幼なじみ。GusとGus。

わんこたちにとって、パピーの頃に出会った友達は特別。

いくつになってもパピーフレンドに会ったときはしっぽの振り具合がぜんっぜん違う。最近友達になったわんこと出会っても、同じような喜び方はしない。苦手な犬は避けて通るし、昔のように誰彼構わず走り寄っていくことはもうしない。おじさんだもんねー。

Gusの大大大好きな幼なじみは、バーニーズマウンテンドッグのGus。同い年。

「がすっ、げんきにしてたー?ちゅーしてーっ!」

Gusは小さい頃、たいていどんなわんことも仲良く遊べたけれど、特に大きなわんこが好きだった。大きければ大きいほど好き、そんな感じだった。パピースクールではマスチフのアップルちゃん。近所の幼なじみはというと、狼犬のウィロー、ハスキーとの混血犬のジャック、ドーベルマンのヒューゴ、で、この大きなGus。みんな大きな犬だから寿命も短くて、このGus以外の幼なじみはみんな天国に行ってしまった。

大きな犬はエナジーが違うのかな。穏やかで。うちのGusはパピーの頃から左耳がただれることがよくあった。ビッグ・Gusはリトル・Gus(うちのGus)をみるといつも鼻先でぺろりとGusの耳をめくり、くんくんと匂いを嗅いでチェックしてくれた。

うちのGusは、朝ごはんを食べたばかりのビッグ・Gusの口の周りを舐め回すのを楽しみにしていたっけ。そんなことをされても、じーっと舐めさせてくれたビッグ・Gus。大型犬の11歳(この春で12歳)というとずいぶん高齢なんだけど、まだまだしっかり散歩している。

「おじさん、おっきいくっきー、ください。」

ビッグ・Gusの飼い主さんはいつも「大きなクッキー」を持っているんでね… うちのリトル・Gusは今でもちみちみと唇をふるわせながらアイビームを送る(恥)。

ビッグ・Gusが数百メートル先の角を曲がったところを歩いていたとしても、うちのGusは匂いでわかる。突然しっぽをブンブン降り出してリードを引っ張って前進する。

かわいくてとびきり優しい、ビッグ・Gus! ずっとずっと元気でうちのGusと仲良くしてねっ。

*余談

この間、うちの父は子犬のことを「ポピー」と言っていた。

いや。。。お父さん、おしいけど。ポピーは花やで。。。

こういう「天然エピソード」はいくつかあるので、時々ふと思い出して笑ってしまう。

8 Replies to “幼なじみ。GusとGus。”

  1. パピーって仔犬のことなのね、仏語では゛おじいちゃん゛なのよー 大きいGusいつまでも元気でいて欲しいね。犬友同士も飼い主さん同士も顔見知りになって楽しそう♪  Gus=ガス君だったのね、ずっとグスだと思ってた私、papricaさんのお父さんとお友達になれそう..?

    1. poteriさん、こんにちわ!
      えぇ~っ、パピー=おじいちゃん? なんだかかわいいなぁ。Gusはこれからどんどんパピーになるのかー。
      そうそう、犬を連れていると立ち止まってことばを交わす機会が増えるよ。でも、犬の名前は覚えていても飼い主さんの名前が覚えられなくて。。。
      ぷぷっ。Gusのことグスだと思ってたのー?フレンチ風に呼ぶとグス、なんだね(笑) あ、でもね、Gusには「グズマン」ってニックネームがあるんだよ。怒ったり呼びかけるときに、ガスッ!ってちょっと短いので、そういうときは「グズマンっ!」って。Gusも自分はガスでもありグズマンでもあるってわかってるよ。がーーっす!って呼ぶよりも、グズマーーんの方が呼びやすい。
      poteriさんとうちの父、きっと波長が同じだね(笑)

  2. どちらのGusちゃんも元気に長生きしますように。なんか良いコンビだね。漫才の阪神・巨人みたいじゃない?(Sorry,君たちは彼らよりずっとハンサムだよー。)
    ポピーとパピー、似ていなくもないね。私は今でも音が似ているドイツ語が覚えられないことがあって焦るよー。自分でなんとなく気がついて「あれ?」って思うと、夫はニヤニヤ笑ってるんだよ。あー、悔しい!

    1. Sachieさん、こんにちわー!
      あはっ、なつかしっ。阪神巨人っって、いたよねー。顔が浮かぶわー。 漫才させたら、うちのGusは落ち着きのない方で、しょっちゅう突っ込まれてハリセンで叩かれそう~。
      ドイツ語。。。難しいよねっ。ぜんっぜんわからないけど、区切れがどこだかさっぱりわからないし、耳あたりがドライだし、つかみどころがない!Sachieさん、すごいよ~!
      旦那さまは日本語で間違えたりしないの?

  3. こんにちは~カナダも春の気配ですね。種まき楽しみですね!ここしばらく英国は温かくて今日は20度です…最高気温の記録更新だそうで、地球温暖化かなあと怖いですね。明後日からまた寒くなってくるみたいですけど。
    大きいわんちゃんはやっぱり小さいわんちゃんに比べると短命なんですね。アイルランドの従兄弟の家で大型犬二匹飼ってるんですが足腰悪くなりやすいから…みたいなこと言ってたの思い出しました。
    お父さん可愛らしいですね!ポピーって…ふふ、とってもお茶目です。

    うちの旦那もいつもお米粒最後まで食べないんですよ~!やっぱり日本人みたいな思い入れがないからなのでしょうかねえ…

    1. Saoriさん、おはようございます!
      そちらは20度ですか?! ビクトリアはまだ寒いんですよ。今朝は2度くらいかな。風が吹くとウィンドチルで体感温度がぐっと下がるし。。。 ちょっと前に降った雪が溶けていないところがまだあります。なので、種の整理はしてみたものの、まだ庭にぱらぱらはしてませーん。来週辺りからすこし暖かくなるかなぁ。
      大型犬は8,9歳が平均寿命でしょうか。なのでBig Gusは飼い主さんも驚くほどの健康犬!大抵、10歳を過ぎた大型犬は関節炎などで散歩も難しくなってきたりするのに、このGusはゆっくりのんびり散歩を楽しんでます。かわいいでしょー?

      ご飯粒を残しているのを見ると「どきっ」としませんか?子供の頃に「擦り込まれた」習慣で(笑)
      春を楽しんでくださいね!

  4. papricaさん、コメントはお久しぶり!
    読んでいたのだけど、コメントご無沙汰してたー。
    Gus君、幼馴染みと楽しそうね。犬同士もそんな友情があるんだね。
    大型犬は小型犬よりも寿命が短いの?知らなかったー。
    大きな動物のほうが長生きなのかと思っていたわ。

    papricaさんのたまに登場するお父さん話、いいなあ。
    いいお父さんだよね。ふふふw

    1. africaさん、おはよう~!

      お忙しいのにコメントありがとう♪ 私もブログもインスタも見せてもらっていまーす。いつも読み逃げでごめんねー。africaさんちでご飯たべたいー(笑)
      うん、大型犬は10歳まで生きたら「おおぉ、長生きだね!」って皆感心するよ。うちのGusくらいの中型犬なら15,16歳くらいかなぁ。そう思うとさ、Gusも今年で12歳だから、あと何年一緒に暮らせるのかなってね。どちらのGusにも長生きしてほしいヨ。

      うちの父は物静かだけどすっごい頑固で、たまに言うことやすることが「ぼけぼけ」で私たち姉妹に突っ込まれてばかりだよ~。

コメントは承認後に表示されます。