スウィートレモンで風邪知らず

しょっちゅうラボにやってくる勤勉な学生さんとは顔見知りになることがある。ミナさんもその一人。彼女は確か博士号を二つ持っていて以前は政府関係の仕事をされていて、今は家から遠距離でお仕事をされている。出勤して仕事をする必要がなくなったから、と、毎セメスターに一つか二つのクラスをとっているんだって。朝一番にラボで見る顔見知りさんといえばミナさん。コツコツと勉強を続けられている姿勢も素晴らしいし、とても穏やかで温かい雰囲気も大好き。彼女はイランのひと。

そのミナさんと、先週トイレでばったりと会い、「今年の風邪はひどいよね~」という話をした。本当にひどいのです。気管支炎のように咳込んで熱を出し、いつまでたっても咳が止まらないインフルエンザ。私の回りでも具合の悪いスタッフがいっぱい。特に1月のキャンパスって、学生さんたちが冬休みの帰省先から持ち帰ってくる珍しいウイルスもあふれているわけで…

そんな話の中で、ミナさんが教えてくれたのが「スイートレモン」。

インフルエンザの季節には、ミナさんは毎日このスイートレモンを二つ食べるんだって。レモンじゃなくてスイートレモン。で、もう長いこと風邪をひいてないわよ~って。「抗酸化物質をたくさん含んでいるのよ。オレンジのようにそのまま食べちゃえばいいの。食べたことないのなら今度持ってきてあげるわ!」って。ミナさんの話では、普通の酸っぱいレモンももちろんビタミンCが豊富なのだけれど、そのままのレモン汁ではなくて、風邪予防の効果をあげるのならお湯に混ぜて生姜を加えるのがいいんだそうです。面倒だし、酸っぱいでしょ?って。 確かに。

そして今朝、ミナさんにスイートレモンもらっちゃった♪

で、食べてみると… 本当に甘いっ!

まろやか~に甘い! そしてほんの少し苦味があるかな。オレンジとグレープフルーツの中間のような感じかなぁ。美味しい~。調べてみると、スイートレモンは東南アジアや地中海沿岸の国で育つ果物のようです。でも日本でも温暖なところだったら育つみたいで、苗木も手に入るみたい~。いいなぁ。ここではグリーンハウスがないと絶対に育たない…(涙)

幼いころミナさんが風邪をひいたりすると、必ずお母さんがスイートレモンを切って食べさせてくれたんだって。こういう昔から伝わる「家庭療法」や「豆知識」って好き。そういえば、私も小さい頃喘息を患っていて、風邪をひけばいつも気管にきた。咳込んだり喉が痛んだりすると、うちのおばあちゃんや母が必ず「キンカン」を甘く煮てくれたなぁ~。嫌いだったけど(苦笑)

ミナさんにもらったのがとても美味しかったので、スーパーで買ってきてしまった。オーガニックのしかなくて、一つ60円くらいかな。風邪予防に一日一つ食べてみよう!

元気にまた一週間、頑張ろ〜☆

*おまけ:今年最初のストーム

一晩中風の音がやまず、「豪風」の中Gusと朝の散歩にでた。

ジェニーが久しぶりに遊びに来てくれたので、朝から暖炉(ガスの)をつけてみた。すると、すかさず…

ぼくちんこのだんろがすきなんです。

わざと暖炉から十分離したところにGusのベッドをおいてあるのに、ベッドと暖炉のあいだに陣取って… ぬくぬくしてる。

しあわせ。

頭近づけすぎっ!!もうちょっと離れなさいっ!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

カナダで初・まるごとスイカ

お題、そのまんま。カナダで初めてスイカを一玉まるごと買った!

日本にいるときは夏になると母やおばあちゃんが、よくまるごと買ってきてくれたっけ。「自分で」こうして一玉買うのは、生まれて初めて!スイカ、好きなんですよ。でも、相方はスイカなんて食べないと思い込んでたから。水っぽい、きゅうりみたいな味がする、とか言うだろうと思ってた。一玉買っても、結局、私一人でせっせとスイカを食べ続けることになりそうで「食べたいな」って思いながらも横目で見て通り過ぎていた。

ところが。10日ほど前のこと。「スイカのアイスバー(ポプシクル)のレシピを(メールで)転送しておいたよ。美味しそうだったからねー。」と相方。

私:へ?? スイカのアイスなんて食べんでしょーが。大体、スイカ好きじゃないっしょ。

相方:スイカ嫌いなんて僕言った覚えないよ。

で。

ででーーーんっ☆

買っちゃった〜♪

日本にいたときには、山積みのスイカの前で、ぽんぽんと叩いて甘さをチェックしている人をよく見かけたけれど。あれって、どういう音がすれば甘いのだろう。よくわからないのに、私もぽんぽんと幾つか叩いてみた。結局どれも同じ様に聞こえたので適当に一つ選んだ。

切ってみたー。

普通のスイカだけど。種。。。少ない。

スイカは黒い種がある方が美味しそうに見える気がする。

期待以上に甘くて美味しかったよっ!あぁ、夏の味っ! もう夏も終わりだけど、この匂い、このみずみずしさ、懐かしいっ。日本の夏、朝顔、蝉の声、蚊取り線香、花火を思い出す!

