シニア犬、認定。

日曜日はGusの年に一度のチェックアップの日でした~。

いつものやさしい先生に診てもらい、総合して異常なしとのこと♪ でも、「まぁ、ひとつ言うなら。。。前回よりも少し体重が増えてるので、もうコレ以上増やさないように!」って。

ドキッ。

スミマセン、おデブ路線を進んでいるのは、飼い主のせいです。あの眼力に負けてしまってついつい。。。ハイ。気をつけます。ダイエットさせますっ。

体を触って筋肉の付き具合やバランスをみながら、先生が「この春13歳になる子とは思えないくらいしっかりと筋肉がついているわよ! 右膝の調子も良さそうね。」と。良かったぁ~♪

最近、口臭がまた少し気になり始めていたので、「歯や歯茎の様子はどうでしょう?また歯のクリーニングをしなきゃいけませんか?」と聞くと、「これぐらいなら全然大丈夫よ〜。歯を磨いてあげてるの? Good Job!! 小さな歯茎の膨らみが一箇所みえるけど、まだすごく小さいし、全体的に歯も歯茎もグッドコンディションよ!」って。わぁ、嬉しい♡

私が「最近、一気に耳が遠くなっちゃって。。。」と言うと、「13歳というともうシニア犬だからね。びっくりすることじゃないわよー。Gusはシニアにしてはとても元気で良好!」って。あと、私も気づき始めてはいたけど認めたくなかった「目のくもり」。先生も「う〜っすらとくもりがかかってきてるわね。でもこれも普通のことよ〜」って。あぁ。なんだか寂しいなぁ。Gusの栗色のキラキラと透き通った目にくもりがかかってきているなんて。「そのうち見えなくなっちゃうんでしょうか?」と聞くと、「そうねぇ、遠くが見えなくなってくるし、近くでも焦点が合わせにくくなってくるかなぁ。でも犬には嗅覚があるからね!」と、とてもポジティブに答えてくれた先生の言葉がありがたかった。

特に悪いところはないのだけれど、Gusにはもう6、7年ほど前から「股(おちょんちょんのすぐとなり)」にぽこっと膨らみができていた。触診でも芯がないし、大きくなるスピードがとてもゆっくりなのでおそらく「脂肪の塊」だろうっていわれ、そのままにしていた。今回のチェックでゴルフボールくらいの大きさまでなっていたこともあり、私もずっと気になっていたので、サンプルをとってもらい、ついでに全ての血液検査もしてもらうことにした。

お会計、約4万5千円。 痛いっっ。

血液検査の結果も良好。今より歳をとってからよりも、健康なうちに手術してもらったほうがいいのだろうなと、相方とも相談して膨らみを切除する手術+デンタルをしてもらうことにしました。3月くらいになるかな。全身麻酔は犬にとってとても辛いだろうし、できれば避けたいのだけれど、もう13歳になるGusだしね。大きな出費になるけれど、家族の健康には変えられぬ…

注射を受けて散歩して、ぐったり。お昼寝。

今回、先生と話をする中で、何度も「シニア」という代名詞が使われていたのは今回初めてのことだった。家に戻ってからも「Gusはシニアなんだなぁ」とぼんやり考えてしまった。

そんなこんなの今日の夕方散歩で、Gusの幼馴染(1歳半年下)のハバニーズのティトの飼い主さんが、Gusを見つけて玄関先から駆け寄ってきた。飼い主のバーニーさん、いつもおしゃべりだから、今日は何なのだろうと思って立ち止まると、「ティトがね、クリスマス前に死んじゃったんだよ。」って。でも私、クリスマス前に、お散歩してるところ見たよ!と声をあげてしまった。

もうその時点で苦しかったんだって。肺に水が溜まってしまう病気で、きつい薬と病院通いをすればあと数週間は生きれたらしい。バーニーさんと奥さんは一日でも長くティトと暮らしたかったけれど、延命することがティトが本当に望んでいることかと考えたときに「Yes.」と言えなかったって。だから、安眠させてあげることを選んだそうです。お家に、ペットの最後を専門にされているナースに来てもらい、一緒にサヨナラをしたそうです。バーニーさんは、あんなこともこんなこともいつもティトと一緒にしてたんだよなぁって思い出しながら、涙されて、私はHugをした。それから、「Gusはまだまだ元気だぞ!Gusに出会ったから僕はティトを飼うことにしたんだよ!」ってGusの頭をもしゃもしゃとして笑ってくれました。

シニア犬に認定されちゃったGus、元気に長生きしなきゃねー。そのためにも、ちょっとダイエットやでっ!

