キャロットケーキ with レモンクリームチーズフロスティング

今日はフル回転。8時間ほどしっかりと睡眠をとり自然起床の極楽な朝。すると日中のエナジーレベルがぜんぜん違うんよね。雨だ雨だというから、今日はコンピューターの前でタックスをやり終える!って決めていた。

んだけど。。。まったく降りそうもなくて。Gusと丘の上まで散歩。途中、以前一緒に仕事をしていたアニヤちゃんと彼女の親友たちにばったりと会った。やーーーーんっ♡ と、思わずHugしたくなった私たち、2メートル離れて「エアーハグ」をして、久々に顔を見てのおしゃべり。話していたのはほんの10〜15分ほどなんだけど、すっかり気持ちが軽くなっている自分に気づいた。顔を見ながらの生のおしゃべりって、心の健康には欠かせないものなんだよねぇ。

アニヤちゃんにもらった元気で波に乗り、家に戻るなりぐわぁ〜っと掃除機をかけ、軽くお昼を食べ、外を見る。

まだ降りそうもない。「ええいっ、やってまえっ!」と、今シーズン初の芝刈りをした。

はい。「手押し芝刈り機」。たまに。。。電動のにしておけばよかったかも、という後悔の念が頭をよぎる。けど、手押しはかたかたと静かだし、ほんっといい運動になるので、良し。

行く手をさえぎるのはモサモサのおっちゃん犬のみ。Gus〜、どいて〜。手信号を出して「あっち行って、あっち!」って指示しても、この顔でぼーーーっと私を見てるだけ(苦笑)。よっこらせと持ち上げて移動。芝を刈ったところでくつろいでくれりゃいいのに、なぜか、行く先行く先に現れるから困る。

さて。

イースターだし、ちょっとスペシャルな甘いものを作ろうかな…と思い、キャロットケーキを焼くことにした。イースター→イースターバニー→にんじん→にんじんケーキ♡ というわけ。

子供の頃、にんじんケーキというと騙された気がしてならなかった。なんでケーキににんじんなんかを入れるわけ?ケーキが台なしやんっ!そんなことしてにんじんを食べさせようとしても騙されへんで。。。と、すねた。

カナダに来てからかなぁ。クリームチーズフロスティングにべっとりとつつまれたキャロットケーキを食べたの。開眼。ちょっと酸味のあるフロスティングと、しぃ〜っとりとしたキャロットケーキ。疲れを癒やしてくれるケーキ。

今日はこのフロスティングを「レモン風味」にして、ちゃんとケーキっぽくデコレーションもしてみた♪ イースターなので。えへえへ。ちょっと変えたけど、オリジナルレシピはここ→☆

キャロットケーキ with レモンクリームチーズフロスティング

材料(1C=250cc)
7″=18cm ケーキパン一つ分

  • 小麦粉 1C
  • ベーキングソーダ 小さじ1
  • 塩 小さじ1/4
  • シナモン(粉)小さじ 3/4
  • 植物油 半カップ+大さじ1
  • ブラウンシュガー 3/4 C
  • バニラエッセンス 小さじ半
  • 卵 2個
  • にんじん 4本ほど(シュレッドして150g)
  • ピーカン 半C
  • レーズン 1/4 C

フロスティング
(以下の材料をよく混ぜる)

  • クリームチーズ1パック(250g)
  • バター 1/4 C
  • 粉砂糖 1C
  • レモン汁 大さじ1
  1. オーブンは180度(華氏350度)。ケーキパンにバターを塗り側面には粉。底にはパーチメント。
  2. ボールに粉ものを全部入れて混ぜる
  3. 別のボールに砂糖、バニラ、卵を入れてよく混ぜる
  4. 粉ミックスを3回くらいにわけて3のボールに入れてヘラで混ぜてなめらかになるまで混ぜる。その中ににんじんを入れ、混ぜる。(ナッツとレーズンも。私は省略)
  5. 35〜40分焼く。
  6. 焼きあがったらケーキパンの中で15分、その後、パンから逆さまにしてラックの上に取り出して冷ます。
  7. 完全に冷めたらクリームチーズフロスティングを好きなように塗りつける。

ほ〜ら♡

私たちはふたりとも、キャロットケーキの中にナッツやらなんやらを入れるのが好きじゃないのでシンプルに。でも何にもないのも寂しいので、季節外れの(あまり美味しくないのだけど)ラズベリーをずんずんずんとのせてみた。デコレーション苦手で。。。でも相方は「Beautiful!!」と喜んでくれたので良しとしよう(笑)

