ニュートリショナルイーストを混ぜたファラフェルが美味しかった夜

急にぐっと冷え込んだ。明日は風も強いらしい。自転車。。。寒いかなー。頑張ろうかなー。

昼休みに坂を降りたところにあるスーパーまで歩いた。久しぶり。今日は車で自転車乗らなかったから、その分のウォーキングもかねて。前を行く女の子二人は仲良く手をつないで、時折顔を見合わせて笑って歩いていて可愛らしかった。

こんな寒い日はお豆とベーコンのスープでも作ろうかなぁ〜と思い、スーパーの隣りにあるバルクフード(何でもグラム買いできる)のお店で、お豆やオーツやドライフルーツを買い。。。

おっ。

千歳飴みたいなグミー! グミ、好きなんだわー。こんなのばっかり食べてると、また歯の詰め物がとれるぞ!ってわかってるんだけど。グミ、好きー。最近、ジャンクフードの消費量がぐっと増えてしまってやばい。ストレスかなぁ。ちょーっとストップかけないと、どんどんエスカレートしそうで怖い。3,4日、マスタークレンジングしてリセットしようかなぁ。

お豆のスープを作る予定で買い物をしたのだけれど、午後に同僚のHちゃんと「何食べてんの」の話になってね。ヴィーガンの彼女の食べてるものは面白かったりする。ヴィーガンだからお肉はもちろん、卵も乳製品もはちみつも使わないわけで。なので、彼女いわく、必然的にしっかりとスパイスを効かせたり、旨味を使って工夫するんだって。で、何で旨味を出すわけー?って聞いたトコロ、彼女がよく使うのは「ニュートリショナルイースト」。知ってる? パンを作るときに使うイーストじゃないよー。

ニュートリショナルイーストとは:

出芽酵母のSaccharomyces Cerevisiaeという単細胞性の菌類から作られます。醸造酵母やトルラ酵母ではありません。サトウキビや糖蜜につくこの菌を採取したあと洗浄と乾燥し、加熱して失活させます。失活させることによって、生きている酵母のように発酵はしなくなり、ナッツの風味とチーズの味がする旨味成分が豊富なスーパーフードになります。ニュートリショナルイーストは加工時に加熱をするのでローフードではないでが、ヴィーガン食には重宝されるスーパーフードです。
(→参考ページ

なんだそうよ♪ ビタミンB郡豊富に含まれているため、スーパーフードとしてもとりあげられたりしてるみたい(知らなかった)。

でね、また、聞いたら「なになにー?」ってすぐに使ってみたくなるわたし。以前にHちゃんに教わって、このニュートリショナルイーストを使ってドラゴンボールのソース(検索したら出てくるけど、また別に紹介するね)を作ったら、これがまずかった。おえぇってなるほど私には合わなかった味だった。

それでもヴィーガンさんたちが使っている旨味のもとを、私も使いたいっ!の熱がおさまらず、最近はニュートリショナルイーストを「ローストポテト」にふりかけたり、野菜炒めに入れてみたりしてます(笑)。こういう風に炒めものなどにふりかけると、「おおっ?」っと一味違って美味しくなる(ような気がする)。旨味だ!(本当か?)

で。すっごい前置きが長くなりましたが。。。

お豆のスープをやめにして、ニュートリショナルイーストを使って「ファラフェル」と「タヒニとレモンのソース」を作ることにした☆

ひよこ豆は今日は時間短縮のため缶詰のものを使った。プレッシャークッカーで10分。すっかり柔らかくしてつぶして、クミン、カイヤンペッパー、ターメリック、にんにく、塩コショウ、セロリとネギ、卵とパン粉。。。そして!ニュートリショナルイースト!

タヒニとレモンのソースは、タヒニとヨーグルトを同量、レモンとガーリックパウダー少々、そして!ニュートリショナルイースト! (ちょっとだけね)

ピタブレッドをオーブンで温めて柔らかくして。挟む。

 

これがっ☆ なーんかとっても美味しかったよー!

