鼻呼吸の瞑想週間

Happy Friday☆

今日は「瞑想」の話を少し。

今週は月曜日から5日続けて毎日15分の瞑想をしてみた。朝にはどうしても時間がとれないので、夜に。「毎日」というのがなかなか難しくて、今までは週に一度のランチタイム瞑想だけだった。「毎日やってみるぞ!」という意気込みがあったわけではなく、二日、三日続けたら何か感じるのかなぁ、という興味から。そんな風に思っていたときに、相方が見つけた「鼻から息をすること」についての記事を読んだ。それもなかなか興味深くて。

その記事は少しサイエンス系のもので、鼻呼吸が脳にもたらす影響:脳の「記憶」と「感情」を司っているエリアと密接に関係している、というようなことを説明していた。鼻呼吸は、脳の感情を呼び起こすエリアと記憶を納めるエリアの間の電気信号をコーディネートしているんだそうよ。ほら、何かの匂いを嗅いだときに、昔懐かしい記憶が鮮明に蘇ってくることあるでしょ?これも鼻から息を吸うという作業(?)が匂いとそのときの感情や記憶を強く結びつけるからなんだそうな。で、たとえそのときに特別な匂いや香りがなかったとしても、鼻呼吸は感情と記憶に大きな影響を及ぼすんだって。息を吸い込んでいるときに見たものや聞いたことや感じたことは、記憶に残りやすいんだって〜。でね、鼻呼吸ってオーケストラの指揮者のようなもので、「脳の匂いを感じ取る部分にゆったりとした流れを作りながら、同時に感情と記憶のエリアに速くリズミカルな音色を編みこんでいる」そうよ。抽象的だけれど、なんとなく想像できることない?

ゆっくりと鼻から息を吸い込むときには、脳のシグナルが操られて感情と記憶のプロセスが研ぎすまされるんだって。そして鼻から息を吐くときには、神経系がすぅっと落ち着いて、自然と心拍数が下がり不安で落ち着かない感情が溶けていくそうですよ。

そんな話を読んだ日に、テレビのニュースで朝の10分間「Mindful Meditation」を試している黒人の子どもたちが大半の小中学校の話を見た。ありきたりの話に聞こえるかもしれないけれど、その学校では子どもたちの間の喧嘩や暴力沙汰が激減(またはゼロ)になったんだって。「かぁっとしたときに、その場を離れて呼吸に集中した瞑想をすることで、むかむかしていた相手への怒りが消えちゃうんだ」って言ってた子もいた。リポーターが「瞑想とかいって逃げてんじゃないのか、ってからかわれたりしたら?」って聞くと、「そのときにはもうどうでも良くなってるの。」って。

前置きがずいぶん長くなったけど。

それで私も呼吸に集中してする瞑想を5日間やってみた。

はっきりと気づいた変化がひとつ:眠りの質がよくなった

瞑想しながら寝てしまうことも(特にランチタイムのは)しょっちゅうですが。夜の眠りが深くなった気がする。

あと、私の場合、瞑想中にランダムな「イメージ」が浮かんでくることが良くある。そういうときも、鼻呼吸に意識をもどして空気が鼻から通って体の中に流れていく感覚に集中する。

15分。最初の5分ほどは体が「もぞもぞ」する。頭に色んな想いがよぎるだけでなくて、体中の細胞が動いているのがわかるくらいもぞもぞする。皮膚とか筋肉とか。ところが、15分が終わる数分前、不思議な感覚に包まれる。体が重たくなって床に接している太ももがそのまま床にへばりつきそうな感じになる。膝においている手の平が温かくなり、溶けて膝の一部になったような錯覚をおこす。体がひとつの「ただの塊」みたいになる。なのに、肩から上はなんとなくすぅっと軽い。ここちの良い重力と意識の軽さが同時にそこにある、みたいな感じかな。上手く言えないけど。

それで、昨夜のDoodleは、目に浮かんできた「心地良い重みがあり空に浮かんでしまいそうなカタマリ」でした(↓↓)。

今夜は相方も誘って一緒に15分。Gusも私の膝の前にやってきた。最初はそばにある相方のエナジーなんかも感じて少し落ち着かなかったけれど、そのうち慣れたよ。

もう少し続けてみようかな。さてさて週末! 庭に出て枝を切るぞー!
皆さんも気持ちのいいゆったりとした週末を☆

*参考に:

「ご〜〜ん」という鐘の音がなるシンプルなメディテーションアプリを使ってマス。
Ensō | Meditation Timer & Bell

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

父の通信より:瞑想と運動会

水曜日はランチタムの瞑想の日。水曜の朝にはヘンリー先生からお知らせメールが入る。いつも同じ内容で、一つ瞑想に関わる引用画像を紹介してくれる。これがちょっと楽しみなのです。今朝の添付画像はこれ。

meditation-is-breath-of-soul

「瞑想は魂の呼吸。吸って吐いての呼吸が肉体の活力の源であるように、瞑想は魂にとっての息吹である」

昨日は一日、理由もわからずとてもそわそわとしていた。浮足立っていた。天候のせいか、月のエネルギーのせいか、覚えていない夢のせいか、ホルモンバランスのせいか、前日食べたもののせいか。私のイメージでは、お腹の底に泉があって、その泉がちゃぽちゃぽと揺れて乱れているのが目に見えるようだった。今日はずいぶん落ち着いている。

