雨のクロワッサン・モーニング

午前中、どしゃぶり。

土曜の朝の雨は悪くない。慌てて出勤しなくてもいいからねー。

Gusの散歩のあとに、まだ空いているスーパーで買い物をすませ、ついでにイタリアンベーカリーでサワードゥを調達。焼きたてのパンのいろいろが美味しそうで。。。

週末ご褒美に、ぱりぱりアーモンドクロワッサン。

エスプレッソいれて、たっぷりの豆乳を温めてラテにして。

ようやくゆったり。ひたひたという雨音を聞きながら、あったかな豆乳ラテのマグを両手で包む幸せ。

秋の幸せだなぁ〜、なぁ〜んて思いながらゆっくりの朝を楽しむ私のすぐそばで。

きゅぃん。きゅぃん。。。。

こんな顔して鼻をならす。眼力送りながら鼻をならす。。。

んんんんんん。。。。

んもぅっ。

「NO.」と言って、Gusの顔の前で手の平を広げてみても、じーーーーっと見つめる視線は変わらず。

泣きやんでも、この位置から絶対に動かない。「ぼくちんのシェア」をもらえるまでは。

んもぅ〜〜っ。

クロワッサンの耳(?端のかりかりのところね)をちぎって。

はいっっ!

かぷっ。

ひといきで食べてしまう。

でも、自分のシェアをもらうと気がすむようで。このあとは「ひつじさん(←今一番のお気に入りのぬいぐるみ)」を探しに行ってくれた。週末の朝は、こうしていつもよりもゆっくりと遅い朝ごはんを楽しめる。いつもよりも遅いモーニングノートを書いて、その日一日することを箇条書きにしたりして、ぼーーっと雨の庭を眺める。晴れていると、「さぁ、次、次!」と自分を掻き立ててしまうけれど、雨の朝は気持ちよくぼーーーっとできる。

ちょうど、Gusの長い散歩の時間帯には雨がやみ、広場の横のとても小さなトレールを歩いた。

もう、すっかり秋。どんどん秋。

この季節になると、思考がすすすーっと内に向く。独り言が増えたりもする。誰もいない小道でぼそぼそとつぶやくと、誰かに聞いてもらっているような心地になれる。

でね、ぼそぼそ言っていると、「ほぅほぅほほぅーーー」って。フクロウの声にはっとして木の上を探してみると、いたよー!みにくいけれど。ほら↓↓ ほほほほぅ〜〜、を聞いてほしくて、画質の悪いクリップだけどアップしてみたよ。

ちょっと胸を膨らませて前かがみになるんだねぇ。

ふくろうは夜行性なのに。こんなお昼前の明るい時間に何してるんだろうねぇ。この画像では全然わかんないけど、斜め横から見ると、お腹の辺りがとてもこんもりとしていた。「赤ちゃん産むのかなー」ってふと思ったけど、あははっ、フクロウは卵を生むのだから、お腹が大きくなるってことはないか。え?卵を生む前の母鳥って、お腹大きくなるのか??どうなんだろうねぇ。。。 と、またぼそぼそとつぶやいてしまった(笑)

日本もようやく暑さがおさまってきたかなぁ。前回の帰国からもう一年だわー。サンマが食べたいです。

どろんぱなGus。が好き。

今朝は(も)寒かったー! 10度きってたもんなー。

ヒートテック着て、フリースまで引っ張り出してしまった。ぶるっ。

Clickでちょっと拡大〜。

いいお天気だった。空気に透明感を感じた日。

土曜日が半日出勤だったので、今日は一日休みをもらってリチャージ。朝からちょっとした買い物で久しぶりにダウンタウンまで自転車で。月曜の朝のダウンタウンは仕事に向かう人たちばかりで、のんきに買い物している自分がとても不自然に感じた。

家に戻ってその足で庭で出たゴミ(刈り込んだ草木など)をリサイクルのところに持っていってポイ。これが何故か混んでいて、列ができていた。月曜の朝は空いてるぞ、と余裕な気分で出向いたので驚いた。

いつもとちょっと違うことを月曜の朝に試したせいか、なんだか疲れてしまって、Gusとのんびり散歩でペースを取り戻す。

もうすっかり秋。これからどんどん葉っぱが落ちてくる。

きれいに色づいた枯れ葉を一枚見つけたので。

Gusの頭にのせて、どろんぱ。

ぼくちん、どろんぱしてこっくさんになりたいです。 いっぱいくっきーつくって、ぜんぶぼくちんがたべますよ。

こんなふうに笑うイヌ。

自分のイヌだけど、Gusはかわいいなぁって思う。とてもかわいい。

秋の光になぞられて、わらってる。

G:もう、やめてっていったのに、まだまだもうちょっとそのままーーって。もういいですかね?

