Always Pan、気に入った!

結構長いこと気になって目をつけていたフライパンがあった。

それをね、ブラックフライデーのセールのときに買っちゃった〜♪ 相方にも「ねー、これどう思う?いいと思わん?」って見せたら、「Nice looking pan! Get it!」という押しだったので。えへへー。

クリスマス過ぎてからようやく届いた。

Our Placeの「Always Pan」っていうフライパーン☆

迷ったんだけど、新色の「Blue Salt」を選んだ。新しい色だったから発送が遅くって。でも待って良かった!

Always Pan」っていう名前のとおり、このフライパンはひとつで何役もこなしてしまうっていうのが「売り」。

商品ページには:fry pan, saute pan, steamer, skillet, saucier, saucepan, non-stick pan, spatula, and spoon rest

と書いてある。焼く、炒める、蒸す、揚げる、ソースを作る、くっつかない、木べら付き、木べらを乗せるところもついているよ! というフライパン(笑)。箱から出すとこんな風。

家にフライパンはあるのです。一応。片手で底が分厚くオーブンにも入れられるガッツリとヘビーなソテーパン。それはそれで良い。その他にも相方のおばあちゃんが使っていたというキャストアイロンのどっしりなパン。これも役に立つんだけど。。。 とにかく重いし、長年使われてきたので底ががたがたで。フラットのストーブトップに「がんっ」とぶつけて傷を(ストーブトップの方に)つけてしまいそうで。

それで結構長い間、毎日使うのに使いやすい、軽くてくっつかないフライパンを探していたのです。ノンスティックパンがいいなぁとは思うものの、テフロン加工のものはさけたかったので、くっつかないセラミックのものって決めていた。

で、ふとネットかな、インスタかな、どこかでこの「Always Pan」が目に止まり、ずっと「温めていた」。これ、多分、キックスターターか何かで出てきたアイデア商品なんじゃなかったかなー。しばらくリビューとか見ていて、商品のアップグレードがされてから買おうって。

フライパンにしては軽い。

なのでもっとどっしりなのが好きな人には物足りないかも。毎日使いには嬉しい重さだし(洗いやすいから)、少し深さもあって炒めものもしやすい。専用のスチーマーもついているよ(まだ使ってないけど)。わたし、こういう「オールインワン」とか「一つで何役もこなす」とか「キット」とかに弱いんよねぇ〜。「万能ナイフ」とか!使わない(使い所がない!)のに、万能ナイフをみるとどきどきわくわくしちゃうんだわ。

なのでー。このただのフライパンだけじゃないのよ!っていうところにも惹かれてしまって。専用の木べらをのせておくところまでついてる、とかね。

ただ、これのフライパンはオーブンに入れて使うことはできません。

Always Panがやってきたらまず作りたかったのが!

ぎょ・う・ざ♡

くっつかずに焼けたー!

で、

今夜は自分用に。母に頼んで送ってもらった「桜えび」を使って。

大根もちを焼いたー。

焦げ目はつくのにくっつかなーい!

軽いー!

そんなんで、長いこと欲しいなぁ、いいなぁ、って目をつけていたAlways Pan、買ってよかった♪

母が台所を少しきれいにしたので、お祝いに買ってあげたかったんだけど、日本への発送はしていないとのことでギブアップ。そのうち人気が高まれば日本でも手に入るようになるかな。

じゃんじゃん使おう〜っと。

クリスマスが終わって。

ほっとしたー!!

この冬に迎えた新しいクリスマスローズ。

二人だけのひっそりとしたクリスマスで、大したことは何もしていないというのに、クリスマスが終わると人並みに「やれやれだわ〜ん」なんて言ってる自分。で、「さぁ、いつクリスマスのライトを取り外そうかな〜」って、さっさとクリスマスを片付けて新年を迎えたいモードです。かといって、大晦日・お正月にそれらしいことは何もしないんだけどねっ。あはは。

ビクトリアは典型的な雨空の「Gray & Green Christmas」。うちの裏庭は影になっているので、クリスマス前に降った雪が3日ほど残っていた。

1月・2月には雪が降るだろうっていう予報がでてるけど、本当かなー。

もこもこGusは、やっぱりイヌなので、雪の中ではテンションがあがるみたい(笑)。年令に関係なく!

