秋の初めの庭模様

あっという間に過ぎてしまった週末(涙)。

眠くてねぇ〜。あまりプロダクティブな週末ではなかった。土曜日は久々に雨が降り、しっかりと地面も潤った。雨音を聞きながらお風呂に浸かり、ミステリーを読みうとうととし。私にとっての贅沢タイムだ。

土曜の朝はGusをダイエッティシャンのところに連れていき、Up&Downのあるお腹の調子について相談にのってもらった。またそのことは後日。

さて。青空が広がった日曜の午後、少しだけ庭の片付けにとりかかったよー。秋の初めの裏庭で、頑張って咲いてくれている花たちを眺め、来春はどうしようかな〜なんて考えながら。

ジニアって、色んな色・形があるんだねー。

シクラメンの野生種(だと思う。植えた覚えのないところから出てきてるから)。

あちこちから出てくる。

白いのは珍しいので、これは花壇の方に去年移動させておいたもの。

野生種たちは今頃咲く。園芸種(?苗を買ってきたもの)のミニシクラメンは春の初めの方に咲く。

今年も♡

我が家のりんごの老樹にはいっぱい実がついた。摘果する予定だったのに手が回らず、放ったらかし。。。なので、大きさもまちまちだ。

私の手のひらくらいのもの(上)もあれば、その半分くらいの大きさのもの(下)もあり。

お年寄りのリンゴの木だけれど、毎年、私も相方も楽しみにしている。市場のりんごよりもずっと美味しいから。今年も美味しくな〜れ。なるべく新鮮なうちに生で食べたいな〜。

今年はどういうわけか、ダリアたちがとっても元気。雨の降らない夏が良かったのかなー。

終わった花を切ってあげると、次から次へとつぼみがつきまだ咲いてくれている。

ダリアにもミツバチがくるんだねー。蜂たちはまだ後少し働き続けるのかな。だんだん気温も下がってきていて、今週は最高気温が15度〜18度。晴れている日にはまだミツバチやマルハナバチを見ることができるかな。

終わった草花を刈り込んだり、雑草を抜いてまとめたり、四つん這いになってわしわしと土いじりをしてすっかりといい気分になった。昨日の雨で濡れた土もいいにおいだった。

畑もおしまい。今年はこの黄色いトマトがとっても甘くて美味しかったよ〜。涼しい庭で苦戦しながらも、こうして本当の野菜の味を味わえることがありがたいです。

今年の春・夏も、草花たちに随分と元気をもらい励まされた。そうよ、草花たちは励ましてくれる。ストレートに、喜びをくれる。

週末、どうしても食べたかったプリンを作ったー♡以前紹介した「大人のプリン」。

長方形のお皿が。。。ほしい〜。

さぁて。新学期始まって「フル」の一週間。ぎゃんばろ〜。

みなさんも、良い一週間を!

もう秋です。週末散歩。パンが…

光がやわらいできた。

美しい秋がくるよ。

穏やかで、暑くもなく寒くもなくみんなの足が自然と外に向いた週末だった。久しぶりに金曜の朝にHIITトレーニングのエクササイズをやったせいで、足が〜(汗)。がっちがちの筋肉痛。腿裏とお尻に効いた。。。ロボットのようにぎこちない歩き方で(苦笑)、Gusと丘の上まで。

光が秋に傾いてくると、なぜだろうね、不思議と気持ちもやわらかくなる。

もうすぐ秋の雨が降るかなぁ。深い霧に包まれる日々もやってくるよね。

Gusはもっしゃもしゃ。少しでいいので「ストリッピング(毛抜き)」をさせてくれ〜。耳の周りもぼうぼうで「Definition(頭と顔と耳のくぎり?)」がなくなってきている。専用のストリッピングコームをそ〜っと使ってみても、いや〜んいや〜んとね。。。体をうねらせるもんだから全くはかどらない。んもう。

Gusの色は秋の色。今年も見失わないように気をつけないと。

さてさて。今日は楽しみにしていたパン教室の日だったのです。

が。

すかたんやってしまった。

インスタライブは日本時間の土曜のお昼=カナダ西海岸の土曜の夜。なので、いつもは土曜の夜にちょこっとのぞかせてもらって、翌日の準備をしたり手順をみながら気持ちを高める(笑)。ところが。昨夜はインスタのレッスンアカウントを見てもなにもない。

もしやまたフライングしたか?! えーーー、どういうことーー? 材料準備したのにー。

一夜明けた今朝、はっと気づいた。レッスンアカウントの承認リクエストをしてなかったー!!

