アップグレード。iMac 2021

来ましたっ。

今週の火曜日に届いた。2021年モデルの iMac。はい、私はマック派です。

職場では主にWindowsを使っているけどっ。

前回新調してから7年。7年前の2014年だけれど、Mid2013年モデルだったのでハードウェアは8年前のモデルになる。コンピューターの寿命でいうと長い方。7年使ってまださくさく動いているし、まだあと1〜2年はいけるかなって思っていた。でもハードウェアが古くなりすぎてOS(オペレーティングシステム)を最新のものにアップグレードできなくなっちゃったのです。そうなるとセキュリティ上好ましくないので。

で、相方が買ってくれた♪

わーい。

2021年版のiMacは7色の中から色を選べるようになった。私のは「Green」。キーボードやマウス、コードまでほんのりと緑色だ。スペックで追加したのはメモリーとハードドライブ:16GB RAM、1TBストーレッジ。メモリは16GBに追加することを強くお勧めします!古いマックも同じく16GBメモリなんだけど、そのおかげで今でもサクサク動くのです。

Apple製品の梱包技術はいつも素晴らしいと思う。

ヘロ〜〜。

新しい画面は24インチ(約61cm)。今回のモデルまでは長いことiMacサイズは21.5インチ(54.6cm)。横に少し長くなった。この少しの違いは実際に画面をいくつか開けて作業をする場合にはありがたい。24インチは良いサイズだと思う。

今回もまた、古いマックから新しいマックへのデータ移行に少し手こずってしまった。ネットで読んだところ、とても簡単に移行できると書いてあるんだけど、そうではなかった。古いマックと新しいののOSが違っていたこと、古い方のデータサイズがかなり大きかったことなどが理由かな。

もし、同じように古いマックから新しいマックへ移行するときになかなかプロセスが進まない!ということがあったなら、「タイムマシーンバックアップ」をおすすめしまーす。WifiネットワークやUSBケーブル、Ethernetケーブルを使って試したけれどどれも駄目で、最後の手段でタイムマシーンを使ってバックアップし、そのバックアップファイル(データやアプリやすべての設定)を新しいマックへ移行しました〜☆

ふぅ。

画面がとてもきれいです。

リゾリューション(解像度)が良すぎて。。。フォントが全体的に小さくなって(そしてシャープ!)。。。

。。。見えない(涙)

解像度を少し下げてフォントを以前と同じくらいの大きさに変えました。ほんと、最近、目がぁ〜。老眼がんがんきてます。

新しいマックよ。次の7年、よろしくね〜。

嵐の前の嵐。

いやぁ。こんなに忙しく動き回る平日、久しぶり。

というか、この仕事についてから初めてかも。1年半のリモートワークの間に放置されていたスペースを元通りに整えるだけでも結構時間がかかっている。去年の夏に出来なかった「On Site」のタスク(コンピューターや周辺機器を一新する作業)もまだ残っている。来週にはいると、初めてキャンパスライフを経験する学生さんたちがうようよウロウロし始めるに違いない。

とにかく。嵐がやって来る前の嵐。

頭の中がぐるぐる回っていて、夜中に目が覚めていつもならそのまままた眠れるのに寝付けない夜が数日続いている。で、布団に入ってから読むキンドル本を読んでみたり、浮かんだイメージを紙に描きとめたり。

来週から9月の終わりまでは突っ走るような日々になりそうなので、明日と明後日の二日間は休みをもらった。嵐の前のリチャージ。

気分転換に髪を切りにでもいくか、と、予約の電話をしてみたところ、9月の中頃までは週末が埋まってしまっているらしい。どことも忙しい時期なのかなー。仕方がない。自分で前髪切ろう。

シナモンロールが食べたいなー。北米スタイルの。しっかりとでろでろにクリームチーズフロスティングがかかっているのがいい。

と。スーパーでこんなのを見つけた!買ってしまった!

チョコパイ!

1932年に発売されたオリジナルらしい。めちゃくちゃ甘かった。。。相方は喜んでたけど(笑)

まずは明日はゆっくりと寝よう。休みの間にパスポート写真を撮りに行かねば。前髪を自分で切る前に行くべきか。。。うーむ。

謎のお届けもの

今日はずっと眠かった。昼過ぎ頃から気分が悪くなってきたので早めに仕事を切り上げた。

お腹気持ち悪い〜、って言いながらもしっかり夕食を食べたし(苦笑)。ほんと、食欲だけは年中何があってもなくならないので、代謝が落ちてきているお年頃には困ったもんです。

さて。

今日は一つだけ。

昼前に小包が届いた。平たい箱でアマゾンのマークが付いていた。私宛て。アマゾン・ジャパンだった。

えー。日本のアマゾンから直接送られてきたのん? 頼んだ覚えないけど。

箱を開けると。この本。

アニメのワンシーンのように」という写真集!

