夏野菜・ようやくズッキーニ

7月も後半に差し掛かってようやく!

毎朝、元気色のズッキーニの花を見ることができるようになった〜。

夏野菜、遅いよね。いんげんもようやく花が咲いて小さな実がぶら下がり始めている。

あの強烈に暑かった6月の最終週にトマトの花たちは枯れて落ちてしまったものが結構ある。あの数日間はハチたちも来てくれなかったし。今年は色づいたトマトを見れるのは(見れたとしたら)8月の終わりかなー。

わさわさと。ビオラさんたち、今年も元気。マルハナバチもビオラが好きなんだよー。

数年前からズッキーニは3〜4つ苗を植えて花を咲かせないとうまく実ができなくなった。以前はひと苗あったら十分だったのになー。なんなんだろう。毎朝チェックして気づいたのは、雄花と雌花のタイミングがうまく合わなかったり、雌花よりも雄花の方がたくさんさいたりしているということ。受粉さ入れないと実が先のほうから腐るので、上手くタイミングよく咲いたものを私が手で受粉している。

今年は雨が全く降らないというのもあってか、葉っぱが白くでろでろになるうどんこ病(?)がずいぶんマシです。

今日のズッキーニ。

生でも美味しい。相方は生でズッキーニなんて絶対に食べないけど。

ボリジも畑のすみから出てきていて、長いこと元気に咲いている。青い星の形がかわいい。

7月は週二日出勤、8月は週三日で最終週は100%出勤に戻る。そわそわするなぁ。今日も朝の珈琲を買いに行ったキャンパスカフェのお兄さんと「また忙しくなるよねぇー。今のうちにこの静かなキャンパスを楽しまないとねっ」って話をしていた。

「お兄さん」というとですね。そう、私もあと少しで50になるわけで(汗)。で、最近気づいたんだけど、20代前半の学生さんくらいだと「女の子、男の子」で、20代後半〜40代前半だと「お姉さん、お兄さん」、という風に自分の中でとらえている(そう心のなかで呼んでいる)。50代60代は「おっちゃん、おっさん、おばちゃん、おばさん」で70代半ばを過ぎているっぽい人たちは「おじいちゃん、おばあちゃん」。私自身もほぼ50代なのだから、おばちゃんだ。だからどうなのだ、と聞かれたら、どうというわけでもないんだけど、ずうずうしく「気持ちは30代」なんて言いながらもある程度きちんと歳相応に自分を位置づけてるのかなー、とふと思ったのでした。

ピンクのベルガモットはこじんまりと。赤いのみたいに株がなかなか大きくならない。隣にならんでいるラークスパーのブルーよ。Strikingな青、とはこういう青。

去年からゆっくりと、一粒の種から育てた「ホワイトセージ」。

苗を探したけれど見つからなかったので、種から。やっとココまで大きくなった。この家に引っ越してきたときに、相方の知り合いが二階の隅っこがもやもやしているからといって、束にしたドライホワイトセージで、浄化をしてくれたんだっけ。葉っぱの色が好きで育ててみた。秋になったら地植えにしよう♪

ラズベリーは株が古くなってきたからか、花の付きがとても悪い=実があまりならない。ま、放ったらかしにしているせいもあるのかも。爽やかでおいしいからもう少し実が付いてくれればいいのになー。

きみは「おっさん」。。。「おじいちゃん」かなー。私たちにとってはフォーエバー・パピーだけどっ(笑)。

うさぎ対策と名前のわからない花

そうなんですよ。

また、うさぎ侵入してる。。。

フェンスと地面の境は、定期的にチェックしているし一体どこかから… 今年はスイートピーは全部食べられちゃったし、うさぎ対策強化してからしばらく「平穏」だったのに、また最近、ビオラがすぱーっと食べられているのを発見。

昨日、夕涼みに外に出てハーブベッドの横に座って「気持ちいいなー」って空を眺めていたそのとき。

かさかさかさっとベッドの方で音がして。 へっ? と歩み寄ってみると、なーんと私の手のひらほどの大きさの「子うさぎ」が立ち上がり、私に向かって「しゃーーーーーっっっ」としてから走り去ったーっ!

