夢:なぜなのか

久々の夢メモ。

昨夜は短いのをたっくさん見た。夢の中でたくさん走り回ったりしたので、起きたときに妙に疲れていた。

短編(?)が一つ終わるとまたすぐに次が始まるというようなもので、そのどれもが、なんとなくちょっと変だった。見ているときはそれほど「変」に思えないのが夢なのだけれど、思い出してみるとどれをとっても「なぜなんだろ」と。

一つの夢では、私は「ミリタリートレーニング」のようなものに参加していた。小さなグループごとにその日の目標があって、グループの総得点が一日の終りに発表される。目標を達成できなかったり得点が低いグループは、トイレ掃除や洗濯などをすることになる。初日、私のグループのメンバーをざっと見たところ、80歳くらいのおばあちゃんがひとり混じっていた。

「。。。なんで??」

で、他のメンバーは?? と見渡しても誰もいない。わたしと、おばあちゃん二人きり。他のグループは普通に20代、30代、40代で3〜4人で一つなのに。なんでー??? 私のおばあちゃんは、イキナリ腰を抜かしてしまうんじゃないだろうか、最初から私が背負って走らなきゃならないんじゃないだろうか、。。。そんなこと私にできるのか。。。一気に不安に襲われた。

教官がピーーーーーーッ!!!と笛を吹いた。

おばあちゃん、「きっ」と私を見て、「ほな、行くでっ」と走り出したっ。「ええっ???」

トレーニングはサーキット(アスレチック?)のようなコースになっていた。どろどろの水たまりに這いつくばって向こうにわたったり、丸太にしがみついて向かい側のプラットフォームに飛び乗ったり。

私の心配はよそに。

おばあちゃんはひょいひょい進んでいった。目の前の7−8メートルの高さから吊るされた網(?)にも、ひょいひょいのひょいとスパイダーマンのように吸い付いて登っていく。

click で拡大。 doodle marathon より

「えぇ〜い、あんたさんも、はよぅついてこんかいなぁ〜」 と、振り向きもせず私を急き立てる。

すごい、このおばあちゃん。スーパー80だ。。。 と、すでにゼーゼーしながらおばあちゃんのあとを追う私。

その後に見たのは。

大きな体育館の扉の前に立っていた。錆びれた青い鉄の扉。

体重をかけて両手でぎぎぃ〜っと押し開ける。誰もいないのか? 外の光に慣れていた目で見ると、体育館の中はずいぶん薄暗くてよく見えない。

いや、いる。人がいる。20〜30人くらいだろうか?

みんな。。。

忍者みたいな格好をしている。

自分がとても場違いなところに居合わせてしまった気がしてきた。 と、同時に、妙な気持ちが沸き上がってきた。

「できる気がする!」 そんな気持ち。

すると、目の前に現れたお師匠さん(のようなおじさん)が、「そうですよ。やってみなさい。体はちゃんと覚えています。」と優しく確かな声で言って頷いた。

周りをもう一度よく見渡してみると、みんなマーシャルアーツ(空手とか柔道とか拳法)の「型」の練習をしている。

「そうだ!私もできる!」と、短大の頃にかじった「少林寺拳法」のことをはっきりと思い出した。

お師匠さんの方をむいてうなずいた。やってみます!と。

自分でも驚くほどの自信がわいてきた!

そして。

「はちゃーーーーっ!」と、威勢よく忍術の練習する痩せた男のとなりで。

わたしは。。。

click で拡大。 doodle marathon より

ごろんごろん をしてみた。

。。。。。。。

おいっ。

せめて、せめて、前向きにでんぐり返しをしようよ。と。意気揚々とごろごろ転がっている自分にあきれているもうひとりの自分がいた。

でもね、「はちゃーーっ」の忍者は、ごろごろ転がる敵(?)に、どういう技をかけていいのか戸惑っているようだった。よ。

***

なぜなのか? って思うよね?

恵みの雨

昨夜から今朝にかけて雨が降った。

もう一ヶ月以上も降っていなかったので、この恵みの雨に草木がしっとりと潤ってうれしそうな朝。もう少しどさりとまとめて降ってくれてもいいのにな、とも思う。

ヨーロッパのあちこちで猛暑に見舞われ、場所によっては史上最高の気温がでたというニュースがこちらでも流れている。もうすぐ夏休みに入り、欧州へ旅行に行く人たちも多いので「十分に暑さ対策をするように」って。なにせ、このあたりは乾燥しているとはいえ、気温はまだ20度に満たない日が多いから。40度近い気温がどんなものか、体験したことのない人がほとんどなのです。

だいじょうぶかなぁ、地球。と、不安になる。

夕方の散歩途中で、最近何度か見かけた「バンビちゃん」に遭遇した♪

「あれれ? お母さんはどこ?」と、あたりを見回すと、数メートル離れた低木の向こう側からわたしとGusを睨みつけていた。毛を逆立てて。ごめん、お母さんっ。

この時期のお母さん鹿はアグレッシブなので、そぅっと後ずさりして距離を開けました。

雨が降り、鹿よけ用に花にかけておいたスプレーが洗われてしまったので、また夕方スプレーし直し。鹿が食べるはずのない「クロコスミア」の赤いつぼみ。今回は、にんにくと赤唐辛子を煮詰めたお湯を冷ましたものをシュッシュ。それでも食べられているものもあるんだけどねー(涙)。

気圧の変化のせいか、今日は頭が重い。早めに布団に入って寝ようっと。

今週末はカナダ・デーで3連休。嬉しいなー☆

back to normal, 2+1

ただいま〜(ブログ+みなさま)。

たった一週間なのだけれど。なんだかとっても長い間ブログ+ネット一般から離れていた感じで、このままずーっと離れていてもいいかも、と少し思った。でも、ネットから離れてしまうと、本当に世界で何が起きているのかわからなくなる。ビクトリアの小さなバブルの中でのほほ〜ん。

