Dear Birdies,

イースターホリデー(4連休)の真っ最中。

我が家は「ただの4連休」。特にイースターっぽいことは何もせず。あ、でも、イースターというと、イースタバニー(うさぎちゃん)。ちょっと前にまたフェンスの下の部分に「rabbit highway(勝手にそう呼んでマス、うさぎの通り道)」をいくつか発見! で、板と石でせっせと穴をふさぎました〜。

↑何を撮りたいのかよくわからない一枚。。。うんとね、チューリップを撮りたかったのです。チューリップのシーズンだから。

咲いた〜咲いた〜。チューリップのは〜な〜が〜🌷

ならんでないけど。。。ばっらばらだけど。。。

赤。。。黄色。。。えっと、今年加えたのが。。。

真っ白、じゃなかったけど。「白」ということで。 チューリップの歌・花壇、でした(笑)。

ところで。チューリップって突然色を変えることがあるのかな? 去年、確かに桃色だったのが、今年は真っ赤になって咲いてる… ふむ。

さて。Dear Birdies。

小鳥さんへ:

今年の4月は寒いから。きっとおなかもすかせているでしょう。

我が家のお食事処にいらっしゃいな。

(。。。と、誘ったら、この小さな「ふち」になんとかしがみつこうとしているカラスたちを目撃。やめてほしい。)

ご飯のあとは、「天然犬毛100%テリア種」をお持ち帰りください。

これがとっても人気でね、Gusをヌキヌキして随時追加しています〜。鳥たち、どんな風に犬毛を使ってくれているんだろう。想像すると可愛らしい。

そして、鳥さん、鳥さん! この春「水浴び場」が新しくオープンしたよっ!

じゃんっ☆

Bird Bath。欲しいなぁって思ってたもの。春から夏にかけて、小さな水たまりや冷たい土で小鳥たちがパシャパシャと水浴びや土浴びをしているのを見かける。そのたびに、「あぁ、Bird Bathをおいてあげたら喜ぶかなぁ」と思っていた。で、たまたま見つけたGarden tipの中で紹介されていたのが、「丸太+植木鉢の皿」で作るバードバス。

バードバスにはオシャレで素敵なものが色々とあるけれど、鳥たちが馴染みやすいバードバスの条件は:

  • 地面からそれほど離れていない(低い位置にある)もの
  • 水があまり深くない
  • つるつる滑らない
  • 止まり木があるとよい
  • きれいな水(流れがあるともっといい)
  • 木陰

なんだって。

小石と小枝は海岸で拾ってきた。

わーい♡ できたできたと喜んで、しばらくして見てみると、この手前の枝がなくなっていた。。。周りを見渡しても落ちていない。「え?カラスが持ってった??」 おかしいなぁ、と思い、ふと離れた木陰に寝そべっているGusを見ると。。。

がじがじがじがじがじ。。。

何度とりあげてココに戻しても、またそっと盗んで木陰でガジガジ。やーめーてっ!

まだ鳥たちが水浴びをしているところは見ていない。なんだけど、不思議なことに、水を張った翌日みてみると、この水の中に「ひまわりの種の殻」や「Gusの毛」が浮かんでいる。何故???

ご飯を食べて、天然犬毛ショップに立ち寄って、そのあと水浴びにやってくるのだろうか。不思議。

今日もたくさんタンポポを抜いて、人力芝刈り機をカタカタやって、足がすっかり筋肉痛。あと一日お休み、嬉しいな。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

雨上がり。

寒の戻り。寒いっ。朝晩のGusの散歩は、またダウンを引っ張り出してきて着ている。風もきつくて自転車通勤もしたくないほど。今日は冷たい雨も降った。明日も雨の予報が出ている。春のお天気はムーディだな。

