穏やかなバースデー

庭もすこ~しずつ春らしくなってきてます~♪

この4月は例年よりも寒くて、草花たちも足踏み状態なんだけど。でもぽつんぽつんと春の花が咲き始めたり、土からも小枝からもにょこにょこと新芽をのぞかせてくれていて嬉しい。

ちょっと春らしくなってきた♪

昨日、ニュースの終わりの短いアートのコーナーで、ちょっと前にココで紹介した「Piet Oudolf」さんがインタビューを受けていた。相方も一緒にみていたので、「このひとだよっ!あぁ、素敵よね~、Pietさんのお庭。ね?素敵よね~?」と自分のことのように自慢してしまった。Pietさんが「たとえ私の庭がナチュラルに見えるような空間であっても、決してナチュラルなものではありません。あくまで作り上げたものです。でも、そんな空間の中でひとは草花を見ているだけではないんですよ。草花がそれぞれの個人のEmotion(感情)をかきたてるのだと思います。」って言っているのを聞いて、相方はなるほどなぁ面白いなぁと言っていた。インタビューの最後の方で、「貴方自身(Pietさん)歳を重ねていく中で、ガーデンデザインのスタイルも変わってきていますか?」という質問に、「スタイルというよりも、庭を見つめる姿勢が変わったかもしれない。一つのデザインとしてでなく、庭と自分の生を重ねます。庭(植物たち)は皆、生まれ、成長し、老いて枯れていくでしょう?私たちもみな同じです。私も人生の後期を生きているわけで、あと何回、自分の庭たちのサイクルを楽しむことができるのかと思って見つめます。あと幾つ、庭を手がけることができるかと。そんなことを考えながら全てのステージの美しさを思い浮かべてデザインします。私は冬も大好きなんですよ。」って。「私も冬が大好きですよ」って言えるようなおばあちゃんライフを送りたいなぁ、と思った。

と。話が横んちょに行っちゃったけど。

昨日は相方の誕生日でした。 記録、記録。

一日休みをとって、ごくごく「普通」の日を一緒に過ごした。それでいい、と思う。相方が食べたいというショートリブをオーブンに入れ、彼が大大大スキな「白いケーキ」を調達し。私は庭で植え替えなどをし、相方は本を読んでいた。普通の日。

ショートリブはいつもよりも少しドライになってしまったかな。焼き色つけるときに、焼きすぎたんだと思う。次回は気をつけよう。

赤ワイン500CCとビーフストック250CC、低温のオーブンで4時間半。味付けは塩コショウとクミンだけ。シンプルだけど美味しいです。

そして。「白いケーキ」。バタークリームとカスタードクリームが白いスポンジケーキの間にはさまっていて、周りはこってりバタークリーム。。。という、極甘なケーキ。ザ・北米ケーキ、そのものかも。

これが相方にとってはノスタルジックでねー。私が時間をかけて作った(簡単だったけど)ショートリブよりも、ずっとずっとずっと嬉しそうな顔して、目を閉じて「う~~~~ん♡」とうなりながら食べていた。

予約してなかったので名前無しでー。

おめでとう。今年は元気に医者いらずで過ごそうねっ!! 普通にいきましょう、普通にね〜。

*おまけ:プランクその後

今日は2分半になって3回目。もう。。。やってる途中で脳の血管が数本切れるんじゃないかと思う。プランクの姿勢になって、顔の下にスマホのタイマーをおいて始めるんだけど、タイマーを見ながら頑張るのがとてもつらい。永遠に終わらないように見えてくる。で、適当なポッドキャストをかけてからタイマーをオンにしている。ストップウォッチを見ながら「ひーひー」頑張るよりも、少しは気が紛れていい。2分半は途中、二回ほど、腕を伸ばしてしまう(腕立て伏せの形になって、またプランクに戻る)。ま、それでも膝をついてしまうよりはいいかな、と。4月の終わりまでは頑張るよー!

