日曜大工・二度目のトイレの交換

先日のこと。来週末からドッグシッターさんに使ってもらうバスルームの掃除をしたところ、便器の周りに水たまりを発見。ちょうど雨降りの日だったので「も。も。もしや…雨水が外からしみてきてるのー?!」と一瞬、クラっとした。

幸い、水漏れをしていたのは、外壁ではなくてトイレのタンクでした。タンクに細い亀裂が入り、おそらくそれが冬の間に凍ったのか、膨張して、そこから水が漏れ出していたらしい。こんな状態でこのトイレを使ってもらうわけにはいかないので、早速、相方がトイレ一式買ってきた。

トイレの交換

日本では、今じゃ、おそらくどの家庭でも「ウォシュレット」なのだろうけど、カナダでは今でも「クラッシックな便器とタンク」。時々、日本でのウォシュレットの普及率を知っている人に「日本のあのシャワートイレって、どういう仕組みなの?自動でおしりを洗ってもらって、そのあと温風がでて乾かしてくれるの?トイレットペーパーはいらないってこと?」って聞かれるヨ。

トイレの交換は、この家ではコレで二回目。なので、大体の手順はわかってました。が!今回買ってきたおトイレセットには、ちゃんと説明書が付いていた〜(前回のには箱に絵が書いてあるだけだった…)。

replace-toilet

慣れると(←慣れるほどトイレ交換なんてしたくないでしょうが)、この作業は難しくない。ただ、古いトイレを外して掃除するトコロは余り気持ちがいいものではない。

トイレ交換

↑の黒いベース部分は、すでにワックスをきれいに取り除いたあと。ひっくり返っている新しい便器のベースにくっつけた茶色いモノが、新しいワックスです。これをひっくり返して、黒いベースの上にのせ、上からぎゅーっと押さえてワックスでシーリングしてしまう。

今回のトイレセットで、私たちがプチ感激したのは、そのユーザーフレンドリーさ。

トイレ交換

箱にも書いてあったけど、このセット、スパナやレンチといった道具を使うことなく設置できた〜♪ こうして(↑)ボルトも三角で固いプラスチックなので、指で閉めることができた。前回のセットに入っていたものは、全部金具だったんだけど、便器のように「陶器」を金具のボルトでしめていくときには、注意が必要です。片方を一度に固くしめてしまうと、そこに亀裂がはいってしまうから。その点、こうしてプラスチックで「手じめ」だと、誤って便器を割ってしまうことは絶対にないわけです♪

トイレ交換

それから、付属のこういうプラスチック道具もあり。これは、先に穴が空いていて、ボルトを締める道具。この道具が無かったら、この狭いスペースのボルトをスパナーでキコキコとしめていかなきゃいけないわけで。。。 こちらの製品って、消費者のことを考えてくれているモノって稀です。なので、相方も私もこういう心遣いに感激しました〜。

現在売られているトイレタンクって、昔のものよりもずいぶん小さく、一度に流す水の量も少ない。これも、以前の規定のトイレタンクと比べると50%水量を節約できるらしい。

トイレ交換

昔のものには、タンクの中に「浮き袋」みたいなのがあるのだけど、コレは少しデザインが違ってます。左側の黒い部分が水量と共に浮き上がって、定位置に来ると水がとまるようになってた。

便座のとりつけも道具いらず。

トイレ交換

便器とタンクと便座を組み合わせて、最後に水を流すパイプをくっつけるのみ。

おトイレ交換完了〜☆

便座のとりつけも道具いらず。

便器と床の間にシーリングをすると100%完了です。今回のは、とってもユーザーフレンドリーだったので、こんなのだったらあと3つくらいトイレを交換してもいいぞ、って気分。これでゲストバスルームのおトイレも安心して使ってもらえます♪

たくさんの便器画像、失礼しましたー。

*おまけの甘いもの*

これはやっちゃいかんだろう。。。と思いつつ。やってしまった。

アンコとホイップ

アンコ+ホイップ on the cracker(ほんとはビスケットが良かった)。

中途半端に余っていた泡立てたホイップと餡。二つを一緒に食べたらおいしいかな、と。糖分+脂質たっぷり。 …おいしかった。

アンコとホイップって相性いいのね(うしし。)

今日もご訪問どうもありがとう。↓↓ぽちっと One Click嬉しいな♪
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Goodies#242: シルバーアクセサリーのお手入れ