なんだけどね〜、クリスマスの朝から今日にかけて、またお腹の調子が悪いのです。。。(涙)クリスマス・イブの日に、少しだけごちそうをと、ラム肉に火を通したものを細かくしてカリカリ(ドッグフード)に混ぜてあげたんだけど。。。それが悪かったのかなぁ。かわいそうに、クリスマスの朝は食欲もなく元気もなく、お腹も少しゆるくて。ごめん、Gus。私のせいだ。獣医さんもクリスマス休みで明日まで閉まってるし。ビオフェルミンを飲まして少し様子を見ているところ。

というわけで、恒例の「クリスマスのキューキューぬいぐるみ」もまだあげてないのです。元気になってから楽しもうねー。

薄暗い日には、クリスマスのライトやろうそくの灯りにとても癒やされる。

でももう冬至も過ぎたから、これから少しずつ昼の長さがながくなる。少しずつ、春の印があちこちにみられるようになるね♪

今年も、クリスマスは鴨の胸肉にザクロのソース(ザクロの100%ジュースを煮詰めただけ。笑)とローストポテトと赤キャベツのキャセロール。

ローストポテトはほんの少し湯がいたものに、鴨の油をアツアツにしたものをコーティングしてからローストした。それから今年のこの赤キャベツキャセロールはとっても美味しくできた♪ いつもと同じジュリア・チャイルドの料理本のレシピなんだけど、なぜか今年は本当に美味しかった。

こうして去年と同じように静かに穏やかにクリスマスの食卓につけることがありがたいよね、って相方と乾杯。

相方はまだまだ痛みがとれず、わたしもまだまだ上手に付き合えない日もあるんだけれど、一年前と比べたら「ずっと良くなったし上手くこなせるようになったよね」って。

ずっととっておいたこのワインを開けましたー。キンキンに冷えていて美味しかった!とーーーっても久しぶりにお酒を飲んだので、一気に酔ってしまった。残りは大晦日に飲もう。

そうそう。最近Youtubeで見た「おばあちゃんのおせち」シリーズ、大好き。

抱きしめたくなるようなおばあちゃんたち。何一つ飾らないおばあちゃんたちのお話にじーんとしてしまう。あぁ、私もおばあちゃんともっと色んな話がしたかったなぁって。どのおばあちゃんもとってもいいお顔をされているよ♪

初めてのパンレッスン♪

そうなのですっ。生まれてはじめて「パン作りのレッスン」っていうものに参加させてもらった〜♪ あぁ、この歳になっても「生まれてはじめて」っていうのは楽しいね〜。

出向いていってレッスンに参加する、となると「構えて」しまいがちなんだけど、私の参加したのはオンライン、しかもインスタグラムのライブのクラス☆ インスタのアカウントから申し込んで、レッスン専用のアカウントをフォローして、予定の時間になると先生がそこに登場されて実践を見せてもらえるっていう設定。いやぁ、なんという便利な世の中!コロナで規制が始まってから、オンラインのクラスやレッスンがぐぐっと増えたことは、コロナのありがたい副産物だと思う。こうして海外からでも受けられるんだもんねー。

私が今回受けたのは「@classmapan」さんの「ご飯パン」。そしてこのレッスンのことをわざわざ教えてくださったのもインスタを通して知り合った@nekonote_bakerさん。SNSさまさまだわ〜。で、レッスンは日本時間の午後1時だったので、一緒にすると焼き上がるのが夜の11時以降になりそうで。で、私はライブで工程を見せてもらって、作ったのはアーカイブ配信を見ながら翌朝(今日)。

で、レッスンを見せてもらって思ったのは、やっぱり先生が作られている手先を見せてもらうのってすごく勉強になるっていうこと。あと、作りながら話されている「こつ」や、道具の使い方とかも、「あぁ、そっかぁ〜」ってうなずいてしまった。こういうのって、自分でレシピを読んだりYoutubeで動画を見ているだけではわからないことだなぁ〜って。

でね、同じようにやってみたんだけど、どうも私の生地は手にくっついて。先生は「硬めの生地だから扱いやすいはずです」って言っていたので、「な。なんで。。。」と焦った。それに、二次発酵後も、先生のみたいにぽっこりと膨らんでいなくって、「なんでこんなにぺちゃんこなーーんっ!」と。。。

↑↑ 二次発酵後。左端に移っている「刷毛」は棒の部分を綿棒代わりにして使った(笑)。丁度いい太さだ!とひとり感動していた。

あんまり膨らんでいなかった感じだけど、オーブンの中でそれなりに膨らんでくれた〜♪

わーい♪

ご飯が入っていて、中はもちもちで、外は叩くとコンコンといい音。

で ♡♡

ちゃんと赤ちゃんのお尻みたいになった。

とてもシンプルな材料で作れるので、何度か試して自分ごのみの焼き具合を見つけてください、という先生のメッセージ。最近、パンを焼いていなかったし、こうして手捏ねで焼くのは本当に久しぶりで、それがまた楽しかった。

