遠い親戚のファームハウス in Lucca

旅リポート、後半に入りまーす。

ルッカの郊外(ルッカの中心から車で10分ほどかな)に今でも住んでいる、相方の遠い親戚。話には聞いていたけれど、相方だって連絡をとっているわけでもなし。相方のお姉さん周りで、どこをどうたどったか、一応、私たちがルッカの近くまで来ます、っていう事は伝わっていたみたい。で、近くまで来ているのに電話の一本も入れないで去ってしまうのは失礼だろう、ということで、マシモに頼んでこの遠い親戚さんに電話を入れてもらったのネ。挨拶だけしておこうと思って。

そうしたら、「若息子だけは英語が話せるから、4時にホテルの前に迎えに行かせるよっ」って、ちゃっちゃとことが運んでしまい…

会ってきました。ここ(↓)で〜。

再開

英語のわかる若息子さんのルッカと、彼のご両親と、彼のおばあちゃまの3世代が住んでいる、ファームハウス。左の煉瓦の部分は、元々は納屋だったんだけど、今はスイス人の夫婦がリノベーションをして住んでるそうです。

1882年に建てられたファームハウス。健在のおばあちゃまのおじいちゃんかひいおじいちゃんが建てたのかな。以来、家族が順送りにずぅっとここに住んでいるんだって。

こちらがそのおばあちゃま。

再開

スイーツをほおばるおばあちゃまは、98歳。姿勢もしゃんとして、私の隣に座り、色々と話しかけてくれたんだけど、私、イタリア語分かんないんだってば、おばあちゃんっ。片言もいいところなので、iPodTouchをひっぱりだして「ほらっ、私の犬だよ。」とGusを紹介してみました。あはは。ものすごーくチャーミングなおばあちゃまで、ああぁ。。。言葉がわかればなぁ〜ってとても悔しかった。

始めは、ルッカ、ご両親、おばあちゃまの4人だったのに、10分して近所に住むお姉さん夫婦が登場、それからしばらくして、近所に住むお友達がやって来て、その後また二人友達が加わって… この大勢が両手を振り回して大声であれこれ騒ぎ出してさー。なに言ってんだか、さっぱりわからないけど、かなり笑えました。どうやら、相方との繋がりを、あーでもないこーでもないと言い合ってたみたい。

みんなの写真も撮ったけど、みんなじっとしてないから〜…全部ブレてた(笑)。こうしてお友達が集合したのは、私たちが来たからではなく、実はルッカの「美しいリノベーション」を拝見するためだったのでしたー。

ルッカ ファームハウス

ファームハウスは3階建てになっていて、一番上のフロアーをルッカが(職人に頼んで)リノベーションしていました♪ ほら、人んちのお宅拝見って楽しいよね。私も好きだけど、みんな好きなんだよ。

これが、素敵でね〜☆ ファームハウスのオリジナルの材木やフレームは全て残すことを前提にしたリノベーション。完成間近だったよ。

ルッカ ファームハウス

3階全てが彼のスペースになるわけで。広々とした素敵な空間にうっとり。まだ家具は入ってないけど、ルッカが「ココにキッチンが入って、ソファーはココで。。。」と説明してくれるのを聞きながら、すっかり想像の世界でおぼれてしまった。

ルッカ ファームハウス

↑のアーチの奥はロフトスペース、だそうです。床も、壁も、1882年に建てられた当初のもの。天井も壁も、漆喰がぬられていたんだけど、全て「サンドブラスト」(細かい粒子の砂を吹きつけて、ペンキなどを落とす方法)したんだって。

ルッカ ファームハウス

サンドブラストしたところに、特別な保存用のコーティングを吹きつけてあるそうです。このね。。。ふるい石や煉瓦の表情が。。。すっっってきーっ!!!相方も私も「ルッカ、こんな広くて素敵なスペースにひとりで住むの?もったいないよー」と、大きなお世話なコメントを残してきましたー。

ルッカ ファームハウス

窓枠もオリジナルなんだけど、ペンキを剥がして塗り直し、窓は二重のものに取り替えたんだって。でも、取手などの金具はそのままだったよ。ルッカ、センスいいやん。

ルッカ ファームハウス

さりげなくチャーミング。

ルッカ ファームハウス

植木鉢で、じゃんじゃん育っているレモン… 夢のよう。井戸の水(↑)も、健在らしい。

ルッカ ファームハウス

帰りに私の手を両手で握りしめ、「次はいつ会えるかしら? それまで元気でいるんだよ。」と言ってくれたおばあちゃま。今度はもっといろんな話ができるように、勉強してくるねっ。

