cookies & winter flower

ほどほどに寒くて、冬のビクトリアにしては珍しく青空が広がった一日。

久しぶりにお昼休みにキャンパスのガーデンまで歩いた。濡れた枯れ葉と土が触れ合っているあたりの、微生物の活動さえ感じてしまう独特のにおいがして、なんだかずいぶん長いこと「離れたところ」にいたような気持ちになった。

最近、というか、もう数ヶ月もの間、とても表面的に(?)毎日を送っていたような。うまく言えないけれど、外側の皮の部分だけで感じたり、ものを考えたり、言葉にしたりしなかったり、ぶりぶりとしたり、少し喜んだり。浸透していなかったというか。

なので久しぶりに、とても透き通っている冬の光と緑や土のにおいが、じんわりと染み込んできた。

こういうジャムのクッキーを作ってみた。相方の最後の伊語の集まり用の焼き菓子。

ジャムが入っているサムプリントクッキーは、めちゃくちゃ美味しい!って言うものでもないんだけど、心が躍る。ジャムのアクセント付き、だからよね(笑)

アプリコットとブラックベリー。こういうバタークッキーは温かい牛乳と一緒に食べたくなる。お皿に並べる前に、少しだけ粉砂糖もふりかけてみた。そうするとイタリアンベーカリーでひとつ$3近くするクッキーっぽく見えてきた(笑)

カレンデュラって、夏のあっついあっつい日に水も与えなくても元気に咲く。冬の霜が降りそうな日でも咲いている。日本でも、月極駐車場のアスファルトの隅っこで咲いていて、雑草だな、って思っていた。とても力強い花。

そして♪

見てやってください、このかわいいビオラたん。

ちゅーんって顔して。こんなにきれいに、まだ咲いてる。

クリスマスまであと2週間をきりましたねぇ。今週末には少しだけ緑を飾ろうかなー。

あまりごてごてとせず、さらりと軽くクリスマス、年末を迎えたい気分です。2022年の終わりはそんな気分でいいかな。

パン・ア・ラ・ビエール【レッスンより】

ようやくっ!

10月の最後の週末の「classMApan教室」は「パン・ア・ラ・ビエールpain à la bière」☆ 一週遅れの昨日、焼いてみたよっ!

何も知らないで「アラビエール」という名前だけを聞くと、なんとなく「男っぽいたくましい」印象をうける(そんなことない?)。名前の意味は「ビールのパン」。本来はアルザス地方のパンなんだそうで黒ビールを使うんだって。

で、実際に、アラビエールは男っぽくてちょっと原始的な風貌のパンでございましたっ(笑)

こんなのっ!!

青山先生がインスタにアップされていたのを見たときに「化石みたいでかっこいいー!」って思ったのです。一体どんなパンなんだろうって。

生地の中にはマッシュしたじゃがいもがはいっています。じゃがいもはメークイン。私は大好きなYukon Goldで。我が家ではいつも、何を作るのもたいていYukon Gold。崩れないし少し甘みのある風味も好き。

あと、面白いのは、このパンの表情を作っているのが「グラサージュ」というもので、ビールとイーストとライ麦粉で作ったペースト。

使ったビールはコレ(笑)

コレを成形した生地の上に「塗る」という、初めての工程♪ へーっ、こんなベチョベチョなものを柔らかい生地にぬってもいいのー?と、実験のようで楽しかった!

自分用の覚書きなので、ささっと流してください。

  • 130回ほど捏ねた。
  • 一回目の一次発酵(60分)後のパンチは、台もカードも手も水で濡らして生地を広げる。両脇から三つ折り、それをまた上下から三つ折り。[冷蔵発行する場合はココで冷蔵庫に入れ、翌朝出して17度くらいまで戻す]
  • 二回目の一次発酵は15分足して75分。手粉をしてやさしくやさしく丸める。回しながら引く。ラップ・乾燥ふきんをかぶせておく。
  • 三角成形:綴じ目を下でパンパンと軽く叩いてガス抜き;ひっくり返して楕円形の長い方を縦になるように置く。下から、引っ張りながら中心に向かって折る。
  • 2次発酵は33度くらいで60分。スチームは使わない! 50分で出して予熱をスタート。

スチーム機能がないオーブンなので、今回は何もせず、ただオーブンに入れて10分後に向きを変えて、10分。

香りがいい〜!

一つの大きさが結構大きくて、冷めてから半分に切ってそれをスライスして試食☆ 断面の写真を撮り忘れたんだけれど、先生のみたいにたくさん気泡は入っていなかった、かな。

とーってもしっとりと味わい深く、中も外のグラサージュの部分も美味しくて「うん、これは大人のパンだ」なーんて思った。先生が、「このパンの中に枝豆やチーズを入れるというレシピもあるけれど、パンはパン、そして美味しいチーズに合わせて食べるというのが好きです」ってコメントされていた。食べてみて納得!

