ズッキーニとコーンのお焼き!

小さな畑でズッキーニが採れるようになったら、絶対に試してみたいと思っていたものがある。

Jucom.deさんブログIG)が紹介されていた「ズッキーニのチヂミ」♡ (インスタの方がわかりやすいレシピ

むは〜。

見たときに「これ、絶対に美味しいはず」って思ったんよねぇ。Jucomさんとインスタを通して知り合ったきっかけになったのは、デーツのケーキ。そう、みんなだいすきなフィンランドのデーツのケーキ。このケーキのレシピを教えてくれたのは、ケニア出身のワンジャちゃんだった。人と人とのつながりやご縁って面白いねー。そうそう、Jucomさんは面白いひとです。ブログもインスタも文章もリズミカルで楽しいし、目の付けどころが鋭くて笑えます。とても頭の回転が速いひと。コンフォートゾーンから一歩でて新しいことにチャレンジされているのもすごいなぁと、いつも思う。

さて!そのJucomさんが紹介されていたズッキーニのチヂミ。。。のような。。。

ズッキーニとコーンのお焼きを作ってみた!

レシピというほどでもないけれど、また絶対に作りたいと思っているので自分用に覚書き。

  • ズッキーニ(20〜25cm)2本をシュレッド
  • とうもろこし 1本 実を削ぎ落とす(1Cくらい)
  • 小麦粉 約1/3 C
  • とき卵 1個分(2個入れても良し)
  • 塩コショウ

粉加減や手順はJucomさんのレシピの写真を参考に☆ 卵をもう一個入れても良かった。茅の舎の野菜だしが大さじ1ほど(袋の半分)残っていたのでそれも放り込んだ。両面きつね色になるように焼く。私のはちょっと焦げたのもあり(苦笑)↓↓

色の薄い上の段のはじゃがいものお焼き(相方用)。とうもろこしの混じっているのがズッキーニとコーンのお焼き!

ポン酢を少し垂らして食べた〜♡

これがっ!

めちゃくちゃ美味しかった〜!

「こんなもんかな」と適当に作ったんだけど、「ちょっと奥さん、これめっちゃ美味しいで!」って隣の奥さんの肩を叩きたくなるような美味しさ。ふんわ〜りのズッキーニと甘いコーン。表面はかりっと焼き上がっていて香ばしくって。いくらでも食べれる軽さと美味しさ。

ちょー。ズッキーニととうもろこしが手に入ったら、ぜひぜひ試してみて〜☆

もちろん、ズッキーニだけでもふっわふわで美味しいはず!Jucomさんがされてるように、チヂミ風のタレなどを付けたら最高だわ〜、絶対。

日本のきゅうりちゃんが。ちゃんと真っ直ぐに伸びて大きくなった♪ これが4本目!

私一人で浅漬けかクラコンの塩昆布をまぶして食べている。美味しい。やっぱり日本のきゅうりのほうが美味しい。

明日はまた気温がぐぐっとあがり、ここでも30度を超えるかもって。

そろそろお盆。子供の頃、お盆休みの海では水面一帯にクラゲがうようよしているのを見てぎょっとしたっけ。

Gusはどこでしょう?

週末にまたズッキーニのお焼きを作ろーっと♡ たくさん作ってお弁当に持っていこう。あんなに美味しいのに、どうして相方は箸もつけなかったんだろうねー。食わず嫌いで損するタイプ。

週末の粉しごととラベンダービネガーできた☆

週末、少し曇っていたのもあり、粉いじりをしてみようという気分だった。

そこで久しぶりに、ほうれん草とリコッタチーズのラビオリを作ったよー。いつものレシピで(→☆過去記事より)。

パスタマシーンを出してきたりっていうのが面倒。。。っていつも思う。でも考えてみると、材料もすごくシンプルだし、生地を寝かせている間に、ゆっくりと具材を作ることもできるし、いざ取り掛かるとそんなに面倒でもないのかもしれない、と今回思った。

ピザカッター(?上の写真に写ってる道具)を使うと、ラビオリを切り分けるのも簡単だしー。

夏はどうしてもね、体も思考も外に向いてしまうんよね。この夏はパイも作っていない。秋から冬に向かうと、こうやって粉いじりをすることも増えてくるかな。

ほーら。カッターを使うと簡単♪ ほとんど無駄もでないんだけど、切り落としと、具を使い切ってしまって残ったパスタ生地はリングイネにしたよー。

生パスタは美味しい。ぷるるんとした食感がたまりません。

セージバターと絡めただけの、なんともシンプルな夕食。

作るのにあんなに時間がかかるのに、食べるとあっという間だ。餃子と同じ。でも、また生パスタ作ろう。で、冷凍しておこう♪

さて!

