庭の春とねじねじパン

ようやく最初のチューリップが咲いた。

こんな色模様のチューリップは植えた覚えがない、っていうチューリップ。去年初めてこんな模様付きで飛び出てきて驚いたんだけど、今年も同じだ。チューリップって何年かたったら球根を分けてあげたほうがいいって聞く。この子も今年は去年よりも小さくくっついて咲いているから、分けてあげたほうが良いのかな。

チューリップが咲くと「よし、これで春だ。」という気持ちになる。

朝晩は、まだ1度、2度。昨日は夕方にまた「ひょう」が降った。おいおい、大丈夫かいな。。。と心配したものの、ようやく発芽したえんどう豆もラディッシュも無事だった。

毎年、このあたりで鳥たちにつついて食べられてしまう芽(と種)がある。今年はそばにある木に小さな鳥用の餌をしっかりとぶら下げているので、畑には手を出さないでいてくれるかなー。

巣作りの時期の小鳥たちがとても可愛い。フィーダのすぐそばには、Gusの毛を籠に詰め込んでぶら下げてあるんだけど、今朝もカラスが2羽、そこからふわふわの毛をくちばしで上手に引っ張り出して落としていた。一度落として、それをまとめて飛んでいった。散歩道でも2羽のカラスを見かけたんだけど、彼らは小さな枝を束ねていた。カラスって、雄と雌が一緒に巣作りに励むのかな。ほんと、賢いよねー。カラスだけに限らず。

簡易グリーンハウスの中の育苗保育園でも、発芽し始めたよー♪

気づいたらエキナセアが3〜4種類もある! どこにどれを植えるのか決めていないけれど、エキナセアばっかりになりそう(笑)

春の初めにぐいぐいぐいっと大きくなるルバーブを見るの、大好き。彼らの命のちからってものすごいな〜って、このぎゅぅっと一つになっている葉っぱの「かたまり」を見ていて感心する。

これが私の顔よりも大きくなる。どうやって折りたたんでこのサイズにしているんだろうと思う。この春もまた、いつものルバーブのジャムを作るよー!ルバーブのマフィンも作ろう。

そうだ。先日ね、Youtubeでふと見つけた「ねじねじパン」がとっても美味しそうだったので作ってみた!

見つけた動画は、石垣島にお住まいの「mocha」さんという方のVlogで、パン、コーヒー、暮らしを紹介されている。青々とした緑と青い空と海と、とてもやさしい手付き(?)で作られているパンが素敵です。捏ねないパンも紹介されていて、このオレンジピールとチョコのねじねじパンもその一つ。→動画

オレンジピールがないことに前日気づき、ちょうど家にあったオーガニックオレンジで作ってみた。

こんなんでいいんかな。。。と思いながら。いいことにした。

mochaさんの生地の扱い方は本当にやさしくてうっとりしてしまう。私も今日は少しやさしくやわらかく生地を折ったり押さえたりしてみよう、と、はじめは心がけてみたんだけど。途中からやっぱり私流(=ざつ)になっていた(苦笑)。

ねじったけど、もどっちゃってさー。

なーんか、怒りん坊のいもむしのようになりました。

このレシピには砂糖は入っていない。おやつパンって題がついているけれど、お菓子パンとは違い、結構高い温度でぱりっと焼き上げるセミハードパン。

これが!! 美味しいっ!

なんていうのかな、バゲットのようなシンプルさで、すこし塩味がきいていて、だから余計にダークチョコとオレンジピールが引き立つ感じ☆ 断面はこんな感じ↓↓ もちーっと。外はぱりりっと。

噛みごたえもありナイスっ! うん、このシンプルさが好き。バターや卵やミルクや砂糖が入ったお菓子のパンとはちがう新鮮さがあって感動してしまった。こういうのもありなんだなぁって。

今週はずっと晴れマーク☆

あたまにおはなのせられましたよ。(神妙な顔)

気持ちのいい春。気持ちのいい一週間を!

足の指の付け根の痛み【更年期】?

最近、ホットフラッシュがすこ〜しましになって、夜中に何度も目が覚めることもなくなって喜んでいた。

すると今度は、夜中にトイレに行くときや朝起きたときの、はじめの一歩が痛みだした。右足の指の付け根(少し膨らんでいるところ)に小さなボールが入っているような感じでいてててて。。。と。

ネットで見つけたこの図でいうと、一番右のパターンでオレンジ色の部分が痛いのです。

モッ。モッ。モートン病?!