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

春は若葉も。ひよこ豆のカレーな気分。

あぁ、寒い寒い。今日はお日さまが出たけれど、風がとても冷たい。週末は雨らしい。あーん。

我が家の裏庭にも、今日、一番最初のチューリップのつぼみが色づいた。あたりを見回すと、毎日少しずつ春の花があちこちで開き始めていて、どんよりな雨の日でもただ暗かった冬の景色とは全く違う。

春はもちろん、花に心がおどる。水仙も桜も木蓮も忘れな草も。

それに。春は若葉もとびきりきれい。

うっとりだ。

まだ完全に開ききっていない柔らかい若葉におおわれた木々が春の光を浴びると、枝のあちこちに灯をともしたようで。とてもきれい。

樹々がこんなふうに光るのは今この一時期だけ。

若葉は足元にもあって。散歩中に思わずしゃがんでしまう。

生きてる、生きてる。

とてもきれいなかたちをしている。

まだ学生だった頃、「フリーフード」を見つけるのが得意な友達(日本人)と山を歩いてワラビを集めたことがある。こっちにもワラビ(の親戚?)はこの時期にぐんぐんと芽を出す。でも、やたら大きかったな。「これ、本当にワラビなん??」と疑ってしまった。友達は「大丈夫、大丈夫、カナダのは大きいんだってば」と、自信満々だった。あんなに巨大なワラビをあんなにたくさん食べたのは、あれが最初で最後になった。ワラビの天ぷら、味噌汁、和え物、炒めもの、お好み焼き… ワラビになってしまうんじゃないかと思うほど食べた。美味しかったのかどうだかは良く覚えていないけれど、貧乏学生にとっては山で拾ってきたものでお腹いっぱいになれたのだから、なんとなく得意げな気分に満たされていたと思う。

そうそう、覚書きに。今夜は「チックピー(ひよこ豆)のカレー」を作った。ビーガンの同僚Hちゃんに勧めてもらったのが「Quick Chana Masala」のレシピ☆(オリジナルはココ) 短時間でささっと作れるもの♪

クイック・チックピーのカレー

材料:

  • ココナッツオイル or オリーブオイル 大さじ1
  • クミンシード 小さじ11/2 (種がなかったので粉で)
  • 玉ねぎ 1個
  • にんにく 5クローブ(みじん切り)
  • 生姜 約1.5cm(みじん切り)
  • ガラムマサラ 小さじ1
  • コリアンダー(粉) 小さじ1
  • ターメリック 小さじ半
  • 塩 小さじ 3/4
  • カイヤンペッパー 小さじ1/4
  • トマト缶(ダイス、1.5C、汁も含めて)
  • チックピー缶(3C弱)
  1. オイルをゆっくりと温めてクミンシードを炒め香りを出す。1〜2分。
  2. みじん切りの玉ねぎ、にんにく、生姜を炒める。約5分。
  3. スパイスを全ていれて炒める。約2分。
  4. トマト缶を汁ごと入れる。
  5. ふつふつと煮立ってきたらチックピーを加え、10〜15分煮込む。ゆっくりと長く煮込めば味も深まる。

バスマティライスと。美味しかったよー。軽いし!私はこういう晩ごはん好きなんだけど、相方はひよこ豆な気分ではなかったので、一人で昨日の晩ごはんの残りを食べていた。美味しいのにな〜。

ゆったりとした週末を!

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

スーパームーンの春分の日とマカロニグラタン

❀❀❀ Officially Spring ❀❀❀

春うらら、というより、初夏のような陽気。そして、とってもとっても目がしょぼしょぼ痒かった一日! それでも嬉しい。こんなにも美しくて爽やかで穏やかな一日を過ごせることがとてもありがたい。

花粉症予防のため、ビタミンCをしっかりとったり、ネトルのお茶を毎日のんだりしているけれど、突然やってきたこの春に一撃をくらってしまった。抗ヒスタミン剤を飲まなきゃやってられなくて、でもそれを飲むと肌はカサカサする。うーん、負けないぞ。

今夜は満月。今年に入って三度目の、そして最後の「スーパームーン」。前回、春分の日と満月が重なったのは2000年だったんだって。2000年というとついこの間のような気がするけれど、もう19年も前のこと。あぁ、あの頃は体だけじゃなくて顔も満月のようにぱんぱんだったな。次回の「春分の日のスーパームーン」は2030年。私はまだブログを続けているのだろうか。

ご近所さんが大きな椿の枝をばさばさと刈り込んで山積みにしていて、その中に蕾がたくさんついているもの見っけ。もらってきた。椿や芍薬を蕾で生けても、なぜかうまく開いてくれないことが多い。期待はしていなかったけれど、今日、薄っすらと色づき始めていた♪ かわいいなぁ。椿。家にはないので、枝をいただけてとても嬉しい。

最近、何を作ればいいのか、何を食べたいのか、まったくいいアイデアが浮かばない。作る気がしないときに頑張ってあれこれやっても、美味しいものはできあがらない。で、よーし、それならキッズメニューだ。と。

