ありがとう2021年。良いお年を!

日本を含めた多くの国では、もう大晦日。ビクトリアもあと少しで今年最後の一日が始まる。気温があがらないので溶けずに残っている雪。今年は White New Year’s Eveだ♪

あっという間の一年で、年のはじめから終わりまで妙にざわざわとしていた。こんなにも気持ちが揺らいでいる年末って初めてだ。Gusのことがあるから仕方ない。特に何を頑張っているというわけでもないのに、一日一日に「精一杯感」を感じてしまう。きっとGusがそういう状態だからかな。ま、こんな年の瀬もあるんだなぁと思う。

毎日わたしを元気づけてくれるのが小鳥たち。

特にリンゴの木にぶら下げているハチドリのフィーダーにやってくる子(オス)が、とってもかわいい。2021年は、このかわいい子に締めくくってもらおう♪

氷点下の日が続いていると、毎朝砂糖水がカチコチにこおっている。なので、ふたつあるフィーダーの一つを外に出し、もう一つは家の中に置いておく。で、翌朝、凍ったものを取り外し、家の中に置いておいたものを外に出す。

私がりんごの木のあたりに行くと、この一羽のハチドリくんが必ずやってくる。最初は偶然だと思っていたんだけど、最近は「私をめがけてやってくる」と確信できるほど、ほぼ100%「ちーーーーっ」と現れる。一体どこで待っているのか、本当に不思議。

今日なんて、凍ったフィーダーを家の中にいれておこうと、裏口に向かう私の後ろについてきた(本当に!)。裏口を開けたときに頭のすぐ後ろで羽音がしたので、振り向くとすぐそこにいたので慌ててドアを閉めたよー。「ぼくちんのフィーダー、どこにもってくんだっ」ってなものだったのか。

寒いのでぷぅ〜っと膨らんだような小さなからだもかわいらしい。

むぅ〜っと膨らんだからだがかわいい。

今年は特に、草花たちや庭や家の周りで見かける小さな生きものたちに癒やされ元気をもらった。

ブログやインスタのお友だちにも、はっとするアイデアや刺激、温かいメッセージや笑いもいただいた。

とにかく。日本の家族や友人が元気でいてくれることがありがたいです。そして、私自身が健康で動けるということもありがたい。ときどき、疲れていたりすると、「なんでわたしがぜんぶやらなきゃならいわけ?」って本音もこぼれる。

でもそういうとき、ドイツの私の尊敬する「超人」家庭医くまさんが、以前にブログに書かれていた「私ができる間はやってあげよう」っていう言葉を思い出す。そう、できる間はやってあげればいい。

みなさ〜ん☆ 今年も一年、ありがとうございました!

新しい一年、真っ白な始まりを笑顔で迎えましょう。穏やかな、健やかな2022年になりますように。

farewell 2019. ありがとう。

大晦日! あと2時間半ほどで2019年もおしまい。

今年最後の日、ビクトリアは一日中雨。

ふつうーのお休みと変わらず、朝はゆっくりと寝て、エスプレッソを作って豆乳ラテにして、昨日買っておいたアーモンドクロワッサンをパリパリと頬張りながらダイニングのテーブルで家族からの大晦日の夕食模様の写真を見たり、インスタを覗いたり、メッセージを読んだり。お昼すぎに熱めのシャワーを浴びてすっきり。今夜はきれいなシーツでぐっすり眠って新年を迎えるのだーと、シーツを洗い。そうだそうだ、と思い出して石井ゆかりさんの年報に目を通す(→☆石井ゆかりさんの年報のページ)。夕方、家族とフェイスタイムをしてわいわい話をしてほんの少しホームシックになる。

普通の日だけれど、一応、最終日なのでこの一年を振り返ってみる。

健康でいられること、大切な人たち・動物たちが皆元気でいてくれることのありがたさに改めて気付かされた一年だったな。元気なときには当たり前にしていることがどれほどたくさんあるのか。その当たり前にしていることが、日々の幸せの源なんだなぁって。なかなか元気になれない相方相手に、彼自身も私もずいぶんと「試された」一年だった。もう、あたなもわたしも限界に近いかもね、と言い放ったこともあった。そういう限界に近いかと思われるところでは、彼も私も心がきりきりして、でも逃げ場はなくて「なんとかなるって。」ってじっとしていたら「きりきり」もなんとかおさまってくれました。

私は風邪一つ引かず、元気に過ごせてよかった。Gusも今年は獣医さんにかからずにすみましたっ☆ 両親が共に元気でいてくれてありがたいです。離れているから余計にそう思う。

そしてブログも。なんとか今年も一年続けることができてよかった♪ 一方的にあぁだこうだとつぶやいてすっきりさせてもらい、アドバイスや温かいコメントから元気をもらい、「統計」をみると毎日「こそっと」のぞいてくださる人(迷い込んでいるひともいると思うけどっ)がいて励みになり、とってもありがたかったです。

さて。まったりな大晦日の夜は「クラブケーキ」を食べたよー☆ 昨日のうちにカニを2匹買ってきて身をほぐしておいたので、今日は楽ちん。相方の右腕が不自由なので、ケーキにしてしまったほうが食べやすかろうと。成功〜。

山盛りサラダとバゲット+ノルウェーのチーズ。クリスマスの残りのワイン。以上。

さっぱりとシンプルでとっても満足でしたっ。

新年も、ぼちぼちと、ブログもDoodleも続けていきたいなぁ〜と思ってます。よろしくね〜。

そして、イノシシくんからネズミさんへのバトンタッチということで。今年の締めくくりDoodleはぎこぎこアニメーションでっ☆ このイノシシくんみたいに、Doodleはホント、ぜーぜーはーはーのマラソンの様に頑張ってまーす。

元気いっぱい、明るい一年になぁれ♡

2018年、ごくろうさま。

世界の多くの国ではもう大晦日。2018年最後の一日。

Gusのクリスマスのぬいぐるみショットでしめくくろう。頭とお尻の部分に「きゅぅきゅぅ」が入っていた「ムース」のぬいぐるみだった。可愛かったのに、あっという間にぐちょぐちょにされてしまった…

日本の大晦日はバタバタと忙しくて、静かに一年を振り返っているどころじゃないかもしれないけれど。ふっと一息ついたときに(掃除をする手をとめたとき、犬の散歩にでかけたとき、トイレに座ったとき、ようやく夕食を終えたとき、etc. etc.に)、「今年はこんなだったなぁ」と思い起こすんじゃないかな。

我が家はゆったりとしたクリスマス〜年越し。なので、思い起こしすぎるほどかも。ただ、こうして、今、一緒に温かな家で過ごせて良かったね、とお互いに言い合ってます。

今年は私たちの周りでも、怪我をしたとか体調を崩したとか「なぜ?」という病気にかかってしまったとかという知らせが多かった。自然災害もたくさんあった。色んな意味でバランスの崩れを感じた一年だった。

なので、2018年という一年には「ごくろうさま」と言いたいな。大きな厄を振り払って、あまり意気込まず、「それではどうぞよろしくおねがいします」とお辞儀をして、新年を迎えよう。

今年も一年、ブログを覗いてくださってありがとうございます。また新しい一年も、季節季節の同じ様なシーンを折り込みながらぼちぼちと書いていきたいなぁ、と思ってます。

よいお年を♪

*おまけ:Gus、ムースくんをくっちゃらくっちゃらするのムービー

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