4月半ばの庭模様。まだ生きていた草花たち。

先週末(昨日おととい)は、リモートワークが始まってから初めて「あぁ、週末なんだ〜、嬉しいなぁ」って感じることのできた週末だった。それまでは、ずっと家にいるもんだから、週末といってもテンションがあまりあがらなかったのです。多分、週末にしかしないことを平日にちょこっとやってみたり、気分的にだらだらとしてめりはりをつけていなかったからじゃないかな。

お天気もすっかり春らしくなり、あぁ、ほんとうに気持ちが良くてね〜。青い空や海や、朝の光に照らされている開きはじめの柔らかい緑をみていると、コロナのことなんてすっかり忘れてしまうほど満たされる。

ようやく♪ わたしのばっらばらに咲くチューリップたちが咲き始めた〜。今年の春は寒い日が多くて、今も朝晩はひんやりだし、全体的にゆっくり。

宿根草を増やそう!ムーブメントは私の中では進行中、なんだけど、一年草もやっぱり多くて。初春に「開拓」したエリアにパラパラ種を撒きました〜。

すっごい適当。。。

1ヶ月半、2ヶ月後、このエリアがどんな風になるのか、楽しみ! でしょ?? どんな風にごちゃごちゃするか、また紹介するから見てね〜。

で、

ここも、この春に広げたエリア。

でね、こうして種を撒くために、雑草を抜いて整えたりしているとね。もう死んじゃったんじゃないか、って諦めた草花たちの中に、冬を超えて芽を出している子たちがいることに気づく。

↓↓は名前はわからないんだけど。かわいい〜。

2年前に遊びに来てくれたお友だちが、日陰に育つ花ばかりの寄植えをプレゼントしてくれた。なんとか地上にして翌年も楽しめないかと、鉢の中のものを全部植え替えた。この花もその中の一つ。去年は死んでいた(眠っていた?)。

↓のこの草も!

もらったときは30cmほどの背丈で、柔らかくて美しい草でね〜。駄目もとで植え替えたところ、翌年(去年)は新芽も出さず、「やっぱり駄目だったかぁ」って思っていた。なのに!ちゃんとこうして新しい芽を出してるよー。 すごいなぁ。。。草花の生命力。新しく置かれた環境に馴染むのに丸一年(以上)かかったんだねぇ。

それからっ。見てくださいっ。ここにもひとつ、「駄目だった。枯れちゃった。死んじゃった。」と諦めた「われもこう」さんがっ☆

種から苗を育て、植え替えたのが去年。うまく根付かなかったようで、植え替えてからしばらくすると「消えて」しまった。でもでも、ちゃんと新しい芽を出してくれてる〜♪ うん、これ、われもこうだと思う!今年は大きくなれるかな〜。なってね〜。

同じく。去年の育苗保育園卒園生の「ルリタマアザミ」さん。植え替えたあとはあまり大きくなってくれなくて、がっかりだったんだけど。

元気そう!これなら今年はちゃんと根をはっておおきくなれそう!わーい☆

4月から5月にかけては、草花がぐんぐん大きくなる。全部が大きくなって花が咲き始めるころももちろん好きだけれど、「今年もおおきくなってねー。」って願いながらどんな風に成長していくのかを思い浮かべるこの季節は、自然と心がおどる。毎年同じような風景を見ることになっても、同じように幸せを感じる。

さて。おまけ。。。 ↓↓見えますかね?

竹の竿(?)ですっごい簡単なフレームを作って、ネットを吊るした。めちゃくちゃ「ちゃち」に見えるし、実際に「ちゃち」なんだけど。私的には、わ〜い♡なのです。お豆とスイートピーの場所。本当は、もっとしっかりとした材料でフレームを作ってみたかったんだけど、ホームセンターもすっごい列だし。家にある材料で。。。と。お豆が大きくなり始めたら倒れたりして(笑)。大いに有り得る。

今年も。Gusと一緒に庭仕事。私の足の間にのこのこと入ってきてチェック。

G:ぼくちんのすきなものもうえてくださいね。にんじんとか。にんじんとか。にんじん。

こうして季節を楽しむことができてありがたいな。花粉症もでてきたよ〜!

