[保存版」最高のシナモンロール☆

好きなベーカリーが閉まっていて、週末の朝のお楽しみクロワッサンなどをしばらく食べていない。

それでね、ここ10日ほど、ふかふかのシナモンロールが食べたいなぁ〜って思っていた。

シナモンロール(またはシナモンバン)といっても、ベーカリーによって微妙に違う。パン生地の部分が少し硬め(クッキーとまではいかないけれど、少しサクッとしている)とか、ロールの隙間にいっぱいレーズンやクルミなどがつまってるとか、スティッキーバンといってコーティングがすごく「スティッキー」(ねちねちして)キャラメルのようになってるのとか。

私の好きなタイプのシナモンロールは:

  • 生地はふかふか寄り(手でちぎったときにふかぁ〜っとする)
  • ロールに隙間はあいていない(ふかふかバンがむちむちくっついている)
  • 大きさは10cm✕10cmくらい。高さが7cmくらい。
  • シナモンばっちり
  • クリームチーズフロスティング on top!

このチェックリストの項目をすべて満たしてくれるシナモンロールって、なかなかないのです。

が!!!

見つけたのよ、レシピ。これぞ求めていたシナモンロール! 平日のランチブレークに生地の準備をして、途中様子を見たりして。在宅ワークの醍醐味(?)。

では先に見せちゃおう。

じゃんっ♡

理想のシナモンロールと言ってしまえる!ので、保存版として書き留めておきまーす。オリジナルレシピはここ→☆

最高のシナモンロール

(北米1C=250cc)

生地:

  • 牛乳 3/4 C (温める。43度。レンジで40秒ほど)
  • クイックライズイースト 小さじ2 1/4 (7g)
  • 砂糖 1/4 C
  • 卵 1個と黄身1個分
  • バター 1/4 C(溶かす)
  • 強力粉 3C
  • 塩 小さじ 3/4

フィリング:

  • ブラウンシュガー 2/3 C
  • シナモン(粉)大さじ1.5
  • バター 1/4 C (室温で柔らかく)

フロスティング:

  • クリームチーズ 115g(室温で柔らかく)
  • バター 大さじ3(室温で柔らかく)
  • 粉砂糖 3/4 C
  • バニラエッセンス 小さじ半
  1. お風呂のお湯の程度に温めた牛乳に、クイックライズイーストを振りかける。砂糖、卵(一個と黄身一個分)と溶かしたバターを加え、混ぜ合わせる。
  2. 粉と塩を木しゃもじで混ぜ合わせる。
  3. スタンドミキサーの中スピード(私は#2〜#4)で約8分こねる。少しネチネチ手にくっつくくらい。手捏ねの場合も8〜10分よく捏ねる(くっつくので適当に粉をふりかけながら)
  4. 油を塗ったボールの中に生地をいれ、サランラップ、その上から温めたタオルを被せる。1時間から1時間半、生地が2倍の大きさになるまでねかす。
  5. 十分に発酵したら、粉を振りかけたカウンターの上に生地を出し、22cm✕35cm(大体)の長方形になるように伸ばす。
  6. この上にフィリング用の室温で柔らかくなったバターを伸ばす。短い方の辺は、端から5〜6ミリ開けておく(バターを塗らない)
  7. シナモンとブラウンシュガーを混ぜておき、バターを塗った生地の上に均等に振りかける。
  8. 短い方の辺から向こう側にぐるぐるときつめに巻いていく。お寿司のように。(ここで、オリジナルレシピでは短い方の辺から巻いて「太巻き」のようにしていたけれど、私は長い方の辺から巻いて細くして一つのシナモンロールをこぶりにした)
  9. 巻き終わりをしっかりと指でつまんで閉じて下にする。
  10. 5〜6cm幅に切る。
  11. 油を塗った容器(22cm✕22cm)にロールの断面が上になるようにして、くっつけて並べる。
    使う容器は高さのあるもので。油を塗ってもいいし、私はクッキングシートをしきつめた。容器が大きすぎて隙間が残ってしまったので、アルミホイルで詰めた。
  12. この状態で30〜45分、発酵。
  13. 176℃(350F)で20〜25分焼く。縁が少しきつね色になったくらいが良い。焼きすぎると固くなるので。5〜10分休ませる。
  14. フロスティングの材料をハンドミキサーでよく混ぜる。
  15. 粗熱が取れたシナモンロールにフロスティングをぬりたくる。

どうだーっ!!!

