四月!春を感じよう。

今日から四月!

なんとも寒い三月は、身の回りで起きている色々な変化にとまどいながらあっという間に過ぎてしまった。まだ気温が二桁台にあがらず、冷たい雨が振り、風が吹き(←またグリーンハウスがぶっ飛ぶんじゃないかとヒヤヒヤしている)。四月は気持ちも少し落ち着いて、身の回りの春のしるしを楽しめるといいなー。

朝は全く悲しくなるような、ミゼラブルなお天気だったけれど、この通り。お昼前にはスカッと晴れて緑が眩しい。

春の初めには必ずお腹をこわすGus。。。久しぶりに、お腹ぎゅるぎゅるで、朝ごはんも食べず、恐ろしいほど臭いおならをこきまくっていた。おならをするときは、いつも私や相方の直ぐ側で寝そべっているときで、むわぁ〜っとくるのです(苦笑)。「Evacuate(直ちに避難)!!!」とガバっと立ち上がり、近くにある雑誌か新聞を手にとってぱたぱたと仰ぐ。あぁー、Gus〜。外で食べる草や土に変なものがついているのか、食べ過ぎなのか。お腹の調子が落ち着くまでは「Digestive Enzyme」という粉をご飯に混ぜてあげます。やれやれ。

眩しいなぁ。春の光。

去年、種から育てた「よもぎ」さんたちが、柔らかい葉っぱをふさふさと茂らせてくれているよー☆

食べごろかな♡

育苗保育園の中でも、新しい命誕生〜。

これは「Green Jewel」という種のジニア。咲くかなー。

それから、この子は「たちあおい」。

去年、たちあおいの美しさに感動してしまって、また種をいくつか撒いてみた。背が高くなって倒れそうになるので、フェンス越しに植えようかなー。

今日、仕事の後、近くのスーパーに行ってみると、マスクをして買いものをしている人が前よりも随分増えていた。レジのところには透明プラスチックの仕切りがつけられていた。こんな状況の中でもこうして働いてくれているスタッフさんたちに感謝です。私の住んでいる州でも、仕事を失ってしまった人たちや、やむを得ず店を閉めなくてはならなくなったビジネスのオーナーさんたちへの援助金が配布されるらしい。また、そういった人たちに対して月々の家賃や住宅ローンの先延ばしや、水道電気代を3ヶ月普及するとか、基本的な生活にかかってくる負担を少しでも軽減するための援助対策がとられている。どれくらい早く、個人の手元に届くのかが気になるところだけれど、こういう対応はとても嬉しい。日本はどうなのだろう。とニュースを追うのだけど、国民に対する援助がどこまでなされているのか。。。国民の生活をどこまで親身になって考えてくれる国かどうか、こういうときに見えてくる。

微笑ましいニュースひとつ。もう知ってるかもしれないけれど。

イタリアのシチリアに住む、12歳の双子のMirikoくんとValerioくんのバイオリンデュオ☆ 外出禁止令が出されている中、リビングルームからの演奏。この二人がとってもキュートでね〜♪ おしゃれで。息もピッタリ。元気が出てきたっ。あぁ、音楽って素晴らしいな。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

コロナウイルスと私たちと今。

私の職場のみんながリモートワークになって一週間が過ぎた。なーんか長かったー。

今日は金曜だし、嬉しいのだけど、今までの金曜とちょっと違う。「めりはり」に欠けるからだろうな。

コロナウイルスが広がって、世界中が動き出してから、色々と気づく。立ち止まって、ほほぅ。。。と少し考えたりもする。

「ネット」というものがここまで人々の生活の中に浸透して広がっていた「今」で良かったなぁ、と思う。ネット上で流れる情報を読んだり、バーチャルで連絡をとりあって話たりしながら、不思議なときに生きてるなぁとも思う。

不思議だから、「これは何を意味してるんだろうなぁ」と考えてしまうのは普通のことなのだろうか。これまたネットを眺めていると、「今」のこの状況を宗教的に説明したり、スピリチュアル的に解釈したり、歴史的に、科学的に説明したり、と。まぁ、色々とある。今わたしたちが置かれている状況を、都合よく安易に解釈しようというつもりはないけれど、なにせ、ひとと接する時間がずいぶん削られてしまうと、あれこれと思い巡らしてしまうもの。

