今日は良い日。アマンダ・ゴーマンの詩。

アメリカ大統領の就任式。

前例を見ないかたちでの就任式だったものの「ほっ」とした。朝7時半くらいからネットのライブ映像を眺めていた。この日、晴れて良かったなぁって思いながら。

カマラ・ハリスの副大統領就任スピーチ、レイディーガガの歌う米国歌にじんとして、正にも負にも、アメリカという国のスケールと可能性の大きさをあらためて感じた。中でも、就任式に招かれた22歳の詩人「アマンダ・ゴーマン」と、彼女の朗読した詩「The Hill We Climb」に、肌が震え光を感じた。

全文はここにありました。→☆The Hill We Climb(英語)

抜粋だけど。少し我流に訳すと:

一日が始まるとき、私たちは問う、

この終わりのない暗闇の中で、どこに光を見つけることができるのか。

私たちが背負い続ける失ったものたち、

渡らなければならない大海原

獣どもと正面から戦った

「静寂」が必ずしも「平和」であるとは限らないということを学んできた。

一般に「正しい」と思われていることが

いつも公平に正しいものとされるとは限らないということも。

。。。

そうだよ、私たちは磨き上げられたものからはかけ離れている

汚れのないものからも程遠い

でもそれは、完璧な一つの総合体を生み出そうとしているというわけではない

私たちは目的を持った団結を生み出そうとしている

あらゆる文化、肌の色、特質や性格、それぞれの境遇を受け入れるべく国をつくっていこうという目的。

。。。

私たちは誰かを傷つけることではなく、調和を探し求めている。

少なくとも、世界に知らせよう、これだけは真実だと:

悲しみの中でさえ、成長し

傷ついても、希望をもち

疲れ果てても、諦めなかった。

。。。

日が訪れたとき私たちは暗闇の中から一歩外にでて、

光り輝き恐れることなく、

その暗闇を手放したとき新しい始まりが広がる。

なぜならそこにはいつも光がある。

光をみる勇気さえあれば。

光になる勇気さえあれば。

今日はいい日だった。

p.s. 今朝、プロの翻訳家さんの全文和訳も見つけました→「私たちが登る丘」(和訳)

片付けモードとパズルモード

さぁて。2020年も残すところあと3日。

といっても、年末の押し迫った雰囲気は全くなし。クリスマスが終わってしまうと「ふつー」の日。クリスマスの日からいまいち調子が良くないGusを、獣医さんのところに連れて行った。おそらく、私が良かれと思ってあげたラム肉がお腹に合わなかったのが原因です。2回もどしたし血便も出てたし(涙)。

すっごい罪悪感をかかえて「私が悪いんです、お肉あげてしまったから。。。」と言うと、ドクターは「あぁ、じゃぁそれで原因ははっきりしたってことでオッケーよ。しばらくは味気なくてもドッグフードだけで行きましょう。」って。Gusの歳になると、やっぱりお腹がデリケートにもなるらしい。念の為「膵炎」の検査もしてもらい、それはパスした。ほっ。胃のむかつきとお腹の調子を整える薬をもらって帰宅。年末にちょっと元気のないGusだけど、数日もすれば落ち着くかな。落ち着いてね〜。

さて。冬休み中に少しずつ片付けをしている。自分だけが分かる程度の片付けや掃除なんだけど、それでも「レンジフッドの上、きれい〜」「冷蔵庫の上もねとねとしない〜」と、ちょっぴり嬉しくなる。相方も「おっ」と気づいてくれたのが、台所「わき」にある小さな部屋。もともとは小さなダイニングスペースだったところ。うちの家は1930年築のバンガローなので、オリジナルの部分はとても小さい。今私たちがダイニングとリビングとして使っているのは、前に住んでいた人が増築した部分。ま、それはいいとして。

この小さなダイニングスペースがね。。。完全に物置状態になっていた。何年も!買ってきて置き場所がなかったらとりあえず「あそこ」にポイ。本棚もあるから、とりあえず読まなくなった本を縦横につっこむ。Gusのおもちゃも棚の上にポイ。買い物袋は床の上にポイ。お芋や玉ねぎは小さなテーブルの上にポイ。小麦粉やお米の大袋も適当にポイ。。。。もーーーーっ!流石に堪えられなくなった。

そのぽいぽいの部屋を整頓した。

おいしょっと。

↑↑の窓際にある小さなメタルのテーブルは、相方の旧友が作ったもの。椅子は取り除いてガレージに持っていき、テーブルは残すことにした。これがあるとレシピ本をここに開いたりして便利なのです。が。。。以前はこのテーブルの上におけるものを山積みにしたりしていた(恥)。

本当はね、色んなものをきれいに整頓できる保存棚(?)がほしいんだけど。自分で作れないしー。

なので。木箱を縦横にしてみた。

納得いかないけど、ま、良しとしよう。

大きな本棚もちょっと片付け、古〜い椅子も座れるようにしてみた(もちろん、この椅子の上にもものを積み重ねてたよーん)

