Chewyの再診と美味しいフローズンヨーグルト

Chewyの左後ろ足。怪我をしてから5日たっても、全くその足に重心を置こうとしなかった。

ぼくちんのおへや。

元気いっぱいだけれど、足をブラブラさせたまま、3本足で走り回ろうとしていた(リードつけてコントロールするのに必死の私)。「これはなにかおかしい…」と、先週末に診てもらったところに連絡し事情を話すと、そのときに担当してくれた先生も「それはおかしい。」と。金曜の昼に「今連れてきてくれたら再度レントゲンをとって診断します。」って言ってくれたので、仕事を抜けてChewyを連れて行った。

数時間後、連絡があり「今回のレントゲンでは”fracture”が見つかりました」って。「fractrue」というと、小さなヒビから完全に折れている、まで全て含まれる「骨折」。詳しくどこにどんな損傷があるのかは聞けていないんだけど(動揺しちゃって…)、とにかく、その部分を「splint 」という器具で固定してしまいましょうと。仔犬の回復は早いから、固定してしまえば安心ですって。

朝の庭は朝露で湿っているので。Gusの靴下にかぶせていたカバー(ゴム手袋)をこんなところで再利用!

ただ、固定器具の周りにテープをぐるぐると巻いてしまうので、絶対に濡らさないようにとのこと。私自身も家族のメンバーも、骨折を経験したことがないのでどんなものなのかよくわからない。折れているとやっぱり圧を加えるといたむのかなぁ。テープが濡れると中で「蒸れて」そこから皮膚の炎症が起きたりするから、濡れたらすぐに交換しなきゃいけないので連れてきて。って。

最初のレントゲンでは見逃してしまうほどの小さなヒビだったらいいなぁ。。。と願う一方、くっつきにくい場所なのかなー。固定器具、きつすぎたりしていないのかなー。犬はなにも言えないからなぁぁ。と。心配するなと言われても心配している自分がいる。

週に一度、テープの交換と回復具合のチェックに行く。木曜日だ。

先週末からこの一週間、こうしてChewyのことで救急に走ったり、診てくれる獣医さんを探し回ったり、家で不自由そうにしているChewyをサポートしたり、相方も心配しているけれど、結局動くのは私一人であり。キツかった。

自分が怪我したり具合が悪くなる方が、ずっと気分的に楽なんじゃないかとも思った。いや、そうなればそうなったで、我が家は回らなくなるのでとても困るんだけど。なんだか、ひとつの同じ場所で短い呼吸をしながらカチコチになっている様な一週間だった。

ストレスって、その度合いが進んでいくと、体のあちこちの機能も「しゅぅ〜ん。。。」とシャットダウンしてしまうんじゃないかなぁという気もした。色々と全部つながっている。

とにかく。Chewyはまだパピーだし、みんな「仔犬の回復は早いよ」って言ってくれるから、そう信じて期待して見守ります。

ご飯を作る気分でもなかったときに、美味しいシャーベットが食べたくなった。

爽やかでフルーティーなの。ハーゲンダッツのレモンシャーベットでも買ってこよう、と、いつもハーゲンダッツを置いているお店に行ってみた。→→ なかった。 アイスクリームはあったけどシャーベットがなかった。

でね!ちょっと前にインスタでちらりと見かけて保存しておいたのを試してみることにしたー!

Youtubeでもレシピ公開してたっ→☆材料4つでできるフローズンヨーグルト

4つの材料は:生クリーム(200ml )、プレーンヨーグルト(200g)、 冷凍ミックスベリー (100g) グラニュー糖(80g)

庭にまだまだブラックベリーが実ってるし、何故か今年はラズベリーのプリマケーン(今年地面から伸びた枝)にも実がついているし、コレを使って作ろーって思って♪ 今年の九月はからからのお天気なので、ラズベリーもカビずに熟れてくれているみたい。