右腕が上がらず不自由な相方も、左手でがっつり掴んで食べることができた。途中、ぼとりとファラフェルをひとつ床におとしてしまってたけど(苦笑)。ファラフェルもいつもよりもふんわりとしていて、スパイスも効いていて、ピタブレッドもふかふかで、思ったよりも美味しかったー。

明日、Hちゃんに「ニュートリショナルイースト、ナイス!」って報告しよーっと。

カリフラワー熱かも。

大きなカリフラワーが手頃な値段で売っていたので、洗って房に分けながらぽりぽりと食べた。

ブロッコリーは、よっぽど新鮮なものじゃないと生でも蒸しても食べたくない。あまり好きではない。でも、カリフラワーは生だと食感がとても良くて甘みもあるし、ローストしても香ばしくって大好き。

というので。

ここ3,4日の間にカリフラワーヘッドをまるまる二つ。ローストして一人で食べた。こんな風に適当にぶ厚めに(5mmほど)スライスして、オリーブオイルを絡めてから塩コショウをして、カレーパウダーを少しふりかけたりして、180度のオーブンで15〜20分ほど焼く。

温かいうちにパルメジャーノなどをふりかける。

この日は相方が食べない「ペコリノチーズ」をたっぷりふりかけた。美味しいー。

レモン汁を最後にふりかけたり、ケッパーがあったら混ぜ合わせたり。

美味しい。ブロッコリーではこうはいかない。

ちょっと凹みがちの週末でして、気持ちも体も停滞気味で。素朴で美味しいものとGusに癒やされ、這い上がるようにして(?オーバーか…)無理やりDoodleを一つ描いてアップして。

最近、ちょっと、いやかなり。。。魅せられているカメレオンくんの映像などを見て。元気をもらう。

Nature is so wonderful. so fascinating and mesmerizing.

何度も何度もみてしまう。目玉がきょろりと上を向くときなんてたまらない。なんてなんて美しい色なんだろう。

カメレオンになりたーい!

りんごの収穫と初アップルソース

我が家の老樹のりんごたちも、そろそろ収穫時。

手前に見えているりんごたちは、南に面しているので一番よく陽に当たり、赤くなるのも早かった。色づいていたので数週間前に切ってみたら、まだ甘みが足りなかったのでした。食べごろになってくると、強い風が吹いたときにぽとりぽとりと落ちてくる。ここ数日、いくつか落ちたりんごたちが、間髪入れず(?)ネズミたちにかじられていたので「こりゃ、そろそろ収穫しなきゃ」と思っていた。

雨の日曜。とりあえず、南に面していてよく熟しているものだけでも収穫することにした♪ 熟れているのは、手を添えると「ほろり」と採れる。

ほんと、今年はよく実がついたなー。なんにもしていないのに、こんなにもお年寄りなのに、頑張ってくれてありがとう。

手でもいで食べれるものを集める、っていう作業ってなんでこんなに楽しいのでしょう。

木箱一箱いっぱいになったので、ひとまず終了。できれば涼しい外に(木の上にぶら下げて)置いておいたほうが長持ちするので。まだ「ほろり」ともげない実はそのままにしておいた。来週また集めよう。

パピーのころのGusは、落ちているりんごをかっさらっていって、どこかに隠れてがじがじやってたっけ。こうやって横目で見ているだけ余裕ができたのも、おじちゃんのしるし。

さて、このりんご。切るとこんな風♪

水分たっぷりでしゃりっとしていて、とても爽やかな甘さ。このまま食べてもとても美味しい。

涼しいところや冷蔵庫で保存していても、やっぱり日がたつとみずみずしさが減ってしまう。で、今日は初めて「アップルソース」を作ってみた☆ チャンキーアップルソース=りんごがちょっとごろごろしてるソース☆

チャンキーアップルソースの覚書

  • りんご 約2kg
  • 水 鍋の下から約5cm
  • レモン汁 大さじ2
  • 砂糖 3/4 C

りんごの芯をとり、皮を向き乱切りにしたのを大きなお鍋にいれる。水を鍋のそこから約5cmいれる。レモン汁もいれる。りんごが柔らかくなるまで煮る。箸でつぶれるぐらいになったら火からおろし、マッシャーでつぶす。砂糖を加えてもう一度火にかける。砂糖は入れても入れなくてもいいらしいので、私は気持ちだけ(1/4C)いれておいた。十分甘い。

熱湯消毒した瓶にいれて保存してもいいし、冷凍保存してもよし。

ちょっとごろごろしているの見えるかな。皮が。。。入ってる。なぜ?

