってありがたかった。

集めながら、今日も「本当に今年はよく頑張って実をつけてくれたねぇ」と声をかける。秋の初めに「コンフリー」をこのリンゴの老樹のそばにも植えてあげた。来年、良い肥料になってくれればいいな。

轟々と吹き続ける強風。明日の朝には全部落ちているかも。

もう一つ、昨日晴れているうちにやっておいたこと。簡易グリーンハウスのビニールを取り外した♪

去年は、一度、ストームのときに転がっていき、それはレスキューしたものの、冬の雪の重みでフレームがぺこっと減っこんでしまって潰れたのでした。なので、冬の間は使わないんだし、ビニールを外してフレームだけを残して越冬! フレームの内側には支柱を埋めてあるので、フレームだけが風で飛んでいくことはないし。これで一安心。昨日のうちに片付けてしまっておいて良かった〜。ほっ。

きのこって喋りだしそうで、キャラクターにしやすい生きもの、よね。

カナダもコロナの第二波が数字として顕になってきていて、再びロックダウン(お店等が全部しまってしまう規制)になった街が出ている。ビクトリアはまだ大丈夫みたいだけれど、今年のクリスマスはみんなひっそりと「とにかくのりきろう」モードで過ごすことになりそう。我が家はいつもとなんら変わらず、のんびりと静かな冬休みになりそうです。

あ、全然関係ないのだけれど、この間お腹を壊したので体重が落ちた。今までどんなエクササイズをしておやつをちょっと減らしても「ぜんっっっっぜん」変わらなかったのに、すとんと2kgほど落ちた。なんか悔しいなぁ。

こんな寒いストーミーな夜には、スープかシチューか…と考えて、今シーズン初のチリ(チリコンカーン)を作ったよ。ブラックビーンやチックピーやレッドビーンやピントビーンなど、色々と混ぜて。美味しかった☆

これもインスタントポットで18分。お肉だけはしっかりと炒めたかったので、それはキャストアイロンのパンで。この間作っておいたボーンブロスとピルスナーのビール一缶入ってます。このビールをちょっと味見してみたら美味しいこと。普段アルコールなんて飲まないから、感激の美味しさだった。そしてふと、日本の美味しいビールが飲みたくなった。

来年は安全に安心して帰国できるといいなぁ。

温かい週末を!

りんごチップス

寒いっ。

今日は「Remembrance Day」の祝日。第一次世界大戦終結を記念し、戦争で亡くなった軍人さんたちや退役軍人さんたちを追悼する日。例年ならパレードがあるけれど、今年はセレモニーだけがひっそりと行われていた。

週の中日だったからか、妙に眠くてしゃんとせず、家の中でごろごろと。で、またリンゴの処理を。

枝を揺さぶって落ちてきた「Today’s Apples」。冷蔵庫にもガレージにも溜まっているリンゴ。

去年(だったっけ?)買い替えたオーブンには「Dehydrate(ディハイドレート)」の機能がついている。華氏150度(摂氏65度)の温度に設定され、ゆるい風がふくみたい。せっかくある機能なので、それを使ってリンゴチップスを作ってみることにしたよ〜。初トライ☆

芯を取って5mmほどの厚さにスライス。スライサーがないので、包丁で切る。それがちょっと面倒です。が、皮をつけたままなのでアップルソースよりは楽かな。

「蜜」の部分が透き通っていてきれい。

Dehydrateの設定で13時間ほどかなぁ。ぱりっとするまで。

できた〜♡

思っていたよりも甘い! さくさくぱりぱり。

ちょっと変色してしまったけど、どうってことはない。これならしばらくは保存がきくかな。普通にバッグにいれたりしたら、湿気てしまうのかな。初めてなのでよくわからない。早めに食べたほうがいいのかな。

