5日目のObanとふらふらなわたし。

うへぇ〜〜〜。

書きたいこと、メモっておきたいこともたくさんあるんだけど、一日の終わりにもうへとへとで。体がここまで疲れると、脳が動かなくなるのですね。

今日はワクチンの3回目(ブースター)も打ってもらったので、腕も痛だるく、へろへろ。

そんなことしりましぇん。の、お豆な怪獣Oban。

うちに来て今日が五日目。マジで?まだ五日?! もう20日ほど面倒みてるような気がする。

昨日は昼寝を全くせず。寝ないと犬はクレイジーになります。ブリーダーさんも「仔犬はいっぱい寝ないとだめですよ〜。」って教えてくれたんだけど、なかなかうまく行かなくて。今日から金曜まではリモートだったので(今週いっぱい、大学がオンラインだったので)、少しずつ時間割を組んで「起きる、おしっこ、遊ぶ、おしっこ、寝る、起きる、おしっこ…」の練習を始めたよ。

しかし。パピーのエナジーってすごい。

Obanを見ているとね、自然とGusが小さかった頃のことを思い出す。Gusもパピーの頃は怪獣だったな。本当に手がかかったし、病気もしたし。今、ブリーダーさんに教えてもらいながら、Obanがうまく成長できるように色々と試しながら、「こんなことGusにもしてあげていたら良かったのかな。食事もこんな風に小さい頃からしてあげてたら、あんなにお腹の調子が悪くなることなかったのかなぁ。」なんて思ってしまう。Obanに付き合ってへとへとで、でもパピー特有のはちゃめちゃさに笑いながらも、今日も相方と二人で「Gusにもう一度会いたいね」って言いながら泣いてしまった。

Obanを抱っこするときが幸せです。パピーってこんなに温かくて、柔らかくて、いい匂い。肉球だって、とってもソフト。Gusの肉球はがさがさで、しょっちゅうバセリンぬってあげてたもんなー。

Obanは、Gusの使ってたベッドやおもちゃをそのままゆずりうけて、テンション高く嬉しそうにしている。でも、一つくらいはぬいぐるみを買ってあげようかな、と。

なんだかよくわからないけど、大きめのぬいぐるみ。と、鶏の足とチュースティックなど。

Oban、ぬいぐるみはどうでも良かったらしい。しら〜〜〜っとした反応。Gusのお下がりのほうがよっぽど食いつきがいいのはなぜ? ま、いいけど。大きすぎたのかな。くつ下とかスリッパとかで遊んでる方が楽しそうだし。

ひとつ嬉しいこと。

好きな松栄堂さんのお香が届いた。お店から直接、DHLで。

毎朝、Gusにろうそくを灯し、お香をたいている。お花のお水を変えて、最後まで好きだったジャーキーをお供えして、手を合わせる。海外発送はしていないのに、母がお店に電話すると、とっっても親切に手配をしてくださったそうです。薫りは「白檀系の薫りの中に、春ならではの桜の風情がたなびきます」の「京桜」と、「軒の端に咲く梅の香にも似て、白檀の薫りを漂わせてくれます」の「のきば」。

Gusも喜ぶかなーー。大好きな春を思い浮かべられるかな。

さて、もう寝よ。明日も怪獣くんが待ってるからねー。

↑↑ ご飯をじかに置くためにタオルを敷くんだけど、座布団代わりにして座って待つ子。えっらい変な座り方するなぁ、この子は。。。 朝まで寝てね、Oban♡

すこしずつ。

まだ哀しみが生々しくてGusの写真を見るのが辛い。

まだまだ時折、わたしも相方も、わぁーーーっと声をあげて泣き出してしまう。

何が一番つらいって、Gusのあの温かなもしゃもしゃにふれることができないこと。あのきょとんとした顔を真ん前から見ることがもうできないこと。足首のあたりのほんのり甘いにおい。

相方もわたしも、もう一度だけGusに触れたいです。もう一回だけ、Gusに「I love you so much.」って言っておでこにちゅーしたい。

でも、すこしずつ。

春にむかっていきます。

インスタやブログ、メールでいただいた沢山の温かいメッセージ。本当にありがとうございます。数日は気持ちをどこにどう置けばよいのかわからず、本当にこまってしまっていて。メッセージのひとつひとつにぽろぽろと涙し、救われた。