フロスティングを固めに仕上げたので、生クリームよりは断然「塗りやす」かった♪

それに、キャロットケーキは普通のスポンジケーキよりもしっとりとしていて「密」なので、半分に切るのも切りやすかったよ。

かわいいじゃないか〜!な〜んてね。

今回はもともとのレシピ通りの砂糖を使ったんだけど(ブラウンシュガー1C)、フロスティングも塗るならここまで甘くなくてもいいと思う。次回は少し減らしてみよう。

大好きな「Fawn Lily」の季節です。

雨降ってくれなかったので、タックス申請作業。。。またできなかった(汗)。明日はやります。はい。お約束。

春の準備その2とごろごろりんごケーキ

予想していたほどの雨も降らなかった週末。少しずつガーデンベッドを整えた。

「整える」というのは、冬の間にかぶっていた(わざとかぶせていたところもある)枯れ葉をとりのぞき、雑草を抜き、スコップなどで土をかえしてあげる、という作業。去年開拓した(笑)ベッドも、すっかり雑草に覆われていたので整えたよ♪ 幾つか宿根草が植わっている(はず!)だけど、まだ淋しげだ。

去年は草を引っ剥がすのにずいぶん時間がかかり、このエリアには一年草の種をパラパラと撒いただけで終わってしまった。今年は少し宿根草を増やせたらいいな。デザインセンスがないので、またすっごい適当になりそうだけれど、花たちはそれぞれみんなきれいだから大丈夫!(なはず!)

よいしょっ、よいしょっ。と。雑草を抜いて土ならし。この作業をしていると、思わぬところにこぼれ種から発芽している小さな苗を見つけたり、忘れていた宿根草の小さな芽が出ているのを見つけたりして「はっ」とする。そうやって「はっ」と命を感じるのはとても楽しい。

初・庭たんぽぽ。

きたきたきた〜。さぁ、これからじゃんじゃん咲き始めるたんぽぽ!

りんごの木のまわりには、初めてこういう肥料を埋めた。

相方が数年前に買ったもので、すっかり忘れていてガレージの奥で見つけたー。果樹用のスティック肥料で、木から最低60cm離れたところに埋める。りんごの老樹、喜んでくれるかなー。

わしわしわし。。。と。ハーブベッドも整えた☆

レモンバーム、イタリアンパセリ、チャイブ、オレガノ、タイム、チョコレートミントが、それぞれ新芽を出して大きくなろうとしているよー。気温があがってくると、みるみるうちに緑になるのがこのハーブベッド。

すぐそばに、Gus。時々わたしのズボンの左ポケットに鼻をぐいぐい押し付けて、クッキーくれーと文句を言う。すぐ近くにいてくれるのは嬉しいんだけど、今日も「あれっ、スコップがない。。。どこいった??枯れ葉と一緒に捨てた??」とわたわたと探し回ったら、Gusがその上に寝そべっていた(苦笑)。↑の写真でもお尻でクリッパーが隠れてるし。。。

ぐっちゃぐちゃだった冷凍庫の中身を全部出して片付けているときに、庭のりんごをスパイスとハチミツで少し煮詰めたものが出てきた。アップルパイかクランブルにでも使えるだろうと思って冷凍しておいた。それを2カップほど使って「ゴロゴロりんごケーキ」を作ったよー。材料はこんな感じ(プラス、アマレットを大さじ3!)。レシピは以前紹介してたー→ここです☆

粉もの混ぜて、バターと卵、アマレットバニラをクリーム状に混ぜて、二つを合わせて、りんごをさくさくと加えて、180度で40分ほど。りんごに甘みがついているので、砂糖を3分の2の量に減らせた。

簡単だけど、このケーキはとっても美味しい。生地がとてもしっとりとしている。

今日のはあらかじめスパイスを効かせていた煮りんごだったからかな。とっても美味しい。

ほ〜ら。りんごがごろごろっとはいってる♡

生地が「パンプディング」っぽいでしょー。アーモンド粉を半分使っているからか、外側がカリッとしてクランチーでその部分も美味しい。

ほーらほらっ♡

春分の日には、庭のアンカーストーンの上にビルさんの作品を吊るした。春・夏・秋と、ビルさんの作品は庭を流れる風を見せてくれる。

よく体を動かして、花粉症のくしゃみ鼻水にまけず、甘いものも食べて、良い週末だった。さぁ、一週間がんばろう〜♪

春がここにも海辺にも。きらきら

金曜日には散髪に行き、結構バッサリと落としてもらった。いつもお願いするのは同じ「ぎりぎり結べるところまで切ってねー。適当にレイヤーいれて。」。それだけ(笑)。凝ったことは何もなし。ときどき、思いっきりショートにしてみたい衝動にもかられるんだけど、しょっちゅう美容院に通える状況じゃないしねぇ。

髪を切ると気持ちも軽くなる。

ビクトリアにもようやく春がやってきた。

海は穏やかできらきらと光っていた。

今日は珍しくカメラをたすき掛けにして散歩した。最近ではカメラを持って歩いているひとを見かけない。高性能のスマホカメラで済ませちゃうひとが増えた。私もその一人。でもたまにはこうしてカメラもいいな、と、海を眺めていると、少し離れたところに大きな一眼カメラを構えたお兄さんがいて、Gusが挨拶をしていた。

