秋の光、秋の色、秋の味。

光がもう秋。木々も草花も染まっていく。

夏を見送るときに何が一番さびしいかっていうと、日が短くなっていくこと。朝のGusの散歩時に、朝の光を浴びることができるのもあと少し。あーん、寂しい。

二度目のダリアの花たちも、もうすぐ終わる。

子供の頃はダリアがあまり好きじゃなかったな。「嘘っぽい。つくりものみたいやし。」って。とても異国のもののようにも見えた。今もダリアは一番好きな花ではないけれど、小ぶりのものたちは好きでいくつかだけ庭に咲いている。中でも、この真紅のダリアは大好き。

昨日、ファーマーズマーケットに立ち寄ったときに、色んなリンゴを売っているおじさんのテーブルをのぞいてみた。

と。「Kosui・Asian Pear」を発見!ナシだ〜。幸水だ〜♡

小ぶりの幸水。「おじさん、試食させて〜」と頼んで味見した一切れは、とてもみずみずしくて甘かった。姿があまりにも可愛らしくて、木の器にいれてしばらくうっとり眺めてしまった。ひとつ、切って相方と食べてみたところ、あまり甘くなかった… あれ、まぁ。試食したのはあんなにも甘かったのになー。

庭の夏野菜ももうそろそろおしまい。トマトはまだ青いのがたくさんあるけれど。

ひと鉢だけ過保護に育てたかわいいおナスもこれでおしまい。日本のきゅうりも最後の二本、小さいのがとれましたー。

一方。

やられたよ、タヌキに。アライグマどもに。

あと数日おいておいたら収穫しよーっと、と思っていた大きなトマトをっ!!!

あんたら、トマトがココまで大きくなるのにどれだけかかってると思ってんねーんっ!! ったく、種からここまで、4ヶ月ほどかかるトマトを、見事にがじがじがじがじやってくれた。 んもーーーっっ、かんべんしてよーっ!!!

あわててトマトの周りをひと苗ずつ、ネットでカバーしたけれど。あいつら、また来るだろうな。緊急対策で、囲いの周りにネズミ捕り(踏んづけたらバネがフリップするというトラップ)をいくつかおいてみたけど。。。小さいからなー。脅し程度にしかならんだろうな。

でも。美味しいね、っていって食べてくれたのかな。だったらそれほど腹もたたないけど。食べるならちゃんと完食してほしい。

わたしたちは。。。 とっても久しぶりにビーフストロガノフ!

サワークリームいっぱいのハイカロリー。食欲の秋。というか、「秋も」変わらず、しっかり食べる。

さて、一週間、頑張ろっと。

*おまけ:Doodleにて「Kosui」アップ〜 →☆

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

cheers to the summer!

短い涼しい夏に乾杯!

育苗保育園卒園生、タチアオイさん☆ 咲きましたっ!夏の顔!

1つ目の花が開いたのを見つけたとき、思わず「わはぁ〜♡」って声がこぼれた。ハイビスカスのドレスを来て、元気の歌をラッパで奏でているような。タチアオイってこんなにきれいだった?

植え替えた場所によって、すごく大きく育ったのと小さくおさまったのと。ミックスの種だったみたいで、少しずつ色が違う。わぁ〜。ほんと、こんな姿をみると、来年は日当たりの良いところにもう少し植えたいな〜って思ってしまう。

で。週末の朝、折りたたみの椅子をあちらこちらに移動させ、「イケていないスポット」をじーっと見ながら「ここはこうしたらいいかも。」っていうアイデアをメモしてみた。

いつも頭の中で考えているだけなので、次の春には忘れていることが多いから。ちょっとだけメモ!参考になるかなー。

夏のお野菜も、ゆっくりと、ようやく色づいてきている。

25度満たない日ばかりの夏の庭で、よく頑張ってここまで大きくなって色づいてくれたわ〜。

大きなトマトも少しずつ。今年は水をやりすぎず、ギリギリのところで。ちょっと皮が厚いかも、というのが気になるけれど、実はとても甘いです。知り腐れにもならず、葉っぱも黄色くならず、痩せ気味の土でよく頑張ってくれている。来年は場所移動して、このボックスはトマトはお休みにしよう。

そーしーてー♪

一つの苗に一つの実。それでもうちの庭でカボチャがカボチャの形になって育っているのがすごーい。低い気温と雌花と雄花の開花のタイミングが上手くいかなくて、実になれないことが多いから。毎日、「かぼちゃん、かぼちゃん、大きくなぁれ。」と声をかけている。大きくなってねー。なるかな?

