ブラックベリーの酵素ジュースでスカッ☆

長い一週間だった。目がすっごく疲れている。

あぁ〜っ、ハッピー☆ハッピー☆フライデー!

ところで。

じゃっじゃんっ。

黒くてよくわかんないけど、ブラックベリーの酵素ジュース。初めて作ってみた。涼しいので2週間ほどかかった。

庭の奥のブラックベリーは、毎年ジャムか焼き菓子に使うだけ。でも、ジャムばかり作っても一年で消費できないこともある(まだ、去年のが残ってるしー)。で、「無農薬の野菜や果物があったら酵素ジュースにすればいい」って読んだのを思い出して、作ってみた。

ブラックベリー500gに砂糖550g。砂糖との割合は1対1か、砂糖を一割増しにするのが基本らしい。

手でかき混ぜると「酵素」のジュースになり、手を使わないとただのジュースなんだそうで。毎日、手でごしゃごしゃとかき混ぜた。菌がはいるとか、本当は体に良くない、とか色々と言う人もいるけれど、ひとに飲ませるわけではないのでいいやと思って。あの「怪しげなコンブチャ」だって、家で作って飲んでお腹を壊したことはないしー。

涼しすぎて、こういうソーダ日和ではないのだけど… (相方は寒いといってヒーターをつけた!)

ブラックベリー酵素ジュース、解禁だっ。

炭酸水で割って飲んでみたよー☆

スカーッ!

おいしい。ブラックベリーは夏の味。こういう楽しみ方も良い良い♪

今度はお湯割りにして飲んでみよう。うん、レモンや生姜を入れて酵素ジュースを作る人もたくさんいるけれど、このソーダ飲んで理由がわかった! ここにレモンと生姜が入ってたら絶対に美味しい。

次に作るブラックベリー酵素ジュースには、生姜とレモンを入れてみよう!

さぁ、今夜は早く寝よ。ゆったりと笑顔の週末を〜☆

*Doodle、アップしたよん。

→☆赤チョッキのおじさんとダックスフンド

時々すれちがうおじさん。すごく不似合いなようで、とてもかわいらしい。このおじさんが他の犬を連れているの、想像できない。

Kさんの話

昨日は久しぶりに歯の歯垢をとってもらってきた。スッキリー☆ いつもの衛生士さんのMさんがバケーションでいなかったので、代わりにKさんにお願いした。結婚してすぐの頃、相方のお世話になっていたこの歯医者さんに通うことになったんだけど、初めてのハイジーン(歯垢取り)の予約のときの担当がKさんだった。6-7年、歯垢除去をしていなかった私の歯を見たKさんに、開口一番「これは大仕事だな。」って言われたっけ。全部のクリーニングに90分ほどかかったのでした(汗)。終わった後に「it was one serious excavation!」と言われた。 ははっ。発掘作業ね。。。で、虫歯も4-5本「発掘」されたんだった。

わたしが勝手に「カルメン」と呼んでいる西洋シャクナゲ。

それ以来は半年に一度、きれいにしてもらっている。最近はずっとMさんだけど。

Kさんは2年半ほどまえに奥さまをなくされた。私と同い年くらいのひとだったと聞いた。子宮癌が見つかったときは、すでにステージ4で。手遅れだった。

奥さまが亡くなってから初めて顔をあわせたKさんに、私は明るく挨拶した。そしてねぎらいの言葉をかけた。

後に続けることばも見つからず、Hugをしたかったけれどそれほどの知り合いでもないし、とためらってしまった。Kさんからはまだ悲しみがあふれているのを感じた。こういうときに何て言えばいいのだろう。Kさんは少しうなずいて、「どうもありがとう。Definitely… it was not the right thing to happen」と言った。

歯医者さんでは自分は口を開けているので色んな話をしたくても話せない。「アァーーーァアアーー、んーーんーー(軽くうなずく)」程度で、Kさんがツールを交換するときの少しの間に、すばやく質問したり答えたり。なので、Kさんの話をあーあー言いながら聞いていた。

Kさんは歯科衛生士さんでもあり、作家でもある。「また書いていますか?」と聞くと、「やっと、2ヶ月前に書こうという気持ちになれましたよ」って。奥さまの回想だって。それは、ひとに見せることになるかもしれないし、自分だけのものになるかもしれない。どちらになるか今はわからないけれど、「書く」というプロセスを受け入れられるときが来たって。

「書く」ということを思い出させてくれたのが、去年、カナダでも結構大きな文学賞(CBC Literary Awards )の作品選考に携わったことなんだって。8週間で652の出展作品を読み(これは全部の5分の1)、その中から10作品選ぶという審査員になり、様々なひとたちの様々なものがたりを読む中で何かが動いたって言ってた。

