静かな感謝祭の日にパンプキン・シフォンパイ

結局、雨がたくさん降ったしっとり三連休。

感謝祭の日

晴れの日続きの後の雨は、気持ちも落ち着いて良いもの。でもコレが何日も何週間も続くと、気が滅入るねぇ、と相方と話していた。ま、それがビクトリアの冬で、わかっていても愚痴っちゃう。カリフォルニアで育った相方は「お日様が恋しいなぁ」と。

今日は感謝祭の日。気持だけでも、と、朝から「パンプキン・シフォンパイ」を焼いたヨ♪ コレは相方のイギリス方のおばあちゃんのレシピなんだそうで、感謝祭の日(アメリカでは11月)のデザートというとこのパイだったんだって。シフォンパイ、という名前の通り、普通のパンプキンパイよりも口当たりが軽くて美味しいよー。レシピを紹介しちゃおう。

パンプキンシフォンパイ
焼き上がりはふっくらとしている

おばあちゃんのパンプキン・シフォンパイ

材料(1C=250cc)

  • パンプキン(裏ごししたの、缶詰OK) 3/4 C
  • ブラウンシュガー 1/4 C
  • 牛乳(豆乳で代用OK) 1/2 C
  • モラッセス(必須) 大さじ2
  • バター 大さじ1
  • ジンジャーパウダー 小さじ半
  • シナモン(粉) 小さじ半
  • ナツメグ 小さじ 1/8
  • 卵 3個 (黄身と白身を分ける)
  • 砂糖 1/4 C
  • パイ生地 (前日に作っておいた)
  1. 最初の8つの材料と卵の黄身だけをお鍋に入れ、弱火にかける(直火ではなくて湯煎にかけるのがベストらしい。私は直火・弱火でしました)。15分ほど混ぜながらゆっくりと火を通す。
  2. 卵白を角がたつまで泡立てる。その中に白い砂糖を1/4 C 混ぜ入れる。
  3. かぼちゃのミックスが十分に冷めたところに、泡立てた卵白を軽く折りたたむように混ぜ入れていく。
  4. パイ生地を9インチ型(22cm)に伸ばし、かぼちゃミックスを入れる。
  5. 176度(350F)に暖めておいたオーブンに入れる。約30分〜35分。中央を指で触ってぷるんとしていたらオッケー。

パンプキンシフォンパイ

簡単でしょー? 甘すぎず、ふんわりと口当たりもいいよ☆ カナダに来た当時はパンプキンパイってあまり好きではなかったのだけど、コレはとても美味しい。おばあちゃんの、そのまたおばあちゃんから譲られたレシピなのかもね、って相方が言っていた。

パンプキンシフォンパイ

温めた豆乳や豆乳をいれたほうじ茶ラテなんかと一緒に食べるのが好きですー。

パンプキンのオレンジと、もうひとつのオレンジ色。土曜日のファーマーズマーケットで見つけた「シャントレル」。大好き〜。

シャントレル

きのこ売りの兄ちゃんに、「ねえ、これ、自分で集めてきたの? どこの山に行ったわけ?」と聞くと、「そんなこと言えないよ。企業秘密。」だって。ま、そりゃそうだわね。私がビクトリアに越してきた当時は、相方の友人の山男さんとちょいと山に入ったら見つかったシャントレルや松茸。最近はそんなに簡単には見つからないらしい。お兄ちゃんの話では、2年前はきのこが豊作だったんだって。今年はそこそこ。こうして季節の味を楽しめるのって幸せなことです。

感謝祭の日

さてと、また一週間(でもお仕事は4日だけ〜)、元気に笑顔でがんばろー。風邪が流行ってます。皆さんも風邪予防をしっかりと!

