覚書き:瞑想を8ヶ月続けてみて

秋晴れのキャンパススナップをそえて(笑)、またちょっと瞑想の話し。長いので興味のある方のみどうぞ~。

さて。瞑想が毎日の習慣になってから、8ヶ月ちょっと。

何故、毎日やってみようと思ったのかな、と考えてみる。瞑想が体や心の健康にいいのは知っていた。具体的にどう良いかではなくて、漠然と。水曜のランチタイム瞑想のヘンリーさんもアーティストのビルさんも、うん十年と瞑想を続けられている。このお二人のお顔と放つ柔らかいエナジーが大好きで、あんな風になりたいなぁ~という気持ちは常々あった。でも、それだけが理由で「頑張るのだ!」と始めたのではなかった気がする。その時は気づかなかったけれど今振り返ると、「自分が心から必要としていたことだった+ようやく心構えができた」から、という理由のほうがしっくりとくる。

自分の覚書としても、変化を記録してみよっと。

最初の数週間~1ヶ月

始めの頃は、相方と「さ、今からやるよ!」とやや気合をいれ、短い時間とにかく「座って目を閉じて呼吸に集中する練習をする」つもりで取り組んだ。そう、静かだけれど深い湖に一人で飛び込むような感じがして、えいっ、というプチ気合が必要だったな。目を閉じてみてもそわそわして色んな思いや感情があふれてきて落ち着かないことばかり。ときには、始めのベル(Ensoというシンプルなmeditation app を使用)が鳴ってすぐに、うっすらとした「不安」さえも感じることもあった。何もない静かな暗い空間でたった一人、大丈夫かな、とか、押し寄せる雑念や感情にとらわれるんじゃないか、とか。たった5分がとても長く感じることも少なくなかった。

あと、眠りの質は良くなったと思う。夜中に目が覚めて色んな思考がぐるぐる頭をめぐりだして眠れなくなる、ということが以前はよくあったんだけど、今はほとんどない。ぐるぐるが始まりそうになったらゆっくり呼吸に集中したらまた寝てしまう。そういえば、あの「羊をかぞえる」っていうのも同じトリック(?)よね(笑)。瞑想中に羊を思い浮かべて数える、っていうのもありかも〜。

変化や気づいたこと

  • もうそわそわしない。すぅっと滑り込むように瞑想を始められる。
  • 時々、瞑想中に一瞬ふわりと軽くなることがある。
  • 自由な感覚。娘としての私、パートナーとしての私、職場で働く私、女としての私、こうありたい・あるべき像を持った私…などなど、「○○としての私」から自由になれる感覚。私が私であることはどうでもいい。時々そんな風に感じる。これが心地よい。
  • 瞑想を初めて1ヶ月ちょっとした頃、(瞑想をしていないときに)ふっと湧いてくる感情にとても敏感になったことに気づいた。良くも悪くも。はっきりとした変化は、怒り、苛立ち、悔しさといったネガティブな感情が沸き起こると、実際に強い「Acidic・酸性」の液体か粒子が体の中に放たれるように感じるようになった。しゅわぁ~っと。コレは辛い。体が内側から錆びてしまいそうだから。悲しい・寂しい・不安といった感情には静かにきゅぅっとしめつけられるような感じ。嬉しい・楽しいという感情は、こめかみの辺りを軽くさせ、体全体でありがとうを表現したくなる。大げさに聞こえるかもしれないけど、そんな感じなのです。
  • 言葉にならないモヤモヤしたものが、ときどき瞑想中に涙になって流れ出ることがある。すっきりする。
  • 起きてるのか寝てるのかわからないことがある(多分、寝ている)
  • 説明の付かないイメージが浮かぶ。回転するロブスターとか。アイスバーのアイスがスカイブルーの象の頭とか。訳の分からなさ度は夢に似ている面もある。

