うつくしきもの

朝、ぼんやりと形にならない不安があった。ふむ。

約100万種の動植物が絶滅の危機にひんしているという国連のリポートが発表された。 地球上に存在する生きものたちの8ぶんの1の数。その多くが10年20年のうちに存在しなくなってしまうって。動植物たちの絶滅は、起こるのかどうかではなく、それが「いつ」起こるか、絶滅までどれくらいの時間が残されているのか。方向性がもうはっきりとしていて時間の問題でしかない。子孫を残していくために必要な生息地が充分残されていないということ。4年前(?)のリポートでは地球温暖化が主な原因としてあげられていたけれど、今回ははっきりと、人間がもたらしている様々な「インパクト」が原因だと言われている。環境破壊、環境汚染、…無知、無関心、「おごり」。

心が傷む。相方も「It’s too painful to watch…」と、憤りと悲しさを隠せない。

凹んでいても仕方がない。自分を取り巻く自然と生きものたちに感謝して、できる小さなことをやっていこう。

にゅめっ。

かわいいねぇ。大きなナメクジは苦手だけど、こんな姿をみると、ちょっとなら食べてもいいよって言ってしまう(勝手)。

この子(↓)は私の小指の爪ほどの大きさ。

やっほー。って声が聞こえそう。

赤ちゃんってみんな愛おしい。

小さな生きものたち植物たちとわたしたちは、つながっている。

もうひとつ。古語でいう「うつくしきもの」。

見てみて〜♡

2年前の秋、大学のガーデンで咲き終わった「アストランティア」の種をもらってきて植えた。翌年、発芽したんだけど、2cmほど育って消えてしまった。種から育てるのは難しいって聞いていたからさっぱりあきらめた。それが!2つ、育ってる!死んじゃったと思ってたけど、生きてたー。見失わないように支柱をつきさした。とっても嬉しい。すごいなぁ、この生命力。おおきくなあれ♪

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

令和の始まりとプランクチャレンジ終了と。

五月だ♪

昨日、平成最後の日、運転免許を更新。自分の番がやってきたとき、カウンターのおばさんが私の生年月日を確認しながら、「あら、あなたと同じ誕生日のひとを二人も見たわよ!週末のバースデー、楽しんでねっ!」って。あぁ、そうだった。今週末!特に何も予定はないけど、ケーキは食べたい。家に帰って忘れないうちにケーキを予約してしまった(笑)。うほほい。

私は昭和生まれで、平成は10代半ばを過ぎてから。そして令和の今年、正式に40代も後半。発芽して苗になった春の昭和、成長期でかたちづくりの平成。令和は季節でいうと晩秋から冬にかけて、ということになるかな~。

優しく穏やかに。

先日見つけた。ず~~~っと前にイラストレーターの練習を兼ねて描いたもの。

うん、普通の日々を送っていければそれが何より。

自然に守られ、自然を守っていける時代になりますように。

*記録:プランクチャレンジを終えて

30日間続けたよ~! 平成最後の日には、一応、5分! 一応、というのは、2分半を超えたところから、続けて3分とかどうしても無理だったので、崩れそうになったら腕を伸ばして「腕立て伏せ」の形になってまたプランクに戻る、という方法で。なので、5分、まるまるプランクじゃないよー。でも。あんなに辛かった30秒〜1分は難なくできるようになったよ。

お腹が「気持ちだけ」凹んだかなぁ。下っ腹じゃなくて、おへその横のあたりが真っ直ぐになった気がする。それから。。。なんとっ、上腕部(バイセプト)がっ、ちょっとムキムキしてるやんっ。いやだー!細い腕に「Definition」がついたのならかっこいい。そうじゃないっ。私の場合はムチムチしたところにムキムキだから。。。ムチムキ!「おばちゃんをなめとったらあかんでー!」を形にしたような腕やんっ。

。。。脂肪を落とさなきゃ駄目なんだろな。でも、私、ちょっと痩せても太ももと上腕部は絶対に細くならない体質だし。

ということで、結論:プランクはもうやらなーい! 

