風邪をひくの巻

久々に流行りの風邪をもらってしまい、先週金曜からダウンしていた。週末は良い天気でぽかぽかと野良仕事日よりだったのに、ずぅっと寝ていた。うーん、悔しいっ! 学期初めは、夏のバケーションやお里帰りやらでビクトリアを離れていた学生さん+スタッフがどっとキャンパスにあふれ、色んな「風邪菌」もキャンパス内で交わり、はびこり、広まり。。。驚異を増す。もう3年、4年ほど、ダウンするような風邪はひいていなかったというのに、油断していた。

レモン+はちみつ+生姜がいいのだろうと思い、たんまりとレモンと生姜を買い込んでがんがんと飲んだ。レモンの消費1ダース。おかげで喉の痛みは2日後にはスッキリ消えて、頭痛と疲労と咳だけがまだ残っている。

普段元気なもんだから、たまにこうして風邪をひくと「体」というものを感じる。体の部分部分や細胞までもが身近なものに感じてくる。自分の体なのだから「身近」で当たり前なのだけれど、元気で痛くも痒くもだるくもないときにはすっかり「おまかせモード」で、そこにあることに注意をはらうこともない。扁桃腺が腫れてしまって喉が痛み始めたときには、口を大きく開けて「あぁーーーー」といいながら喉の奥にぶら下がっているものを鏡でチェックしてしまった。「おーい、どうしちゃったんだーい」という気分で。

ずっと前に友人から聞いた話を思い出した。友人の親戚のひとり(だったかな)が癌になり、肺の一部を切除したんだって。で、その手術の後、放射線治療や化学療法を受けたわけなんだけれど、それ以外に「LSD」の治療を受けたんだって。当時はヒッピーたちの間で使われていたドラッグは、今出回っているものに比べるとずっと「ピュア」で信頼のおけるものが多かったらしい。LSDというと幻覚症状を起こす「薬物」として知られるもので、日本では違法ドラッグです。が、最近ではLSDを使った精神療法も医学的に見直されてきているらしい。とても興味深い分野です。友人の親戚さん自身、LSDに詳しかったこともあり、信頼できるガイド(トリップ状態のときにサポートしてくれるひと)をつけて普通「娯楽」で使用するよりもずっと多い量を一度に摂取したんだって。特別な幻覚効果を考慮して計算された「量」だったんだって。でね、彼女はこのLSDの「トリップ状態(幻覚をおこしたり、ハイになる)」のときに、ミクロレベルで自分自身の体の中にすべりこんで、癌細胞と向い合い、自分自身で体の外に追いやったんだって。彼女は手術と治療のあと、30年以上キャンサー(癌)フリーの生活を送られたんだって。

ひとは自分の肉体とコミュニケーションをとろうと思えばそうすることができるんだろうな、と思う。病は気から、とも言うし、この彼女の場合はLSDが一つの手段であったわけだけれど、シャーマンとかヒーラーとか気功や鍼の先生なんかは、気や血や細胞に語りかける力があるような気もする。そんなことを思いながら、私は喉の奥の赤く腫れたぷらぷらしたところに語りかけてみたのでした(笑)。瞑想のときにも、只今体中をただよっている「風邪菌」を呼吸ととも体の外に促すように、吸って吐いてをしてみた。

ニンジン、リンゴ、レモン、生姜ジュース!

さっさと治して貴重な美しい秋を楽しまなきゃ~。みなさんも季節の変わり目、風邪にご用心っ!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

10 Replies to “風邪をひくの巻”

  1. 今、風邪をひいている人が多いよー。自分の体がいつもと違うと、改めて自分の体のことやこれからのこと、アレコレ考えちゃうね。私はね、普段は何も考えずノホホーンと生きているのに、健康診断でちょっと引っかかっただけでビビる。治りかけの時に無理しないで、たくさん寝て、消化の良いものを食べて、くれぐれもおだいじにネ。風邪、風邪、飛んでけー!

    1. Sachieさん、こんばんわ〜。
      そちらでも風邪っぴきさん多いんだねっ。私の周りすごいよ〜。みんなゴホゴホしてる。。。それでも学校・仕事に来るから広まる〜!
      そうそうっ!ちょっと風邪ひいてぐったりすると、弱気になってあれこれ考える!おばあちゃんになって、もし一人だったら、誰が手伝いをしてくれるんだろう。。。とかね(笑)なので、たまに風邪をひいて、健康のありがたみを再確認するのは良いことだよね。
      ほんと、風邪、飛んでって〜!今日も早く寝ます!