マカロニグラタンを作ってみた。

参考にしたレシピは、ここ→☆チキングラタン と、これ→☆シーフードマカロニグラタン

食べてほっこり。Comfort Food。(作るのが)大の苦手なホワイトソースも、今回は自分で作った!中途半端に残っていたモッツァレラもいれて。私は塩コショウだけで十分派だけど、相方はそれでは絶対に物足りないといいそうだったので、茅乃舎の野菜だしをホワイトソースに混ぜ入れたヨ。

美味しかった〜♪ こういう味、久しぶり。

相方は大喜びで「これ、ぼく大好き。すっごい好き。」と言っていた。子供の喜ぶものはハズれなく大好きなひと。一緒に帰国して家族みんなで寿司屋に行ったときも、大人の喜ぶホンモノの寿司屋よりも、新幹線やスポーツカーのトレーにのってお寿司が「しゃーーっ」っと走り出てきてテーブルのすぐ横にとまる、というチェーン店寿司屋の方を心から楽しんでいたもんなぁ。で、写真を見て自分でも注文できるもんだから嬉しくなって、唐揚げやらコロッケやら。。。最後にはチョコレートケーキまで。

話はそれましたが。。。 とにかく、このマカロニグラタンは彼のツボにハマっていた。忘れた頃にまた作ろう。

早く週末にならないかな。温かくなったので早く種をまかなきゃ、と少々焦ってます。本当は新月のあたりに種を撒くのが良いらしいけれど、それまで待っていられないなー。

溶けるバターのように爆睡中。ここではわんこも幸せです。ありがたいね。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

美味しい朝ごはんとお昼ごはん。

わたしの普段の朝ごはんは、ヨーグルト+果物。ここにモリンガの粉シャタバリ粉と(たまにきな粉も)を振りかけてメープルシロップを大さじ1ほど加える。お腹の空いているときはトーストを一枚食べたりもする。

でも今朝は温かい朝ごはんが食べたくて、とっても久しぶりにスチールカットオーツを作った。

きな粉とシャタバリ粉と、ドライクランベリーと砕いたアーモンドを少し振りかけて。あ、それとメープルシロップ。

これが、とってもとっても美味しかった〜。ほっこり。

私はいつも朝ごはんの少しをGusにあげるんだけど(隣りに座ってよだれを垂らしてじーーっと待ってるから)、今朝のスチールカットオーツは本当に美味しかったのであげるのが惜しかったほど。

スチールカットオーツは腹持ちもいい。ただ、作るのに時間がかかる(15分ほど)。夜寝る前に分量の水にひたしておくと、翌朝作るときにそれほど時間がかからないそうなので、今夜試してみよう。

そして♪

最近の私のお昼ごはんは、梅干しおにぎり。コレがとっても美味しい〜。

ちょっと前に読み終えた、原田マハさんの「生きるぼくら」の影響です。引きこもりでどうしようもなかった二十歳すぎの主人公が、大好きなおばあちゃんのいる蓼科で自然農法でお米を育て、お米の成長とともに「生きる」ということを再発見するようなストーリーなんだけれど。この話のなかで何度もでてくるおにぎりが、本当に美味しそうで。蓼科の澄んだ空気と美味しい水を与えられて育ったお米、そりゃぁさぞかし甘くて美味しいことでしょう。帰国して食べる普通のご飯も、こっちのと比べたらずっと甘くて美味しいもん。

そんな美味しいお米じゃないけど、帰国のときに持って帰ってきた梅干しと昆布を少しいれておにぎりをにぎる。あまり上等ではない海苔を巻いて。

お出しに卵だけの汁も作ってみた。

美味しい。「美味しいなぁ、おにぎり。あの本の中のおにぎりはコレの5倍くらい美味しいんだろうなぁ。」って口に出して言ってみたりしながら、ゆっくりと食べる。

そういえば。去年、一時帰国したときに父の畑に行ったときに久しぶりに稲穂を見たんだった。

お茶碗にご飯粒を残したまま「ごちそうさま」をしたときに、「ちゃんと最後まできれいに食べやな目がつぶれるで」と祖母や母に注意されたのを思い出す。 相方はいっぱいご飯粒を残したまま器を流しに持ってくる。何度か注意したけれどなおらないので、今は私がきれいに食べるかGusに「フィニッシュ」してもらう(笑)。「生きるぼくら」を読んでからも、やっぱりお米は一粒も無駄にしちゃだめだなぁ(お米だけじゃないんだろうけど)と思ったのでした。

しばらくスチールカットオーツとおにぎりに夢中になりそう。