なにそれっっっ。なんかだらしのない名前の病気。

先週、ちょうどファミリードクターとの予約が入っていたのでそのときに相談してみた。私の足の裏を押さえながら、「ここ? 小さなボールを踏みつけているような感じ? 」と聞かれたので、「そうそう、まったくそうなんです〜」と答えると、「珍しいことじゃないですよ。更年期にはいると(それよりも前に始まるひともいるけど)出てくる症状です」って。

私くらいの年齢になると足の裏の「アーチ」が落ちてくるらしい。アーチというと土踏まずだけかと思っていたら、足の親指から小指にかけてもアーチがあるんだって。その小さなトンネルのようなアーチが、押さえつけられるようにして平らになるせいで、指の付け根の骨が床に当たってしまって痛いんだそうです。

モートン病じゃないかなぁと聞くと、そうじゃないでしょうって。モートン病だと、もっと焼け付くような痛みやしびれを感じるはずなので、しばらく様子を見て見ましょうと。アーチをサポートするものを試してみると良いかもしれませんっていっていた。

あー、「歳をとると重力に逆らえなくなる」って笑いながらみんな言うけれど、本当にそのとおりだ。顔の皮膚もどんどん下に下がってきている。時々間違えてスマホのカメラが自撮りの方になっていたりすると、怖い怖い。自分の顔を見て「ぎょっっ」とビビる。なんて怖いたるたるの皮膚と影。

重力に逆らえないのは外側の皮膚だけじゃなくて、アーチの骨もぺちゃんこになっちゃうのか〜。今、少し痛みを感じだしたのは右足の方だけだから、重心も右よりなのかなぁ。あぁ、やれやれ。

更年期というとさ。老眼が入ってきて小さな文字が見えなくなってくるんだけど。

スマホやタブレットでは「ピンチ→拡大」で文字や画像を大きくして見ることができるでしょう? その「ピンチ→拡大」がすっかり「定着」してしまって。

つい先日、紙の文庫本を読んでいるときによく見えなくて、ほんのページの上で「ピンチ→拡大」してしまった。。。(苦笑)

 

慣れというものは、。。。恥ずかしい。

今日はしとしと雨降りだった。とても冷たい雨。

雨の中、ふと、目についた小鳥。

寒かろう。

ピンチ→拡大、じゃなくて、クロップ拡大(笑)。

明日からは連日晴れる予報。その前にしっかりと地面を潤してください。雨もよろしい。

ゆったりとした週末を。

ソーカーホース試運転とお家バンズでプルドポークサンドイッチ

やたら長いお題だな。

先週末の4連休の最終日は、心地よく充実した一日で満足だった♪ 今年の春はなかなか気温があがらず、まだ寒いものの、そろそろ庭に水やり用のホースが必要になってくる時期。

そこで。ホースを繋げて裏庭に伸ばしていく前に、ずーっと気になっていた「蛇口の水漏れ対策」をした☆

いくらきつく締めてもぼとぼとぼとぼとと水が滴り落ちていた。もったいなくて。

下の手で持っているのが古いもの。ものはまったく同じです。見ての通り、締める部分を覆っているプラスチックも割れている。そこだけでなく、二股についている開閉ノブ(?)のところからも漏れていた。

取り替えるときに、忘れずに「スレッドテープ」をつなぎ目の溝のある部分に巻き付けておいた。こういう小さなワンステップのための修理用品、好きだなー。

相方に、新しいBrass(真鍮)の二股蛇口を買ってきて取り替えたで!そのときにちゃんと白いテープもまいたでー!って自慢したところ、「おおおっ、やるなぁっ」って感心していた。そうだよ、私はこんなことまで自分でするようになったんだよ。

本当に小さな修繕なんだけど、水漏れが止まってとても嬉しい♡

さぁ、ホースが繋がったところで。畑ボックスにソーカーホースを並べたよ〜♪ 畑や花壇に水をやるのに、今まではずっと、ホースにシャワーヘッド(?)みたいなのを付けて手で水やりをするか、小さなスプリンクラーヘッドを移動させてやっていた。でもそれがどうも水の無駄遣いをしているようで。

例えば野菜を育てるときに理想的なのは、平均して、一週間に5cmの深さまで水を浸透させてあげることなんだって。私の水やりの仕方だとせいぜい2cm。水の勢いが強すぎて表面を流れていくこともある。ソーカーホースやドリッピングシステムを使うと、ゆ〜っくりと水がしたたり落ちるので、流れることなくじんわりと土に染み込んでいくというわけ。そうすることで水の節約にもなるって。

家にあったソーカーホースがまだ使えそうなので、畑ボックスはとりあえずこれでいくことにした。
ほ〜ら、ほ〜ら♡

うねうねうねと。

これね、太さは3cmくらいあるかな。全体に針で開けたような穴がたくさんあるので、ドリッピングやソーカーホースというよりは、霧のようなスプレーがしゅわーっと吹き出るホース。地面についている部分はそのまま染み込む。吹き出るのでホースを挟んで30cmくらいの幅はカバーできる。なかなか良いホースです。これと同じものをさがしてみたけど見つからないよー。お店にあるのは、大抵、じわ〜っと水が染み出るものなので、ホースから2cmほどの幅しか湿らないのです。

例年、乾燥させっぱなしのハーブベッドには、新しい平たいソーカーホースをうねらせてみた。ここは土が盛り上がっていて本の少し傾斜があるというのもあって、水やりをすると乾燥した土の表面を水がどんどん流れていっていた。いつも「全然しみてないやん。」と困っていた。このホースで少し改善されるかな。ハーブたち、喜ぶよね、きっと。

