落ち葉かきウィークエンド

振り返ると「落ち葉かきばっかりやってたー!」という週末だった。地味すぎる。

地区のピックアップデーが12月12日。土曜日は曇り空の下、せっせせっせと前庭も裏庭も熊手で集め→家の前に運ぶ、を繰り返した。チューイは朝の散歩の後が nap time(お朝寝・お昼寝タイム)なので、その間に前庭をちゃっちゃと終わらせる。そしてチューイと昼の散歩に行き、帰ってきて裏庭に取り掛かる、という具合で。

こういうところもリーフブロワーですりゃぁ早いんだろうけど、あれも上手に使わないとかえって散らかすばっかりで、うまく枯葉の山にならなかったりする。そして朝イチにはうるさくて使えない。ので、熊手。

チューイはどこだ?

三ヶ月ほど前までは、熊手の先をガジガジしたり、私が葉っぱを集めようとすると熊手に乗っかってアタックしたりしていたチューイ。成長したのか、そういう反応をしなくなった♪

ヘーゼルナッツの木が葉を落とし切るのは12月に入ってから。ゆっくりと毎日、はらりはらりと落としてくれます。花壇や畑の部分を覆ってしまった葉っぱはそのままで、草の上に落ちたのだけを集めるよー。花壇の部分の落ち葉は冬の間のブランケットになるからいいかな、と思って。うちはダリアなどの球根も掘り上げることをしないので。

裏庭で集めた枯れ葉は、ガーデンボックスの間や小さな小道(?)にしている部分に30cm積み上げておく。これは雑草が生えるのを防ぐため。

春がやってくる頃には「かさ」が3分の1ほどに減り、夏が終わる頃にはほぼ土になる。

足もすっかり良くなり、駆け回るチューイ。全身運動を再開した効果なのか、また少し大きくなったしガッチリとしてきた。散歩で会うひとたちにも「大きくなったね〜!」って言われるよ〜。

跳んだり。

食べたり。

ちなみに、チューイはニンジンをがじがじとして遊んでボロボロにするだけで、ちゃんと食べないっ!食べないくせに欲しがる。

土曜日、ジャケットを脱ぎ捨てるほど(!)体ぽかぽかになって落ち葉かきをし、スッキリいい気分になったのですが。。。土曜の夜の雨と強風で翌朝日曜日は、土曜日よりもたくさんの枯れ葉が前庭+裏庭を覆っていまして。

頑張って落ち葉かき第二ラウンド!やりました〜!

お天気が良かったので、チューイと砂浜のあるビーチまで初めて歩いた。Gusがいなくなってから、歩く必要もなかった道を歩き、チューイにとっても初めてのビーチへ。

ここに立ったとき、ぐわっと感情がこみあげてきた。自分でも驚くほど、でも自然に涙が流れた。かわいいGusが大好きだった砂浜の海岸。

昨日のインスタにもちょこっと書いたんだけど。感傷的になりながらも「チューイ、ここ好き〜?」って楽しく歩いていたときに、小さなわんこに突進され驚いて前足を上げたチューイ! チューイには常にリードをつけているので、慌ててハーネスをつかみ、腰をかがめて犬と犬のあいだに入った。それでも小さなワンコはガウガウしながらまとわりつきまして。やれやれ、またガウガウされたねぇ〜と笑いながらチューイを抱えていると、ふわふわチビワンコの飼い主がやってきてさ。私たちを指差して「Your dog has been very nuisance!」って吐き捨てた。

何を言われたのかよくわからず、ヘラヘラ笑いながら「はぁ?」と見上げると、繰り返し「He is very nuisance, I said.」と。ニューイサンス?って言った?え?なに?怒ってんのコノヒト? チューイが厄介でうっとおしいって?

