七月の終わりを冷やし中華で☆

日本の友人や家族からのメッセージが「あづい〜。。。」で始まる本格的な夏到来。

そんなみんなに申し訳なくなるほど、ここビクトリアは心地よい風の吹く夏日。来週にかけてもう少し気温が上がるらしいけれど、といっても20度ちょい。夕方はひんやりするので長袖を一枚はおってしまった。この涼しい空気を箱詰めにして送り届けたい〜。

涼しい夏ですっかり甘やかされている。Thank you for the lovely summer.

七月も明日でおしまい。八月にはいると少しずつ、光が変化を見せ始める。一日一日大切に楽しもう。

もう終わりかけのちょっと寂しいスイートピーと、後を追うようにして毎朝新しい花を咲かせてくれている朝顔さん。

ちょっとしょぼしょぼしているけれど、かわいい。

来年はちゃんと土を変えて、丁寧に種を植えよう。

チビいちごは、春からずーっと。ぽつぽつぽつぽつと、実をつけてくれている。

大きなイチゴを育てると、鳥やらラットやらダンゴムシやらと取り合いになってそれがストレスになるので、もう育てない。このチビイチゴは、こうやって十分Gusと半分こできる。ずっとお日さまがあたっているところよりも、少し日陰になる時間帯がある場所のほうが向いているみたい。

さぁて♪

この時期になると、あちこちで「冷やし中華」の記事をみかける。海外在住さんたちは、重曹をいれたお湯でカペリニパスタを湯がいて中華麺にしているもんねー。私も!

美味しかったーっ!

ようやく赤くなった小さいトマトと、ズッキーニのパンフライ、残り物のローストチキンとキュウリと卵。食べすぎてお腹ぱんっぱん。はぁ〜♡ 和食っていいな。好き好き好き。

ごちそうさまでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

初・お庭のお茄子さまとプラムのお酒仕込む

文字通り「温室育ち」の私のお茄子さま。

ようやく茄子らしくなってきたよー。もう食べてもいい??

植木鉢ひとつに1苗だけだから、うまく育っても穫れるのは5〜6個くらいかな〜。

インスタにも昨日アップしたんだけど、グリーンハウスの入り口をあけておくと、ちゃぁんとミツバチがやってきて受粉してくれていた。ありがたいわ〜。昼間は外の風をあびたいかなぁ、なんて思って、朝、お茄子さまの鉢を外の日当たりの良いところに移動。そしてまた夕方にグリーンハウスの中に戻す。そんなことやってる自分が笑えてくる。

小さな苗を買ったものなので、どの種類の茄子なのかもわからず。どれくらいまで大きくなるのかもわからない。でもまぁ、なすってこんな形だし、ちょっと味見してみるかな。と。

焼きなす、っす。作り方は白ごはん.comのココで→☆

うちはガスレンジじゃないし、魚を焼くグリルもないし。どうするか。。。と。オーブンの「ブロイラー(上からの高温)」設定で焼いた〜。温度調節ができないので不安もあったんだけど、ちゃんと火も通ったしオッケー!

生姜をおろして、かつお節かけて。美味しい〜!

実はわたし、茄子ってあんまり好きじゃない。でも。お庭のお茄子さまは「甘かった」! 茄子に興味のない相方も、採れた茄子を見て「ほほぅ。いいねぇ〜」って感心していた(でも食べなかったけど)。

あと何本できるかなー。次は煮浸しにしようかなー。うしし。

で、もう一つ、初挑戦したもの。

すもものお酒。プラム酒。

知り合いが「庭でいっぱいとれたから〜。でも熟れてないから酸っぱいかも〜。」って持ってきてくれたもの。「熟れてない酸っぱいプラムをひとにあげるかなぁー」とも思ったんだけど(苦笑)、彼女が「これ、プラム酒にできるかしらん♪」って言ってたので、そっか!そういう手があったか!と♪

