キンドルで絵本をセルフパブリッシングしたよー☆

ちょっとしたお知らせです!
この度初めて、アマゾンのキンドルで絵本をセルフパブリッシングしてみました~☆ わ~い☆ 自分の中ではとても敷居の高いプロセスで頑張ったので紹介させてくださ~い。

パッパカパーン☆

コレです。日本語版。

0歳~3歳・4歳位を対象のとてもとてもシンプルな、見開きたったの10ページの絵本です。

素材を作り始めてからここに至るまで1年半ほどかかってしまった。絵本なので、できれば手にとることのできる紙の本にしたいなぁ、っていう思いから、まずは出来上がったものを締め切りギリギリで一つの公募に応募してみたのでした。それにはまぁ、すぱぁっと落ち、落ちてしまった後、記念に(?)Blurbというこちらの印刷サービスでハードコピーを頼んでみた。Blurbには一冊から印刷してくれるサービスがあり、アマゾンと提携して注文が入った時点での印刷出版(プリント・オン・ディマンド)もできるんだけど、値段がとっても高くなる。で、2冊だけ自分と家族用に印刷してみた。

ハードカバーで質も良く、発色も思ったよりもきれいだった。

それから半年以上もたったころ、自分の新しい企画という意味で、アマゾン・キンドルでセルフパブリッシングする方法を調べ始めた。その手順や制作過程で気づいたことなどについては、また後日まとめてみるね♪

デジタル絵本なので、読むためのツールが必要です。幾つかオプションがあるよ~

キンドル本を読むためのツール:

  • キンドル各種端末
  • キンドルアプリ(無料)を利用して iPhone、iPad、アンドロイドタブレット、コンピューターで読む
    • アプリをダウンロード(ココ→☆)して開き、アマゾンのアカウント(ログインとパスワード)情報を入れる。すると購入した全てのキンドル本がライブラリーに表示され、クリックして読むことができる。

私の持っているキンドル端末は「ペーパーホワイト」で白黒なので、このキンドルアプリをコンピューターとiPhoneにいれて絵本の確認をしたよ♪

そうそう、「なか見!」というオプションがあるため数ページはサンプルで見ることができます。10ページぽっきりの本なので、「なか見!」だけで半分程見れちゃいます。あはは。よければのぞいてみてください♪

自分の作ったものを、アマゾンキンドルとはいえ「お店」に並べることにずいぶんドキドキしてしまった。こんなことしちゃっていいのかなって。でも、ま、やってみなきゃわからないしねー。やってみました。

英語版も作り、そちらはカナダのアマゾンに並べてみた。でも日本のアマゾンでも私の名前をいれると英語版も出てくるはず。英語版の方はタイトルを「Look at Mine!」にして動物の名前も変えたりしてみたよー。

そして、もう一つ。ブログを覗いてくださっているみなさんへ。

バレンタインデーに無料キャンペーンをしようと思いまーす♥

カナダ時間の2月14日なので、17時間の時差がある日本では:17:00 に開始し、15日の 16:59 に終了します。キャンペーンの設定、上手くできるかな…。失敗したらごめんなさい〜。
注:日本時間の14日16時45分ですでにキャンペーン開始されちゃってますっ。あれれ〜?? よくわかんないので一日追加してみましたっ。15日までOKなはずですっ。

日本語版と英語版です☆

   

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

34 Replies to “キンドルで絵本をセルフパブリッシングしたよー☆”

  1. kindle for iPhoneをDLしてみたよ。
    うん、チラ見できた!
    すごいね、Kindle上で出版するには費用がかかったり
    審査があったりするの?
    papricaさんの色使い、いつもながらキレイ。
    アヒルのがぁこがツボでした♪
    ページをの割り付けも楽しくて(そこがミソなんでしょうね^^)
    ページをめくるのが楽しいね。
    クリエイティブな人のアタマの中ってどうなってるんだろう?
    ワタシも小話作るの好きだけど、自分に関係のある事柄でしか話が膨らまないなぁ。

    1. アキラさん、こんばんわ♪
      わざわざアプリをダウンロードして見てくれてどうもありがとう☆ 
      Kindleでのセルフパブリッシングは無料だよっ。一応、規定のフォーマットでファイルをアップロードした後に審査がはいるの。でも1日ほどで結果がでたよ〜。
      要領のいい人はちゃちゃっと素材を準備して、提出方法を把握してやっちゃうんだろうけど、私はここまで至るのに随分かかっちゃった。でさ、照れくさいなっていうのもあるんだけど、紹介するところまでが仕事(?)かなって思って今回だけはソーシャルメディアも使わせてもらった(笑)
      アキラさんが小話作るの好きっていうの、納得!動物たちとあれだけ会話ができちゃう(会話をさせてしまう)んだもん。アキラさんの小話も聞きたいよーっ!