3つの場所に届けることに決めた奥さまの遺灰の最後のひとつを、この夏、Haida Guaii に撒きにいくそうです。

先住ハイダ族の人々の島々、という名前の諸島。バンクーバーから飛行機で北に約2時間。平日に2便。そこには奥さまとの特別な思い出があり、Kさんは「ハイダ・グワイの森は聖地だよ」って。砂浜の海岸がどこまでも続き、夏でも容赦のない風が吹いて近寄れないこともあり、古い古い森が今でも変わらず生きている大小150の島々からなる列島。ハイダ・グワイに奥さまと訪れたときに、「森に浸る(forest bathing)という意味の」ネイティブのことばに出会ったよって。それはあの地に住む人々には必要な単語だなって思ったって。「日本語にも森林浴っていうことばがあるよ」って私が言うと、Kさんの目が少し明るくなって笑った。

その後、犬の話をした。(と言っても、私は「あぁーーぁーぁあー。ぁーあー。」って答えていただけなんだけど。)Kさんの犬は12歳半。Gusと同じくらいの年齢で、同じように耳が遠くなってきているそうです。以前はKさんが家に帰るとすぐに玄関に駆け寄ってきたわんちゃんも、今はよく聞こえないからKさんが帰宅して5分ほどしてから「あ、帰ってたの?(ぶんぶんぶんぶんっとしっぽを降る)」って挨拶しにくるよって。Gusも最近そんな感じ!

奥さまが病気になったときに近所の犬友だちが代わる代わるワンちゃんの散歩をしてくれたんだって。で、今は毎晩、7つの家族が7匹のワンちゃんを連れて一緒に散歩するんだって~。そういうなんでもないルーティーンがありがたいよって言ってた。

もうひとつ、わんこ話の中でKさんがぽつりと言った。

There is something so sweet about old dogs.

歳をとった犬にはなんだか特別な愛しさがある、って。うんうん、Something so sweet だね〜って、一緒に笑って頷いた。

半年後、またKさんに歯をきれいにしてもらおう。そのときどんな話が聞けるのか楽しみだ。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

ガーデンエプロンみっけ

ハッピー☆フライデー!

↑は、昨日の朝。今日はまたまた涼しい(肌寒い…)。で、明日は雨なんだって。なぁんかいつまでたっても涼しいので、夏野菜を畑ボックスに植えれない。ここの(特にうちの裏庭の)「Growing seazon」はとても短い。ま、仕方ないか。

実は、5月のはじめから「Intermittent Fasting」というのをやっている。どんなものかというと、一日24時間のうち、16時間断食して、残り8時間のうちに食事をする。食べるものそのものに制限はなし。体重を落とすのが目的ではなくて(落ちれば嬉しいけど、特に変化はないみたい)、乱雑な食べ方を見直したくて。なぁ〜んか、常に何かを食べているような感じだったから。きちんと空腹感を感じて内蔵を休ませようと思って。毎年1度はマスタークレンジングをするんだけど、5日間完全に断食する気分でもなかったから、プチ断食。

で、私にとっての一番楽な時間の割り振りは、夕食を大体7時位までに終えて、その後は何も食べない。翌日、午前11時まで断食。で、今まで朝ごはんに食べていたようなものや果物を少し食べる。昼ごはんも12時に食べる。といった感じ。朝はコーヒーは飲んでもいいらしいので、飲む。朝の9時半頃にものすごくお腹がすくけど、それ以外は特にしんどくない。食べてもいい時間帯には普通に食べてるよ。

ひとつ得たものは、いつもの時間帯に朝ごはんを食べないので、出勤前に少しだけ時間の余裕ができたこと。この余分な時間、庭に出て水やりしたり草抜きしたり。ほんの10分、15分だけど、気持ちにもゆとりができる。

昨日の夕方、水やりをしていてふと、庭の奥のブラックベリーのエリアに目をやると。。。恐るべしMorning Glory(質の悪い朝顔の一種)がものすごい勢いで色んなものに絡みついて繁殖していたっ!!! すでにツボミまでつけてる〜!

で、今朝はGusの散歩の後の10分ほど、庭の奥に三輪を持っていって、ワシワシワシとモーニング・グローリーをむしりとった!あちこちから飛び出てきているスノーベリーは地面すれすれのところでチョキッ! 全部をきれいにはできなかったけど、プチ達成感を味わってから出勤。ふぅ。週末、続きしよーっと。

さてさて。お題のですね。「ガーデンエプロン」!

これ〜♪

キャンバス地の小さなエプロン。

これ、実は、相方の古い古い「ワーキングエプロン」。大工さんがつけるエプロン。だからポケットがたくさんついてます。先週末、ワークショップ(木工作業などをするスペース。ものすごい散らかってます…)でネットを探していて、ふと目についた丸まった汚いキャンバス地。広げてみたら小さなエプロンで、コレを見たときに「あっ♡」と思った!