オーブンから取り出したときには、オーブンの中でぷっとふくらんで、真ん中の部分が飛び出てヤドカリみたいになってしまったのが2つか3つあった。けど、フロスティングを塗りながらぎゅぅっと押し込んで、オッケー。

やっぱりね、フロスティングはクリームチーズのじゃないと。どうせ作って食べるなら、変にカロリーカットとか考えないこと。

フロスティングまでつけてしまったけど、半分はワックスペーパーにくるんでジップロックに入れて冷凍。二日目もパン生地はふわふわで良し(焼いたその日がやっぱりベストですが)。

コロナのせいで最近、ベーキング材料が不足しているみたいです。まず、最近、イーストを見ない。粉もないなぁ、って思っていたけれど、この間スーパーに行ったら大きな袋が積んであったので一袋買っておいた。でもあいにく、All Purpose Flour(中力粉)で、私がほしいなって思っていた強力粉はどのブランドもなかった。ま、イーストはまだ瓶に半分ほどあるし、強力粉もまだ家にあるからいいや。

アメリカの相方の妹さんやお姉さん情報によると、本当に物不足らしい。幸い、親戚や友達の間で、余分にあるものを譲ったりしてなんとかいけているみたいです。私の住んでいるあたりでは、まぁ、手に入れにくいものもあるけれど、一時期消えたトイレットペーパーは個数制限して売り出されているし、大丈夫。

昨日は相方の誕生日で、大好きなベーカリー(←ここは開いてた!)で超甘ったるいケーキを注文。甘いけど、美しく美味しいケーキです。デコレーションはマーチパン♡ ゴージャスなお花は義姉さんからでしたー。

甘いものばっかり。。。

でもこのシナモンロールはとっても美味しくて、嬉しくなって数日前にDoodleを描きました〜。→Doodle Marathon

Birthday wishのアニメーションはインスタに♪ →Doodleのインスタ

たとえゆっくりでも確実に、コロナウイルスの現状が治まっていきますように。

初・ライスクリスピー作った〜

今日は金曜日。一日お休みをもらいましたん。

平日もずっと家にいるのだから、休みと言っても大きな違いはないだろうと思っていた。でも。違ってたー!

リモートワークでひとりで仕事をするようになってから、今まで感じたことのない「疲れ」がたまっていたみたい。今日は仕事用のコンピューターを開かず、家の雑用をしただけの一日だったけれど、気持ちが少し楽になった。

しかし。寒いっ。今朝は車で買い出しにでかけたところ、どこも先週よりも「ソーシャルディスタンス」の規制が厳しくなっていて、店の中に入れる人数が制限されていた。ので。寒い中、外で順番待ち。仕方ないね〜。支払いはどこもカードのみ。銀行のInteracカードを使おうとカードを差し込む。私のは「タップ」機能がうまくできない古いタイプなので、暗証番号を指で押すんだけど、その機械がタップ以外の入力を受け付けてくれなくて。おばさんに「すみません、番号入力ができないんですけどー」と、プラスチックのガードごしに伝えたものの、「えええっ?なんなのっ?今どきタップができないカードなんてあるの?この状況の中でそんなカード使ってるなんて。。。私にはわからないわっ。他のカードないの??」って、怒られてしまった(汗)。おばさん、そんなにビビらなくたって。。。いかにも私が指で番号ボタンを触るのが嫌そうだったよ。仕方ないのでビザカードでタップしたけど。

ま、しゃぁないか。とつぶやくことが増えたなぁ、と思う。

冷たい雨がざーーーっと降ったり、やんで青空がのぞいたり、かと思えば風がびゅうびゅう吹き始めたり。予定の庭仕事はお預け。

で、代わりに、お菓子を作ることにした♪ 最近、どうも粉をいじって焼き菓子を作る気分になれないので、焼かなくてもいいお菓子を。。。と。初めて「ライスクリスピー・スクエア」を作ってみた〜♡

ライスクリスピーシリアルはちょうど買い置きしておいたものがあり、マシュマロは食べ切れなくて冷蔵庫に入れておいた随分前のものがあった。むふふ。オリジナルレシピ→

ブラウンバター・ライスクリスピー

材料:

  • バター 113g
  • マシュマロ 285g
  • 塩 小さじ 1/4
  • ライスクリスピーシリアル 160g

  1. 20cm 四方の入れ物にバターを塗っておく。
  2. 深めのお鍋にバターを入れて中火で溶かす。目を離さないように〜。
  3. 温まって泡を吹き、その後透明になり色づいて香ばしい香りがしてきたら火を止める。マシュマロを加える。
  4. バターの熱と予熱でマシュマロをよく溶かす。もし熱が足りないようならマシュマロが溶けるまで弱火にかける。
  5. 火からお鍋をおろし、その中にライスクリスピーシリアルを入れて素早くかき混ぜる。シリコン製のヘラがくっつかなくて良い。
  6. ささっと平べったく伸ばして軽くおさえる
  7. 冷蔵庫へ

ここで。私の失敗。型から出すのが楽だろうと、ワックスペーパーを敷いてみたところ。。。ところどころくっついたー!。あるレシピではこうするとあとが楽よ!って書いてあったのにっ。それから。。。なにせ、初めてつくるものだから、型に入れたあとぎゅうぎゅう押し付け「過ぎた」。ここまで「押さえつける」必要はありませんっ。私のライスクリスピー、めちゃくちゃ密度が高かった。。。(汗)

もっと、ふわっと型にいれるだけでいいんだな、と気づいた。くっつきゃいいんだから。

このライスクリスピースクエア、ときどきすっごく食べたくなるんよねー。甘ったるいんだけど、美味し♡

カナダで初めてライスクリスピーを見た時、「粟おこしみたい」って思ったっけ。

相方も実はときどきすごく食べたくなるんだ、って言ってた。ほほぅー。知らんかった。

で、晩ごはんは、これまた久しぶりに「ビーフストロガノフ」を作った。

コンフォートフードだなぁ。このレシピには大さじ1のトマトペーストと1カップ弱のサワークリームがはいってリッチです。美味しー。

余談ですが。色んなお店が閉まっちゃったのと、なるべく不必要に出かけることをしないことにしているので、散髪にいけない。髪の毛がどんどん伸びてってうっとおしい。。。んで、しばらくは出勤もできないし誰にも会わないんだから〜と。前髪を切ってみた。かなり伸びてたので10cmほどバシッと。中途半端な長さのようで、もうちょっと切ってみてもいいかなと思う。その勢いで、後ろもバシッと切ってみたい衝動にかられている。うーむ。この先、数ヶ月外出規制が続くのなら、自分でなんとかしなきゃいけないよね。切ろうかなー。

新しい芽

あれれ。あっという間の週末。

体が。。。筋肉痛っ!そう、平日の10分足らずの有酸素運動とかタコ歩き(笑)で、脇腹とかお尻の下とか痛いっ!効いてる証拠だとは思うものの、久々の筋肉痛にバテてしまった週末だった。情けない。

今日は2時間ほど、庭で雑草を抜いた。春を感じながら。

植木鉢の端っこからにょこっとタンポポ。小さな羽アリ?メイソンビー?もかわいらしい。さぁ、またこれからタンポポを引っこ抜くばとるが始まる。まるでもぐらたたきのように。ひょこひょことでてくるタンポポを必死に追うわたし。がんばるー。

タンポポの葉っぱをサラダにして食べると苦味があっておいしいらしいんだけど。。。できない。食べれない。どうしても食べたいと思えない。タンポポの根っこをコーヒーにするひともいるよねー。うーむ。

冬に植え替えたバラの苗が2つ。一つは植木鉢から地植えに、もう一つは場所移動。ちゃんと大きく育ってくれるか心配なんだけど、ほーら。こうして新芽をのぞかせてくれている♪ 大丈夫かな。

そういえば、去年は薔薇の葉っぱにいっぱいいっぱい虫がついたんだった。虫よけ対策は今のうちがいいのかな。葉っぱがまだ柔らかい今のうち?今年の3月はすごく寒かったので、みんなとてもスロー(雑草以外は)。

おいしそう。

オダマキの新芽です。これは頂いた種から育てたものなので、どんな花を咲かせてくれるのかとても楽しみ。

先日のバーガーの写真があんまりにもひどかったので。もう一度。そう、プルドポークを作ると、大抵二日は続けて食べるよー。楽ちんディナー。

コールスローはキャベツとリンゴだけ。レモンとヨーグルトであえたもの。

美味しかったし安上がりなので、また作ろう!

久しぶりに家にある材料で…クッキー焼いた。バルクフードでグラム買いができなくなったので、チョコチップやドライフルーツとかオーツとかしばらくはパッケージでしか買えないな。

元気に過ごそう。できる範囲で春を楽しみながら!