雨の少なかった乾燥した3月だったから、恵みの雨なのです。やんで、少し気温が上がれば、待機中の葉っぱ野菜たちも発芽してぐっと大きくなるはず。

「発芽」というと。。。

そう、もう芽を出してくれているお野菜たちもあるんだけど。。。

この通り。

ぐちゃぐちゃごちゃごちゃまぜまぜ。。。

ちゃんと何を植えたのか覚えていなくて。多分、最初ににんにくを植えたんだと思う。その後に、「あ、そら豆植え忘れてたな」とにんにくを植えたのをすっかり忘れてそら豆の列を作った。偶然、全くは重なっていないけど、これじゃぁ狭すぎる。にんにくとそら豆の間に賑やかに発芽している小さい芽は。。。多分、去年のコリアンダーのこぼれ種からだ。

雨上がり、そうっとそら豆の苗を移動させた。ほっ。

小さなしだれ桜が「気持ち」花をつけてくれている。

去年、相方のお姉さんと妹さんから頂いたもの。初めての花♪ ちろんちろんという音が聞こえてきそうな小さな花です。適当な場所がなくてココに植えたけど、もっとお日さまが当たる場所のほうが良かったかも。

しっとりとした雨上がりの緑はきれい。こんな小さな花も、当たり前にして見ているけれど、こんなかわいらしい均等なかたちをしている、ということが不思議。

今年も小さなスミレが咲いた♪ これはこのあたりのネイティブフラワーのひとつで「Viola adunca = Early Blue Violet」という種類。どこからか飛んできた種が発芽して、いつもここに咲いてくれる。

花も葉っぱも食べれるんだって。今年は注意をしてみていて、種を集めることができたらいいな。

春は雨の日も雨上がりも楽しい。

*プランクチャレンジ・リポート

今日は1分30秒。最後の25秒くらいが死にそうです…

おなじみ同僚Gは私の家のすぐ近くに住んでいて、お天気の悪い日は車で拾ってくれる。ありがたい。

先日も朝、迎えに来てくれて、「おはよう〜」と車に乗り込むと。

目の前に。

「なっ、なにこれっ?!」とぎょっとする私を見て、「ぐはははははははっ」とめちゃくちゃ嬉しそうに大笑いする同僚G(←私がプランクやってるの知っていた)。そして満面の笑みで「あぁ、今日は最高にいい一日になるぞ!そんな気がする!とってもいい一日だ!ぐははははっ。」と。どうして朝っぱらからこんなにテンション高くハッピーなのかと不思議でもあり、ときたまうらやましくもなる。このひとは長生きするだろうなぁとも(笑)

わたしの宿根草保育園

今日はセットに種を撒いた。いつもは適当にぱらぱらと地面に撒き散らすんだけど、今年は初めて、きちんと「苗を育てる用の土」と「セット」を使うことにした。私の宿根草保育園。まだ発芽もしていないので、幼稚園というより保育園。

たんぽぽ組さん、すみれ組さん… じゃないけれど、名札もきちんとつけてみることにした。ちなみに、今までは「頭で覚えておく(そして発芽する頃には忘れている、というパターン)」か「マスキングテープをポットに貼り付ける(そして発芽する頃には半分はがれてしまっている…)」だった。名札を作るのに適当なものがないかなぁ〜と家の中を見渡して…

あった☆ ジュースのカートン(箱)を洗って切って札を作った♪ これなら裏側は真っ白だし防水性もあるし、紙だからリサイクルも楽。

よしっ。

苗床の作り方の基本、を読んでみると、専用の土(ピートモス、パーライトまたはバーミキュライト、コンポストを 1:1:1)を予め水で湿らせておくと良いらしい。知らなかった! 今までは乾いた土に種を撒いて、じょじょじょーっと水をかけていた(そして、よく種が流れてしまったり…)

手袋無しで作業をすると、爪の間に土がいっぱい入ってしまう。あの感触、あまり好きではない。洗えばすむことなんだけど。で、この間ガーデンティップの記事を相方が送ってきてくれて読んでいると、私と同じように土が爪に挟まるのが嫌、という人はたくさんいるらしい。で、一つの案は、庭仕事を始める前に「石鹸を爪でひっかいて、爪の間に石鹸を挟み込んでしまう」という方法。作業を終えて手を洗うと、石鹸はとけ、爪の下もきれいさっぱり、というわけ。今日、試してみたよ♪ 爪の下がちょっともぞもぞする感じがしたけれど、慣れると気にならず。良いかも☆