先週末の「お酢しごと」ができあがった♪

ラベンダービネガーとローズマリーリンゴ酢。

ローズマリーリンゴ酢は、私とGusのヘアリンス。さらっさらになるよー。

ラベンダービネガーはお掃除用! すっかりきれいな紫色になったでしょ?

香りは。。。というと。

「お酢」です。笑。

しゅっしゅしゅっとスプレーしながら、どれどれ。。。ラベンダーの香りするんかいな、とかいでみた。ほんの〜〜〜〜り、となんとな〜〜くラベンダー。

でも色がきれいだからうれしい。今夜も洗い物をした後に「他にシュッシュできるところないかねぇ」と、シンクやカウンターやオーブン周りに吹き付けて拭き取った。爽やかというよりすっぱーい香りに包まれながらも、ちょっとるんるんしたのでした。また作ろう!

雨上がりのよろこび。ブラックベリー仕事。

6月16日以来の雨。

朝起きたときには小雨・霧雨ですぐにやんでしまったのだけれど、夜の間に少し降ったみたい。ほっ。外に出て湿った土の匂いに包まれ、草木の先で光っている雨滴を見てこんなに嬉しく思ったのは久しぶりだ。

数本だけ育てているひまわりちゃん♪ テディーベア。

今日一日、ざざぁ〜っと降ってくれても良かったんだけどな。

朝の買い出しで言葉を交わしたスーパーの人たちも「やっと降ってくれたよね〜。もっと降ってほしいよね〜。」って。久々の雨に心を踊らせていたのはみんな同じ。私もあまりにも嬉しくて、カメラを持ってまだ濡れている草花を眺めた。降って良かったよね〜って。

ワイルドベルガモット

ソーカーホースや手持ちホースで水やりをするときは、最低限に足元だけを湿らせる。なので、雨で葉も花もすっかり潤った草花たちは、シャワーの後のように嬉しそうだ。「ねー、気持ちよかったよねー。」と話しかける(ひとりでね)。

夏の終りに爽やかな色合いを見せてくれるタチアオイが好きなので、今年も懲りずに植えてみた。けど半分以上の苗に「斑点病」が出ている。やっぱりー(涙)。こんなに乾燥した夏でも出てしまう。病気が出た苗は捨てるしかない。来年は諦めようかなぁ。

ひと苗のディル。ものすごく大きく育ってしまい、いつもなら種を付ける前にばっさりと刈り込むんだけど、メイソンビーたちが大好きなようなので、今しばらく残している。

花火のようできれいでしょ?

こちらの夏は涼しくて、今日も最高気温は22〜23度かな。来週終わりには28度くらいまで上がるらしい。それでも、八月に入るともう秋の気配を感じはじめる。日が短くなってきたし、もうすぐ陽の光も柔らかくなってくる。私はもう日本の夏には機能しない体になってしまった。30度を超えて湿度が70%なんて環境の中では、体も頭もシャットダウンするだろうなぁ。

でも、蝉の鳴き声やじりじりとした夏の日の気だるさのようなものを少し恋しく思ったりもして、今これを書きながら「日本の夏の環境音」を聞いてる(笑)。

午前中にブラックベリーをジャムにした。

庭の奥のヒマラヤンブラックベリーね。わさわさと茂っているやつ。ブラックベリーのジャムは「夏ジャム」。庭のルバーブで作るのは「春ジャム」。私がつくるジャムはこの二種類のみです。あ、秋に作るのはアップルソース。

今日はペクチンとレモン汁を少し加えたので、ちゃんと固まった。その季節のジャムを作り終えると、達成感「大」。

昨日からGusのうんちと食事記録をつけ始めた(笑)。お腹の調子の悪いのはときどきやってくるものなんだけど、頻度があがってきている。朝起きたときに腸がぎゅるぎゅるいっているとき日は食べないし、ウンチもゆるい。血便のこともある。いつもの獣医さんのところでは良い対処法も見つからず。で、別の獣医さんに相談したところ、犬のダイエッティシャン(食事療法専門医)と予約をいれてもらえた。九月の初めまで待たないといけないけど。で、少しずつ「生食」をもう一度試してみようかとも思う。パピーの頃に試したけど、そのときはうまく合わなくて諦めた。お腹が調子いいと、目もきらきらで足取りも軽いしね!

