実りの季節

花が終わって実のなる季節。

ヘリテージトマト

うちのトマトは9割がまだみどり色。ほんのりと色づいてきているのもあれば、頑固にものすごーく緑なのもあり。

ヘリテージトマト

左側(↑)のはよく知られているサンマルツァーノっていうトマトなんだけど。うちのはごつごつのしかめっ面。

ヘリテージトマト

レッドロシアン。今日、スライスして食べたよ〜。

今年初めて鉢植えで育てている「Acorn Squash」。Acorn=どんぐり。そう、どんぐりのようなかたちの甘いスクワッシュです。いつも大きくなる前に雨の季節がきてしまって、かぼちゃ類は腐らせてばかり。今年は食べごろサイズまで大きくなれるかなぁ。

ヘリテージトマト

リスたちが丁寧に埋めてくれている、ヘーゼルナッツとウォルナッツ(=くるみ)。

ナッツ

どちらも二つがくっついてる。ナッツってこうして二つ仲良しなのかな。リスがナッツを埋める場所にも色々あるみたいだけど、不思議なことに「植木鉢の中」からこういうナッツが出てくる確率が高いのです。目印のないところよりも、植木鉢の方が覚え易いからかな。

今日は、ブラックベリーとラズベリーの茂みを片付けた。ブラックベリーは、まだ花が咲いていたり、実が赤かったりするところもあるのだけど、花の咲かないツルがびゅんびゅんと伸びてくる。ラズベリーは、7月に実を付けていた枝は地面から30cmのところまで切りました。

ブラックベリー

ラズベリーには「前半チーム」と「後半チーム」があります。今つぼみをつけている枝は10月に実をつける。秋組ってよんでいるのですが、秋組ラズベリーは、雨によくあたってしまうのですぐに腐ってしまうのが残念。

夏組の摘み忘れたラズベリーが、枝についたまま干からびていた。

ラズベリー

ぎゅぅっと凝縮された夏の色です。自然に干からびていくものには、不思議な光があります。

ラズベリー

きれい。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
訪問どうもありがとう♪ ↑↑ぽちっと Click お願いしま〜す♪

Goodies#125: 秋の晴れた日曜日に

週末ごとに雨が降ったり、寒かったり、風邪をひいたりしていたので、ここ1ヶ月ほど庭でまとまった時間を過ごしていなかった。

その間に庭の芝生(雑草と苔が半分を占めてますが)が「ぼうぼう」に伸びました。Gus のおしっこするエリア「ピーパッチ(pee patch )」は特に青々とし、長いところでは20cm以上の丈に伸びてしまっていた。

秋の庭の手入れ

そうだよ、お前さんの話をしてるんだよ。

日曜のお昼。気合いをいれて paprica さんは庭に芝刈りに(?)出ることにしました。

これが、相方がもう30年以上使いこんできた「芝刈り機」。

芝刈り機

TORO は、庭の手入れの道具では良く知られているブランドです。わかるかなー。向かって左側(側面)にグレーのテープがはってあるの。芝を刈っているときに、大きな石ころを間違って刈ってしまって、それが当たって鉄の側面が割れてぶっとんでいきました(あぶねー)。で、段ボールとダックテープでつぎはぎしています。

芝刈り機にもいろいろとあるけれど、これはガソリンで動くもの。最近のものは電気で動くものが多いかな。私はこっちのガソリン式が好き。電源コードをずるずると引きずって芝刈りするのって、うっとおしいし、不注意な私の場合、電源を芝と一緒に刈ってしまうこと間違い無し。その他にも、電気やガソリンを全く必要としない「手動式」の芝刈り機もある。

手動式芝刈り機こんなの。エコロジカルな芝刈り機で人気です。私も欲しいなーと思っているアイテム(またいつか)。芝を刈る音も「からからから」という優しい音で、やかましい電動式とは大違い。

芝を刈ること。実は好きです。刈ったあとの「達成感」がここちよい。

芝を刈ったついでに、庭のはしまでパトロールしたところ...

