コロナウイルスと私たちと今。

私の職場のみんながリモートワークになって一週間が過ぎた。なーんか長かったー。

今日は金曜だし、嬉しいのだけど、今までの金曜とちょっと違う。「めりはり」に欠けるからだろうな。

コロナウイルスが広がって、世界中が動き出してから、色々と気づく。立ち止まって、ほほぅ。。。と少し考えたりもする。

「ネット」というものがここまで人々の生活の中に浸透して広がっていた「今」で良かったなぁ、と思う。ネット上で流れる情報を読んだり、バーチャルで連絡をとりあって話たりしながら、不思議なときに生きてるなぁとも思う。

不思議だから、「これは何を意味してるんだろうなぁ」と考えてしまうのは普通のことなのだろうか。これまたネットを眺めていると、「今」のこの状況を宗教的に説明したり、スピリチュアル的に解釈したり、歴史的に、科学的に説明したり、と。まぁ、色々とある。今わたしたちが置かれている状況を、都合よく安易に解釈しようというつもりはないけれど、なにせ、ひとと接する時間がずいぶん削られてしまうと、あれこれと思い巡らしてしまうもの。

まだ、出勤できていたある朝、私は同僚ふたりに「今までにないことで大変だけれど、みんなが同じ状況に置かれていて良かったよね?」って言った。本当にそう思ったからそう言ってしまったんだけど、ふたりは正直、YesともNoともとれないように笑っただけだった。

地震や火事や竜巻や津波のような自然災害じゃない。どこか遠くの人々だけが置かれている状況ではない。世界中の人々が毎日同じことを心配して動いている。こんな不思議な動きの中で初めて見えてくるものや、気づくことってあると思う。

ひとりひとりの健康が集団の健康につながるということ。

自分ひとりだけのことを考えていては集団の健康はありえないこと。

距離を保つ。物を分け合う。連絡を取り合う。

健康こそがが全ての幸せの基本であること。

経済をも揺るがすということ。

世界中のすべての人が例外無く直面することで、初めて気づくこと、真剣に話し合えること、得られるもの。

静止して見直さなければならないこと。気づくべきこと。試されるべきこと。

今まで当たり前にしてきたこと、気づきもしなかったこと、が見えてくるとき。

なのかなー。

閉まっているお店ばかりになってしまった。開いているところには列ができている。並んででも、今まで食べていたものを買えるのってありがたいです。

でねー。今夜は久々に「プルドポークバーガー」☆

在宅だから、午前中にスロークッカーに材料を入れてスイッチ・オン!途中、チェックもできたし。

ひどい写真だけど。。。これ、美味しいよーっ。メープルシロップの甘みとリンゴ酢の酸味と。

ほろほろの豚肉にしっかりと味がしみこんでいて、あー、美味し。

週末は残念ながらお天気悪いみたいなので… すーーーーっかり忘れていた「TAX(確定申告?)」をやります。。。あーーー、すっごい嫌い。でも、終わらせよーっ!

必要のない外出を控えて、家の中でできる運動や瞑想をとりいれて、家族との時間や友達とネットおしゃべりなどを楽しんで。どうぞ元気な週末を!!

お腹が不調のときに食べたいものは。

寒かった!雪でも降るんじゃないかっていうような空。轟々と冷たい風が吹き、Gusとの散歩にはフリース+ダウンジャケット。もう三月も半ばだよー。

今日はまた一日休みをもらってしまった。週初めから本調子ではなかったんだけど、花粉症のせいだと思って過ごしていたら微熱がでて、相方にもうつしてしまって。私たちの住む街でも一人コロナウイルスの感染者が見つかり、なんだかざわついているし、変に咳き込むと「ぎょっ」とされるし。

でも私のはお腹に来る風邪。相方も全く症状が同じで、食欲ゼロ。でもお腹はすくので、私は無理やり食べて食べたあとに「うっぷ。」と後悔。そんな調子の私と相方が顔を見合わせて、今何が食べたい気分?? と少し考え… 思いついたのが。

ポップコーン。

偶然、家にポップコーン用のコーンがあったので、作ってみたよー。すんごい久しぶり。バターでポップして、少し塩をふりかけ、おまけに「ニュートリショナルイースト」もふりかける。旨味も加わって美味しい。

