green power.

三連休にひとつ休みをくっつけて四連休。そ、今日、火曜日も私は休み♪ 平日というのを利用して、今日はとっても久しぶりに静かなトレールを歩いた。

あぁ。気持ちいい。

去年の暮れに相方が体調を崩してから、こういうファミリーウォークをしたのは今日が初めて。二人と一匹、緑に癒やされた。

最近のビクトリアは、交通事情がとても悪く、特に春から夏にかけての気候の良い時期にはあちこちで「道路工事」をしている。交通量の少ない夜には作業をしないので、平日でも日中混み合ったりする。ちょっと前まではこんなにも道が混むことはなかったのに。なので、私も相方も最近は車で出かけるのも避けていた。このトレールには何度も来たことがある。いつもよりも10分ほど長くかかったかな。家からここまで40分弱。やっぱり目的地までが半時間を超えると、「長いなぁ」って感じてしまう。

インレット(入り江)は穏やか。あちこちから絶え間なく聞こえる鳥の声。

水は冷たいんだけど、日向にいるとじりじりと暑く、カヤックを岸にやすめて泳いでいる人たちもいた。お母さん、おばあちゃん、子供3人。みーんなちゃぷちゃぷと気持ちよさそうだった〜。あぁ、私も泳ぎたーい!

Gusは胸まで。お決まりのGus流、行水。

しばらく木陰のベンチでぼ〜っとして、海を眺めていた。

緑のトンネルを歩き、海辺に腰掛けているだけでこんなにも気持ちが軽くなる。優しくなれる気がする。

この水にざばーーーーっと飛び込んでひと泳ぎしたら、たまらなくすぅーーーーっとするに違いない。と思いながらも、今日はタオルを一枚も持ってこなかったので控えておいた。

自然には治癒力がある。海の水にも風にも木陰の心地よさにも温まった石ころにも眩しい光にも草の匂いや鳥の声にも。

あぁ、すっきり。いい気持ちになりました。

さ、明日は仕事。

 

海へ。spot prawn fishing☆

相方の友達のGさんが、「Spot Prawnをとりにいくからおいでよ!」と誘ってくれた♪「Gusも連れておいで!」と♪ 以前にも連れて行ってもらったことがあり、ココでも紹介したことがある。前回の甘エビ捕りの投稿は7年前だから…とってもとっても久しぶりに海にでる〜。

ブレントウッドベイのマリーナから出発。湾になっているのでいつも比較的穏やかなんだけど、今日は特に、風もなく最高のお天気!

ぼくちん、うごいているぼーとスキ。

7年前のPrawn Fishingの投稿のGusを見てびっくり!若かったね〜。ぱっつんぱっつんのハーネスつけましたっ。

本当に穏やかな海。風がとっても気持ちいい!

Gさんはこのベイの近くに住んでいて、海が大好きなGさんにとっては、この海は庭のようなもの。

でも、近々、今持っているこのボートを売りに出すんだって。ガソリン代が馬鹿にならないというのと、サーモンフィッシングの規制がとても厳しくなってしまったからだそうです。このボートを買ったのは11年前のことで、色々と手もかけてきたし思い出もいっぱい。やっぱり少し寂しいけれど、同じく海の好きな友達がまだ船を持っているのでフィッシングには連れて行ってもらえるから、って言っていた。

なので、私たちがこうやって「甘エビ捕り」に連れて行ってもらえるのも、多分今日のが最後(涙)。ボートを手放す前にもう一度、って誘ってくださったんよね。ありがたいです。

エビを捕獲するケージを引き上げるGさんのアクション!!をスライドショーにしてみたよ♪ マウスオーバーで矢印がでてきます。

この辺りでは、4月1日が「Prawning」の解禁日なんだそうで、やっぱり4月はたくさんの船が集まるんだって。採れるエビの量も、やっぱり4月が一番多いって。7月にもなると、本当にこの近くに住んでいる人たちだけがエビのケージを沈めているので、静かなもの。一つのブイにケージ二つ。合計8つ引き上げて、結構たくさん採れたよー♡

こういうローカルのエビ、一匹$1ほどするってGさんが言ってた。甘くて美味しいだけでなく、きれいな環境で育っているから安心です。

ヒトデ(?)。 。。。一時期、西海岸一帯からヒトデが消えてしまったことがあったけど。また戻ってきたんだね〜。

ボートが止まるとそわそわするGus。動いていると嬉しそうにしている(笑)特等席に座らせてもらってご機嫌。

海の上では時間の流れが違う。気づいたら2時間半ほど過ぎていてびっくり。

海の風とお日さまは、また陸のそれと違うみたい。私はボートのうえではなーんにもしていなかったのに、ぐったり疲れて昼寝をしてしまった。Gusも家に帰ってバタンキュー(笑)

