さわやかなレモンヨーグルトマフィン

今朝の東の空。

ドラマチックな雲。

そして、びゅうびゅうとものすごい風が吹き始めた。冷たい北風。暖房をつけていても足先が冷たくて、もこもこのブーツスリッパをはき、ひざ掛けも。更年期でホットフラッシュがときおりやってきてぽっかぽかに上半身は熱くなるのに、足先は冷たい。。。循環が悪いのかなー。

さてさて。記録しておきます。

冷蔵庫に賞味期限がきれそうなグリークヨーグルトがあり、レモンもたくさんあったので、初めてレモンヨーグルトマフィンを作ってみた。

コレがですね。意外に美味しかった〜!

レモンヨーグルトマフィン

材料(北米カップ=250 cc)

  • 小麦粉 1 3/4 C (1.75 C)
  • 砂糖 3/4 C
  • ベーキングパウダー 小さじ1
  • ベーキングソーダ 小さじ3/4
  • 塩 小さじ1/4
  • レモンゼスト 大さじ1
  • 卵 1個
  • ヨーグルト(プレーン)1C
  • バター 大さじ6(84g)
  • レモン汁 大さじ1
  1. 最初の6つの材料(粉もの)をボールに入れて混ぜる
  2. 別のボールに残りの材料(Wet)を入れてよく混ぜる
  3. 2のWet材料を1のドライミックスにいれて混ぜる
  4. 375F(190℃)のオーブンで18−19分
  5. トッピングをする場合は、粉砂糖とレモン汁をそれぞれ1/4C混ぜシロップを作り、マフィンに串で穴を5〜6つあけ、マフィンがまだ暖かいうちにシロップを上からスプーンでかける。

レモンシロップをかけなくてもほんのりとした爽やかなレモンの風味と甘みでとっても美味しい。でも半分にシロップをかけてみたところ、つやつやしたし、穴から中にシロップが染み込んでしっとりとしてこれもとても美味しかった♪

こんな爽やかなマフィンもいいなー。ま、バター入ってるし美味しくないわけはないんだけど、予想外の美味しさだったので、また作ると思う。レモンが安い冬の間に!

今日は海が荒れていた。こんな渋い海も好き。

p.s. 今も雨の音を聞いている。この伊勢神宮の雨音もとっても心地良い。

どこに(どんな地面・水面・表面の上に)降っているのか、で、雨音の表情も随分変わるもの。面白いね。

霜をまとった朝の庭より。

ぱりっとぴりっと冷えた青空の広がる朝の庭。

あぁ、寒そうだ。

土曜の朝はGusの散歩のあと、すぐに買い出しに行く。ところが車のガラスがすっかり凍りついていて、スクレイパーでガリガリするのに随分時間がかかってしまった。買い物したあと、ついでにガソリンを入れにいって満足。一年前までは、一人で車にガソリンを入れるのもドキドキしていたっけ。

家に戻り朝ごはんを食べる前に、霜をまとってぱりぱりの芝と枯れ葉の上を歩いてみた。今年は温暖な冬で雪も降りそうもないので、霜でも踏んで冬を感じたりして。

雪が降るかもよ、って言ってるけど、ビクトリアは雨で終わると思う。ざんねーん。

っていうのもね、去年・一昨年と、結構雪が積もったもんだから、クリスマスに「スノーブーツ」を買ってもらったのです。積もったら履ける〜♪ って楽しみに待ってるのに、そういうもんよね。My New Bootsは、今シーズンは日の目をみることなく終わってしまいそう。

小松菜のつぼみも凍ってた。

先日、ブログ「がらくーた**」のアキラさんが、「霜衣」というタイトルで、足元の霜をまとった草と枯れ葉を紹介されていた。それがアキラさんいわく「哀しいほどうつくし」くて、しばらく見入ってしまった。

自然のうみだす美にはかなわないな、って、アキラさんの写真をみているとよく思う。草花であったり、東京の空の色であったり、カエルやリスの表情や鳥たちの色あいであったり。

こんなに冷えても、くじけないミニシクラメン。

お昼過ぎにはこの霜も溶け、霜をまとっていた草花たちはホッとした様子だった。こうして少しずつ、春に近づいていくね!