さて。イースターの後半、我が家は「プルドポークサンドイッチ」を二日続けて食べた。インスタントポットで作るプルドポークは、すごく楽ちん。前の日の夜に簡単な味付けをして冷蔵庫に放り込んでおいて、翌朝取り出してスイッチオン。いつもどのレシピを使ったか忘れるので。。。

今回のはこれっ。メープルマスタードプルドポーク(英語)。以前はお肉にこすりつけるスパイスはこの(→)のレシピを参考にした→スロークッカーメープルプルドポーク(英語)

インスタントポットにはスロークッカー機能もあるのだけれど、レシピ通りの8時間では思い通りに柔らかくならないので、私はいつも6時間スロークッカー機能をつかい最後の40分ほどをマニュアルのハイプレッシャー機能で仕上げる。そうするとほろほろ〜になる。

この日は祝日でパン屋さんも閉まっていそうだったので、仕方なくバンズも焼いた。適当に選んだレシピだったけれど、なかなか美味しく焼けたよ。→ハンバーガーバンズ(英語)。半分の量で、4つだけ。

これを作るときに、レッスンで教わった捏ね方とか、丸く整形するやり方とかを思い出して実践できたのが嬉しかった〜。

なんてシンプルな夕食。晩ごはんどきにも外がまだ明るい季節になった♪

明日は雨で、その後は晴れが続きようやく気温もあがるそうな。そろそろ春の草花が発芽してくれるかな、と楽しみ。

花粉症に負けないでがんばろ〜。

☆Good Friday☆ふつうに庭仕事

今週末はイースターのお休みで4連休☆

イースターらしいことは何ひとつする予定もない我が家。でもイースターは「お祝い事ホリデー」の中で一番好き。4連休だから、というだけでなく(笑)、春の初めで気持ちが軽い。みずみずしい黄水仙やイースターエッグのパステルカラー、飛び跳ねるうさぎなど、イースターのテーマ(?)は見ているだけで「ふわ〜ん」とした気分になる。私も相方も無宗教だけれど、相方は子供の頃、イースターのときだけは教会が大好きだったって言う。被されていた布が取り除かれて眩しい光がさしこみ、春の花が飾られていたそうで、そのイメージが今でも鮮明に残っているみたい。

今年もコロナのせいで大きな集まりは禁止されているけれど、屋外でのイースターエッグハントなら、限られた「バブル(10人まで、かな)」の中ならオッケーみたいです。

何もしないけれど、イースターの卵チョコでも買おうかな、と、週末の買い出しにでかけたときに。

マカロン見つけたー☆

スーパーのベイキングコーナーにあったものだから、大したマカロンじゃない。でもこのパステルカラーに惹かれて買ってしまった(笑)。あぁ〜、いつかいつか、ホンモノの本場のマカロンを食べてみたいなぁ。夢です。スーパーの甘い甘いマカロンだったけど、幸せ。

明日は雨の予報が出ているので、今朝は前庭の雑草抜きをして、午後は裏庭の奥の続き。

まだ何にもないので、ホースを試しにうねらせてみたり。

相方の友人のジョーさんとは、電話で話すときにはいつも庭の話をする。昨日も「もう種植えた?」などなど。今年はまだ寒いので、ジョーさんはまだえんどう豆しか植えていないそうだ。私はレタスとラディッシュも10日ほど前にぱらぱらとやったんだけど、ラディッシュだけが少し目を出したのみ。まだ霜が降りる朝も有るのだから仕方がない。四月も半ばくらいになれば、もう少し賑わいでくるかな。

今年のはじめにアーバリストのお兄さんたちにヘーゼルナッツの枝を思い切って「すいて」もらったので、この庭の奥にも例年より日が当たってくれるかな、と期待している。ヘーゼルナッツの木々の葉っぱが青々としてくると、このエリアは「木漏れ日スペース」になっていたので。ここにも今年は少し「宿根草」のお花を植えたいなー。

このエリア(↑)はいつも「うっそう」としているのだけれど、向こう側のブラックベリーを思い切り刈り込んでスッキリさせたので手前も少しきれいにしてみた。ここは「救急+リカバリーエリア」。前庭などで死にかけていたプラントをここに連れてきて一年様子をみる。植物は意外に強いので、元気になってくれるかもしれないもんねー。

朝起きたときは、花粉症のせいか頭がぼーーーーっとして気分も下降気味だったのに、庭に出て土を掘り返したり春の草花をみていると元気が出てきた。くしゃみも出てきたけどっ!

今日うれしかったこと:ハチドリのフィーダーに新しい砂糖水をいれ、木の枝にひっかけていると、目の前にハチドリがやってきて止まった♪ 「まってたよー」って言ってるようでかわいかった。小さなキツツキも見た。ヘーゼルナッツの木の幹にこんこんこんこんやっていた♪

あと3日もお休みだー。Sleep in ×3!! わーーーい。なにか甘いもの作ろうかな♪