気になるキノコ

昨日から冬時間。11月に入ると、そろそろ秋を手放して…と、気持ちは冬を迎える準備にはいる。

でも、足元にはまだ秋がいっぱい。

今週末まで雨は降らないみたい。週末もせっせと落ち葉を集めた。裏庭の周りの木々を見上げると、まだ半分以上も葉っぱを残している。落ち葉集めはまだまだ続くよー。

ここ最近、散歩道や庭のあちこちでキノコを見かける。ぽこぽこと飛び出すように顔を見せるキノコはかわいい。

食べれないけどっ。

この質感。この色合い。たまらない。

それからね。

きのこの傘の裏側のひだ。この秋、とても気になるところ(?)で、じーーーっと見つめてしまう。きれいだなぁって。

このキノコの傘の裏の「ひだ」と、カメレオンの歩き方、が最近私が妙に気になっているものです(笑)カメレオンの話はまた今度。

で。

この「ひだ」のデザインについて、オックスフォード大学の教授が語っているのを読んだ。エンジニア的な視点から言うと、キノコが胞子をもっとも効率的に散布できるデザインというと、「渦巻き」か「ブラインドのような平行に並ぶひだ」なんだって。普通のキノコのひだの約20倍は効率よく胞子を飛ばすことができるはずだって。でも、自然のデザインはそうではない。何故なのか。学者さんたちは、キノコが、(言ってみれば)不効率なこのデザインを選んだのにはそれなりの理由があるんじゃないかって。中心から外側にひだを伸ばして並べることで、風通りを良くして温度調湿がなされているのかもしれないって。ふぅ〜ん。

あぁ。とてもきれいなデザイン。

わたしの散歩道で見かけるキノコの種類には限りがあるけれど、車で少し行った森を歩くと、美味しいキノコがとれるらしい。週末のファーマーズマーケットにも、美味しそうな採りたてキノコが並んでいた(でも高いんだー)。

でね、以前にも「庭でたくさん採れたから」って「松茸」をわけてくれた職場のRさんから、「今年は豊作だよー。欲しかったらオフィスにおいで!」って連絡があった。いただきましたっ♪

カナダ産松茸は、日本のもののように香りが「高く」ないけれど、肉厚で大味で、これはこれで美味しい。バターで炒めてレモンじょうゆでいただきましたー!旬のもの、山の幸を、こうして味わえるのって幸せ。

食べれないこの子たちも、愛でることができて幸せ。

雨がどさーーーっと降り続く冬がやってくる前に、あと少し、秋の透き通った光を楽しませてー。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

野良仕事日よりの週末

いやぁ。良いお天気だった。朝はしっかりと霜がおりていて、空気はまだぴりりと冷たかったけれど、午後、お日さまの下にいるとぽかぽかと気持ちよくって。野良仕事日よりの週末でしたっ。

でも、週末というと「Must do」リストがありまして。買い物やら洗濯、掃除、散歩をしていると午前中はつぶれる。それでも頑張ったなぁ〜、私。朝イチで自転車でダウンタウンまで走って買い物したし。家に戻って荷物をおろして、洗濯物を乾燥機にいれたあとに、次は反対の方向に自転車で走って相方が食べたいというパンをピック。もう、足がぱんっぱん!

それでも、午後の数時間、庭で刈り込み+雑草抜き。

畑ボックスも軽く雑草を抜いて土をほぐして。。。

「あぁ、ちょっときれいになったな♪」と、一息つき、

腰を伸ばして振り向くと。。。

。。。ぬぁんというイヌっ!

私がせっせと雑草を抜いてふかふかになった土の上でっ。

なんすか?

こんな顔してっ!

笑っちゃうんだけどね。ちょーっと手伝いしてくれたらいいのにっ、っていつも思う。あちこち移動しながら作業していると、ものをよくなくすのです。この日もスコップが見当たらなくなってしまい、「Gus!! ちょっとスコップ探してぇ〜!」と言ってみたものの。↑↑のような顔して私の顔を見るだけ。使えないイヌ。

少し気温が上がり木々の新芽が広がり始めた。薄緑のろうそくのようにまぶしい。

大好きな初春。

長いリストの項目を一つずつ消していったものの、もっともっともっとしたいことがあって、終わらず。今日から夏時間に切り替わり、一時間時計を進めなきゃいけなかった。この一時間のロスは大きいっ!いい加減、この夏時間・冬時間制度をやめにしてほしい〜。

たかが一時間なのだけど、時間をずらしたせいでリズムを狂わせてしまう人は少なくない。翌日月曜は事故も増える。私も今日は妙にそわそわイライラして叫びたくなった(苦笑)。Gusの毛抜きをしてお風呂に入れる、というのもリストにあったんだけど。。。できなかった〜。モサモサで汚いわんこ。ま、いっか。

母がひじきを送ってくれたので、ひじき入りのオーブン焼きコロッケを作ってみた。

揚げたコロッケのほうがやっぱりコロッケらしいけれど、コレはコレで軽くていいや。相方にはひじきのことは内緒で(笑)。日本のキッズが大好きなポテトボールだよ、と言ったら「ほほぅ。僕はキッズの好きなものは大好きだもんねー」と言って喜んで食べていた。とんかつソースつけて(苦笑)。たくさん余ったので明日もコロッケ。

そろそろ花粉症が始まるのかな〜。対策としてネトル茶を飲み始めました〜。

良い一週間を☆

子連れでペネロピがやってきた

土曜の朝。Gusと散歩から戻ってくると前庭を走り去っていく生きものあり。

???