見てみて、このGusの一枚。

iPhoneで撮ると、ときどき「青い点」がひとつ入ってしまうことがあるよね。今日のこのGusの写真には、ほっぺたにいっぱい!そばかすのように青い点がちらばっていて不思議な一枚。

久しぶりの海岸と青空で、超ごきげんのGusだった。わたしもご機嫌だったし、ご機嫌そうなひとたちとたくさんすれ違った土曜日だった。お日さまパワー、すごい。

 

金曜の青空とおくりもの。

金曜日! 一月って、一週間がこんなにも長く感じる月だったっけ? 去年の秋から有給を消費するために金曜日に休みをもらい、週休3日の味をしめてしまったから、というのもあるけれど。金曜日がくるたびに「金曜日さん、どうもありがとうございます。」なんて思ってしまう。

そして、今日は朝からいいお天気で気持ちよかったー。

寒いけれど。お日さまにパワーをもらう。

そうそう。今日のDoodleで描いたのですが。

doodle marathonより。

朝いちばんに体を伸ばすときに、おもいきりぐーんと伸びてみる。ステージの上でライトを浴びているかのように、少々おバカに。すると、朝からひとりで笑えたりする。誰も見ていないのでやってみて〜。「今日はこんな変なポーズができたわ」って、笑えます。

お昼過ぎに「ごんごん」と玄関のドアを叩く音がした。郵便屋さんだ。

郵便物が届くっていうのは嬉しい。海を渡って(ここは島なので)時間をかけて、人の手で仕分けされてやってきたのだと思うとまた嬉しい。

そして私宛に届いたものが2つ。

わー♡

佐藤右志さんが挿絵をかかれた本と、右志さんのデザインの年賀はがき(?おめでとうの文字がかくれてる!)!

これね、ツイッターでたまたま、本当に「たまたま」流れてきたツイートのひとつが目についたことが始まり。佐藤右志さんのツイートでフォロワー企画をされていて、それに当選してね、わざわざこんな遠くまで送ってくださったのでした。仕事の後にぱらぱらと見せてもらい、右志さんのイラストの描写力に圧倒された。すごいなぁ〜。右志さんは「形を遊ぶ画家」といわれているとおり、とても楽しい連携したパターンを描かれる。パターンを描いてみたいなぁって思っていたときに出会ったツイートで、それでフォローさせてもらっていたのでした。でも、パターンだけでなく、本当に幅広く写真よりもメッセージ性の高いイラストを描かれていることを、この本を見せてもらって知りました。週末の楽しみができた〜♪

もうひとつ、私宛に届いたのは父からの年賀状。

いつもはモモとゴンタの写真などを年賀状に印刷しているんだけど、今年は父が自分で掘った篆刻文字の印が押してあった。篆刻には漢字が漢字になる前のプリミティブな楽しさが残っていて好き。私は書けないけどー。

今週はずっと「寝付き」が悪かった。珍しい。カモマイルティーを飲んだし、明日はお休みだし。今夜はすっと眠れるかな。明日も晴れるらしい。バラの剪定してあげないと。りんごの木も。そしてあの茂っているアイビーも一掃したい。

良い週末を!

金曜日のGus。

今年に入って二週目のワークウィーク、終わった〜。一週目ほどぐったりではないけれど、目がやっぱりとても疲れている。プラス、仕事時間中にそわそわする。私ってこんなに集中力なかったっけ?って、自分でも驚くほど(?)一つのことをしているときに別のことを考えていたりする。今日は特に、金曜日だし、朝から青空が広がっていたから嬉しいのと落ち着かないのとで困ってしまった。

こんな時期になぜキノコ。

たまには100%Gusの投稿もありかな。

私がリモートワークをするようになり、ますます私にべったり。というか、「あなたも(いえに)いるならいっしょにすごしましょう。」というスタンス(笑)

自分のベッドでまるくなっていたり、温かいラディエイターに頭をくっつけるようにして居眠っていたり、私の足さきを温めてくれていたり。お気に入りのぬいぐるみをおもむろに持ってきてみせびらかしたり。

で、平日も家で過ごすようになって気づいたGusの行動もある。

犬もいらいらするのか、むしゃくしゃするのか。

たとえば、この玄関脇においてある赤いマット(なんなんだろう。相方がずっと前に買ってきてここに敷いたもの)。ザブザブ洗えるので、靴をこの上でぬいだりする。

このマットをですね。

かりかりかりかりとひっかいて。。。

こんな風に。。。

移動させて丸める。

私がまた元の場所に広げても。

ふと気づいたら、こんな風に。。。

かりかりかり。。。丸めてる。

このマットだけじゃなくて、二階のバスルームのバスマットを敷いたままにしていると、バスルームの隅の方に丸められていたりする。片付けるまでの少しの間、床においておいた乾いた洗濯物が、だだっと崩されぐっちゃぐちゃになっていたり。

意味不明。かりかりかり。。。と音がすると「Gus、何やってんのっ!」と指差して注意するものの、今更ねぇ、なおらないしね。

久しぶりに観測所のある丘の上に行ってみた。岩場が湿った苔に覆われ、夕方の光の中で光っていた。

ほーんと穏やかな冬だ。今日は日中、12度くらいまで上がってた。

今週末は雨が「降らない」らしい! うほほ〜い!

ビタミンがきれてるので。。。自転車でささっとダウンタウンのビタミン屋さんに行こうかな。あまり出歩きたくないけど。

ゆったりと気持ちのいい週末を!