りんごの季節・りんごの菓子パン

ようやく、裏庭のリンゴも熟れてきた。南に面している方だけだけど、少しずつ。木を少し揺さぶってぽとぽとと落ちてくるのは確実に熟しているので、収穫。

摘果を全くしなかった(いや、いつもはここまで沢山実をつけないから必要ないし)ので、小さいのもたくさんある。小さくても美味しいので集めるよ〜。

ここ5日ほどは兎が出ていない模様☆ なんとか塞げたかな。。。と思っていたら、今度は「ラット(Rat、ドブネズミ?)」が出てきて落ちているリンゴを片っ端から食べている。ラットはもうどうしようもない。でもよくよくみると、たわわに実っているリンゴのいくつかがかじられている。まだ木にくっついた状態で。これは厄介!木に登って食べ始めたってこと。で、3つほど「ネズミ捕り」(ぱちんとバネで弾けるもの)を木の周りにおいておいたところ、全部弾けていた。少しびっくりして寄り付かなくなるといいけどなぁ。落ちているのを食べられるのは仕方ないけど、木にまだ実っているものを食べるのはやめてほしいもん。

週末にもうちょっと集めようかな。収穫したら涼しいところに置いておかないとだめだし、処理するのも追いつかないし。瓶を買ってきてアップルソースにして瓶詰めにしようかな。これも作業する気持ちの準備ができてないと、収穫して家の中に置きっぱなしにして鮮度が落ちちゃうし。

はい、Gusの「ちゅーーーん」とした顔(笑)。

ひとつ切ってみると、こんな感じ♪

この色の変わっている部分は「蜜」って呼ばれるもので、ネットで読んでみると:

完熟が頂点になり、そこを過ぎた栄養分が細胞の外に溢れ出した甘味成分こそが「りんごの蜜」の正体です。言い方を変えると完熟の頂点をすぎたリンゴといえるのです。このように「りんごの蜜」の部分には、自然の甘味成分が多く含まれています。りんごの蜜は、甘ったるい蜜の味ではなく「爽やかな甘み」を感じさせてくれます。そのため、蜜入りであるほど「さわやかな甘さのリンゴ」ということが言えるのです。

なんだって。だから蜜が入りだしたら早めに食べたほうがいいらしい。

でね、急にリンゴがのっている菓子パンが食べたくなって、仕事の休憩を利用して「リンゴの菓子パン」を焼いてみたよ〜。レシピはカリフォルニアばあさんのブログの「すごく美味しい菓子パン生地」

ひし形成形の仕方は「ひし形たまごパン」(←これも美味しそう!)より。

ちょうど仕事を終える頃に焼き上がった。

むはは♡

パンの部分がプレッツェルみたいに見えるけれど、ふわふわ〜♪

リンゴはサイコロ状に切り、適当にブラウンシュガーとハチミツとレモンを加えて煮てやわらかくしておいた。冷蔵庫に中途半端に残っていた「リコタチーズ」にハチミツを少し混ぜ、それをカスタードのように下に敷いてからリンゴをのせた。

生地は8等分なのに、間違えて10等分にしちゃって。やや小さめだけど、おやつには丁度いい。焼き立てにかぶりついてしまったー。

美味しぃ〜♡

相方は「デニッシュ」を思い浮かべていたようで、「甘さとバターっけが足りないなぁ」とぼやいていた。でしょうよ、だって、これはデニッシュじゃないもん。か・し・ぱ・ん・な・のっ!

私はコレが食べたかったのでとっても満足!

明日も朝ごはんに食べるよー!

こうしてたんまり焼いてしまうと、食べすぎて。。。また太りますな。

秋だからオッケーよねっ!しっかり食べて元気に過ごそう!

大きなダリアとアップルシナモンケーキ

しっかりと雨が降った昨夜。一雨降るごとに秋が深まり、気づいたらきっと冬なんだろうなぁ。明日も雨らしい。

雨と雨の中日の今日はいいお天気。朝から自転車で大学の近くのバルクフードのお店まで行って帰って、その後Gusと散歩。流石に足が疲れた〜。この週末は感謝祭の連休。コロナの第二波が数に現れてきているので、「身近な家族だけの、いつもよりも小さな集まりでサンクスギビングデーを祝いましょう」というメッセージも流れていた。我が家は特に何もせず。今夜なんて「カツ丼」(笑)。

雨の晴れ間に家族で散歩をしている人たちがたくさんいた。Gusも丘の上で、そんな楽しそうなファミリーに挨拶に回ったりしてすっかりごきげんさん。こんな風に笑うのをみると、ほんと、犬じゃないみたいって思う。

