冬空散歩と占いシーズン?

日曜日も雲間から青空がのぞいたりして気持ちよかった。冬にしか見ることのできない独特の灰色はなかなか素敵です。

素敵だと思えるのは、きっとこうして大きな空と海を一緒に見ることができるからなんだろうな。

えっちらおっちらとGusと散歩。途中、右の後ろ足をかばうようにびっこをひいたので、ちょっと心配したけれど、しばらくその場で草を食べ、スローダウンして歩いていたら普通に戻った。ほっ。

歩くスピードが落ちても、元気に歩けるうちは今まで通りのコースを一緒に歩こうね~。

だれかこないかなー。

Gusのお気に入りのカフェにも。。。無理やり立ち寄らされた。3回に一度くらいは「行こうよ行こうよ」とダダをこねるGusに付き合う(苦笑)。Gusはそこで何をするというわけでもないのに、この小さなカフェが好きなんよね。ひとりでもちゃんと待っている(珍しく)

このあと車椅子のおじさんと、ケアギバーのおじさんの二人がやってきて、Gusもお二人の間にはいって団らんしていた。丘の上でも、他の犬への挨拶は「しゃーー」っとすませ、いつも大抵「飼い主さんたちの輪」の中に入って顔を見上げて笑ってる。なんのはなししてるんですか?とでも言わんばかりに。団らん上手な犬(笑)

今日のDoodleより。こういうシーンです。

あ、最近のハマリモノ。相方がやっていて「おおおっ!」っとわたしにも火がついてしまった。

シナモントースト

パンを焼いてバターをたっぷりぬって。予め混ぜておいた砂糖とシナモンをふりかけただけ。もっとシナモン!ともうひとふりすることもある。おいしー♡ こういうのをするときは、白いパンがいいな。

12月も半分が過ぎると、ネット上のあちこちで「2020年の占い」を見かける。新しい一年が始まるとなると、この一年に大満足だったひともちょっと辛かったひとも、同じように「来年はどんな一年になるのかなぁ」と気になるもの。わたしも普段はあまり占いなんて読まないけれど(あ、石井ゆかりさんの筋トレは読む)、この時期になると人並みに気になってくる。来年はとにかく、わたしの大切な人たちがみんな元気であってほしい。それだけっ!そんなことがどこかに書いてあるかなぁーって探してしまう。しいたけ占いの2020年の上半期も読んだよ~。

他にどんな占いがあるかなぁって見ていて、ふと目に止まったのが「マヤ暦」なるもの。初めて聞いたー。知ってますか? 調べてみたらわたしは、
Kin 42で、白い風、黄色い太陽、音3

詳しいことは全くわからないんだけど、「青い猿」とか「赤い空歩く人」とか不思議なイメージが色々とあるのが楽しい。興味のある人、どうぞー →ここで調べられるよ☆

なんだか。。。喉がイガイガするし頭が痛い。。。このセメスター、一人風邪ひかずにここまで頑張ったんだもんっ。ここでひいてなるものか。

オレガノオイルなめて今日は早めに布団に入りまーす!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

久々の青空と光と、うさぎの抜け穴

とっても久しぶりの青空。

はぁ〜。気持ちいい。お昼前にGusを連れて散歩。

いつもの丘に。

色づいた木々の間を揺らめく秋の光も大好きだけれど、冬の曇り空のあとや雨あがりの光は特別。

なんでもない草花が主役になる。

朝起きてしばらく、理由もわからず「もやもや」としていた。なのに、こんな光の中を歩きはじめるともやもやも消えていった。摩訶不思議。

えっちらおっちらと、歩くスピードもゆ〜っくりで、柔らかい草をみつけてはもしゃもしゃ食べているGus。草を食べすぎるとう◯ちにいっぱい出てきて困るんだけど、美味しいらしい。呼んで引っ張らなかったらずぅっと食べてるんじゃないかと思う。