秋のラズベリー

よく太ったラズベリーが色づいているのを発見。びっくり。

ラズベリーは春先と秋の2回、実を付けると聞いていたけど、本当に実を付けたのは今年が始めて。ほうったらかしにしていたのに、よく育ったものです。

で、ラズベリーのすぐそばに、ひょろひょろと伸びているブラックベリーのつるも発見。

秋のブラックベリー

よく見ると...ハチが必死に実をかじっておりました。

それから、種をまいたことすらすっかり忘れていた「Baby Blue Eye」という花。

ベイビーブルーアイ

かわいらしく群れをなして咲いていた。

晴れた秋の日って、なんて気持ちがいいのだろう。明日も晴れるといいな。

にほんブログ村:
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へクリック、どうもありがとう。

Goodies#39: Yellow Raspberry/黄色いラズベリー・ファールゴールド

先週末に「ラズベリー」の写真を紹介しながら「もうすぐ赤くなって食べられるぞ」と思っていた。

ほんのり黄色・オレンジ色だったので、あと一週間もしないうちに赤くなって、食べごろだな、と。

ところが!おととい、水をやりながらラズベリーたちを見てみると、黄色が「ほんのり灰色」がかっているではないか。

腐ったラズベリー

つまんでみると、ぐちょり。そのまま地面に落ちた。
「腐っとる...なんでなん?」

ラズベリーの実に水がかかったからなのか。それとも何かの病気で、熟れて赤くなるまえに「カビ」が生えてしまったのか。葉っぱも茎も元気なのになんでだろ。

すんごい気になって、昨日、仕事場で「ラスベリーの病気/ラズベリーが腐る/ラズベリーのカビ」などの(英語の)キーワードを入れて真剣に記事を読んでいたところ、同僚のアニヤが記事をちらっとのぞいて「ラズベリー病気なの?」と聞いてきた。「赤くなるまえに腐って落ちてしまうんだわ」と、先週のブログ記事の写真を見せてみると、

「それってさ、Yellow Raspberry/黄色いラズベリーじゃあないの?」と、アニヤ。

「は?」

ラズベリーっていつだってどれだって「」でしょ。ねー? 黄色いラズベリーなんてものがあるなんて、始めて知ったよ。

つまり、先週、私が写真をとっていたころが、ちょうど「食べごろ」だったわけです。「赤くなるかなー」と待っているうちに、腐ってしまったのですね。アニヤが言ってくれなかったら、園芸屋でカビ用の薬を探していたところ。

早速、家に帰って黄色いラズベリーをつまんで食べてみると、

甘かった。ほんと、黄色いのに甘いやん。

日本では、この黄色いラズベリーを「木いちご」とか「ファールゴールド」って呼ぶらしい。育てやすくて、実が甘くておいしいから人気があるようです。知らなかった。

これ以上腐らせちゃぁならないと、黄色いラズベリーを摘み集めました。手のひらいっぱい分くらいかな。

ファームゴールド

おまけに。

garden veggies

ニンニクとジャガイモの茎がしおれていたので、掘り起こした。このおジャガは「ユーコンゴールド」という、ワックスポテト(日本のメークインなんかと同じグループかな)。暗いところで乾燥させまーす。

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへどうもありがとう。

Goodies#32: ジャガイモとニンニクとラズベリー

もうぼちぼち収穫できるかなー。

4月の半ばに植えた「ロシアンバナナフィンガリング」というジャガイモの花がようやく咲いた。ジャガイモの花はいつ見てもかわいらしい。

子供用くつした

新じゃがをとろうと思ったら、花が全部咲き終わった頃に掘り起こすといいんだそう。大きなジャガイモを収穫したいなら、茎がしおれてきたら水をあげるのをストップする。そうするとおいもの皮がしっかりして、長く保存できるジャガイモになるんだって。理想的な掘り起こすタイミングは、茎が全部完全にしおれて、土もからからに乾いているとき。わたしのロシアンバナナフィンガリングたちは、ちょうど花を咲かせ始めたから、収穫まではあと数週間かかるかな。

去年の11月に植えたニンニク、約30個。

手前の方は太い茎で、向こう側が細い茎の種類。知り合いの家庭菜園プロによると、ニンニクには実はたくさん種類があって、細い茎の物は乾かしたあと「編んで(三つ編みのように)」飾ることができるけど、太い方はできないんだそう。それに、ニンニクは植えられた土の質によって、味がずいぶん変わってくるんだって。今日、気づいたら細い方のニンニクの茎が数本、しおれて倒れていた。なので引っこ抜いてみた。

思っていたよりも小さめ(5cm程)のニンニク。味は結構ぴりっと辛かった。始めて育てたので、まぁーこんなもんかな、という感想です。

それから、今年は全然手を加えていないラズベリーが何故か元気。

この辺りはあと一週間くらいしたら食べられるかな。お店で売っているラズベリーは、酸っぱいからあまり好きじゃないんだけど、庭でとって食べてみると甘い。

ふりむくと。

「なにしてんの?」「ベリー、ぼくにもちょうだい」の目で見つめるGus。でした。

にほんブログ村:
クリックありがとう。