ベリーの量を倍量、砂糖も少し増やし、生クリームは250cc、お家ヨーグルトも300〜350gくらい使ったかな。「おっ!」っと思ったのは、生クリームを泡立てて使うこと!ベリーと砂糖を合わせてレンジでチンしておくこと(そして冷蔵庫で冷やしてから使った)。うちにはアイスクリームメーカーはないけど、ときどき手で混ぜて十分。氷のように固くならなかったよ♪

気分を高めようと。ちょっとお花も飾ってみた♪

うふふん。

こういうことをしようと思えるだけ、心にほんの少し余裕ができてきた。多分。

このフローズンヨーグルト、驚くほど美味しかった!私が今食べたーいって思っていたような味わいだったし、何より、ベリーがゴロゴロ入っていて嬉しい。生のままのベリーを使うのではなく、少し熱を通してあるので風味が増すのかなー。

とにかく、予想以上に美味しくて、自分で作っておいてとても幸せな気持ちになりましたん♡

チューイの足の骨が一日も早く元通りにくっついて、一日も早く思い切り走らせてあげれますように。

みなさんも、良い一週間を。

ブラックベリー・クラムバー (crumb bar)

八月中旬〜秋の初めはブラックベリーの収穫どき。

裏庭の奥に勝手に茂っているヒマラヤンブラックベリーは、からっからの夏にもかかわらず、たくさんの実をつけてくれている。ブラックベリーには小さな種があって、それを嫌がる人もいる(相方もその一人)ので、焼き菓子に使っても「種が嫌な人いるかなぁ」と少し気を使う。ジャムは最近はザルで種を取り除いてみたりもする。なめらかになるから相方は喜ぶんだけどね〜。正直、その一手間が面倒くさい。ははっ。

Chewyは食べる時と食べない時があるよー。食べる時は自分でブラックベリーの房にかぶりついたりする。とげがあるやんっ!って、口を開かせるんだけど、今のところ口の中に棘が刺さった。。。とかはないみたいで。。。私が手であげるときは、よく熟れているのだったら食べるけど、ちょっと酸っぱ目だと吐き出す。んもぅ。

あまいのがいいじょ。

さてさて。このブラックベリーをうまく消費できる焼き菓子がないかなーって、見つけたのが「ブラックベリー・クラムバー」。クラムバーっていうのは一番下の層がクッキータルトみたいな感じで、真ん中にフルーツの層があって、一番上にクランブルがのっている、というようなもの。クランブルだと、スプーンやフォークで食べなきゃいけないけれど、このクラムバーだと切ったものを手でつまんで食べることができるよー。

相方の伊語の集いに出すスイーツは、お皿やフォークの必要なものは面倒なので、なるべく手で持ってペーパータオルの上に乗せたりして食べれるものを出すのね。で、よし、このクラムバーを試してみよう!と、作ってみた♪

original recipe → ☆ (ほぼ同じです)

ブラックベリー・クラムバー(Blackberry Crumb Bar)

材料(1C=250cc)

  • 小麦粉 1C半(または小麦粉1C+半カップのアーモンド粉)
  • 砂糖 1/4 C
  • ブラウンシュガー 1/4 C
  • ベーキングパウダー 小さじ半
  • バター 半カップ(113g)
  • 卵黄 1個
  • 塩 小さじ 1/8
  • ブラックベリー 2C
  • レモン汁 大さじ1
  • コーンスターチ 大さじ1
  • 砂糖 1/4 C

オーブンは190℃(375°F)、8×8インチ型(20cm型)

  1. ●の材料全てをフードプロセッサーに入れてパルスする。粉々になり、少しくっつき始めたらOK
  2. ○の材料全てをボールに入れて混ぜ合わせる
  3. 1のクラム生地の半分を底に敷き詰めてきゅっきゅっと押さえる
  4. 2のブラックベリーをのせる
  5. 残りのクラムを上から被せる(抑えなくてよし)
  6. 40分〜45分焼く

とっても簡単♪

間に挟む果物を変えれば、別のクラムバーになるし!なかなか使えるレシピかも!