プランク中に何度も顔ぺろぺろされたな。。。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

草木のちからと地球のヒーリングパワー

寒い。午前中は晴れていたものの冬の風のような冷たい風が吹きっさらし、午後には「ひょう」が降った。

林檎の花はつぼみの頃がとってもかわいい

もうすぐ5月だっていうのにね。

最近よく、こうして土に触れることができて、緑に囲まれて暮らしていることをありがたく思う。

日本に一時帰国してまたビクトリアに戻ってくると、いつも必ず「私には最低限これくらいの自然がないと元気に過ごしていけないなぁ」と思う。これくらいの自然レベルがないと、それこそ水とお日さま不足の草木のようにへなへなとしてしまう。春になって(この4月は妙に寒いけど)、緑や光が眩しくなると自然と足が外に向く。で、気持ちいいなぁ。ありがたいなぁって、よくつぶやく。

つい先日読んだ、神経学者 (Oliver Sacks, 有名な学者さんです)が「自然、草花のもつちから」について書いた記事が興味深かった。というかね、自分が自然に囲まれているときになんとなく(でも確かに)感じていることを、専門知識と経験を踏まえて説明してくれているのを読んで、「そうなのかぁ」と気づけることが気持ちよかった(←えらく回りくどいな…)

その中で新しく出会った単語は「Biophilia=自然と生物への愛」と「Hortophilia=自然と関わりたい、触れたいという思い」。Oliverさんいわく、Biophiliaはわたしたち人間が健康であるために欠くことのできない要素であり、Hortophiliaもわたしたちの中に深く根付いている要素なんだって。自然がわたしたちの健康にもたらす効果は、精神的や感情的なものに限らず、肉体や神経のレベルにも大きく関わってきているんだって。

彼は後期の認知症を患っている患者さんを神経学的に診察されてきたのね。物忘れだけでなく、身の回りのことをもうほとんど自分でできなくなっている状態のひとたち。そういう患者さんと花壇の前に座り手に花の苗をもたせてあげたところ、きちんと苗を植えてしまうんだって。その作業もできないひともいるけれど、植えようとした患者さんのなかで苗を逆さまに植えたひとはひとりもいなかったんだって。不思議。

もうひとつ、アーシング(Earthing)というもの。裸足で歩いて地球から元気をもらうんだって。初めて聞いた。でも、そういえば。家の近くの公園を、いつも裸足で30分ほど歩いている女性がいる。公園まで自転車で来て、靴を脱いでぐるぐる歩いている。ほとんど毎日。健康のためなんだろうなぁ、とは思っていたけれど、アーシングという健康法があるのは知らなかった。

素足が地面に直接触れることで、地表からの自由電子が体の表面から体内に広がって抗酸化作用が起こるんだって。アーシングの効果には:睡眠改善、血糖値をコントロール、新陳代謝を上げる、炎症を抑える、幸福感を高める、記憶を助ける、ストレスホルモンの減少。。。などがあるんだそうよ。

水は冷たかったけど、Gusとの散歩の途中で靴を脱いで裸足で海岸を歩いてみた。冷たいけれど気持ち良かったー。その後、足がほくほくしてきた。時々、庭でGusと一緒に草の上にごろ〜んとするんだけれど、あれも妙に気持ちいい。この春・夏は心がけて裸足になってみよう。