こうしてみてみると、私の場合、瞑想中にまだまだたくさんの雑念や感情がよぎり、瞑想という手段で普段消化できていないものを処理(?)しているようにも思える。

「感情」が以前よりもずっと具体的なカタチを持って現れる、というのは半年過ぎた頃に気づき始めたかな。なんていうのか、以前は「困ったな」とか「嫌だな」とか「腹立つ~!」っていう悩みの種になりそうな感情が起こると、気づかないうちにその感情そのものになっていた。困ったちゃんとか、ムッスリちゃんとか、凹みんべぇとかになって、そんな顔して歩いているっていうの。それがね、困ったちゃんになってしまう前に、困ったな、っていう気持ちに気づいて様子をみるようになった、そんな感じ。もちろん、100%そうなったわけではなくて、今もムッスリちゃんしていることもあるっ! ただ、自分で「今」どうすることもできないなら横に置いておいて、とりあえず笑っていようかな、って思えるというパターンが増えてきた。それもオプションだなって思えるような。

このパターンは、マインドフル瞑想中の基本的なもの。雑念が浮かんだら、それを「いけないいけない!」ってジャッジするんじゃなくて、「あ、雑念だ」と気づいてあげてとりあえず手放して呼吸(またはマントラ)に意識を戻す、というの。そういう意味で、ムッスリちゃんや凹みんべぇになる頻度が減ったのは、瞑想のおかげかなぁ~って思う。

でもでも、座禅をくんで目を閉じてマインドフル瞑想をすることだけが瞑想ではないもんね。庭で草をぬいたり、ゆっくりと体操やヨガをしたり、空を見上げたり、泳いだり、歌ったり、丁寧に雑巾がけをしたり、散歩したり、というのも瞑想のひとつじゃないかな。

最近では、瞑想が脳に及ぼす影響を科学的に研究する学者さんたちの文献も注目されているようで、学術文献をわかりやすく説明しているネット記事もたくさんあり、読んでみるとなかなかおもしろい。日常的に何時間も瞑想をするチベット僧の脳は、普通の人よりも「灰白質(かいはくしつ)」の割合が高いとか、それが何を意味するのかとか。瞑想とマジックマッシュルームの共通点とか♪
またその話は今度~。

absolutely gorgeous day. everything looks beautiful in the gentle autumn light.

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

瞑想用の座布団がいいよ♪

瞑想を始めたのが今年の2月20日。相方も私より数日おくれて一緒にするようになった。いつも私が仕事から帰りGusの散歩を終えてから瞑想する。今日で8ヶ月、毎日休まず続けてきた。これにはふたりとも正直とても驚いている。一緒に時間をとってしているから続いているのかも。初めは5分。そして10分、15分と増やし、今は20分。

さて、ここまで毎日続けてきたのだから、「瞑想用の座布団・クッション」をアップグレードしよう!と先日、ネットで注文しちゃったよ〜。

8ヶ月使ってきた私たちの瞑想用の座布団はこれ(↓↓)

私は折りたたんだバスタオル。相方は、ずっと昔に私がチャイナタウンで見つけてきた座布団。ぺっちゃんこになっている。何もなしで床に座る人もいるけれど、少し高さがある方が断然、座禅をくみやすい。

そして☆ ちゃんとした瞑想用の座布団!

わーい♡

瞑想用座布団・クッションにも色々とあるけれど、私たちの選んだのはバンクーバーにある「Halfmoon」というヨガやメディテーショングッズをあつかっているお店のもの。こちらではMeditation cushion とか zafu って呼ばれるらしい。

実際にバンクーバーで作られているのも嬉しいな。

瞑想用座布団というと、中にぎゅっと綿が詰まっているものと、蕎麦殻のものがあるみたい。相方は間違って蕎麦殻の方を選んでしまったらしい。でも、使ってみると「綿」のものよりもいいんじゃないかな〜って気がする。座るとお尻の形にフィットするし、すぐすぐぺっちゃんこにならないだろうし。

高さ(厚み)は約13cm。これくらいの高さがあると、座禅を組んだ時に膝がとっても楽。それから、相方も言ってたけど、瞑想中に背筋が今までよりもまっすぐ伸びているように思う。お腹を凹ませて前かがみになったりしないので、腰にかかる負担も減るような気もするよ♪

毎日、大切に、長く使っていきたいな〜。

瞑想を初めてみて感じたこととか、またそれは今度書こう。

余談ですが。今日、午前中に自転車でダウンタウンに行ったらまた雨に降られた〜! 1週間に三日も続けて雨にぬれたのなんて初めて。ホットヨガを始めた末の妹のリクエストで、lululemon でトップスを選んできた。帰りに立ち寄ったスーパーで美味しそうなリーク(ポロ葱)を見つけたので、今夜はじゃがいもとリークのスープ。あったまった♪

良い週末を〜☆

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

晴れ間の秋の庭と、アイノカタチ in meditation.