エビもたくさん頂いてしまった♪

Gさん、どうもありがとう!!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

雨の日の黄色ちゃん

今週は曇っていたり、朝もやがかかったり、一日はしっかりと雨が降った。

そんな雨の日、今年の1つ目の黄色ちゃんが咲いた♪

自分で選んだ最初のバラ。元気な黄色いのが欲しくて、誕生日に相方に買ってもらった始めてのバラ。ラディアントパフューム。

ツボミのときには、先のほうに赤みをおびていてね。開き始めると鮮やかな深い黄色になって、咲き終わりは淡く優しい黄色になっていく。シトラス系の香りです。今年は春先にいっぱい虫がついて葉っぱがぼろぼろになっちゃったんだけど、その後またぐんぐん伸びて新しい葉っぱをつけて、今ようやく咲き始めたよ〜。

うちにあるバラたちの中で、一番最後に咲いてくれるのがこの子です。説明を読むと「四季咲き」らしいんだけど、ひと夏に一度しか咲かないよ〜。育て方間違ってるかな。

すこ〜し前に咲き始めた「ベッツィ(Betsy Sinclair)ちゃん」。

ほんのりと薄いアプリコット色で、香りは柔らかくフルーティ。

去年、秋の終わりのセールで小さい苗だったもの。まだ鉢に入っています。

植えたのをすっかり忘れていたダリアも。。。 咲いた。

君、とっても。。。ゴージャス。

こんなダリアの球根、買ったっけ? こんな強烈なインパクトのあるダリア、買ったら覚えていそうなものだけれど。。。覚えがない。ふむ。

ところで、ダリアってどうやったらうまく増やせるのかなー、ってよく思う。水仙やチューリップみたいに自然に増えていけばいいのになぁ。

雨にしっとりとぬれた草花たちはうれしそうです。とっても。

去年の夏に比べると、今年は曇っていたり、雨が降る日があったりするのでありがたい。週に一度か10日に一度くらいで良いので、ざーーーーっっと降って地面を潤してくれるといいのにな。去年、一昨年と、山火事で大きな被害を受け、夏の間は煙で青空が見えなかったというBC州の内陸部も、今年は青々としていて果物もよく育っているみたいです。ありがたいなぁ。

あ、雨が降ると雑草も含めて草が伸びる。明日はいつものカタカタで芝刈りだなー。

ゆったりとした週末を☆

桃色ポピーとミツバチたち。今年も♪

君たちに会いたくて、

今年もポピーを植えたんよ♪

と、つぶやきながら、今年も桃色ポピーにやってきたミツバチを眺めてうっとり。

写真は先週末より。桃色のポピーたちが一番元気に咲いていた週末。

マルハナバチたちはミツバチたちよりももっと早い時期からしっかりと活動する。ミツバチたちは、ある程度気温が上がらないと出てこないみたい。それに、今年の6月は本当に風がきつい日が多かったので、そんな日は花が咲いていてもミツバチたちはやってこない。今、ようやく、あちこちに「ぷぅぅ〜〜〜ん」という心地よい羽音があふれてる。

ポピーはもうそろそろ終わりです。庭に花を植えるようになって、ミツバチ、マルハナバチ、メイソンビーなどを観察していると、それぞれに好きな花があることに気づく。ミツバチたちは、このポピーの他に、ラベンダーやオレガノ、タイム、ボリジ、サルビア(2種)などが大好きみたい。マルハナバチたちは、このポピーにはほとんどやってこない。彼らはフォックスグローブの袋にこそっと出入りしたり、トマトやあじさい、カリフォルニアポピーなど。それから、緑肥のPhaceliaの花が大好き。

↑↑の写真には二匹のミツバチが写ってるよー。見える?

ズームイン。

かわいいなぁ。薄い四枚の羽をこすり合わせ、花の中をくるくる滑りながら花粉を集め、また次の花に移り。大きな花粉玉をしっかりと運んで。

毎年同じような写真をまたアップしてしまう。自然の生み出すものの美しさに、毎年同じようにドキリとするから。

動いているミツバチたちの様子をまとめたよ☆ インスタにも短いののせたけど、↓のは総集編(?笑)。右下の「setting」(ギアアイコン)をHDに設定するととてもはっきりとミツバチたちの様子や花のシベの美しさが見えるよ♪

良かったら見てね〜↓↓

今年もやってきてくれてありがとう♡