わたしの宿根草保育園

今日はセットに種を撒いた。いつもは適当にぱらぱらと地面に撒き散らすんだけど、今年は初めて、きちんと「苗を育てる用の土」と「セット」を使うことにした。私の宿根草保育園。まだ発芽もしていないので、幼稚園というより保育園。

たんぽぽ組さん、すみれ組さん… じゃないけれど、名札もきちんとつけてみることにした。ちなみに、今までは「頭で覚えておく(そして発芽する頃には忘れている、というパターン)」か「マスキングテープをポットに貼り付ける(そして発芽する頃には半分はがれてしまっている…)」だった。名札を作るのに適当なものがないかなぁ〜と家の中を見渡して…

あった☆ ジュースのカートン(箱)を洗って切って札を作った♪ これなら裏側は真っ白だし防水性もあるし、紙だからリサイクルも楽。

よしっ。

苗床の作り方の基本、を読んでみると、専用の土(ピートモス、パーライトまたはバーミキュライト、コンポストを 1:1:1)を予め水で湿らせておくと良いらしい。知らなかった! 今までは乾いた土に種を撒いて、じょじょじょーっと水をかけていた(そして、よく種が流れてしまったり…)

手袋無しで作業をすると、爪の間に土がいっぱい入ってしまう。あの感触、あまり好きではない。洗えばすむことなんだけど。で、この間ガーデンティップの記事を相方が送ってきてくれて読んでいると、私と同じように土が爪に挟まるのが嫌、という人はたくさんいるらしい。で、一つの案は、庭仕事を始める前に「石鹸を爪でひっかいて、爪の間に石鹸を挟み込んでしまう」という方法。作業を終えて手を洗うと、石鹸はとけ、爪の下もきれいさっぱり、というわけ。今日、試してみたよ♪ 爪の下がちょっともぞもぞする感じがしたけれど、慣れると気にならず。良いかも☆

私の宿根草保育園☆ in ガレージ。

こういう「きちんと」することがあまり得意ではないので、ちょっと疲れたのですが、整え終わると「うふふっ」と嬉しくなりました♪ 第一弾(左上)はちらりほらりと発芽している。

どれくらい発芽してくれるかなぁ〜。育つかなぁ〜。

*おまけ:Gusとお花

 

木曜日のつぶやきと嬉しいおくりもの

ダウンジャケット、やっぱりまだ洗えない。朝晩はひんやりするし、また少し寒い日がふと戻ってくるかもしれないもんね。

でも、日中はぽかぽか。昼休みの散歩中、見渡すとあちらこちらで春の色がはじけている。

子供の頃住んでいた家の、小さな小さな庭のはしには赤い椿があった。あまり好きじゃなかったな。椿の花が頭からまるごとぽとりと落ちて、地面の上で茶色く色を変えていくのを見るのが嫌だった。でも、おとなになって食べ物の嗜好が変わるように、今はこの存在感たっぷりの可憐な椿の花が大好きです。葉も蕾も咲いた花も、散る姿までも、中途半端なところが全く無い。我が家にはないので、散歩中に楽しませてもらう。

昨夜はとてもとても怖い夢を見た。私の悪夢のテーマはディストピア。そこに出てくるニンゲンは人間性を失った悪魔のような生きもの。なんであんな怖い夢を見たのだろう。昨夜、相方と見ていたナショナルジオグラフィックのドキュメンタリーのせいかも。そのドキュメンタリーは、養護施設で育てらているチンパンジーや象の子どもたちがテーマだった。みな、密猟者に親を殺され奪われた子どもたち。動物たちが自然に戻り自立して生きていくためには、親とのコンタクトとたっぷりの愛情が必須条件なんだって。このドキュメンタリーの中の小さな象たちが、本当にかわいらしくてたまらなかった。ボランティアの人が鼻の下をさすってあげると、喜んで鼻をやや不器用にぷらぷらと揺らせて巻き付けたり。

今日はかわいい象の写真をむさぼってしまった。

愛らしいチンパンジーや象の様子をみながら、その背景にある現実が心の奥にシミついてしまったのかも。とにかく。この怖い夢のせいで午前中はどうも後味が悪かった。

家に帰るととても嬉しいおくりものが届いていた☆

ブログを読んでくださっている鍵コメさんから♪ ご自身でネットオーダーされたものを譲ってくださったのです。嬉しい〜!こんなにもたくさん!

私に育てられるのかなぁ〜、とちょっと心配でもあるんだけど、「試してみてください」とわざわざ送ってくださったお気遣いがとても嬉しいです。鍵コメさん、どうもありがとうございます!週末に早速植えてみます!

先週末、相方に「週に一回は私ごはん作りたくない。」と言った(笑)。「おぅ、ノープロブレム!」という元気な返事。

で、水曜日は相方がチキンシザーサラダを作ってくれた。よしっ。

買い物は私がしたけれど、準備は彼。シザーサラダのドレッシングは、いつも相方の担当なんだけどね。作らなくていいのだ、と思うと、それだけで気持ちが楽だったのでありがたかった。で、サラダを食べながら「めっちゃ美味しいなーっ。ほんまに美味しいなぁーっ!」と自分のサラダに感激していた相方。『そうそう、あなたは自分の料理好きやもんね。なんなら毎日作ってくれてもいいんだよ。。。』と、頭をよぎったけど口には出さず(笑)、代わりに「ほんま、美味しいなぁ〜!」と ちょっぴり大げさにサンキューサンキューと言った。あはは。来週も頑張ってね〜。

長い一週間もあと一日。来週は4月ですな。はやーいっ!

