イチゴとルバーブのクランブル

今までにも何度も「クランブル」は作ってきたけれど、レシピを書き出したことがなかったようなので(サイト内検索してもうまく出てこない)、今日作った「イチゴとルバーブのクランブル」のレシピをメモしておきまーす。

クランブルっていうのは、果物の上にバター、粉、オーツ、をベースにしたもの(←これがクランブルなんだけど)を載せて焼いたスイーツ。とっても簡単で、パイやタルトよりも軽くて好き。バニラアイスを添えて食べるひとが多いけど、私はそのまんまか、朝ごはんのヨーグルトと一緒に、っていうのが好きです〜。

レシピの分量も少々変えても大丈夫。オリジナルレシピはここ→☆ 下にメモするのは、私の今日の分量と材料。

イチゴとルバーブのクランブル

<果物フィリング>

  • ルバーブ 2本(約40cm)
  • イチゴ 250g(半パック)
  • きび砂糖 半カップ
  • クイックタピオカ 大さじ2.5(コーンスターチでもOK)

<トッピング>

  • 小麦粉 半カップ
  • アーモンド粉 1/4 C
  • きび砂糖 半カップ
  • 塩 小さじ1/4
  • バター 85g (1/3 C)
  • 押し麦 3/4 C
  • アーモンド 半カップ(砕いて。クルミやピーカンでもOK)

直径22cm(9”)のベーキングディッシュ。オーブンは350F(176度)1C=250CC

  1. ルバーブとイチゴを1cm幅に切り、砂糖とタピオカ(またはコーンスターチ)をまぶす。大さじ1〜2ほどのレモン汁も加えた(オプション)。コレをベーキングディッシュに入れておく。
  2. フードプロセッサーに粉、アーモンド粉、砂糖、塩を入れてパルスで5回ほど。冷たいバターを加えてパルスで5回。もろもろと混ざれば良し。ここにオーツとナッツを混ぜ入れる。
    【私はオーツとナッツを入れたあとにも少しパルスでがっがっとして混ぜた】
  3. トッピングを果物の上にのせ、オーブンへ。40〜50分。縁から果汁がぶくぶくとし始め、表面がきつね色になれば良し。

作ったトッピングの量が多すぎた様で、全部使わなかった(1/4Cほど余った)。次回は小麦粉を減らしても良し。米粉でもできるし、アーモンド粉を増やして粉を減らしても良し。

きび砂糖なので優しい甘さで、ルバーブとイチゴの爽やかさがよく味わえたよー☆

あ。そうそう。先週初めてトライした「チャイブ餃子」があまりにも美味しかったので、チャイブが庭で茂っているうちに!!と、また餃子を作った。チャイブ、豚肉、マッシュルーム。味付けは塩麹、醤油、おろしショウガ、砂糖少々。

美味しかったー。

今日のGusへのお花。

庭の花を見ると、笑っていたGusを思い出す。いつも振り向いたらそこにいたなぁ〜って。かわいかったなぁって。

愉しい一週間を☆

ヒヤシンスとMuzzi。

去年のヒヤシンスの水栽培が思いの外楽しかったので、今年は早くから球根を買って冷蔵庫に入れておいた♪ 去年は何も知らず、球根の半分ほどまで水に浸して放ったらかしにしていたけれど、それでもちゃんと根も芽もにょきにょき伸びて花も咲いた。

今年のヒヤシンスちゃん。水につけて約1週間。

根が数センチ伸びたら、水面と球根のお尻(?)の間を1cmほどあけてあげると良いらしい。水を変えてそうっと根を整えて水に浸して。年が明ける頃に蕾がついてくれるかな。と期待しています。

週末、久しぶりにイタリアンベーカリーに立ち寄ったときに見つけちゃったよ。

Muzzi でございますっ☆

Muzziのパネットーネ、大好きです。ここ数年、いつものイタリアンデリで取り寄せてくれなくなっちゃって諦めていた。以前食べたことのあるフレーバーは「洋梨とダークチョコ」。

このゼブラ模様は何のフレーバーでしょうかー?

むふふ。答えは次の投稿で(笑)

週末のまったりさん。

えへえへ。。。洗い替え用(?)の赤いくつ下。クリスマスっぽいでしょー?