相方とふたり、ソファーでだら〜〜〜んとしながらぽりぽり。

友人から電話がかかってきて、「食べるものは蓄えてある?コストコに行ったらすごい状態だったわよー!」って。私たちは特に何も変わったことはしてないけど。。。すごい状態ってひとがものを買い占めてる、あのクレイジーな状態? と聞くと、そうそう、そうなのよ!って。バンクーバーの方ではコストコでものを買い占めて、それをネットで売って一千万儲けたぜ、と言っている人がリポートを受けていた。「ピュアなビジネスだよ。こういうときに政府はなにも助けてくれないんだから、自分で先を読むのさ。違法なことはなにもやってないんだから。」って自信満々に答えていた。こういうひとはどこにでもいる。気が重くなるなぁ。買い占めて、ソレを普通の値段でより多くの「本当に必要としているひと」に手に入るように分配してくれるのならいいのに。一人ひとつ、我が家のガレージにて!って風に。買い占めから消費者を守る正義の買い占め。

大学も、月曜から授業はすべてオンラインになるらしい。ほほぅ。でもスタッフは普通に出勤かな。がらーんとしたキャンパスで。どうなるのかなー。カナダの首相の奥さまも感染してしまったらしいです。なので首相は自宅から仕事をしてるそうです。

夜は私はおにぎりとチキンスープ。相方はパルメザンチーズをかけただけのパスタ。あまり食べなかったけど。

で、私はご飯より何より。コレが食べたかった。ジェロ(ゼリー)。

家にイチゴ味しかなかったので。一番好きなのは緑のライム味で、それに洋梨を刻んで入れるのが好き。

このツルンとしたのどごし、冷たくてお腹に持たれないものが食べたかったので、イチゴ味でも満足でした。

うちの母が「マヌカハニーをなめなさい」と何度も言うので、数日前に健康食品のお店でひとつ買ってみた。

あまり色んな種類がなくて、このお店には「Kファクター」表示のものだけ。Wedderspoonのものはこちらのレビューでは、まあまあ良いらしいので、ま、試しにひとつ。なめてみると普通のはちみつよりも癖がある。相方にも小さじで少しなめさせたら、二日目にして「もういい。すごい不味い。。。」と拒否。ちょーっと変わった味のものは食べないからねぇ。またコレも私一人で消費することになりそうです。免疫力を高める効果があって、特に、喉が痛くなったりしたときによく効くらしい。相方にはいつもの「Raw Honey」を舐めさせて、私は買ってしまったのでマヌカハニーを舐めることにします。

パニックにならず、まずは一人ひとりが健康でいること。お腹、なおそうっと。

コロナウイルスのインパクトと、Gusアップデート

日本は3月11日。あの日から9年。手を合わせます。

そして今。ネットでもテレビのニュースでも、コロナウイルスのことが一番にとりあげられ、繰り返しリポートされている。耳や目をふさぎたいわけではないけれど、そればかりを追っていたくない気持ちもあって、アメリカのニュースとカナダのニュースと日本のニュースをひとつずつ見ておしまいにしている。あとは、日本や海外の友達や家族から直接現状を聞いて、どうしてるー?と話をする。

今朝は冷たい空気の中自転車をこぎながら、このコロナウイルスを取り巻いている「今」を、1年とか2年先から振り返ったらどんな風に見えるのだろうなと思い浮かべていた。世界各国で入国規制が始まり、イタリアでは全地域で外出禁止になり、株の暴落。物資や経済や人の物理的な動きがよどみ始めている。一国、一大陸のことだけではなく、世界をぐるりとみてスローモーになって、ぴたりととまってしまうかも。それはどういうことを意味しているんだろうなぁって。私のような凡人やその家族にとって。簡単に手に入っていたものを諦めなきゃいけなくなるかもしれないし、生活がとても苦しくなってくるかもしれない。海外在住のひとたちは、母国の家族や友人に会うことが難しくなるのかもしれない。鎖国状態になって物流が本当に途絶えたら、各国がそれぞれ本気で頑張らなきゃいけない。それって本質的に、個人の生活レベルではどういうことなんだろう。生活が厳しくなり、ぴりぴりとしてくるだろうか。学校をふくめて、公共の場でひとと関わることが規制されてしまったら、子供も大人も心の健康に響いてくるだろうな。

ひっそりとした街で見えてくるものってなんだろう。短縮された就労時間は家族との時間の増加につながるだろうか。そんなシンプルな方程式は成り立たないか。観光客が激減した人気スポットは、観光業に関わる人が痛手を食らう一方で、スポットそのものは休まるだろうか。行き交うクルーズシップの数が減り、イルカやクジラの数は反比例して増えたりするだろうか。
本当に必要なもの、大切なものは何なのかを見極めるちからが鍛えられるだろうか。そんな中でも人に優しくあれるだろうか。ものが限らててきたときに、分け合える豊かさを持ち合わせていられるだろうか。

