晴れの週末。季節もののよもぎ餅。

久しぶりにお日さまが出た〜。

冷たい風が吹き付け怪しげな雲が空を覆ったりしたけれど、お昼過ぎぐらいまでは体を動かすとぽかぽかとするようなお天気だった。あぁ、久しぶり〜。

変なところにひとつだけ「ぽっ」と咲いてる黄色いチューリップがかわいい。

りんごの花が満開なので、ここ数日は「どうか数日だけでいいので晴れて、温かくなってください」と願っていた。

ずっとどんよりとしていて、寒くて、風もきつくて。これじゃ、ハチたちが活動できないやんって心配で。

今日はあちらこちらで「羽音」を聞くことができた。うれしい♪

ぷぅ〜んの姿を見てみたくて耳を澄ませて蜂たちを追ってしまった。マルハナバチ、ミツバチ、メイソンビー。みんな働いてくれていた。気温が13〜15度くらいまで上がれば、安定して蜂たちが活動しやすくなるんだけどなぁ。

庭の奥のよもぎちゃんたちが、いい感じにわさわさとしてきた。よもぎの種はカモマイルの種のような粉だった。日本から取り寄せて、その小さな包みの中にどれほどの種が入っていたのかは知らないけれど、苗になったのは2つ。その二株がしっかりと根を下ろして毎年わさわさしてくれる♪

日本にいた頃には目もくれなかったヨモギ。というか、あっちこっちに茂ってたもんねー。私の二株もどんどん広がってとんでもないことになるかと心配したけれど、今の所、植わってある場所にとどまってくれているよ。

今日は「カリフォルニアばあさんの永久保存版のよもぎ餅」レシピを試してみたっ。
ちなみに去年はレンジでチンするこのレシピ→☆

↑のザルにいっぱいの葉っぱを茹でてしっかりしぼると70gぐらいだった。必要な150gの粒あんは、この間炊いたものが冷凍庫にあったのー。うほほい。カリフォルニアばあさんのレシピでは餡こを冷凍すると包みやすい、とのことで、そのとおりにしてみると本当に包みやすかった!

20分蒸籠で蒸しました〜。

蒸したてはぬめぬめと。

手にとってみると思っていたよりも「しっかり」としていて形が崩れることもなく、もち粉を少しふりかけてお皿に移した。

ぷるるんとした食感。あぁ、よもぎだ。草餅だ。

どんな春であれ、この季節によもぎ餅を頬張れることが幸せ。

元気な一週間を〜♪

のんびりベリーな週末

予定通りの予定のない週末。

大好きな秋明菊。一つ目咲いた♪

からからに乾いた庭で、咲き終わって枯れてしまったものを片付けたり、少しずつ花の種を集めたり、トマトに支えを立ててみたり、そんなことをして過ごした。ノートに裏庭の簡易マップ(?)を書いて、秋の終わりにどれをどこに移動させるか、とか、来春にはどの種をぱらぱらしようか、ということをメモしてみた。いたって大雑把なんだけど、最近は「メンタルノート」だけだと思いだそうとしても思い出せないことがありすぎて! 紙に書いておくと、後で「メモしておいて良かったー」ということがよくある(苦笑)。

Gusのこと、心配してくださってありがとう〜♡

目がとろ〜んとしてイマイチ調子が戻ってないのがわかるよね。

足はしっかりとしてきた。問題は食欲がないことかな。ボーダーテリアって、何でも食べる雑食犬なのに、ここ最近はものすごい偏食で。今日も「これなら食べるかなぁ」と、ターキーミンチとご飯を混ぜてみたものを鼻先にだしてみたけれど「ぷいっ」。困ったなぁ。

獣医さんが昨日電話をくれて、血液検査の結果は問題なしだって。14歳半の犬にしてはちょっとびっくりするほど良好だって。腎臓と肝臓と膵臓のチェックで。白血球値が少し高かったので、おそらくはなにか毒性のものを食べたのだろうって。ただ、この検査では癌は検出できないので、しばらくは様子を見て、様態が思わしくない場合は次の検査をしましょうとのことだった。とにかく足がしっかりしたことを先生は喜んでくれていた。