*おまけ1:グリーンハウス。無理矢理くっつけたの巻。。。

中に入ってパイプを見てみると…「W」の形にひん曲がってるものもあって笑えた。Wは使い物にならなかいけど、「L」に曲がってるのは反対向きに押し曲げ、屋根の部分3本のうち、2本はなんとか。。。無理矢理。でも。春までになんとかしなきゃな。。。

*おまけ:久々の長いチュースティックとGus

獣医さんのところで売ってる長いチュースティック。ダイエットしなさいって言われた尻からこういうもの買って与えて。。。いいのか? ま、これは歯に良いらしいから、良しとしよう。30分だけね。久々にもらったチュースティックが嬉しくて自慢げ。見せびらかしたいけどあげない!っていう態度。

 

オーマイゴッド。

あれほど積もっていた雪が、一晩でほぼ溶けた。特にドライブウェーの雪はかっちんこっちんに凍っていたので、今朝は車も出せないんじゃないかと思ってたけど、全く問題なし。今日はお昼前にお日さまものぞき、気温もぐっと上がったので気持ちよくGusと散歩。

あぁ、こうやって少しずつ春が近づいてくるんだなぁ、といい気分。

裏庭のゲートを開けたところでふと目に止まったものが。

何か違う。

えっ。

えっ???

へっ。

へっ。

へこんどるがーーーーーーっっっっ!!!!

あの怖かった強風でもとばなかったんよ〜〜んって自慢してたところだった。以前に風で飛ばされて支柱で補強しておいたしねっ。それと、雪の重みと、30cmほど雪に埋もれたのが良かったんだわ〜っ、あははははっって高をくくっていた。

それが。その雪の重みにつぶされた模様(涙)。

凹んだくぼみにしっかり雪がたまっていて、その重みにびっくりした。雪ってあんなに重いの?!

はぁ。。。。 もっと早く、一日早く、雪を振り落としておくべきだった。ばかやろうっ、私っ!

はぁ。Live and Learn、とはこういうこと。とほほ。

とんがり屋根がなくなっちゃって、なんとも情けないかたち。これ。修理できるかなぁ。ちらっと見たところ、パイプが折れてる部分もあったし、パーツも割れてたし。。。雪の重みと、あの強風。両方にやられたのかなー。

明日、雨が降らなかったら修理してみよう。可愛そうな私のグリーンハウス〜。

やれやれ。。。と立ちすくむ私の頭の上で「チチチチチチチチ。。。。」と可愛い小鳥の声。

体の大きさが5〜6cmの可愛い子たち。ほーんとにかわいらしい。うっすらうぐいす色でね、頭にこんな冠をかぶってる。

クロップしてるのでざらついてるけど、かわいい顔をとらえることができて嬉しい。「ぐりーんはうす、ざんねんだったわね。チチチっ」って。あははーーー。

snow snow snow!

昨夜どっさり降った!

今日は学校は全て休校。昨夜のうちに「明日は閉鎖」って教えてくれれば良かったのにー。朝、いつもどおり5時半に起きて、シャワーを浴び、6時過ぎにようやく大学のウェブサイトで「CLOSED」の通知がでて。またパジャマに着替えて二度寝〜♪

起きてブラインドを開けてみたらこの通り。

わーお。

一晩でここまで積もるっていうのも珍しい。あ、ビクトリアは温暖なので、雪が降らない冬も珍しくない。ここ数年は毎冬降ってるけど。

Gusと朝の散歩に行く前に、「靴下はいてみる?」と。随分昔に買ったものをはかせてみた。

セーター着せて、さぁ、お散歩行こう!

と。裏口を開けると。。。

通れない。。。

しまった。雪かきシャベルは家の横のガーデンシェッド(納屋みたいなの)に置きっぱなしだー。そこまでどうやって行くのー?

