キャロットケーキ with レモンクリームチーズフロスティング

今日はフル回転。8時間ほどしっかりと睡眠をとり自然起床の極楽な朝。すると日中のエナジーレベルがぜんぜん違うんよね。雨だ雨だというから、今日はコンピューターの前でタックスをやり終える!って決めていた。

んだけど。。。まったく降りそうもなくて。Gusと丘の上まで散歩。途中、以前一緒に仕事をしていたアニヤちゃんと彼女の親友たちにばったりと会った。やーーーーんっ♡ と、思わずHugしたくなった私たち、2メートル離れて「エアーハグ」をして、久々に顔を見てのおしゃべり。話していたのはほんの10〜15分ほどなんだけど、すっかり気持ちが軽くなっている自分に気づいた。顔を見ながらの生のおしゃべりって、心の健康には欠かせないものなんだよねぇ。

アニヤちゃんにもらった元気で波に乗り、家に戻るなりぐわぁ〜っと掃除機をかけ、軽くお昼を食べ、外を見る。

まだ降りそうもない。「ええいっ、やってまえっ!」と、今シーズン初の芝刈りをした。

はい。「手押し芝刈り機」。たまに。。。電動のにしておけばよかったかも、という後悔の念が頭をよぎる。けど、手押しはかたかたと静かだし、ほんっといい運動になるので、良し。

行く手をさえぎるのはモサモサのおっちゃん犬のみ。Gus〜、どいて〜。手信号を出して「あっち行って、あっち!」って指示しても、この顔でぼーーーっと私を見てるだけ(苦笑)。よっこらせと持ち上げて移動。芝を刈ったところでくつろいでくれりゃいいのに、なぜか、行く先行く先に現れるから困る。

さて。

イースターだし、ちょっとスペシャルな甘いものを作ろうかな…と思い、キャロットケーキを焼くことにした。イースター→イースターバニー→にんじん→にんじんケーキ♡ というわけ。

子供の頃、にんじんケーキというと騙された気がしてならなかった。なんでケーキににんじんなんかを入れるわけ?ケーキが台なしやんっ!そんなことしてにんじんを食べさせようとしても騙されへんで。。。と、すねた。

カナダに来てからかなぁ。クリームチーズフロスティングにべっとりとつつまれたキャロットケーキを食べたの。開眼。ちょっと酸味のあるフロスティングと、しぃ〜っとりとしたキャロットケーキ。疲れを癒やしてくれるケーキ。

今日はこのフロスティングを「レモン風味」にして、ちゃんとケーキっぽくデコレーションもしてみた♪ イースターなので。えへえへ。ちょっと変えたけど、オリジナルレシピはここ→☆

キャロットケーキ with レモンクリームチーズフロスティング

材料(1C=250cc)
7″=18cm ケーキパン一つ分

  • 小麦粉 1C
  • ベーキングソーダ 小さじ1
  • 塩 小さじ1/4
  • シナモン(粉)小さじ 3/4
  • 植物油 半カップ+大さじ1
  • ブラウンシュガー 3/4 C
  • バニラエッセンス 小さじ半
  • 卵 2個
  • にんじん 4本ほど(シュレッドして150g)
  • ピーカン 半C
  • レーズン 1/4 C

フロスティング
(以下の材料をよく混ぜる)

  • クリームチーズ1パック(250g)
  • バター 1/4 C
  • 粉砂糖 1C
  • レモン汁 大さじ1
  1. オーブンは180度(華氏350度)。ケーキパンにバターを塗り側面には粉。底にはパーチメント。
  2. ボールに粉ものを全部入れて混ぜる
  3. 別のボールに砂糖、バニラ、卵を入れてよく混ぜる
  4. 粉ミックスを3回くらいにわけて3のボールに入れてヘラで混ぜてなめらかになるまで混ぜる。その中ににんじんを入れ、混ぜる。(ナッツとレーズンも。私は省略)
  5. 35〜40分焼く。
  6. 焼きあがったらケーキパンの中で15分、その後、パンから逆さまにしてラックの上に取り出して冷ます。
  7. 完全に冷めたらクリームチーズフロスティングを好きなように塗りつける。

ほ〜ら♡

私たちはふたりとも、キャロットケーキの中にナッツやらなんやらを入れるのが好きじゃないのでシンプルに。でも何にもないのも寂しいので、季節外れの(あまり美味しくないのだけど)ラズベリーをずんずんずんとのせてみた。デコレーション苦手で。。。でも相方は「Beautiful!!」と喜んでくれたので良しとしよう(笑)

