【生きる】by 谷川俊太郎さん

谷川俊太郎さんの詩は昔から好きだ。

たくさんの詩人を知っているわけではないので、谷川俊太郎さんの作品が多くの詩の中で一番好きなんだ!とは言えないのだけれど、彼の詩を読むと不思議と「なつかしい」気持ちになる。そういう感覚で「好き」なのです。子どもでもわかる言葉で書かれている。日本人で良かった、日本語で読むことができてしあわせだなぁとも思う。
何歳の自分が読んでも「すきだなぁ」と感じる、変わらないものがそこにある。

今日、偶然、ネットで何かを検索していて目についた記事が、谷川俊太郎さんの対談記事だった。「生きる」という作品が絵本になったことについて話されているもの。→記事 @ KOKOCARA

「生きる」は谷川さんの作品の中でもとてもポピュラーなものらしい。でも、私は今日始めて読んだ。

私事になるのだけれど、私の名前の一字は父からもらったもので、それが「生」。それもあって、最近特に、「生」という字に親しみを感じるし、見るとぴぴっと反応する。

対談記事で使われていた写真の中の谷川さんは、すごく生き生きされている。肌もつっやつや、目もきっらきら。

追加:朝日デジタルでも谷川俊太郎の特集があるよ。「いきる」「はなす」「あいする」「きく」「つながる」というキーワードに対する谷川さんのお話。→朝日デジタルの記事

谷川俊太郎さんにお会いしたいなぁ。

生きる

谷川俊太郎 詩

生きているということ
いま生きているということ
それはのどがかわくということ
木漏れ日がまぶしいということ
ふっと或るメロディを思い出すということ
くしゃみすること
あなたと手をつなぐこと

生きているということ
いま生きているということ
それはミニスカート
それはプラネタリウム
それはヨハン・シュトラウス
それはピカソ
それはアルプス
すべての美しいものに出会うということ
そして
かくされた悪を注意深くこばむこと

生きているということ
いま生きているということ
泣けるということ
笑えるということ
怒れるということ
自由ということ

生きているということ
いま生きているということ
いま遠くで犬が吠えるということ
いま地球が廻っているということ
いまどこかで産声があがるということ
いまどこかで兵士が傷つくということ
いまぶらんこがゆれているということ
いまいまがすぎてゆくこと

生きているということ
いま生きているということ
鳥ははばたくということ
海はとどろくということ
かたつむりははうということ
人は愛するということ
あなたの手のぬくみ
いのちということ

外反母趾にKeenのユニーク

外反母趾が顕著になってきた。

これは父親ゆずり。20代、30代の頃から、親指が少し内側(人差し指側)に傾いていて、みんなの足もそんなふうだと思っていた。ある日、相方の足を見てびっくり。足の親指からかかとまでがまっすぐ!それが普通の健康な足なんよねぇ。

数ヶ月前から、特に右側の足の親指の付け根がしくしく痛みだした。常に違和感・痛みを感じているわけではないけれど、かなり頻度が増えてきた。時々差し込むようなキーンとした嫌な痛みもある。よく見ると傾きの角度も、右側の方が大きくなった気がする。うえぇ~ん。

来週、足のお医者さんに診察してもらうことにした。これ以上ひどくならないようにアドバイスなりサポート器具なり出してもらおうと思う。

歳を重ねていくと、体のあちこちにズレが出てくる。そりゃまぁ、仕方がないよね。半世紀も休まずに動き続けてくれている臓器、重さを支えながら自由に動く関節、紫外線や異物から守り続けてくれている皮膚。色々と支障がでてきて当たり前だ。

私の足の幅は広い。加えて、外反母趾。

もともと、幅の細い靴は持っていないし、ビジネスウーマンが履くようなおしゃれな靴やヒールもない。
普段はスニーカーかウォーキングシューズ。犬の散歩でガッツリ歩くときにはKeenの靴。Keenの靴は幅広でとても履きやすくって。

それでね、誕生日に自分でKeen のユニークシリーズのサンダルを買った。色は迷ったけれど、結局黒。

ユニークには数年前から目をつけていた。去年、妹たちが色違いでユニークを買って「すごく楽ちんで、濡れても大丈夫だしいいよ!」って言ってたので、私も買うことにしたのでしたー。

実際に履いてみてすごく楽!幅も広いから締め付けられない。軽い。すぽすぽ踵が抜けることがない。歩きやすい。

今シーズンの新色で「ミモザ」が出たでーって妹が言ってたっけ。「Raw Umber」っていう色もかわいい。これは日本だけかなぁ。

あ。それから。足の関節への負担を増やさないために。。。決めた。

3kg落とす!

1ヶ月に1kgを目標に。それを維持する(コレが難しい)。カナダは日本のように「食欲を失う夏」がないので、年がら年中体重が右上がりになりかねない。「気をつけないと痩せてしまうのよー」っていう体質のひとが羨ましい。私なんて、ちょっと気を抜いたり、ちょっとストレスが貯まると膨張していく。

とにかく。はい。ここで宣言しておいたら、ちょっとは真面目にダイエットできるかもしれない。

ダイエット方法は:間食を減らす。お腹が空いていないなら食べない

ゆっくりと頑張ろう☆

Iris x 2

今日、仕事から帰ると、私宛に2枚のカードが届いていた。

どちらも日本から。どちらも、Gusを通して(ブログがあったから)出会えたお友だちから。RさんとMちゃん。

どちらも、Iris

びっくり☆

神経衰弱じゃないけど(笑)、当たりっ!って嬉しくなった。

Rさんは「Irisはわたしの花」って書かれていて、「あぁ、彼女の雰囲気にぴったりの花だなぁ」と納得。Mちゃんからのカード(右)を見て始めて、私の誕生花が花菖蒲だということを知った。

嬉しいな♪ 絵葉書やお手紙が郵便受けにはいっていることなんて、最近では滅多にないこと。海を渡ってやってきたんだなぁ、どんなことを思い浮かべながらこの一枚を選んでくださったのかなぁ、なんて思いながら、繰り返し読む。

Irisは、相方の好きな花のひとつでもあって、5年ほど前に「種をこすって植えて発芽させた」苗が、去年辺りからようやく花を咲かせるようになった。

iPonの「ポートレート」モードで撮ってみた。

このIrisは、とーってもスリムで華奢なのです。しゅーっと。咲いている期間も短くて、儚さが漂う。

doodle をひとつ。

五月晴れ。

五月八日は

アイリスの日。

なーんて。ねっ。笑