日曜の午後、四つん這いになってタンポポをひっこぬいていて、ふと見上げて見えた花たち。ここはお試しでパラパラ種を蒔いて、まとまりがなくて「失敗だな」って思っている場所なんだけど、夏の終りの光の中できらきらしているのがとてもきれいでねー。

足元にこぼれた花びらも。みんなきれい。

うまく言葉で表現できないのがもどかしいのだけれど。木々や草花って元気の粒子を放っている。目で見てただきれい、じゃなくて、ふわっと心に届く何かを放っていると思う。変な話、ほら、ドラッグとかで「ハイになる」っていうけれど、「悦にひたる」という意味で、草花が放つエナジーにはそういう不思議なちからがあるように思う。私はすっかりそんな気分になってしまうから。

春の育苗卒園生の殆どは、今シーズンは花を咲かぜずに終わりそう。でも、↑↑のタチアオイは咲いてくれたし、ほら、この子も☆

背高のっぽの「イヌタデ」さん。6つほど苗を育てていて、そのうち3つはグリーンハウスが強風でぶっ飛んだときにだめになってしまった。生き残った3つはなんとか大きく育ってくれた〜。また、種植えよう!

地味〜なわたしの週末。でもいいや。タンポポ抜きながらハイになってるから。笑。

初・お庭のお茄子さまとプラムのお酒仕込む

文字通り「温室育ち」の私のお茄子さま。

ようやく茄子らしくなってきたよー。もう食べてもいい??

植木鉢ひとつに1苗だけだから、うまく育っても穫れるのは5〜6個くらいかな〜。

インスタにも昨日アップしたんだけど、グリーンハウスの入り口をあけておくと、ちゃぁんとミツバチがやってきて受粉してくれていた。ありがたいわ〜。昼間は外の風をあびたいかなぁ、なんて思って、朝、お茄子さまの鉢を外の日当たりの良いところに移動。そしてまた夕方にグリーンハウスの中に戻す。そんなことやってる自分が笑えてくる。

小さな苗を買ったものなので、どの種類の茄子なのかもわからず。どれくらいまで大きくなるのかもわからない。でもまぁ、なすってこんな形だし、ちょっと味見してみるかな。と。

焼きなす、っす。作り方は白ごはん.comのココで→☆

うちはガスレンジじゃないし、魚を焼くグリルもないし。どうするか。。。と。オーブンの「ブロイラー(上からの高温)」設定で焼いた〜。温度調節ができないので不安もあったんだけど、ちゃんと火も通ったしオッケー!

生姜をおろして、かつお節かけて。美味しい〜!

実はわたし、茄子ってあんまり好きじゃない。でも。お庭のお茄子さまは「甘かった」! 茄子に興味のない相方も、採れた茄子を見て「ほほぅ。いいねぇ〜」って感心していた(でも食べなかったけど)。

あと何本できるかなー。次は煮浸しにしようかなー。うしし。

で、もう一つ、初挑戦したもの。

すもものお酒。プラム酒。

知り合いが「庭でいっぱいとれたから〜。でも熟れてないから酸っぱいかも〜。」って持ってきてくれたもの。「熟れてない酸っぱいプラムをひとにあげるかなぁー」とも思ったんだけど(苦笑)、彼女が「これ、プラム酒にできるかしらん♪」って言ってたので、そっか!そういう手があったか!と♪

この辺りでは梅酒の梅は手に入らない。なので果実酒を作ろうなんて思ったこともなかった。でも、要領は一緒かなって。検索したら、ヴォッカと砂糖に浸すのみ、みたいだったしー。

氷砂糖ってものがなかったので、普通の白い砂糖とブラウンシュガーを半分ずつ。半年ほど待つといいらしい。プラムの味のするお酒にちゃんとなるのかなー。

おまけ:庭の奥。

こぼれ種から咲いたラークスパーと、依然、演奏を続けている(笑)クレイジーな指揮者のチコリさん。このチコリ、茎をいろんな方向に伸ばすのね。この間、地面に落ちているものを拾おうとしてかがんだときに、チコリの茎の先っちょに「目玉」をつつかれたー!冗談じゃなく、目の玉をちゅーんって。 んもぅ。。。チコリっ!やーめーてっ!

