green power.

三連休にひとつ休みをくっつけて四連休。そ、今日、火曜日も私は休み♪ 平日というのを利用して、今日はとっても久しぶりに静かなトレールを歩いた。

あぁ。気持ちいい。

去年の暮れに相方が体調を崩してから、こういうファミリーウォークをしたのは今日が初めて。二人と一匹、緑に癒やされた。

最近のビクトリアは、交通事情がとても悪く、特に春から夏にかけての気候の良い時期にはあちこちで「道路工事」をしている。交通量の少ない夜には作業をしないので、平日でも日中混み合ったりする。ちょっと前まではこんなにも道が混むことはなかったのに。なので、私も相方も最近は車で出かけるのも避けていた。このトレールには何度も来たことがある。いつもよりも10分ほど長くかかったかな。家からここまで40分弱。やっぱり目的地までが半時間を超えると、「長いなぁ」って感じてしまう。

インレット(入り江)は穏やか。あちこちから絶え間なく聞こえる鳥の声。

水は冷たいんだけど、日向にいるとじりじりと暑く、カヤックを岸にやすめて泳いでいる人たちもいた。お母さん、おばあちゃん、子供3人。みーんなちゃぷちゃぷと気持ちよさそうだった〜。あぁ、私も泳ぎたーい!

Gusは胸まで。お決まりのGus流、行水。

しばらく木陰のベンチでぼ〜っとして、海を眺めていた。

緑のトンネルを歩き、海辺に腰掛けているだけでこんなにも気持ちが軽くなる。優しくなれる気がする。

この水にざばーーーーっと飛び込んでひと泳ぎしたら、たまらなくすぅーーーーっとするに違いない。と思いながらも、今日はタオルを一枚も持ってこなかったので控えておいた。

自然には治癒力がある。海の水にも風にも木陰の心地よさにも温まった石ころにも眩しい光にも草の匂いや鳥の声にも。

あぁ、すっきり。いい気持ちになりました。

さ、明日は仕事。

 

週末・森林浴より

先週日曜日。久しぶりにTod Inletに森林浴に行ってきた〜。

良いお天気が続いていて、このクリーク(小川)の水も干上がっているかなと思ったんだけど、まだ勢い良く流れていた。せせらぎの音と鳥の声と木漏れ日。全身の細胞が喜ぶー。

Tod Inletは、ビクトリアのダウンタウンから半時間ほど。最近は、週末出かけると、どこに行くのも車の量がすごくてそれだけで疲れてしまう。それで、出不精になってしまうんだけど(←言い訳)、Tod Inletはあまりストレスを感じずに出かけられる距離。思ったよりもたくさんの車がとまっていたので、混み合っているかな〜と心配したものの、トレールはこんな感じ。↑↑。 時折、家族連れやワンコ連れさんたちとすれ違ったけど、行列になって歩くような状態ではないので気持ちよく森林浴できたよ。

相方に、こういうのを日本語では「森林浴」っていうんだ、って話をしていた。いつもの直訳で「Forest Bath」。???「だからぁ、Bathing in the forest greens、you know what I mean?」と。「木漏れ日」にしてもそうだけど、日本語には季節の美しさを噛みしめる素敵な表現がある。

↑は、スカンクキャベッジ(skunk cabbage)。水辺に育ち、独特の匂いを放つよー。慣れればそれほどでもないけど、クサイよ〜。

まだ5月なので、シダも苔もしっとりと潤っている。気持ちいい。

このトレールは平坦で往復3kmほどなので、子どもたちもお年寄りも歩きやすい。ガツガツ気合を入れて歩かなきゃいけないトレールではなく、ぼぅ〜っと周りを見渡しながらゆったり歩ける気持ちのいい散歩道。この日もGusはまだ本調子ではなくて、いつもなら大はしゃぎなのに、えっちらおおっちらなかなか進まなくって時間もかかった。こないだの「痔」が治ったかなと思ったら、また変なものを拾い食いしたのか何かでお腹を壊していた。庭でマルハナバチを追いかけて食べたり、土を掘って土を食べたり… 春はそんなこともしょっちゅうなので驚きも慌てもしなかったけど、今回は随分長引いていたので私も相方も少々心配したのでした。

ぼくちん、おなかこわしてたよー。ちょっとやせたよー。

昨日あたりからようやくまともにご飯を食べるようになり、一安心。ほっ。

入江もとっても穏やかで、カヤックやパドルボードを楽しむ家族連れもたくさんいた。いいなぁ。今度、一度レンタルしてみたいな。この入江にも、以前はとても急な石ころの斜面だったところに砂が持ち込まれ、小さいけれどいい感じのビーチにしてあったヨ。トレールの周りも、群生して広がるブラックベリーやワイルドスイートピー(?)がきれいに取り除かれ、針葉樹の若木が植えられている場所もあった。ボランティアの人たちが少しずつ手入れをしてくれているのがわかり、ありがたい。それにね、このインレットの近くにはちゃんとトイレもあって、「ぼっとん」なんだけど、全然臭くないしトイレットペーパーもあったし、ハンドサニタイザーまで置いてあった。びっくり。