今年はこの大きなダリアがどういうわけかとっても元気で、こんな時期に沢山咲いてくれている。

でも花の大きさの割には茎が細くて、ぽきっと首を折ってしまっているものがいくつかあってね。可愛そうなので切って家の中に飾ることにした。

でも、茎が短く折れたこんなにも大きな花をどうやって飾ろうか。困った。たまたま家にちいさな「剣山(←この単語がしばらく出てこなくて焦った…)」があったので、それに突き刺して。。。重しにしてみた。

↑↑の花瓶(と呼んでいいものか)は、20数年前(!!)に大学の「ハンドビルド」の陶芸のクラスで作ったもの。帰国するときに相方に「もらってよ!」と押し付けたのでした。そのときは彼と結婚するなんて思ってなかったんだけど、縁あってまたこちらに戻ってきて。こうしてそのときに押し付けた花瓶にダリアを挿している自分。おもしろいね〜。

さて。今日は数日前に作ったケーキのメモ書きも♪

相方の「伊語の集い」のために作った「アップルシナモンケーキ」なんだけど、これがとっても私好みだったので書き留めておきまーす!オリジナルレシピを少し変えて作ったよー。

アップルシナモンケーキ

材料:
(1C=250CC)

  • 小麦粉 210 grams (1 and 1/2 cups)
  • ベーキングパウダー 小さじ2
  • ベーキングソーダ 小さじ半
  • ブラウンシュガー 150 grams (3/4 cup)
  • リンゴ(サイコロの大きさに切る)1 cup (一個分ほど)
  • 卵 2個
  • 植物油 120 ml (1/2 cup) (油60ml + アップルソース60mlで代用)
  • 水切りヨーグルト 120 ml (1/2 cup)

シナモントッピング(下の材料を全部混ぜる)

  • 粉砂糖 50 grams (1/4 cup)
  • シナモン 小さじ1
  • バター 大さじ1(溶かす)

  1. オーブンは180度(350度華氏)、9インチのケーキ型の底にパーチメントペーパーを敷いておく。
  2. 大きなボールに粉ものを全部入れて混ぜ合わせる。リンゴも入れる。
  3. 別のボールに卵、油、ヨーグルトを混ぜる。卵がほぐれたらオッケー。
  4. 2の粉のボールに3を流し入れ軽く混ぜる。混ぜすぎない。
  5. これをケーキ型に入れる。
  6. シナモントッピングを適当にのせる。表面を全部カバーする必要はなし。
  7. 30分〜35分焼く。

オリジナルレシピでは、焼き上がったものの上に更に砂糖のグレーズをかけているけれど、私は省略。一晩ラップを被せてねかせ、翌朝粉砂糖をふりかけたよ。

これがね〜、甘さ控えめでし〜〜っとりで本当に美味しかった!リンゴは庭のリンゴを使い、去年作ったアップルソースの最後のひと瓶も少し混ぜ入れた。素朴なケーキだけれどリンゴの季節にはまた作ってみたいなっていうレシピ。お試しあれ〜♪

おまけ:気持ちよくておおあくびがでた〜。のGus。

中秋の名月とごまおこし

といっても、一日送れなんだけれど。今日は朝から雲ひとつない空だったので、お月さんも今夜はとてもまぶしくきれいに見えた(スマホ写真で全然きれいに見えないけど)。

「ムーンライズ」の時刻から1時間ほどたったころに肉眼で見た満月は、ぽってりとオレンジ色で眩しかった。左肩(?)に見えるとても明るく赤っぽい星。あれは木星かなぁ。明日にはこの木星(だと思う)は月の後ろに隠れてみえなくなるらしい。

久しぶりに夜風にあたりながら満月を見上げた。気持ちいい。

ここ数日、気持ちがとてもぴりぴりしてるなぁと感じていた。週末は土いじりなどをして、自然に癒してもらおう。今日参加した「メンタルヘルス」のワークショップで、たったの5分、自然に触れたり緑の中を歩くことで心の緊張がときほぐれる、っていう話を聞いた。30分や1時間トレールを歩く必要はないんだって。5分。木に抱きついてみてください、って。確かに。木肌に触れるとほっとする。

ネットやインスタなどでも「お月見と月見団子」を見かけた。あぁ、和菓子が食べたいなぁ。

あまり飾らないシンプルなお団子がいいなぁ、なんて思いながら、小豆はあるけど餡こはないし… 和菓子っぽく、今日の相方の伊語のレッスン(雑談会なんだけどね。笑)の皆さんに「ごまおこし」を作った。

シンプルでとても気に入っているレシピです♪ 今回はこの分量の2倍で作ったよー。

ごまおこし

材料

  • 小麦粉 50g
  • 菜種油 or バター(菜種油だとサクサクする) 15g
  • はちみつ 50g
  • 炒りごま 80g
  • 塩少々
  1. 小麦粉と塩少々を混ぜる。
  2. そこに菜種油かバターを切り混ぜる。さくさくと。
  3. はちみつを加えて混ぜる。ひとかたまりになるまで。
  4. 厚さ1cm程に伸ばす。
  5. 190度(375華氏)で15分。

こっちの中華系のスーパーで見かけた炒りごま(黒と白)が家にあったので、適当に混ぜて使ったよ。カナダのひとは菜種油の軽いのよりもバターのほうが好きかな、と思ったので、今回はバターで。香ばしくて私は大好き。

難点は…歯に胡麻が〜。挟まります。。。

みなさん、気持ちのいい週末を!