Gusは「フガフガ」と猟犬モード。

???

裏庭に回ってみようと、扉の方に行くと。。。

はぁっ???

ペネロピだっ!!

二年前にここでも話したピーヘン(雌のクジャク、雄はピーコック)のペネロピのこと、覚えていますか?
ペネロピのお話→ココです

我が家から数分のところにあるご近所さんの庭に住み着いたペネロピ。温めていた卵をタヌキかカラスかフクロウに横取りされてしまい、寂しそうにいつもひとりでいたペネロピ。つい一ヶ月ほど前に、小さなクジャクを連れて遠くを走り去っていくのを見た。いつも見かけるのは決まったエリアだったので、うちの庭まで遠征してくるなんてびっくり!

高いフェンスにひょいと飛び乗って、裏庭にやって来たよ〜♪

ガウガウGusを家の中に放り込み、カメラを持ってそおぉっと外に出てみた。

しゃがんでみると、私のすぐ前をとことこと横切る二羽。人には慣れているのかも。

良かったね〜、ペネロピ!子供ができたんだね〜。首のあたりの色が濃いから男の子かなぁ。

きれいなきれいなペネロピ。坊やは好奇心旺盛で、あちこち走り回りたそうだったけれど、ペネロピがさささっと前に回り「離れちゃダメよ」のサインを出している様子でした。

気品を感じさせるお母さん。もうひとりじゃないね。良かったね!

クジャクのヒナって、どれくらいの間お母さんと一緒に暮らすんだろう。以前の話を知っているからか、私の目に映るペネロピはとても幸せそうで、なるべく長い間坊やと一緒に暮らせるといいなぁ、と願ってしまう。

遊びに来てくれてありがとう〜。

*おまけのGus

秋の葉のせたら。タヌキみたいでさ、「どろんぱっ」ってそのまま本当にタヌキになってしまいそうなGusでした。

6月半ばの庭より:紅白ラディッシュみっけ

6月も半分過ぎて、ようやく(というか突然)温かくなりまして。週末は畑ボックスにインゲン豆とズッキーニを植えたよ♪

囲いネットの向こうで笑ってるGus。見える? 膨らんできた枝豆と間引きニンジンを狙って「いっぽんくださいな」の笑顔。今年は畑ボックスの中に勝手に生えてきた花を抜かずにところどころそのまま残している。手前のカモミールもその一つ。風で飛んでこぼれたものたち。今までは、畑は野菜だけよっ!ってハッキリ区別していたんだけど、少しくらい混じっていてもいいかなと思って。ビオラやヤグルマギク、コスモスやサルビアもちょこちょこ混じっている。

植えたのをすっかり忘れていたラディッシュ。

紅白だった〜!

Cute♡

女の子の方が大きいな、なーんてふと思う。

そうだ。春先に、雑草を抜いて「ここに花を咲かせるのだ〜」とパラパラとたくさん種を蒔いたところ(↓)。計画性ゼロで。。。「あれ?まだ出てこない… 出てこないならもう一回撒きますかね…」って、同じスポットに種を重ねて撒いたせいでこの状態(↓↓)

ぐっちゃぐちゃ… こんなはずじゃなかったんだけど。ま、それぞれ適当に育っているので、花が咲くまでこのままにしておこう。

でね、このぐちゃぐちゃの中で一番に花をつけたのがこの子。

名前がわからなーーーい!

記録メモによると、ココには「カレンデュラ」を植えたと書いてある。ちがーーーーう!コレ、カレンデュラじゃなーい!

なんて花なんだろ。どなたかご存じですか? 透き通るような清々しいコバルトブルーがきれいです。

夜、私一人で庭のシラントロ(←相方は大嫌い)とラディッシュと間引きニンジンのサラダ。もっともっとわさわさとシラントロを育てるはずだったんだけど、暖かくなって花が咲き始めちゃって。来年はもう少し早い時期に植えよう。オリーブオイル+レモン+塩こしょうのみ。美味しいよー。

*おまけのGusビデオ:

View this post on Instagram

his way of swimming.

A post shared by paprica (@paprica) on

浅瀬でゆ〜らゆ〜ら。半分口を開けて笑いながら涼んでる。こんなGusを見ていると、Gusになりたいなぁと思う。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