ケーキやマフィンに使ってもいいし、豚肉と一緒に食べても美味しい。ヨーグルトやバニラアイスに添えても美味しいと思う。思ったよりもきれいなやさしい色になったので嬉しい。赤ちゃんの離乳食みたいだねぇ。

老樹さん、どうもありがとう。

八月最後の週末より。リチャージ!

八月もあと一週間!

あぁ〜。微妙にそわそわするぅ。

九月は日本の四月と同じ、学年の始まりなので、どっかーんと忙しくなる。騒がしくなる。そんな九月がやってくる前に、今の課題、一段落つくのかな〜。明日はHちゃんが仕事に戻ってきてくれるはずだからっ。彼女にすがりついて助けてもらお〜。

少々気疲れしていて、ちょっぴり弱気になっていて、そわそわも加わって。

そんな週末、甘いもの作って元気出したー!

庭のブラックベリーと、いい具合に熟れていた桃を使って。コブラーを作ったよ♪ コブラーって、カスタードっぽい(味がね)柔らかいスポンジの中に、果物が埋まっている焼き菓子。卵、バター、牛乳、砂糖がしっかり生地に入ってるから、甘ったる〜い。酸味のきつい果物のコブラーは美味しい。ルバーブのも春に作るかな。

庭で小さめのズッキーニと大きくていびつなトマトを収穫。八月も終わりに差し掛かって、ぼちぼちといい具合に夏野菜食べれてます。

晩ごはん用に。

豚のTenderloin(ヒレ?)を叩いて平たくして、中に詰め物をしてヒモでぎゅぎゅっと。中には炒めた玉ねぎとりんごとキノコ。焼色つけてチキンストックとりんごを加えてオーブンで20分ほど焼いた。

ヒモを巻くのが下手くそでねー。いつもそこでもたついてしまう。

オーブンから出してお肉を取り出し、クリームを加えてソースを作る。 のですが、クリームが家になかったのでパス(苦笑)

夏のワンプレート。最近、本当に何を作っていいのかわからなくて、まともにご飯を作っていなかったので「頑張った感」あり(笑)。 ちゃんと食べることって大切だな。

土曜日の午前中に、ざざーっと冷たい雨が降り、地面が柔らかくなったので。

そうだ!と。 畑ボックスの手前の30cmほどの幅を少し広げてみた。芝を引っ剥がして土を落とし、境にプラスチックのプレートを挟み込んだ。ふふっ。頑張った感あり。

この狭いスペースには、いつも桃色ポピーをパラパラしている。土も痩せてきていたし、あと15cmほど幅が広かったら手入れしやすいだろうなって思っていたので♪ 見ての通り、夏の終りにはなんにもない状態になってしまっているので、来年はポピーが終わったら咲き始めるお花を登場させたいなー。

しばらく会っていなかった友人と2時間ほどお茶をしたんだけど、彼女は「会ってもらいたくてー♡」と、彼氏持参(?とは言わないか。同伴?)でやってきた!ちょうど付き合い始めて丸一年なんだそうで。「えーっ!もうそんなに経つの?!」とびっくり。んもぅ、この二人が可愛らしくて。ずーっとテーブル越しに手を握り合ってた。そのラブラブな様子を見ながら「本当に1年も付き合ってるの?」ともう一度聞いてしまった(笑)なぁ〜んか「桃色オーラ」に包まれていて微笑ましかった〜。いいねぇ、桃色の時期。

私の桃色は。タチアオイさんっ。

さて、八月最後の週、エイエイオー!