今朝、妹夫婦が元気に家路に付きました。到着日と出発日をのぞいたら、たったの5日。でも、お天気に恵まれて充実した5日を楽しんでくれたみたい。良かった良かった。

「何かが違う」と察したGusは、朝からそわそわそわそわ。妹たちを送っていって家に戻ると、「あれ〜、あとのふたりはどこ〜?」と、ドアの外をのぞいたりゲストルームに続く階段を見下ろしてみたり。私もちょっと寂しくなったので、Gusを連れて散歩にでかけた。

またいつもどおりです。

二人と一匹の静かな生活。

今夜は私は白ごはんと、妹が調達してくれた「ししゃもの燻製」を食べる〜♡

妹夫婦滞在については、ちょこっと後日に。明日仕事行って、週末だ〜わ〜い♪

ゆったりとした週末を!

 

Kさんの話

昨日は久しぶりに歯の歯垢をとってもらってきた。スッキリー☆ いつもの衛生士さんのMさんがバケーションでいなかったので、代わりにKさんにお願いした。結婚してすぐの頃、相方のお世話になっていたこの歯医者さんに通うことになったんだけど、初めてのハイジーン(歯垢取り)の予約のときの担当がKさんだった。6-7年、歯垢除去をしていなかった私の歯を見たKさんに、開口一番「これは大仕事だな。」って言われたっけ。全部のクリーニングに90分ほどかかったのでした(汗)。終わった後に「it was one serious excavation!」と言われた。 ははっ。発掘作業ね。。。で、虫歯も4-5本「発掘」されたんだった。

わたしが勝手に「カルメン」と呼んでいる西洋シャクナゲ。

それ以来は半年に一度、きれいにしてもらっている。最近はずっとMさんだけど。

Kさんは2年半ほどまえに奥さまをなくされた。私と同い年くらいのひとだったと聞いた。子宮癌が見つかったときは、すでにステージ4で。手遅れだった。

奥さまが亡くなってから初めて顔をあわせたKさんに、私は明るく挨拶した。そしてねぎらいの言葉をかけた。

後に続けることばも見つからず、Hugをしたかったけれどそれほどの知り合いでもないし、とためらってしまった。Kさんからはまだ悲しみがあふれているのを感じた。こういうときに何て言えばいいのだろう。Kさんは少しうなずいて、「どうもありがとう。Definitely… it was not the right thing to happen」と言った。

歯医者さんでは自分は口を開けているので色んな話をしたくても話せない。「アァーーーァアアーー、んーーんーー(軽くうなずく)」程度で、Kさんがツールを交換するときの少しの間に、すばやく質問したり答えたり。なので、Kさんの話をあーあー言いながら聞いていた。

Kさんは歯科衛生士さんでもあり、作家でもある。「また書いていますか?」と聞くと、「やっと、2ヶ月前に書こうという気持ちになれましたよ」って。奥さまの回想だって。それは、ひとに見せることになるかもしれないし、自分だけのものになるかもしれない。どちらになるか今はわからないけれど、「書く」というプロセスを受け入れられるときが来たって。

「書く」ということを思い出させてくれたのが、去年、カナダでも結構大きな文学賞(CBC Literary Awards )の作品選考に携わったことなんだって。8週間で652の出展作品を読み(これは全部の5分の1)、その中から10作品選ぶという審査員になり、様々なひとたちの様々なものがたりを読む中で何かが動いたって言ってた。

3つの場所に届けることに決めた奥さまの遺灰の最後のひとつを、この夏、Haida Guaii に撒きにいくそうです。

先住ハイダ族の人々の島々、という名前の諸島。バンクーバーから飛行機で北に約2時間。平日に2便。そこには奥さまとの特別な思い出があり、Kさんは「ハイダ・グワイの森は聖地だよ」って。砂浜の海岸がどこまでも続き、夏でも容赦のない風が吹いて近寄れないこともあり、古い古い森が今でも変わらず生きている大小150の島々からなる列島。ハイダ・グワイに奥さまと訪れたときに、「森に浸る(forest bathing)という意味の」ネイティブのことばに出会ったよって。それはあの地に住む人々には必要な単語だなって思ったって。「日本語にも森林浴っていうことばがあるよ」って私が言うと、Kさんの目が少し明るくなって笑った。

その後、犬の話をした。(と言っても、私は「あぁーーぁーぁあー。ぁーあー。」って答えていただけなんだけど。)Kさんの犬は12歳半。Gusと同じくらいの年齢で、同じように耳が遠くなってきているそうです。以前はKさんが家に帰るとすぐに玄関に駆け寄ってきたわんちゃんも、今はよく聞こえないからKさんが帰宅して5分ほどしてから「あ、帰ってたの?(ぶんぶんぶんぶんっとしっぽを降る)」って挨拶しにくるよって。Gusも最近そんな感じ!

奥さまが病気になったときに近所の犬友だちが代わる代わるワンちゃんの散歩をしてくれたんだって。で、今は毎晩、7つの家族が7匹のワンちゃんを連れて一緒に散歩するんだって~。そういうなんでもないルーティーンがありがたいよって言ってた。

もうひとつ、わんこ話の中でKさんがぽつりと言った。

There is something so sweet about old dogs.

歳をとった犬にはなんだか特別な愛しさがある、って。うんうん、Something so sweet だね〜って、一緒に笑って頷いた。

半年後、またKさんに歯をきれいにしてもらおう。そのときどんな話が聞けるのか楽しみだ。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