この辺りでは梅酒の梅は手に入らない。なので果実酒を作ろうなんて思ったこともなかった。でも、要領は一緒かなって。検索したら、ヴォッカと砂糖に浸すのみ、みたいだったしー。

氷砂糖ってものがなかったので、普通の白い砂糖とブラウンシュガーを半分ずつ。半年ほど待つといいらしい。プラムの味のするお酒にちゃんとなるのかなー。

おまけ:庭の奥。

こぼれ種から咲いたラークスパーと、依然、演奏を続けている(笑)クレイジーな指揮者のチコリさん。このチコリ、茎をいろんな方向に伸ばすのね。この間、地面に落ちているものを拾おうとしてかがんだときに、チコリの茎の先っちょに「目玉」をつつかれたー!冗談じゃなく、目の玉をちゅーんって。 んもぅ。。。チコリっ!やーめーてっ!

もう8月も目の前。焦るなぁ。夏、短いなぁ〜。

元気な一週間を!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

にんじんドレッシングと干しぶどう酢と

ひんやりのビクトリア。夕方には少し雨も降った。ずっと乾燥していたし(3月は特に)、夏の山火事をなんとか抑えるためにも雨は降ってほしい。でもほんの少し温かくなるといいのになぁ。あと2度3度。

4月の中頃だったかな。「にんじんドレッシング」というのを教えてもらった。心がけてにんじんを食べている。サラダにしたりスムージーにがんがんいれてみたり。

最近、スマホの文字が妙にぼやけて。。。というのが理由です(苦笑)。あぁ、来た来た、これって老眼やんね。本当に読めなくなるんだねー!すごい!ま、スマホなら指で拡大すれば読めるけど。なんという面倒臭さ。にんじん食べたら少しマシになるかな、とおもって。

にんじんと生姜のドレッシング

材料:

  • オリーブオイル 1/3 C
  • リンゴ酢 1/3 C
  • 乱切りにしたにんじん 約2本、2/3 C
  • 生姜(適当に切る)大さじ2
  • ライムジュース 大さじ2
  • はちみつ 大さじ1〜1.5
  • ごま油 小さじ1.5
  • 塩 小さじ1/4+

材料を全部ミキサー(ブレンダー、私は小さなマジックブレット)にいれてなめらかになるまでがががががーっとする。以上。

このレシピを紹介してくれた同僚Hちゃんも試したらしいんだけど、彼女には酸っぱすぎたみたいでリピートしないって言ってた。私は酸っぱいの好きなので3回ほど続けて作ったよー。色がきれいでしょ?お酢とライムジュースを少し減らしてもいいかも。ドレッシングだからそのへんは好きなように適当に(笑)

で、もう一つ、この春に続けて作って常備しているのが「干しぶどう酢」。偶然見つけて、美味しそうだな〜と思って作ってみたらやっぱり好みの味で♪

干しぶどう(100g)、リンゴ酢(50cc)、はちみつ(大さじ2)。混ぜて一日おいたらオッケー。

整腸作用や血流や血圧を整えてくれるらしい。痩せたっていう人もいるらしいけど、酢につけた干しぶどうを10粒ほど毎日食べただけで痩せるわけないやん、と私は思うけど。からだに悪いものではないし、美味しいので。。。

上のにんじんドレッシングをにんじんにかける!そこに干しぶどう酢ものっけて混ぜる!

美味しい〜。にんじんのラペのデラックス版、みたいな感じかな。

干しぶどう酢はヨーグルトと一緒に食べても美味しい。

ちょっと酸っぱくて、ちょっと甘くて、という、「ちょっとずつ」味が混じり合っているのって大好き。こういうの、相方は嫌い。甘いなら甘い、酸っぱいなら酸っぱい、がいいという人。色々混じって口の中で味が広がって美味しいのにね〜。

お天気がぱっとしないからか、ここ数日は体が妙にだるい。今週末は3連休(プラス、余分に一日休みもとったので4連休)! だるいだるいってゆうてたらあかんやんっ、と自分に喝をいれ、早く寝て酸っぱいものとにんじん食べて元気だそう〜っと♪