あぁ、すっきり。

気持ちが良くなった。

が。

ダイニングのテーブルの上は… 散らかっております。

冬休みのジグソーパズル☆

ヨーロッパの小さな町。細々として「手がかり」になるアイテムがたくさんあるから「余裕やな」「あっというまに終わってしまうで」って、相方と言いながらとりかかったのだけど。。。

難しいーっ! よく見ると、石畳と建物の壁が似てるし、テーブルクロスが空色だし、花が。。。溢れてる。休み中に終わるかな。この「Cobble Hill」のパズルカンパニーはビクトリアにヘッドクォーターがあるんだよ〜。

余談。

突然「白菜のクリーム煮」が食べたくなって、小さめの白菜を全部使って作った。私専用。

このお鍋の半分を、残り物のパスタにかけて食べたら美味しいこと美味しいこと。

ところが、数時間後。お腹、ぴーぴー!

牛乳だ。乳糖不耐症の「け」はあるものの、シチューとかホワイトソースは大丈夫だろうと思ってたのになぁ。それでもとろんとろんの白菜が美味しくて満足だったのでいいや。あと半分残ってるの、どうしよう。

明日はクリスマスのお飾りを片付けよう!2020年も気持ちよく片付けよう。

ネズミ捕りと懐かしいものと、スティックパンと。

週末、ガレージの奥を掃除した。相方の本やレコードや食器の入ったダンボールや、使わない椅子やエクササイズの道具などが積み上げられているガレージの奥。。。あぁ、もういっそのこと全部捨ててしまいたいという思いもあるものの、大半が相方の思い出のものだったりしてねー。

そのコーナーも含めて「Shop-Vac」という、ガレージやワークショップ用の掃除機をガンガンかけた。先週で3度目のShop-Vacタイム。

というのもね。。。2週間ちょっと前にですね。。。ふとガレージのドアを開けてぎょっっっとした。

ラット(どぶねずみ)たちのウンチがっ!!! あちこちにウンチっ!!!

あぁ、気分が悪くなったー。冷たいところで保存しておこうと、ガレージにニンニクとかぼちゃを2つ、リンゴを2ダースほど置いておいたのが原因。かぼちゃです、かぼちゃ。今までこんなことなかったのに、かぼちゃにかじりついて、その「種」が目当てだったみたい。リンゴもいくつかかじられてた。餌のあるところには何度も出没し、糞をしまくり、巣を作ってどんどん繁殖する。。。

ネズミ捕りを仕掛け、ネズミの嫌うウルトラソニックの超音波を発する機械を電源に差し込み、すぐさまネズミ捕り対策! 翌日一匹捕獲。Shop-Vacで掃除、その翌日ももう一匹、掃除。。。と繰り返し、一週間立ってようやく落ち着いたみたい。ウンチももうない。まだどこかにひそんでいるのかなー。

まだなんだか気持ち悪くて、またShop-Vacを出してきて掃除をしていた週末。

ガレージの奥の棚の上にこんなものが置いてあった。

防水マッチ。

なんか、かわいい。マッチの先の色も、パステルグリーンで。

これ、相方が昔々にバックパッカーやってたときのものだ。40年以上も昔のもの?

すってみたら、火がついたから使える。

私たちの非常時用のバックパックに入れておくことにした♪

それから、こんなオーナメントも。ひとつ、ぽつんと棚の上に置いてあった。

かわいい☆ どこかに吊るしてあげたい。

今年はクリスマスのお飾り。。。どうしよう。コロナコロナで、例年よりも早いうちからクリスマスのデコレーションやライトアップを始めている人がたくさんいるそうな。我が家はまったくその気配なし。クリスマス気分ゼロ(というか、マイナス20くらいです)。3日ほど前になったらお尻に火がつき、心にも「灯」がともるかな。。。

もうひとつ、懐かしく古く捨てられないもの。

小さな「ほっかいどー巾着」♡

これね、私が小学生の頃に母に旅土産にもらったもの。なんでまだ持っているのか不思議で仕方がない。私がまだ持っているということは、最初にカナダに留学した時にも持っていて、上海に引っ越したときにも一緒で、そしてまたビクトリアに戻ってきたときにも捨てられずにいた、ということ。ずっと裁縫道具の中に入っていたから、というのも理由なんだけど。今はこの小さな巾着にGusのうんち袋を詰め込み、リードにくっつけて使ってます♪ この間洗ったらきれいになった。

季節的なものなのか、最近、昔なつかしのものや味を思い出し恋しく思う。

で、今日は昨日仕込んでおいた「ミルクスティックパン」というのを焼いてみた。吉永麻衣子さんのレシピで、「冷蔵庫で一晩発酵、翌朝焼ける」すごく簡単でおいしそうなパン♪

コレを焼いてみたくなったのも、あの懐かしの「かにぱん」が食べたくなったから。

でも、残念ながらこのミルクパンはかにぱんとは少し違っていた。これはこれで素朴で好きなので、吉永さんの簡単なパンはまた試してみたい。

もうひとつ。なつかしの「バナナカステラ」も食べたいよぅ。

同世代なら知ってるはず。

あぁ。。。これこれ。写真見てるだけであのあま〜いバナナの香りがここまでとどく。あぁ、一時帰国したらこれ食べる!

