秋めいてくると。

雨がやみ霧がはれて秋の陽がさすと、気持ちがとろける。

朝晩ずいぶん冷えるようになり、今夜は暖房解禁。去年、友達に「冷えはよくないよ」と教えてもらったので、今年は早くもごっつい靴下を出してきてはいている。冷えは厳禁!でも、日本の実家のあたりの気温を見ると…週末はなんと30度!三十度?! えええっ? こちらは今朝は7度だよ。自転車通勤中の手が凍えてしまうほど。

ひんやりしてくると食べたいものも変わってくる。スープが美味しい季節です。日曜にはフレンチオニオンスープを作った。ココでも何度か紹介したことのあるジュリア・チャイルドのストレートなレシピ(→過去記事レシピ)。間違いなく美味しい。

週末、相方のカメラを借りて使う練習をした(最後の2枚以外は彼のカメラで)。SONYのRX100 IIというコンデジ。コンパクトなわりに使いこなせば幅広い写真が撮れるらしい。私の古いLumixGF2よりも小さいし軽い。携帯性があるから僕のを持っていけば?とすすめられることがあっても、使い方がよくわからなくて避けていた。土曜の朝、私がいつも朝ごはんの時に座るテーブルの上に、何気なく相方のカメラが置いてあった。で、手にとって外に出てリンゴを撮ってみた。彼が「練習しなさい」とそこに置いたらしい(笑)。フォーカスの仕方がよくわからない。もうちょっと練習してみようと思う。

冷凍庫に都合よく残っていたバゲットが半分♪ 解答してもカチコチだったけれど、チーズを載せてオーブンでトーストし、スープに浸すと柔らかくなって美味しかった〜。チーズはエマンタールです。

焼き果物が食べたくて。夏の間にせっせと冷凍したブルーベリーと、今スーパーに並んでいるネクタリンを一緒に焼いてみた。ラベンダーシュガーがまだ残っていたので、少しふりかけて、クイックタピオカを大さじ1半程入れてふやかして。40分ほど。

このコンビ、美味しい。

話は変わるけれど、Gusと歩いていたりすると、先日読み終わったマイケル・オンダーチェの『ディビザデロ通り』のシーンがふと蘇ってくる。ユニークな構成でストーリーそのものにも断片的な要素があったからか、ある1シーンやそこで感じた余韻がふと浮かび上がる。彼の小説はあの有名なEnglish Patientしか知らなくて、これが二冊目だった。文体が好きです。がつがつとしていなくて。そして、美しくて切ない。とても切なかった。読む人の心の目に、こんなにもハッキリと(Vividに)ある場面をを浮かび上がらせ、その場所・そのときに引き込んでしまう文章の力。すごいなぁ。

そして夜寝る前にはキンドルでフィンランドの作家のミステリー(というか、ちょっぴりサスペンス、かな?)をぼちぼちと。こちらは軽いし、眠たくなるまでの数ページ。こういうのを寝る前に読んでいるからか、最近何かに追いかけられる夢を見るのかもしれない。そうだ、先日は3人の男たちに追いかけられていた。追われることから恐怖心は感じていなかったものの、とてもイライラとして悔しかった。というのも。その3人の男が、ものすごくものすごーく「デブ」で、見るからに「おバカ」だった。というのに!何故か、私よりも走るのが早くて、私の行動パターンを読んで常に一歩先に回りこんで待っていた。息が切れるほど思い切り走って、絶対にもう大丈夫だろうと思って角を曲がったら、デブその一がそこでヘラヘラ笑って待っている。。。という。何でっ?!

秋は色々とものを思う季節なのかもしれないねー。 季節の変わり目。風邪にはご用心!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

かぼちゃで pumpkin curry soup

忘れる前に書き留めておこう! めっちゃ美味しかったからー!

雨が降ってずいぶんひんやりとした昨日、何か温かいものが食べたくて、家にあったかぼちゃでスープを作ることにした。パンプキンスープでレシピを検索してみたら、pumpkin curry soup が目に入り、そっちのほうがただのパンプキンスープよりも美味しそうだな、と、適当にレシピを一つ選んでみた。これが、とってもとっても美味しかった!!相方もすごい美味しいといって、二晩続けて食べて「明日もこれでもいい」って言っていた(マジで?)。スパイスが効いているので、ただのかぼちゃのスープよりもちょっとピリッとしてます。今日はこのスープとトマトをはさんだグリルドチーズサンドだったよ〜(簡単な夜だこと)。

