凍えるWhite Christmasに手作りスノーシューズ

カナダの西海岸は寒波にみまわれております〜。

クリスマスの朝も、う〜っすらと雪化粧。気温も氷点下。今も粉雪が舞っている。カナダの家の中は日本の家よりも温かいのだけれど、今日みたいな日には分厚いくつ下と腹巻きが欠かせない。

雪がちらつき初めた夜、Gusをその日最後のおしっこに出してあげたんだけど、数分のうちにぶるぶると震えだした。そりゃ寒いよね。若い犬ならどうってことないことも、今のGusにとっては堪える。

で。即席、スノーシューズを作った〜☆ これ↓↓

相方の古いサーモソックスのつま先部分足首部分。足首部分は長めにしておいてミシンで片方を縫った。これが後ろ足よりも大きい前足用。このあったかくつ下をまずGusの足にかぶせる。で、指の部分をくくった「使い捨て用ゴム手袋」をその上にかぶせ、パンツのゴムで足首を縛る。

ほ〜ら↓↓ 笑。

なんて原始的!

でも、家にあるもので作ったこの即席スノーシューズ、なかなかのものです☆

Gusも調子よく雪の中をサクサク歩いてくれるし、もう足が冷たくて震えることもない。

雪の中を歩くのが気持ちよかったのか、ふと見るとゆらゆらとしっぽを振ってた♡

感動してしまった。うれしいんだね、きっとね。

で、雪を食べていた。

なめなめと。

顔をくっつけて。

即席スノーシューズ、履かせるのが面倒なんだけど、足がぬれないし10分ほどまでなら快適に歩けるみたいです。

今の所、ゆっくりと家の前を一緒に歩くと、ちゃんとおしっことウンチをしてくれる。足が弱くなって前足はぴーんと突っ張ってしまうこともあるので、倒れないようにGusのジャケットを掴んでサポートすることもある。

穏やかに一緒にクリスマスを過ごせてなにより。

願わくば。もう少し昼寝をしてくれて、夜も朝まで寝てくれれば助かるんだけどなー。

まだあと数日、寒い日が続くらしい。お腹をすかせた小鳥たちが忙しそうにフィーダーにやってきている。

クリスマスが終わってしまえば普通の日々。大晦日もお正月も、こちらはしらーっとしているので気持ちは楽。日本ではこれから忙しく盛り上がってくるよね。大切なひとたちと一緒にいられる時間を楽しんでください☆

冬の海。風を浴びて。

青空が出てるね〜と喜んで自転車で買い物にでかけたら、風がっ!半端ない向かい風にくじけそうになった(笑) と思うと、一瞬にして空模様がものすごく「怪しい色合い」になり、どっしゃぶり。

今日はそんなムーディなお天気の土曜日だった。

買い物から帰って雨がやんでいないときを見計らい、Gusを車に乗せて海辺までGo!

怪しげな空の色。冬の海の色。

すこし荒れている風の強い冬の海、好きです。冷たい風を浴びるとすかーっとする。

Gusも、風をあびるのが好き。

ずっと抱きかかえて歩かないといけないかなぁ〜と思って連れて行ったんだけど、今日はとても調子がいい。

実は昨夜、3度目の発作がありました。小さなもので1分弱でおさまった。一度目の発作のようにうろたえることはないものの、やはり胸が痛むし心配でならない。でも一度目の発作後のGusと比べると、今日はとてもしっかりとしているように見えた。

ゆっくりゆっくり歩いていると、通りすがりのご夫婦が「Awww… good walk! Enjoying the wind, boy?!」と笑顔で声をかけてくれた。そうですそうです、ゆっくり風をたのしみながら歩いてるんです、私たち。

スウィートなおじいちゃんGus。何を思う?

あと二週間でクリスマスなのか!と、今朝ふと気づいた。なーーんの飾り付けもしていないし、クリスマス気分ゼロなんだけど、18日から冬休みに入るしね。休みに入ってから気が向いたら緑を集めればいいかな、と。

風を浴びながらこの状態で固まってしまっていたGusでした(笑)

こうして冷たい風を浴びたのが良かったのか、今夜はとっても軽やかに家の中をたったったっと、また駆け足していた。認知症のような症状がひどく出る日もあり、そういう日は部屋の隅に頭を突っ込んで動けなくなったりしてるんだけど、今日はゆるやか〜に楽しそう〜に歩いて回っていた。私を目で追って、クッキーやらパンのはしやらチーズをねだるほどの元気もあり☆

突然足が弱くなって前のようには歩けないとしても、こうして好きな場所をくるくる散歩することが良い刺激にもなるのかなぁと思う。また連れて行ってあげよう♪

冬の海はかっこいい。

温かくしてお過ごしください。

秋の初めの庭模様

あっという間に過ぎてしまった週末(涙)。

眠くてねぇ〜。あまりプロダクティブな週末ではなかった。土曜日は久々に雨が降り、しっかりと地面も潤った。雨音を聞きながらお風呂に浸かり、ミステリーを読みうとうととし。私にとっての贅沢タイムだ。

土曜の朝はGusをダイエッティシャンのところに連れていき、Up&Downのあるお腹の調子について相談にのってもらった。またそのことは後日。

さて。青空が広がった日曜の午後、少しだけ庭の片付けにとりかかったよー。秋の初めの裏庭で、頑張って咲いてくれている花たちを眺め、来春はどうしようかな〜なんて考えながら。

ジニアって、色んな色・形があるんだねー。

シクラメンの野生種(だと思う。植えた覚えのないところから出てきてるから)。

あちこちから出てくる。

白いのは珍しいので、これは花壇の方に去年移動させておいたもの。

野生種たちは今頃咲く。園芸種(?苗を買ってきたもの)のミニシクラメンは春の初めの方に咲く。

今年も♡

我が家のりんごの老樹にはいっぱい実がついた。摘果する予定だったのに手が回らず、放ったらかし。。。なので、大きさもまちまちだ。

私の手のひらくらいのもの(上)もあれば、その半分くらいの大きさのもの(下)もあり。

お年寄りのリンゴの木だけれど、毎年、私も相方も楽しみにしている。市場のりんごよりもずっと美味しいから。今年も美味しくな〜れ。なるべく新鮮なうちに生で食べたいな〜。

今年はどういうわけか、ダリアたちがとっても元気。雨の降らない夏が良かったのかなー。

終わった花を切ってあげると、次から次へとつぼみがつきまだ咲いてくれている。

ダリアにもミツバチがくるんだねー。蜂たちはまだ後少し働き続けるのかな。だんだん気温も下がってきていて、今週は最高気温が15度〜18度。晴れている日にはまだミツバチやマルハナバチを見ることができるかな。

終わった草花を刈り込んだり、雑草を抜いてまとめたり、四つん這いになってわしわしと土いじりをしてすっかりといい気分になった。昨日の雨で濡れた土もいいにおいだった。

畑もおしまい。今年はこの黄色いトマトがとっても甘くて美味しかったよ〜。涼しい庭で苦戦しながらも、こうして本当の野菜の味を味わえることがありがたいです。

今年の春・夏も、草花たちに随分と元気をもらい励まされた。そうよ、草花たちは励ましてくれる。ストレートに、喜びをくれる。

週末、どうしても食べたかったプリンを作ったー♡以前紹介した「大人のプリン」。

長方形のお皿が。。。ほしい〜。

さぁて。新学期始まって「フル」の一週間。ぎゃんばろ〜。

みなさんも、良い一週間を!