春の花とプラントベースお肉で春巻き!

はぁ♡ ここ一週間ほど、初夏の陽気が続いている。今日も日中は半袖で過ごせるほどの暖かさ。

週末も庭で草刈りやらたんぽぽ抜きやらしていると、うっすらと汗ばんだ。そうよ、たんぽぽは手押し車に一杯分抜いたのよ。すごい、わたし。地面に四つん這いになって、バケツをずりずりと引き寄せながら「スコップで抜く→バケツにポイ→四つん這いでのそのそ前進→抜く→ポイ→前進。。。」を繰り返して。立ったまま引っこ抜く道具もあるんだけど、地面に四つん這いになってハイハイして行う作業のほうが腰に負担がかからない。し、この地面を「這う」というのが気持ちよかったりもする。

昨日さんざん抜いたというのに、今日はまた新しいたんぽぽたちがわんさかと別の場所で咲いてるからね〜。すごいなぁ、たんぽぽの繁殖力。

ラディッシュたち。向こう側はレタス。その向こうはえんどう豆。

ほうれん草も撒いたのに、双葉が出たところで消える。鳥かなぁ。。。

粉のような種から育った2年目のよもぎ。広がるらしいので、庭の奥のどうでもいいコーナーに植えてある。これまたどんどん広がるブルーベルたちに混じって。若葉がわさわさしてきたので、少し収穫してよもぎ餅にして食べたーい。

どうでもいいコーナーは何もしない。枯れ葉を山積みにしたりして、土を返すこともしない。でもたまに土を掘ってみるとミミズがたくさんいてほくほくしている。放っておくことも大切なんだろうなぁと気付かされる。

こぼれ種が石の隙間から発芽したセリンセ(よね?)。冬を越して今咲いてる。冬を越した草花はたくましい。

日曜日に、初めて「Impossible Meat」というプラントベースのお肉(?)を試してみた。大豆とお芋がベースだそうな。

こんな風に、ひき肉のように見える。

これをどうやって食べようかなって考えていて、ふと、ずいぶん長いこと作っていなかった春巻きの具に使ってみることにした☆

包んでしまえばわからないだろうと、野菜嫌いの相方が絶対に食べないケールも茹でて刻んで入れてみた。春雨、マッシュルーム、にんじんと一緒に。

どうだっ!

表面にごま油を刷毛で塗って、オーブンで焼いたよ〜。ちゃんとぱりっとなった!

そしてそして、なかなか美味しい! 市販のプラムソースがちょうど家にあったので一緒に。我ながらなかなか良いアイデアを思いついたと思った〜。

濃いめに味付けしたので相方も喜んでいた。こういうおかずってご飯がすすむよねぇ。えへえへ。また作ろうっと。

庭が少しずつ少しずつ春めいてきている。

この時期は気持ちが外へ外へ向いてしまい、多少ざわついて落ち着かない。まぁ、それも、季節と同じように落ち着く時期が巡ってくるだろうからいいかなと。

*おまけ:週末のプチ修繕

笑える修繕。

どこにでもある、グレーのパーカー。前ポケットに手を突っ込むせいで、プラス、台所のカウンターにもたれて「擦れて」、お腹のところが薄くなって今にも大きな穴が空きそうだった。

よれよれだし、リサイクルにでも出せばいいんだけど(って、こんなの誰もいらないか)、なーんか捨てれなくて。

パッチワークを貼ることにした。のですが、良いあて布がなくってさー。で、去年作ったマスクで小さすぎてGusサイズになってしまったものが道具箱に入っていたので。。。それを切ってあて布にした。

ほ〜〜〜〜ら。

ジッパーのところは無理やり刺繍糸でぐりぐりぐりと巻いた。

蝶々みたい? 笑える〜。変すぎて笑えるけど、これでまた今年一年は着れそう。あはは。

ソーカーホース試運転とお家バンズでプルドポークサンドイッチ

やたら長いお題だな。

先週末の4連休の最終日は、心地よく充実した一日で満足だった♪ 今年の春はなかなか気温があがらず、まだ寒いものの、そろそろ庭に水やり用のホースが必要になってくる時期。

そこで。ホースを繋げて裏庭に伸ばしていく前に、ずーっと気になっていた「蛇口の水漏れ対策」をした☆

いくらきつく締めてもぼとぼとぼとぼとと水が滴り落ちていた。もったいなくて。

下の手で持っているのが古いもの。ものはまったく同じです。見ての通り、締める部分を覆っているプラスチックも割れている。そこだけでなく、二股についている開閉ノブ(?)のところからも漏れていた。

