貴重な体験:お医者さんは優しかった

日本滞在中、数日はぽかぽかと暖かかったけれど、ぶるぶると振るえる日のほうが多かった。気温はビクトリアと同じでも、日本の寒さは骨にしみた!

庭の椿
庭の椿

北米の家って大抵「セントラルヒーティング」のシステムがあって、一定の温度に設定するとどの部屋にいってもその温度。ところが日本の家って普通、ヒーターやクーラーを部屋ごとに置く「エリアヒーティング」でしょー? だから朝起きて部屋があたたまるのに時間がかかったり、夜中に起きてトイレに行くのがめちゃくちゃ寒かったり、お風呂場は湯けむりであたたかくても、脱衣場が寒かったり。このことは相方に説明しておいたし、彼も頭では理解していたものの、実際に経験すると体に「こたえた」みたい。相方はCOPDっていう肺疾患を持っていて、普通の人の半分ほどしか肺が機能しないのです。それもあり、寒い→暖かい→寒いの繰り返しをするとすぐに風邪をひいて器官系がやられてしまう。電車もそう。電車の中はがんがんに暖房がきいているのに、外に出るとびゅうびゅうと寒い。この温度差に体が対応できない。案の定、ひきました。で、私も昔喘息持ちだったからわかるんだけど、器官に来ると胸が重たくなって呼吸がしんどくなる。そういうちょっと怖い状態になって、これはやばい!と。こういうときのために薬を持ってきていたんだけど、それも全然効かなくて… で、滋賀県に二人だけで温泉旅行に行く予定だったんだけどキャンセルして(涙)、代わりにお医者さんに行ったのでしたー。

それも、市民病院の救急に。相方、日本の救急病院を経験するの巻。

もちろん、日本の保険証なんてあるわけないし、「あぁ。。。ものすごい大金を払わされるんだろうな」と覚悟をして行きました。行く前に母が病院に電話をかけて、症状や状況を説明して「じゃ、救急で診てもらったほうがいいですねっ!今から行きますからっ」って相方の名前まで残しておいた。で、一般診察ではなくて、救急エリアで待つことに。その間に、3回、優しい看護婦さんが体温をとったり、インフルエンザのチェックをしたり、「もうちょっと待ってね」って言いに来てくれた。カナダの救急なんてね、心筋梗塞とか脳溢血とかそういう症状がない限り待ち続けるらしい。その待ち時間が尋常でなくて、6時間とか、ざら。だから私も「やれやれ。。。何時間ここに座ることになるんだろう」とゾッとしていたのでした。

ところが。半時間ほどたって「◯◯さーん、はい、こっちに来てくださいねー」って、相方の名前が呼ばれた。おじいちゃん先生。英語はほとんどわからないので、私が間にはいったんだけれど、常に相方の目をじっと見ながら日本語で説明をしてくださった。相方はもちろん先生の説明が全くわからない。だけどそうして顔を見ながら親身になって話してくださったことで、相方は心から安心したようだった。結局、インフルエンザでもなく肺炎の兆候も全くなし。でもおじいちゃん先生は、「COPDをもっていたら心配になるのはよく分かるよ。だから来てよかったんですよ。でも安心しなさい。オッケーオッケー。」って相方の肩をぽんとたたいてくださいました〜。

第三者、それもお医者さんに「大丈夫」と言ってもらえたことで、一気に安心し、その後はめきめき食欲も出てきて元気になった相方。本当に、病は「気」の部分が大きいなって思った。それから、この経験からも「言葉が分からなくても気持ちは伝わるもんだなぁ」って実感したヨ。

さて、覚悟をして診察料を支払いに行ったワタシ。最初に手続きした時も「保険証なしで救急料金も追加になりますがそれでもいいですか?」って聞かれていたし… ざっと500〜600ドルは軽く支払うことになるのだろうと思っていたのですが。

なーんと。6500円。お薬が2000円。嘘だー!びっくり。

庭の鯉
父の鯉たち

「日本のお医者さんは丁寧で優しかったなぁ。。。救われたなぁ。。。」と、相方。日本って、病院でもサービスが素晴らしいねーと、心から感心していた。ほーんと、こんな経験できないよなぁ〜(もうしてほしくないけどねぇ)と、ワタシも地元の病院のおじいちゃん先生と看護婦さんたちに感謝感謝。帰国中、そんなダウンタイムもあったのでした。

*おまけ:久々にDoodle:White Rabbit 1.

白いうさぎ。最近よく頭をよぎるので。First trial. →☆Doodle

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