むふふふふふ♡

相方に、「これ、使ってもいいー?」って聞いたら、「おっ? またそんなものをどこから引っ張り出してきたん?」って。「こういうの、探してたんよねー。洗って、ガーデニングに使うよー!」と、すっかり浮かれてしまった♪

前にも書いたけれど、庭のあちこちでものを失くしたことが何度もある。置きっぱなしにしたり、どこに置いたかわらかなくなったり、いちいち裏口に取りに行くのがめんどくさかったり。特に、シャベルとクリッパー。ズボンの後ろのポケットに入れるのには大きすぎるし、手に持って移動しているとどちらかをどこかに置いてそのままになったり。

軽いキャンバス地のエプロン。嬉しいな♪ 古くてボロいから、遠慮せずに汚せるしー。
嬉しくなってものを入れすぎて、前かがみになったときに「どさっ」と全部飛び出してしまいそうだけど(笑。気をつけよう)。

明日は半日出勤。うえぇーん。 でも、まぁ、フレンドリーなスタッフトレーニングだからね。

楽しい週末を〜!

草木のちからと地球のヒーリングパワー

寒い。午前中は晴れていたものの冬の風のような冷たい風が吹きっさらし、午後には「ひょう」が降った。

林檎の花はつぼみの頃がとってもかわいい

もうすぐ5月だっていうのにね。

最近よく、こうして土に触れることができて、緑に囲まれて暮らしていることをありがたく思う。

日本に一時帰国してまたビクトリアに戻ってくると、いつも必ず「私には最低限これくらいの自然がないと元気に過ごしていけないなぁ」と思う。これくらいの自然レベルがないと、それこそ水とお日さま不足の草木のようにへなへなとしてしまう。春になって(この4月は妙に寒いけど)、緑や光が眩しくなると自然と足が外に向く。で、気持ちいいなぁ。ありがたいなぁって、よくつぶやく。

つい先日読んだ、神経学者 (Oliver Sacks, 有名な学者さんです)が「自然、草花のもつちから」について書いた記事が興味深かった。というかね、自分が自然に囲まれているときになんとなく(でも確かに)感じていることを、専門知識と経験を踏まえて説明してくれているのを読んで、「そうなのかぁ」と気づけることが気持ちよかった(←えらく回りくどいな…)

その中で新しく出会った単語は「Biophilia=自然と生物への愛」と「Hortophilia=自然と関わりたい、触れたいという思い」。Oliverさんいわく、Biophiliaはわたしたち人間が健康であるために欠くことのできない要素であり、Hortophiliaもわたしたちの中に深く根付いている要素なんだって。自然がわたしたちの健康にもたらす効果は、精神的や感情的なものに限らず、肉体や神経のレベルにも大きく関わってきているんだって。

彼は後期の認知症を患っている患者さんを神経学的に診察されてきたのね。物忘れだけでなく、身の回りのことをもうほとんど自分でできなくなっている状態のひとたち。そういう患者さんと花壇の前に座り手に花の苗をもたせてあげたところ、きちんと苗を植えてしまうんだって。その作業もできないひともいるけれど、植えようとした患者さんのなかで苗を逆さまに植えたひとはひとりもいなかったんだって。不思議。

もうひとつ、アーシング(Earthing)というもの。裸足で歩いて地球から元気をもらうんだって。初めて聞いた。でも、そういえば。家の近くの公園を、いつも裸足で30分ほど歩いている女性がいる。公園まで自転車で来て、靴を脱いでぐるぐる歩いている。ほとんど毎日。健康のためなんだろうなぁ、とは思っていたけれど、アーシングという健康法があるのは知らなかった。

素足が地面に直接触れることで、地表からの自由電子が体の表面から体内に広がって抗酸化作用が起こるんだって。アーシングの効果には:睡眠改善、血糖値をコントロール、新陳代謝を上げる、炎症を抑える、幸福感を高める、記憶を助ける、ストレスホルモンの減少。。。などがあるんだそうよ。

水は冷たかったけど、Gusとの散歩の途中で靴を脱いで裸足で海岸を歩いてみた。冷たいけれど気持ち良かったー。その後、足がほくほくしてきた。時々、庭でGusと一緒に草の上にごろ〜んとするんだけれど、あれも妙に気持ちいい。この春・夏は心がけて裸足になってみよう。

うまく言葉にできないのだけれど、みんな一緒に生きているんだなぁ、と最近よく思います。春だから、かな。

今年は家の前の桜(八重)がとてもきれいで、窓からもこんな風に見えている。もうそろそろ終わりかな。

日本は10連休突入!なんだよねー。Happy Super LONG Holidays☆

お休み中に裸足歩きを〜♪♪