ルッカ ファームハウス

相方のおばあちゃんは、この地で生まれて育ったんだな。と、しみじみとした気分になりました。そして、あの手振り身振りで大騒ぎして楽しく会話をしているみんなを見ながら、相方のルーツはココにアリ。と実感。みんなに同じ「熱い血」が流れているのを目の当たりにした Family Reunion でした☆

今日もご訪問どうもありがとう。↓↓ぽちっと One Click嬉しいな♪
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

“遠い親戚のファームハウス in Lucca” への8件の返信

  1. いいなぁ。すべてがすてきだ。
    この広さがひとりだったら、いろいろなものを
    余裕を持っておけるだろうし・・・
    キッチンが中心の家にして欲しいな。

    • asoboさん、こんにちはー。
      いいよね~。うっとりだよね~。なにせ3階全てのリノベーションなので、広いったらありゃしない。
      中央に階段があるから、その辺りはボイラールームや綺麗なバスルームだったよ。その向かい側がロフト付きのオフィス。
      それを挟んで片方がキッチン、ダイニング、リビングで、もう片方が大きなベッドルームが2つ。だったかな。素晴らしい空間だよ。
      窓からの眺めものどかだった~。

  2. こんばんはー^^
    素敵なおうち?ですっ
    自然の明かりが差し込んで
    明るすぎず、暗すぎず…あぁ外国だなぁ~なんて^^;
    身振り手振りでも伝わる事有りますよね
    日本人にはなかなか難しいジャンルですが…
    『日本人だから』などと言い訳したい所です、私は(笑
    papricaさんは、身振りで上手に伝えられていいですなぁ^^
    スイーツをむさぼるおばぁさん…(笑

    • フォレさん、こんにちわ!
      うん、どのお部屋にも古い窓があって、光が差し込んで素敵だったよ。
      皆のパワーには圧倒された。一人静かにもぐもぐとスイーツを食べていたのは、おばあちゃまだけ。
      うちの相方も声が大きいし、手を振り回してワイングラスをよく割るし… 血は逆らえないねー。
      イタリア語、勉強しよー。

  3. とってーも素敵なお家!
    何だか人と同じ様に建物も生きている感じがするね。
    色んな温かい優しい人と会うことが出来て、
    ホント素敵な旅だったってことがヒシヒシと伝わってきて、私まで感動しました。
    そして私もLuccaと言うところに本当に行きたくなりました。
    どこの国もそうだけれど、観光ガイドブックには載っていない素敵なところがたくさんあるね。

    ブログ3周年、おめでとう!
    これからもどうぞヨロシクね♪ Gusちゃん、可愛いッ! 

    • Sachiesさん、いつもありがとう〜。
      だよね〜。建物も生きものみたいなエネルギーがあった!古い漆喰を剥がしたむき出しの壁が、本当に活き活きとしていたよ。
      相方は実は20年ほどまえに、一度この家族を訪ねているんだよ(それも、突然ドアを叩いたらしい)。その時のことを覚えていたのが一人いて、あの時はあーだったこうだった、彼はもっと痩せていたから(笑)わからなかった。。。とか。みーんなすっごい声が大きくてさっ。面白かったよ〜。
      Luccaは素敵なところだった♪ もう一日あったら、城壁の上をゆっくり散歩したりしたかったな。Sachieさん、いつか行ってみて!

      こちらこそ、これからもどうぞよろしくねっ!

  4. いいなあ~!こんな素敵なファームハウス、住んでみたい^^
    ほんとセンスいいですね、すべて出来上がったらきっとまるでインテリアマガジンに載ってるような感じになるんだろうなぁ。
    おばあちゃんも素敵!
    こういうときって言葉の壁がもどかしいですよね。わかります。
    夫のおばさん、イタリア系移民の二世なのですが、会うといつもすごいテンションで話をしてくれるので、似たような感じなのかなぁ、と想像、、、
    もう旅の後半なんですね、残りも楽しみにしています♪

    • Saoriさん、いつもコメントありがとう〜。
      いいよねぇ〜。相方も「これってArchitectural Digestの雑誌で紹介されそうだよ」って言ってたよー。
      ルッカは独身でね、彼女いるのかどうかわかんないけど、ひとりで住むには大きすぎる!って思ったよ。一つ気になるのは… この素晴らしいスペースはファームハウスの3階にあるから… 下には彼のご両親が住んでいるんだよね。嫁いできたお嫁さんは、必然的に彼の両親と同居ということになるんだよー。
      全くの大きなお世話なんだけど、そんなことまで考えてしまう私たち。。。ノージーです。
      へーー、Saoriさんの旦那さまのおばさん、イタリア人なんだー。私も今までに物静かなイタリア人って会ったこと無いよ(あ、アレッシオは静かな方かな)。
      いつまでひっぱるんだか、旅リポート… 付き合ってくださってありがとう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*