  2. YAY! Congratulations!!!!! DOUBLE-YAY!

    1. TAK TAK, Bogman!!
      Tak for your ideas for the animals’ names!! Bunny got your suggestion, you know! Basil the bunny!

  3. 素敵な絵本ができましたね~
    出版おめでとう~ではなくて なんて言うのかしら~
    Kindle持っているので 試してみますね。

    私も 16年前に 詩集を自費出版したときは
    本当にうれしかったです。
    なんか一仕事やり遂げた~っていう感動がありました。
    これからも どんどん新しい世界が広がっていくと
    いいですね。

    1. nonさん、どうもありがとうございます♪
      これは私の中での小さなプロジェクトだったんです。ようやくここまでたどり着いてホッとしました~(気が抜けました)。
      わぁ!詩集ですか?? 素敵~☆ nonさんはいろんなことを試されてきたから、出版されたことがあるって聞いて「やっぱり~」って思いましたよ♪
      自費出版ということはきちんとした紙の本なのですね。一冊の本に仕上げるのには、たくさんの詩を書かれたわけで、ゆっくりと紡ぎあげて仕上げた感動があふれたことでしょうね。 
      今はこうしてデジタルでアップできちゃうんですもん、便利な世の中ですよねぇ。

  4. チラ見した〜 可愛い〜〜〜〜  この単純なところがすっごくいいわ〜 ^ー^
    明日、 忘れないようにしなくっちゃ。 こちらの朝9時ごろだわん。  楽しみ楽しみ。 よくここまで頑張った〜〜〜 ブラボ〜 ^0^/>

    1. tomさん、おはよう~♪
      やっとここまでできましたっ。ふー。すっかり気が抜けちゃったよ。 のぞいてくださってどうもありがとう☆ 
      うふふ、でしょう?単純極まりないのー。見開き10ページだし。 絵本を制作されるアーティストさんたちが、一冊を仕上げられるのにどれだけのクリエイティブエナジーと時間をかけられるのか、ほんの少しだけわかった気がしたよ。
      キャンペーンの設定、ちゃんとできているといいけど~。試してみてねっ!

      1. 全部見た〜〜 すんごい面白かったよ〜〜〜  なぜこれ、入選しなかったのかしら?   そのコンテスト、 よほどレベルが高いのかしら?  
        papricaさんのキャラクターの設定や表情、 おまけに名前がさあ、ユニークで 笑   きゃ〜可愛い〜 っていう普通の可愛さじゃない表情があってすんごい面白いの〜 。  主人公は本人に似るっていうけれど、 papricaさん、 ああいう表情するのかな? 笑    とにかくおめでと〜 
        そしてただ見のプレゼント、どうもありがとう! 

        1. tomさん、おはよう!
          わーい☆ 見てくださったのね〜!嬉しいよぅ〜♪ ありがとうっ!
          コンテストにはものすごい数の作品が出されるし、レベルも質も高いんだよ。私のは対象年齢低すぎっていうのもあるし、ストーリー性はないもんね。
          キャラクターの表情を楽しんでもらえて嬉しいな。本当はね、切り絵で表現するようにしたかったの。でもデジタルだとどうしても「きれいになりすぎる」でしょ?平面すぎてテクスチャを出すのも難しい。だからせめて表情は…ダサくちょっぴり昭和な感じ?をイメージして(笑) うんうん、ああいう顔してるんだよ、わたし〜!ずばり。
          tomさんもお話書いて・描いて! 待ってる〜☆

  5. papricaさん、おめでとう!すごい!早速、チラ見で見せてもらったよー。すごい楽しい!シンプルにこうやってお話が繋がっていくのって楽しいね。ドイツでもうまくダウンロードできるかな。ワクワクする!出版、おめでとう!