日本は夜中なので先生は睡眠中。冷蔵庫で発酵させた生地は常温にもどし、潰したにんじんも準備オッケー。先生が起きて私のメッセージを見て承認してくださったあと=こちらのお昼、から作り始めてもいいけど、そうすると今夜のラザニアとオーブン使用が重なるし。

ええいっ!

強行突破しました。生地だけレシピを見てなんとか捏ね、発酵させ。。。成形は前回のおじゃがのパンと同じようにして焼きましたん♪

見てみて〜♡ 人参が入っているから生地がほんのりとオレンジ色!

成形、これ三回目なんだけど、ぜんっぜん上達してない(汗)

実は。先生に話すのも恥ずかしいのですが、今月のにんじんパンの材料のひとつは「にんじんの煮汁」なのですね。200gの水でにんじんを煮て、そのうちの50gだけをパンに使うのです。

が。インスタレッスンのタイミングが狂って焦ったせいもあり。。。煮汁を「全部入れてしまいました」

がぁぃ〜〜ん。

べっとべとの生地を見つめながらどっと汗をかき。。。

これ、どうするよ。

せんせーーーーい!!!

4倍の水を加えてしまったことになり、だからって4倍の粉を加えていいの?えー、あかんやろ、えーーーっ、ちょっとずつ加えてみる?あーーーん(涙) 結局、予定の2倍弱の粉を加え、「最初はべとべとでも200回捏ねたらなんとかまとまるかも」と呪文のように唱えながらえっさほっさと捏ねました。なんとか。なんとかまとまりまして。なんとか焼けましたー♡

んもう。なんというドラマ(一人でだけど)。えっらい疲れた。

でもね、焼き上がりはふんわりで、生地に甘みがあって美味しかった。来週末に仕切り直し!ちゃんとレッスンビデオを見ながらにんじんパンにチャレンジしますっ!

庭のきゅうりと、ラザニアと一緒に。

うちのラザニアソースにはお肉ははいらないので、今日はベジだ。レイヤーの間に残っていたリコッタチーズもはさみこんで、美味しかった。もちろん。明日もラザニア。

さぁ、新学期開始まであと一週間! 気合い入れていきまーす☆

7月半ば。アザミを抜く。

先日の「謎」。

一瞬にして(?)とけましたっ(笑) 翌朝、日本の友達から「私だよ〜」って連絡があって、スッキリ一件落着!

届いた日は体調がいまいちだったもんで、メールもラインもチェックせず、ブログだけ書いて寝たもんで彼女からの連絡も気づかなかったのでした。あははっ。でもたまにはこんな小さなミステリーも楽しいねっ。どきどきしてしまったわ。

ちゃんと「私宛のものだった」とわかったので、ゆっくりとページをめくって楽しんでいます♡

Gusはコーンもはずれ、かいかいのほっぺたのかさぶたもきれいに取れてスッキリ。10日ほどコーン生活だったので、とってもらって嬉しそう。春から夏にかけては庭でゴロゴロしていることも多いし、寝転がっているときに虫に噛まれたりするんよねー。気をつけないと。

気をつけないと。というと。

これ。

なんのつぼみかわかる?

つぼみの位置が私の顔のあたりにあり、背伸びをしてとった一枚。

これね、「Scottish Thistle(スコットランドアザミ)」っぽい。

葉っぱがきれいなシルバーでふわんとしていて、でもつぼみと同じように棘がいっぱい。去年の秋の終わりに勝手に飛び出てきて、その葉っぱの色がきれいだったのでわざわざ植え替えて様子を見ていた。どんどん背が高くなり、棘がいっぱいついてきたから「あざみの一種かなぁ」と思った。で、ネットで調べてみると、「Scottish Thistleは外来種の花で広がるので見つけたらすぐに抜け」って書いてあった。えー、悪者なん?