え? なに、今の? うさぎも「しゃーーー」するのん?!

豆鉄砲のように(?)一目散で走っていく子うさぎの後を追うと、… やっぱり。庭の奥のかど。デッドゾーン。

この角の茂みの奥は、向こう側のお家の裏庭になっている。一応フェンスもあるようなんだけど、低木を挟んで30cmほどの隙間があるみたい。つまり、つーつーです。鹿ははいってこないけれど、昔、Gusも一度そこを通って奥のお宅に侵入したことがある。それ以来、この一角にはGusがパピーの頃に使っていた「ペン(鉄の柵)」を広げて囲っている。足りない部分は「チキンワイヤー」という金網を使っている。

先程の「しゃーっの子うさぎ」は、この「ペン」の隙間に頭からダイブし、お尻を思いっきり左右に振って振って振りまくってなんとか通過して茂みに消えた。

「なんでダイブできるわけ? 柵の外側にネットを張ってるのに!」

。。。

答えは。これっ!

プラスチックのネットに穴をあけてござる。

ここ以外にももう一箇所、大きな長方形を噛み切っていた。

チキンワイヤーを買ってきて、ペンの外側のプラスチックのネットと交換した。やれやれ。

小さいうさぎはかわいいけど、あの子たち、何でも食べるからねー。それに、糞がすごいし。その糞をGusがスナック代わりに食べるし。。。(恥。ただいまお腹こわし中。)これでウサギ侵入、しばらく防げるかなぁ。

さて。ちょっと名前のわからない植物があるので、ここにのせてみまーす。

昨日の投稿で「なんだろうな」ってつぶやいていたのはコレ。

結構あちらこちらに発芽して、乾燥にはめちゃくちゃ強い。葉っぱに少し毛があってやわらかく、すーっと伸びて控えめな黄色い花を咲かせている。

葉と茎がシルバーできれいだし、害にはなっていないようなのでそのままにしている。園芸店では見たことがないので。。。雑草なのかなー。

もうひとつ。

これはどこかで種をもらってきて、試しに植えてみたら発芽して大きくなったもの。

薄い紫色の花まで咲き始めた!

小さなポットに植えてしまったので、こじんまりとしちゃったけど、来年地植えにしたら大きくなりそう。宿根草っぽい。違うかなぁ。

種をもらって紙に包んだんだけど、その紙には「とげとげのん」と書いてあった(←自分でメモしたもの。なんやそれ)。

トゲトゲのん??

ところが。

花が咲いた後、真ん中に…

トゲトゲのんがでてきたーっ!

これは一体なんて名前の草花なんだろー???知っていたら教えて下さいっ。

朝は曇っていたので、雨が降るかなって願ってみたけれど、降らず。樹の下だけは草がまだ緑で伸びていたので、少しだけ草刈りをした。

木陰がありがたい。

7月半ば。アザミを抜く。

先日の「謎」。

一瞬にして(?)とけましたっ(笑) 翌朝、日本の友達から「私だよ〜」って連絡があって、スッキリ一件落着!

届いた日は体調がいまいちだったもんで、メールもラインもチェックせず、ブログだけ書いて寝たもんで彼女からの連絡も気づかなかったのでした。あははっ。でもたまにはこんな小さなミステリーも楽しいねっ。どきどきしてしまったわ。

ちゃんと「私宛のものだった」とわかったので、ゆっくりとページをめくって楽しんでいます♡

Gusはコーンもはずれ、かいかいのほっぺたのかさぶたもきれいに取れてスッキリ。10日ほどコーン生活だったので、とってもらって嬉しそう。春から夏にかけては庭でゴロゴロしていることも多いし、寝転がっているときに虫に噛まれたりするんよねー。気をつけないと。

気をつけないと。というと。

これ。

なんのつぼみかわかる?