  2. 風邪でダウンしてたんだね。 どうぞどうぞくれぐれもお大事に。そういう私もなんだか喉が・・・・・(乾燥のせいだと思う・・・・) 早く症状が消えて元気になりますように。 そのLSDの治療、面白いね〜〜〜〜〜。  きっと、トリップ状態の時に、いろいろなことに気づいて、生き方をきっと変えることができたのでしょうね。 そんな使い方があるなんて全然知らなかった! 
    とにかくpapricaさんの風邪が早く治って元気になりますよう、祈ってます!

    1. tomさん、こんばんわ!
      そうなの、珍しく流行りのものをもらってしまったよ。tomさんの喉の痛み、大丈夫?? 私も始まりはのどのイガイガだったから、気をつけてっ。
      LSDのトリップ、興味深いよね。私の知り合いにもアヤワスカに興味があって、きちんとしたガイドが見つかればやってみたいって言ってる子がいるよ。ドラッグというとひとまとめにして「悪いもの」って決めてしまいがちだけれど、その先にあるものやそこでしか感じられないことにはちょっぴり興味があるなぁ。コカインとかヘロインはNo Thank youだけどっ。
      どうもありがとうね。tomさんも季節の変わり目には要注意だよ〜。

  3. Papricaさん、

    風邪大変だったねぇ。良くなってよかった。もうすぐインフルエンザだし、気をつけてね。

    こちらも、急に秋っぽくなってきたけど、今年の夏は暑かった〜。今日は、来春に向けての球根を植えます〜。食べられないといいけどね。

    1. Kumasakiさん、こんばんわ〜。
      そうなのよ、喉が痛いな〜ってところから一気にダウンしてしまった。不覚だったわ。風邪はこれっきりにして、年末まで元気に乗り切らないとねっ。Kumasakiさんは元気?
      そうだよね、そちらの夏は暑かったよねぇ。。。そして自然災害がやまないし。。。
      もう球根植えてるの? チューリップとかかな? 私ももう少し水仙を植えようかな、って思ってるよー(水仙は鹿にたべられないからっ) こっちゃん、元気?

      1. こっちゃんも私も元気よ。気にかけてくれてありがとう❤️ やっぱり健康第一だねぇ。球根は、alliumとかmuscali とかだよ。春にちゃんと出てくれるかなぁ。植物って難しい。

        1. Kumasakiさんもこっちゃんも元気で良かった~。
          アリウムとムスカリかぁ♪ いいね~。私も来年の春に向けて球根植えたいです。もう少し待って10月の終わりくらいかな。 春にきれいに咲いてくれますように☆

  4. 私も ほとんど寝込んだことはないですが
    たまに風邪を引いたりすると 気弱になります。
    私も病気の時は
    菌の生命力とか 生き様(笑)など
    同じ生物として 思いを馳せたりもしています。
    風邪の菌が 喉から次第に 下へと降りていく様子が
    感じられます。止めて!といっても 無理ですけどね。

    先日 帯状疱疹もどき?になったようなのですが
    (薬を素早く飲んだので 症状が軽く
    本当にかかっていたのかどうか不明)
    帯状疱疹は 子供の頃にかかった水疱瘡の菌が
    日頃は体内にひそんでいて 宿主の体が弱ると
    出て行こうとして 疱疹になると言われています。
    でも これって 本当なのだろうか?
    と 私は 疑っておりますが~(笑)

    1. nonさん、おはようございます!
      やっぱりみんな同じなのですね。日頃元気な人ほど、体調を崩すと弱気になるというの。
      わかりますっ!私も自分の体の中に侵入した菌の生命力を思い浮かべましたよ〜(笑) 今、一緒に存在しているんだなぁ〜って。
      帯状疱疹は症状が出てから7時間(?でしたっけ?)のうちに薬を飲んでおさえないと、結構ひどいことになって大変だ、というのを聞いたことがあります。nonさんもすぐにお薬を飲んで処置されたようで良かったです。水疱瘡の菌との関係。。。興味深いです。私も子供の頃にひどい水疱瘡になっているので、帯状疱疹の菌…どこかに潜伏しているのかもしれませんね。のっとられないように元気でいないといけません!

コメントは承認後に表示されます。