ルバーブで「練り梅」やってみた。

ちょっと前にルバーブで「練り梅」が作れるよって教わった(教えてくれたのKumasakiさん、だったよね?)。手軽に手に入らないものは作るしかない、海外在住組の知恵なのかなー。ルバーブを梅干しにつなげてしまう、その想像力が素晴らしいと思う。

うちのルバーブさんも、すごい勢いで茂っていて処理できない。いつものジャムやクランブルやシロップ以外のルバーブ活用法を探していた。

この間ルバーブをもらってもらったSちゃんに、「ルバーブで梅干しもどきのものが作れるらしいよ」って話すと、早速その日に試してみてくれて「できたよ!本当に梅っぽいよ!」ってメッセージがはいった♪ 行動が早い!

うちのは太いので。これくらいで約100g。

ルバーブ100gに対して、大体小さじ1の塩

1cmほどの幅に切ったルバーブに塩をまぶして15分ほど置く。すると少し水が出てくる。これを火にかけて柔らかくする。冷ます。以上。

簡単すぎる。

ルバーブはあっという間に柔らかくなるので、10分ほど中火にかけ、あとは蓋をしておいた。

粗熱がとれたところで潰して冷やして。。。

ほ〜れ。練り梅ですぞ。

もうちょっと真面目につぶして練った方がいいかな。

さて。

気になるお味は。。。

。。。

。。。

しょっぺーーーーーーーーっっっ!!!

酸っぱい、もあるけど、… 塩からすぎないか、これ。

なんかさ、平手打ちを食らったようでしたよ。

試しに目を閉じて「梅干しを食べております」…な気持ちで試食してみたけれど。

うーん。。。

わたし、ホンモノの梅干し自体、めっちゃ好きとか「梅干しがないと死ぬ〜」ってタイプの日本人じゃないし、だからこの画期的なルバーブ練り梅に感動しないのかな。とも思った。

で、冷蔵庫に残っていたいくつかの「ホンモノの梅干し」を少し口に入れてみた。

ちがう。ホンモノは酸っぱいししょっぱいけど、それ以外に「まろやかさ」というか味の深みというか、口に入れて「愉しい」。一方、ルバーブ練り梅は、味が直線的というかとにかく「うーーーーん。。。」だった。

まぁ、ルバーブと塩、なんだから、そんな劇的な美味しさは期待できないのはわかるけれど。これを「梅干し」って言ってしまったら梅干しに申し訳ないような気持ちになってしまった。

ほら、「アボガドとコールドスモークのサーモン」をスライスしてわさび醤油で一緒に食べたら「トロ」の味、っていうよね?貧乏学生の頃に「目をつぶって食べたら、トロやで、これは!」って感動したのを覚えている。あれはかなり「トロ」に近いと思う。 それと同じ勢いで「ルバーブ練り梅」に期待していたワタシ(苦笑)

私の塩の分量かなぁ。塩の代わりに塩麹を使ったりしたらまろやかになるかなぁ。紫蘇をいれてみるとか(紫蘇、ないけど)。

でもでも、ルバーブ練り梅を紹介している人たちは、これをアレンジして「梅ドレッシング」なんかも作られていて、それは美味しいかも〜、と思った。やってみよう。

少し庭の花を切り花にして楽しめる季節になりました。

ほんでもまだまだ朝晩寒いよー。

幸せのつぼみ。

こんなにも心が踊ったのはとっても久しぶり☆

マイヤーレモンのマイちゃん。

ひとり寂しくガレージで冬を越しています。

週に一度〜10日に一度、程度の割合で土の湿り具合をみてから水を上げる。

「マイちゃ〜ん、そろそろお水かな〜」なんて言いながら(笑)

昨日、先週収穫した「みみずのうんち」を一握り足元に混ぜてあげて、少し水をあげ、変な虫がついていないかチェック。

そしたらっ。

こっ。こっ。これはーーーーーっっっ!!!

もしかしてつぼみ?!

♡♡♡♡♡

まだすごく小さいけれど、つぼみみたいっ!

わぁ〜〜ん、マイちゃんっ!

私がこのマイヤーレモンの苗を買ったのは2019年の秋。2年半前だ。20cmほどの小さな苗で、最初の冬、外に放っておいたら全部葉っぱを落としてしまい。。。死んじゃったと思ったのです。そしたら翌年の7月、新しい芽を出して→記事☆(Gusのビデオ有り。まだ見るのが辛いです)。2020年の冬は屋内の窓辺に置いてみた。そしたら葉っぱが少し増えたものの、しばらくしてからネバネバしたものがたくさんついて、半分ほど葉を落としてしまった。葉っぱを拭いたりしながら苦戦し、2021年の3月、ちょうど一年前はこんなふうだった→記事☆ ゆっくりと成長してくれてはいたけれど、つぼみを付ける気配はゼロでした。

カナダの西海岸でもレモンを育てられるけれど、冬の間は屋外ではそれなりのケア(カバーをしてあげたり、クリスマスライトで温めたり)をするか、ヒーターのついていない温室に入れてあげなきゃいけない、って読んだ。外ではだめだけど、涼しい環境で冬を越す。のが良いらしい。で、光の量はきっと足りていないのだろうけれど、ガレージにスツールを置き、その上にのせてあげたのでした。

ひんやりとしたガレージだからか、ネバネバもつかず。葉っぱは数枚落としただけ。また新芽を出している♪

小さなつぼみに「幸せ」を感じた。ちゃんと咲いてくれるかな〜。

笑顔の一週間になりますように。

正式に春。種まき準備!