Oct19b

父の9月の通信にも瞑想のことが書いてあり、ちょっと面白かったので紹介~。

ゴンタ(柴犬12歳)の最近の様子を眺めていますと、自然の流れに抗わず、今を精一杯に生きているように思えてなりません。
ごんた就寝前のひととき、室内でこのような表情をよく見せますが、現実を素直に受け入れ、心にこだわりを持たず、自在に解き放たれているようです。
瞑想している姿でもあります。過日テレビ番組で、この瞑想をテーマにした内容が放映されていました。脳科学の研究からもθ波が出ていて、認知、記憶などにも効果があるとのこと。瞑想の方法は、姿勢を正しく、両手は膝の上に揃え、瞼を閉じて、呼吸のみを意識することです。番組の中で3分間、瞑想の時間があって私も一緒にやってみました。瞼をあけると気分スッキリ、もう少し続けてみたいと感じました。
この番組を見終えた後、かつて小学校で学級担任をしていた頃を思い出しました。どの学年であっても、一時間目の始まる前に、子らと共に瞼を閉じて、深呼吸を10回(教室内は水を打ったように静かになる)してから、授業に入ったことを思い出したのです。それによって、クラス全体の学習の構えが出来たことが記憶に残っています。ゴンタは毎日、瞑想をしています。その効果なのか、高齢の割には意識がはっきりしています。ゴンタがこの表情を見せる時、私も瞑想に取り組んでみようかなと思う次第です。

私の小1のときの担任は父だった。前にも書いたけど、当時バングラデシュで暮らしていて日本人学校は一つ。親が教師で赴任している場合は、子供は担任が自分の親っていうことも珍しくなかった。そう言えば、あの当時も目を閉じて10数える、をやってたなー。と懐かしくなった。この通信の返事に「私も時々瞑想する」って書き、その後、父ともスカイプで話をした。スカイプに出るなり「あ、返事メール読んだけど、瞑想やってるんやって?」と父。「そう、時々やけどね〜。」と言うと、「ほほぅ。」…沈黙。 ほんっと、口下手で娘と会話のできない父親(苦笑)。

Oct19a

もう一つ、父の運動会の感想が興味深かった。

…運動会の競技、演技などに精一杯取組み、ほほえましい場面がいくつもあって、惜しみなく拍手を贈った。
時の移り変わりとともに、運動会も様変わりしたようで一抹の寂しさを感じたのも事実である。

  • 全児童の入場行進がない。(鼓笛も含む)
  • 完成度の高いラジオ体操でなく、別の簡単な内容で準備運動としては十分でない。
  • 各種目前後の入退場(BGM入)がはっきりしない。
  • 個人走などもBGMなし。また、出発時のピストル合図の音も小さい。
  • 運動会定番のBGMがなく、盛り上がりに欠く。
  • 怪我の事案もあって、組み立て体操なし。
  • 昼食時、児童は教室で摂り、遠方からの保護者のみ体育館で摂り、子どもの姿が見られない。

周囲住宅への配慮なのか、静かな運動会であった。年に一度の行事のこと、わかってもらえると思うのだが。こんなことを綴るのも歳を重ねたせいなのか。教員としての基礎を育てていただいた橋波小学校では、年間を通して素足体育を実践し、光るグランド大地をしっかり踏みしめる、運動会の子らの姿を想い出す。

次の教育課程改訂のキーワードは「アクティブラーニング」と耳にするが、学ぶ基本体は「生体」であることを改めて思う。

最近は運動会も9月中に終わらせたりするところが増えているんだねー。私が子供の頃は、秋も深まって朝晩が冷えてくる頃だった気がする。運動会の朝、体操着で登校するのが肌寒かったのも覚えている。父のコメントを読んで、ずいぶん変わったんだなぁって驚いた。運動会、好きだったなぁ。練習は大変だったけど。旗を持って体型移動する団体演技の練習中、待っている間に眠ってしまったこともあったっけ。みんなが移動した後、一人で体育座りしたまま運動場の片隅で居眠ってた… 暑かったもんなぁ~。先生方も大変だっただろなぁ。でさ、ほら、普段、勉強ができなくて悪さばっかりしている子が、運動会の日だけはキラリと光っていたりしたねぇ。とっても懐かしい~。

Oct19
ぼくちんもめいそーちゅー。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

水曜日は瞑想の日・マントラメディテーション

お題のとおり、水曜日は瞑想の日。もう5ヶ月ほど前になるかな。大学のスタッフを対象に色んなワークショップがあって、その中の1つのメディテーションに参加したのがきっかけ。この時のスピーカーのヘンリーさんが、毎週水曜日、スタッフが参加しやすいようにお昼ごはんの時間に瞑想のセッションを開いてくれている。同僚のグレッグと一緒に水曜日のランチタイムを楽しみにしています♪