ことばの通じない相手なのに、Gusにしか通じない思いがあったりして(勝手に通じていると思ってるんだけどね♪)。それもふしぎ。

自分のイヌだけど、Gusが大好きよってみんなに言うよ。

ふたり

ふたり、の写真を3枚並べるよー♪

手をつないで、柔らかい声で会話を交わすお二人。

のろのろと歩いていたGusと私とすれ違うときに、「Beautiful day, isn’t it?」と奥さまのほうがにっこり笑って言葉をかけてくれた。続いてご主人さまのほうが「Enjoy your walk.」と言ってにっこり。「Thank you. you too.」といって私も笑顔を返した。素敵なご夫婦だな。と、ほっこり。

若いふたり。

しっかりと指をからめて手をつなぎ、さっさっと足早に私とGusの後ろからやってきたかわいらしいふたり。

歩くスピードがわたしたちよりずっと速いので、道の端によって先に行ってもらった。

すれ違い際に、彼女のほうが「Thank you.」って。きれいなひと。声も透き通ってきれいだった。彼はGusににっこり。この道の先にある小さな庭園に入っていった。そっか、庭園でデートなんだな。なんだかとても微笑ましくて、いいなぁ〜と、幸せな気持ちになった。

ふたりって、ひとりより、いいよなぁって。

そして、散歩の後にでかけたローカルマーケットで見かけたこのふたり。

右のね、傘を持っている人はパブリックアーティストの「Kashi Abbas」さん(←あとで調べた〜)

See & Be Seen、っていうパフォーマンス(プロジェクト?かな)をされている。私は体験しなかったけど、「Silent Eye-Contact」というのをしてるんだよー。説明を読んでみると、Kashiさんの前に座り一緒に数分目を閉じるんだって。そして、なにも言葉をかわさずににっこりと見つめ合うんだって。「無言で座り、見つめ、見つめられることで、わたしの心に何かが起こるんです。ひとがひとであることの本当の意味を気づかせてくれるんです。」というようなことがKashiさんのサイトにも書かれていた。それを共有できたらって。

「Connecting」とか「ソーシャルネットワーク」とかいって、わたしたちはスマホばかりを見つめてその中で「つながっている」気になっているけれど、本当にそうなのだろうか、っていう疑問が背景にあるんだろうな。言葉を交わさなくても、まったくの他人であっても、ただ静かに座って目を開けて見つめ合うだけで、自分というもの、目の前にいるこの人、二人で共有しているこの時とこの場所、を「見つめてみる」エクササイズなんだろうな。

Kashiさんのサイトでもインスタでも色んな人の写真が紹介されている。いろんなひとがいて様々な顔があって、いいなぁって思ったよ。

ふたり、でした〜。

green power.

三連休にひとつ休みをくっつけて四連休。そ、今日、火曜日も私は休み♪ 平日というのを利用して、今日はとっても久しぶりに静かなトレールを歩いた。

あぁ。気持ちいい。

去年の暮れに相方が体調を崩してから、こういうファミリーウォークをしたのは今日が初めて。二人と一匹、緑に癒やされた。

最近のビクトリアは、交通事情がとても悪く、特に春から夏にかけての気候の良い時期にはあちこちで「道路工事」をしている。交通量の少ない夜には作業をしないので、平日でも日中混み合ったりする。ちょっと前まではこんなにも道が混むことはなかったのに。なので、私も相方も最近は車で出かけるのも避けていた。このトレールには何度も来たことがある。いつもよりも10分ほど長くかかったかな。家からここまで40分弱。やっぱり目的地までが半時間を超えると、「長いなぁ」って感じてしまう。

インレット(入り江)は穏やか。あちこちから絶え間なく聞こえる鳥の声。

水は冷たいんだけど、日向にいるとじりじりと暑く、カヤックを岸にやすめて泳いでいる人たちもいた。お母さん、おばあちゃん、子供3人。みーんなちゃぷちゃぷと気持ちよさそうだった〜。あぁ、私も泳ぎたーい!

Gusは胸まで。お決まりのGus流、行水。

しばらく木陰のベンチでぼ〜っとして、海を眺めていた。

緑のトンネルを歩き、海辺に腰掛けているだけでこんなにも気持ちが軽くなる。優しくなれる気がする。

この水にざばーーーーっと飛び込んでひと泳ぎしたら、たまらなくすぅーーーーっとするに違いない。と思いながらも、今日はタオルを一枚も持ってこなかったので控えておいた。

自然には治癒力がある。海の水にも風にも木陰の心地よさにも温まった石ころにも眩しい光にも草の匂いや鳥の声にも。

あぁ、すっきり。いい気持ちになりました。

さ、明日は仕事。