雨がぱらつき、青空がのぞき、風がごうごううなり、日が差し込んだ、そんな金曜日。明日は春分の日。

春分の日にはちらし寿司を食べるんだったっけ?

サマータイムに切り替わった先週は、ずっと眠気がとれず花粉症ですっきりせず、しかもちょっと忙しかった。今日はお休みをもらった。こうして一日余分に休みをもらうと、あちこちに細かくたまっている「するべきこと」に手を付けることもできるし、ぴーんとはっている気持ちを少し緩めてあげることもできる。フレキシブルに休みをとらせてもらえてありがたい。

雨が上がった午前中、庭の準備の次のステップ「畑を整える」作業をした。

冬の間に大きくなり花まで咲かせた小松菜もひっこぬいた。日本の菜の花畑を思いださせてくれるので、もう少し置いておきたい気もちもあったんだけど、すっきりとぬいた。緑肥のために植えておいたソラマメも、20cmほどに伸びていたので抜いて、手で適当にちぎって混ぜ込んだ。そんなやり方で良いのかとも思ったんだけど、ま、いいや。

先週末に有機肥料(自分で混ぜ合わせたもの)をこのエリアにはふりかけておいたので、今日は雑草を全部抜いて土をほぐしたのみ。すっきりだ。

今年は「ソーカーホース」を使ってじんわりと水やりをすることにするよー。数日前まで霜が降りる朝があったけれど、もうそろそろ種まきをしても大丈夫かな。。。 と、ラディッシュとレタスを少しだけ植えてみた。育苗保育園のほうでも苗を育てようかな。もう少しきちんと計画して種まきをしたかったんだけど、妙に体が重く眠たくて。無理をしてイヤイヤな気分で種を撒いたら、種も嬉しくないだろうと思い、今日は少しだけにした。

あちこちに飛んだ種から発芽したカモマイルたちを端っこに並べて。

こういう作業は楽しい。去年は頑張ってカモマイルを乾燥させて、今、それをネトルの葉っぱと混ぜて夜のお茶にして飲んでいる。ふわ〜んとあのカモマイルの淡いりんごのような香りがして、初夏の小さな花たちが目に浮かび、また今年も頑張って花を摘みたいなーと思う。そうそう、ハーブを乾燥させるための「ネット」を買ってしまった(笑)。コレ↓↓ 2年くらい前から欲しいなーっておもっていたんよね。活用するかな。

それから、この間うちにやってきた「長十郎」くんの三本の枝を外側に広げた。

見えるかなー。重しをつけて。こうして外側に広げて育てなさいって、売ってくれたBobさんに教わった。この三本の枝と真ん中の枝以外はカット!なんだそうです。向こうに見えているフェンスのすぐ向こう側に、お隣さんの洋梨の木が植わってるよー。受粉してね♪

残念ながら週末は雨の予報が出ている。雨の合間を縫って、種まきの続きができたらいいな。

草をかりかりと引っ剥がして土を食べる。。。Gus。春になるといつもそういうことをする。そしてまたお腹をこわす。。。それで顔周りがきたない。。。 汚いけれど、かわいい。

インスタにGusとの散歩スナップビデオを三つアップしてみたよ♪ 動いているGus、また見てやってください。→このインスタポスト

強風の中、Gusと丘の上まで散歩をした。途中、道の向こう側を歩いていた初老の男性に声をかけられた。「アジア人に対する差別や攻撃が起こっているけれど、君はどう思う?」って、突然(笑)。私はビクトリアでは「アジア人だからという理由で嫌な仕打ちを受けた」という経験はない。自分が日本人だということも忘れている。なので、おじさんに唐突に質問されて「はっ。私もアジア人なんだった。」と気付かされたほど。

私はそういう差別をうけたこともないけれど、バンクーバーのような大きな街に住んでいたら交通機関を利用したりするときに少しナーバスになるかもしれない。と答えた。おじさんは日本人がオーナーの家を借りていて、奥さんはベトナム人なんだって。だから他人事でもなく憤りを感じてるんだって。「君がビクトリアで安心して暮らしているって聞いて、うれしいよ!」って言ってくれた。

ほんと、安心して暮らさせてもらってありがたいです。

若葉がきらきらとまぶしい季節。

お刺身がのっているちらし寿司が食べたいなぁ。はぁ〜。