春の準備その2とごろごろりんごケーキ

予想していたほどの雨も降らなかった週末。少しずつガーデンベッドを整えた。

「整える」というのは、冬の間にかぶっていた(わざとかぶせていたところもある)枯れ葉をとりのぞき、雑草を抜き、スコップなどで土をかえしてあげる、という作業。去年開拓した(笑)ベッドも、すっかり雑草に覆われていたので整えたよ♪ 幾つか宿根草が植わっている(はず!)だけど、まだ淋しげだ。

去年は草を引っ剥がすのにずいぶん時間がかかり、このエリアには一年草の種をパラパラと撒いただけで終わってしまった。今年は少し宿根草を増やせたらいいな。デザインセンスがないので、またすっごい適当になりそうだけれど、花たちはそれぞれみんなきれいだから大丈夫!(なはず!)

よいしょっ、よいしょっ。と。雑草を抜いて土ならし。この作業をしていると、思わぬところにこぼれ種から発芽している小さな苗を見つけたり、忘れていた宿根草の小さな芽が出ているのを見つけたりして「はっ」とする。そうやって「はっ」と命を感じるのはとても楽しい。

初・庭たんぽぽ。

きたきたきた〜。さぁ、これからじゃんじゃん咲き始めるたんぽぽ!

りんごの木のまわりには、初めてこういう肥料を埋めた。

相方が数年前に買ったもので、すっかり忘れていてガレージの奥で見つけたー。果樹用のスティック肥料で、木から最低60cm離れたところに埋める。りんごの老樹、喜んでくれるかなー。

わしわしわし。。。と。ハーブベッドも整えた☆

レモンバーム、イタリアンパセリ、チャイブ、オレガノ、タイム、チョコレートミントが、それぞれ新芽を出して大きくなろうとしているよー。気温があがってくると、みるみるうちに緑になるのがこのハーブベッド。

すぐそばに、Gus。時々わたしのズボンの左ポケットに鼻をぐいぐい押し付けて、クッキーくれーと文句を言う。すぐ近くにいてくれるのは嬉しいんだけど、今日も「あれっ、スコップがない。。。どこいった??枯れ葉と一緒に捨てた??」とわたわたと探し回ったら、Gusがその上に寝そべっていた(苦笑)。↑の写真でもお尻でクリッパーが隠れてるし。。。

ぐっちゃぐちゃだった冷凍庫の中身を全部出して片付けているときに、庭のりんごをスパイスとハチミツで少し煮詰めたものが出てきた。アップルパイかクランブルにでも使えるだろうと思って冷凍しておいた。それを2カップほど使って「ゴロゴロりんごケーキ」を作ったよー。材料はこんな感じ(プラス、アマレットを大さじ3!)。レシピは以前紹介してたー→ここです☆

粉もの混ぜて、バターと卵、アマレットバニラをクリーム状に混ぜて、二つを合わせて、りんごをさくさくと加えて、180度で40分ほど。りんごに甘みがついているので、砂糖を3分の2の量に減らせた。

簡単だけど、このケーキはとっても美味しい。生地がとてもしっとりとしている。

今日のはあらかじめスパイスを効かせていた煮りんごだったからかな。とっても美味しい。

ほ〜ら。りんごがごろごろっとはいってる♡

生地が「パンプディング」っぽいでしょー。アーモンド粉を半分使っているからか、外側がカリッとしてクランチーでその部分も美味しい。

ほーらほらっ♡

春分の日には、庭のアンカーストーンの上にビルさんの作品を吊るした。春・夏・秋と、ビルさんの作品は庭を流れる風を見せてくれる。

よく体を動かして、花粉症のくしゃみ鼻水にまけず、甘いものも食べて、良い週末だった。さぁ、一週間がんばろう〜♪

久々のキャンパス散歩。

すかーっと晴れわたり、でもまだまだ空気が冷たい朝だった。今日は出勤日で、自転車通勤するかな、とも思ったものの、ラップトップ担いで行かなきゃいけないし寒いし車にした。温度計は1度。

なんか窓が汚いなぁと、洗剤液(?)をしゃーっとフロントガラスに吹き付けて(そういうボタンがあるよね?)ワイパーをオンにしたら。。。窓の表面で凍っちゃって薄い膜ができて余計に汚くなり、前が見えなくなった! 慌てて車を止めてフロントガラスをゴムベラツールできれいにしなきゃならなかったという。そんな月曜の朝。昨日、夏時間に切り替わり時計を一時間戻した。タイムシフトを辞めにするっていう話もでているけれど、なくならないだろうっていう人もたくさんいる。あー、この一時間がきつい。

でも、ひっそりとした朝のキャンパスはきれいだった。朝日を浴びると特別きれいにみえる。

久しぶりに大学の庭園を歩いてみた。そろそろ春の花が咲き始めているかな、と期待したものの、まだ少し早かった。シャクナゲのつぼみはまだ小さく硬く、椿も数種類だけが花を咲かせていた。