Gusは昔から腸が弱いのはあったので、お腹ゴロゴロきゅぅ〜は今に始まったことじゃないんだけど。この偏食は年齢のせいでもあるのかなぁ。しばらく様子をみまーす。

さて♪

庭の奥のフェンス沿いに茂っているとげとげのブラックベリー。雑草のようにたくましく茂るヒマラヤブラックベリー。少しずつ収穫できる季節になったよー。

マルハナバチもミツバチもメイソンビー(右上の小さい蜂)もみんな大好きなブラックベリーの花。君たちのおかげで実をいただけます。

肥料なんてもってのほか、水さえもあげたことがないという。。。

十分たまったらジャムを作るよー。

さぁてっ♡

きたきたきたーーーっっ!!!

ブルーベリーの季節!!

ベリーの中で一番好きなブルーベリー。これだけは毎年惜しまず、箱で買って食べ続ける。夏の栄養補給!と唄いながら。半分冷凍、半分生食。なくなったらまた買うよー☆ 庭に二つブルーベリーの苗があるけれど、片手にいっぱいくらいしか採れましぇん。

そろそろ夏の花も終わりに差しかかっている。八月に入るとみんな種の姿になる。乾燥して緑もあせているので、彩りもなくなりさっぱりとしちゃうんだろうなー。

最期の黄色ちゃんたち。この夏もこの黄色に元気をもらった!

Gusがすっきり元気になりますように〜。

と願いながら、7月最期の週、えいえいお〜!

Bees Love♡

今日はハチたちを見てください。

クリックするといつもよりも大きくなるよ♪

毎年せっせと花の種をぱらぱらと撒いている理由のひとつは、蜂たちを眺めたいから。

ミツバチ、マルハナバチ、メイソンビーたちが花から花へ飛び交って、花の中でくるくる回る様子はとてもかわいらしい。両足に大きな花粉玉をぶらさげて(かついで?)飛んでいる姿はとても健気でもある。

野菜畑ボックスの周りにハチたちの好きそうな花を植え始めたのが始まり。それが、いつの間にか畑ボックスの角やらあちこちにこぼれ種が飛んで、発芽すると抜くのが可愛そうでそのままにしたりするもんで。こぼれ種組の間に「すんませんねぇ」と野菜を植えるような感じになってしまった。

きみ、はいるところ間違ってんで。。

6月から7月にかけてはポピーが絶え間なく咲いて散っていく。ミツバチたちは春のハーブの花が終わるとポピーに群がる。マルハナバチもやってくるけれど、桃色ポピーの上ではミツバチのようにクレイジーにはならない。

もぞもぞともぐる様子がたまりません。

朝のまだ涼しいうちから夕方まで。働き続けてくれてます。

年々、ハチたちの数は減り続けているそうなので、少しでも無農薬の安全な花々を育ててあげることができればいいな。目を凝らして花の周りを見てみると、たくさんの蜂たちがぶぅ〜〜〜んぶぅ〜〜んと行ったり来たりしている。とても幸せ〜な気持ちになる。自分で花を育てるようになるまでは気づかなかった幸せだ。

マルハナバチはこのカリフォルニア・ポピーのほうが好き。

それから♪

今年始めて気づいたんだけど。マルハナバチたちは「キンギョソウ(スナップドラゴン)」も大好き!キンギョソウにもぐる様子がとってもかわいいので、ビデオにとってみたよ〜。HDにして音声ONにして見てみてください♪

花の下の部分をぱかっと開けてもぐっていく姿、今年始めて気づいた。器用よねぇ〜。飛び出たおしりがかわいい。

もうひとつ、おまけに。

ハチになった気分で、日が暮れた夜の9時過ぎに、畑ボックス周りを「ぷ〜〜〜〜ん」と撮影。

ぱさっぱさっという私のつっかけの音が妙に気になるのですが…(苦笑。裸足になればよかった)

毎年毎年、同じように蜂たちの活動模様を眺めることができること、ありがたいです♪

ゆったりとした週末を。