Pumpkin Curry Soup

材料(1C=250CC):

  • 小さめの玉ねぎ 1個(細かく刻む)
  • ニンニク 一片(細かく刻む)
  • しょうが 擦ったものを小さじ2(または粉の生姜を小さじ1)
  • カレー粉 小さじ2
  • シナモン 小さじ11//2
  • ナツメグ 小さじ1
  • クローブ(粉) 小さじ半
  • 塩、こしょう、少々
  • かぼちゃ 3カップ分(一つを4等分してオーブンでローストしておいた)
  • ブラウンシュガー 大さじ2〜3(かぼちゃの甘さによる)
  • ベジタブルストック(またはチキンストック) 4カップ
  • ココナッツミルク(415cc 缶入り)ー今回はナシ
  1. 180度のオーブンでかぼちゃを40分ほどローストし、冷めたらスプーンでかぼちゃをすくいだしておく。ローストするとべちょべちょしないので、私はいつもオーブンでローストしまーす。
  2. 大さじ2のオリーブオイルを温め、みじん切りにした玉ねぎを4〜5分、柔らかくなるまで炒める。その中に刻んだニンニクとしょうがを加え、香りが出るまで炒める(約1分)。カレー粉、シナモン、ナツメグ、クローブを加え、塩コショウをする。
  3. かぼちゃとブラウンシュガーを加え、そこにベジタブルストック(チキンストックでもいい)を加えて一度沸騰させる。その後火を弱め、スープが少しとろりとするまで15分ほど煮込む。
  4. 粗熱をとってスープをブレンダーにかけてなめらかにする。具の食感を楽しみたければそのままでも良し。ブレンダーに欠けたものをまたお鍋にもどす。
  5. ここでココナッツミルクを加えてスープの濃さを調節する(家になかったので省いた)

簡単でしょ? 時間のあるときにかぼちゃをオーブンでローストしておけば、後は材料をささーっと炒めてしまえばいいだけ! 本当においしいので、かぼちゃの季節に是非お試しあれ〜♪

雨上がり。青い空がもどってきた♪

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

雪の日にほっこりとチキンヌードルスープ

❄❆❄ Happy Friday ❄❆❄

すっかりお天気日記になってますが。今朝はこんなふうでした。

今朝、6時半頃

「大雪になるよ!」って皆が騒いでいたけれど、全然だいじょうぶ。Gusとの散歩時には雨にかわり、昨日よりも温かかった。ほっ。週末に溶けてきれいになるかなぁ。

今週は全然自転車にものれず、運動不足であまりお腹がすかない(でも甘いモノは食べてしまう…)。珍しく冷え込むと温かいものが食べたくなるよね。先週見つけた「チキンヌードルスープ」のビデオがあまりにも美味しそうだったので作ってみたヨ(オリジナルレシピはココ)♪ 週末にストックだけをとっておいた。

鶏肉をローストしたりすると、大抵はローストしたお肉はそのまま食べて、残った骨だけ(+野菜)でチキンストックをとっておく。今回は鶏のもも肉を全てこのチキンヌードルスープ用に使ったので具だくさん。レシピではお肉も皮ごとって書いてあるんだけど、相方が先に皮をむいて捨ててしまっていたので皮なしで出汁をとった。

日本では、体の具合が悪いときやお腹の調子が悪いときに食べるものというと。。。「おかゆ」? かな? おかゆと梅干しとか。うちの実家ではそうだった。こちらではそういうときの母の味というと、「チキンスープ」か「チキンヌードルスープ」がダントツ一位に上がってくる。カナダで暮らし始めてホストファミリーと一緒だった頃、風邪を引いたときにホストマザーが「チキンスープ」を作ってくれた。こんな風に本当の鶏肉や野菜から作ったのではなかったと思う(あれは、パッケージの出汁の味だった)。水っぽくって、味気がなくて、具もほとんど入っていなかったなぁ〜。出してもらったから食べたけど、食べていてなんだか余計にしょんぼりとしてしまったのを覚えている。カナダの人は病気のときにこういうものを食べて元気になるのか、とある意味がっかりした。

そんなチキンヌードルスープだけれど、きちんとした材料で作ったら美味しいのかなぁ〜って。今回はまじめに作ってみた。冬らしい日にカナダ風にほっこりとしてみたくて。

出汁をゆっくりととったら、それを冷蔵庫に入れて冷やす。すると表面の油分が固まる。

その鶏肉の風味の詰まった油でボロネギを炒める。すごくいい香りがするよ〜。

ニンジンも炒めて、ストックを加えて温める。別の鍋でゆでたパッパルデッレ(パスタ)とほぐした鳥のもも肉を加え、塩コショウで味を整える。それだけ♪

うはっ。具沢山で美味しかった〜♪ ほっこりだ。このチキンヌードルスープなら元気がでるよっ!!