フロスティングを固めに仕上げたので、生クリームよりは断然「塗りやす」かった♪

それに、キャロットケーキは普通のスポンジケーキよりもしっとりとしていて「密」なので、半分に切るのも切りやすかったよ。

かわいいじゃないか〜!な〜んてね。

今回はもともとのレシピ通りの砂糖を使ったんだけど(ブラウンシュガー1C)、フロスティングも塗るならここまで甘くなくてもいいと思う。次回は少し減らしてみよう。

大好きな「Fawn Lily」の季節です。

雨降ってくれなかったので、タックス申請作業。。。またできなかった(汗)。明日はやります。はい。お約束。

春を迎えたマイヤーレモンとダイエットチョコ

前回、マイヤーレモンちゃんの成長ぶりを見てもらったのが1月8日だった。家の中に入れてあげてから新芽がでたよ〜って紹介したのがこの記事→☆

あの後、2月終わりまではぴたりと成長がとまった。メインの枝を失ってしまった苗木なので、これ以上大きくなれないのかなぁと思ってみていた。前回の写真で出てきた新しい葉っぱは大きくなったんだけど、そこでとまってしまい、葉っぱがぶらんとぶら下がるほどになっていた。

支柱を添えてあげたらまた茎を伸ばして芽をだすかなぁ、と思っていた3月の一週目辺り。そう、春分の日にむけてまた成長が見られ始めた♡

形わるいけど、葉っぱが大きくなってるでしょ。

よく見ると。。。

また新芽がでてきた!

二つに枝分かれしている両方の枝先に、小さな若葉がついている。↑の3枚と、↓の3枚。

見えるかな。

そして☆ この枝先以外にも、もう一つ!

一枚の葉と茎の間から新芽!

これには少し驚いた。この苗の成長を見ている限り、こういう「芽」の出し方は初めてだ。ひょっとするとあまりにもアンバランスなもんだから、ここからもう一つ枝になりうる茎を伸ばすことに決めたのかも。

「そうするのん?」 と、聞いてみる(笑)

植物もちゃんと考えているような気がしてならない。バランス良く成長できるように、一番いい場所からちょっと無理して新芽を出してみる。さてさて、1ヶ月後、どんな風になってるのか。またリポートします♪

今日の昼休みに「ダイエットチョコ」というのを作ってみた。「ダイエット」と名のつくものはあまり美味しくもないのだろうと疑ってかかるんだけど、「これはとても美味しい」って言ってたので。

材料は:ココナッツオイル(クリーム状のもの)大さじ3無糖ココアパウダー大さじ3ハチミツ大さじ2アーモンド・ココナッツシュレッド(適当に)。私はハチミツを甘みに使ったけど、レシピでは「ラカント」っていう今人気の甘味料を使っていた。ナッツ以外の材料を湯煎で溶かし、アルミホイルの上に流して広げてナッツをぱらぱらとし、冷蔵庫で固まらせただけ。広げたときに、少しだけシーソルトをふりかけた。

ココナッツオイルなので、常温においておくと柔らかくなりがち。なので、冷蔵庫にいれて保存。

これがねー、意外に美味しかった!材料はきっちりすりきり測る必要もなく、自分好みに調節できる。私はココアが足りなかったので、無糖ココアを大さじ2+「Camino Chilli&Spice」のホットチョコレートパウダーを混ぜて使った。

ややローストしすぎたアーモンドが3分の1カップほどはいってるよー。ビターで粗塩も効いていて、美味しい。そのへんの板チョコよりも大人の甘さでいける♪ 家にチョコレートがなくて、でもどうしてもチョコレートが食べたいときには、これを作ろう!

あと一日。そして週末。えいえいおー!

【インスタントポット】あんこ作り!ぜんざいが食べたくて。

今年は穏やかな冬。

変わらず、大雨が降ったり強風でざわざわしたり一日どんよりと暗〜い日が多いビクトリア。だけど、雨が上がり少し日が差すと、「例年よりも早く春がやってくるのかもねぇ。」とつぶやく。

毎年この時期にスナップショットを撮るミニシクラメン。私の気づかないうちにこぼれ種で増えてるんだねぇ。花壇から大きくはずれた芝生の中からひょっこり出てきているものもある。可愛い色合いだなと、毎年思う。

さぁて♡

1月のこの時分、ネットやインスタなどで「おぜんざい・おしるこ」をたくさん見かける。お正月のお雑煮で使い切らなかったお餅の消費のためか、温かくてほっこりとした「和」の甘さが恋しくなる時期だからなのか。おぜんざいとおしるこの違いは関東と関西でも違うらしい。

私の解釈では、ぜんざい=粒あんごろごろ、おしるこ=さらさら汁っぽい。です。どちらが好きかというと、断然「ぜんざい」!

で、おぜんざいが食べたくて。小豆を炊くところから始める。ここで覚え書き。

インスタントポットで(私好みに)小豆を炊く

  • 小豆をお鍋に水からいれ、一度沸騰させてあく抜き(必要ないというひともいるし、2回するひともいる。私は一度だけ)
  • Bean設定(またはManual High Pressure)24〜25分
  • ナチュラルリリース(約15分、重しが自然に下がるまで)
  • 炊きあがったら少しお鍋で水分を飛ばした

今回は小豆500g、砂糖400g、塩二つまみほど(適当。塩の存在が味わえる程度が好き)

砂糖は小豆と同量っていうレシピが多いけど、そうするとわたし的には甘すぎて。。。いつも甘さ控えめで炊いて食べるときに少しはちみつを加えたりする。今回のこの分量で十分甘い。