穏やかなバースデー

庭もすこ~しずつ春らしくなってきてます~♪

この4月は例年よりも寒くて、草花たちも足踏み状態なんだけど。でもぽつんぽつんと春の花が咲き始めたり、土からも小枝からもにょこにょこと新芽をのぞかせてくれていて嬉しい。

ちょっと春らしくなってきた♪

昨日、ニュースの終わりの短いアートのコーナーで、ちょっと前にココで紹介した「Piet Oudolf」さんがインタビューを受けていた。相方も一緒にみていたので、「このひとだよっ!あぁ、素敵よね~、Pietさんのお庭。ね?素敵よね~?」と自分のことのように自慢してしまった。Pietさんが「たとえ私の庭がナチュラルに見えるような空間であっても、決してナチュラルなものではありません。あくまで作り上げたものです。でも、そんな空間の中でひとは草花を見ているだけではないんですよ。草花がそれぞれの個人のEmotion(感情)をかきたてるのだと思います。」って言っているのを聞いて、相方はなるほどなぁ面白いなぁと言っていた。インタビューの最後の方で、「貴方自身(Pietさん)歳を重ねていく中で、ガーデンデザインのスタイルも変わってきていますか?」という質問に、「スタイルというよりも、庭を見つめる姿勢が変わったかもしれない。一つのデザインとしてでなく、庭と自分の生を重ねます。庭(植物たち)は皆、生まれ、成長し、老いて枯れていくでしょう?私たちもみな同じです。私も人生の後期を生きているわけで、あと何回、自分の庭たちのサイクルを楽しむことができるのかと思って見つめます。あと幾つ、庭を手がけることができるかと。そんなことを考えながら全てのステージの美しさを思い浮かべてデザインします。私は冬も大好きなんですよ。」って。「私も冬が大好きですよ」って言えるようなおばあちゃんライフを送りたいなぁ、と思った。

と。話が横んちょに行っちゃったけど。

昨日は相方の誕生日でした。 記録、記録。

一日休みをとって、ごくごく「普通」の日を一緒に過ごした。それでいい、と思う。相方が食べたいというショートリブをオーブンに入れ、彼が大大大スキな「白いケーキ」を調達し。私は庭で植え替えなどをし、相方は本を読んでいた。普通の日。

ショートリブはいつもよりも少しドライになってしまったかな。焼き色つけるときに、焼きすぎたんだと思う。次回は気をつけよう。

赤ワイン500CCとビーフストック250CC、低温のオーブンで4時間半。味付けは塩コショウとクミンだけ。シンプルだけど美味しいです。

そして。「白いケーキ」。バタークリームとカスタードクリームが白いスポンジケーキの間にはさまっていて、周りはこってりバタークリーム。。。という、極甘なケーキ。ザ・北米ケーキ、そのものかも。

これが相方にとってはノスタルジックでねー。私が時間をかけて作った(簡単だったけど)ショートリブよりも、ずっとずっとずっと嬉しそうな顔して、目を閉じて「う~~~~ん♡」とうなりながら食べていた。

予約してなかったので名前無しでー。

おめでとう。今年は元気に医者いらずで過ごそうねっ!! 普通にいきましょう、普通にね〜。

*おまけ:プランクその後

今日は2分半になって3回目。もう。。。やってる途中で脳の血管が数本切れるんじゃないかと思う。プランクの姿勢になって、顔の下にスマホのタイマーをおいて始めるんだけど、タイマーを見ながら頑張るのがとてもつらい。永遠に終わらないように見えてくる。で、適当なポッドキャストをかけてからタイマーをオンにしている。ストップウォッチを見ながら「ひーひー」頑張るよりも、少しは気が紛れていい。2分半は途中、二回ほど、腕を伸ばしてしまう(腕立て伏せの形になって、またプランクに戻る)。ま、それでも膝をついてしまうよりはいいかな、と。4月の終わりまでは頑張るよー!

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