One Day Trip to Vancouver

昨日はちょろっとバンクーバーまで行ってきたよー♪ そうです、新しいパスポートを受取りに!申請書類は郵送できるのだけれど、受け取りは本人が出向いていかないと行けないのです。

【注:一気にまとめたので長いです】

数日前からも雨の予報が出ていたし、バンクーバーはビクトリアよりも雨が多い街なので傘を忍ばせて。

ところが、木曜の朝はいいお天気! ほんま、日頃の行いがいいからねっ、いししっ(笑)

前回(10年前)の更新のときにはビクトリアのダウンタウンからPCL(Pacific Coach Line)というバスに乗り、そのままフェリーに乗り、バンクーバーのダウンタウンで降りて歩いて…という、片道3時間半ほどかけて取りに行った。

今回は相方が「フロートプレイン(Float Plane・水上飛行機?)」で行くのがいい、って強く勧めてきたので、「そりゃ良いわ」とあっさりそのオプションで行くことにした。

ビクトリアのハーバーからバンクーバーのハーバーまでの直行便。35分!そう、半時間ちょっとで着いてしまう!9時半の便に乗ったよー☆ コロナのこともあるし、なるべく人混みを避けてさっと行ってさっと帰ってこようと思っていたので、フロートプレインはベストオプションだった。私が乗った朝の便には、私を入れて6人。待合室のラウンジは明るくて広くて、ハーバーを眺めていられるし、ストレスフルな空港よりもずっとゆったりとした気分で待っていられる。

↓↓ 行きはこれに乗った。大きな羽根つきの小さめのフロートプレイン。

パイロットさんが、こっちこっちと言っている(笑)

あまり高いところを飛ばないので、よく見える。Gusと歩く散歩コースも、丘の上も、しばらく訪れていないGulf Islandsの島々も。

海岸沿いにも家がちらりほらりと見え、あんなリモートエリアで暮らすのってどんな風なのかなぁと思い巡らす。小さな森を抜けてひっそりとした海岸まで歩いたり、楽しそうだな〜。なんて。

と。あっという間にバンクーバーの街が。。。見えてきたーー!

わーーお。

都会だー。

今回はひとりのクイックトリップなので、ちょっとしたアドベンチャー気分で一人で盛り上がっていた。バンクーバーのハーバーを降りて、海岸沿いの遊歩道(?)がとてもきれいに歩きやすくなっているのにも驚いた。コロナ前や夏のハイシーズンは賑わうんだろうなぁって思いながら、キョロキョロと高い建物を眺めて歩き始めると。。。いきなり迷子になりました(苦笑)。

海や山が遠くに見えるところだと、それが目印になって大体の方向がつかめる。大体ね。なんだけど、一歩、高層ビルの森に踏み込むと、方向感覚が全くなくなってしまってねー。こっちだろうと思って歩き始めてGoogle Mapをチェックしてみたら、全く反対の方向向いて歩いていた。。。いやー、Google Mapって便利だね〜。

まず領事館でパスポートをピックアップして、その後ダウンタウンのメインストリート(?)までぶらっと歩いた。すごい都会だー。ショーウィンドウに映る自分が、もんのすごく田舎者に見えて笑えた。

プラダとか、バーバリーとか、私でも知っている有名なブランドのお店がきらきらつやつやと並んでいる通り。ビクトリアでは見かけないようなデザインや色合いの洋服や靴も見える。「すごいね〜。モノがいっぱい。」と、一人でつぶやきながら。。。↑↑の働くお兄さんと柴犬を見つけて喜んでいる自分(笑)

街って、平日の午前中でも騒がしい。当たり前か。いろんな匂いがしたし。いろんな言葉も聞こえた。カフェのテーブルでエスプレッソ片手に、大声で電話の向こうの相手と話すイタリア人のおじさんがいたり、ロシア語(?)で話す香水ぷんぷんの若い女の子が店の前で靴の踵をなおしていたり。タトゥーで肌の色が見えない腕をぶんぶんと降りながら歩いていたおっさんたちは、マリファナをふかしていた。

色んな人がいるなーって眺めながら。行こうって思っていた無印に行ったよー♪ 久しぶりだ〜。

日本の無印アイテムの値段よりもやや高い気がした。そんなもん? 無印のコットンシャツは気持ちがいいので二枚ほど買った。ぐるぐると見て回りながら、来年は帰国して無印に行きたいな〜と。そうそう、欧米サイズならMでも身幅も袖もゆったりめでよろしい。日本だとMサイズだと肩がぱんと張ってしまうのに。