まだ、出勤できていたある朝、私は同僚ふたりに「今までにないことで大変だけれど、みんなが同じ状況に置かれていて良かったよね?」って言った。本当にそう思ったからそう言ってしまったんだけど、ふたりは正直、YesともNoともとれないように笑っただけだった。

地震や火事や竜巻や津波のような自然災害じゃない。どこか遠くの人々だけが置かれている状況ではない。世界中の人々が毎日同じことを心配して動いている。こんな不思議な動きの中で初めて見えてくるものや、気づくことってあると思う。

ひとりひとりの健康が集団の健康につながるということ。

自分ひとりだけのことを考えていては集団の健康はありえないこと。

距離を保つ。物を分け合う。連絡を取り合う。

健康こそがが全ての幸せの基本であること。

経済をも揺るがすということ。

世界中のすべての人が例外無く直面することで、初めて気づくこと、真剣に話し合えること、得られるもの。

静止して見直さなければならないこと。気づくべきこと。試されるべきこと。

今まで当たり前にしてきたこと、気づきもしなかったこと、が見えてくるとき。

なのかなー。

閉まっているお店ばかりになってしまった。開いているところには列ができている。並んででも、今まで食べていたものを買えるのってありがたいです。

でねー。今夜は久々に「プルドポークバーガー」☆

在宅だから、午前中にスロークッカーに材料を入れてスイッチ・オン!途中、チェックもできたし。

ひどい写真だけど。。。これ、美味しいよーっ。メープルシロップの甘みとリンゴ酢の酸味と。

ほろほろの豚肉にしっかりと味がしみこんでいて、あー、美味し。

週末は残念ながらお天気悪いみたいなので… すーーーーっかり忘れていた「TAX(確定申告?)」をやります。。。あーーー、すっごい嫌い。でも、終わらせよーっ!

必要のない外出を控えて、家の中でできる運動や瞑想をとりいれて、家族との時間や友達とネットおしゃべりなどを楽しんで。どうぞ元気な週末を!!

2020年・春分の日

春分の日にぴったりの最高のお天気。

春の始まりは、その光も新しい。

世界中で、一日中、ざわついたニュースが流れているせいで、忘れてしまいそうな春の訪れ。だけど、こうして新しい透き通った光に照らされた草花たちに「深呼吸しなさいな」と気付かされる。

朝はまだまだ空気がぴりりとしている。リモートワーク二日目。少し長く眠れるし、息抜きにGusと遊んだりお菓子をつまんだりもできるけれど、いつもの仲間の顔を見ないで一人で仕事をするというのは寂しいものだなぁと思う。

昼ごはんのあと、30分のバーチャルミーティングがあり、リモートワークのリポート・コメントをしあった。これがこれから毎日あるらしい。便利は便利だけど、変な感じだ。今日、うちの大学の学生さんがひとり感染していたことが公になった。まぁ、時間の問題だろうとは思っていたけれど、おぉ。。。身近に迫っているのだなと、少しドキッともした。街も徐々に制限されること・ものが増えてきているよー。今日、少し必要なものを買いにスーパーとドラッグストアに行ってみると、「ソーシャルディスタンス」をきちんととってくださいという張り紙がしてあったし、レジの手前の床にマスキングテープが貼ってあり「Stand Here.」と書いてあった。現金ではなく、カード支払いのみになっていたし、スーパーのバルクフード(グラム買いのところ)は全てブロックされていて買えなくなっていた。外出制限・規制はヨーロッパやアメリカほど厳しくないし、散歩はできるけれど、今夜限りでレストランなどは営業停止になるらしい。突然解雇されてしまう人たちもたくさんいて、どうか政府が迅速に対応してくれることを願うばかりです。

Gusと歩いていると、気持ち、いつもよりもフレンドリーで笑顔で挨拶交わす人たちが多かったように思った。向かい側からひとが歩いてくるのに気づくと、お互いに間隔を開けてすれ違ったり。でもそのときにニコっとして挨拶。間合いをあけなきゃいけない、とか、人との接触を避けなきゃいけない、っていうのがあるからか、こういうときだから余計になのか、なるべく笑顔を交わそうと心がけている人たちが多いのかもしれないねー。道を挟んだ向こう側から手を降って「ハロー!」と言ってくれたおじさんもいた(笑)

