すずらんの日・よもぎもち

五月一日。今日はすずらんの日。

大切な人にすずらんを贈る日。この素敵な慣習のことを知ったのは五年前で、ちょうど庭の影になっているところにすずらんが咲いているのに気づいたのもこの年。2016年の五月一日は、今年よりも暖かかったのか、ぷっくりとしたすずらんが咲いていた(→過去記事)。

今年はまだ小さいよ。

少しずつ庭に色が加わりにぎやかになってきた。

夏になると水やりをしない芝生の部分は枯れて茶色くなるけれど、今はまだ青々としてみずみずしい。大きな緑の中にちらりほらりと春の色が差してきれい。

庭のあちこちに勝手に出てくるオダマキ(野生種かなぁ)は、青紫か薄い桃色。2年前に頂いた種から育ったオダマキさんは花弁の形がシュウマイのようでおしゃれです。

シュウマイちゃんと呼んでいる。

長い間、庭に咲いていたらいいのにな、と思っていた赤いビーバーム。モナルダ、ベルガモットとも呼ばれる花。

去年、やっと小さな苗を見つけた♪ それが、この春はわさわさと元気に出てきたよー。こういう風に元気に春を迎えてくれると嬉しくなる。この場所が合っていたんだなって思える。

さてさて。庭の奥の樹の下の、フェンス沿い。あーーー、このブルー・ベルがどんどん広がって。。。ここだけじゃなくて庭のあちこちから出てくる。球根の細い毛がどこかに落ちると、それがまた大きな球根になって翌年花をさかせるからねぇ。ほんと厄介もの。

そんなブルーベルに混じって育ってくれている「よもぎ」。広がるのを避けるために一つは鉢植えにしてあったんだけど、えいやっと地面に植えた。ブルー・ベルも勝手にやってることだし、よもぎもこのエリアで自由にすればいいと。

この春はじめて見かけたミツバチ。今年も頑張ってください。

そして♡

やっとよもぎ餅を作った〜。

覚書きレシピ

よもぎ餅

  • よもぎ 60g
  • もちこ 100g
  • 小麦粉 25g
  • 砂糖 50g
  • 塩 ひとつまみ
  • 水 200g
  1. よもぎは葉の部分だけを集め、重曹を少し入れて10分ほどゆがく。茹で上がったら水切りして絞って細かく切る。
  2. 材料の粉と水を全部混ぜる。混ぜたものの半分ほどと茹でたよもぎをフープロかブレンダーでピューレ状にする
  3. 残りの粉ミックスとよもぎピューレを混ぜ合わせる。電子レンジで1分チン。混ぜる。また1分チン。混ぜる。だんだん透明感がでてくる。私の電子レンジでは、合計2分30秒でいい具合になった。
  4. 熱いのでやけどしないように水で濡らしたスプーンでお餅をすくい、器に入れておいたきな粉に落として丸める。片栗粉でも良い。

このままだとよもぎ団子。私は少し餡を包んできな粉をまぶした。片栗粉が無いのできな粉を使ったんだけど、いい感じだったよー。もちもちで、翌日でも柔らかくて。ふんわりとよもぎの香りがして♪

前回のレシピよりもまとめやすかった。

ようやく♪ 小さなレタスがレタスらしくなってきた。

5月はじめの庭で

青空の広がる土曜日。昨日は20度を上回る夏日だったので、今日も温かいぞ〜と思っていたのだけれど、一日中ひんやりとした風が吹いていたので昨日よりもずっと涼しかった。

毎年同じように草花の記録をしているので、去年はどんな風だったのかな〜とのぞいてみると… うん、やっぱりこの時期に同じ花たちが元気に咲いてくれている。裏庭に咲くオダマキたちはこぼれ種で少しずつ増えているみたいで、今年は去年よりも元気に見える。

うちにあるのは紫色のと桃色。今日、スーパーの前の植木コーナーに、花びらが幾重にも重なっているオダマキを見つけて「はっ☆」とした。これ、かわいい!と、思わずてにとってしまったのだけど、あった場所に戻した。今年の目標は宿根草を種から、だから。グリーンハウスで苗を育てるのを頑張る〜。

ワイルドな「藤」。きちんと「藤棚」を作ってあげれればいいのだけど。支柱でささえているだけなので、咲き方がお化けの様でしょ?