あぁ、気持ちいい。

かわいいなー、赤い椿。真っ赤な花びらと黄色いシベ。しっかりとした緑。この色の組み合わせなのに、クリスマスを思わせない赤い椿。大好き。

小鳥たちが巣作りに忙しい春のはじめ。そうそう、かるがもたちもペアを組む時期なんよねー。

だから、雄だけがひとりでポツンとしていたりすると、早く相手をみつけなさい、って声をかけてしまう。雄と雌が一緒にいるところにでくわすと、たいてい「動じない」のは女の子の方で笑える。

春の光のなかの、本の少し開き始めたやわらかい若葉は特別きれい。

ひっそりとしすぎるキャンパスは、やっぱり寂しい。若い学生さんたちがワイワイおしゃべりしながら行き交うようになるといいなぁ。

そうだ。

土曜日に野良仕事を張り切りすぎて、日曜日は昼寝をしなきゃならないほどへたってしまった(笑)。でもどうしてもみたらし団子が食べたくて、お豆腐のみたらし団子を作った。久しぶり!

白玉粉はなくても、こちらで手に入る糯米粉(?↓↓)で大丈夫。

レシピは、ハチミツでタレを作るもので、これ→☆

片栗粉がなくて、コーンスターチも少し足りなくて、とろみにかけてしまったけど。

美味しかったー。また作ろう。

お肉じゃないミートボールとチーズホワイトソースのパスタ

すこ〜しずつ日が長くなり、同時に日が高く昇るようになってきて、裏庭にもまともにお日さまが当たる部分が大きくなってきた。うれしいな。

Gusが日光浴に出たがるようになると、春が来たしるし(笑)。

さて。

同僚グレッグがね、数週間前だったか「プラントベースの食材」が驚くほど美味しい!と騒いでいた。

リモートワークになってから私たちのグループは「マイクロソフトのTeams」っていうコラボレーションプラットフォームに移行して、そのツールを使ってコミュニケーションをしたりファイルシェアリングをするようになったのね。これがホント、便利です。数名が同時に一緒に一つのドキュメントを訂正することもできるし、気軽にチャット(テキスト、音声、ビデオ)もできるし。ある意味、このツール・プラットフォームを使うようになって、コロナ以前よりも不思議なコネクション・絆(?)みたいなものができたような気がする(私は)。

話がそれた。そうそう、リモートになってからもこういうツールがあるおかげで、おなじみグレッグや他の同僚たちと毎日チャットおしゃべりする。気軽にチームの中に小さなチーム(チャンネルという)を作って、その中でアイデアを交換したりする。

そこでです。このプラントベースのお肉の話がでてきたのは。グレッグの場合、テキストメッセージからも興奮ぶりがわかる(笑)。「お肉じゃないミートボール」がとにかくEXCELLENT!!!(←大文字)だったらしい。この話でかなり盛り上がったので(盛り上がっていたのは彼一人だったけど)、私も試しに買ってみた。

こういうの。Unmeatableという。きっとUnbeatable(負けることはない)にかけてあるんだろう。

イタリアンスタイルミートボール、とな。

材料をみるとえんどう豆の粉や乾燥ビーツ、玉ねぎ、にんにく、米粉がベースで、ココナッツオイルやスパイス調味料などが加わっている。

↑↑のパッケージの写真をみると、ゴルフボールくらいの大きさのミートボールかなーって思うよね??

違った。

ころんころんと。大きな飴玉くらい。えーーーっ、だまされたーっ!って思った。

オーブン、レンジ、フライパンのどれでも調理できるらしいんだけど、私はフライパンにオリーブオイルを入れてにんにくを少し炒め、その中でゆっくりと炒めた。

今日のワンプレート晩ごはん。

可愛い大きさ。一口サイズ。

結構ねぇ、味がしっかりとついていて、まぁ、言われなかったら「お豆ベース」とはわからないと思う。食感はミートボールというかソーセージっぽいかな。相方に「どう思う?」って聞いたら、悪くない、と言っていた。ベジバーガーなんかには絶対に手を付けない彼が「悪くない」っていうのだから、お肉っぽさもあるんだろう。私にはすこし味が濃すぎるかな(薄味好みなので)。でもまぁ、ちょっと前までのベジ製品よりもずっと美味しくなったと思う。それに!ちょっと前までのベジソーセージなどは。。。食べて少しすると「お◯ら」がぷーぷーとまらなくて飛んでいきそうになって困ったけれど、これはまったく大丈夫!