底の部分がゴムになっていて、ハイソックスのように長い。ただ、歩くと「ぺったんぺったん」と音がする(苦笑)。私がベルクロと軍手のゴムの部分を縫い付けたくつ下の方が、脱げにくいし静かで気に入っている(私がね)。

前足が突っ張ってしまって、座布団や自分のベッドに入るのも難しい。くるくるとある程度あるき続けると流石に疲れて、床の真ん中でべたーっと寝てしまうこともある。そろそろ眠いかな、っていうときに、横倒しになるようにこうして椅子やベッドの中に寝かせてあげる。そのまま少し上からかぶさるようにしてそっと抑えたり(←レスリングの抑え込みみたいな感じ。笑)、なでたりしていると、案外あっさりと寝る。まったりさんなおじいちゃんもかわいい。

初めての感動のパブロヴァ

初めて「パブロヴァ」に挑戦した〜☆

パブロヴァというのを初めて目にしたのは、ブログのお友だちtomさんの美しいパブロヴァ(←ふた夏前のパブロヴァの写真見つけた!)。「あの美しいケーキ?は何なんだろう?」って。tomさんはご主人のお誕生日に大きなパブロヴァを焼いてお庭に実る果物とお花で美しく飾られていた。

きれいだなぁ〜。。。とうっとりしながらも、「すっごい難しそう…」という印象を受けた。

だって、大きなメレンゲだもん。あんなにふんわり焼くの、絶対に難しいはず。と。

それで今まで作ってみようとは思わなかった。のですが、先日、小さめのパブロヴァの写真が目に止まり、その「パブロヴァとは…」冒頭を読んでみると「スタンドミキサーがあったら簡単で誰にでもできる」って。

ほんまか?

ちょうど卵白が6つ分冷蔵庫にあった(カルボナーラを作ったときの残り)。よしっ。プロジェクト・パブロヴァ!

参考レシピはコレ→☆(英語)

パブロヴァ

材料(1C = 250cc)

  • 卵白6つ分(30g×6)
  • 砂糖 1カップ半
  • コーンスターチ 小さじ2
  • レモン汁 大さじ半
  • バニラエッセンス 大さじ半

ホイップクリーム

  • 冷えたヘビークリーム(Whipping cream)
  • 砂糖 大さじ2
  1. オーブンを350Fまで上げて220F(convection, fan)に下げて予熱。ベーキングシートにパーチメントペーパーを敷いておく。
  2. スタンドミキサー6で卵白を泡立てる。柔らかいピークがたったら(約1分)砂糖を少しずつ加えていく。3〜5分泡立て続ける。ぴんっとしたピークがたったら良し。なめらかで艶がでる。
  3. レモン汁とバニラエッセンスをたたみ入れる。その後小さじ2のコーンスターチもたたみ入れる。パイプで直径8cmくらいに絞り出す。
  4. 1時間15分。オーブンは開けない。その後オーブンをOFFにしてそのまま30分中に入れておく。
  5. ラックに取り出して熱を取る。

メレンゲ焼けたーっ!!

ツヤツヤで美しい。

これを見ながら思い出した。そういえば、フィレンツェの小さなオステリアで食べたんだった!すっごく素朴なメレンゲ(大きなスプーンでぺっっと叩きつけて形にして焼いたようなの)に、それがすっかり見えなくなるほどの野いちごがのっていた。美味しかったな〜。その話を相方にしながら、「あれ、覚えてる?あれと同じようなの作ってるんやでー」って。

あの素朴な「メレンゲ+野いちご」のデザートを食べたとき、初めて、「メレンゲって美味しいものなんだ☆」と知った。それまでは、「卵白と砂糖だけの砂糖菓子をわざわざ買って食べようってひとがいるのが不思議よなー」って思っていた。若い頃に食べたことのあるメレンゲというと、ぱっさぱさで口の中でもそもそとして、ただ甘いだけのダンボールのようだったから。今でもベーカリーなどでメレンゲをみかけても「ときめく」ことはない。

ところがです。

家で焼いたメレンゲは♡

外側がぱりっと軽く。口の中でふわぁ〜んととろけるような触感があり。中はマシュマロのように柔らかかった。

相方と二人して感動した。「綿菓子が雲を食べてるようなら、これは雲の結晶だね!」って。

甘さ控えめのホイップクリームをのせて、果物を散りばめた♪

庭で熟れた果物がとれれば最高なんだけどなぁ〜。小さなイチゴとラズベリー少しとブルーベリ「一粒」だけは裏庭より。あとは買ってきた。

私にも作れた〜♡ 初・パブロヴァ。

相方と、何もつけないものを二つほど頬張ったあと、飾ったものを夕食後のデザートに食べました〜。

感動のおいしさだった。ぱりっとしたシェルが砕けてクリームとまじわって。ぱりっ、ふわん、と果物の爽やかさが口の中に広がって♡ あぁ〜幸せ。

メレンゲ、見直した!

「ちゃぁーーーーっ!」って言ってるみたい。

元気な一週間を!