もう一つのお目当ては「ラーメン」♪ いくつかラーメンのお店があったけど、てくてく歩いて「山頭火ラーメン」というところに行った。ワクチン接種の証明QRコードとIDを見せて。テーブルとテーブルの間には仕切りがしてあったよー。

チャーシューの塩ラーメン! ラーメンは塩ラーメンが好き。塩なのに、結構味が濃くてびっくり。これで普通サイズ。量的にはこれでも良いけど、出てきたときに「ちっちゃくないか?」って思った(笑)。男の人だとこれだけじゃ絶対足りんよなーって。うん、これも、帰国したときにホントのラーメンをがっつりと食べたい!

帰りのフロートプレインは3時だった。まだあと2時間半ほどあるからガスタウンの方まで歩いてウィンドウショッピングしようかなー♪ っていう予定だった。で、お店がたくさん並ぶ道を歩き始めて。。。

「もう疲れた。」と、海の方へ足が向いた。

もう、お買いものもしなくていいな。

どこかでコーヒー買って、もし一本早い便に乗れたらそれで帰ろ。と、あっさりとフロートプレイン乗り場に向かったのでした(笑)

やっぱり海を見ている方が落ち着く。

カウンターで聞いたら、1時半の便に空席があるから変えてもらえたのでした♪ ラウンジでコーヒーを飲みながら少しぼぅ〜っとして、帰路につく。バンクーバー滞在3時間半。文字通りの「とんぼ返り」だ。

フロートプレインはやみつきになりそうなくらい、便利。あっという間にバンクーバーだし、空港での面倒臭さもない。帰りのは、行きのよりも大きな「ダブル・オッター」っていう機種で、羽根の代わりにプロペラが着いていて客席も多かった。でも乗ったのは10人くらいだけど。

パイロットは二人。一人はトレーニング中だそうです。私の前に座ったおじさんは35分間、ずーーーっとビデオを撮っていた。そのビデオ誰がみるのか。。。めっちゃ退屈なビデオクリップっぽかった。

帰りの空の上でも、ビクトリアのハーバーについてからも、「やっぱりビクトリアがいいな」って思った。

ビクトリアくらいの大きさの町で、ちょっと田舎者っぽく暮らしているのが丁度いいんだろうなって。旅とも呼べない「超ショートトリップ」だったけれど、たまに住んでいるところを離れるというのは良いことだ。発見があり、いつもの暮らしを見つめ直すきっかけにもなる。

またフロートプレインでバンクーバーに行きたい。

バンクーバーへ弾丸トリップ

とってもとっても久しぶりに、バンクーバーの友人家族に会いに行ってきた!

島を離れるの、久しぶり。フェリーに乗るのも久しぶり。

病み上がりのお友達んちに押しかけるのも気が引けて、今回はあきらめようとも思ったんだけど、本当に長いこと会っていなくて、出不精の私たちは何度かお誘いを断ってきたので。「えい、やっ!」と、勢いで行ってきた〜。

11時のフェリーでバンクーバーへ。そして翌日の朝、バンクーバー10時発のフェリーでビクトリアに戻ってきたっ。こんな弾丸トリップも久しぶり(始めてかも)。

この4月は本当にお天気が安定しないし、寒いっ。ビクトリアに比べて、もひとつ雨の確率が高いバンクーバー。今までも天候を理由にお誘いを断ったこともある。Gusが一緒だし、友達の家に閉じこもっちゃうことになるし。行った日は、曇天。友人宅の家の周りをGusと歩いた。

街の犬たちの糞尿に対するクレームも多いらしい。限られたグリーンスペースが、わんこのおしっこで枯れてしまうから「犬お断り」の札がたてられているのも見たことがある。幸い、友人宅の近くにはドッグパークがあるんだけど、ここ最近の雨でぐっちょぐちょだし。おとなしく家の周りを散歩。