もう8月も目の前。焦るなぁ。夏、短いなぁ〜。

元気な一週間を!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

定番チョコチップクッキーと7月半ばの野菜畑より

えっちらおっちら、地味にブログを書いてるなぁって時々思う。「なんで書いているんだろな」と不思議になることもあるのだけれど、「書こうかな」っていう気持ちがあるうちは、あまり深く考えずに書いていていいのかな。

さてと。久しぶりに先週末、そう、エビを採りに行った前日、チョコチップクッキーを焼いた。「classic chocolate chip cookies」って走り書きして、材料を冷蔵庫に貼り付けていたもの。すっかり忘れていた。北米ではベーキングの分量は大抵、カップと匙で表示されているけれど、コレはグラム(めんどくさい)。どこで見つけたのか忘れたけれど、「おばあちゃんが焼いてくれるようなクッキー」で好きなのです。

レシピ、メモしておこうっと♪

定番チョコチップクッキー

材料

  • 小麦粉 355g
  • ベーキングパウダー 小さじ1半
  • インスタントコーヒー 小さじ2(少し多めに入れちゃう)
  • ベーキングソーダ 小さじ1
  • 塩 小さじ 3/4
  • バター(室温) 250g
  • 砂糖 150g
  • ブラウンシュガー 150g
  • 卵 2個
  • ダークチョコチップ 300g
  1. 粉ものを全部混ぜ合わせておく。
  2. 室温に戻したバターと砂糖をミキサーでクリーム状に混ぜ合わせる(Beat mid-low speed)
  3. 卵を2に加えて混ぜる
  4. 粉の半分をいれ、30秒ほど混ぜる。残りも加えて30秒。
  5. チョコチップを入れて15秒
  6. 3等分してラップに包み、最低30分冷蔵庫で休ませる(冷凍しても良い)
  7. 適当な大きさ(4cmほどのボールにして少し上から押さえる)にしてクッキーシートに並べ、185度で9〜11分焼く

結構な量の生地なので、スタンドミキサーがあるととても助かります。三等分にして使わない分は冷凍すればいい☆ 一つの大きさによるけれど、3分の1の量の生地で9〜10個のクッキーが焼けるよ〜。飾り気のない普通のチョコチップクッキー。ほっこり♪

気がつけば7月ももう後半。8月ももうすぐそこ! あぁ。。。日が少しずつ短くなっていっているのもわかる。寂しい〜。

うちの夏野菜たちもぼちぼちです。

7月とはいえ、うちの裏庭の最高気温は20度満たないことがほとんど。今週は温かいけれど、それでも22〜24度くらい。この気温で育たなきゃいけない夏野菜たち、頑張ってるよなぁって思う。週末、エビ採りに連れて行ってくれたGさんの住む辺りは、ココよりも7〜8度ほど温かいんじゃないかな。風もないし。ファーマーズマーケットには、ズッキーニもキュウリも茄子もトマトも並んでいるからね〜。

今年、ちょっと真面目に育てている「日本のキュウリ」たち。。。ただいま、こんな感じ〜(笑)

15cmくらい。食べれるくらいまで大きくなるのかなぁ。ミニチュア模型みたいででかわいいんだけどね。

で、ヴィオラやらキンギョソウやら。。。なぜかわさわさしているこのボックスは、トマトのエリアでして。。。

いつもなら8月にならないと赤くならないトマトが、ゆっくり色づき始めてる☆

少しずつ、少しだけだけど、こうして野菜が大きくなっていくのを見れるのは幸せだな。

あ!

3年ほど前に誰かからもらった「紫蘇」の種が少し残っていてね。ポットにぱらぱらしたのね。

そしたら、一つだけ発芽して!

グリーンハウスで「よしよし。。。」と、すっごい過保護に育てていた。

でも、な〜んか「紫蘇」っぽくなくて。紫蘇ってこんなだったっけな。って、葉っぱを指でつまんですりすりして匂ってみた。紫蘇の匂いがしない。「種がふるかったからかなぁ」とも思った。

そしたら。その指先が。。。

ヒリヒリヒリヒリ。。。痛みだした〜!ヒリヒリチクチクヒリヒリチクチク。。。

紫蘇だと信じて、めちゃくちゃ丁寧に育てていたのは、

ネトルだった。

コレがネトルかっ! と、身を持って学んだよ。(この辺りではネトルは雑草のように育ってないのです)

花を咲かせて種がついて、そこから繁殖しても困るので、チョッキンと切ってコンポストに放り込みました〜。ほんと、チクチクヒリヒリと、痛みは一日とれなかったよー。恐るべし紫蘇もどきネトル

来年はちゃんと種を買おうかな。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