試されるときなのかなー。と。コロナウイルスのインパクトを思い浮かべた朝だった。

さて。我が家のわんこアップデートでございます。昨日、帰宅すると庭でカラーをつけたままで居眠っていた。少し落ち着いたようでほっとした。

ずいぶん、本来のGusらしさが戻ってきた~。

昨日はデキモノを取り除いた箇所に入れられていた「管」をとってもらいに、獣医さんのところにGusを連れて行った。デキモノの大きさが約7cmだったので傷口も9cmほどある。術後、傷口に溜まってくる液体を流しだすためのゴム製の管でした。テクニシャンの女性が二人。私も付き添って、その管を抜くところを見てしまい。。。ぜーぜー言ってるGusの横で、私までくらくらしてしまった(苦笑)。苦手なのです。血をみるとか、にゅるーっと何かが出てくるっていうの。

傷口がすこし赤いので、注意して見ていてあげて、とのこと。もうしばらくはエリザベスカラーをつけていたほうがいいのだろうけれど、すっごい嫌がるんよね。。。ごんごんとぶつけるたびにびっくりして尻込みしているし、カラーがついていると前足の肉球をぺろぺろなめなめできない。Gusは退屈したりすると、肉球をなめる。赤ちゃんが指を吸うような感じで(と、勝手に解釈している)、なめなめしている時にはとろ~んとした目をしているからリラックスできるのかな。

それもできないのも可愛そうなので、夜はカラーを外し。。。

パンツを履かせることにした☆

洗濯して縮んでしまった私のタンクトップと無印カットソー。安全ピンでとめて。無理やり。。。すんごいミスマッチだけど、ちょうちんパンツ風なのがかわいいやんっ。しばらくはもぞもぞと歩いていたものの、パンツ効果か、夜も昨夜は震えずにすーすー眠ってくれた。あぁ、良かった。

いい年したおじさん犬なのに、女の子にみえるよ、Gus!

10日後、抜歯をしてもらい、歯をチェックしてもらっておしまい。なめてちょっと赤くなってる傷口に…オロナイン軟膏とかつけたら駄目かな… どうか傷口もこのまま腫れずに治ってくれますように!

どきどき。

明日はGusの手術。お腹(正確にはおちんちんのすぐ横)にできてしまったデキモノをとりのぞいてもらう。ラボなどの大型犬やお年寄りの犬にはよくできるものらしい。ただ今の時点で7cmほどの大きさになってしまったし、場所が場所だし。健康なこの時を逃すと、多分もうチャンスはないだろう、とのことなので。

おーい。明日だよー。

はるのくさはおいしい。。。

私のほうが今回はちょっとナーバスなんよね。Gusの年齢のこともあるから。その私のナーバスさを察しているんだとおもう。昨夜は夜中に私のベッドサイドに手をかけて、「ベッドにあげてくれー」とキュンキュン泣いていた。ボーダーテリアは頭のいい犬なので、周りの空気を読むというか、こういうときにちゃんと感じてしまう。

大丈夫。きっと、一番つらいのは、朝ごはん抜きなこと。

あと、やっぱり麻酔をされるとしばらくはぼーーーっとするんよね。

とってもらって、スッキリしよう!ついでに歯もきれいにしてもらおうねー。最近、口も臭いからねー。

いいお天気だけれど寒かったなー。あともう少し、冬物のセーターやヒートテックは片付けられない。

明日は一日休みをとってGusに付き合いまーす。

散歩途中。。。

またコイツに思いっきり吠えられた。

道の真ん中まで出てきてギャン吠え。ちびのくせに、すんごい態度でかい。避けて通ろうとすると駆け寄ってきてぎゃんぎゃん。首根っこひっつかまえたろか。という思いもよぎる。

全然関係ないけれど。数日前の「一日一描」のリス。

最近、リスたちが駆け回っているのをよく見かける。春の気配を感じて出てくるのか。秋に埋めておいたものを掘っている子もいるし、木の枝の上でぼぅっと固まっている子もいる。先日、眠りに落ちる前にふと浮かんだのは、こういう黄色いリスだった。

あ。これまた関係ないのだけれど。帰りのスーパーでルートビアーの箱入りが目についた。

一つ一つのボトルのデザインも違っているんだけど、全部ルートビアー。

でも、わたし、ルートビアー嫌いなんよねー。だから写真だけ。

明日、Gusの手術とデンタルがスムーズにいきますように〜♪