花食ういぬ。

チューイの足。きゅっと曲げたままだったのが、今日は少し緩んでつま先が少し地面につくようになっていた。その足にはまだ全く重心をのせていないけれど、少しずつ痛みも和らいできているのかな。そうだといいな。

足以外はとてもとても元気でして、3本足でひょこひょこ駆け回っている。スイッチONになると、いつもの「ズムズム爆走」しそうになるので、ハーネスかリードをがっちりと握って「Settle… Settle…」と促して落ち着かせる。

いやぁ。。。しっかしこの子にはドキッとさせられることばっかり! 今日なんて、私が昼に家にもどったときに「チュースティック(Bully Stick)」をくちゃくちゃやってたのね。私を見るなり、あまりにも嬉しくってどうしていいかわからなくなったらしく、そのスティックを丸呑みししようとしてっ!!!

うぎゃぁーーーーーーーーーーーーっっっっっ!!!!!

相方はおろおろしているし、チューイはしっぽをブンブン振りながらも、喉にチュースティックがつっかかったのか目を白黒させていて。。。

私、チューイの口をぐわっと大きく開けて手を突っ込んでスティックの端をひっぱりだしましたっ!

もうーーーーーーーっっっっっ!!!!! 頼むから頼むからやめてくれ、チューイ。。。マジで髪の毛ごっそり抜けて心臓止まりそう。

ほんと、監視のもとでないとカミカミオヤツもあげれない子です。。。

さて。夕方。チューイを庭に出しておしっこさせて、少しの間私は家の中に戻り、ちらちらと外を見てチューイをチェックしてたのね。おとなしく日向ぼっこしてるなぁ〜と思って眺めていたんだけど。

??? あの子なにやってるん・・・

花、食ってるやんっっ!!!

チュ:ぼろぼろになったじょ。

もぅーーーーーーっ!

と、目をはなすと、今度はひまわりテディちゃんを「ぱくり」っ!

チュ:これもたべるじょ。

現行犯・動画

こういう行動も、成長とともになくなっていくことを願ってます。。。

でもねー、ほんと、何をしていても、すっごい手がかかるし心配も絶えないけれど、チューイかわいい。

相方も「Gusがいなくなって、Gusのように愛することのできる犬はどこにもいないって思っていたけれど、ChewyはChewyでとてもかわいい。」って言う。Chewyは見かけもGusと違うし、やんちゃぶりもどうも違う(手強い…でもこれは私たちが歳をとったからかも)。でもある意味、違いがあって良かった。

GusはGus、ChewyはChewy、だもんね。

とにかく、Chewy、私たちの心臓に良くないこと、しないでおくれ。プリーズ!

ひまわり

ふへ〜。

チューイネタが続いていたので、今日は息抜きに、やっと咲いた背高のっぽのひまわりを見てください。

秋の初めのからっからの茶色い裏庭で、庭の真ん中で、朝日の方を向いて咲いてくれたひまわり。

こんなにも背高のっぽのひまわりを育てたのは生まれてはじめて。2.5メートルくらいあるかなぁ。いくつか苗を育てたけれど、寒かった春を越せたのはこの一つだけ。痩せた土に植えたというのに、こんなに大きくなってくれて、蕾が膨らんでいくのを毎朝見るのがとても楽しみだった♪ 肥えた土だったら、きっともっと大きくガッツリと育つんじゃないかな。

ひゃっほー! なんて元気なの、キミは!

父も、この夏はウクライナに思いを馳せてひまわりを植えたと言っていたけれど、育ったのかな。

この大きな花を形づくるすべての情報が、あの一つの種の中に詰め込まれていたんよね。マジカル。

今日も、チューイと一緒にからからになった草の上にぺたっと座り、枯れ草を感じ、寝転びながら終わっていく草花や種をいっぱいつけているスイートピーやサルビアやハチドリたちを眺めながら、「このひとつひとつがみんなマジカルだなぁ」としみじみと感じていた。いつの頃から、どうしてこんなにもバランス良く美しく命をデザインしてきたのだろうと思う。

これはテディベア。

テディは一つの苗にいくつかの蕾をつけるのです。

背丈は80cm〜1mかな。

ひまわり色は大勢のひとに元気を届ける。私も、見ているだけで元気がでてくる。

今日は一日、まったりとチューイに付き合った。三本足でひょこひょこと動き回り、いつもの調子でダッシュしそうになるので、庭ではロングリード必須。家の中でもズムズム爆走は絶対禁止なので、クレートの中かチュースティックなどを与えてなるべくおとなしくさせて。。。階段の上り下りもできないことはないんだけど、足をけがしていることを忘れて駆け上ったり、2段飛ばして飛び降りかねない。なので、今日は私が抱っこして上り下り。今週はリモートで仕事をさせてもらえるように上司に頼んでみた。それがダメなら、有給を使おうと思う。やれやれ。

おまけのチューイ:豆食うイヌ

いつの間にか生のインゲンを食べるようになっていた。

左足、早く普通に使えるようになりますように。。。

小さな長十郎とズッキーニに狂うチューイ。

これは記録しておかなきゃねっ。

初めての長十郎♡ 小さな小さな長十郎梨!

ネットで「梨の収穫時」について調べてみると、こんな風に黄色みがかってきて、手で上にそっと持ち上げたときにぽろりと自然に採れるもの、なんだって。試してみると、この一つはぽろっと軸のところから採れました。

裸苗から2年目、3つの実がついて、これが最初のひとつの収穫。この間、鼻をくっつけてすーはーしたときには、特に香りもしていなかったのに、今日はほんのりと甘い香りがしていたよー♡

「くれよ」の眼力を鍛えているチューイ。

切って食べてみたー。

こんなに小さいのに、とーーーーっても甘いっ!

うわぁ♡ これだけの糖分をきゅーっと詰め込んで、こんなにみずみずしくて。感動してしまった。自然ってすごいなーって。

おいちいじょ。あまいじょ。

チューイも美味しそうに食べていた♪

今年の春から夏にかけて枝も伸ばした長十郎くん。地面から新しい枝(?)も2本出てきた。これは切ったほうが良いのかなー。コンパクトに育てたいなって思ってます。

さて。

もう一つのお題のですね、「ズッキーニに狂うチューイ」。そのまんまのビデオを撮ったので見てね(笑)

うまく受粉されずに変なふうに育ってしまったズッキーニが一本ありまして。放っておいたら、長くはならずどんどん太くなっちゃって。「チューイ、これはズッキーニといいますよ。」って鼻先に持っていってあげたところ、ぴょーんと飛び上がってねー。ほら、ズッキーニの根本(株にくっついているところ)ってトゲトゲチクチクするよね。あれにびっくりしたみたいです(笑)おデブなズッキーニとのご対面。

気になるんだけど、遊びたいんだけど、ちょっと怖い。ズッキーニとのLove-Hate relationship

まだまだ初めてのもの・ことはたくさんあるもんね。

いやぁー、しっかし、日に日にパワーアップしているチューイ。ただ可愛かったパピー期は過ぎてしまった。。。

明日は金曜日。そしてチューイのパピーキンダーの最終日。ヤッター!