何もつけずに一つ食べて。で、バターだけをぬって、食べて。お腹いっぱいになってしまった。

これから天気の悪い日が続くので、こういうパン作りは気持ちもほっこりとするし、家の中もいい匂いになって幸せだ。12月には同じ先生のシュトレンのレッスンにも参加させてもらうよ♪ あまり難しくない「発酵菓子ぱん」のようなシュトレンなんだそうで、これも楽しみ☆

夜はお腹が空いていなかったのでサラダだけだったんだけど。

最近、サラダにリンゴとマッシュルーム(生)をたくさん入れて食べるのにハマっている(笑)。うちのドレッシングはバルサミコ+オリーブオイル+ディジョンマスタード+ちょっとジャム。サラダボールににんにくをこすりつける(こすりつけるだけでかけらは入れない)。うん、リンゴの甘味とキノコの旨味?がグッドです。

*おまけ:すっごい久しぶりに。ビリー・ジョエルのPiano Man。

あぁ、なつかしい。なんだか色々と思い出す。

元気な一週間を!

洋食屋さんの煮込みハンバーグ・LOVE♡

先日、大好きなくまさんのブログで子供さんたちがラブラブな「煮込みハンバーグ」を見てしまった。

これがさぁ。。。んもぅ、めちゃくちゃ美味しそうで。煮込みハンバーグとシュペッツレっていう、このドイツ風な組み合わせもツボ。先日の投稿では、お兄ちゃんこぐま君のコメントがこれまたかわいくって:

「時間を早送りしたいな。
そうしたら、ぼくは大きくなって、お腹も大きくなって、
もっと沢山食べられるもの」

そうか、そうよねっ♡ なんという賢い発想!私は「時間を早送りしたらおばあちゃんになっちゃうから。。。今、お腹ぱんぱんになるまで食べて掃除機か何かで吸い取ってもらって、空っぽにしてもっと食べたい!」なんて(笑)

くまさんが今までにも何度か紹介されているこの煮込みハンバーグ。見る度に「これ、絶対に美味しいよなぁぁ。」ってうっとりとしていた。「坂田阿希子さんの洋食教本」にのっているレシピなんだそうです。きっと、間違いのない、はずれない美味しさ、なんだろうなぁ。で、試しに検索してみたら、坂田さんの煮込みハンバーグのレシピがでてきた☆ 私はコレを参考にさせてもらったよ!ちょうど家に「ハンバーガーでも作るか」って思って買っておいたひき肉とバンズがあったので、それを使ってしまうことにした。お昼休みに玉ねぎだけ炒めておいて、仕事が終わってから「デミグラスソース」を買いに行った。

ところがですね。デミグラスソースがなーい!しゃぁない。デミグラスソースも即席で、家にあるもので適当に。

覚え書き:デミグラスソース

玉ねぎ 1/4 個、人参 1/2本、セロリ 1/2 本、細かく切ってバターで炒める。

グルメソース(?焼鳥のタレみたいな味 from Japan)大さじ5、ケチャップ 大さじ5、赤ワイン 大さじ6、醤油 大さじ1 塩コショウ を加えて煮詰める

このちょっと怪しいグルメソースに砂糖が含まれていたので、余分には加えなかった。

シュペッツェレは初トライ。くまさんは専用の道具を使って生地を直接熱湯に落として作られているんだけど、代用になる道具がないので、硬めの生地を切って湯がく方法でやってみたよ。レシピはコレ→☆

めっちゃ適当。これでいいのだ。

煮込みハンバーグはこの通り♡

次回はもうちょっとトマトを加えてみよう。

ほ〜れ、ほ〜〜〜れ、できたぞ〜〜〜い♡

洋食屋さんの煮込みハンバーグとシュペッツレ!!

妙に「黒い」ですが。。。

めっちゃおいしかったーーーー!!!

相方も「ハンバーガーよりもずっと美味しい!このソースは必須だなぁ〜。これをシュペッツェレに絡めるとたまらんなー!」って絶賛していた。うん、私もはじめてこのシュペッツレ(もどき)を作ってみたけれど、ぷるぷるした食感が新鮮!

満足♡

でね、夕方、自分のブログのアクセス数が突然急上昇していて、「ええっ?なにこれ、スパム??」ってドキッとした。その原因が、なんと今日のくまさんのブログで私のいつも作るグラノラを紹介してくださっていたからなのでした(笑)

お互いに食べものでリンクを張るタイミングがかぶって、「わぁ♪なんだか恋人同士みたい。」なーんてひとりで「けっけっ」と笑ってしまった。くまさん、おいしいインスピレーション、ありがとうございましたっ!

明日はハロウィンで「Blue Moon」の満月。ハロウィンと満月が重なるのは19年に一度なんだって。

今年は去年のような「かつら」がないので、あひるのボビーの帽子を借りて。ボビーとツーショット。

ゆったりと気持ちのいい週末を☆