バルクフードのお店で「ドライアップル」というのを買ったことがあるけれど、あれは「しんなり」としている。これは「チップス」です。ぱりっと。リンゴだけで何もつけていないし、体にもいいし。相方も「美味しいわ」と言って食べていたので良かった〜。

あまり小さいと皮がちょっと気になるかも。うちの林檎の皮は、市販のものよりもしっかりしているから。

時間を見つけてもうちょっとりんごチップス作ってみよう〜。

昨日の夕方の海。「Heron(アオサギ、かな?」が独り岩の上で。いつもあの岩の上で、いつも独りで。魚を狙っている風でもなし、あのスポットが心地良いのかな。

いつもよりも大きい画像。クリックで拡大。

偶然見つけた動画(↓)。ホワイトハウスを出るのを拒んでいるトランプのパロディ。本人かと思った(笑)

和書読書とリディアのリンゴのフラン

寒いけど快晴!空も吹く風もまだ春と呼ぶには早過ぎる。でも、少しいいお天気が続くと、待ちきれないように小鳥たちが賑やかに歌い出すからかわいい。

今日から2月。今年ももう1ヶ月が過ぎちゃったよ。はやいっ。

先週末は体が重くてエンジンのかからなかったので、和書を一冊読んだ。小川洋子の「猫を抱いて象と泳ぐ」。たまたま大学の図書館にあったもの。日本を代表する文学作品はずらりと並んでいるものの、現代作家のものは数えるほどしか無い。なので、この一冊を見つけたときには、飛びついてしまった。初めて読む小川洋子さんの一冊。

英語の作品はちんたらちんたらと、いつまでたっても読み終わらないのだけど、日本語だと週末あれば十分。ぐわ~っと読んで、この作品の主人公「リトル・アリョーヒン」の世界にひたってしまった。数日たっても、ちょっと物悲しい。ふとした時に本で読んだ場面が浮かび上がってくる。本の感想文はとても苦手で下手なので避けますが、チェスをめぐる不思議な少年が主人公の物語。アマゾンで紹介されているあらすじは:

「大きくなること、それは悲劇である」──この警句を胸に11歳の身体のまま成長を止めた少年は、からくり人形を操りチェスを指す。その名もリトル・アリョーヒン。盤面の海に無限の可能性を見出す彼は、自分の姿を見せずに指す独自のスタイルから、いつしか“盤下の詩人”と呼ばれ奇跡のように美しい棋譜を生み出す。架空の友人インディラとミイラ、海底チェス倶楽部、白い鳩を肩に載せた少女、老婆令嬢……少年の数奇な運命を切なく描く。小川洋子の到達点を示す傑作。

私はチェスのことはほとんど何も知らない。駒にそれぞれ特別な動き(?)があって、黒と白が対戦してキングを押さえたほうが勝ち、ということくらい。勝ち負けのあるゲームにすぎない、って。この物語を読みながら、チェスを心から愛する人たちが描くチェスの世界というものを、自分も思い描くことができたら素敵だろうなと思った。知らなかったのだけど、チェスの駒の動きを記録したものを「棋譜」っていうんだって。この言葉、とてもきれい。「棋(駒)」で綴られた「譜」。チェスをする人は、この棋譜をみるとチェス盤を挟んだ二人が織りなした世界が音楽のように蘇ってくるんだって。どんな世界なんだろうな。

リトル・アリョーヒンも少女ミイラも含めて、登場人物それぞれが個性的でひっそりと静かな存在感があって好きだった。口数は少ないけれど(言葉ではないもので)多くを「語る」人物像って日本の物語には多いのかな。あと、日本語だからできる言い回しとか抑揚は、日本語で読むから楽しめるなって思う。おばあさんや品のいい女性、おっとりとした優しい男性などの会話文って、日本語だと読んでいるうちに声が聞こえてくる。イメージができあがってくる。英語に書き換えちゃうと会話文だけ抜き出したら誰が話しているのかわからなくなることもあるもんね。

