桃色ポピーとミツバチたち。今年も♪

君たちに会いたくて、

今年もポピーを植えたんよ♪

と、つぶやきながら、今年も桃色ポピーにやってきたミツバチを眺めてうっとり。

写真は先週末より。桃色のポピーたちが一番元気に咲いていた週末。

マルハナバチたちはミツバチたちよりももっと早い時期からしっかりと活動する。ミツバチたちは、ある程度気温が上がらないと出てこないみたい。それに、今年の6月は本当に風がきつい日が多かったので、そんな日は花が咲いていてもミツバチたちはやってこない。今、ようやく、あちこちに「ぷぅぅ〜〜〜ん」という心地よい羽音があふれてる。

ポピーはもうそろそろ終わりです。庭に花を植えるようになって、ミツバチ、マルハナバチ、メイソンビーなどを観察していると、それぞれに好きな花があることに気づく。ミツバチたちは、このポピーの他に、ラベンダーやオレガノ、タイム、ボリジ、サルビア(2種)などが大好きみたい。マルハナバチたちは、このポピーにはほとんどやってこない。彼らはフォックスグローブの袋にこそっと出入りしたり、トマトやあじさい、カリフォルニアポピーなど。それから、緑肥のPhaceliaの花が大好き。

↑↑の写真には二匹のミツバチが写ってるよー。見える?

ズームイン。

かわいいなぁ。薄い四枚の羽をこすり合わせ、花の中をくるくる滑りながら花粉を集め、また次の花に移り。大きな花粉玉をしっかりと運んで。

毎年同じような写真をまたアップしてしまう。自然の生み出すものの美しさに、毎年同じようにドキリとするから。

動いているミツバチたちの様子をまとめたよ☆ インスタにも短いののせたけど、↓のは総集編(?笑)。右下の「setting」(ギアアイコン)をHDに設定するととてもはっきりとミツバチたちの様子や花のシベの美しさが見えるよ♪

良かったら見てね〜↓↓

今年もやってきてくれてありがとう♡

 

 

 

大好きなヌッカローズとみつばち。

5月の海岸沿いには、大好きなネイティブのNootka Rose(ヌッカローズ)が咲く。

ヌッカローズが咲くのを心待ちにしているのは、ミツバチたちも同じ。「しべ」に飛び込み、我を忘れて酔いしれている感じ。その一生懸命さが本当にかわいらしくて、じぃ〜っと眺めてしまう。

ビデオまでとってしまった。

かわいいな。

連休最終日の今日は、予報通りの雨。しっかりと雨。そしてまた寒かった。

庭がとても乾燥していたので、きちんと十分に潤してくれる雨が降ってくれたのはありがたい。外に出て体を動かせなかったので、友達が教えてくれたストレッチをYoutubeを見ながらやってみたり、掃除をしたり。犬飯を作ったあとに収穫して使えていなかったルバーブでシロップを作ってみた。

砂糖とはちみつを使って作ったよー。ソーダ水などで割って飲むといいらしい。ジンなども美味しいらしい。色のついたものを瓶にいれると、それだけでなんだか楽しくなるねー。

ゆっくりとお風呂にはいって「日々是好日」を再読。またまたほっこり。

見たかった樹木希林さんのこの映画を見ることができなかったので、去年帰国したときに買って帰ってきた一冊。幸せ〜な気持ちになる。お茶の世界って高尚で堅苦しくて凡人の私には縁のないもの、って思っていたけれど、森下さんのこの本を読んでから、お茶の世界の美しさにうっとりとしてしまった。茶道って、普通の人の普通の生活からは遠くかけ離れた特別な習い事、というのが私の中で固まっていたイメージだった。でも、実は、日々にみる自然の移り変わりから心が離れてしまったわたしたちを、自然のもとに引き戻してくれる手段のひとつなのかなって、思い直した。美しいお作法だなぁって。とにかく。ほっこりの一冊。

雨、やむかな。明日は自転車乗れるかなー。

 

 

今年のみつばちたち on the 桃色ポピー

今日はミツバチを見てあげてくださいませ。今年もあいも変わらずパパラッチしてまーす。

dive in!!!

