冬休み・食録〜

クリスマスも終わって「ほっ」。もうすっかり通常通り。

クリスマスの日のひっそりとした朝が訪れると、やれやれ。。。と肩のちからが抜ける。毎年同じことを言ってるねぇ。今年はクリスマスが水曜日だったので、翌日のボクシング・デーは通常通りお店が開いて、あちこちでセールアイテムの争奪戦が繰り広げられたらしい。

こちらの大晦日とお正月はあっさりとしたものなので、普通の日と何ら変わらず「すすす〜」っと今年が終わり2020年が始まる。我が家も明日(29日)にはクリスマスのお飾りを片付けよ。普段掃除しないところを少しずつ掃除して、気持ちだけでもすっきりと新しい年を迎えたいなー。

さて。ご飯の記録。

クリスマスの夜は鴨の胸肉のパンフライ(フライパンで両面焼いて、その後230℃のオーブンに入れて6−7分)。鴨肉に添える赤キャベツは前日に作っておいた。鴨肉を焼くときにはいつも相方がこれを作る。今年は彼はお料理できないので、私が担当。

前にも紹介したかなー。玉ねぎと人参、ベーコンを炒めたところに赤キャベツと青りんごとストックと赤ワインを入れる。ジュリア・チャイルドのレシピで、ソテーしたあとに蓋をしてオーブンにいれて3時間。

キャベツとりんごの甘味と程よい酸味とベーコンの旨味が合わさってとても美味しい。

でもねー、このレシピ、キャベツ1個使うので、レフトオーバーがいっぱいー! どうすんの?

夕食はこんな感じ(↓)で、一人胸肉一つ焼いたんだけど。。。私も相方も食べきれず。お肉もキャベツもずいぶん余った。

でも、久しぶりの赤ワインが美味しかった!鴨肉には「pinot noir」がいいというので、ワイン屋さんのお姉さんのオススメで選んだカナダのワイン。美味しかったなー。あ、そうそう、食べきれないからと、Gusにも鴨肉をあげたんだけど。。。ぺっっと吐き出した! そうだ、以前にもそんなことがあったっけ。鴨のお肉は嫌いらしい。知らずに最初の一切れは飲み込んでしまったのか、翌朝の朝ごはんは外で全部吐いていた。。。(苦笑) ごめん、Gus。覚えておくわー。

クリスマスのスイーツはベーカリーより。相方が「チョコレートケーキが食べたい。」とうるさかったので〜。濃厚なチョコケーキは自分では作れないしっ。3層になってたよー♪  さすがプロ。美味しかったわー。

翌朝。ほっぺにニキビ。この歳になるともう「ニキビ」とは呼ばないんだっけ。吹き出もの? オロナイン軟膏を塗って様子を見る。リッチなものを食べ過ぎたからか… なんて思いながら、クリスマスの翌日はパンケーキー♪

これでもかっってほどブルーベリーを放り込んで(フライパンに焦げがついたっ)。なんの予定もない静かなパンケーキの朝。クリスマスの日よりも、こういう朝に幸せを感じる。

で、残った鴨肉。。。 一日置いて、もう少しさささーっと炒め、中華麺(担々麺に使うような麺)の上にタレと一緒に食べました。

それでもまだ残っていて。。。捨てるなんてもったいないし、Gusは食べないし。相方に「今夜も残りのダックでねー」なんていうと、聞いた尻から「食べないっ。いらない」って言いそうだったので。

包むことにしたっ。

お馴染み「ウー・ウェンさんの北京小麦粉料理」のワンタンのレシピで。この生地はとても扱いやすくて、パスタを作るよりも気楽に作れる。包み方がよくわからなかった(p7にのってるんだけどね。。。)けど、とにかく中の具が飛び出てこなけりゃいいのさ、と。最後の残りの鴨肉を細かく刻み、適当に味付けしてネギと生姜少々加えて包んだよーん。

そしてワンタンスープにしちゃいましたん♪

お家で作る皮は柔らかくて美味しい。

半分くらい食べたところで、「中の具は何?」と相方。。。。おーーー、キタキタ、やっぱり聞くよな。と思いながら、さらりと軽く「ダック。Our LAST Duck.」と私。 そこで箸がとまるかと思ったけど、ちゃんと最後まで食べてくれたので良かったー。

もうしばらく、鴨肉いりませんっ。

最近、私も相方もお肉(特に赤み)を楽しめないので、もうちょっとベジで腹持ちの良い(食べた感のある)お料理が作れるようになりたいなーと思う。

あ!そうだ。英国の話題のロイヤルファミリー「ハリーとメーガンとベイビーアーチー」が、なんとこの島でクリスマスを過ごしたらしいよ!目撃されてたっ。ダウンタウンとかじゃなくて、フェリー乗り場の近くの閑静でリッチなエリアにあるレストランでね♪

今年も残すところあと3日。わー。カレンダー作らないとー!

