【インスタントポット】あんこ作り!ぜんざいが食べたくて。

今年は穏やかな冬。

変わらず、大雨が降ったり強風でざわざわしたり一日どんよりと暗〜い日が多いビクトリア。だけど、雨が上がり少し日が差すと、「例年よりも早く春がやってくるのかもねぇ。」とつぶやく。

毎年この時期にスナップショットを撮るミニシクラメン。私の気づかないうちにこぼれ種で増えてるんだねぇ。花壇から大きくはずれた芝生の中からひょっこり出てきているものもある。可愛い色合いだなと、毎年思う。

さぁて♡

1月のこの時分、ネットやインスタなどで「おぜんざい・おしるこ」をたくさん見かける。お正月のお雑煮で使い切らなかったお餅の消費のためか、温かくてほっこりとした「和」の甘さが恋しくなる時期だからなのか。おぜんざいとおしるこの違いは関東と関西でも違うらしい。

私の解釈では、ぜんざい=粒あんごろごろ、おしるこ=さらさら汁っぽい。です。どちらが好きかというと、断然「ぜんざい」!

で、おぜんざいが食べたくて。小豆を炊くところから始める。ここで覚え書き。

インスタントポットで(私好みに)小豆を炊く

  • 小豆をお鍋に水からいれ、一度沸騰させてあく抜き(必要ないというひともいるし、2回するひともいる。私は一度だけ)
  • Bean設定(またはManual High Pressure)24〜25分
  • ナチュラルリリース(約15分、重しが自然に下がるまで)
  • 炊きあがったら少しお鍋で水分を飛ばした

今回は小豆500g、砂糖400g、塩二つまみほど(適当。塩の存在が味わえる程度が好き)

砂糖は小豆と同量っていうレシピが多いけど、そうするとわたし的には甘すぎて。。。いつも甘さ控えめで炊いて食べるときに少しはちみつを加えたりする。今回のこの分量で十分甘い。

粒あんが好きなので、丁度いい硬さになった。こしあんが好きならあと5分炊いたほうがいいかな。

賞味期限を大きく過ぎた切り餅を、オーブンのブロイラーで焼いて♪

最近の切り餅は一つずつパックに入ってるもんねー。と、賞味期限過ぎても全然大丈夫(笑)。

はぁ〜。おいし〜。

一月はあんこが食べたくなる月なんだ。

そういえば。今日は新月。Gusと散歩にでかけた海岸が、ひたひたに潮が満ちていた。

月の満ち欠けにいつも注意を払っているというわけでもない。でも、普通に何の変化もない日々を送っているなかで、「気持ちの波」が潮の満ち引きのように変化していることに気づくと、空をみあげて「月は?」と確認してしまう。新月のあたりは落ち着く。

朝は。

かりかりベーグルにバターをたっぷりしみこませ、あんこ♡

あんこはバターとパンにもよく合うなぁ。こうしてあんこをのせるなら、私はちょっとハードなパンの方が好き。バゲットとか。

パンもあんこも大好きなGus。この視線…

「くれろ〜」

ちょうだい、でもなく、ください、でもなく。この顔のときは「くれろ」っていうGusの声が聞こえてくる。。。笑。

今夜もしとしとと雨が降っている。新月の雨の夜、よく眠れそうだ。

美容と健康にボーンブロス、とぅるるん。

週末、とても久しぶりに友達のジェニーちゃんから電話があった。ブログの話の中にも何度かでてきたことのある、看護師さんでホメオパシーにとても詳しいジェニーちゃん。相方の具合を気づかって「最近どう?少しましになった?」って、チェックしてくれたのでした。ありがたいな。

話の中で彼女が「少し手間はかかるけれど、ボーンブロスは体にすごくいいよ。(相方に)飲ませてあげるといいよ。」って。今までもジェニーちゃんからは色々と、体に良いものや健康法のアドバイスをもらってきた。私も相方も。彼女も自信の持病の症状を和らげるために、様々な食事法やライフスタイルの改善を試みていて、もちろんボーンブロスもとりいれているんだって。

で、ボーンブロスって何なんだろうって検索してみたら、まぁーでてくるでてくる。「天然のサプリ」なんて言われて、セレブの間でも健康と美容にヨロシイ☆っていうので流行っていたらしい。へぇ〜。

コラーゲン、コンドロイチン、ヒアルロン酸、ゼラチン、ビタミン、ミネラル、グルコサミン、アミノ酸など豊富な栄養素をたっぷりと含んでいて、カロリーがすごく低いんだそうよ。

ボーンブロスの7効果!