秋分。すっかり秋模様の庭より。

日本の母が「最高気温が32度ってでてるわー!」ってうなっていた。信じられないー。もう秋分の日だっていうのに、その暑さ。

ビクトリアはもうすっかり秋。雨の日が増え、朝もやがかかり、空気がしっとり。

土曜日は晴れていたので、少し庭の片付けを始めた。枯れて放っておくと、この時期は湿気が多い(というか、完全に乾くことができない)ので、草花によってはどんどん朽ちていく。土に戻っていくんだなぁ、と、眺めていてもいいんだけど、そうすると春に大変なことになるので。やっぱり引っこ抜いたり、刈り込んだり。それをまとめて袋につめたり。

土曜日の午前中は、一週間の疲れが抜けきれず眠いしだるい。でも、日曜は「雨マーク」ついているし。。。と。体にムチを打ってとりあえず畑ボックスだけは半分片付けた。ラベンダーも刈り込んだ。

私のあとをついてまわり、「ここだ」というスポットを見つけては草を引っ剥がして土を食べるGus。口の周りどろどろ。。。あぁー。どろどろ犬の季節がやってきた。

おいっ。そこっ! そこ、一応、花壇なのっ!

ーーーーーー。 ぼくちん、きこえないから。

春・夏に元気に咲いていた花たちも、終わったものから種をつけて倒れていたりして。もう、ぐちゃぐちゃなんだけどね。

庭に出て作業を始めたときは、体が重くて「あー、片付けるのってめんどうーー」って気持ちも重かったというのに。

少しずつ終わった野菜を引っこ抜いて土をならしたり、終わった枝を刈り込んでスッキリさせてあげたり、もう早くも春に向けて(?)芽を出しているこぼれ種組さんたちを見つけたりすると、どんどんいい気持ちになってくる。とても不思議。本当に不思議。

今年の育苗保育園の卒園生のイヌタデさん。↓↓

見えるかな〜。 濃い桃色(モーヴのような)の花が今咲いてます。今年は大きくなったのは3つだけだったので、来年はもう少し増やしてみたい。もうちょっと場所を考えて… (ホント、計画性がなくて…)。イヌタデは背が互いけれど、風に吹かれてもどうにかこうして立っていられるみたい。一方、タチアオイさんたちはフェンス沿いじゃないと倒れちゃうと思う。ということに気づいた。

秋になると食べたくなるのが、カボチャのニョッキ。多めに作って冷凍したよー。

去年も同じ頃に作ってた(笑)

残ったニョッキをね、チキンスープやベジスープに入れて食べるのも好き。ダンプリングスープみたいで♪

それから、グラノラも。

今日のバッチにはフラックスシード(を粉にしたもの)も混ぜたよー。香ばしくて美味しい。

さぁ、また一週間!

がんばってねん☆

秋の光、秋の色、秋の味。

光がもう秋。木々も草花も染まっていく。

夏を見送るときに何が一番さびしいかっていうと、日が短くなっていくこと。朝のGusの散歩時に、朝の光を浴びることができるのもあと少し。あーん、寂しい。

二度目のダリアの花たちも、もうすぐ終わる。

子供の頃はダリアがあまり好きじゃなかったな。「嘘っぽい。つくりものみたいやし。」って。とても異国のもののようにも見えた。今もダリアは一番好きな花ではないけれど、小ぶりのものたちは好きでいくつかだけ庭に咲いている。中でも、この真紅のダリアは大好き。

昨日、ファーマーズマーケットに立ち寄ったときに、色んなリンゴを売っているおじさんのテーブルをのぞいてみた。

と。「Kosui・Asian Pear」を発見!ナシだ〜。幸水だ〜♡

小ぶりの幸水。「おじさん、試食させて〜」と頼んで味見した一切れは、とてもみずみずしくて甘かった。姿があまりにも可愛らしくて、木の器にいれてしばらくうっとり眺めてしまった。ひとつ、切って相方と食べてみたところ、あまり甘くなかった… あれ、まぁ。試食したのはあんなにも甘かったのになー。

庭の夏野菜ももうそろそろおしまい。トマトはまだ青いのがたくさんあるけれど。

ひと鉢だけ過保護に育てたかわいいおナスもこれでおしまい。日本のきゅうりも最後の二本、小さいのがとれましたー。

一方。

やられたよ、タヌキに。アライグマどもに。

あと数日おいておいたら収穫しよーっと、と思っていた大きなトマトをっ!!!