瞑想にはいくつかの種類・方法があるけれど、私達がしている瞑想は「Mantra Meditation」と呼ばれるもの。とても簡単に言うと、自分で一つ「Mantra・マントラ」という言葉を選び、瞑想中に雑念が浮かんできた時には、常にこのマントラに「戻る」「集中し直す」、という方法の瞑想。ヘンリーさんの瞑想タイムは20分。色んな思考が沸き上がってきた時に、それがポジティブであれネガティブなものであれ、とりあえず「Let go・手放して流して」しまいマントラに戻る。なので、このマントラとなる言葉は、自分にとって心やすまるものやポジティブなものがいいんだよ、ってヘンリーさんが言っていた。Peaceとか、Restとか、Let goとか、その他サンスクリット語やヒブルー語であってもいいんだって。

この、マントラを選ぶのに随分と考えた。だって、この一語が瞑想中の私のアンカーストーンになるわけだし。日本語で何かいいものあるかな、って思い巡らしたけど、なぜかうまく見つからない。日本語が母国語だからかもしれないけど、例えば「安らぎ」っていう言葉をマントラに選んで目をつむると、小川の流れや枝垂れ柳が揺れる様子ばかりが目に浮かんでしまう。そしてそこから、サワサワ~とかそよそよ~っていう音が聞こえそうになる。いっそのことマントラを「サワサワ~そよそよ~」にしてしまおうかと思ったりもした。

というわけで、私のマントラは英単語。最近は、宝彩有菜さんの本「始めよう。瞑想―15分でできるココロとアタマのストレッチ 」で紹介されていた「オーム・ナーム・スーバーハー」というマントラを試している。この本では、瞑想の初心者向けで、一日15分を目標にしたマントラ瞑想の基本がとてもわかりやすく紹介されているヨ♪ 座り方や呼吸法などの説明もあり、初心者の私にはすごく参考になった。

始めよう。瞑想―15分でできるココロとアタマのストレッチ meisou

「オーム・ナーム・スーバーハー」は、ちょうどゆっくりと腹式呼吸をする波にぴったりとくるし、特定のイメージが浮かんでくることもない。

数カ月前にNew York Timesの記事になってたんだけど、個性的な映画で有名な映画監督・脚本家の「デイヴィッド・リンチ」って、Transcendental Meditation (TM) の支持者で瞑想界(?)に大きな影響を及ぼしているらしいよ。40年間続けているそうです。デイヴィッド・リンチというと、ものすごくシャイでメディアの前で話すことを極力避ける人なんだけど、この瞑想を多くの人に伝えたいということに関しては、人前で熱く語ります。彼自身の経験を語ったインタビューはココ(→英語です)

この話の中でリンチさんは、瞑想を始めて間もないころ、自分の中に根付いていた「怒り」がふわっと軽くなっていった、って言ってます。本当の意味での幸せを感じることができるようになったって。ヘンリーさんも、「瞑想を続けると、自分の中に湧き上がる感情や思考と上手く付き合っていけるようになるよ。そういうものに振り回されるということが減る。」って言っていた。私達って、怒りや悲しみや不安といった感情を、湧き上がると同時に「感じてしまう」のが普通でしょ?腹がたったその時はすでに「怒りの渦の中」みたいな。瞑想をしていると、感情が「わきあがってくる状態」に客観的に気づくようになる。みたいです。
参考までに:David Lynch Foundation

普段から色んなアイデアや想いが常に頭をかけめぐっている、っていう人もいるけれど、私は自分ではそういうタイプではない(ぼーっとしているときは本当にぼーっとしていて何も考えてないし)と思っている。でも、瞑想を試してみて驚くのは、「想いにさえならないもの=ぼんやりとした感情」がふわっと浮き出てくること。そういうときも、マントラに戻る。そして、ときどき、フラッシュライトのように鮮やかな色が現れたり、ぱっと意味不明なイメージが飛び出してきたりもする。そういうときも「このイメージは何を意味するのだろう?」って考えたりせず、マントラに戻る。

あじさい

ま、私の瞑想は今のところ水曜日のランチタイムだけでして… でも、この20分の瞑想で、気持ちがリセットされるのを感じる。うつらうつらと寝てしまうこともあるんだけどねー。あはは。

瞑想をした後は、心をマッサージしてもらったように解きほぐされた気分になる。
少しずつ、5分でも10分でもいいので瞑想をする日を増やしていけるといいなって思う。

*おまけのGus*

ボーダーテリアGus

あたたかい夏らしい日が続いているビクトリア。散歩の途中、ひんやりとした草の上で休憩中のGus〜。

今日もご訪問どうもありがとう。↓↓ぽちっと One Clickよろしくネ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