  1. 健康な腸内環境をつくる
  2. 抗炎症作用を促す
  3. 風邪の予防
  4. 健康な皮膚と髪の毛、爪をつくる
  5. 良質な睡眠
  6. ダイエット効果
  7. 関節痛を和らげる

すごいね〜☆ ボーンブロスの食事法をうたった本まで出てる。すごい。

で、スープが美味しい季節だし、試しにどんなものか作ってみることにした。ボーンブロス、っていうのは鶏や牛や魚の骨を使ってスープをつくるんだけど、一般に「スープストック」っていわれるものよりも長い時間かけてじっくりと「だし」をとるみたいです。骨は肉屋さんでブロス用の骨(ちょっとお肉がついてるけど)を買ってきた。日本語でボーンブロスの作り方で検索すると、骨はなんでもいい(ケンタッキーフライドチキンのでもいい)なんて書いてあったよ(笑)

さて、ここでまた「インスタントポット」圧力鍋が活躍〜。

基本のボーンブロスの作り方

  • 骨 約1kg(牛・鶏など)
  • 玉ねぎ 1個
  • セロリ 2本
  • 人参 2本
  • ニンニク 5かけ程
  • リンゴ酢 大さじ1
  • 塩 大さじ1
  • ペッパーコーン 大さじ2
  • ベイリーフ 2枚
  • ローズマリー、タイム、パセリ、セージなどのハーブや生姜(お好みで)
  • 水 約6カップ(1.5L)
  1. オーブンを約200度(400華氏)に設定。ベーキングシートの上に骨と野菜をのせる。(骨だけをオーブンベイクしてもいい。私は野菜ものせた)40分。
  2. 焼き上がった骨と野菜、その他の材料を全てインスタントポットに入れる
  3. 重しを「Sealing」に設定。ハイプレッシャーで120分
  4. 自然に圧が抜けるのを待つ
  5. 細かなザルで越してブロス(スープ)だけをボールなどに入れて一晩冷蔵庫へ。
  6. 表面に固まった油を全て取り除く
  7. この時点でジップロックなどに入れて冷凍してしまってもオッケー。

まだ冷たいボーンブロスは。。。

とぅるるるるん♡

ほんとだ。

このとぅるとぅるを見ていると、「コラーゲンとかヒアルロン酸とかコンドロイチンとか。。。」いっぱい詰まってそうな気がするっ!

実際に、コレをスープストックと同じように使って、簡単なパスタ+野菜スープを作ってみたんだけど、いつものビーフストックよりもまろやかでコクがあって、美味しかったよー!時間をかけただけあって、ボーンマローなんかも全部溶け出してたし。ブロスなので、材料の分量やハーブなどは好きなように変えてもオッケーだと思います。インスタントポットが楽なのは、放り込んで設定してしまえばその場を離れられること。普通の圧力鍋やお鍋でもちゃんと作れるけれど、時間はかかるみたいです。

いいにおいがするのか。写真を撮っている直ぐ側にGus有り(笑)。犬の健康にも良いようなので、少しあげましたー、が少しだけ。玉ねぎは犬にはよくないもんね。

今度は鶏の骨でもやってみよう。相方も美味しいっていってた。続けて週に2度ほど飲むようにしたら髪や爪や肌にも良い効果が出てくるかな。相方の痛みも少しましになるかな。週末はボーンブロスだ!

*おまけ:この間お店で見かけたビーズのピアス

なんか。めちゃくちゃ高くない??? と、思った。