「カメラだ。一緒だ。」と嬉しくなった。

海岸に座っているひとや、向こうからやってくるひとに、てけてけと歩み寄って挨拶をするGus。「Hi Buddy!」「Hello—- sweetie.」と声をかけてもらい頭をくしゃくしゃとなでてもらい、すっかりご機嫌だ。

Gusも私と相方以外の人たちに会えると嬉しそうだ。

裸足になってざぶざぶと遊ぶこどもたちも可愛い。

こんな風に外を散歩しているときには、ほとんど誰もマスクをしていない。十分な距離もあけられるし、私もいつもポケットにマスクを入れているけれど、散歩のときは外している。でもダウンタウンを歩いたときには私もつけていたし、ほとんどの人たちがマスクをしていた。日本はどうだかわからないけれど、こちらには「アンチマスカー(マスクをつけるのを拒否し、マスクをしていないという理由でお店でサービスを受けられないとブチ切れるひとたち)」がいる。コロナは出任せで、マスク着用を矯正するのは個人の自由と権利を害する行為だって。個人の自由も大切ですが、誰もまったく一人では暮らしていけないのにね。

春を感じ、もこもこダウンじゃなくて薄いジャケット一枚でも十分な日。

泳いでいるひともいた。↓↓↓

いや、犬じゃなくて、男が泳いでいた。

上の写真を拡大すると。。。↓↓

笑えたのがね、このひとがじゃぼんと潜って見えなくなったとき、上の写真の中の茶色のワンコがギャンギャン吠えて水に飛び込んでいったー(笑)。緊急事態を察したのかなー。偉いねぇ。

犬の飼い主さんも笑いながら、「It’s in his blood… He can’t help it.」と言っていた。

春だなぁ。

あっという間にイースターホリデーになって、チューリップが咲き始めるなぁ。畑エリアに葉っぱ野菜を植えようかな。

Gusのお腹の調子が少し落ち着いてきたよ♪ 相方がオーダーしたフリーズドライのローフードがとっても美味しいらしい。また今度紹介するねー。

相方がチョコケーキを食べたいとうるさいので、チョコレートローフというのを焼いた。買おうかなって思ってお店で見てみると$7〜$8の札がついていた。「そんなにするんやったら自分で作るわ」と。レシピはこれ→☆(英語)

横に半分に切って間にラズベリーかピーチのジャムなどを挟んでも美味しいとおもう。

朝からフル回転で活動して、良い土曜日になりました。週末、好きだなぁ(みんな同じよね)。

やっほぅ、庭のことりたち

さぶぅ〜っ。

ビクトリアも冷えている。でもお隣のアルバータ州はマイナス30度〜40度の寒波に見舞われているらしいからね。やっぱりビクトリアは温暖なのだ。

仕事の合間にGusと庭にでる。目を休める。

こんなに冷えているのに、ことりたちは春に向けて唄ってる。

庭には6〜7種類の鳥たちがやってくる。それぞれ、食べたいものが違っているようだし、休憩場所も様々。

食べものが少ないこの時期だけは、バードフィーダーに餌を入れる。ネズミがやってくるのでなるべく家から離れたところにひっかけて、春が来るまでの少しの間だけ。面白いのは、だいたい同じ種類の鳥が一緒にやってきて、シフト交代をするようにして別の鳥たちがやってくる。

訪問の仕方も鳥によって少しずつ違う。足場に捕まってちょんちょんとつついてすぐに飛んでいく子もいれば、邪魔されなければゆっくりと優雅に楽しんでいる子もいる。別の鳥がこぼしたものをのんびりとつついている子とか。

笑えたのがカラスたち。

どやどやと集団でやってきて、一羽がぶら下がってゆすったりして。

どやどやどや。おしゃべりもやまないカラスたち。

庭の奥では。両手両足を空に向けて。くねくね体操中。

くねくねくね。しゃきーん。

庭をチェックしながら小鳥たちを眺めていると、ハチドリもやってきた。

ハチドリたちは「Cuoriosity」いっぱいの鳥だと思う。先日私がりんごの木の枝を切っているときにも、何度もそばにやってきて枝にとまったり、りんごの木に引っ掛けているフィーダーで蜜を吸ったりしていた。

ランチブレークに作った「ヨーグルトブルーベリーマフィン」。突然フルーツ入りの焼き菓子が食べたくなって。夏の間に冷凍しておいたブルーベリーを2C入れて作った♪

これが、とっても美味しかったー!久しぶりだったからかなぁ。砂糖の代わりに蜂蜜も加えたからかなぁ。焼き具合もちょうどよくて、2つぺろっといってしまった。

そうそう。

窓辺に座って仕事をしていると冷えるので、前に義姉さんからもらった大判のショールを巻いてみることにした。

のですが。。。

かっこよく巻けない。。。

なんかさ。ショールを巻いているというより、ショールに巻かれているようで。お寿司の具になった気分だった。ぐるぐる巻きつけても落ちてくるので、片方の端を「くるり」と巻きつけようとしたときに危うくカウンターの上の急須をぶっ飛ばしそうになったし。要注意だ。

でも温かい。リモートワークだから巻きずし状態でもいいね。