庭にも春のしるし

二日休ませてもらってずいぶんスッキリ!やっぱり元気なのが良い!

先週金曜あたりから喉にイガイガを感じ、食べると気分が悪くなっていた(でも食べていた)。土曜の朝、突然、体がガチガチして右の腰から股関節、膝が痛くてしゃがめなくなった。チューイの首輪をつけたり、という作業がとても辛くて「歳のせいかなぁ」と思っていた。肌もがっさがさになり痒くて気持ち悪くなった。突然。そんなのも全部、2日間寝まくったらどこかにいってしまった。すごい。体って生きものなんだなぁ、全部つながって機能しているんだなぁと、当たり前のことをしみじみと感じたのでした。

ゲウムさん。

日本は全国各地、寒波に覆われて凍りついているのかな。寒いだけでなく、強風や大雪が合わさると大きな被害になったり、怪我をする人も増える。温かくして、足元には気をつけて!と家族にもメッセージを送った。気をつけてね、みなさんっ。

ルバーブの新芽。

ビクトリアは例年よりも温かいのかな。来週からまた気温が下がるみたいだけれど。

庭ではもう春のしるしがあちらこちらに見られるようになった♪ そうすると、少し気持ちが高まってくる:あれもこれもやらなきゃ!って。

数日前に発見して驚いたのが、これっ↓↓ なんの芽だと思う?

去年の春先に「かわいいGusのために、今年は咲かせたいな♪」って、始めて真面目にトライした「ラナンキュラス」(植え方の記事)☆ 去年は植えたのは春分の頃。「植えるときに水をやり、発芽するまでは水をあげない」ともメモしている。

前にも書いたけれど、今までは、ラナンキュラスのコーム(球根みたいなの)はビクトリアの冬を越せなかった。大抵、冬の雨で腐ってしまうんだと思う。だから去年はラナンキュラスの苗をポットで育て、それらを全部鉢植えにした。そうすれば、咲き終わったときに忘れずに全部「掘り起こし」、翌年の春(今年の春)まで紙袋に入れてとっておけるから。そして、そうしたはずなんだけど。。。 多分、小さなコームが鉢の中に残っていたみたいです。

まだこんなに寒いのに、元気に発芽してるってどーゆーこと?? 去年はあんなに過保護にハウスの中で苗を育てたっていうのに、こんな気温の中で発芽させたほうがいいのー? こんな四六時中湿っている冷たい土でいいの?? わからん。また霜がおりたらダメになってしまうかもしれない。。。と、枯れ葉を少し上にかぶせてみた。うーむ。 まぁ、大抵、こぼれ種組のように、冬を越して勝手に芽を出した苗はたくましいから、この子達も元気に花を咲かせてくれるのかなー。

ヘーゼルナッツ(ハシバミ)の老樹のひと枝が朽ちてきていたので、思い切ってばさりと切り落とし庭の奥に置いておいた。

すると。

にょろっとキノコが生えてきた。かわいらしい。

食べれないと思う。キノコは100%確かでないと口に入れるべからず、だもんね。どうして、どうやって、この朽ちた枝に生息するのか不思議。

今年はこのお方がいるので、、、なかなか庭仕事もはかどりそうにないじょ。

あ!ひとつ嬉しかったこと♪

週末にチューイを連れてペットショップをのぞいたときのこと(また行ってきた。笑)。

店員のみなさんが「チューイー!」って挨拶してくれて、クッキーくれて、大喜びで大はしゃぎのチューイだったんだけど、店員さんがみんな「チューイ、落ち着いてきたよ!1〜2ヶ月前とは全然違う!」って言ってくれた☆ 私は毎日見ているからわからないけど、店員さんたちは「小さな成長」がわかるって言ってくれて嬉しかった。

私たちのすぐ後で、若いお母さんと3歳半のジョージアちゃんがお店に入ってきたんだけど、チューイね、座ってなでてもらっていたし(もちろん私ががっちりとハーネスつかんでいたけれど)、飛びついたり歯を当てたりしなかったのは「Good Boy!!」でした☆ 小さい子にあいさつする良い練習にもなって嬉しかった〜。ジョージアちゃんありがとう!←お人形さんのようにきゃわいい女の子だった♡

ヘーゼルナッツの雄花だよ。

春を待っているこの季節も好き。

始めてみた。大人の絵日記・スケッチジャーナル

お正月の二日、「大人の絵日記・スケッチジャーナル」を始めてみた♪

まだ始めてから2週間だけど、ちょっと楽しい♪ これが率直な今の感想です。

今までにもネットやインスタで「ひとのスケッチジャーナル」をのぞかせてもらうのが大好きだった。完成したイラストや絵画も素敵だけれど、「ジャーナル」には物語があり、それは大抵、日常のなんでもない場面であることが多くて挿絵や背景や使われている色合いからにじみあふれるものがあって、見せてもらうだけで「うふふ」な気分になってしまう。

でね、去年、インスタのお友だち(?)のRicaさんが大人の絵日記を紹介されているのを見て、わぁ、楽しい〜☆って。ほ〜んと味のある絵日記で愉快で、くすくすって笑ってしまうのです。そこでRicaさんがちらりとシェアされていた水彩絵の具が、実は私がずっと前から「いいなぁ」って思っているものだったっていうのもびっくりで。ほら、文具や画材って、見ているだけでなんだかわくわくしてくるやんね?そこからなにかが始まる!みたいな可能性を感じたりして。で、Ricaさんに水彩絵の具とジャーナルブックについても教えてもらって…

わたしもPEG AND AWL」のジャーナルブックをのぞいてしまいまして…

買ってしまったのでした。カタチからはいろうと。それが去年の秋のこと。

PEG AND AWL のお店で紹介されているものには、一貫したこだわり・コンセプトが感じられて、手にとってみたかった。で、実際に続くかどうかわからない、大人の絵日記初心者の自分に、と選んだのは「Orra」の3部セット

大きさもちょうどいい。14cmx17.8cm。

そして紙が良い!ほどよい厚みとほどよいテクスチャ。好き!

