かぼちゃで pumpkin curry soup

忘れる前に書き留めておこう! めっちゃ美味しかったからー!

雨が降ってずいぶんひんやりとした昨日、何か温かいものが食べたくて、家にあったかぼちゃでスープを作ることにした。パンプキンスープでレシピを検索してみたら、pumpkin curry soup が目に入り、そっちのほうがただのパンプキンスープよりも美味しそうだな、と、適当にレシピを一つ選んでみた。これが、とってもとっても美味しかった!!相方もすごい美味しいといって、二晩続けて食べて「明日もこれでもいい」って言っていた(マジで?)。スパイスが効いているので、ただのかぼちゃのスープよりもちょっとピリッとしてます。今日はこのスープとトマトをはさんだグリルドチーズサンドだったよ〜(簡単な夜だこと)。

Pumpkin Curry Soup

材料(1C=250CC):

  • 小さめの玉ねぎ 1個(細かく刻む)
  • ニンニク 一片(細かく刻む)
  • しょうが 擦ったものを小さじ2(または粉の生姜を小さじ1)
  • カレー粉 小さじ2
  • シナモン 小さじ11//2
  • ナツメグ 小さじ1
  • クローブ(粉) 小さじ半
  • 塩、こしょう、少々
  • かぼちゃ 3カップ分(一つを4等分してオーブンでローストしておいた)
  • ブラウンシュガー 大さじ2〜3(かぼちゃの甘さによる)
  • ベジタブルストック(またはチキンストック) 4カップ
  • ココナッツミルク(415cc 缶入り)ー今回はナシ
  1. 180度のオーブンでかぼちゃを40分ほどローストし、冷めたらスプーンでかぼちゃをすくいだしておく。ローストするとべちょべちょしないので、私はいつもオーブンでローストしまーす。
  2. 大さじ2のオリーブオイルを温め、みじん切りにした玉ねぎを4〜5分、柔らかくなるまで炒める。その中に刻んだニンニクとしょうがを加え、香りが出るまで炒める(約1分)。カレー粉、シナモン、ナツメグ、クローブを加え、塩コショウをする。
  3. かぼちゃとブラウンシュガーを加え、そこにベジタブルストック(チキンストックでもいい)を加えて一度沸騰させる。その後火を弱め、スープが少しとろりとするまで15分ほど煮込む。
  4. 粗熱をとってスープをブレンダーにかけてなめらかにする。具の食感を楽しみたければそのままでも良し。ブレンダーに欠けたものをまたお鍋にもどす。
  5. ここでココナッツミルクを加えてスープの濃さを調節する(家になかったので省いた)

簡単でしょ? 時間のあるときにかぼちゃをオーブンでローストしておけば、後は材料をささーっと炒めてしまえばいいだけ! 本当においしいので、かぼちゃの季節に是非お試しあれ〜♪

雨上がり。青い空がもどってきた♪

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

taste of summer at the end of summer

妙に「暑い」日が続いているビクトリア。

ここでいう「暑い」は、最高気温が26〜27度くらいなんだけど、こっちの夏になれちゃうと、これが「暑く」感じるんだよ。慣れってそういうものよねー。

そんな名残惜しい夏のラップアップ。庭ではほぼ毎日「ブラックベリー」と「豆」。トマトがようやくちらりほらり。最近、豆ばっかり食べてベリーのスムージーばっかり飲んでる。

プラムもたくさん転がっていて、甘い匂いがただよっているんだけれど、今年はそのまま堆肥行きかな。

今年のトマトは苗が3つだけなので、ソースにするほども穫れないだろうな。来年はもう少し気合を入れて苗を育てようと思う。今夜は赤くなったトマトを使って、グリルドチーズサンドイッチを作った。フライパンでゆっくりとじっくりとチーズをとかすサンドイッチ。日本にいた頃はサンドイッチを晩ごはんに食べるなんて考えたこともなかったけれど、こういう昼ごはんのような晩ごはんは軽くてたまにはいい。

それから、ローカルのトウモロコシがやぁ〜〜〜っとこさでまわるようになった!嬉しい♪ 4本で2ドルだったので、2本買ってゆがいて食べてみると期待以上の甘さ!こりゃぁ美味しい、と。翌日もトウモロコシ。で、週末にはコーンスープを作ったよ〜。夏に必ず一度は作るいつものコーンスープ(→過去記事レシピ☆)。

ハラピーノペッパーが効いてすこしぴりりとするのが好きです。

それから、これも夏のパイ。桃とブラックベリーのパイ(桃が足りなかったので)。

いつも果物に混ぜ合わせるクイックタピオカがきれていたので、コーンスターチで代用。すると、中のジュースがとろとろでてきた。完全に冷めると固まったけど。タピオカでゼリーみたいにするほうが好きかなー。

*おまけ:久々にDoodleアップしてみたよ。

campus fashion: asian girl with a pink umbrella

しっかり日焼け対策をしているなぁ、と、感心したのでした。

それにしてもものすごいコーディネート。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

もう8月!夏食。

今日から8月! 朝夕に「日が短くなり始めてる…」ってつぶやいてしまう。寂しいけれど確実に夏が「帰りの支度」をし始めているのを感じる。行かないで〜。

今週は珍しく気温が25度を上回り、温かい(こっちの人たちは「暑い暑いっ」って騒ぐ気温)夏日が続いている。こんな日々も長くは続かないので、私は嬉しい。

少し気温が上がったからか、さっぱりしたものや酸っぱいものが食べたくなり、週末にピクルスを作った♪ 「ビーツのピクルスを作るんだ」って言ってた同僚のF君にインスピレーションをもらったというのもある。