ミツバチが嬉しそうにたかっていたけれど、とげとげのがあちこちに出てこられても困るし。。。この写真をとった翌日に引っこ抜いた。日本でも「あざみ」というと、からっからの野原やコンクリートの隙間などでも平気で大きくなっている雑草(?)。よね? うちの庭に一つ育ったのは、種が鳥のうんちに混じってたのかなー。

この↑の写真の手前に写っている葉っぱがシルバーっぽい草花。これも勝手に出てきてます。葉が分厚くて小さな黄色い花がそろそろ咲きそう。害もなさそうなのでそのままにしている。なんなんだろ。

赤いベルガモットは一年目。なので、今年は花も葉もそのまま大きくさせている。蝶々やミツバチたちやハチドリが喜んでるよー。

7月半ば。今年はサルビアもラベンダーもとても元気にわさわさとしているので、ハチたちの数も例年よりも多いような気がする。

でも、一週間に一〜二匹の割合で、マルハナバチが花に止まったまま息絶えているのも見つける。それは普通のことなのかなぁ。マルハナバチのクイーンの寿命が約1年なのに対し、働き蜂は2〜6週間なんだって。働きに出て巣に戻れず、花の上で寿命を終えてしまうのも、自然なサイクルなのかな。今朝もダリアに頭をつっこんだまま死んでいるのをひとつ見つけた。

2週間ほど前に撮った「ベッツィー・シンクレアー」。前にも書いたけれど、どこを調べてもそんな名前のバラはないんよね。でも名札にはそう書いてあった。ミステリアスなベッツィーさん。まるく、こんもりとしたバラで、6月終わりから7月にかけて、黄色ちゃんと一緒に咲いている。今また小さな蕾をつけてるよー。

そして夏の主役のような黄色ちゃん。

夕暮れ時にふわーっと光るような姿がきれいです。今年はまた随分大きくなり、去年よりもたくさんの花を咲かせてくれていてうれしい。

世界のあちこちで自然災害が起きていて、ざわざわとする。私の住む州も、現在、山火事の数が300を超えている。雨の予報はなく、乾燥しきっていて風も強い。祈りというものがどこまで届くものなのか、と思いながら、祈らずにはいられない夏。

良い週末を!

カマスとGusと。

五月は植物の声が聞こえてきそうな月だ。

去年も、その前の年も、その前の前の年も、同じ場所で同じような緑や花を目にした。なのに、今年もまた真新しい気持ちで嬉しくなるのだから、草花や木々の届けてくれるエネルギーはすごい。

花粉症もすこし落ち着いたかな。なんだけど、肌がかゆい。がさがさぼこぼこする。耳の「ふち」が痒くて変。去年も五月にあったんだけど、かさかさになって随分醜くなり「このまま変な耳になったら嫌だなぁ」と思っていた時期があった。しばらくしてトカゲの脱皮のように皮がはがれて(?)元の耳に戻った。なんなんだろう。

さて♪

今年の春はカマス(Camas)の花がとってもきれいに咲いているよ〜。

以前にも紹介したネイティブのワイルドフラワーです。クローズアップはインスタにものせた(→☆)。

こんなにも見事にあちこちでカマスが咲くのを見るのは久しぶり。ここ数年は、Gusと歩く道や丘のカマスの多くが鹿たちに食べられていたから。カマスの深い青紫の色がきれいなんよね〜。

↑↑ Gusの「胸毛」。。。ものすごい。胸やお腹、足、お尻周りはデリケートゾーンなので、もう抜かしてくれない。よって、ぼうぼうです。

こんな春の散歩は、始終笑顔のGus。この日は「五月のカレンダー写真」を撮りたくて、カメラをたすき掛けにして歩いた。久しぶりにカマスとGusの五月が撮れた♪

↑↑ ここに咲いているのは、ブルーベル。薄い桃色のもブルーベル。シラー・カンパニュラータとも呼ばれる花。そうです、うちの裏庭で幅を利かせてるのもこの花。

この丘も、今は青々としているけれど、あと数週間もすれば春の緑がスピアグラス(猫じゃらしみたいな草)に変わり、茶色くなっていく。

かわいいおじさん犬。

一緒に歩いてくれてありがとね〜、って言う。

Gusがうちに来てから、距離にするとどれくらい一緒に歩いたんだろう。

気持ちよくリラックスしてご機嫌なときには、こうやって大あくびをする(笑)。ふにゃ〜。

カマスの丘、今年は本当にきれいです。