クラムバーがまだほんのり温かいときにお皿に出そうとしたので、もろっとしてしまった。

完全に冷めると、ベース部分がもう少ししっかりするし、全体的に「くっつく」ので手で持ってもボロボロとならないよ。

予想以上に美味しかったー。ベーカリーなどで売ってるクラムバーっぽく焼き上がった♪ こういうの、お店で1スクエア買うと、大抵$2.75とか$3.25とかする。うん。

冷めてくるんで冷凍もできるらしい。ので、ブラックベリーが採れるうちにもう一度作っておこうと思う(これ↑は2度目!)

ちょーだい。ってば。

テーブルの下で待ってるし。笑。

今日は散歩中に知らないわんこ(若いボクサー)のつるつるのお肌に、きゃっと歯を引っ掛けてしまったチューイ。ボクサーちゃんの腕のあたりから少し血が出てしまって。ドキッとしてすぐに謝って、チューイを抱き上げて退散。ごめんなさいっ、って言ったあとで、飼い主さんが別の犬の飼い主さんのところに行って「あの仔犬、歯がまだとがっているから気をつけたほうが良いわよ。チューイっていうんだって。名前にピッタリのことをするわね。」って、言ってた。聞こえた。チクリ。

わざとじゃないし、噛んだわけじゃないし、悪いのはチューイじゃなくて間に入らなかった私なのに、チューイの名前のことそんな風に言わないでほしい。。。 と、帰り道、ちょっと凹みながらも「遊ぶときに口を閉じれればいいねんけどなー。頑張ろなー」と、ニコニコ嬉しそうなチューイに話しかけたのでした。

尖った犬歯が少し丸くなればいいのに〜と、散歩から帰って「ほらほら、ガジガジしなさい、この硬いところで!」って鹿ツノを与えたのでした(笑)。パピースクールの先生にも少し相談してみよーっと♪

良い一週間を!

とても美味しかったブルーベリーパイ

ブルーベリーのシーズンですっ☆

毎年毎年書いているけれど、ブルーベリーはベリーの中で一番好きなベリーなので、毎年この時期になるとブルーベリーだけは惜しみなく「箱買い」して楽しむ。半分冷凍して半分生食したり、焼き菓子を作ったり。

Chewyもブルーベリー好きなんです。いちごよりラズベリーより、ブルーベリーが好きな子。

箱、解体ちゅー。

で!

今まで作ってきた中で、一番美味しくできたブルーベリーパイっ!ガレット、かな。

パイ生地は、以前にも紹介したMizueさんのパイ生地。時間のあるときに作って冷凍したりするんだけど、小さめの生地が残っていたので、小さめのガレット風にして焼いてみることにした☆

そして!

前々から試してみたいと思っていたのが、好きなベーカリーで売っているような「小さなタルトのようなフルーツパイ」。フルーツの層とバターのパイ生地の間にクリームのようなものが挟まっている、あのタイプのフルーツパイ。

そんな話をしたからかな、今年から京都のベーカリーでお仕事を始めた友達のFちゃんが、ふと、「ダマンド」っていうクリームのことを教えてくれたのでした。初めて聞くもので検索してみたら、「あ。。。きっとこれだ!私の探していたクリームはコレっ!」っていうクリーム♡

→基本のダマンドレシピの例

アーモンドミール、バター、砂糖(それぞれ同量)+卵一個。

コレを作って、パイ生地の上にスプーンで伸ばし、その上にブルーベリー(レモン汁と砂糖と小麦粉をまぶして少しおいたもの)をのせて。コンベクションオーブンの395Fで25分ほど焼いて。

ちょっと欲張ってブルーベリーを入れすぎたので、ガレットのふちが開いてきてやばかったけど。なんとか!

これがさー、ベストブルーベリーパイでしたっ!

Mizueさんのパイ生地は外れなく美味しいし、ダマンドのレイヤーがある分すこししっとりとしていたし。アーモンドのクリームは大好きだし♡

美味しかったのでメモっておきたくて。

Chewyは今週金曜日から6週間、週イチで「パピー小学校」に通いますっ。

さぁ、一緒にぎゃんばろうね(笑)