夏の間はあんなにカラカラだった丘のうえも、冬になるとこの通り。緑の苔と草で青々とする。この冬は雪降るのかなー。先日、職場の学生さん二人と話していたんだけど、彼らはカナダの内陸部出身で、12月にもなれば真っ白な景色が当たり前っていうところで育ったんだって。だからビクトリアのように温暖だけれど曇り空や雨が続き、雪のない冬は気持ちが滅入るって。クリスマス休みに帰省するのを心待ちにしてるんだって。そりゃそうよねー。冬は寒くても真っ白で、カーテンを開けると眩しい雪景色が広がっていて、遅い朝ごはんのあとにクロスカントリースキーをつけてトレールを散歩する。はぁ♡ 良いなぁ。いつかそんな風に冬休みを過ごしてみたいなぁ。

木の枝に残るどんぐりが。とてもかわいい。

2月の終わりになれば、また少しずつ春を感じるんだろうなぁ、なんて思いながら歩く。もうあと10日でクリスマス!うう〜〜っ。な〜〜〜んにもクリスマスらしい準備していない。何一つ! 木曜日が仕事納めだから。。。その後でいいか。ふむ。

久しぶりにカメラを持って歩いたので、カレンダーに使えそうな写真を撮ろうと頑張ったんだけど、当の本人(犬)は草を食べるのに忙しく。

Gus〜〜〜!!!と呼んで口笛吹くと。。。

Gusじゃないイヌが「うほほ〜〜〜い!」と飛び出してきたっ(汗)。

尻もち付きそうになったわ。。。(笑) 可愛かったけど。このモシャモシャくん。

クリックで拡大。ライトハウス見えるよ。

こういう雲と光の具合も、冬ならではで好きです。

さて。

お題にもあるように「うさぎの抜け穴」。 今までも何度か「フェンスの下」の土を掘ってできた抜け穴は見つけてきた。そのたびに土をかぶせ、板をあてて石で押さえてきた。「ラビットハイウェイ」は閉鎖されているはずだった。

ところが。先週、二度も庭を突っ走る茶色い生きものを見かけた。うん、リスじゃない。うさぎだあれは。で、昨日の夕方も。この間見かけたのと同じようなうさぎが、同じ方向(西側のフェンス)めがけて突っ走っていった。むむむむむ。。。。。っ。

うさぎの消えていった辺りを調べてみると。。。

うぎゃーーーっ!

しっかり穴開けてるやんっ!!!

今日の午後はこのフェンス沿いの草を刈り取って長い板を当てた。念の為、反対側(東側)のフェンスを見てみると、フェンスは大丈夫だったけど同じくらいの「穴」がフェンスの下に掘られていた。。。東西に伸びるラビットハイウェイ。。。再建されていた。

で、うちのパトロール犬は何やってんのー?!

うさぎがカサカサっと草の中を走るのを察知して、Gusはしっぽをぴーーーんとたてて、前足を片足あげてハンティングポーズ。

正反対の方向向いて。。。 んもぅ。格好は完璧なのにっ!

→→Doodle Marathon: rabbit hunt. unsuccessful. にそんなGusを描いてみたよ〜。良かったら見てねん。

とても久しぶりに庭で2時間ほど体を動かし、淀んでいた草の茂みをスッキリとさせ、とてもいい気持ちになった。やっぱり草や土に触れると体は生きものとしてリセットされるみたいです。明日も雨が降っていなかったら庭の片付けしよう〜。

the last day of November.

今日で11月も終わり。雲ひとつなく寒い日が続いているビクトリア。寒くても冬にこんな風な青空の見えるのは贅沢。

長く感じた一週間。金曜の夕方の散歩でふぅぅ〜っと深呼吸。はぁぁっと吸ってふぅ〜っと吐いて。

細い三日月と岩の上にいつも独りで佇んでいる(?)サギ。見えるかなー(クリックで拡大するよ)。

今朝はびっしりと霜が降りていてきれいだったな〜。土曜日の朝は目覚ましなしでゆっくりと寝るのだけれど、午前中はまだ体に疲れが残っているのがわかる。洗濯物を洗濯機に放り込み、しっかり着込んで自転車でダウンタウンまでひとっ走り。妹の誕生日のお祝いを調達し、帰りにいつものファーマーズマーケットに立ち寄った。夏場は小学校の外で開かれるマーケットだけれど、10月中頃からは学校の建物の中に移動する。お店の数は減るものの、パンや野菜は手に入るし、これからはクリスマスに向けてのクラフトも見られるようになる。何も買わなくても、ぐるりと見て歩くのが好き。売っているひとたちの顔が好き。なんだかね、みんなとても生き生きとしていて「自然美」そのもの。ツヤツヤできれいなひともいるし、シワシワでも目がキラキラしていて、グレーヘアーが混じっていてもそれがとても似合っていて魅力的なのです。野菜を売る泥臭そうな(?というか、土にまみれたような)男のひとたちも魅力的。なんだかいいなぁ、内からあふれている自然美。。。なんて思いながらぐるりと一周していくつか野菜を買って帰ってきた。