    1. Sachieさん、どうもありがとう♪
      えへへ… 赤ちゃん向けなの。ちら見で半分見れちゃうからその先もだいたい想像ついちゃうよねぇ~。
      日本語のは日本のアマゾン、英語のはカナダのアマゾンのキンドルストアに出したんだけど、メジャーな国のアマゾンからもダウンロードできるようになってるはず(そういうオプションを選んだよ)。 いつもありがとうねっ☆

  6. すごい、すごい。バレンタインデーを狙ってダウンロードしてみます。絵を描くのっていいですよね。私も絵を習いたいなあ。

    1. uk_alienさん、おはようございます!
      わぁ~、見てくださったのですか?ありがとうございます!嬉しいです♪ アマゾンUKからもダウンロードできるはずです(設定がうまくできていれば…)
      uk_alienさんはとても器用な方だし素晴らしいセンスをお持ちだし、絵を描かれたら独特の世界が生まれるように思います。文章も素晴らしく素敵なので、是非、セルフパブリッシングを! その際にはお知らせくださいねっ。

      1. Papricaさん、こんにちは。「著作権制限のため、お客様が購入しようとしている Kindle タイトルは、お住まいの国、英国ではご利用いただけません」と言われてしまいました。残念です。でも本当に出版までこぎつけたのは素晴らしいです!Congratulations!! xx

        1. uk_alienさん、おはようございます。
          えええっ!そんなブロックがかかってしまったのですか? 何ででしょう?? 私が選んだ設定ではアマゾンUKでも普通に購入可能なはずなのに。
          日本語版でしたか? 英語版はカナダのアマゾンにオリジナルがアップされているので、そちらだったら大丈夫かも。まだキャンペーン中です。。。もし良ければ試してみてください(http://amzn.to/2ClUajD)。お使いのキンドルアカウントがUKのもので、そこにアマゾンJPからキンドル本を入れようとすると、この著作権がどうのこうのというメッセージが出ることもあります。
          試してくださったのにごめんなさい。uk_alienさんにも見ていただきたかったな〜。 ありがとうございます☆

  7. おめでとう〜!!かわいい!私のI phone の OS ではこのアプリダウンロード出来なかったよ。。残念。

    1. Kumasakiさん、どうもありがとう~!
      あれれ?スマホのバージョンのせいかなぁ? 古い?? 試してくれたのにごめんね~。
      コンピューター用もあるよ。それをダウンロード&インストールしたら画面で見れるよん☆ 

  8. バレンタインデー でトライして見ます〜!Amazonで見れるんかな?

    1. もしPCインストールのがわからなかったら聞いてね♪
      どうもありがとう!

  9. papricaさん

    無料になるのが待ちきれなくて
    昨夜 有料でゲットしましたよ。
    私のKindleも whiteですが
    タブレットでは カラーで見られるので
    楽しく拝見しました。
    男の子や動物たちの目が モノを言ってます。 可愛いですね。
    これは papricaさんの デジタル出版デビュー作品ですね。
    これからも どんどん 作品が増えていくといいですね。

    私のブログでもご紹介させて頂きました。(^-^)

    1. nonさん、おはようございます♪
      えええっ!有料で購入してくださったのですか?? わ〜ん…嬉しいです。ありがとうございます。
      ブログの方でも紹介してくださって、恐縮です。タブレットのカラーで見てくださったのですね♪ 私も自分のキンドルPaper Whiteでも試したんですけど、やっぱり色がある方がいいです。
      男の子のちょっとださい感じが笑えるでしょう? ここまでたどり着くのに随分かかったので、次の企画!ってすぐには飛びつけないのですが、また何か楽しいアイデアが浮かんだら取り組んでみたいです。nonさん、本当にありがとうございます!

  10. papricaさん

    いつもblog楽しみに拝見させていただいています。
    素敵な絵本、ありがとうございます!(しかも無料で!)
    英語と日本語両方ダウンロードさせていただきました。
    ページめくるのが楽しくてカワイイですね!
    甥っ子に今度会うので、読んであげたいです♪

    これからもほっこりするblogとイラスト楽しみにしてます(^^)

    1. Tobyさん、初めまして!
      ブログを見てくださっているのですね〜。ありがとうございます!
      初めての事だったので随分時間もかかり、ドキドキしちゃったのですが、こうして見てもらえてとても嬉しいです。
      デジタル本では紙の本の「めくる」とか「触れる」という楽しさを届けられないのが少し残念ですが、こうして自分でパブリッシュできてしまうなんて、便利な世の中ですよねー。
      これからもどうぞよろしくお願いします! あ、甥っ子さんの反応、よければ聞かせてください♪ 参考になります♪

  11. 有料になるのが待ちきれず、ダウンロードしてしまいました~
    完璧な起承転結になっていますね。
    「転」のところがおもしろいっ! ウケた~
    すばらしいです。今後も継続して出版されるんでしょうか。
    楽しみにしています!