何度も繰り返し読みました。

不思議なのは、そうやって泣きながらみなさんの言葉を読んでいると、なんだかGusが私に話しかけてくれているような気持ちになったこと。知りようもない、聞こえることなんてないGusのことばが、皆さんを通して届けられたようで、それでまた泣けてきた。

ひとつ驚いたのは、私の両親も皆さんからの温かなメッセージのひとつひとつに目を通して泣いたんだそうです。

実際に会ったことのない方がほとんどで、写真だけをみてもらっていただけなのに、こんなにも愛されて、Gusって本当に幸せなわんこです。

あの子のストレートな笑顔、命の光が多くのひとの心に幸せの種を撒いてきたのかな、って思い浮かべると、私も幸せです。

笑顔のちからってすごいなぁって、今更ながら知りました。

そのまんまの、心からの笑顔で接することが愛になるんだなって、教わった気がしました。私も笑っていなきゃ。

まだ、Gusの写真を見ると辛いので、実家のワンズ「モモ・ふく・ごんた」のお正月模様を並べてみます。妹もインスタでアップしてたけど。笑えるからっ。

ももたん、ガマガエルみたいで、なかなか貫禄出てきたな。かわいいぞ。

書くと少し気持ちも落ち着くので、また少しずつ書いていきます。

よろしくおねがいしますね♪

ありがとう2021年。良いお年を!

日本を含めた多くの国では、もう大晦日。ビクトリアもあと少しで今年最後の一日が始まる。気温があがらないので溶けずに残っている雪。今年は White New Year’s Eveだ♪

あっという間の一年で、年のはじめから終わりまで妙にざわざわとしていた。こんなにも気持ちが揺らいでいる年末って初めてだ。Gusのことがあるから仕方ない。特に何を頑張っているというわけでもないのに、一日一日に「精一杯感」を感じてしまう。きっとGusがそういう状態だからかな。ま、こんな年の瀬もあるんだなぁと思う。

毎日わたしを元気づけてくれるのが小鳥たち。

特にリンゴの木にぶら下げているハチドリのフィーダーにやってくる子(オス)が、とってもかわいい。2021年は、このかわいい子に締めくくってもらおう♪

氷点下の日が続いていると、毎朝砂糖水がカチコチにこおっている。なので、ふたつあるフィーダーの一つを外に出し、もう一つは家の中に置いておく。で、翌朝、凍ったものを取り外し、家の中に置いておいたものを外に出す。

私がりんごの木のあたりに行くと、この一羽のハチドリくんが必ずやってくる。最初は偶然だと思っていたんだけど、最近は「私をめがけてやってくる」と確信できるほど、ほぼ100%「ちーーーーっ」と現れる。一体どこで待っているのか、本当に不思議。

今日なんて、凍ったフィーダーを家の中にいれておこうと、裏口に向かう私の後ろについてきた(本当に!)。裏口を開けたときに頭のすぐ後ろで羽音がしたので、振り向くとすぐそこにいたので慌ててドアを閉めたよー。「ぼくちんのフィーダー、どこにもってくんだっ」ってなものだったのか。

寒いのでぷぅ〜っと膨らんだような小さなからだもかわいらしい。

むぅ〜っと膨らんだからだがかわいい。

今年は特に、草花たちや庭や家の周りで見かける小さな生きものたちに癒やされ元気をもらった。

ブログやインスタのお友だちにも、はっとするアイデアや刺激、温かいメッセージや笑いもいただいた。

とにかく。日本の家族や友人が元気でいてくれることがありがたいです。そして、私自身が健康で動けるということもありがたい。ときどき、疲れていたりすると、「なんでわたしがぜんぶやらなきゃならいわけ?」って本音もこぼれる。

でもそういうとき、ドイツの私の尊敬する「超人」家庭医くまさんが、以前にブログに書かれていた「私ができる間はやってあげよう」っていう言葉を思い出す。そう、できる間はやってあげればいい。

みなさ〜ん☆ 今年も一年、ありがとうございました!

新しい一年、真っ白な始まりを笑顔で迎えましょう。穏やかな、健やかな2022年になりますように。