うまく言葉にできないのだけれど、みんな一緒に生きているんだなぁ、と最近よく思います。春だから、かな。

今年は家の前の桜(八重)がとてもきれいで、窓からもこんな風に見えている。もうそろそろ終わりかな。

日本は10連休突入!なんだよねー。Happy Super LONG Holidays☆

お休み中に裸足歩きを〜♪♪

ルバーブ解禁と、Gusの届けた笑顔

ルバーブ解禁! 休みの最終日、ストロベリールバーブパイを焼いた。春のパイ。いつものお決まりの♪

思いっきりフォーカスズレてる…

これからがんがんルバーブが採れる。本当になーんにもしないのに次から次へとにょきにょき。たくましい。パイを焼いて、ジャムを作って。職場に持っていってもらってもらって、またジャムを作って。

で☆ 初ものルバーブでパイを焼いたよ〜。

いちごはお店で買ってきたものなんだけど、これがねぇ。。。イチゴっ気のない見かけだけがイチゴというイチゴ。酸っぱ。まぁ、パイにするんだからいっか。

甘酸っぱいストロベリールバーブパイは春らしくて、この赤い色と、外の柔らかい緑を見ていると元気が出てくる。

背伸びをして。パイに熱いEye Beamを送るイヌ。

眼力。びびびびびーーーー。

Gいいにおい。ぼくちんもひときれもらえるかな。はしっこのかりかりだけでいいです。

連休中、Gusはひとつ良いことをした♪

お休みの日は、ちょっと長い散歩に出かける。いつもはただ通り過ぎるだけの小さなローカルカフェの前に「We are OPEN!」とチョークで書かれた立て看板が目についた。「祝日なのにあいてるのー?」と、のぞいてみた。かわいらしいお姉さん店員さんが二人と、初老の女性がひとり。私もミルクティーを「To Go」で頼んだ。するとそのお客さんの女性が、「今日もGusは元気で幸せそうね。」と。「あれ?どこかでお会いしたことありますか?」と聞くと、「ほら、あの丘の上で主人と一緒に会ったことがあるのよ。」って。あ、そうだ!半年ほど前にお二人で散歩されていた素敵なご夫婦!と、思い出した。彼女はジャニス、ご主人はボブ。「あ、覚えてますよ!あれは秋の終わりでしたよね~」と答えた。

紅茶の支払いを済ませ、外に出てGusのそばで紅茶ができるのを待っていた。すると、ジャニスが私のそばにやってきて、「ひとつお願いを聞いてくれないかしら。私の家はここからすぐ近くなんだけれど、Gusと一緒に来てボブにGusを会わせてあげてくれませんか?」と。ボブさんには持病があって、もうあまり遠くまで歩けないんだって。ジャニスさんが、「Gusを見たらすごく喜ぶとおもうのよ」って。 Of course! Let’s go and say hello to Bob!

私とGusはジャニスさんたちの家の裏庭に周り、ボブさんが出てくるのを待った。程よい大きさのとてもプライベートなお庭が素敵だった。その日も朝からとてもしんどかったというボブさんに、しっぽをぶんぶん振って走り寄っていき、横っ腹を足にすりつけて挨拶するGus。ボブさんの顔がぱぁっと明るくなって「おぉ~っ、Gusっ!よく来てくれたね~。いい子だいい子だ。今日の最高のおくりものだよ。」と、思いっきりGusをなでてくれました。

本当に嬉しそうなボブさんをみて、わんこパワーはすごいなぁって、Gusを誇らしく思った。
そして。ひとつサプライズ。ジャニスさんに指さされて窓際に置かれた大きな鳥かごに気づく。止まり木の上で、じぃ~っと静かに私たちをみていた「鳩」のジャクゥ。白と薄いカフェオレのような色の子。ジャニスさんが先生をされていたときに、クラスが保護したレスキュー鳩なんだって。なんと、ジャクゥは今年で(最低)「24歳」!鳩ってそんなに長生きするの?

仏教徒だというお二人は日本を訪れたこともあり、ジャニスさんは中でも鎌倉が特別だったと言っていた。あの場所には「Something special」があるって。そしてビクトリアの幾つかの場所もスペシャルよ、とも。

またGusと一緒に週末散歩の途中にお二人をたずねてみようと思う。