取り替えるときに、忘れずに「スレッドテープ」をつなぎ目の溝のある部分に巻き付けておいた。こういう小さなワンステップのための修理用品、好きだなー。

相方に、新しいBrass(真鍮)の二股蛇口を買ってきて取り替えたで!そのときにちゃんと白いテープもまいたでー!って自慢したところ、「おおおっ、やるなぁっ」って感心していた。そうだよ、私はこんなことまで自分でするようになったんだよ。

本当に小さな修繕なんだけど、水漏れが止まってとても嬉しい♡

さぁ、ホースが繋がったところで。畑ボックスにソーカーホースを並べたよ〜♪ 畑や花壇に水をやるのに、今まではずっと、ホースにシャワーヘッド(?)みたいなのを付けて手で水やりをするか、小さなスプリンクラーヘッドを移動させてやっていた。でもそれがどうも水の無駄遣いをしているようで。

例えば野菜を育てるときに理想的なのは、平均して、一週間に5cmの深さまで水を浸透させてあげることなんだって。私の水やりの仕方だとせいぜい2cm。水の勢いが強すぎて表面を流れていくこともある。ソーカーホースやドリッピングシステムを使うと、ゆ〜っくりと水がしたたり落ちるので、流れることなくじんわりと土に染み込んでいくというわけ。そうすることで水の節約にもなるって。

家にあったソーカーホースがまだ使えそうなので、畑ボックスはとりあえずこれでいくことにした。
ほ〜ら、ほ〜ら♡

うねうねうねと。

これね、太さは3cmくらいあるかな。全体に針で開けたような穴がたくさんあるので、ドリッピングやソーカーホースというよりは、霧のようなスプレーがしゅわーっと吹き出るホース。地面についている部分はそのまま染み込む。吹き出るのでホースを挟んで30cmくらいの幅はカバーできる。なかなか良いホースです。これと同じものをさがしてみたけど見つからないよー。お店にあるのは、大抵、じわ〜っと水が染み出るものなので、ホースから2cmほどの幅しか湿らないのです。

例年、乾燥させっぱなしのハーブベッドには、新しい平たいソーカーホースをうねらせてみた。ここは土が盛り上がっていて本の少し傾斜があるというのもあって、水やりをすると乾燥した土の表面を水がどんどん流れていっていた。いつも「全然しみてないやん。」と困っていた。このホースで少し改善されるかな。ハーブたち、喜ぶよね、きっと。

さて。イースターの後半、我が家は「プルドポークサンドイッチ」を二日続けて食べた。インスタントポットで作るプルドポークは、すごく楽ちん。前の日の夜に簡単な味付けをして冷蔵庫に放り込んでおいて、翌朝取り出してスイッチオン。いつもどのレシピを使ったか忘れるので。。。

今回のはこれっ。メープルマスタードプルドポーク(英語)。以前はお肉にこすりつけるスパイスはこの(→)のレシピを参考にした→スロークッカーメープルプルドポーク(英語)

インスタントポットにはスロークッカー機能もあるのだけれど、レシピ通りの8時間では思い通りに柔らかくならないので、私はいつも6時間スロークッカー機能をつかい最後の40分ほどをマニュアルのハイプレッシャー機能で仕上げる。そうするとほろほろ〜になる。

この日は祝日でパン屋さんも閉まっていそうだったので、仕方なくバンズも焼いた。適当に選んだレシピだったけれど、なかなか美味しく焼けたよ。→ハンバーガーバンズ(英語)。半分の量で、4つだけ。

これを作るときに、レッスンで教わった捏ね方とか、丸く整形するやり方とかを思い出して実践できたのが嬉しかった〜。

なんてシンプルな夕食。晩ごはんどきにも外がまだ明るい季節になった♪

明日は雨で、その後は晴れが続きようやく気温もあがるそうな。そろそろ春の草花が発芽してくれるかな、と楽しみ。

花粉症に負けないでがんばろ〜。

マーガレットパン(次回頑張る)

三月の classMApan教室のレッスンは「マーガレットのパン」でした!