私の宿根草保育園☆ in ガレージ。

こういう「きちんと」することがあまり得意ではないので、ちょっと疲れたのですが、整え終わると「うふふっ」と嬉しくなりました♪ 第一弾(左上)はちらりほらりと発芽している。

どれくらい発芽してくれるかなぁ〜。育つかなぁ〜。

*おまけ:Gusとお花

 

spring in full swing!

G:みなさまごきげんよう。

自分で撮っておきながら、この一枚妙にツボにはまって笑った。「やらせ感」たっぷりでしょ? 「ほらっ、お花の横にすわってすわってっ!」という私に付き合って笑ってるGusが愛らしい。

すっかり春。光も、小道のにおいも。

今日は花粉症がマシだった。朝、ネティポット(→過去記事)で鼻洗浄をしただけで、マスクも目薬も薬もなしで大丈夫だった。ハンノキ花粉はVery Highの予報だったけど。先週は目が痒くて本当に辛くて、思わずアマゾンで「花粉予防メガネ」をポチってしまった。まぁ、使ってみて良さそうだったら花粉に悩んでいる母にもすすめてあげよう。

Gusといつもの丘まで歩いた。うららかなお散歩日和だもん、丘の上はわんこ達がいっぱい。親子連れも。

これは「ヤロウ」よね。丘の上で自生している。我が家の庭のは冬を越せず枯れちゃった。ココだって、冬の間は拭きっさらしの風が吹くというのに。つよいものたちだけがしっかりと生き残っているんだろうな。

コレ(↓↓)も毎年みかける野の花。なんて可愛らしい。

この丘ではボランティアの人たちが、繁殖して広がるアイビーや外来種の(臭い)「ブルーム (broom)」を刈り込んでくれている。そして、少しずつネイティブ種の草花を増やそうとしてくれている。ありがたいです。

草むらの中でボールを見つけて上機嫌のGus。足を悪くしてからはボール投げは極力ひかえているんだけれど。あんまりにも嬉しそうで得意げなので、今日は少し投げてあげた。

もういっかいおねがいします。

来月でGusは12歳! でも、笑うと昔のまんま。

さてさて☆

私の苦手な「セットで苗を育てる」プロジェクト。ガレージの(なんとなく)自然光が差し込むところでちびっこたちを育てている。Grow Lightなしで柔らかい光の中でどこまで発芽するのか疑問だけれど、この場所以外に良さそうなところがなくて。

苦戦しているものの、「よもぎ」は約10日で発芽した!

わ〜い☆ この子たちはこの状態で外に出した。大丈夫、かな?

そしてっ、見てみて〜! この小さい子!!

約1ヶ月かかった。生きてたんだねっ。

吾亦紅です。今年、どうしても育ててみたい花のひとつ。去年の夏、友人とお茶をしていたときに、そばに置かれていた鉢植えの吾亦紅が種をつけていたのです。その種を少しもらって、友人が手渡してくれたレシートに包んで持ち帰ったもの。今のところ2つしか発芽していないけど、とても嬉しい。頑張れ〜。

そして♪ もう一つ嬉しいこと♪

ネットで注文した宿根草の種がやっとやっと届いたー! わぁ〜い☆

アイルランドから届いた種たち。それぞれの草花の特徴や育て方など、とても丁寧な説明もついている。カナダへの発送がずいぶん遅れているとのことで、注文から約4週間かかった。

でも、対応も良かったし、何より種のコレクションが素晴らしい(と私は思う)ので、また利用したいな。参考までに:「Seedaholic」というお店です。アジアへの発送はしていないのかなぁ… 送料はかかったけど、ひとつひとつの種の値段は良心的だと思う。

さぁ、この子たちも私の「宿根草幼稚園」に入園させよう〜♪

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