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

そわそわな日につぶやき。

妙にそわそわそわそわしていた一日だったな。

「すっきりしたい。」そんな気分。身の回りがどうもごちゃごちゃしていて気持ちもごちゃごちゃしているので、すっきりしたい。

冬の間にぽてっとついてしまった脂肪も。。。すっきり落としたい。落ちてください。おなか周りとか、足全体とか、どうももたついていてもごもごしている感がある。まぁ、この歳になると何もしないで「落ちる」ことはないので、何か努力しなきゃいけないのだろうけど。

そんなことを思いながらも、こんなものを見つけて思わず手にとってしまった。

↑↑右の「ビーツとバルサミコとシーソルト」の。

軽いっ。ビーツ独特の土臭い味はしない。美味しいぞ。こういうもの食べてるから、すっきりしないんだ。

先週の金曜日、ホールドしていた本がやっと回ってきた♪ 3冊目のPiet Oudolf さんの本。この本の中では、大きなエリアのガーデンデザインというよりも、個々の草花の説明が詳しく紹介されているヨ。

町田康さんの本は初めて。まだ読みはじめたばかりだけれど、文体がとても不思議でどう話が進んでいくのか検討もつかない。河内の言葉に慣れていない人が読むと戸惑うんじゃないかな、と感じるほど方言がつよい。長編なので頑張って読まないと返却までに読み終わらないなー。

春が来て鳥たちが賑やかです。朝の薄暗い時間帯からひゅーるるるとコマツグミが歌い始める。小さな wren(ミソサザイ)や chickadee たちは小枝の間をぴょんぴょんと飛び回っている。この時期はみんな巣作りに大忙し。

そんな鳥たちに、Gusとわたしからの贈りもの(?笑)。

相方が見つけたネット記事によると、小鳥たちは動物の毛を集めて巣づくりに使っているんだって。犬毛でも100%自然毛だからウール? こないだお風呂に入れたばかりなので、まだあまり汚れていないGus毛です。私は半信半疑だったんだけど、な〜んと、こうして吊るしてあげたら1時間もしないうちに小鳥たちがやってきて、つついて適当な量の毛を持っていったよ〜!

Gus!このシーズン、君の大嫌いな毛抜きを頑張ろうね!

そのワシャワシャの胸のあたり… 柔らかくて良さそうよ(ニンマリ)。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

spring in full swing!

G:みなさまごきげんよう。

自分で撮っておきながら、この一枚妙にツボにはまって笑った。「やらせ感」たっぷりでしょ? 「ほらっ、お花の横にすわってすわってっ!」という私に付き合って笑ってるGusが愛らしい。

すっかり春。光も、小道のにおいも。

今日は花粉症がマシだった。朝、ネティポット(→過去記事)で鼻洗浄をしただけで、マスクも目薬も薬もなしで大丈夫だった。ハンノキ花粉はVery Highの予報だったけど。先週は目が痒くて本当に辛くて、思わずアマゾンで「花粉予防メガネ」をポチってしまった。まぁ、使ってみて良さそうだったら花粉に悩んでいる母にもすすめてあげよう。

Gusといつもの丘まで歩いた。うららかなお散歩日和だもん、丘の上はわんこ達がいっぱい。親子連れも。

これは「ヤロウ」よね。丘の上で自生している。我が家の庭のは冬を越せず枯れちゃった。ココだって、冬の間は拭きっさらしの風が吹くというのに。つよいものたちだけがしっかりと生き残っているんだろうな。

コレ(↓↓)も毎年みかける野の花。なんて可愛らしい。

この丘ではボランティアの人たちが、繁殖して広がるアイビーや外来種の(臭い)「ブルーム (broom)」を刈り込んでくれている。そして、少しずつネイティブ種の草花を増やそうとしてくれている。ありがたいです。

草むらの中でボールを見つけて上機嫌のGus。足を悪くしてからはボール投げは極力ひかえているんだけれど。あんまりにも嬉しそうで得意げなので、今日は少し投げてあげた。

もういっかいおねがいします。

来月でGusは12歳! でも、笑うと昔のまんま。

さてさて☆

私の苦手な「セットで苗を育てる」プロジェクト。ガレージの(なんとなく)自然光が差し込むところでちびっこたちを育てている。Grow Lightなしで柔らかい光の中でどこまで発芽するのか疑問だけれど、この場所以外に良さそうなところがなくて。

苦戦しているものの、「よもぎ」は約10日で発芽した!

わ〜い☆ この子たちはこの状態で外に出した。大丈夫、かな?

そしてっ、見てみて〜! この小さい子!!

約1ヶ月かかった。生きてたんだねっ。

吾亦紅です。今年、どうしても育ててみたい花のひとつ。去年の夏、友人とお茶をしていたときに、そばに置かれていた鉢植えの吾亦紅が種をつけていたのです。その種を少しもらって、友人が手渡してくれたレシートに包んで持ち帰ったもの。今のところ2つしか発芽していないけど、とても嬉しい。頑張れ〜。

そして♪ もう一つ嬉しいこと♪

ネットで注文した宿根草の種がやっとやっと届いたー! わぁ〜い☆

アイルランドから届いた種たち。それぞれの草花の特徴や育て方など、とても丁寧な説明もついている。カナダへの発送がずいぶん遅れているとのことで、注文から約4週間かかった。

でも、対応も良かったし、何より種のコレクションが素晴らしい(と私は思う)ので、また利用したいな。参考までに:「Seedaholic」というお店です。アジアへの発送はしていないのかなぁ… 送料はかかったけど、ひとつひとつの種の値段は良心的だと思う。

さぁ、この子たちも私の「宿根草幼稚園」に入園させよう〜♪

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