今日はまたどんより寒かった。昨日の日曜はいいお天気でぽかぽかで、庭の奥の少し日当たりの良いところだったら葉っぱ野菜が育つかも~、なんて思って雑草を抜いて種をまいたのにな。グレーな日が戻ると「やっぱり育たないかもなぁ」と弱気になる。

庭で最近気づいたこと。涼しくなったらほうれん草が育つだろうと思い、夏の終わりに日当たりの良さそうなところにせっせと種を蒔いた。それが、元気に芽を出しても、本葉が出てすぐにみんな「消えてしまう」のです。根っこから何かに食べられてるのかなーって思っていたら、なんと、鳥たち。そう、色んな鳥がやってきて、うちのほうれん草エリアがサラダバー状態になってたー! 「今更気づくな」という感じなんだけど。来年は葉っぱが大きく育つまで覆いをしてあげよう。

今頃咲いてる金魚草。あのぅ。。。春に咲いてほしかったのですけど。

もうひとつ。今年は人参とトマトがずいぶん被害を受けた。トマトなんて、青いうちからひっかかれた。畑男のジョーさんに引っかき傷の大きさなどを話すと、「それはネズミだよ。マウスじゃなくてラットね。」って言ってた。彼に、なんで突然ドブネズミの被害が増えたんだろう?って聞いてみたら、乾燥した暑い夏のせいかもしれないし、近所の人が鳥に餌をやったりしていたら、そこには必ずドブネズミが群がるからどうしようもないよ、って。

げっ。。。 鳥の餌。夏の間、小鳥たちがかわいいな~って、これまたせっせとフィーダーに餌をいれては、やってくるチッチたちを眺めて喜んでいたのはだったー!! 来年はフィーダーなしですっ! ドブネズミたち、うちの畑の存在を忘れてくれればいいけれどな。。。

全く余談ですが。瞑想中には色んなイメージや雑念が飛び交う。日によってまちまちだけれど、最初の3~5分は雑念の花火が連発することもよくある。それはとてもランダムで、全く根拠のないイメージや言葉や感情だったりもする。

昨日、ぽっと浮かんだのは「shape of love」というフレーズだった。訳してしまえば「愛のカタチ」と、こっ恥ずかしい響きがする。でも、そこで私が「shape of love」で意味していたのは「愛の表現法」とかではなくて、「愛というものがカタチをもっていたらどんなものか」だった。

で、それはユニバーサルシンボルの「」ではないのです。

横からの図はこういうの。

「UFO」というか「どら焼き」みたいなの。 上から見ると、こんな風。

二重丸なのです。

で、目の前で浮遊している8つほどの「愛のカタチ」を見ながら(?)、そうだ、これだよ、これこれ。。。って思って(雑念)いたのでした。

頭・心が静まろうと努力するときには、思いがけない言葉や説明の付かない変なものが浮かんできて横切っていくのかもしれない。

気持ちのいい日だまりを見つけて、目を閉じてぼぉ~~~っとしたくなるのは、ヒトもイヌも同じ。お日さまを浴びて「瞑想中」のGus。

ぼくちんもめいそう。ごはんのカタチ。。。

ぬーーーーーっとしたこの顔(笑)。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

鼻呼吸の瞑想週間

Happy Friday☆

今日は「瞑想」の話を少し。

今週は月曜日から5日続けて毎日15分の瞑想をしてみた。朝にはどうしても時間がとれないので、夜に。「毎日」というのがなかなか難しくて、今までは週に一度のランチタイム瞑想だけだった。「毎日やってみるぞ!」という意気込みがあったわけではなく、二日、三日続けたら何か感じるのかなぁ、という興味から。そんな風に思っていたときに、相方が見つけた「鼻から息をすること」についての記事を読んだ。それもなかなか興味深くて。