    1. 砂漠人さん、おはようございます!
      わーい、ダウンロードしてくださったのですね☆ ありがとうございます! キャンペーンの設定がうまく行って利用してもらえて嬉しいです〜。
      赤ちゃんブックだけれど、砂漠人さんにもウケてもらえて光栄です。えへへ。
      砂漠人さんの様に動物たちに囲まれて生活されていたら、色んな物語が生まれてくるんじゃないですか? セルフパブリッシングの方法をまとめようとおもいますので、是非是非参考にしてくださいね♪ 砂漠人さんの本、読んでみたいです!

  12. とっても可愛いですねー!是非紙の本で鼓太郎に読み聞かせたいです。
    一つ一つの動物のテクスチャが素敵です。一つの作品を作るのって、本当に気の長い作業ですよね。きちんと形にして、出版されて、とても尊敬です!私も頑張ります!!

    1. kitsuneさん、どうもありがとう〜♪
      ちいさな子どもたち(赤ちゃんかな)の反応を知りたいなぁっていう思いはありますよ〜。シビアでストレートな子供の反応から学ぶものって大きいですよね☆ 私も絵本は絶対に紙の本!って思って公募に出したんですけど、すかっと落ちて、もういいや〜ってデジタル化しちゃいました。超ハードなスケジュール+お母さんをされている一方で、定期的に公募に出品されているkitsuneさん、本当に素晴らしいですっ。アマゾン.CAにはPrint On Demandっていうオプションもあるみたいで、クオリティは良くわからないけれど注文された時点で印刷して販売してくれるというサービスなんだそうです。またファイルをまとめ直さなきゃいけなくなるけどやってみようかなぁとも思っています♪ いつか、kitsuneさんのお話読ませてね!

  13. papricaさん、おめでとう。コツコツと準備されていたのですね。
    キンドルとか私には全くわからない言葉が沢山出てきて、キャンペーンにも出遅れてしまったようですが、中身検索で覗かせていただきました。赤ちゃんもくすっと笑うのかな? 赤ちゃんに寄り添って寝転がってこんなかわいい本読んであげたらそれはそれは幸せな時よね。赤ちゃん用だけど立派に大人用、お父さんお母さんの心を癒してくれる絵本だね。続編が楽しみです♪

    1. poteriさん、温かいコメントをどうもありがとうございます♪
      何事もスローなもんで、すっかり時間がかかってしまいました。あははっ、ごめんね、わからない用語がいっぱいで! poteriさんはマダム・アナログだもんね~(笑) 私もね、できることなら小さな紙の本にしたかったの。 赤ちゃんから幼児むけの絵本なのだから、ぺらぺらめくったり、めくりかえしたり、っていうその動作の中でお話がすすめばいいのに、っていう思いもあって。で、ページもぼろぼろになって、それが楽しいんだよ~。でも、自分で紙の絵本を出すのはお金もかかるし。デジタルにしちゃった。 覗いてくださってどうもありがとう!

  14. わ~いw
    ご出版おめでとうございます^^
    私のキンドルでもさっそく~・・・・
    と思ったら、私のモノクロのホワイトなんちゃらでは
    DLに対応してないみたいで><;
    何とかしなくっちゃ~
    頑張って拝見しますね~(^-^)

    1. ぽとすさん、どうもありがとうございます☆
      出版といっても無料で自分でできることですし、デジタルですしー。誰にでもできるんですよ! と、証明しましたっ。
      私のキンドルもペーパーホワイトなので、ファイルの確認などは全て iPhoneとマックにキンドルアプリをダウンロードして行いました♪
      アマゾンのチラ見で半分ほど見れちゃいますよ!それで雰囲気だけでも伝わればうれしいです☆

  15. わー凄い!
    おめでと〜!!
    こうして形にするのって凄いエネルギーが要る事だから、そこまず尊敬だわ。
    いつも何かにチャレンジしてるpapricaさん、凄いなあ。
    今知ったのでさっそく覗いて見るね。
    楽しみだー。

    1. africaさん、どうもありがとう〜♪
      初めてのこととなると、やっぱり時間がかかるね〜。ぜーぜーはーはー。でもね、今はネットで情報発信している人がたくさんいるから、セルフパブリッシングの本を買う必要もなく、なんとかできたよ! またその方法をまとめてみるね〜。
      のぞいてくださってどうもありがとう!

コメントを残す