ヘリテージハウスが並ぶ通り。数ブロック先が大通りとはいえ、この辺りは住宅街だから驚くほど静かです。でも、やっぱりバンクーバーは大都市だ。フェリーターミナルから友人宅に向かう途中の交通量がすごかった。みなさん、スピーディーな運転だし。大都市では「何処にどの道を通っていくのか」を前もってはっきり把握していないと、周りの車からのプレッシャーに押されて予定外のところで曲がってしまったり、ハイウェイ降りるの間違ったりしてしまいそうです。運転嫌い(+苦手)の私は、助手席に座っているだけでどきどきしてしまった。情けね〜。

久しぶりの遠征(?)ですっかりお疲れのGus。持っていった「もも色ぶたさん」を枕にして昼寝。フェリーの中では車の中でお留守番なので、ものすごいストレスなのです… 置き去りにされると察して、家を出る前からそわそわと落ち着かず、車の中でもピーピー鳴くし、ナーバスになって体を小刻みに震わせたりするし… 「帰ってくるから心配しなくていいのっ!」って言ってわかる相手じゃないし。そんなGusを連れて出かけると、わたしも疲れる。友人宅では、Gusはピタッと私をマーク。トイレの中まで付いてくる。「ぼくちんをひとりにしないでください」の目をして。パピーの頃のトラウマで、責任は私たちにもあるので責められないし、仕方ないです。

1泊だけだったので、滞在中も弾丸トークでキャッチアップ。赤ちゃんの頃から知っている友人の息子くんも、すっかり大きくなって大学生。「若いっていいなぁ。青年よ、大志を抱け。」な〜んて思って眺めてしまった。誕生日にポップコーンがほしいって言ってたのがついこの間の様。

相方の誕生日もお祝いしてもらっちゃって、なんとも嬉しいサプライズでした♪ もう一泊してよって言ってくれたけど、「そわそわ犬」+土砂降りのお天気ということで、とんぼ返りでビクトリアに戻ってきました〜。

↑↑アザラシがねそべってたよー。

大都市のエナジーも久しぶりには良いもの。興味深い文化的イベントもたくさんあるし、ショッピングだって楽しいだろうし。けれど、私たちはやっぱりのんびりのビクトリアがいいね〜って、相方と何度も言い合った。

途中、島々を眺めながら、今度はGulf Islandsのどこかに行ってみてもいいよね〜って。

Gus連れて? 行く?

Gusも私たちも、家に帰ってきて「ほっ」。とてもシンプルで地味な生活だけど、それが一番ほっとする。たまに家を離れると、自分の家のありがたみをあらためて感じるね♪

弾丸トリップだったけれど、友人たちの元気そうな顔を見ることができて良かった☆

 

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

久々のバンクーバーにて。

とっても久しぶりにバンクーバーの友人に会いに行きましたー。

都会の住宅街の朝。Gusと散歩。

バンクーバー

Gusを引き連れてのおでかけは大変。慣れないところに1人で取り残されることにものすごい不安とストレスを感じる犬だから。フェリーで車に残される時もクンクン鳴くし、友人宅に着いても私の側から絶対に離れない。。。あーー。。。疲れる。そして昨夜、Gusが夢にまで出てきて、その夢の中では人間の言葉を話していた(!)。 私が「なんでそんなに神経質になるわけ?」と聞くと、Gusが口をもごもご動かして「ただただ不安になるんだもん。みんなをこまらせるつもりはないんだけど、おいてけぼりにされるのがいやなんだもん。」って。おそらくそんなことを言いたいんだろうね。こまった犬です。

バンクーバー

あちこちで見られるクレーン。友人の家の周りでも、小さな普通の家がまとめて買われ、大きなアパートが建てられる計画が上がっているそうな。

バンクーバー

当たり前のことなのだけど、都会はコンクリートが多い。週末の朝のひっそりした時間帯でさえ、都会のエネルギーはビクトリアとは違う。飛び交う粒子(?)の質が違うというか。空気も違う。

ヘリテージハウスのプレートが付いてる家がならぶ通りを歩いてみた。この辺りの家は全て最低、1億5千万代。オソロシイ。

バンクーバー

バンクーバー

ずっと長く住んでいたら、バンクーバーのような大都市の環境にも慣れるのかな。Gusがそわそわと落ち着かないので、皆でジェリコビーチに散歩に行きました。

バンクーバー

水辺にいくとほっとする。でもね、バンクーバーは犬が歩いてもいいビーチってとても限られていて、ここはお犬様お断り地区。

バンクーバー

明日、2月8日は中国の旧正月♪ 中国人の友人と「Happy New Year of Moneky!」とお祝いしました〜。

*おまけ:散歩に出かけた公園で聞いた耳慣れない鳥の歌声。とっても賑やかに歌っていて、その歌声に結構な人が集まっていたヨ。まるでオーケストラ。歌っているのは「Black Bird」。ビクトリアでは見かけない真っ黒な可愛らしい鳥だった♪ 聞こえるかな?