粒あんが好きなので、丁度いい硬さになった。こしあんが好きならあと5分炊いたほうがいいかな。

賞味期限を大きく過ぎた切り餅を、オーブンのブロイラーで焼いて♪

最近の切り餅は一つずつパックに入ってるもんねー。と、賞味期限過ぎても全然大丈夫(笑)。

はぁ〜。おいし〜。

一月はあんこが食べたくなる月なんだ。

そういえば。今日は新月。Gusと散歩にでかけた海岸が、ひたひたに潮が満ちていた。

月の満ち欠けにいつも注意を払っているというわけでもない。でも、普通に何の変化もない日々を送っているなかで、「気持ちの波」が潮の満ち引きのように変化していることに気づくと、空をみあげて「月は?」と確認してしまう。新月のあたりは落ち着く。

朝は。

かりかりベーグルにバターをたっぷりしみこませ、あんこ♡

あんこはバターとパンにもよく合うなぁ。こうしてあんこをのせるなら、私はちょっとハードなパンの方が好き。バゲットとか。

パンもあんこも大好きなGus。この視線…

「くれろ〜」

ちょうだい、でもなく、ください、でもなく。この顔のときは「くれろ」っていうGusの声が聞こえてくる。。。笑。

今夜もしとしとと雨が降っている。新月の雨の夜、よく眠れそうだ。

りんごの季節・りんごの菓子パン

ようやく、裏庭のリンゴも熟れてきた。南に面している方だけだけど、少しずつ。木を少し揺さぶってぽとぽとと落ちてくるのは確実に熟しているので、収穫。

摘果を全くしなかった(いや、いつもはここまで沢山実をつけないから必要ないし)ので、小さいのもたくさんある。小さくても美味しいので集めるよ〜。

ここ5日ほどは兎が出ていない模様☆ なんとか塞げたかな。。。と思っていたら、今度は「ラット(Rat、ドブネズミ?)」が出てきて落ちているリンゴを片っ端から食べている。ラットはもうどうしようもない。でもよくよくみると、たわわに実っているリンゴのいくつかがかじられている。まだ木にくっついた状態で。これは厄介!木に登って食べ始めたってこと。で、3つほど「ネズミ捕り」(ぱちんとバネで弾けるもの)を木の周りにおいておいたところ、全部弾けていた。少しびっくりして寄り付かなくなるといいけどなぁ。落ちているのを食べられるのは仕方ないけど、木にまだ実っているものを食べるのはやめてほしいもん。

週末にもうちょっと集めようかな。収穫したら涼しいところに置いておかないとだめだし、処理するのも追いつかないし。瓶を買ってきてアップルソースにして瓶詰めにしようかな。これも作業する気持ちの準備ができてないと、収穫して家の中に置きっぱなしにして鮮度が落ちちゃうし。

はい、Gusの「ちゅーーーん」とした顔(笑)。

ひとつ切ってみると、こんな感じ♪

この色の変わっている部分は「蜜」って呼ばれるもので、ネットで読んでみると:

完熟が頂点になり、そこを過ぎた栄養分が細胞の外に溢れ出した甘味成分こそが「りんごの蜜」の正体です。言い方を変えると完熟の頂点をすぎたリンゴといえるのです。このように「りんごの蜜」の部分には、自然の甘味成分が多く含まれています。りんごの蜜は、甘ったるい蜜の味ではなく「爽やかな甘み」を感じさせてくれます。そのため、蜜入りであるほど「さわやかな甘さのリンゴ」ということが言えるのです。

なんだって。だから蜜が入りだしたら早めに食べたほうがいいらしい。

でね、急にリンゴがのっている菓子パンが食べたくなって、仕事の休憩を利用して「リンゴの菓子パン」を焼いてみたよ〜。レシピはカリフォルニアばあさんのブログの「すごく美味しい菓子パン生地」

ひし形成形の仕方は「ひし形たまごパン」(←これも美味しそう!)より。

ちょうど仕事を終える頃に焼き上がった。

むはは♡

パンの部分がプレッツェルみたいに見えるけれど、ふわふわ〜♪

リンゴはサイコロ状に切り、適当にブラウンシュガーとハチミツとレモンを加えて煮てやわらかくしておいた。冷蔵庫に中途半端に残っていた「リコタチーズ」にハチミツを少し混ぜ、それをカスタードのように下に敷いてからリンゴをのせた。

生地は8等分なのに、間違えて10等分にしちゃって。やや小さめだけど、おやつには丁度いい。焼き立てにかぶりついてしまったー。

美味しぃ〜♡

相方は「デニッシュ」を思い浮かべていたようで、「甘さとバターっけが足りないなぁ」とぼやいていた。でしょうよ、だって、これはデニッシュじゃないもん。か・し・ぱ・ん・な・のっ!

私はコレが食べたかったのでとっても満足!

明日も朝ごはんに食べるよー!

こうしてたんまり焼いてしまうと、食べすぎて。。。また太りますな。

秋だからオッケーよねっ!しっかり食べて元気に過ごそう!