やろうやろうと思っていて、ずぅっとほうったらかしにしていること。たくさんあるのですが。

今日は一つ、片付けました。「シルバーアクセサリーを磨く

私が身につけるアクセサリーは限られていて、持っている数も少ない。友達が作ってくれたものやフェアトレードで見つけたお安いものなどがほとんどだし。この限られた数のアクセサリーの8割がシルバーです。24金位のゴールドジュエリーは、黄色い輝きが違うから好きだけど。ずばり、持ってないし。持っているものもたまにしか身につけない。

で、シルバー。聞くところによると、日本で売られている純シルバーのジュエリーの多くは、変色しないようなコーティングがされているらしい。本当かな? 私の持っているシルバーのピアスやペンダントトップなどは、そういう便利なコーティングがされていないので、放っておくと確実に変色して白い銀の輝きを失う。銀のスプーンやフォークと同じです。

で、たまに磨いてあげないといけない。ほら、こんな風に(↓)変色して黒ずんでます。

シルバーアクセサリーの磨き方

今までは「Silvo」というシルバークリーニングクリームを使っていた。古い布切れにSilvo を数滴たらして、指先できゅっきゅと磨く。これはこれでとても効果があります。

silvo

が、不満をあげると:

  • くさい
  • 化学薬品:指や肌につくと荒れる(私の場合)
  • 細かなカービングのあるピアスなどは表面はきれいになるけど、細かな溝は変色したまま残る

そこで。☆うふ☆

オールナチュラルでお安く、細かなデザインもピッカピカになる磨き方。

シルバーアクセサリーのお手入れ with 重曹

準備するもの:

  • 重曹(ベーキングソーダ)
  • アルミホイル
  • 熱湯
  • 変色したシルバーアクセサリー

そうでーす。重曹 / ベーキングソーダを使います。ベーキングソーダは台所まわりの掃除などにも欠かせない「パワーパウダー」。これがシルバーアクセサリーのお掃除にも大活躍するのですヨン♪

シルバーアクセサリーの磨き方

先に種をあかしてしまうと。重曹とアルミニウムが反応することで、シルバーアクセサリーの変色物質が溶け出す、んだそう。

まずは、アルミホイルで器の内側を覆う。ホイルは少しくしゃっとさせて、がたがたの表面を作ったほうが良い。そのなかに、変色したシルバーアクセサリーを並べる。

重曹をふりかける。ポイントは、アクセサリーがホイルに接触し重曹をかぶっていること。

シルバーアクセサリーの磨き方

熱湯を注ぎ入れる。するとシュワーッと化学反応が始まり、ほんのりと臭い(腐った卵みたいなにおい)がする。

で、しばらく放置。お箸でつついてアクセサリーの全体がアルミホイルに触っているように。

あとは水でよくすすいで、きれいなペーパータオルか布で拭いてかわかす。と。

じゃじゃーん。

シルバーアクセサリーの磨き方

ね? 重曹なので別に肌にについても、石鹸で洗えば大丈夫だし。

これは一度試してみると、おぉ〜っ!あっぱれ!と旗を振りたくなりますヨン♪

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ←参加してます。クリックして頂けると嬉しいデス♪

Goodies#204: DIY: キッチンライトの交換

我が家の今週・今月のハイライトキッチンライトの交換!

DIY と呼ぶ程でもないのでしょうが。

台所の「流し」と「カウンター」を照らしていたハロゲンライト(Halogen light / 5つの小さなハロゲンライトが一列に並んだスタイルのカウンターライト)の接続だかなんだかがおかしくなり、バルブを変えても電気がつかなくなってしまっていた。5つのうちの4つがバカになったのが3ヶ月前。そして最後の一つが悲しくも切れてしまったのが3週間前。なので、ここ数ヶ月、くら〜い台所での作業でした。うちの台所は、家の真ん中にあるので、昼間も外から差す光が届かない(←このデザイン、嫌い)。宝くじがあたったら、本格的にリノベーションして、台所を窓際に設置するのです。

バカになったキッチンライトもイライラするので、数週間前にとりはずした。こんな状態(↓)。キッチンシンクの真上のライトを取り外し、配線がぶらんぶらんしています。わかるかなー。向こう側に見えるダイニングの電気を全部付けて、なんとか明かりを供給。

キッチンライト

とにかく。ほんっっとうに暗い暗い台所というのは、何を作るのも楽しさ半減。お肉なんて、焼けているのかどうかも見えないし。そういうわけで、書き物デスクの蛍光灯に照らして確認したり、ブログ用の写真をとったりしてました。

そして今日!

