季節ものビスコッティとGusと。小さな満月。

今朝は昨日作っておいたビスコッティの生地を焼いた。

相方のイタリアのおばあちゃんのビスコッティ。この時期になると大体2回焼く。袋につめてもらってもらうことが多い。今朝焼きながら、前回焼いたときの生地に入れたベーキングパウダーの量を間違っていたことに気づいた(汗)。通常の半分しか入れてなかった… 通りでいつもよりも「きゅぅっ」っとしていたわけだわ… サイトの訪問ページ数を見ると、このビスコッティのレシピもよく見てもらっているようなので、昨日分量をきちんと書き直してみたよ♪

落ちるものかと、まだ木にぶら下がっているりんごが5つほどある。それがとってもいい香り。なんだか可愛らしいのでそのままにしている。

先週はあんなに荒れていた海も、久々の青空の下、今日はとても穏やかだった。

Gusも調子よく歩いてくれて♪

しっかり食べたし、うんちも2回したし、笑ってたし。今日は良い日だ。

と、思っていたら、夜に1分半ほどの発作を起こした。これが4度目。発作と発作の間隔が短くなっているのが気になる。やはり、副作用がひどくても発作を抑える薬を飲ませたほうが良いのかと悩む。ふむ。

去年の初めに愛犬を失った友人が、「今のGusの写真をたくさんとってあげて」ってアドバイスしてくれたので、おじいちゃんGusをあれこれ写真におさめている。今までとはまた違った愛らしさがある。

午後にはクリスマスのライトをフェンスに巻きつけてみた♪

今夜は月がとても明るい。見上げると小さな満月だった。「12月の満月」で検索したらやっぱり今夜が満月で「コールドムーン」なんだそうだ。そう、今年一番「遠い」満月なんだって。裸電球のように静かに冬の夜を照らしている。今年最後の満月を見ることができてうれしい。お月さんに「Gusの調子が穏やかに落ち着きますように」と願った。

冬の海。風を浴びて。

青空が出てるね〜と喜んで自転車で買い物にでかけたら、風がっ!半端ない向かい風にくじけそうになった(笑) と思うと、一瞬にして空模様がものすごく「怪しい色合い」になり、どっしゃぶり。

今日はそんなムーディなお天気の土曜日だった。

買い物から帰って雨がやんでいないときを見計らい、Gusを車に乗せて海辺までGo!

怪しげな空の色。冬の海の色。

すこし荒れている風の強い冬の海、好きです。冷たい風を浴びるとすかーっとする。

Gusも、風をあびるのが好き。

ずっと抱きかかえて歩かないといけないかなぁ〜と思って連れて行ったんだけど、今日はとても調子がいい。

実は昨夜、3度目の発作がありました。小さなもので1分弱でおさまった。一度目の発作のようにうろたえることはないものの、やはり胸が痛むし心配でならない。でも一度目の発作後のGusと比べると、今日はとてもしっかりとしているように見えた。

ゆっくりゆっくり歩いていると、通りすがりのご夫婦が「Awww… good walk! Enjoying the wind, boy?!」と笑顔で声をかけてくれた。そうですそうです、ゆっくり風をたのしみながら歩いてるんです、私たち。

スウィートなおじいちゃんGus。何を思う?

あと二週間でクリスマスなのか!と、今朝ふと気づいた。なーーんの飾り付けもしていないし、クリスマス気分ゼロなんだけど、18日から冬休みに入るしね。休みに入ってから気が向いたら緑を集めればいいかな、と。

風を浴びながらこの状態で固まってしまっていたGusでした(笑)

こうして冷たい風を浴びたのが良かったのか、今夜はとっても軽やかに家の中をたったったっと、また駆け足していた。認知症のような症状がひどく出る日もあり、そういう日は部屋の隅に頭を突っ込んで動けなくなったりしてるんだけど、今日はゆるやか〜に楽しそう〜に歩いて回っていた。私を目で追って、クッキーやらパンのはしやらチーズをねだるほどの元気もあり☆

突然足が弱くなって前のようには歩けないとしても、こうして好きな場所をくるくる散歩することが良い刺激にもなるのかなぁと思う。また連れて行ってあげよう♪

冬の海はかっこいい。

温かくしてお過ごしください。

庭のシルバー・グリーンとGusの新しいセーター

ふぅ。なんとも落ち着かない一週間。心はざわつき、流行っている風邪だかインフルエンザの「はしくれ」を体の中に感じ続けて疲れた。

気持ちのざわつきは、先週末から月曜日にかけてBC州を襲った豪雨とその被害の規模にもある。土砂崩れと浸水で主要なハイウェイを含めたいくつもの交通機関がが破壊された。バンクーバー東部の農場地帯なども2m以上の水に浸かってしまっている。非常事態宣言が出され、数百万のひとたちが避難している。ビクトリアもあの日は怖いほどの雨が降り、その後強風にさらされた。今回の水害で避難を強いられた人たちの中には、夏の山火事で全てを失ったひともいる。心がいたむ。

わたしは普段どおりに毎日をおくれているというのに、ざわざわと落ち着かない。今日は雨が降っていなかったので、庭の「簡易グリーンハウス」を骨組みから外して片付けた。次のストームでぶっ飛ばされないように。簡易、なので、ビニールの部分もひとシーズンで随分傷んでいた。来年どうしようかなー。

冬がもうそこまできている。冬を超すたくましい草花たちはシルバー・グリーンに光っていてきれいです。

↓↓これはこぼれ種から出てきた「セリンセ」。ゆっくりと大きくなり、来年の春に花が咲くよ。こうして冬を越した株のほうがずっと元気に花を咲かせる。

地味〜な葉っぱたちを見ているだけで、ざわざわがおさまるのだから不思議です。

今年の春に種から育てたシルバーセージ。

今の家を買ったときに、前に住んでいた家のお向かいのカーミーさんが、このセージ(乾燥したの)を束ねていぶして(?)家のなかの良くないものを「お祓い」してくれたっけ。カーミーさん、今はどこでどうしているのかなぁ。

↓↓ これ、今日植えたのです(笑)。こんな時期に植え替えていいのか?って思いながらも植えました。

秋の初めにポットに蒔いておいた「白いオダマキ」の苗。すごく繊細にみえるけど、オダマキさんたちは結構タフなので、きっとだいじょうぶ!

最高気温が8度くらいになってきたし、Gusはおじいちゃんだし、新しいセーターを買ってあげた。フリースのセーターで、とても着せやすい。Wilderdogっていうところのものです。

アウトドア派のわんこたちのためのブランドのようです♪ セーターやブランケットや寝袋まである〜。

Gusはもう全然アウトドア派じゃないけど、ぬくぬく過ごそう!

今日は車でいつもの丘の下まで行って、そこからゆっくりと丘の上まで歩いた。それもなかなか足が進まなくて時間がかかったんだけど、丘の上のにおいは大好きだから喜ぶかなーと思って。足が痛むわけではないみたい。ただ、うまくコントロールできないし安定しない。家の中の階段はもう登るのも降りるのもできない。またできるようになるかなぁ。視力もぼんやりとしてきているのかなぁ、という気がする。不安じゃないかなと少し心配にもなる。

でも、丘の上でぶらぶらとしていると、少し嬉しそうに笑った。

なんだか、色んな思いがめぐって。みんなおじいちゃんやおばあちゃんになるんだなぁと。

今日も良い日やねー、わたしたちはちゃんとここにいるからねーって言いながら、Gusのおでこや目にいっぱい「ちゅー」をする。

明日も歩くよ、Gus!