さぁ、落ち葉集めて、ガトーインビジブル焼いてっ

なかなか盛り沢山な週末〜。盛りだくさんなのは全て「ハウスワーク」なんだけど(苦笑)、でも「To Do List」に書き出したことを9割こなせたので満足。

雨は夜のうちに降ってくれて、土曜も日曜もGusと元気に散歩に行き、からっとしているうちにやってしまいたかった「落ち葉集め」を頑張った〜。

ほーら。

庭の奥半分は、ヘーゼルナッツの老樹の落ち葉がびっしり。落ち葉が積もっている様子も好きなのだけれど、このままにしておくと、雨に濡れ、次の落ち葉が積もり、どんどん重くなっていく。

落ち葉をぶおーーーんと吹き飛ばす「リーフブロワー」で吹き飛ばして集めてしまえば速いんだけどね。前も書いたけれど、あれ、本当にうるさくて。私の住む地区では、ガーデナーさんたちが使っている背中に背負ってぶおーーーんとやるタイプのブロワーを制限しよう!っていう動きもあるみたい。結構な排気ガスが出るのと、騒音と。賛否両論なんだけどねー。

余談になるけど、家のお隣さんがときどき雇う「自称ガーデナー」のおっちゃんは、今年始めてこの「リーフブロワー」を購入したっぽい。去年までは熊手でかき集めてたもん。さぁ、このブロワーを持ち出してきて、朝の10時半から夕方4時位までぶおーんぶおーーーんと吹きまくっていた。おっちゃん、ブロワーを全然使いこなせていなくて、右から左にぶおーーんとやって、左に飛び散ったのを、今度は反対側からぶおーんとやって、また散らかったのをぶおんっ、ぶおんっ、ぶおんっって。。。フェンス越しに覗いてみると、笑えるほどあっち行って「ぶおーん」こっちにもどって「ぶおーん」。。。やめてくれおっちゃんっ。ほんっと、気が狂いそうになった。。。飛び散ったものは熊手で集めるんだよっ、おっちゃんっ!

before ————————-> after 🙂

なので。私はせっせと熊手でかき集めましたー。いい運動になるし、こういう黙々とできる作業は瞑想的。

集めたものの一部を「来年の春に花壇にしようかな」と思っている場所に積もらせた。

こうしておくと、落ち葉の下の草が枯れて(分解されて)、引っ剥がしやすくなる。少しずつ、草刈りする場所を減らして行きたくて(=花壇が増える、なんだけど)。

畑ボックスの間にもたんまりと落ち葉。こうすると雑草がはびこるのをずいぶんと防げる。

秋から冬に向かう庭で、今年はろうそくの灯りのように、黄色ちゃんが咲こう咲こうと頑張っている。

寒いし日当たりも悪いので大きく花を咲かせることはないけれど、きれい。

さてっ☆

まだ残っているリンゴを使って、週末の焼き菓子に「ガトーインビジブル」を作ってみたー。

初トライ。

去年だったかな、ネットで見かけて「食べたーい」と思って作らずじまいでいたガトーインビジブル。そして、名前を忘れてしまって「なんだったっけー」と思っていたときに、ブログのお友達に教えてもらったのでしたー♪

一時期、流行ってたのかなー? 検索するとレシピがいっぱいでてきたっ。参考レシピ→☆

うちのリンゴは小ぶりのものが多いので、4つほど使ったかな。↑のレシピみたいにスライスしたリンゴを丁寧にはならべてませんっ。2層くらいは頑張ったけど、めんどくさくなって残りは適当に「どばー」っと入れてささっと並べた感じ(O型です…)。朝ごはんを食べてすぐに焼いて、お昼すぎにはしっかり冷めて粉砂糖をふりかけたー♪

わーい☆

ガトーインビジブルは断面図がきれい、とのことなので、切ってみたよ。 こんなもんでしょうか?

生地がカスタードみたいで、この中にアマレットやカルバドスなどを混ぜたら美味しいだろうなぁ、って思った。しっとりとしていて、うん、好みの味。すっっっごいリンゴの味がするっ! とてもシンプルな手順で作れるお菓子なので、また作ってみようと思う。唯一めんどくさいのが。。。パーチメントペーパーを型に敷くの。あの作業、嫌い〜。苦手〜。誰かやって〜。ソレ以外はとってもシンプルです。リンゴの季節におすすめのお菓子でーす。

11月もあと一週間!ひいぃぃっ。 元気に頑張ろう〜。