その記事は少しサイエンス系のもので、鼻呼吸が脳にもたらす影響:脳の「記憶」と「感情」を司っているエリアと密接に関係している、というようなことを説明していた。鼻呼吸は、脳の感情を呼び起こすエリアと記憶を納めるエリアの間の電気信号をコーディネートしているんだそうよ。ほら、何かの匂いを嗅いだときに、昔懐かしい記憶が鮮明に蘇ってくることあるでしょ?これも鼻から息を吸うという作業(?)が匂いとそのときの感情や記憶を強く結びつけるからなんだそうな。で、たとえそのときに特別な匂いや香りがなかったとしても、鼻呼吸は感情と記憶に大きな影響を及ぼすんだって。息を吸い込んでいるときに見たものや聞いたことや感じたことは、記憶に残りやすいんだって〜。でね、鼻呼吸ってオーケストラの指揮者のようなもので、「脳の匂いを感じ取る部分にゆったりとした流れを作りながら、同時に感情と記憶のエリアに速くリズミカルな音色を編みこんでいる」そうよ。抽象的だけれど、なんとなく想像できることない?

ゆっくりと鼻から息を吸い込むときには、脳のシグナルが操られて感情と記憶のプロセスが研ぎすまされるんだって。そして鼻から息を吐くときには、神経系がすぅっと落ち着いて、自然と心拍数が下がり不安で落ち着かない感情が溶けていくそうですよ。

そんな話を読んだ日に、テレビのニュースで朝の10分間「Mindful Meditation」を試している黒人の子どもたちが大半の小中学校の話を見た。ありきたりの話に聞こえるかもしれないけれど、その学校では子どもたちの間の喧嘩や暴力沙汰が激減(またはゼロ)になったんだって。「かぁっとしたときに、その場を離れて呼吸に集中した瞑想をすることで、むかむかしていた相手への怒りが消えちゃうんだ」って言ってた子もいた。リポーターが「瞑想とかいって逃げてんじゃないのか、ってからかわれたりしたら?」って聞くと、「そのときにはもうどうでも良くなってるの。」って。

前置きがずいぶん長くなったけど。

それで私も呼吸に集中してする瞑想を5日間やってみた。

はっきりと気づいた変化がひとつ:眠りの質がよくなった

瞑想しながら寝てしまうことも(特にランチタイムのは)しょっちゅうですが。夜の眠りが深くなった気がする。

あと、私の場合、瞑想中にランダムな「イメージ」が浮かんでくることが良くある。そういうときも、鼻呼吸に意識をもどして空気が鼻から通って体の中に流れていく感覚に集中する。

15分。最初の5分ほどは体が「もぞもぞ」する。頭に色んな想いがよぎるだけでなくて、体中の細胞が動いているのがわかるくらいもぞもぞする。皮膚とか筋肉とか。ところが、15分が終わる数分前、不思議な感覚に包まれる。体が重たくなって床に接している太ももがそのまま床にへばりつきそうな感じになる。膝においている手の平が温かくなり、溶けて膝の一部になったような錯覚をおこす。体がひとつの「ただの塊」みたいになる。なのに、肩から上はなんとなくすぅっと軽い。ここちの良い重力と意識の軽さが同時にそこにある、みたいな感じかな。上手く言えないけど。

それで、昨夜のDoodleは、目に浮かんできた「心地良い重みがあり空に浮かんでしまいそうなカタマリ」でした(↓↓)。

今夜は相方も誘って一緒に15分。Gusも私の膝の前にやってきた。最初はそばにある相方のエナジーなんかも感じて少し落ち着かなかったけれど、そのうち慣れたよ。

もう少し続けてみようかな。さてさて週末! 庭に出て枝を切るぞー!
皆さんも気持ちのいいゆったりとした週末を☆

*参考に:

「ご〜〜ん」という鐘の音がなるシンプルなメディテーションアプリを使ってマス。
Ensō | Meditation Timer & Bell

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