あんたら、トマトがココまで大きくなるのにどれだけかかってると思ってんねーんっ!! ったく、種からここまで、4ヶ月ほどかかるトマトを、見事にがじがじがじがじやってくれた。 んもーーーっっ、かんべんしてよーっ!!!

あわててトマトの周りをひと苗ずつ、ネットでカバーしたけれど。あいつら、また来るだろうな。緊急対策で、囲いの周りにネズミ捕り(踏んづけたらバネがフリップするというトラップ)をいくつかおいてみたけど。。。小さいからなー。脅し程度にしかならんだろうな。

でも。美味しいね、っていって食べてくれたのかな。だったらそれほど腹もたたないけど。食べるならちゃんと完食してほしい。

わたしたちは。。。 とっても久しぶりにビーフストロガノフ!

サワークリームいっぱいのハイカロリー。食欲の秋。というか、「秋も」変わらず、しっかり食べる。

さて、一週間、頑張ろっと。

*おまけ:Doodleにて「Kosui」アップ〜 →☆

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

cheers to the summer!

短い涼しい夏に乾杯!

育苗保育園卒園生、タチアオイさん☆ 咲きましたっ!夏の顔!

1つ目の花が開いたのを見つけたとき、思わず「わはぁ〜♡」って声がこぼれた。ハイビスカスのドレスを来て、元気の歌をラッパで奏でているような。タチアオイってこんなにきれいだった?

植え替えた場所によって、すごく大きく育ったのと小さくおさまったのと。ミックスの種だったみたいで、少しずつ色が違う。わぁ〜。ほんと、こんな姿をみると、来年は日当たりの良いところにもう少し植えたいな〜って思ってしまう。

で。週末の朝、折りたたみの椅子をあちらこちらに移動させ、「イケていないスポット」をじーっと見ながら「ここはこうしたらいいかも。」っていうアイデアをメモしてみた。

いつも頭の中で考えているだけなので、次の春には忘れていることが多いから。ちょっとだけメモ!参考になるかなー。

夏のお野菜も、ゆっくりと、ようやく色づいてきている。

25度満たない日ばかりの夏の庭で、よく頑張ってここまで大きくなって色づいてくれたわ〜。

大きなトマトも少しずつ。今年は水をやりすぎず、ギリギリのところで。ちょっと皮が厚いかも、というのが気になるけれど、実はとても甘いです。知り腐れにもならず、葉っぱも黄色くならず、痩せ気味の土でよく頑張ってくれている。来年は場所移動して、このボックスはトマトはお休みにしよう。

そーしーてー♪

一つの苗に一つの実。それでもうちの庭でカボチャがカボチャの形になって育っているのがすごーい。低い気温と雌花と雄花の開花のタイミングが上手くいかなくて、実になれないことが多いから。毎日、「かぼちゃん、かぼちゃん、大きくなぁれ。」と声をかけている。大きくなってねー。なるかな?

日曜の午後、四つん這いになってタンポポをひっこぬいていて、ふと見上げて見えた花たち。ここはお試しでパラパラ種を蒔いて、まとまりがなくて「失敗だな」って思っている場所なんだけど、夏の終りの光の中できらきらしているのがとてもきれいでねー。

足元にこぼれた花びらも。みんなきれい。

うまく言葉で表現できないのがもどかしいのだけれど。木々や草花って元気の粒子を放っている。目で見てただきれい、じゃなくて、ふわっと心に届く何かを放っていると思う。変な話、ほら、ドラッグとかで「ハイになる」っていうけれど、「悦にひたる」という意味で、草花が放つエナジーにはそういう不思議なちからがあるように思う。私はすっかりそんな気分になってしまうから。

春の育苗卒園生の殆どは、今シーズンは花を咲かぜずに終わりそう。でも、↑↑のタチアオイは咲いてくれたし、ほら、この子も☆

背高のっぽの「イヌタデ」さん。6つほど苗を育てていて、そのうち3つはグリーンハウスが強風でぶっ飛んだときにだめになってしまった。生き残った3つはなんとか大きく育ってくれた〜。また、種植えよう!

地味〜なわたしの週末。でもいいや。タンポポ抜きながらハイになってるから。笑。