それでも花をい〜っぱいつけてくれていて、いい香りです。

大好きな野草のようなポピー。黄色とオレンジ色。うちの庭で咲くポピーの中では一番バッター。そして長い期間ゆっくりと次から次へとつぼみをつけて咲いてくれる可愛い子たち。

可愛いというと。

フェンス沿いの雑草に埋もれているすずらんたち♡ あーん、かわいい。ちろんちろん♪

すずらんは地下茎でどんどん広がるので、注意していないとあたり一面すずらんだらけになってしまう。

日陰でも元気な花たちって涼しげで、葉っぱも花も柔らかくてみずみずしい。見ていてすぅっとするね。

さぁて。今週末のタスク。生い茂るルバーブを処理。。。とりあえずジャムを作ろう。

去年作ったルバーブジャムはあと一瓶でおしまい。ちょうどいいタイミングかな。6月には妹夫婦がやってくるので、そのときに家族に持って帰ってもらいたいし。採りたてのルバーブと(腹が立つほど甘くない)苺(from the store)のジャムを8瓶。

きれいな色にできあがった♪ あと一回、作っておこうかな〜。

Mother’s Day Weekendということもあり、私の家の近くではガーデンツアーがあったり、家族連れで散歩していたり、外を歩いているだけで楽しくなってくる土曜日だった。Gusもハッピー☆ 裸足で海岸を一緒に歩いて、その後は庭で「裸足芝刈りタイム」。真っ黒になった足を小さなブラシでゴシゴシするのも気持ちいい。

父&母にスカイプをして、二人共元気でいてくれてありがとうと伝えた。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

5月の庭の花もよう

初めて予約投稿っていうものを試してみることにした。ので、今日紹介する花もようはちょうど1週間ほど前の様子。4月はチューリップやケマンソウが唯一の裏庭のアクセントカラーだったのに対し、5月に入るとポピー、シャクナゲ、フジ、オダマキなど、深みを増した緑の中で彩りもにぎやかになる。

May_garden_flower1

特に自分で計画をたてて植えたものはほとんど無し。前に住んでいた人がランダムに植えたものや、近所の人が「いらないから、捨てるから」といっていたもの、適さない場所に植えられて枯れかけていたものをレスキューしたものなど、そういった植木たちがより集まっているのが我が家の裏庭。

May_garden_flower9

この(↑)ちいさなポピーは気がついたら日陰で雑草に混じって群生していた。ポピーって、小さな種がぱーんとはじけて、翌年数を増やすみたい。

アイリス(あぁ…またわかんなくなった。アヤメとショウブとカキツバタの違い)は、相方の一番好きな花。コレはお隣さんがイラナイといって株分けしてくれたもの。庭にあるアイリスの中で、一番先に咲く。

アイリス

去年、ご近所さんが自分の家の花の苗を売って、ルワンダの学校に送るファンドレイジングをしていたんだけど、この(↓)花はその時に買ったもの。買ったときは葉っぱだけで、日陰でも大丈夫ということだった。柔らかいもしゃもしゃとした葉っぱが好きで買ったんだけど、今、こんな花が咲いている。ほんの少しの日差しを、受け止めるような姿がかわいらしい。

May_garden_flower8

オダマキさん。オダマキはこの辺りのネイティブでもあるらしく、放っておいても毎年必ず元気に花を咲かせる。

オダマキ

見ての通り、家の庭には切花にできそうな花がほとんど無いの。自由にに元気に庭で咲いて、そうして私たちを楽しませてくれる。あ、でも、本音をいうと、庭で咲いた花を切って、うちの中でも楽しめたらいいのになって思ったり。それで、切花に適した花(ダリアとか)を植えたこともあるんだけど、どうもうまくいきません。

ポピー

5月の庭の花が咲き終わる頃、紫陽花と芍薬が開き始めます。と、言っている間にもうすぐ6月。早いな〜。ゆっくりと、丁寧に、季節を感じながら過ごそう。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

Columbine・おだまき

Columbine(コランバイン)はオダマキのこと。

odamaki

うちの庭に咲くオダマキたちは、勝手に種を落として毎年すくっとあらわれる。

ちいさな女の子がスカートの裾をはためかせている様な可愛らしさで、あらわれる。

Blue columbine

Columbineには、カナダだけでも幾つかのネイティブのものがあるそうです。東と西で、色合いも花びらの広げ方も少し違うオダマキ。

見たことはないけれど、カナダの東のほうのネイティブコランバインは「Eastern Wild Columbine」と呼ばれ、こんな姿をしているそうな。

Eastern wild columbine

きれいだねぇ。

私の庭に咲くものは、この辺りのネイティブなのか、それともどこかから移り住んだものなのか。

Eastern wild columbine

細い細い茎をすっくと立てて、姿勢正しい Columbine。

日本でもオダマキは今頃咲くのかな。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もどうもありがとう♪ ↑One Click、嬉しいな♪