夕食は、シュペッツレの練習をしてみようと思って、1ヶ月ほど前に作った煮込みハンバーグとシュペッツレをもう一度♪ あのときにくまさんからもらったアドバイスとビデオを参考にして作ってみた〜。シュペッツレ用の道具はないので、まな板から「しゃっしゃっ」と切り落とすやり方で。必死!ナイフだとうまくいかなかったので、パン作りにつかう長方形のヘラで!

前回のよりも「にょろり」として少し上手になったと思う☆

さぁ、あと一週間ほど、ガレージにShop-vacかけ続けるよー。私の気の済むまで!

月初めのつぶやき。

ゔ〜〜〜っ。さぶっ。

今日は出勤日。仕事用のラップトップを2つも抱えていかなきゃいけないので、車で出勤。車だから〜って余裕こいて出てったら、窓が凍りついていて。んもぅ、朝から車温めてがりがりやって。少し遅れてしまった。

そうそう、今朝は朝起きたときに、妹たちと母の「ライングループ」にメッセージが入っていて、「ルルレモンのセールでパンツを買って欲しい〜」って。そうなのです。ヨガウェアで有名なバンクーバー発(だよね?)のブランド「lululemon」も、ブラックフライデー前からセールを始めていてお知らせメールが入っていた。母も妹たちもココのウェアがお気に入りなので、セールやってんでーってテキスト入れておいたのです。で、朝の出勤前に「どれがいい?7部丈?8部丈?柄物?何色?ピチッとしたトップ?」などなどラインでメッセージと写真を送りながら「どれにするー?」って言っている間に消えていくアイテムもあり。。。焦った! なんとか3人が好きなものをゲットできたのでホッとして出勤。セールに走ったり、人にまみれての買い物が大好きな母は、「今年はコロナで買い物行けへんからなー。嬉しいわー」って言っていた。あぁ、良かった良かった。

寒かったけど快晴で。元気が出る。オーナメントのようにぶら下がってる木の実がかわいらしい。

そうだそうだ。週末に焼き菓子用のハードリカーを買いに久しぶりに酒屋に行ったところ、日本のウィスキーがいくつか並んでいて見とれてしまった。美味しいのかなぁ。

今は普段にお酒を飲むことがほとんどないのだけれど、こういうの見ると妙にひかれる。

ボトルがねぇ。きれいよね。ボトルの形とか、ラベルとか、おしゃれだなぁ〜って。こういうのをきれいなグラスにきれいな氷の上から注いでみたら、飲まなくてもさ、からりんからりんって氷の音を聞いているだけでいい気分になりそうよね。

あ、これっ!

アクアヴィット。この島で作られているもの。前に一度、試飲させてもらって「美味しい」って思ったやつだー。今度帰国するときにお父さんに買って帰ろう。

この寒さがやってくる前、先週末にひとつ庭の鉢植えを屋内にレスキューした。

見て見てこの子。マイヤーレモン。そう、レモン!

去年の秋の初めに「レモンが実る木」「レモンのかわいい花」「レモンレモン。。。」と、実際に育つのかどうかを考えずに衝動買いした小さなマイヤーレモンの苗。レモンは寒いのが好きかな。。。と、外に放っておいたら(あかんやろっ!)、あっという間に葉っぱが全部落ちてつんつるてんになり、死にました。

死んだと思ってあきらめて、同じ場所にそのままにしておいたら、この春から夏にかけてこんな風に葉っぱがでてきた!すごーい。生きてたのか、君は! で、また秋が終わりにさしかかり。。。どうするどうする?と、マイヤーちゃん用に木枠のフレームを作ってビニールを被せようかと思っていたんだけど、先の方からまた葉っぱの色が薄くなり、このままだと去年と同じことになるだろうと。で、連れ込みました。窓辺のマイヤーちゃん。暖かすぎて駄目かも。でもなんとなく、嬉しそうに見えない?

嬉しそう、というと。。。

真ん中の妹からメッセージがあり、「姉ちゃんのkahogo石けんポチったでー!」「届いたでー!」って♪

↑↑高一の姪っ子。一つは彼女用なんだそうです。

私には一円も入りませんが(笑)、嬉しい♪ ありがとう。

今日から12月。激動の2020年最後のひと月。一年を振り返り、思い巡らし、いらないものを捨てたりちょこちょこと自分なりに締めくくっていくひと月。来年はどんな一年になるかな。。。と思っていたときにネットで「石井ゆかりさんの3年占い」というのが目に入り、キンドル本でポイント還元で222円だったので、ポチってしまいましたーん。冬休みに入ってから読も〜っと。

なんだか、つぶやき、というより、とりとめのないおしゃべり、になってしまった。

さぁ、明日も晴れるかなー。