在宅勤務中は、昼休み時間にGusとも歩ける。もうすっかり元気になったGus。天気がいいと嬉しくてたまらない。この顔↓↓

やっぱりチューバッカに似てる。

今週末はいいお天気なんだってー♡

よしっ!カラダを動かそう! 自転車通勤ができなくなった分、カラダはなまるからねー。育苗保育園用の土を買いに行きたいんだけど… 今ネットで調べたらいつものお店は今日から4月2日まで閉まるらしい。あーー!仕方ないか。

ブログには、いつものように、なんでもない普通の日々の一面やつぶやきをアップしていこうと思う。

今日のDoodle(Doodle Marathon Doodle インスタ)にのせたのは「歌うおんなのひと」でしたー。私は人前で歌うことなんてとんでもない!っていうタイプだけれど、清々しい春分の日の午後、青空に向かって思いっきり「歌い飛ばしたい」気分だったからー(笑)。

Stay safe & healthy!!! (←最近の挨拶のシメはこれです。)

リモートワーク開始!

さぁ、明日から私も家からの「リモートワーク」を始めるよー。

BC州の大学やカレッジは、今週はじめから一斉に「バーチャルクラス」に切り替えられた。Face to Faceのクラスが突然ストップ。全校で足並みをそろえることになっているらしく、私たちのマネジャーも詳しいアップデートを随時知らせてくれている。遅かれ早かれこうなることは予測できていたので、リモートワークへの移行準備は先週から始まっていた。

一番困ってしまったのは先生たちだろうと思う。すでにオンラインツールを使いこなしている先生は、全体の3分の1なんだそうで、残りの先生たちは「突然」、バーチャルなプラットフォームについて把握し、コースをアップロードし、生徒に連絡をし、期末試験の準備をし。。。現実的にみて「無理」なのですね。サポートする側も、実際に会ってトレーニングできるわけではなし、電話対応のみなので時間もかかる。

学生さんたちの方も、みんながみんなハイスピードのインターネットを持っているわけではなし。年配の学生さんたちはいきなりバーチャルな原っぱに置き去りにされて「はぁ???」と戸惑っている。パートの学生さんたちに「残りの授業、どんな感じ?スムーズにオンラインに移行した?」って聞くと、変更についてまだ連絡をくれていない先生もいて、「わたしたち、いきなりフリーレンジ(野放し)の鶏だわ〜」って笑っていた。

3日かけて、私も必要なハードウェアを家に持ち帰り、テストをし、まぁ、仕事はできるかなという感じです。でも、全くひととコンタクトを取れない仕事というのも寂しいなぁ。と思う。在宅ワークになるわけだから、一日の流れとか「To-Do」リストを簡単に作らないといけないな。

嬉しいのは、朝、少しゆっくり寝れること。昼休みにGusと散歩に行けること。

アメリカではなんだかいきなり外出禁止になってしまってびっくり。相方の妹さんと少し話しをしたのだけれど、「恐怖心」が高まってきているのが言葉の端々から感じられた。「日本でもみんな家にShelter状態なの?」と聞くので、「いや、普通に過ごしてるよ。妹たちも仕事に行ってるよ」というと、すごくびっくりしていた。

カナダは同じ北米でもいまのところ、まだ穏やかさを保ちながら対応しているように感じる。店頭から消えているものもあるけれど、まぁ普通に買い物もできる。これから気持ちのいい季節がやってくるんだもん。外出禁止にはなってほしくないなー。自転車通勤ができなくなった分、どこかで時間をとってからだを動かすことをしないと行けないな。家にいるとついつい目について「洗濯」したり「冷蔵庫を開けてみたり」ということをしないように。。。気をつけないとっ(苦笑)

一日も早く、いつもの普通の生活にもどれますように。全てのひとたちが、ちゃんと普通に仕事や学校に行ったり、買い物や外食やお出かけができる日が戻ってきますように。