節分には。

金曜日、節分。

うーーーん。。。今年はやめておこうか、もういいかな。。。とも思ったのだけれど。

節分は私の中でもはずせない行事(?)。春を迎えるのだ、という気持ちが高まるのも、節分があるから。

カナダに住んでいると(しかも子供もいない暮らしなので)、「節目」というものを感じることがとても少ないように感じる。季節の移り変わりとともに訪れる春分や夏至のような「節目」や「お盆」のような慣習や。歳のせいなのか、昔からあった、そういう「節目」のコンセプトがとてもしっくりとくるのです。最近。

こちらのイースターや感謝祭やクリスマスとは違う、しっくり感。

というわけで。

昼休みに轟々と風が吹き付ける中、キャンパスから海の方まで早足で歩き、サササッと買い物を済ませた。

そして、いつもの、恵方巻。

熟れたアボガドが見つからなかったので、具は7種に満たず。ま、いいよねっ。

相方とふたり、今年の恵方の「南南東」を向き、無言で最初のひとかぶりっ。

みんなが健康に過ごせますように。相方の痛みが少しでもましになりますように。と、こそっとお願いもした。

お米2合たくと、巻きずし2本できてご飯がまだあまる。最初のひとかぶりの後は、切って食べるんだけど、必ず残る。来年は、1合炊いて一本巻いて、両端からひとかぶりずつしようかなぁーーーなんて思った。

だって。お寿司を食べ終わった後に、相方に「美味しかった?」って聞いたら、「あ。まぁ、うん。」という返事。なんというそっけない返事!

まぁ、もともとお寿司とか、和食!っていうものをすごく喜ぶひとではないのは知っている(唐揚げ、とんかつ、ハンバーグは大好き)。「もっと喜んでよ」って期待するのが間違いなのかもしれないのだけれど、残念感(?)が半端ない。なので、来年は、彼には期待もせず、自分の中で節目を感じて春を迎えるのだ!って気持ちを高めるために、一本だけ巻くことにしようかな。

と、残ったお寿司を眺めながら、来年の恵方巻きの方向を考えてしまった(笑)

余談:手をつないでスーパーでお買いものをしていたおじいちゃんとおばあちゃん。↓↓

なんか、いいなぁ♡ 心あたたまるなあ。素敵なご夫婦だ。

そしておまけ:まだまだ手に負えないチューイ。

日によってはすごく「Wound-up」なチューイ。落ち着かず、遊び方が「ラフ・激しく」て、口におもちゃなりボールなりをくわえたまま「遊んでくれよっ!」「これをとってみろよっ!」と、体当りしてきたり飛びついてきたり。。。あーーーーっっっもうっ!!! 金曜の夜にそれはやめてくれっ!!!と、キレそうになる。

ホっと一息つきながら、ソファーでお茶を飲んでいたら、下から私の顎に向けて「頭突き」とかね。。。熱いお茶が唇にかかるわ、頭突きの反動で上唇を噛んで血が出たりとか。

あぁーーーーっっっ、もうっっっ!!!

あと3年。かな。そしたら落ち着くかな。。。Gusとも、「やっとつながったね。Click☆」って感じたのは、Gusが4歳になった頃だったから。

頑張るジョー。

みなさん、ゆったりとした週末を!

りんごのジャム

きりりと冷え込んだ日曜の朝。そして青空。こんな冬の日は気持ちも軽い。

朝のうちにりんごのジャムを作ったよ♪

りんごは裏庭の老樹のりんご。昨年は不作だったんだけど、小ぶりのものばかりを新聞紙にくるみ、ケースにいれて外においておいた。そろそろ食べないとダメになってしまうので、まとめて少しジャムにすることにした。今朝のりんごジャムづくりは2度目。

以前、庭のりんごでアップルバターやアップルソースを作ったことはある。アップルバターも美味しかったけれど、私はこの今回のアップルジャムの方が、トーストにのせて食べたときには好き。

覚書きにレシピを。いくつか見た中で、このレシピはシンプルでペクチン不要。

りんごのジャム

  • りんご 約1kg
  • 砂糖 250g
  • シナモンスティック 1本(無くても良し)
  • レモン半分の汁 (1個いれても良し)
  • 水 300〜350cc
  1. りんごは芯をとりのぞき皮をむき、乱切り。
  2. 材料を全部お鍋に入れて45分ほど煮詰める。ごろごろが好きなら30分ほどで良し