なんかびっくりして、「すんません、パピーなもんで」って謝るタイミングも逃してしまった。

呆気にとられてビーチをあとにし、チューイに「厄介者あつかいされたじょー」って言いながら、我が犬は我が子だし「Protective」になるのはわかるよなぁ。でも、指差してあんなこと言われると凹むよなぁ、と、あとからじわじわと感じるものがあり、たった一言なのに「ことば」の持つちからって、良くも悪くも大きいなぁと思った。

今日は少し、雪がちらついたビクトリア。今週はまた気温がさがるんだってー。

まとまりのない投稿。ではみなさん、温かくして過ごしましょう。

犬のトリーツ用・IN ポケットパウチ!

ちょっと嬉しいのです。

DIYっって大げさに言えるものでもないのだけれど、いや… コレ、いいやん☆って、満足満足。

見て見てっ♡

これっ。

うふうふっ。

何だと思う? (って、記事の題に書いたけど)

犬のトリーツを入れるための「IN pocket」パウチ!!

犬を飼っているひとならわかるかもしれないけど、散歩に出かけるときにポケットにトリーツを忍ばせるでしょ。トレーニング中の犬を連れて歩くなら、クッキー・トリーツなしでは散歩に行かない。

そのトリーツ。硬いクッキー系のものもあれば、ソフトなもの、チーズ、ディハイドレートの肉など色々ある。そういうものをポケットに直接入れると、どうしても粉がポケットの隅にたまる。ソフトなトリーツやチーズなどをいれると、べとっとくっついたりもする。春や夏のあいだは、クッキーパウチをズボンにクリップで挟んだり、ウェストポーチみたいにして腰に装着して使えるんだけど、冬になるとジャケットを着るでしょー。その上からトリーツ用のパウチを巻きつけるなんてことできないし、ジャケットの下に隠れているズボンにクリップすると、いちいちそこからトリーツを取り出すのがめんどくさい。

で、どうしてもトリーツをそのままジャケットのポケットに放り込むことになる。ポケットの中が汚くなる。特に、冬のジャケットのポケットの内側の布って、フリース生地のようにもこもこふさふさしていたりする。するとそこに犬のトリーツの粉やらネットリがくっつく。うっとうしい。

それでね、ポケットの中に入れるトリーツパウチがあったらなぁって思ってたのです。

いや、あるんです。売ってるのー!こんなのとか。でも、なんか、そんなものに$13やら$15やら払うのもくやしい。

で。家にあるもので簡単に作れて、汚れたら捨ててまた作ればいい!っていう「IN ポケットパウチ」をどうやって作ろうかな〜って朝から考えてたのです。

うふふっ♡ 

トリーツはトレールミックスのように色々と混ぜるといいよってトレーナーさんが言ってたから。混ぜ混ぜ。

これね、サンドイッチ用の薄いジップロックを使ってます。

  • 口の部分を外側に2cmほど折り、ペインティング用のマスキングテープで止める。
  • ポケットの大きさ(特にポケットの口の幅)に合わせて端を一折してテープで止める。
  • 底になる部分の角を小さく三角に折ってテープで止める(これはオプション)
  • バタフライクリップをつける

バタフライクリップはポケットに挟むため。じゃないと、ポケットの中にずり落ちていくかもしれないから。

ほ〜〜〜っら♡

第一作目プロトタイプにしては上出来ではないかっ!

「こんなの、ビニール袋にトリーツ入れてポケットに忍ばせるのと同じやん」って思うでしょ? いや、違いはね、口の部分がきちんとしていて手をスッといれやすいこと袋がポケットの中でクシャッとならないことクッキーをさっと取り出せることジャケットやコートのポケットにピタリと収まること

いや、ホント、悪くないよー。ポケット汚れないよー。

それもこれも、チューイのためっ!