桃色ポピーがたくさん続けて咲いていた時。7月初めの2週間がピークだったかな。

ちょうどSさんとRさんが遊びに来られていたときで、Sさんも「ミツバチがポピーの花の中であんなふうにして花粉を集めているのをみたのは初めて!」って、感動していた。

写真はクリックで少し大きくなります。クリアにも見えます〜

そう、私も毎年見ているけれど、ミツバチの一生懸命で楽しそうな様子が可愛らしくて。ポピーを植える一番の理由はミツバチを眺めるため。ポピーの花のお皿を滑るようにして花粉を集める様子がかわいくて。

shadow on the poppy petal

矢車草やタイム、ラベンダーにも集まるし、今はサルビアやオレガノもミツバチやマルハナバチで大賑わい。マルハナバチはポピーにはやってこない。でも去年の秋の終わりに植えて大きく育った「phacelia」にはクレイジーに群がっていた。ミツバチはphaceliaの花は全く知らんぷり。サルビアはどちらにも人気。なので、蜂にも好きな花とそうでないのがあるようです。小さな小さなメイソンビーはポピーにもやってきていた。彼らはたんぽぽが大好きな様子。みんな大切な受粉活動の担い手なので頑張って欲しい。

私の家のコンピューターのデスクトップ背景はコレです(↑)。大きな花粉玉運んで、体中花粉で真っ黄っ黄のこのこ。一生懸命働いている。

今日はビクトリアも少し「むぅ」っと暑かった。とはいえ、これくらいで「暑い」というのも気が引ける。今日のニュースでは日本の記録的な猛暑についてとりあげていたよ。みなさん、しっかりと水分をとって栄養のあるものを食べて暑さに負けないでくださ〜い!ひゅぅ〜(←涼しい風おくります。)

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

ミツバチの季節到来〜。

庭の話・庭の写真ばかりになっちゃうのも5月の特徴かも。お許しあれ。

花がポツポツと咲き始め緑がまだとっても若々しいこの時期は、庭や畑を夏に向けての軌道にのせる(?ってほど大げさなものじゃないけど)のに忙しくって。それでもその忙しさが心地よくて、週末の一日はずーーーっと庭で草いじり・土いじりしてる。それでもおっつかない。ぬいてもぬいてもMorning Glory(恐るべし雑草)があちこちから出てきて、いろんなものに巻き付いてるー!

でも。草むしりしながら「ぷーーーん。ぷーーーん。」と蜂たちの羽音が聞こえてくると嬉しくなる。お帰り〜、ミツバチ、マルハナバチ、メイソンビー。

うちの裏庭は、草に水やりはしないので、庭全体が青々としているのも今だけ。6月も半ばになると草の部分は茶色くなっちゃう。そういう意味でも5月は特別。

目につくところを好き勝手に作業し始めると、あっち行ったりこっち行ったりですべてが中途半端になっていることに気づいた。一箇所で雑草抜いていて、カッターをとりに行く途中で別の場所の花が倒れているから支え棒をたてて、そしたらそこの雑草にも目が行ってしゃがんで草むしりし始めて、それを捨てに行く途中で何も生えていないスポットを見つけて種を蒔きたくなって… と。そんな感じ。

で、最近は三輪に道具をいれて、時計回りに順番に作業することに決めたっ。一箇所ずつ。三輪がいっぱいになったら捨てに行って、寄り道はしない!

日曜日、大きくなりすぎたチャードと花が咲いちゃったルッコラをほぼ全部片付けた。ルッコラは大好きなので、また種を蒔いた。ココは涼しいから、また出てきてくれるよねー。

随分おおきくなったチャードの葉っぱ。スムージーにいれたり、さっと湯がいて冷凍したり。犬飯にも使うよー。

Gus、食べる?

ごはんにまぜまぜしてください。

今年はマルハナバチたちがミツバチたちよりも早い時期に活動開始。去年と比べると増えたように思う♪ 大きく育ってしまったPhaceliaはマルハナバチに大人気。

ミツバチたちはハーブの花に夢中。今はチャイブ、タイム、ラベンダーに群がってるよー。

今年の夏も庭にたくさん遊びにきてねー。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