イースター前の週末に花の形のマーガレットパン。タイムリだなぁ〜と、わくわくしていた。今回はセミハード系のパンということで、洋食ごはんに添えるのに使えるかな〜、と、これまたわくわく。

それでは今回も自分用に覚書き。

いつもせっかちで「はいはい、次々!」っていってしまうので、今回は一次発酵のときに「あと10分の余裕を」もってきちんと発酵させてみた。上のくぼみが時間通り(60分発酵)、あと10分足してからのチェックが下のくぼみ。違いがわかる〜。

コーンフラワーがなかったので、「コーンミール」を撹拌して(?)なるべく細かく砕いてみた。けど。。。表面にぶつぶつと黄色い粒が出てきた。次回はコーンフラワーを買ってこよう。

合計、350回ほど捏ねたあとに、10回ほど折って台に打ち付ける手順がある。先生の生地は打ち付けたときに気持ちよく伸びているようなのに、私のはかたまりのまま「ずどんっ」という感じだ。なぜだろう。生地が硬いのかなぁ。。。。と思っていたら。。。ビデオで。。。

先生:生地を半分に折り、合わさった折り目とは違う方の「辺・はし」をつかみ、生地を叩きつけるときの注意。追って丸くなって生地の一番膨らんでいるところを叩きつけては駄目。(どきっっっ!)そうすると硬い生地になりますよって。持っている反対側の「はし」のあたりを台に打ち付けてどんどん丸くしていくような感じですよ、って。

ほーーっ。私はずどんずどんと何も考えずに叩きつけてましたっ!

線を入れるのが難しく、丁度いい麺棒がなくて、また以前のように刷毛の「柄」を使った。これは使えるかも、と思ってとっておいたアルミホイルの芯もいい感じだったんだけど、やや太くて。

成形にもたついてしまって生地が乾いたような気もする。あまりにも力任せに押し付けたら生地が切れてしまいそうだし、「お花になぁれ。。。」と念じながら5回、ゆっくりと優しく押し付けた。

発酵温度は30度。オーブンについている発酵機能をオンにして温度を測ってみると23度くらいだ。なので、いつも最初に少しオーブンをつけて、30度位になった時点で切り、ドアを開け、発酵機能をオンにしてみた。

2時発酵終了。 上の黒ごまがのっている部分をもう少し思い切って押し付けても良かったかも。あと、花びらのくぼみももっと思い切ってつけてみても良かったかな。

スチーム機能付きのオーブン、が理想なんだそうで。うちの電気オーブンにはスチーム機能がない。で、これが良いのか悪いのかわからないのだけど、一番下の段に耐熱容器をおいてお湯を入れておいた。

上段にもう一枚のクッキーシートをのせ、10分スチームありで焼く。温度を下げて上段のシートを取り除き、14分。途中で一度、パンの前後をひっくり返した。

どんな風に膨らむかな〜って。気になって気になって。オーブンの外から覗いてみてびっくり。

ぶおぉ〜んと膨らんでいた。でも、レッスン中に「焼き上がりはぱーんと膨らんでいて、お花のように見えないかもしれませんが、一日置くと生地が落ち着いて線がきちんと見えてきますよ」って先生が前もって教えてくれていたので、あまり焦らず見守ることにした。

焼けたー!!!

。。。

先生っ、UFOみたいですっ!

と、つぶやいてしまった。笑えるほどかわいい。

「いいにおいだねぇ。」と顔を出した相方が、わたしのマーガレットパンをみて固まった。

彼:「ベレー帽?」

私:「マーガレット。花の、マーガレット。」

彼:「OK.」

ぱちぱちという音がしていた。一部、筋が切れている。花びらのかたちじゃない。

どの角度から見てもお花には見えない。

でも、このぱーんと膨らんだ宇宙船のようなベレー帽のような形が妙にかわいいので、くまさんと記念写真。

焼いてから一晩おいて落ち着いてから召し上がれ♪ という先生のメッセージ通り、きちんと待ちました。私の初マーガレットパンはこんな風☆

一晩置いて本の少し線が浮き出てきたでしょうか。

私の今回のは、「マーガレットになれなかったパン」。

先生の例みたいにかわいいお花の形にはならなかったけれど、とても美味しかった☆ イーストで、特別な粉でもないのに、じんわりと美味しくてびっくり☆ 間違ってコーンミールを使ったものの、それが結構香ばしくって、リベイクするとパン生地がパリッとシャキッとして、先生がコメントされていたように「お料理のじゃまをしないようなさらりとしたパンです」というパンでした!

今夜はビーフストロガノフ(残り物ですが)だったので、一緒に食べましたー。相方も「すごく美味しい。あのベレー帽のパンでしょ?」って喜んでいた(笑)

なかなか一度では上手くいかないけれど、レッスンでは毎回何かしら新しいことを教わり、発見もあり、とても楽しい。また練習しまーす!