家に帰ると「光っていた」! ぴかーっ!光がしゃんしゃん♪

キッチンライト

わぁ〜〜〜い♬ あかる〜〜〜い♬

本当にうれしい。

キッチンライト

横に長いレールを配線に正しくつなぎます。ココのところを間違わないようにすることがポイント。相方はちょっと自信がなかったので、自分でつなげた後、知り合いのプロの配線屋さんに連絡して確認してもらったそう。ほっ。電気の配線はひとつ間違えると、火事だもんねー。

このレールにハロゲンライトのポッドをスライドしてはめ込みます。以上。

わ〜〜〜〜い ♥ これで何を作っているかもきちんと見えるー。ほんまに嬉しい。

Goodies#188: ちょいと忙しい土曜日

はい、今日は朝からちょっと頑張りました。「することリスト」の上から順に片付けていくぞ!と、普段の土曜日よりもほんの少し早起きし、さっさと準備をすませて自転車でダウンタウンへ出発。

12月にはいると、週末のダウンタウンはそれなりにクレイジーに混み合う。私、大阪出身なのに、ビクトリアでののんびり生活が長いせいか、人混みに酔ってしまう。クレイジーなダウンタウンでのヨコヅケ駐車も、きっと「できない」(←運転は安全なのですが、嫌いだし、スキルがない)。で、自転車で午前中、まだ人がそれほどうじゃうじゃとしていないときに行ってきました。… 寒かった。

リストでは、数点、クリスマス関係で買いたいものがありました。この時期のショッピングって大嫌い...いつもはできるだけ避けるのですが。一品、近場ではどうしても手に入らないものがありましたので...

ごぼう。

ごぼう

中華街でしか売ってないし、週末でないと行けないし。

ブツを手に入れて、お会計に並びに行く途中、あ。

中華街のお菓子

ふむ。チャイナタウンのお店でお菓子は買わない!と決めていたんだけど(変なものが入ってそうだし...)

買っちゃった。

カプリコ

カプリコなんだもんで。すきすきちゅー♥ (アホ)
でも、なんか、大きさちっっちゃくなったことないか? ちっちゃい。昔の日本のカプリコはこれの1.5倍はあったぞー。...ほんでも、嬉しぃ。

あ、ダウンタウンで、クリスマスの装い(?)をさせられているお馬さんと馬車も見かけた。

馬車

ビクトリアは観光都市なので、馬車でダウンタウンの辺りの見所をみてまわることもできる。この寒い中、ごくろうさまです。

今週は、お友達のアリちゃんが泊まりに来てくれる♪ で、午後は、もの置き部屋となっているゲストルームの片付けと掃除:私担当。

相方は...というと。

DIY: 窓ガラス取り外し

窓ガラス取り外し

半日かけて、おとなりさんが捨てた古い木製のドアのフレームから、ガラスを抜き取っていた。玄関のドアの覗き窓の一枚にヒビがはいっているんだけど、その一枚と入れ替えるためのガラスです。

私たちの家は1930年築。当時、建てられた家に使われている木材やこういうガラスも、今のものとは大きさも質も全く違う。1930年代に使われたガラス窓の一部を、現在のガラス屋さんに頼んで修理してもらおうと思ったら、ガラスそのものの成分を分析してカスタムメードしてもらわないといけません。でないと、その一枚だけが妙に透き通っていたり、光を反射しすぎたりするんだそう。

ガラス取り外しDIY

というわけで、相方は必死になって、使えるガラスを一枚ずつ、フレームからはずしていました。トーチを使って、ゆっくりとフレームを溶かしていく。ここで慌てて、トーチの火が強すぎると、その熱でガラスが割れてしまうんだってさ。←何枚か割ってましたね。

このトーチでクランブリュレ作れるかな...と、頭をよぎる。

と、いつもぐうたらな私たちにしては、充実した土曜日。明日も寒いけど晴れるようです。やっほー。

おまけ:

笑うガス

笑う Gus (彼も晴れると嬉しいみたい)