ニュートリショナルイーストを混ぜたファラフェルが美味しかった夜

急にぐっと冷え込んだ。明日は風も強いらしい。自転車。。。寒いかなー。頑張ろうかなー。

昼休みに坂を降りたところにあるスーパーまで歩いた。久しぶり。今日は車で自転車乗らなかったから、その分のウォーキングもかねて。前を行く女の子二人は仲良く手をつないで、時折顔を見合わせて笑って歩いていて可愛らしかった。

こんな寒い日はお豆とベーコンのスープでも作ろうかなぁ〜と思い、スーパーの隣りにあるバルクフード(何でもグラム買いできる)のお店で、お豆やオーツやドライフルーツを買い。。。

おっ。

千歳飴みたいなグミー! グミ、好きなんだわー。こんなのばっかり食べてると、また歯の詰め物がとれるぞ!ってわかってるんだけど。グミ、好きー。最近、ジャンクフードの消費量がぐっと増えてしまってやばい。ストレスかなぁ。ちょーっとストップかけないと、どんどんエスカレートしそうで怖い。3,4日、マスタークレンジングしてリセットしようかなぁ。

お豆のスープを作る予定で買い物をしたのだけれど、午後に同僚のHちゃんと「何食べてんの」の話になってね。ヴィーガンの彼女の食べてるものは面白かったりする。ヴィーガンだからお肉はもちろん、卵も乳製品もはちみつも使わないわけで。なので、彼女いわく、必然的にしっかりとスパイスを効かせたり、旨味を使って工夫するんだって。で、何で旨味を出すわけー?って聞いたトコロ、彼女がよく使うのは「ニュートリショナルイースト」。知ってる? パンを作るときに使うイーストじゃないよー。

ニュートリショナルイーストとは:

出芽酵母のSaccharomyces Cerevisiaeという単細胞性の菌類から作られます。醸造酵母やトルラ酵母ではありません。サトウキビや糖蜜につくこの菌を採取したあと洗浄と乾燥し、加熱して失活させます。失活させることによって、生きている酵母のように発酵はしなくなり、ナッツの風味とチーズの味がする旨味成分が豊富なスーパーフードになります。ニュートリショナルイーストは加工時に加熱をするのでローフードではないでが、ヴィーガン食には重宝されるスーパーフードです。
(→参考ページ

なんだそうよ♪ ビタミンB郡豊富に含まれているため、スーパーフードとしてもとりあげられたりしてるみたい(知らなかった)。

でね、また、聞いたら「なになにー?」ってすぐに使ってみたくなるわたし。以前にHちゃんに教わって、このニュートリショナルイーストを使ってドラゴンボールのソース(検索したら出てくるけど、また別に紹介するね)を作ったら、これがまずかった。おえぇってなるほど私には合わなかった味だった。

それでもヴィーガンさんたちが使っている旨味のもとを、私も使いたいっ!の熱がおさまらず、最近はニュートリショナルイーストを「ローストポテト」にふりかけたり、野菜炒めに入れてみたりしてます(笑)。こういう風に炒めものなどにふりかけると、「おおっ?」っと一味違って美味しくなる(ような気がする)。旨味だ!(本当か?)

で。すっごい前置きが長くなりましたが。。。

お豆のスープをやめにして、ニュートリショナルイーストを使って「ファラフェル」と「タヒニとレモンのソース」を作ることにした☆

ひよこ豆は今日は時間短縮のため缶詰のものを使った。プレッシャークッカーで10分。すっかり柔らかくしてつぶして、クミン、カイヤンペッパー、ターメリック、にんにく、塩コショウ、セロリとネギ、卵とパン粉。。。そして!ニュートリショナルイースト!

タヒニとレモンのソースは、タヒニとヨーグルトを同量、レモンとガーリックパウダー少々、そして!ニュートリショナルイースト! (ちょっとだけね)

ピタブレッドをオーブンで温めて柔らかくして。挟む。

 

これがっ☆ なーんかとっても美味しかったよー!

