ランチタイム・図書館

今日は長靴じゃなかったし、外はまだまだぐちょぐちょしていたので。

散歩の代わりに図書館をうろうろした。

2階の窓からの風景。

まだ白い。

今週末にはすっかり溶けるらしい。数週間前までは、「この冬は暖冬で、春にはたくさん虫がでてきて果樹の葉っぱを食べつくすのだろうな」って思っていた。こうしてきゅっと寒くなって数日雪に覆われたことで、虫の異常発生を防いでくれるかも。そうだといいな。

探していた本があるべき場所になかった。

あれれ〜? と、その場でスマホを使ってチェックしてみる(←便利よね〜、こういうとき)。すると、誰かがすでに借りてしまったと出ていた。仕方がないのでそのあたりに並んでいた本を一冊手にとってみた。

Lauren Groffという作家の「Arcadia」。聞いたことのない作家だけれど、ちょっとのぞいてみようかなと思って。なんとなく、「ばったりと出会った」本を読んでみたい気分だったのでちょうどいい。ついでに日本語の本が並ぶ棚の前に立って、もう一つ手にとった。多和田葉子さんの「ヒナギクのお茶の場合」という一冊。この人も知らなーい。

私は英語で本を読むのがとっても遅いので、借りるとなかなか返せない。でも、大学の図書館は誰かがリコールしない限りは1タームキープできる。4月の終わりまでオッケー♪ 読むの、とろいくせに、古本屋さんや図書館の棚の間を歩くのは好きです。この一冊一冊に知らない世界が詰まっているのだと思うとわくわくする。ただ並んでいるものが好き、というのもあるのだけれど(笑)

今週末は三連休。そして、来週はリーディングブレークで学生さんたちは一週間休み。少し静かな一週間になりそう。

良い週末を!

6 Replies to “ランチタイム・図書館”

  1. Lauren Groff は短編しか読んだことないけど、わたしは好きでした。文章が強くてキレがよい。少し前に長編も話題になってたよね。感想楽しみにしてます。

    1. mkさん、おはよー。
      へぇ〜、読んだことあるんだねっ。リビューをみてみると、彼女の文章が好きっていうコメントがたくさんあったよ。mkさんもそう感じたんだ〜。
      話題になってたのはしらないわー。彼女自身、フロリダっていう連作?が自分の中でベストだって言ってたよ。感想…書くのすっごい苦手なのよ… mkさん、上手よね〜。

      1. まさにそのフロリダを読んで、うわーって掴まれました。短編だから長編の合間に読んだりして、実はまだ全部は読んでないんだけど、上手いし力ある書き手さんだと思ったよ。

        1. MKさん、こんばんわ〜。
          おおっ、MKさんの読んだのはフロリダだったんだ〜。へぇ、うわ〜って掴まれたっていうのが面白い(笑)。覚えておこうっと。
          借りたの読み始めたよ。うん、歯切れのよい気持ちのいい文章で今のところ好き♪

  2. 私も図書館とか書店は大好き。町の本屋さんが少なくなってきて寂しいし、ドイツ語で読むのは今でも大の苦手だけれど、なんだかワクワクするの。多和田さんってドイツ在住みたいだね、私も本を読んだことはないけれど。

    そうそう暖冬はちょっと嬉しいけれど、あまり暖かいと害虫が越冬してしまうから後で大変だよね。良い週末を!

    1. Sachieさん、おはよう!
      そっかぁ。そちらでも本屋さんが減ってきているの? ワクワクするよね、本屋さんや図書館。この一冊一冊に思いもつかないアイデアや空想の世界や史実が詰まっているのかと思うと、目が回りそう(いい意味で)。多和田さん、ドイツ在住?! へーっ。私はこのタイトルにふっとひかれたんだけど、どんなのなんだろう。楽しみー。
      雪が溶けたらもう一度、木の周りにヤニを塗りつけるよ。春が待ち遠しいな。
      Sachieさんも、良い週末を!

コメントは承認後に表示されます。