積もった量は多分。。。40〜50cm。深いところだと私の長靴の長さよりも深く、それでも雪かきシャベルのところまで行かなきゃ。。。と、雪を踏みならして小道を作りながら前進しているうちに靴の中雪だらけ(汗)。シャベルを掴んでワシワシと除雪。とりあえず家の前の道までの通路を作る。。。途中、一回前に突っ伏して倒れ、手袋も雪まみれ。

私の後をついてあるくGusの顔も。。。雪まみれ(笑)

家の前庭の辺りでGusの足元をチェックすると、すでに靴下二足なくなってたー! 雪が溶けたら探さなきゃ。。。かろうじて残っていた靴下を脱がせてポケットに入れ、超最短のお散歩に出かけて回れ右っ!雪が深すぎて歩けたものじゃない。

それでもふかふか雪を歩いてみたくて、裏庭をぐるりと一周〜。Gusもわたしのあとをついて一周。

流石に、ここまで深いと走れないGus。

ちょ。ちょっと。むりっす。

さぁ、うちに入ろ。雪を落として、肉球にバセリンぬろうねー。

こんなふうに木々が重たげに雪を抱えていたのも朝のうちだけだった。午後になると風が吹き始め、びゅんびゅん吹いてどんどん強くなり、ほとんどの雪を吹き飛ばしてしまった。

お昼前にGusともう一度短い散歩して、その後ひとりでてくてく歩いて区役所まで行ったよー。サイドストリートまでは除雪車がはいってないので、ご近所さんたちみんなでメインストリートまで雪かきしていた。

こうしてこれを書いている今も、すっっっごいストーミーで。。。正直とても怖いです。木の枝がぼとんと落ちてくる音も聞こえるし。。。あぁ。。。私のグリーンハウスもぶっ飛んじゃうかも。どうかどうかどうか大きな被害が出ませんように。怖いよぅ〜。

今夜は祈りながら寝よう。枕元に一応懐中電灯を置いて。ろうそく準備して。

気温は上がって雨に変わるらしい。あぁ、明日はお仕事だ。お仕事行きますので、ストームで被害が出ませんように〜。

ムーディな週末。

っっとに、すっごいムーディなお天気の週末だったー! 雨っていう予報が出ていたけれど、突然雲がささーっと切れて青空がのぞいたりして。かと思うと、それこそ垂れ幕をばさっとおろしたかのように暗〜くなってざばーーーーーっと雨が降り始めたり。

「よし、雨が上がったこのうちに…」とでかけてずぶ濡れになること4回っ!!土日で見事、4回も!「この人、またひっかかってやんの。」と、空に笑われている気がした(苦笑)。昨日、土曜日は散々だった(3回ひっかかった)ので、今日はちょっとでも降りそうな気配があったら外に出ない!って決めていた。

庭を見ると、ほら、この通り。春のような日差し(でもないか)。

今年初(!)のカメラ持参で散歩に出かけた〜。

満潮で、風が強いというのもあり、海岸沿いの道をあるくと塩辛い水しぶきを感じた。それでもこの「ざっっばーーーん」が気持ちよくってねー☆

すかっとするねぇ〜ってGusに言いながら歩く。

クリックで拡大。べろちょん、見えるかな。

丘の上には誰もいなかった。

雨の多いビクトリアは、夏の間カラカラに乾いて茶色くなっていた丘の上も、冬の間に青々とする。お正月が過ぎて2月がやってくると、もうすぐ春だ!って感じるのも、こんな風に青々としてくるから。

はぁ。久しぶりのお日さま。気持ちいい。

風も、気持ちいい。

風が好きなGus。こういう一枚も「チューバッカ」に見える(笑)。

誰もいないひっそりとした丘のうえで、気持ちよく風を楽しみながら「うっらら〜」な気分だった。

ところが。

一枚。iPhoneの写真。見えますか?向こうの方の雲。わたしたちの立っているところはこんなにもいいお天気なのに。。。あの雲が。みるみるうちにどんよりとした重い色に変わていった。。。

や。やばいっ。また来る〜! 降られる〜!

と、Gusをひっぱってえっさほっさと丘を降り、海岸沿いに出た辺りで。。。また。「ざざーーーーーーー」と、降られました。4度目。カメラをジャケットの中にいれて、駆け足で帰ろうとしたけれど、Gusさん。。。早く走れなーい(涙)。おかげですっかり濡れてしまった。カメラは大丈夫だったけどー(ほっ。)

どっと疲れてしまって、午後はあまり効率的に色々とできなかった。ま、いいか。

庭のミニシクラメンがあちこちに散らばって咲いてる。この季節がまたやってきたなぁ。少しずつ少しずつ。またお花を楽しめる季節がやってくる♪

風邪ひかないように! 休み明けのフルウィーク。元気に一週間がんばろう〜!