つぼみの位置が私の顔のあたりにあり、背伸びをしてとった一枚。

これね、「Scottish Thistle(スコットランドアザミ)」っぽい。

葉っぱがきれいなシルバーでふわんとしていて、でもつぼみと同じように棘がいっぱい。去年の秋の終わりに勝手に飛び出てきて、その葉っぱの色がきれいだったのでわざわざ植え替えて様子を見ていた。どんどん背が高くなり、棘がいっぱいついてきたから「あざみの一種かなぁ」と思った。で、ネットで調べてみると、「Scottish Thistleは外来種の花で広がるので見つけたらすぐに抜け」って書いてあった。えー、悪者なん?

ミツバチが嬉しそうにたかっていたけれど、とげとげのがあちこちに出てこられても困るし。。。この写真をとった翌日に引っこ抜いた。日本でも「あざみ」というと、からっからの野原やコンクリートの隙間などでも平気で大きくなっている雑草(?)。よね? うちの庭に一つ育ったのは、種が鳥のうんちに混じってたのかなー。

この↑の写真の手前に写っている葉っぱがシルバーっぽい草花。これも勝手に出てきてます。葉が分厚くて小さな黄色い花がそろそろ咲きそう。害もなさそうなのでそのままにしている。なんなんだろ。

赤いベルガモットは一年目。なので、今年は花も葉もそのまま大きくさせている。蝶々やミツバチたちやハチドリが喜んでるよー。

7月半ば。今年はサルビアもラベンダーもとても元気にわさわさとしているので、ハチたちの数も例年よりも多いような気がする。

でも、一週間に一〜二匹の割合で、マルハナバチが花に止まったまま息絶えているのも見つける。それは普通のことなのかなぁ。マルハナバチのクイーンの寿命が約1年なのに対し、働き蜂は2〜6週間なんだって。働きに出て巣に戻れず、花の上で寿命を終えてしまうのも、自然なサイクルなのかな。今朝もダリアに頭をつっこんだまま死んでいるのをひとつ見つけた。

2週間ほど前に撮った「ベッツィー・シンクレアー」。前にも書いたけれど、どこを調べてもそんな名前のバラはないんよね。でも名札にはそう書いてあった。ミステリアスなベッツィーさん。まるく、こんもりとしたバラで、6月終わりから7月にかけて、黄色ちゃんと一緒に咲いている。今また小さな蕾をつけてるよー。

そして夏の主役のような黄色ちゃん。

夕暮れ時にふわーっと光るような姿がきれいです。今年はまた随分大きくなり、去年よりもたくさんの花を咲かせてくれていてうれしい。

世界のあちこちで自然災害が起きていて、ざわざわとする。私の住む州も、現在、山火事の数が300を超えている。雨の予報はなく、乾燥しきっていて風も強い。祈りというものがどこまで届くものなのか、と思いながら、祈らずにはいられない夏。

良い週末を!

3月から7月の花だんの変化

Happy Friday☆

今週は長かった〜。ふぅ。終わった終わった♪

平日ちょっと忙しいと、その分週末がいつもよりもありがたく思えて、それは嬉しいこと。

すっかり乾燥してしまった裏庭を眺めながら、来年への覚書きとして春から夏にかけての花だんの変化を写真と一緒にメモしておこうと思った。ちょうど、3月の半ばに撮ってスマホに保存しておいた花だんの写真があったので、Before& After でのせてみよう。

余談になっちゃうけど、私たちがこの家に引っ越したとき(17年前?)、裏庭には古いヘーゼルナッツの木が二本とりんごの老樹が一本、あとはフェンス沿いに幅50cmほどの花だんっぽいものがあっただけだった。ほそーい幅の花だんにはアイビーやブルーベル、シャスタ・デイジーといった厄介なものばかりが雑草にまみれていた。野菜でも育てようかな、花も加えてみようかなと思い始めたのが10年くらい前かなぁ。ブログを始めた頃だ。とてもとてもゆっくりと、野菜のエリアを作ったり、花だんを広げてみたりしてきた。