なんとか、今のGusにあった食事をうまく見つけられるといいなぁ。

週末の粉いじりとボロシャツと襟巻きGus

七月からは週二日、出勤になる。八月になると週三日。九月にはフルで出勤に戻る。

ひゃぁ〜(汗)

週五日、出勤するのが普通だったのが、突然100%リモートになったときにはかなり戸惑った。上手くリズムもつかめなくて心も体も疲れてしまった。なのに、続けていると慣れるんよね〜。今度はリモートスタイルを諦めることに戸惑いを感じてしまう。ま、これも、慣れてしまうのだろうけど。

涼しさの戻った週末に、先週の熱波の中焼いた(笑)「じゃがいものパン」をもう一度試してみた。

今回は綴じ目クープが開いたものの。。。横っちょからぷーっと。ほっぺたをふくらませるようにして。お餅が膨らむみたいに「そこじゃないのに〜」ってところからぷーーーっと(笑)。多分、閉じるときにちゃんと中央で「つねらなかった」からだ。今回は二次発酵が終わったかどうか、生地の具合をよくよくチェックしてみた。先生の「肩の力が緩んだタイミングで」ってアドバイスを思い出しながら、生地をじーっと見て「緩んでますかねぇ」と、一時間待った。それくらいで丁度いい感じだ。

あと、前回と少し変えたのは、茹でたお芋をすぐに取り出して冷ましたこと。茹で汁を冷蔵庫で冷やしたこと。これで、前日捏ねるときのべっとべと事件が解決した(笑)。

パリッと薄皮で本当に美味しい♪ 先生が使われている「サフ」のイーストを見つけようと、幾つかお店を見て回ったけれど売ってなかった。オンラインでなら買えるんだけどなー。

粉いじり+じゃがいものついでに、夏の定番・我が家の定番の「ポテトのピザ」を焼いた。

炭水化物 on the 炭水化物。このピザはいつ食べても美味しい。

そうだそうだ。

週末のプチ・修繕。見てくだされ。

笑。

My ガーデンシャツ。

20年近くも前に「古着屋」で買ったもの。なにせ古着だから、買った時点でよれっとしていた。でも家や庭で着るんだし、とにかく羽織れるこういう生地のが欲しくて買った。自分が着る服を、実際にどれをどれくらいの頻度で着ているかって見直してみると、私の場合はこういうよれよれの「庭着・家着」がダントツ一位に上がってくる(笑)。こちらは夏でも朝晩はひんやりだし、トレーナーを着るほどでもないけど何かをはおるときには丁度いい。棘のあるバラやブラックベリーの剪定をするときにも、この手の生地は引っかからない。これ、重要。

とにかくですね。よれよれのぼろぼろになってきて、一度はダーニングで修繕した。でもその部分が「裂けてきて」、相方も「そのシャツ。。。もう捨てたら?」と呆れ顔で見ていた。そこで、裂けた部分を切り取り、裏にあて布をしてみたよー☆ 我流もいいとこ。

相方に「ちょっとこれ見て!蘇ったでー!」と見せてみると、「おぉう、それはなかなかキュートだ!」と良い反応だった(笑)。むはは。これでまた一シーズン頑張ってもらおう。

只今、襟巻き着用中。

笑っておりますが。

5日ほど前に、ほっぺたにベトッとしたものがついていたので、また変なもののうえでごろごろしたのかーって思っていた。それがどうも、虫刺されか「かぶれ」で、痒いから伸びた爪でかりかり引っ掻いて。。。血が出てかさぶたになりまたそれが取れて。。。と。コーンをつけてほっぺの毛を少し切ってみると、1円玉ほどの大きさで皮膚が固くなっている。

5年ほど前にも同じような皮膚病(何だったのか覚えてないけど、ほっぺただった)になったのを思い出した。ネットで見てみると、カモマイル+カレンデュラ+緑茶を混ぜて濃いめのお茶にして、それを冷ましたもので患部を濡らしてあげると痒みがましになる、と書いてあったのでやってみた。でもかさぶたのような痒い部分はなかなかよくならない。老体に襟巻きコーンはなかなかしんどい。夏だし。今日も私が帰宅すると駆け寄ってきて、「かゆいかゆいー、かいてー!」とコーンをバンバン押し付けてきた。昨夜も痒いもんだからコーンの外側を足でぱんぱんぱんぱんぱんっ!ってはたいている音が何度も聞こえた。。。

ということで、明後日お医者さんにつれていきまーす。どの薬かわかってるんだから、薬だけくれればいいのにっていつも思う。やれやれ。でも夏に痒いのは辛いもんね。薬もらって早くスッキリしよう。

そうだ。余談ですが。

先週末、あまりにも暑くてさ。なんとっ、結婚20周年のアニバーサリーをすっかり忘れてしまったーっ!!ふたりとも。。。やれやれ。来年仕切り直し?