で、今日のこのパスタはですねー「チーズホワイトソースベイクドパスタ」。レシピというほどのものでもないんだけど、家ではよく作るのでメモ書き。

パスタを300〜400g茹でる。いつもは中途半端に残ったパスタを冷凍しておいて、これを作るときに混ぜちゃう。湯がいたのならお茶碗大盛り2杯半くらいかな。チーズホワイトソースは:小麦粉大さじ3、バター大さじ3、牛乳2カップ(少しチキンストックやホワイトワインを混ぜるときもあるけど、メインは牛乳)、モッツァレラ1カップ(シュレッドしたの)。

ホワイトソースをパスタに絡め、上にパン粉とパルメジャーノをふりかけて180度のオーブンで20分〜25分ほど。

こちらで言う「マカロニ&チーズ」のようなものです。私のはかなり適当で、残り物のパスタや牛乳やチーズを消費するときにこれを作る。んだけど、こういうお子さまウケするようなのは、相方が大好きでねぇ。それでよく食卓にあがってくるというわけです。

今日の空はドラマチックだった。

朝はまだ霜が降りるくらい冷えているけれど、少しずつ景色が春に染まっていってる。

*おまけの羊さんビデオ。

羊、好きです。森の中で見つかってこのサンクチュアリにつれてこられたバラックくん。何年も何年も毛を刈ってもらわず、文字通り「野放し状態」で過ごしていたらしい。すごく重たそうでかわいそうな姿なんだけれど。。。それもみょうに愛らしくて。あ〜、たまりません♡ 刈ってもらって軽くなってセーター着せてもらえて、きっとうれしいよね〜。

春がここにも海辺にも。きらきら

金曜日には散髪に行き、結構バッサリと落としてもらった。いつもお願いするのは同じ「ぎりぎり結べるところまで切ってねー。適当にレイヤーいれて。」。それだけ(笑)。凝ったことは何もなし。ときどき、思いっきりショートにしてみたい衝動にもかられるんだけど、しょっちゅう美容院に通える状況じゃないしねぇ。

髪を切ると気持ちも軽くなる。

ビクトリアにもようやく春がやってきた。

海は穏やかできらきらと光っていた。

今日は珍しくカメラをたすき掛けにして散歩した。最近ではカメラを持って歩いているひとを見かけない。高性能のスマホカメラで済ませちゃうひとが増えた。私もその一人。でもたまにはこうしてカメラもいいな、と、海を眺めていると、少し離れたところに大きな一眼カメラを構えたお兄さんがいて、Gusが挨拶をしていた。

「カメラだ。一緒だ。」と嬉しくなった。

海岸に座っているひとや、向こうからやってくるひとに、てけてけと歩み寄って挨拶をするGus。「Hi Buddy!」「Hello—- sweetie.」と声をかけてもらい頭をくしゃくしゃとなでてもらい、すっかりご機嫌だ。

Gusも私と相方以外の人たちに会えると嬉しそうだ。

裸足になってざぶざぶと遊ぶこどもたちも可愛い。

こんな風に外を散歩しているときには、ほとんど誰もマスクをしていない。十分な距離もあけられるし、私もいつもポケットにマスクを入れているけれど、散歩のときは外している。でもダウンタウンを歩いたときには私もつけていたし、ほとんどの人たちがマスクをしていた。日本はどうだかわからないけれど、こちらには「アンチマスカー(マスクをつけるのを拒否し、マスクをしていないという理由でお店でサービスを受けられないとブチ切れるひとたち)」がいる。コロナは出任せで、マスク着用を矯正するのは個人の自由と権利を害する行為だって。個人の自由も大切ですが、誰もまったく一人では暮らしていけないのにね。

春を感じ、もこもこダウンじゃなくて薄いジャケット一枚でも十分な日。

泳いでいるひともいた。↓↓↓

いや、犬じゃなくて、男が泳いでいた。

上の写真を拡大すると。。。↓↓

笑えたのがね、このひとがじゃぼんと潜って見えなくなったとき、上の写真の中の茶色のワンコがギャンギャン吠えて水に飛び込んでいったー(笑)。緊急事態を察したのかなー。偉いねぇ。

犬の飼い主さんも笑いながら、「It’s in his blood… He can’t help it.」と言っていた。

春だなぁ。

あっという間にイースターホリデーになって、チューリップが咲き始めるなぁ。畑エリアに葉っぱ野菜を植えようかな。

Gusのお腹の調子が少し落ち着いてきたよ♪ 相方がオーダーしたフリーズドライのローフードがとっても美味しいらしい。また今度紹介するねー。

相方がチョコケーキを食べたいとうるさいので、チョコレートローフというのを焼いた。買おうかなって思ってお店で見てみると$7〜$8の札がついていた。「そんなにするんやったら自分で作るわ」と。レシピはこれ→☆(英語)

横に半分に切って間にラズベリーかピーチのジャムなどを挟んでも美味しいとおもう。

朝からフル回転で活動して、良い土曜日になりました。週末、好きだなぁ(みんな同じよね)。