家族に聞いてみたけど送ってないって。一応自分のアカウントをチェックしてみたけれど、購入履歴にはない。

Akine Cocoさんはツイッターで人気の写真家さんらしいです。

ノスタルジックな気持ちになる写真がたくさん載っている。昭和な町角とか田園風景とか、学生の頃に見上げたような空だったりとか。題にあるように、宮崎さんのアニメで普通に出てくるようなほっこりとする小道とか。

素敵☆

あぁ〜、一時帰国した〜い。

しかし一体、誰が送ってくれたんだろう。。。謎だなー。

そうだ。今日、水やりをしていて可愛いものを見つけた。

わかるかな? スパニッシュラベンダーの茂みの中に、私の手のひらにすっぽりとおさまるほどの「鳥の巣」。

ヒナたちが巣立ちをして随分たっているようだったけれど、羽毛がふわふわとくっついていて生活感(?っていうのか?)を感じてしまった。

素敵な写真集、送ってくれたのは誰なのかなー。間違ったのかなー。間違いでも送り返せないので…大切に楽しませてもらいます♪ どうもありがとう♪

金曜日のつぶやき。六月のざわざわ感。

いよいよ夏がやってきました〜。ビクトリアにも!

コロナワクチンの接種率も、私の住む州では75%弱の成人、69%の12歳以上が少なくとも一回目を受けたそうで、今週はじめには規制が緩んだ。娯楽や家族に会うといった理由で州の内外を自由に行き来してもよくなった。少しずつ自由が戻ってきている。

屋外なら50人までは集まっても良い、ということになったので、今日の午後は相方が庭で小さなイタリア語の集いを開いていた。ジェッパ先生を含めて5人だけど、にぎやかな雰囲気がとっても新鮮で私まで嬉しくなった。Gusも大喜びで、みんなの中に混じっていた。約1年ぶりの再開で、メンバーの一人はプロセッコのシャンペンを開けてお祝いしていた(笑)。気持ちはわかる〜。

この一枚の主役はみつばち。

ちょっと話はそれるけど。

みなさん、最近調子はどうですか?

わかり易い言葉で説明できないのだけれど、五月の終わり頃から妙に「波打っている」感がある。ざわざわしているというか、でもただ「落ち着かない」のではなく、ばしゃばしゃとした流れの中にいるような。四月から五月半ばとは何かが大きくちがう。私個人のもうちょっと具体的な例でいうと、3週間ほど前に出勤日にものを運んでいたときに、運び方が悪くて(おうちゃくして)、首から肩にかけてぴっきーんと肉離れ(?筋を傷めた?)を起こした。それがさ、なかなか痛みがとれず、良くなったかな〜と思ったらまた翌日、がっちがちになったり、ズキズキと上腕部が痛んだり。相方も最近また痛みがひどくなって隣でよく唸ってるし(←これを聞くのがまたしんどいのです。。。)。日本の家族はというと、ゴンタを失った悲しみですごく落ち込んでいて、続いてモモも調子が悪くなり。二匹を一番近くで面倒見ている母はストレスと疲れのせいでとっっても過敏になっている。彼女の一番悪いパターンが思いっきり前面に出ている。ネガティブのスパイラルにがんじがらめになっていて、すごくつらそうで、そのスパイラルに周りを引き込んでいく。涙もろいだけでなく、私の言った一言にも「どうやったらそんなにネガティブにとれるわけ???」という反応でシャットダウンしたり。近くにいる妹たちもしんどそうだし。

知り合いで「なんだか調子悪い」とか「良くないことが続いてね」と言ってるのも一人や二人じゃない。

波打ってる時期なのかなぁ。なんなんだろ。

しばらくすれば落ち着くところに落ち着くのだ、と言い聞かせて、草花にちからをもらってます。

そうだ、ちょっと楽しかったこと♪ 先日、とっても久しぶりに「映画」をみた。Netflixなんだけど、いつもは相方とドラマしか見ないんだけど、たまたま彼がピックしたのが映画だったので見てみたらとても良かった。

遺跡サットン・フーの発掘を巡る実話を題材に描いた小説「The Dig(時の面影)」を映画化したもの。未亡人エディスが、自分の所有地にある古墳(?)の発掘をアマチュアの発掘家・考古学者バジルに委ねる、というところから話が始まる。

とても久しぶりに会話や仕草や、一緒に過ごす中で生まれてくる信頼感のようなものを楽しめたお話だった。

少しずつ、お野菜も楽しめるようになってきた。夏野菜はまっだまだだけどっ(笑)。

わたしとGusが庭に出ると、お隣さん(F婦人)のワンコ「キャスパー」がベランダに出てくる。

白いシュナウザーだと思う。すれ違うワンコたちにガウガウやってるのをよく見るんだけど、Gusに対してはガウガウじゃなくて「きゅぃ〜ん」と鼻をならすのでかわいい。こうして写真の顔を見ていると、飼い主のF婦人にめっちゃ似てる(笑)。

ゆったりと心地よい週末を♪