おいしいおいしい緑、ごちそうさまでした♪

おまけのビデオクリップ:
えへへ。水の音だけだけど〜。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

緑のシャワー

最高にいいお天気の金・土・日。外でしっかりお日様浴びてビタミンD摂取して、焼けた〜。やっぱり晴れていると元気が出るねぇ〜。庭仕事も楽しんだし。土曜日には、私たちにしては珍しく、朝9時過ぎに家を出て小さなトレールに森林浴に行ったヨ。写真がいっぱいになってしまうけれど、今日は皆さんにも緑をおすそ分けしたくって。写真、並べまーす。

green shower

家から車で30分ほど。トレールそのものはそれほど長くなく、なだらかで、丁度いい散歩コースです。ビクトリアで有名なブッチャートガーデンの裏側になるよ。

green shower

土曜の朝の9時半頃。光も空気も真新しく清々しい。

green shower

新緑の芽吹く頃は本当にきれいです。色々なテクスチャーとグラデーションの緑が溢れていて、しずくが滴るようなきれいな緑に包まれていると穏やかになれる。

green shower

ジョギングしている人や犬の散歩をしている人たちもちらほら。

green shower

6月、7月になると、この湾にはもっとたくさんの船がやってくる。いかりを下ろして船上パーティーをする若者たちもいる。5月の半ばはまだまだ静かです。静かなのがいいな。

green shower

カヤックとパドルボートをしている人たち。あぁ、これくらい水が静かなら私も試してみたーい!パドルボートってやったことがないんだけど、上半身の力もバランスも必要で、見ているよりも難しそう。楽しそうだなー。

green showerいつもはお昼前に来てサンドイッチを食べて帰路につくんだけど、この日は早かったので持ってきたお昼ごはんには手を付けず。でも、早めに行って良かった〜。空気の新鮮さが全然違う。しっとり。

green shower

自然の緑が私たちに与えてくれるもの。マイナスイオン、って呼ばれたりするのかな。人がつける名前や説明はどうであれ、体や心のかさかさした部分が潤っていくのを感じる。それはとってもパワフルです。

もちろん、このお方も例外なく。

green shower

G:もりはいいにおいがいっぱい。いろんなおはなしがあちこちにおちてたよ!

週末のデザートは、庭のルバーブを使って「ストロベリールバーブクランブル」。ダッチオブンのフライパンで作るレシピ。グルテンフリーのビーガンレシピだったんだけど、私はバターとキビ砂糖使ったよ。一つ言うなら、砂糖を使わない代わりに、クランブルの部分にデーツを使っているんだけれど、コレはイケテナイ、と思う。変に徹底して砂糖抜きを貫くためにデーツを使ったんだろうけど、合わない甘さというのもあるもんだ。オリジナルレシピはココ→☆

strawberry rhubarb crumble

バニラのアイスクリームと一緒に食べたよ〜。初夏の味だ♪

さてまた一週間、エイエイオー!

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

森林浴 @ Tod Inlet

昨日は半日、相方と二人で雑草抜きをしていたので、今日はゆったりと森林浴にでかけた。以前にも紹介した「Tod Inlet」というトレール。私たちの家からは約20分。ビクトリアで有名な「ブッチャートガーデン」の裏側にあるトレールです。

tod inlet

家の周りにも緑はあるけれど、こうしてトレールを歩くのとは違う。すっぽりと緑に囲まれると、すぅっと気持ちが落ち着いていく。

tod inlet

気持ちのいい木陰の中、光の演出が眩しい。こぼれる光、降り注ぐ光、溜まった光。

普段におわない情報があふれているもんで… Gusは、それはそれは嬉しくてたまらない。こういう笑顔を見ていると「わたしたち、(Gusのための)家族サービスしてるよなぁ」って思う。

tod inlet

立ち止まって、念入りににおいを嗅いで、ジグザグに走りまわって。めちゃくちゃ嬉しそうでした。

ゆっくりと20分くらいトレールを歩くと、Tod Inletに出る。湾になっているので、特に穏やか。アンカーをおろして船を留め、プチ船上パーティをしている若者たちもいたよ。豪華だね〜。

tod inlet

家をでたときには、Tod Inletではなくて、Elk Lakeっていうところを軽く散歩する予定だった。Elk Lakeは、湖畔にトレールがあり、いつ行っても大概家族連れやワンコたちで賑わっている。で、車を運転しながら「やっぱりTod Inletにする?Elk Lake、混んでるもんね。」と、こちらにやって来たのでした。

tod inlet

Tod Inletは、人であふれたのを見たことがない。こっちに来るって決めていたら、ピクニックランチを用意してきたのにな〜。

tod inlet

テンション高いの(↑)わかるでしょ。

普段なら、自分から飛び込んでいって泳ぐことって滅多にしないGusだけど、走って暑くなったのと湾の水は温かいっていうのもあり、じゃぶじゃぶ楽しんでた。

tod inlet

我が家の坊主だな。

森林浴というと、マイナスイオンがどうのこうの、っていわれた時期があったっけ。

tod inlet

難しいことはわからないけど、森の中を歩き、鳥の鳴き声に耳を済まし、心地よい風を肌に感じ、Gusの笑顔に思わず顔がほころび、緑の香りを楽しんでいると、「ま、いっかぁ」っていう気持ちになる。肩が軽くなる。

tod inlet

私たちが感じる森のエネルギーって、犬も同じように感じるんだろうな。いつにない笑顔だもんね。

tod inlet

ああ。気持よかった♪ たまには森をあるきましょう!

p.s. 家についたGus、爆睡してましたー。私も今夜はよく眠れそう〜。

今日もご訪問どうもありがとう。↓↓ぽちっと One Click嬉しいな♪
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