で♪ お約束どおり。スイカのアイスバーを作ったよー。

これがね、なかなか美味しくてびっくり。スイカはそのまんま食べるのは好きだけど、「スイカ味」のものってハズレが多くない?レシピというほどでもありませんが、材料は:スイカ、ライムの絞り汁、ハチミツ(甘さ調節)、塩(←これ必須)

ちょっぴり塩味が良いっ! 相方も美味しいって言って喜んでいた。
けど、結局、私一人で残りのスイカを食べている…

*おまけに:ブルーベリーヨーグルトマフィン

いつもは冷凍のブルーベリーをつかうのだけど、まだブルーベリーが手に入るので今回は生のベリーで。

これがえっらい美味しかった。生のベリーだったからかなぁ。ベリーのとろけ具合も良し。半カップは小麦粉の代わりにアーモンドミールを使ったヨ。レシピは過去記事より→ブルーベリーヨーグルトマフィン

あぁ、もう夏も終わり。ちょっと寂しいな。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

very grey Monday, lunch time walk

お天気悪い。週末も寒くて(涼しいのじゃなくて、寒いっ!)、昨夜は少しヒーターをつけてしまった… 今日は気温は少し上がったけれど、曇ってる。あぁ、気が滅入るぅ~。明日(明後日?)は夏至で一年で一番日が長い一日だというのに、まったく夏っぽくないよぅ~。

「ぶつぶつ文句言ってないで歩いてこい!」と思い、ランチタイムに公園まで散歩した。「雨あがりにだけ見せるキレイさがあるかも〜」と、歩き始めるといい気分になってきた。曇っていて目に映るものがなんとなく色あせていたので、スマホでシネマチックのフィルターをかけて記録。

公園はひ〜っそり。だれともすれ違わなかった。

大学の公園はシャクナゲが咲き誇る春先が一番きれいだと思うけれど、毎年こうしてみているとガーデナーさんたちの工夫がわかる。一年を通して楽しめるように、花や緑のテクスチャがとても上手くアレンジされている。

植物がどんな場所を好んで、どの季節にどんな顔をみせるのか、を思い浮かべることができないと、一年を通してのガーデンデザインはできないよね〜。すごいなぁ、ガーデナーさんたち!

このセクション(↓)なんて、春先にはクリスマスローズがいっぱいで、柔らかい緑色で溢れてたのね。それが今はこのとおり。

一年を通して「奏でる」ようにデザインするんだなーって、感心する。プロのガーデナーさんと比べちゃ失礼なのだけど、私の庭って、一時期にぶわ〜っと咲いて時期が過ぎたら、しーーーーん(ちーーーーん、かもしれない)としてしまうトコロがたくさんありまして。で、常に雑草くんたちが足元でざわざわと騒がしいという。 。。。ふむ。

今日、初めてこんな花に気づいたよ〜(↓↓)

花火みたいでしょ? 私の頭よりも大きかった。 でね、近づいてよく見ると、先っちょに小さな花が付いてたよ。

ほーら。

ふしぎな花。

あ、それからこの花(↓)! 名前忘れた…

これ、薄いピンク色のもあるよね。私はこのワイン色のがすっごく好きで、去年の秋にここで種を拾って帰ったのです。でね、植えてみたのね。で、ちゃんと発芽した! でも、私のはまだ地面から3cmくらいの背丈です。来年は咲くかなぁ。

ひっそりとした公園で鳥たちの声に混じって「ぱしゃぱしゃ」という音が聞こえたので、たどってみると。

ロビンが浅瀬で水浴びをしていた。気持ちよさそうで、思わず顔がほころんだ。

そう、ひとつ余談。

帰宅途中にドラッグストアの近くに自転車を留めていたときのこと。すぐそばのベンチでバスを待っている人たちがいたのね。5人ほど。そのうち4人はみんな下を向いてスマホをいじってた。中に一人だけ、ペーパーバックの本を読んでたのです。20歳半ばかな。見るからに「コントラクト・ワーカー(大工さん?)」っぽかった。ぼさぼさ頭でペンキでよごれただぼだぼのズボンはいていて、足元は安全靴みたいなごっつい靴。手に持っていたのはその本だけ。膝に肘をついて前かがみになって読んでいた。

なんだかその姿がとっても好ましくって、何読んでんのー?!って話しかけたくなったのでした(しなかったけど)。今はみんなスマホばかりのぞいているから。ちょっとした待ち時間に、ただ、ぼーーっとまわりを見ていることなんてしないもんねぇ。

ペーパーバック読んでる姿が、なんだかいいな♪ って思いながら、その後スーパーに立ち寄り、こないだのチーズ続きでベイビーベルを買ってしまった。。。

高いからもう買わないけど、私はこっちのほうが好きだな。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

笑う牛というチーズ

たまにはこんな投稿もありかな、と。

お題そのまんまで、

「笑う牛」という名のチーズ。

CMで見て、相方が「食べたい」というから買ってみた。

キミ、なんで笑ってるの? なんで、顔が赤いの?

この「かわいくない系」のイラストがとっても北米っぽくて、味がある。

食べてみたけど、。。。妙にやわらかい。ねっちょりと口の中に広がる。これはチーズなのだろうか。夏の蒸し暑い日に、キッチンカウンターに置かれていたクリームチーズのようなテクスチャ。いわゆる「プロセスチーズ」なんだろうけど(箱にもそう書いてある!)、いったいなにがプロセスされているんだろ。口の中であちこちにくっついて、どうもなんていうのか、「あぁん、もうっ!!」ってちょっとイライラしちゃう。そう!口をもごもごするところが牛っぽいのかも!それを牛が笑っているのかも〜!

。。。なんて思ったのでした。で、ちらっとこの「笑う牛チーズ」のサイトをのぞいてみると、色んな食べ方が紹介されていて、笑った。→笑う牛チーズの食べ方の例

わざわざ笑う牛チーズを使う必要もないでしょーが。

相方は「ぼく、これ、好き」と言っていた。食べものにピッキーなくせに、まじで?

全然関係ないのですが。

今日、散歩途中でかそこそ音がするので見上げると。。。

リスが。 開脚していた。

なにやってんのー?

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