週末、ガバメントハウスの庭で、ロングリードに付け替えてリコールの練習をした。誰もいなかったので良い練習になったと思う。↑のチューイ、ハイエナみたい。大きくなったな〜。

すっっごい手が掛かるし、ハラハラドキドキさせてくれるけど、かわいい。笑わせてくれる小僧です。

トレーニングの話はまた次回に。

INポケットパウチ、試してみてー!! えへへ。

お豆のスープが美味しい季節+半年パピーの散歩トレ

この間焼いたパン(パン・ア・ラ・ビエール)をリベイクして食べたくて、それならシチューかスープを作ろう!と思い、とっても久しぶりに「赤ワインとレンズ豆のスープ」を作ってみた。ずっと前にブログでも紹介したよ→記事(更新)☆

New York Timesのレシピで、以前は無料で見ることができたんだけど、今は購読しないと見れないみたいです。赤ワインが決めてなのか、このスープはとっても美味しい。二日目になるとよりまろやかになる。今回は少しワインがたりなかったのもあり、家で作り置きしていたチキンストックを加えた。そのへんは適当に。焼き菓子と違い、こういう家庭料理は適当に!で大丈夫なのが良い。

前夜の残りのソーセージも切って放り込んで(笑)。

リベイクのパン、当日食べたときよりも軽い感じで、これまた美味しかった!

週末は良いお天気だったので、少しずつ庭を片付けたり、落ち葉をかき集めたり。鮮やかな色を失った草花たちの枯れていく姿もきれいです。

あじさいは、秋になる前に咲き終わったものから完全に咲き終わる前(切り花として家の中に飾れるくらい)に切り落としていくべし、というのを去年聞いた。そうすると翌年たくさん花がつくって。寒くなるまで待ってから刈り込むと、そこにはうまく花がつかないよって。確かに、去年、思い切って早めに花房を切っておいたあじさいは、今年びっくりするほど花をつけた。わかっているんだけれど、色あせていくあじさいの様子も好きで、3分の1ほどは花房をそのままにしています。

これは「phacelia」。こんなに気温が下がっても、こぼれ種から発芽している。ラークスパーやコリアンダー、コーラルニンフのサルビアも、今頃発芽。この中から冬を超す苗がたくさんあって、そういう子たちは来春、とっても強く大きくなる。

さて。

チューイ君。

目の周りの腫れは、虫刺されなのか菌なのか。今朝、かかりつけの獣医さんに電話したら金曜日まで空きがないと!でもまぁ、悪化している様子もないので、様子を見ながら金曜日まで待つことにした。ぷつぷつっと膨らみがあり、少し毛が抜けております。はぁ〜。

そして、私の今の目標は、チューイの「グイグイ引っ張り歩きをどうにかする」こと。だーれもいない「つまんない」道をチューイと二人で歩いているときには、時々私の方を自主的に見てくれる。ちらっと振り向いてくれる。

YES!!! Good Boy Good Boy!!!

これが理想です。チューイが自分で私の方を見てアイコンタクトをとる「チェックイン」。コレができたときに「YES!」と言ってクッキーをあげる(または、クリッカーというものを使ってクリック!してクッキーをあげる)。

チューイ!チューイ!ちゅーーーーいいーーーーーーっ!!!Watch ME! と叫んで、仮にチューイが振り向いたところで、それは次のステップにつながらないんよね。。。 と、わかっているものの… チュ〜イ〜くぅ〜ん、わたしはここよ、わたしをみて〜〜、おいっっ、チューイっ!おいっっっ、こっちむーーーいてっ! なんて力んでしまう私。

だって。他の犬が数十メートル先にいるのを見つけたものなら、もう。。。ぐいぐいぐいぐい。。。背中クリップのハーネスだったりすると、立ち上がって二本足で歩いてござる(汗)。引張防止の前クリップのハーネス装着のときに、全力で「お兄たんっっっ、待ってっ!!」って走ろうとして、ぴーんとリードが伸びたところで伊勢海老のようにひっくり返ってしまったり。。。

はぁ。なので。ゆうゆうと歩いている犬たちを見かけたときには、それが20m先であってもチューイを座らせて待たせる練習をしています。座って待つ、のはできるようになってきたんだけど、ワンコたちとの距離が縮まってくると「ロケット発射」になるわけで。。。なかなか難しい。でも、遠くにいる他の犬たちを座ってじーーーっと見つめているチューイの姿は可愛いです。「お兄たん♡お姉たん♡」って、憧れの目で見つめているようで(笑)

穏やかな海を、チューイと一緒に穏やかに見つめることができる日は、まだまだ先のことですな。。。