私が絵日記に使っている文具を並べると、こんな感じ。

ジャーナルブックだけは新しく買ったけど、他のものは家にあったもので。それで十分。

プレピーの万年筆はとっても良心的なお値段だけど、初心者には十分すぎる良い万年筆だと思う!

0.3と0.5を使ってるよ。

平日は毎日あまり代わり映えもしないので、何をメモしようかと迷う。なんでもいいやと、思いつかないときはDoodleする。

ページをめくってみた動画を撮ったので、良かったら見てみて〜。

デジタルのDoodleなら、ほいほいとpaprica.doodleのインスタにもアップしてたけど、日記となるとちょっと照れくさくて、こんなのアップしていいのか?って思ったりして。なので、ここで少し。えへえへ。

今年に入ってから、すこ〜しアナログな気分だったので、その波に乗って始めた大人の絵日記です。さぁ、どれくらい続くでしょう。。。か。

お日さまパワーを感じた土曜日

土曜日は青空が広がり、春を思わせる陽気だった♪

やっぱりお日さまが出るとやる気も出る。土曜は朝に一時間のドッグトレーナーさんとのパーソナルトレーニング(オンライン)。バーナデットさんのアドバイスはすごくわかりやすいし、何より「今のチューイが必要としているステップ」を教えてもらえることは、私にとっての大きなプラスです。やってることはとても地味なんだけど、それを続けることでチューイとの距離(?)が少し近づいたって感じることが増えてくる。頑張ろう!

セッションのあとにチューイと歩いてペットショップに行った。煮干しトリーツを買いに。店員さんの名前も覚えているし、みなさんも私とチューイのことを覚えていてくれるので楽しい。チューイの何がそう思わせるのか知らないけれど、「Chewy! You’re so funny! You make me laugh!」ってよく言われる。まぁ、はい、チューイはお笑い系だと私も思う。顔がオモロイのかな(笑)

ペットショップからの帰り道、ぐるりとRoss Bay Cemetery を歩いた。チューイにとっては初めてです。チューイは初めての道や広場を歩くと、鼻を地面にこすりつけてくんくんしながらジグザグジグザグと突進する。これが二度目に歩く道だとそうでもない。なので、できるだけ違うコースをたくさん歩かせてます。「においたまえ。存分に匂うが良い、小僧。」と。


日本だったら「墓場」を散歩しようなんて思わない。海岸沿いにあるこのお墓は1873年に開かれたそうなので、この地に150年も眠っているひとがいるのです。日本人の名前も見られるよ。こんな晴れた日にはとても穏やかで、気持ちも静かになる。スピリットに敏感なひとは、また違った印象を受けるのかな。

5〜6頭の鹿たちがまったりしていた。

この日歩いていてすれ違ったひとたちは、みんな笑顔だった。

チューイと歩くようになってから、道ですれ違う知らない人と目を合わせて会釈したり、ちょっと話をすることが増えた。私も自然と、知らない人に「Hi!」って笑顔で言うことが増えた。

この日は家に帰ってすぐに掃除機をかけ、その後ハシゴを持ち出して「りんごの老樹のお手入れ」に取り掛かった♪ このりんごの樹はかなりの年齢で、真ん中の大きな枝が朽ちてきている。それでも、ある程度枝を切って整えてあげると実をつけてくれる。それにとても美味しい。

えっさほっさと枝切り作業。一日で終わらないかなと思ったけど、1時間ちょっとでなんとか終了!

ハシゴの上より。

私がチョキチョキやってる間、落ちてくるりんごの枝をくわえて走り回ったり、穴掘りしたり、大忙しのチューイ。ほーんと元気に走り回る。静かになると庭のどこかで穴掘りしてることが多くて。。。まぁ、これも大きくなったらやらなくなるかな、と。今すぐに直したい行動ではない(それよりも大切なことがある)ので大目に見ている。めちゃくちゃ楽しそうだし。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by paprica (@paprica)

*おまけ:チューイのハーネス

ハーネスばっかりいくつもあるから、もう買わないっ!って決めていたのに。Smellydogzの「いいな」って思っていたのが半額以下で、チューイのサイズだけが残っていたので買ってしまった。チューイの体もしっかりガッツリとしてきたので、この手のハーネスも似合うし使えるようになったよ♪ これは前クリップと背中クリップがあって、首周りと胴回り、首から胴までの全部を調節できるタイプ。背中に「グリップ」も付いているので「おいこらっ!」って掴んで引き止めることもできるのがありがたい。ずーっと迷っていたけれど、使い始めてみて買ってよかったなって思えるハーネスです。

新しいハーネスをつける犬と、穴あきズボンで散歩する飼い主(苦笑)。この穴を開けたのは、もちろん、チューイ。

はぁ、また一週間始まるねっ!良い一週間を!