ライ麦入りのパンをトーストしてバターを塗り、このりんごジャムをたっぷりのせて食べるととーーっても美味しい!ということを発見したのです♪ ここ数週間のわたしのヒット朝ごはん。今まではトーストはあまり食べなかったのだけれど、ちょっとハマっている「ライ麦、バター、りんごジャム」。

見えにくいけど、チューイの足元にりんごあり↑↑。

りんごのケースをあけて、少し目をはなしたすきに。。。ひとつかっさらっていって駆け回っていた小僧。

とれるもんならとってみな、の遊びに私を誘っている(笑)

無視よ、無視。その遊びはノー・サンキュ。

さて。また一週間。もう1月が終わってしまうなんてっ!Can you believe it???

スイート・ケール・サラダで緑もりもり

きりりと寒い週末。土曜日も日曜日も良いお天気で、ご近所さんたちも「この日を逃してなるものか」と、せっせと落ち葉かきに励んでいた。中には「リーフブロワー」でぶおぉ〜んぶおぉ〜んとやかましく枯れ葉集めをしている人たちもいた。私もブロワーを持っているのだけれど、朝のまだ静かな時間に熊手で。濡れていない落ち葉は軽くて、熊手で集めるという作業は気持ちもほぐれ、体も温まる。

チューイもおしっこを我慢できる時間が伸びてきた。うちに来て最初の1ヶ月半ほどは、朝6時にペンのドアを開くとロケットのように飛び出してきて、お尻ふりふり、ぴょんぴょんじたばたと大騒ぎだった。それが!最近ではペンを開いても出てこない。もうちょっと〜ん♡とぐずぐずごろごろ。「そこにいるならお腹なでてん♡」とヘソ天ポーズで体をうねる。なので、私も週末はすこ〜しずつ「Sleep in」できるようになってきた!嬉しいっ!

そうだ♡

こんなに寒いのに、朝はすっかり霜が降りてチューイの水だって凍りついているというのに、マルガリータちゃんが咲いていた♪

凝縮された美しさが光ってる。

こんなにも美しいもの。
(ひとがどれほど頑張ってもつくれないもの)

さて、みなさん。

最近「ぬらりちゃん」が長期滞在をしていてですね、なーんかジャンクフードな気分も高まっていました(苦笑)。チェダーフレーバーのポテトチップスなんて買ってしまってねー。「ナニコレ、めっちゃ美味しいやん…」と一人で完食。

なのですが、土曜日に突然、「緑を食べたい!もりもりと、食感のいい緑をたくさん食べる!」と。「Sweet Kale Salad・スイーートケールサラダ」というものを大きなボールにたっぷりと作った。

↑↑は混ぜ合わせる前。サラダだから、まぁ、適当に。でもレシピはコレ→☆を参考に。

ケールは葉っぱの部分を切り(大きな葉っぱを3本使用)、ブロッコリーは茎の部分をマッチ棒のように切り、房の部分は小さく分けた。人参もマッチ棒切り。レシピではここにキャベツや芽キャベツをシュレッドしたものも入っている。ドライクランベリーとローストしたかぼちゃの種をたっぷりと。

ドレッシングはメモしておこう。

  • 1/4 cup オリーブオイル
  • 3 大さじ アップルサイダービネガー
  • 2 大さじ オレンジジュース(搾りたて、あれば)
  • 1 1/2 大さじ はちみつ
  • 1 大さじ レモン汁
  • 1 小さじ ポピーシード
  • 1/2 小さじ 塩
  • 1/4 小さじ オニオンパウダー

材料を小瓶に入れてシャカシャカ振る。ポピーシードは歯と歯の間に挟まるから…という理由で入れなかった。

野菜にドレッシングを混ぜ入れ、その状態で3日ほどは冷蔵保存できるんだって。作り置きだ!

結構大きなボールにたっぷりと。今、レタスがとんでもない値段(450円とか)なので、ケールやブロッコリーのサラダがありがたい。普通のレタスではドレッシングして冷蔵保存したらべちょべちょになるけど、このサラダは大丈夫です。

酸味あり、甘味あり、レモンの爽やかな風味あり。食感もよろしい。

なんかとっても満足なサラダで、今日もひとりでもりもり食べたよ!明日も食べるよ!相方は手を付けないから、一人で楽しんでるよっ!

元気な一週間を!

春菊の花も寒さの中で咲いていた♪