と。母国語での読書は娯楽だなぁ、としみじみと思った週末読書でした。

さて、一つ覚書きに。随分前に一度紹介したけれど、レシピを書いていなかったので。

リディアのリンゴのフラン

材料:

  • リンゴ 6個ほど
  • 卵 2個
  • 小麦粉 100g
  • 砂糖 100g
  • バター 100g
  • アマレット 100g
  • 牛乳 大さじ1
  • イースト 7g(小さじ2 1/4)

アマレット以外を全部混ぜ、バターを塗った容器にいれる。その上からアマレットをふりかける。200度(400F)で1時間。焼いている途中でアマレット(+糖分)があふれることがよくあるので、受け皿などを下に敷いておいたほうがいいでーす(Lesson Learned. 経験済み:溢れて焦げてすごい煙が出てきたー。)

とても簡単でがっつりと美味しい焼き菓子。フレンチのデリケートなフランとは違って、おばあちゃんの味!って感じ。リディア・バスティアニのイタリアンフランです。私は砂糖をきび砂糖や蜂蜜に置き換えた。今の時期色んな果物がないけど、りんごならある!ってときにお試しあれ~。美味しいよ。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

オペレーション・アップルズ

庭の年寄りリンゴの木から採れたりんごたち。ガレージの涼しいところに置いておいても、いつまでももつものでもなし。早く食べるに越したことはない。まだあと20個ほどあるかなぁ。

庭のリンゴ

いい香り。爽やかな甘みのあるりんごです。

先週末にはこんもりとしたアップルパイを焼いた。5mmほどの薄さにスライスしたリンゴにレモン汁をたっぷり。シナモンとナツメグとブラウンシュガーをふりかけて少し置いたものを隙間なくパイ生地に押し込んで焼いた。

今年初のアップルパイ

とても美味しいパイになった♪

それから同じくらいの厚さにスライスしたものをドライアップルにしたよー。皮付きです。今回はレモン汁にも浸さず、スライスしてそのまま乾燥〜。随分前にガレージセールで買った$10のディハイドレーターで。

入れたことをすっかり忘れて。。。一日半弱!!!Oh my God!!!)。。。乾かしてしまった。

ドライアップル

かりっかりだ。アップルチップスになってしまった。

でもジップロック等にいれておくと少ししんなりするからこれでいいかな。 「皮をむくのがめんどくさい」といってあまり果物を食べない相方(←男の人って多くない?)。でもこうしてチップスにしてしまうと、ほっつらほっつらと食べ続ける。ドライにするとリンゴ2つ分くらいあっという間に食べれてしまう。おやつにも持っていきやすいもんねー。ときどきこうしてドライにするのも悪くないネ。ドライにしたフルーツは甘さがぎゅっと凝縮されておいしいねー。

ドライアップル

そうだ。リンゴつながりで。
髪の毛を洗うのにブロナーズ一本で洗っているという話をした時に、そのコメントで「お酢でリンスするといいよ~」って教えてもらった。そのときちょうど、リンゴ酢を使ってハンガリアンウォーターを作っていたので、それをシャンプー後の髪にふりかけたところさらりとした。それ以来、ローズマリーだけを2週間ほど浸したリンゴ酢をリンスにして使っている。

これがとてもいい感じ♪ 石鹸シャンプーだけだとごわごわしていた髪が、乾かした後もさら~っとしてくれるようになった。ローズマリーは頭皮の健康にとてもいいらしいよ☆  しばらく続けようと思う。

今日は久しぶりに青空が広がったので、キャンパスでも笑顔が多かった。お日さまの力はすごいなー。

acornlight
おしゃれどんぐり。

普通、どんぐりの帽子って拾ってから2日程するとぽろっと落ちてしまうもの。このどんぐりを拾ったのは3週間以上も前。帽子にちっちゃい帽子が2つくっていてかわいくて、拾ってきた。今日もまだ帽子をかぶっているよー。晴れの日、続くといいなぁ。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