ガーデニングって実はお金がかかる。良い土だって安くはない。ある程度大きくなってる苗も良いお値段がついている。なので、うちのは地味に種から育てたものが多く、その分時間もかかってしまう。時間はかかるけれど、ちゃんと大きくなってくれると愛おしい。

3月半ば。畑エリアの手前。

3ヶ月半たった7月初め。

畑の手前にはいつも桃色ポピーを植えてしまう。一年草だけれど、このポピーがゆらゆらしているのを見ると幸せな気持ちになるので少し種を蒔く。でも多分、こぼれ種で冬を越したものが一番大きく元気な株になっている。次から次とつぼみを付けて咲くので、大きな株なら二つか三つあれば十分。今年、このエリアに加わった宿根草は:エキナセア、イングリッシュタイム、Wooly sunflower(黄色い花)、Anchusa Italica。

畑の向こう側、ヘーゼルナッツの手前の花だん。

中央に長十郎梨が植わっている。3月半ばはこんな風に寂しかった。

それが。5月になるとこんな感じになってきて♪

ほ〜ら、あぶらかたぶら。

わさわさになってしまった7月初め。

今年は「コーラルニンフ」というサルビア(↑↑のピンク色の花)があっちこっちにこぼれ種で発芽してしまって。ある程度引っこ抜いたけれど、それでもすごい状態になってしまった。畑の中でもさいている。ミツバチもマルハナバチもハチドリも大好きな花なので、まぁ、今年はいいことにしておこう。

このベッドの隣に椅子を持ってきて本を読んでいた相方に、「ほら、ダリアが咲き始めたよー。昔はダリア嫌いだったけど、今は好きだわー」っていうと、「うん。そこ。。。全然オーガナイズされてないけど。。。きれいだね。」と言っていた(笑)。

相方はある程度整っているのを好む性格なので、こういう「何をどうしたいのかわからない花だん」は、彼的には絶えられないのは私も知っている。ところが、今年はこの「典型的、ワタシ的」な花だんの側に座り、同じサルビアが野菜よりも大きく育っている畑ボックスを眺めながら「It’s beautiful」と言っていた。「こうやってミツバチやハチドリや蝶々を眺めているのは幸せだね。」って。

おおぉ〜! この変化、このコメントはとても嬉しい♪

ミツバチたちの羽音に包まれて感じるような幸せって、人に言われて「わかるもの」ではないから。相方の心にも響いたんだなって思うととても嬉しい。←これ、私のごちゃごちゃ花だんあってのもの!

庭の奥の角。ここは以前はぼっろぼろに朽ちたコンポストがお山のようになっていて、その山をブラックベリーやモーニンググローリーが覆っていた。恐ろしい一角だった。。。春先はこんな風にのっぺりとしているけれど、幾つか宿根草が植わっている。クラリセージ、チコリ、ディル、ラベンダー、ビーバームなど。

5月には緑が見え始め。

6月半ばにはこんな風になった。

オレンジ色のカレンデュラは、冬を超えて大きな株になったもの。めちゃくちゃ元気です。このエリアは、もうちょっと整頓しようと思っている。今年、幾つかエキナセアの苗を育てたので、ちゃんと場所を考えて来年に向けて植え付けたい。

今朝はこんな風。

ほら、ここにもピンクのコーラルニンフ。に埋もれるように咲いてくれたのが、真っ赤なビーバーム(モダルナ)!やっと咲いてくれた〜。

こうして振り返ってみると、春分の頃には寂しげだった花だんが魔法にかかったようで楽しい。

でももうちょっと、整頓したほうがいいよな、とも思う(笑) ミツバチたちが好きな草花をうまく取り入れながら、もう少しまとめて、乾燥に強い宿根草を増やして、…というのが課題だな。

おまけの豆ごはん。

玄米を炊いて、ささっと塩ゆでしたえんどう豆を炊きあがったところに混ぜた。豆ごはんというと、日本では春の食卓に上がるものなのに、家では今頃です。えんどう豆もようやく全部収穫し終わりました〜♪

ゆ〜ったりとした週末を!わたしも!