お肉じゃないミートボールとチーズホワイトソースのパスタ

すこ〜しずつ日が長くなり、同時に日が高く昇るようになってきて、裏庭にもまともにお日さまが当たる部分が大きくなってきた。うれしいな。

Gusが日光浴に出たがるようになると、春が来たしるし(笑)。

さて。

同僚グレッグがね、数週間前だったか「プラントベースの食材」が驚くほど美味しい!と騒いでいた。

リモートワークになってから私たちのグループは「マイクロソフトのTeams」っていうコラボレーションプラットフォームに移行して、そのツールを使ってコミュニケーションをしたりファイルシェアリングをするようになったのね。これがホント、便利です。数名が同時に一緒に一つのドキュメントを訂正することもできるし、気軽にチャット(テキスト、音声、ビデオ)もできるし。ある意味、このツール・プラットフォームを使うようになって、コロナ以前よりも不思議なコネクション・絆(?)みたいなものができたような気がする(私は)。

話がそれた。そうそう、リモートになってからもこういうツールがあるおかげで、おなじみグレッグや他の同僚たちと毎日チャットおしゃべりする。気軽にチームの中に小さなチーム(チャンネルという)を作って、その中でアイデアを交換したりする。

そこでです。このプラントベースのお肉の話がでてきたのは。グレッグの場合、テキストメッセージからも興奮ぶりがわかる(笑)。「お肉じゃないミートボール」がとにかくEXCELLENT!!!(←大文字)だったらしい。この話でかなり盛り上がったので(盛り上がっていたのは彼一人だったけど)、私も試しに買ってみた。

こういうの。Unmeatableという。きっとUnbeatable(負けることはない)にかけてあるんだろう。

イタリアンスタイルミートボール、とな。

材料をみるとえんどう豆の粉や乾燥ビーツ、玉ねぎ、にんにく、米粉がベースで、ココナッツオイルやスパイス調味料などが加わっている。

↑↑のパッケージの写真をみると、ゴルフボールくらいの大きさのミートボールかなーって思うよね??

違った。

ころんころんと。大きな飴玉くらい。えーーーっ、だまされたーっ!って思った。

オーブン、レンジ、フライパンのどれでも調理できるらしいんだけど、私はフライパンにオリーブオイルを入れてにんにくを少し炒め、その中でゆっくりと炒めた。

今日のワンプレート晩ごはん。

可愛い大きさ。一口サイズ。

結構ねぇ、味がしっかりとついていて、まぁ、言われなかったら「お豆ベース」とはわからないと思う。食感はミートボールというかソーセージっぽいかな。相方に「どう思う?」って聞いたら、悪くない、と言っていた。ベジバーガーなんかには絶対に手を付けない彼が「悪くない」っていうのだから、お肉っぽさもあるんだろう。私にはすこし味が濃すぎるかな(薄味好みなので)。でもまぁ、ちょっと前までのベジ製品よりもずっと美味しくなったと思う。それに!ちょっと前までのベジソーセージなどは。。。食べて少しすると「お◯ら」がぷーぷーとまらなくて飛んでいきそうになって困ったけれど、これはまったく大丈夫!

で、今日のこのパスタはですねー「チーズホワイトソースベイクドパスタ」。レシピというほどのものでもないんだけど、家ではよく作るのでメモ書き。

パスタを300〜400g茹でる。いつもは中途半端に残ったパスタを冷凍しておいて、これを作るときに混ぜちゃう。湯がいたのならお茶碗大盛り2杯半くらいかな。チーズホワイトソースは:小麦粉大さじ3、バター大さじ3、牛乳2カップ(少しチキンストックやホワイトワインを混ぜるときもあるけど、メインは牛乳)、モッツァレラ1カップ(シュレッドしたの)。

ホワイトソースをパスタに絡め、上にパン粉とパルメジャーノをふりかけて180度のオーブンで20分〜25分ほど。

こちらで言う「マカロニ&チーズ」のようなものです。私のはかなり適当で、残り物のパスタや牛乳やチーズを消費するときにこれを作る。んだけど、こういうお子さまウケするようなのは、相方が大好きでねぇ。それでよく食卓にあがってくるというわけです。

今日の空はドラマチックだった。

朝はまだ霜が降りるくらい冷えているけれど、少しずつ景色が春に染まっていってる。

*おまけの羊さんビデオ。

羊、好きです。森の中で見つかってこのサンクチュアリにつれてこられたバラックくん。何年も何年も毛を刈ってもらわず、文字通り「野放し状態」で過ごしていたらしい。すごく重たそうでかわいそうな姿なんだけれど。。。それもみょうに愛らしくて。あ〜、たまりません♡ 刈ってもらって軽くなってセーター着せてもらえて、きっとうれしいよね〜。