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

中国風感謝祭の夕食

今日は感謝祭の祝日♪ 感謝祭と言えば「ターキー」。大きな七面鳥を丸焼きにするのが恒例です。

去年は、どうしてもターキーサンドイッチが食べたくて、自分たちで七面鳥のディナーを作りました。はい、私は丸焼きをした次の日に、残ったターキーを使ってつくるサンドイッチが大好きです。ディナーそのものよりも、そのサンドイッチが食べたくて、頑張って丸焼きしたのが去年のこと。考えてみると、なんて時間と労力とお金のかかったサンドイッチなんだろう。でも、おいしいよ。まじで(ターキーサンドイッチの図はココです)。

今年は、去年招待したお友達家族(Ke Fenの家族)に呼ばれました。Ke fenのところでターキーディナーをごちそうになるのは、今年が二回目じゃないかな。初めて彼女が七面鳥を丸焼きしたときは、相方が色々とヘルプしてました。私もKe fenも、オーブン料理はカナダに来てから教わったものだからね。

Ke fenも、このターキーで4回目の丸焼きチャレンジ。もう、手慣れたものデス。

感謝祭

Ke fenちのターキーディナーは、中華タッチが効いている。前回のターキーディナーでは、七面鳥の隣に餃子のお皿がありました。

感謝祭

コチラ(↑)は旦那様。この立派な鳥(8kg)に入刀〜。

感謝祭

ね?スタッフィングの器のとなりに、手羽先の炒め物があり、その隣は四川風の焼きそば。

感謝祭

七面鳥の向こう側には、ピリ辛の豆腐とナッツの炒め物、マッシュポテトの隣には、あさりとブロッコリーの蒸しモノ。いいでしょ〜?西と東が仲良く並んでの感謝祭。相方はいつも吹き出すんだけど、私はこのとてもチャーミングな食卓の様子が大好きで、癖になりそうです。

やっぱり、Ke fenは中国人なので、中華の方がお得意ですね。何度試しても、マッシュポテトがベチョベチョになるんだって嘆いてました(ほんとに、溶けかけのアイスクリームみたいにトロトロなのです。あはは。)。で、グレービーもね、毎年、うまくとろりとならないんだって。スープ状態。あっはっは。中華スタイルってことで、これも愛嬌だわ〜、ってみんなで笑ってました。

感謝祭

笑っちゃいけないけどね、ほら、こうして、お皿の上に小さな器がセットしてあってね、その器の中にターキーをサーブしてくれています。みんな、このひとつの小さな器の中に全部重ねていれちゃうのね。で、それをお箸で食べてました。カナディアンさんたちは顔を見合わせてにたにたしながらも、この中国風感謝祭を楽しんでました。

感謝祭

テーブルのもう片方では、女性軍が中国語でピーチクパーチク。どうやら椅子がひとつ足りなかったみたいで大騒ぎ。スズメがさえずっているみたいで、可愛かった。

このフュージョンな感謝祭のディナー、大好き♥ Happy Thanks Giving Day!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

↑ 頑張れ!とOneクリックお願いしまーす。いつもどうもありがとう♪

Goodies#134: 感謝祭の残りもので: ターキーサンドイッチ

感謝祭ネタもここまでくると、大変しつこく感じるのですが。(ごめんなさい)

感謝祭の夕食の残りもので作る「ターキーサンドイッチ」。これはどーーしても「省けない」。

ので、短く。

はい、断面図。

ターキーサンドイッチ

これが、ずばぬけて「うまい」。サンドイッチの中では王様級だと思う。見た目「どこがそんなに素晴らしいのん」と思うかもしれないけど、ひとくち食べたら、「うっっめぇ〜」と叫ばずにはいられません。

こんなにおいしいのなら、店で売ればいいのにって思うんだけど、こういう本物の「ターキーサンドイッチ」は店でも売っていない。ターキーのお肉だけが入っているターキーサンドイッチは、ここで私が説明している「ほんもの」とは違いますので、お間違えなく。

ほんもののターキーサンドイッチ」は、ローストターキーの「残り物」が「全部」そろわないと作れない。(注:あくまで、私が「ほんもの」と呼んでいるものです)

ターキーサンドイッチの公式=

おいしい食パン(私たちはイタリアンベーカリーのSourdough Bread)