気温は上がったけれど、庭にはまだ雪が残っています。Gusに古いセーターを着せてみた。放っておいたせいか、虫食いの穴が…いっぱい… その上ぱっつんぱっつんなもんで、穴がひろがっちゃって。週末に繕おう。

後ろ足に引っ掛けられた部分がちょっとキツくてもぞもぞするのか。。。いつもよりも激しくしっぽを振って歩いておりました〜。

ぶんぶぶんぶんぶんぶんぶん。

12月に入ると、なんだか気ぜわしくて落ち着かないけれど。
暖かくして、ほっこりと、良い週末を〜。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

秋の色。光。空。雲。犬。スープ。

雲が晴れて青空が広がったから、カメラをたすき掛けにして散歩。

赤い実

夏の元気をぎゅっと凝縮したような秋の色。こんなビーズのピアス、かわいいだろうな。

昨日は午前中に珍しく相方とダウンタウンに行った。ビクトリアではきっと一番古いウォータースポーツ店「Ocean River Sports」が店を閉めることになった。理由はよく知らないけれど、残念だな〜。でね、ビッグセールをやっているというので、カヤックとパドルボードをちらっと見に行こう!って、行ってみたのね。

めちゃくちゃ混んでた… 10時半頃に出向いたら、店の前にはすでに長い行列。土曜日の午前中はどんよりと寒くてしとしと小雨も降っていたし、列の長さを見てそのまま引き返しちゃった。やっぱりああいうセールは開店と同時に行かなきゃダメね〜。

p1260505

ダウンタウンは苦手です。人も多いし。ココ数年、小さな建物がどんどん取り壊されて、コンドミニアムに変わったり。どうも雰囲気がね。好きになれない。ビクトリアのダウンタウンをどういう風にしたいのか、っていう計画性やビジョンがさっぱりわからない。新しく建つ建物のデザインはつまらないし冷たい。とにかく、ダウンタウンにいくと落ち着かなくって。さっさと家に帰りたくなるのです。

clouds_ship

今日の雲たちはたくましくてかっこいい。

gus_walking_path

私たちもGusも、のんびり家の周りを歩いているのが幸せ。

霧がでたり、朝晩ずいぶんひんやりとしてきたし。スープの季節だな〜と思って♪ 相方がNew York Timesで見つけたレシピ「Farro and Bean Soup」っていうのを試してみたよ〜。時々見かける、この「Farro」っていう穀物。カナダでも手に入るのかなぁ〜って調べてみると、イタリアでFarroって呼ばれているものにとっても近いものがSpelt kernels。全く同じではないらしいけど、味と触感がとても良く似ているみたい。Spelt kernels の方が調理時間が短いんだって。こんなのヨ↓↓。

spelt kernels

ピントビーンズとこのスペルトカーネルを6カップ(北米の)の水に6時間程ひたして使った。レシピをみると(→オリジナルレシピ)、玉ねぎとパンチェッタの半分の量を炒めて、そこに豆とファロをいれて1時間煮込み、別のお鍋で野菜を炒めてトマトを入れて、香りを出したところに煮込んだ豆とファロを入れる。って書いてある。

tuscan_farosoup1

面倒くさいから… 野菜を全部炒めて、トマトを加えたところに豆とファロと浸しておいたお水を加えた。それを1時間半ほど煮込んだよ。材料の一つに「パルメザンチーズのはしきれ(外側の硬い部分ネ)」がある。ちょうど、冷蔵庫にカチコチになったパルメジャーノのはしきれがあったので使った〜♪

とてもシンプルなトスカーナのお豆とファロのスープ。

tuscan_farosoup2

美味しかった〜☆ ファロってね、食感がいいっ!ぷちぷちっとしていて、崩れない。豆はなんでもいいようだったけど、私はピントビーンズが好き。小粒だし甘みがあって。がっつりとお腹もふくれる美味しいスープです。これからの季節にいかがでしょう?

散歩の後、お決まりのスポットで昼寝。この古いカウチは、Gusの重みでクッションももうグチャグチャ…

snoozing_gus1

さてと、また新しい一週間!どんな10月になるかな〜。どんどん色が変わっていく秋。楽しもう〜っと。

良い一週間を!

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