オーブンで焼くかわいいピロシキ

ちゃんと早くに起きて準備して自転車に乗って出勤!足が疲れたけれど、朝の空気が気持ちよくて目が覚めた。今週からは週一で出勤させてもらえて、私は週の前半の一日に予定が組まれてます。

今日から加わった新しい学生さんスタッフ6人と、顔なじみの数人のスタッフとちょっとおしゃべりもできてるんるん。この「New Normal」の現状でスタートする学年初めは来週の九日で、今日も「うぎゃー」となるような忙しさだったけれど、人に会えたので気持ちは軽かった。

さて! 週末に初トライした「ピロシキ」のレシピを書き留めておくよー。二週間ほど前に「カルツォーネ」を初めて作ったときに、「次はピロシキを作ってみよう!」って思っていた。似てるもんね〜。ピロシキというと「揚げパン」っていうイメージがあったんだけど、偶然見つけた「オーブンベイクで揚げないピロシキ」のレシピがいい感じだったのでピック♪ 何より、形がころりんとしてかわいくって。

オリジナルレシピはココ→☆ 工程の写真がとてもわかりやすいよ!このレシピではキャベツと牛肉のセイボリー系とリンゴの甘い系の二つを紹介してくれてます。が、私が使った具のレシピは→☆の簡単な方。具は自由に好みで味付けを変えてみてもオッケーだと思う。例えばココ→クックパッドの一例の三種類とか。

なので、ココでは気に入った生地のレシピ(半量で)を記録しておくねー。約20個できるよ。

オーブンで焼くピロシキ

材料(1C=250cc)

  • 温めた牛乳 1C
  • ドライイースト 大さじ半
  • 砂糖 1/4 C  =52g(1/8 C, 26gずつに分ける)
  • 中力粉 3C+大さじ1(半カップと2.5 C+大さじ1に分けておく
  • 卵 2個 (うち、大さじ2程を塗り用に別にする)
  • バター 大さじ11/4 (18g、溶かす)
  • 塩 小さじ半
  1. 温めた牛乳にイーストをふりかけて6分ほどふやかす
  2. 小麦粉半カップと砂糖 1/8 C (26g) を加えて混ぜ合わせ、40分室温でねかす
  3. 卵2個(マイナス大さじ2)と残りの砂糖 1/8 C (26g) 、溶かしたバターと塩を加える。残りの小麦粉(2カップ半+大さじ1)を半カップずつ加えて混ぜ合わせていく。
  4. スタンドミキサーがあればロースピードで約15分。または手捏ね。(私はミキサーで10分程捏ねた)
  5. ラップをして暖かい場所で約1時間。3倍の大きさに膨らむまで。
  6. 十分に膨らんだ生地を小麦粉をふるったボードの上で3等分する。

    生地が。。。赤ちゃんのお尻みたいでかわいい。
  7. 約30cmの円に伸ばし、8等分する。ピザカッターを使うと切りやすい。
  8. 約大さじ半の具をのせる(適当でいいけどのせすぎない)
  9. 両端をつまんでくっつけて具の部分をくるんでしまう。包み方は写真を見てねー。

    工程は右から左に。わかるかな?
  10. パーチメントペーパーを敷いたベイキングディッシュの中に1cm弱間隔をあけて並べる

    このくるんだ形が赤ちゃんの「ぐー」みたいで。。。かわゆい♡
  11. 20分程二次発酵。
  12. とっておいた大さじ2程の卵を表面に塗り、180度のオーブンで20分焼く。表面にこんがりと焼き色がつくまで。

できたっ!!!

ラブリー♡

ほらほら、ピロシキっていうと、両端が尖った枕みたいなつまんない形なのが普通だけど、このレシピのくるみ方は本当にかわいいと思う。

カルツォーネを作ったときみたいに「破裂」もしない!

これねー、生地がなかなかふかふかで♡ これなら中に甘いものを詰めても良さそう。今回はひき肉を玉ねぎと人参などで炒めた具を使ったけど、豚肉や鶏肉やチーズとキノコなんかでも美味しいと思う。しっかりと味をつけたほうがいいねー。

カルツォーネよりも美味しい、っていって相方は喜んでいた。確かに、生地にバターと卵と牛乳がはいってるんだから相方好みだわ。

また作ってみよう!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