何を酢漬けにしようかなーと、スーパーに行ったらラディッシュが安かったので。3束買って全部ピクルスにしたよー。

タラゴンがあればよかったのだけれど、冬を上手く越せなかったのか、今年は出てこなかった。なので、ディル(雑草だよねぇ)で代用。こういうピクルスを食べるのは私だけ。相方は手を付けない。一日経つとラディッシュの色がずいぶん落ちて、お酢もピンク色になる。それをみて、相方は「イチゴのシロップ漬け」だと思ってちょっと嬉しくなったらしい。「ピクルスだよっ」って言って私が蓋を開けていくつかつまみ、蓋を完全に閉めずにGusの散歩に行ったのですね。

で、帰って来ると相方が、「ちょっとちょっとっ!ココに来てよっ。何かがめちゃくちゃ臭いんだ。一体何が臭いのか突き止めてよっ。」って騒いでいた。片手に除臭スプレートイレ用のモノを…汗)もってシャーシャーとスプレーした模様…(やめてほしい)。

クサイ匂いのでどころは、私のラディッシュのピクルスでして… 「蓋をあけっぱなしにするべからず!」って念押しされました。ま。。。確かに、いい匂いではないね。どうしてかなー。ラディッシュ、ピクルスにすると臭くなるの?

ピクルスを細かく切ったりして、ちょっと塩っ辛いものと一緒に食べるの好き。ラディッシュのピクルスをスライスしたのをバターを塗ったパンにサンドしたものをどこかで見たけど。お昼に持って行ったら「臭う」かなぁ。。。

夏食。もう一つ。

小ぶりだけれど、庭のおじゃがを使ってポテトサラダを作った。ポテトサラダは相方担当。

子供の頃、私はぐちょぐちょにマッシュしたポテトサラダが嫌いだった。ほら、よくあるよね、ちょっと酸っぱいサイコロ型に切った野菜(にんじん?セロリ?)やグリーンピース、刻んだハムが入ってて。あの典型的なポテトサラダが苦手だった。今思い出しても「げっ」とする。

相方のポテトサラダは、じゃがいもをつぶさない。セロリとチャイブを細かく刻んだものと一緒にマヨネーズ、お酢、マスタード。。。あとなんだっけ? などで和えて最後にゆでたまごをのせる。おじゃがの甘みも十分味わえるこのポテトサラダは大好きです。

もう少し夏を楽しませてくださーい。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

かきあげどん、おうちアイス、ミニトマト、om nom nom…

日本語には擬音語や擬態語がたくさんある。その時の状況や感情やモノの様子や度合いなどなどを描写するのに欠かせない表現方法。お腹ペコペコ。喉がからから。雨がしとしと。お腹ぐーぐー。歯がズキズキ。肌がばりばり。心にじ〜ん。髪の毛ぼさぼさ。こりこりのきゅうり。指がねとねと。イライラ。ムカムカ。わくわく。心臓ばこばこ。便利というだけでなく、的確な表現手段だとおもう。その状態や様子が目に浮かんでくる。I know EXACTLY what you mean!!! ってうなずける。英語にも似たような感じのものがあるけれど、日本語の擬音語・擬態語の豊かさにはかなわない。私の英語力が乏しいというのも理由かもしれない。でも、ネイティブスピーカーに説明して、コレという英語表現を教えてもらっても、どうも微妙なニュアンスが表現しきれていない感じがすることが多い。

と。前置きが長くなっちゃったけど。英語で「むしゃむしゃむしゃ」をどう表現(書き表す)のかというとね。

一般には「om nom nom nom….(オムノムノムノム…)」なんだって。ま、言われてみると、口に何かが入っていているときはそんな音がするかな。むしゃむしゃというより、これは「もぐもぐもぐ」に近いよなぁ、とも思う。

今日は相方も私もお肉を食べたくなかったので。庭のじゃがいもとにんじんと、数週間前に収穫しておいたそら豆とえんどう豆をつかってかき揚げ丼を作ることにした。

今年はやたらへんてこりんなにんじんが多いのだけど、今日のはそれなりに真っ直ぐ♪ ほっ。

かき揚げ丼にするとにんじんの葉っぱも食べる相方。

om nom nom nom…

丼の日は丼オンリーの我が家。あははっ。日本のお母さんたちは、ここに酢の物やらお味噌汁やらなんやらを加えるのかなぁ。すごいよね、偉いよね、日本のお母さん・奥さまたち。

それから♪ こっそり(しなくてもいいんだけど)、お家アイスクリームバーブームなのです。←ひとりでね♪

シャーベットみたいな食感で爽やかで、フルーツいっぱい入れれるのがいい!今日のは、朝出勤する前に仕込んで(?)おいた〜。バナナとヨーグルトと蜂蜜をミキサーでスムージー状にしたのをまず注ぎ、その中に洋なしとネクタリンを切ったものを放り込み、上からネクタリンのネクタージュースを注いで持ち手を差し込んだものですっ。

om nom nom nom nom…

短い夏だから、こんなレベルでちょこちょこと楽しんでます。(←ほらっ、「ちょこちょこ」なんて表現にぴったりの英語はないよー)

Gusのノムノムノムは。プチトマトで〜。

om nom nom nom…

A post shared by paprica (@paprica) on

om nom nom nom …

気持ちのいい夏日がありがたい。ハッピー☆

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