バンクーバでの週末:にぎわうキッツビーチ

短い滞在だったけど、久々のバンクーバーで「City Energy」を吸収してきた〜♪

バンクーバー滞在

金曜日の仕事の後バンクーバーに向かったので、お友達の家に着くと夕食時。ドアを開けるとものすごーく美味しそうなにおいっ。じっくりと煮込んだラム肉で迎えてくれました☆ 次男坊くん(13歳)が私よりも背が高くなっていて、声も渋くなっちゃって、びっくり。

ビクトリアからバンクーバーまでは、フェリーに乗っているのが1時間40分。プラス、フェリー乗り場までの時間と待ち時間を含めると4時間くらいかかる。近いようで遠い。それに、フェリーが民営化されてから、費用がものすごく上がって… 車を運転して大人二人だと、往復$200かかる。10年ほど前は$80くらいだったのにー。なので、ほいほいと行けるってわけでもないんよねー。

お友達の家の周りを、Gusを連れて散歩した。

バンクーバー滞在

この辺りには「Heritage House」として認められている家がたくさんあり、公認の標識が玄関先に見られます。ヘリテージハウスとして認められるには、それなりの規定もあるだろうし、オリジナルのキャラクターを維持していかなくちゃいけないようです。

vancouver-visit3

家の前の少しのスペースを利用して、野菜を育てているのがあちこちで目についた。場所に関係なく、野菜畑を見ると楽しくなる。

さて、土曜日は一日オフだったので、みんなでこれまた久しぶりに「キッツラノビーチ・Kitsilano Beach」(通称キッツビーチ)を散歩した。

vancouver-visit4

キッツビーチはバンクーバーのビーチの中でも、人気のあるヒップなスポット。

vancouver-visit5

サンディービーチ(何年も前に砂を敷きつめたらしい)は、この日は若者で大賑わい!その他、家族連れでBBQしていたり、日光浴をしたり、ビーチバレーボールをしたり(トーナメントをやってたよ)、ほんっとうに賑やかだった〜。ひっそりのビクトリアから来た私たちには、かなり刺激的。

とにかく。ナイスボディーで健康的ではつらつとした若者がい〜っぱい。私たちはベンチに座ってピープルワッチング。

kitsilano

こういう(↑)ふわふわとして、スケスケの薄いカーテンの様な布(?スカート)をまとっている女の子をたくさん見かけた。キッツビーチならオッケーの装い。

ほ〜ら。賑やかでしょ〜?

kitsilano

バンクーバーって山があり、海があり、文化的なイベントやフェスティバルもたくさんあり、こうしてみると本当に魅力的な街。

vancouver-visit8

でも、お友達が「生活するのは厳しいよ」って言ってた。このキッツポイントなんて、大人気のスポットなので、この辺りで小さな家を買おうと思ったら、スターターで2億円じゃない?って。このエリアに限らず、バンクーバーで家を買うには最低1億だって言われてる。ひと昔前までは、一億円の家っていうと、ほんの一握りの人しか手に入れられないものだったのにね。不動産はめちゃくちゃ高いデス。

kitsilano

キッツビーチをのんびりと歩いただけだけど、街のエネルギーを感じてリフレッシュした私たち。

kitsilano

次回は少し人の少ない辺りを選んで、ピクニックをしても楽しいね〜と言い合ってました。バンクーバーには、アジア人(中国人、東南アジア人など)がたくさんいるんだけど、彼らのバーベキューは北米人(?)のホットドッグやハンバーガーと比べると断然グルメ。シシカバブやローテサリーでチキンのロースト、海鮮やコーンやペッパーなどなど… いい匂いだった〜。

vancouver-visit11

良い気分転換になりました☆ 今度は友達たちがこちらに遊びに来てくれるといいのにな〜。

さて、一週間、がんばろ〜っと。

今日もご訪問どうもありがとう。↓↓ぽちっと One Click嬉しいな♪
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