そしてGusと歩く。

丘の上にはわんこがいっぱい。

思いっきりお尻に挨拶されて硬直しているGus。いっつもこんな風。相手に十分匂わせてあげて、その後に「では、ぼくちんも。。。」と相手の後ろに回ろうとするんだけど、Gusに挨拶を済ませた子たちはささっと立ち去っていくのでGusはゆっくりと匂わせてもらえない(苦笑)。で、気を取り直して飼い主さんの方に駆け寄って行ったりしている。

午後はたっぷりと昼寝をしてしまった。Gusも私も相方も。

昼寝のあと、お風呂にお湯をためてくた〜っとした。体が温まり、眠気もとれ、いつもの夕方の瞑想をして、ようやく一週間のたまっていたものが体の外に抜けたように感じた。リセット(回復)に時間がかってしまうのも歳と比例するのかな。マーケットの人たちみたいに自然に生き生きつやつやとなりたいものだなぁって、お風呂でくったりしながら思った。なんとも「unproductive」な土曜日だったので、明日はもうちょっとちゃんとしまーす。

*おまけ:Doodle 90日目〜☆

あと少しで100!わーーーい!
Doodle Marathon「flow & bloom」

paprica doodle インスタはココです

healing calmness.

ぴりりと冷たく透き通った空気。風もなく穏やかで、そういう11月の終わりの晴れた日の、いくつかの条件が合わさることで見ることができる夕暮れの海と空の顔。

写真は全部クリックで大きくなるよー。

久しぶりにカメラをたすき掛けにして、Gusと海岸まで夕方散歩。

11月もあと10日。そして今年最後のひと月。わーお。大学のタームも、あと2週間ちょっと。そして試験期間に入る。

早いなあ。巡るなぁ。

この秋はアップ&ダウン(というより、低いところを低空飛行していた感じ)があって、ブログでも少々「べそ」かいてしまっていた。温かいコメントにずいぶん支えられました。ありがとうございます〜。

そうやって元気をもらったから、それだけではないけれど、何気なく始めて続けてきたこのブログが「何か」につながっているのかなぁ、という気がする。イメージで言うと、カタツムリの「目(?あれは目?よね?)」のようなアンテナのようなものがたくさんくっついていて、ゆらゆら揺れながら発信したり受信したり、というような感じで。

こんなところで言うのもなんですが、わたし、「助け」を呼ぶのがあまり得意ではありません。三人姉妹の一番上だからかなー、とも思う。昔から、とりあえず自分でなんとかしなきゃと、意地っ張りになることが多くて、家族や友人に話すときには「後の祭り」だったり(苦笑)。一人で決めて一人でもがいて、それで失敗しても納得だわっ!って。周りに色々と質問するのは抵抗ないのに、「ヘルプ!」の求め方が下手です。

でも、この秋、ちょっと大変だったときに、もうどうすりゃいいのー?!とたまらなくなって、メールで日本の友人に質問したり、愚痴を聞いてもらったり、ブログでぼやいたり、ブログのお友達(会ったことのないひと!)に相談してみたり、相方の友達に電話をしたり。。。してみた。すると、みんなすごくすごく優しくて、親身になって話を聞いてくれて手を差し伸べてくれた。

みんな、優しい。やさしいひとがいっぱいいる!!

って、じわ〜〜〜〜〜〜んと身にしみた。

Gusも大きな支え。大好きなヒツジさんを目の前でブンブン振り回して元気づけてくれたり(本人、その気はないけどね。笑)。

ありがたいなぁ〜ってしみじみと感じた秋。

透明に色づいている夕空と海をみながら、ほんと、ありがたいなぁって。

みなさん、どうもありがとうございます。

さ、また明日、カリフラワー買ってこよーっと。そうだ、最近、また「ポメロ」にハマって毎日食べてるよー!