これから寒くなって、お豆とベーコンのスープなんかといっしょに食べるのに良さそうだな〜。

ごつごつとした表情と存在感たっぷりのアラビエール。これは、焼き上がりをすぐに食べるのと、リベイクして食べるのとでは味わいが違ってくるパンです。リベイクが美味しいいんですよーって先生がおっしゃっていたので、ふふふっ。。。後日、リベイクして食べるのが楽しみですっ!

焼いているうちに結構ふくらんで、ふたつがほぼくっついちゃったのです。なので、その部分が少し焼き色があまかった。

いやぁ。今回も、こんなに簡単な材料で、こんな味わい深いパンができるんだ〜♡って驚きました!本当に美味しくて、そのまま何もつけなくても美味しいし、バターだけとか、端切れに少しキュウリとツナをはさんで食べてみても美味しかったし♡

青山先生のパンはとても美味しいです。

先生、今回のレッスンもとてもわかり易くて楽しくて、美味しいパンを教えてくださってありがとうございました!

ぼくちんもパンすきだじょ。

只今、雪が降っていて…積もってます。明日出勤できるかなー。チューイにとっての初雪ですっ!

シンプルな感謝祭・ベイクドチキンで。

そうです、Happy Thanksgiving Day☆ でしたん。

予定通り、この3連休は極力何もせず、最低限のお掃除をして、あとはぐうたらとしていた yo! チューイも朝の6時15分(引っ張れば6時半)くらいまでおしっこを我慢できるようになってきたので、私も休みの日の朝は目覚ましを6時にセット。少しずつ、朝も「起きてチューイを外に出してあげなきゃっ」っていうプレッシャーから開放されてきた、かな。ほんのすこ〜しだけど。朝の15分は大きいもんね。

さて。

感謝祭っぽいことはなーんにもしなかったけど、パンプキンパイは焼いたー。

毎年一度はこのパイを焼くので、ブログにもレシピをのせたと思っていたけれど… 検索してもでてこない。あれれー。

今度、きちんとメモしよう。我が家では相方のおばあちゃんのレシピの「パンプキンシフォンパイ」。「シフォン」なので、卵白を別に泡立ててたたみこんでいるのね。なので、普通のパンプキンパイよりも口当たりが軽くて好きです。クラストは最近はずっとMizueさんのパイ・タルト生地。やっぱりバターの生地のクラストは美味しい。

で。紹介するのも恥ずかしいんだけど。今年の我が家のサンクスギビングディナーは「Baked Chicken 」でしたっ☆

去年は七面鳥の胸肉だけを買ってきてローストしたんだけど、今年は胸肉だけっていうのがスーパーでも見当たらず… いいや、鶏肉でって。で、鶏もも肉の骨をとり、スパイスミックスを作ってまぶしてオーブンで焼きましたー。ポテトは相方はじゃがいも、私はさつまいもをロースト。サラダ用のリーフレタスが、なーんと一つ$3.80(350円くらい?)もしていてバカバカしくて買うのも嫌で、代わりにブロッコリー。下茹でしたのを最後にオーブンに入れてベイク。

このスパイスミックスのベイクが意外にもとても美味しくて簡単だったので、メモ!

オーブンベイクの鶏のもも肉

  • オレガノ 大さじ1
  • ブラウンシュガー 小さじ2
  • パプリカ 小さじ2
  • ガーリックパウダー 小さじ2
  • オニオンパウダー 小さじ1
  • 塩 小さじ1
  • コショウ 小さじ半
  • 鶏もも肉 8つ(骨を取り除く)
  1. 鶏肉はペーパータオルでパットドライし、大さじ2のオリーブオイルをまぶす。
  2. スパイスミックスの材料を全て良く混ぜ、鶏肉にまぶす(全体に手でまぶした)
  3. 縁のあるベイキングシートかパンにアルミホイルをしき、その上にラック(クッキーなどを乾かすもの)を置き、鶏肉をきゅっと丸めるようにしてのせる(骨を取り除かなかった場合はそのままポンとのせればいい)
  4. 200℃(375F)で30分 (中の温度が75℃、165F)

ラックの上に鶏肉をのせる必要はないのかもしれないけど、のせると全体的にぱりっと焼き上がる。元レシピ→☆

と。とてもシンプルな夕食でしたっ。でもねー、相方と感謝しました。こうしてこの場所に心地よく住まわせてもらえていること、ありがたいね、って。安心して布団に入って眠りについて、何もしたくないからと言って何もしない選択もできて。

パイに目が釘付けのチューイ。笑。

今日は満月。チューイの最後のおしっこ(ウンチもした)に付き合って庭に出ると、月の光が眩しいほどだった。月が満ちるときに気持ちがぐわーーーっとあふれることが最近増えたような。全く関係ないかもしれないし、大きく関係しているのかもしれない。

この秋は異常気象で雨が全く降っていない。10月に入っても最高気温が20度を超えているので、夏の様。チューイのギブスは濡らしてはいけないので、晴れが続いているのはとてもとてもありがたいのだけれど、ここまで乾燥してしまうと怖くなる。

最後のマルガリータちゃんが咲きました♪ 

さぁ、一週間、元気にいこう。