マヨネーズ

クランベリーソース

スタッフィング

ローストターキー(お肉)

塩こしょう

パンの酸っぱさと、マヨネーズの塩味と、クランベリーソースの甘みと、ローストターキーのフレーバーを、ひとくちで味わったときの「味の混じり具合が絶妙」。だと、思う。

もし、スタッフィングを詰めて七面鳥の丸焼きをされることがあったら、次の日には「必ず」この、本物のターキーサンドイッチを作ってみてください!!!(←本気で強調)

おいしいよーん。ほっぺた落ちるよーん。

Goodies#133: 感謝祭の夕食

数年ぶりにトライした「感謝祭の夕食」。ぜーぜーはーはーでした。

でも、おいしかったし、楽しかった。夕食には、過去2年ほど、続けて感謝祭の日に招待してくれていた、中国人のお友達 Zhow さん家族(お母さんと娘さん、お父さんは現在帰省中)と、「雲南の夕食」に招いて下さった フランクさん一家を招待しました。

さて。前日、洗ってペーパータオルでふいて乾かし、冷蔵庫にいれておいた「七面鳥」をとりだした。

七面鳥

体重計にのせて重さを量ったところ、6.2 kg。

常温に戻すのに結構時間がかかった。もう少し早起きすればよかった。

で、これが昨晩作っておいた「スタッフィング」。

スタッフィング

スタッフィング、又は「ドレッシング」とも言う。ターキーディナーで、一番好きなのがこのスタッフィング。スタッフィングというのは、鶏肉なりなんなりの「中につめる詰め物」。色んなレシピーがありますが、私たちはブレッドベース(白いパンを使うもの)で、リンゴとソーセージのスタッフィングが好きです。パンはイタリアンベーカリーで「Sourdough bread=サワードーブレッド(酸っぱいの)」を買ってきて、2日程室温で乾かしたもの。それを2cmほどのキューブに切ります。ソーセージはスパイシーなもの、リンゴは青いグラニースミス(お料理に向いている青リンゴ)を刻んでタマネギとセロリと一緒に炒める。セージ、パセリ、タイムなどのスパイスをまぜ、それを先ほどの角切りにした食パンに混ぜ合わせる。私たちは、いつもドライアプリコットを小さく切ったものもいれる。これだけでも十分楽しめるくらい、おいしい。

このスタッフィングを、常温にもどった七面鳥に「徹底的に」つめる。スタッフィングは肉汁を吸い込み、スタッフィングのおかげでお肉の水分を保てるという、素晴らしい Give & Take の関係。

七面鳥とスタッフィング

びろびろとした皮を縫い合わせ、七面鳥をオーブンへ。焼くこと3時間。もう少し早い時点で七面鳥をオーブンから取り出したらよかったかなー、とも思った。オーブンから出してからも、もっている熱でお肉が料理され続ける。それを計算して取り出すべきだったな。

ローストターキー

ででーん。

七面鳥を焼いている間に、掃除、野菜の準備。前日に借りたdvdを返しにいったところ、マラソンレースで私たちの住んでいるエリア全体が「ロードブロック」になってしまい、普通10分で帰れるところを50分かけて帰ることになったワタシ...この時間のロスが後にひびいた。

ココから先はてんてこまいで、写真もとれませんでした。ぜーぜーはーはー。

それでもなんとか...

感謝祭の夕食

久しぶりだったので、もうちょっとあれをこうすればよかった、という反省点はいくつかありました。

が、大勢でのお食事はやっぱり楽しい。同じものを食べていても、大勢だとおいしさが倍増するように思う。中国人のお友達家族と一緒に、ノーベル平和賞を受賞された、民主活動家「劉暁波」さんに乾杯をした。彼の様な活動家こそが、中国の人たちを率いることのできる社会がくるようにと。

ターキーディナーの「目玉」は、二日目に作る「ターキーサンドイッチ」。楽しみだなー。これで3日程、残り物で大丈夫そう。うふふ。

にほんブログ村:
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へクリック、どうもありがとう。