右腕が上がらず不自由な相方も、左手でがっつり掴んで食べることができた。途中、ぼとりとファラフェルをひとつ床におとしてしまってたけど(苦笑)。ファラフェルもいつもよりもふんわりとしていて、スパイスも効いていて、ピタブレッドもふかふかで、思ったよりも美味しかったー。

明日、Hちゃんに「ニュートリショナルイースト、ナイス!」って報告しよーっと。

カリフラワー熱かも。

大きなカリフラワーが手頃な値段で売っていたので、洗って房に分けながらぽりぽりと食べた。

ブロッコリーは、よっぽど新鮮なものじゃないと生でも蒸しても食べたくない。あまり好きではない。でも、カリフラワーは生だと食感がとても良くて甘みもあるし、ローストしても香ばしくって大好き。

というので。

ここ3,4日の間にカリフラワーヘッドをまるまる二つ。ローストして一人で食べた。こんな風に適当にぶ厚めに(5mmほど)スライスして、オリーブオイルを絡めてから塩コショウをして、カレーパウダーを少しふりかけたりして、180度のオーブンで15〜20分ほど焼く。

温かいうちにパルメジャーノなどをふりかける。

この日は相方が食べない「ペコリノチーズ」をたっぷりふりかけた。美味しいー。

レモン汁を最後にふりかけたり、ケッパーがあったら混ぜ合わせたり。

美味しい。ブロッコリーではこうはいかない。

ちょっと凹みがちの週末でして、気持ちも体も停滞気味で。素朴で美味しいものとGusに癒やされ、這い上がるようにして(?オーバーか…)無理やりDoodleを一つ描いてアップして。

最近、ちょっと、いやかなり。。。魅せられているカメレオンくんの映像などを見て。元気をもらう。

Nature is so wonderful. so fascinating and mesmerizing.

何度も何度もみてしまう。目玉がきょろりと上を向くときなんてたまらない。なんてなんて美しい色なんだろう。

カメレオンになりたーい!

りんごの収穫と初アップルソース

我が家の老樹のりんごたちも、そろそろ収穫時。

手前に見えているりんごたちは、南に面しているので一番よく陽に当たり、赤くなるのも早かった。色づいていたので数週間前に切ってみたら、まだ甘みが足りなかったのでした。食べごろになってくると、強い風が吹いたときにぽとりぽとりと落ちてくる。ここ数日、いくつか落ちたりんごたちが、間髪入れず(?)ネズミたちにかじられていたので「こりゃ、そろそろ収穫しなきゃ」と思っていた。

雨の日曜。とりあえず、南に面していてよく熟しているものだけでも収穫することにした♪ 熟れているのは、手を添えると「ほろり」と採れる。

ほんと、今年はよく実がついたなー。なんにもしていないのに、こんなにもお年寄りなのに、頑張ってくれてありがとう。

手でもいで食べれるものを集める、っていう作業ってなんでこんなに楽しいのでしょう。

木箱一箱いっぱいになったので、ひとまず終了。できれば涼しい外に(木の上にぶら下げて)置いておいたほうが長持ちするので。まだ「ほろり」ともげない実はそのままにしておいた。来週また集めよう。

パピーのころのGusは、落ちているりんごをかっさらっていって、どこかに隠れてがじがじやってたっけ。こうやって横目で見ているだけ余裕ができたのも、おじちゃんのしるし。

さて、このりんご。切るとこんな風♪

水分たっぷりでしゃりっとしていて、とても爽やかな甘さ。このまま食べてもとても美味しい。

涼しいところや冷蔵庫で保存していても、やっぱり日がたつとみずみずしさが減ってしまう。で、今日は初めて「アップルソース」を作ってみた☆ チャンキーアップルソース=りんごがちょっとごろごろしてるソース☆

チャンキーアップルソースの覚書

  • りんご 約2kg
  • 水 鍋の下から約5cm
  • レモン汁 大さじ2
  • 砂糖 3/4 C

りんごの芯をとり、皮を向き乱切りにしたのを大きなお鍋にいれる。水を鍋のそこから約5cmいれる。レモン汁もいれる。りんごが柔らかくなるまで煮る。箸でつぶれるぐらいになったら火からおろし、マッシャーでつぶす。砂糖を加えてもう一度火にかける。砂糖は入れても入れなくてもいいらしいので、私は気持ちだけ(1/4C)いれておいた。十分甘い。

熱湯消毒した瓶にいれて保存してもいいし、冷凍保存してもよし。

ちょっとごろごろしているの見えるかな。皮が。。。入ってる。なぜ?

ケーキやマフィンに使ってもいいし、豚肉と一緒に食べても美味しい。ヨーグルトやバニラアイスに添えても美味しいと思う。思ったよりもきれいなやさしい色になったので嬉しい。赤ちゃんの離乳食みたいだねぇ。

老樹さん、どうもありがとう。