ただいま。

相方がやっと退院。すっかり元気になって、とはまだいえないけれど、入院前より元気になって帰宅できたことがとても嬉しい。ほっとした。

先週はずいぶん冷え込み、朝夕はしっかりと霜が降りて草花が凍りついていた。冬の青空と凍りつく風景は、ビクトリアではめずらしい。今週にはいってからは、雨。どんよりと暗い空と雨。そしてこの冬第一号のストームが吹き荒れるという予報がでている。季節は巡るなぁ。クリスマスまであと10日だもんなぁ。

相方の留守中は、Gusもお腹がゆるみやたらそわそわとし、私の後にぴったりとくっついて離れず。「大丈夫やから。心配せんと。ね?すぐに戻ってくるから。」と説明して通じる相手でもないんだけど、何度も繰り返し説明した。昨日、二人と一匹がそろった家で、Gusもようやく安心したようで、ソファーの上でお腹を丸出しにして寝ていた。あぁ良かった良かった。

今回はちょっと長い入院だったので、「カナダの病院ってこういう感じなんだな」というのがなんとなくつかめたと思う。私は日本で病院にお世話になったことがないので比べられないけれど、病院は明るく清潔に保たれている印象を受けた。看護婦さんも他のスタッフのひとたちも親切で、無理をいっても全く嫌な顔を見せず、ありがたかった。食事だけはとても悲しげだったなぁ。生気がない、というか、味気もなく、可愛そうなほど茹でつくされくしゃくしゃで。これじゃぁ食欲もでないよなぁ、と思ったけれど、仕方ないか。病院だもんね。

病院というところは、不思議な空間。なんていうのかな。そのひとの好き嫌いや望む在り方とか考え方や感じ方のパターンとか、そのひと「らしさ」をつくりだしているものがすべて削ぎ落とされて、一個の人体・肉体になってしまうところ、というか。

普段、普通に動いていて当たり前にしている自分の体の臓器や血管や細胞たちの働きに、改めて感謝をしてしまった。何十年もの間、うまくバランスを取りながら働き続ける仕組み、すごいなぁって。

相方の入院中、私自身も不思議な次元(?)に迷い込んでいたようで、思考もカチンと凍りついていたようだった。家にいてもそわそわして落ち着かず、掃除をすれば良い「気」が流れるような気がして片っ端から掃除をした。今年はクリスマスどころじゃないな、と思いながらも、「ほっこり感」を求めて気持ちだけ緑と灯りを飾った。帰ってきた相方も、ちょっぴりクリスマスモードのリビングなどをみて喜んでいたので私も嬉しくなった。

暖かい家で二人と一匹、ゆったりのんびり過ごせれば最高!そう、本当に、健康が何より。こうしていつものブログに戻ってこれて、異次元でカチコチしていた思考もほぐれてきそうです。あ、お休み中にワードプレスの投稿方法(?)がすっかり変わってしまって、どうも勝手がわからずやりにくい。。。前のほうが良かったなー。

さて、残りの2018年、気持ちよく元気にラップアップしよう!

16 Replies to “ただいま。”

  1. おかえりなさーい!ヨカッタ、ヨカッタ!みんな揃って元気に心温かなクリスマスが迎えられますように。普段は当たり前すぎて気がつかないけれど、温かな家でみんなが揃うってありがたいことだよね。papricaさんも体に気をつけてね。

    1. Sachieさん、ただいま〜。どうもありがとう〜。
      うん、本当に、みんながそろって一緒に家でのんびりできれば、それで十分。こうして温かい家で過ごせることがありがたいよ。
      突然、予定外の状況の放り込まれると、見えてくるものや初めて考えることがあるね。普段、のほほんとしているので余計に。今年の冬休みは、とにかく二人と一匹が一緒に家で年越しできることに感謝して過ごすよ!

  2. 相方さまのご退院おめでとうございます。
    実は私も母が入院中で毎日病院がよいしています。
    高齢なので この先どうなっていくのか不安ですが
    できるだけ明るく過ごしてもらおうと
    毎日 折り紙したり 歌をうたったり~

    Gus君も 家族が揃って 落ち着いたことでしょうね。

    1. nonさん、どうもありがとうございます。
      何が起きているのかわからない、先が読めない、のって不安ですよね。先生にとても丁寧に説明してもらい、たくさん質問をして、そんな不安が少しぬぐえました。目に見えないところで、ずいぶんとバランスが崩れていたんだなぁと実感しました。nonさんのお母さまは病院での年越しになるのでしょうか。年末年始だけでも住み慣れたお家や家族のもとで過ごせれば、それが心のビタミンになるようにも思いますが、難しいですよね。 一緒に歌を歌ってくれる娘さんがいるなんて、お母さま、幸せですね!
      Gusも落ち着きましたよ〜。目の表情が全然違います! 

  3. papricaさん、お帰りなさい!
    相方がお元気になられたようで、一安心。
    家の誰かが一人でも欠けると動物も不安だよね。家族だもの。
    みんな揃った温かい部屋で、ぐっすり眠れるGusの姿、目に浮かぶよう。
    病み上がり、まだまだお大事にしてあげてくださいね。
    ちょっと早いけれど、楽しいNoëlをお過ごしください!

    1. cocoさん、どうもありがとう〜。
      そうなんだよね。普段当たり前にしている健康が突然奪われてしまうと、心ががくんとぐらついてしまうよね。それは人も動物も一緒。相方の留守中は、Gusは玄関のドアの前で寝そべっていることが多かったし、夜は相方がいつも座るソファーのスポットをキープしたりね。
      やっとみんなそろって、それぞれがホッとしています。相方も、我が家に戻ってきたっていうだけで食欲も戻ってきたし、早速スイーツ探してたし(苦笑)。
      フランスは今少し大変なことになっているみたいだけれど、Cocoさんのところは大丈夫かな。明るくにっこにこの年末年始をお過ごしくださいね☆

  4. papricaさん、おかえりなさい。
    相方さんが入院されてたんですね。それは心配で落ち着かなかったでしょうね。無事クリスマス前にお戻りになってよかったです!
    Gusちんも心配したでしょうね。いつ帰ってくるよ、と言っても通じませんもんね。うちは、わたしが入院したとき猫が探して鳴きまくってると聞いたので、秋口だったせいもあるんですが、湯たんぽを作ってと夫にお願いしました。そしたら、人肌っぽい温もりでちょっと落ち着いて寝るようになったみたいです。猫の場合ですけど・・・。
    そうそう、うちも、あの時は退院して戻ったら家がピカピカになってました。夫も落ち着かなくて掃除したのかな。いつもやってくれたらいいのに〜。笑 papricaさんは普段からきれいにされてると思いますが、うちはあの時だけでした。
    あっという間にクリスマスですね。papricaさんご一家がゆったりと楽しいクリスマスを迎えられますように。

    1. パプリカさんと相方さん、

      おかえりなさい!退院良かったね。パプリカさんも不安や緊張で大変だったと思う。がんばったんだね。みんなでのーんびりのホリデー過ごしてねー。

      1. Kumasakiさん、どうもありがとう♪
        慣れないことに直面すると、本当におろおろしちゃうのよ、わたし。これも勉強のうちだよね。
        これから色々と調節していかないことなどもあるだろうけれど、とにかく退院できてクリスマスも家で過ごせることになってよかったよー。
        うんうん、思いっきりのんびり過ごしまーす。ありがとね〜。

    2. umiさん、ただいま〜!
      どうもありがとう。そうなのよ〜、クリスマス前に退院できて本当に良かったです。相方も帰宅してから、普段当たり前にしていた小さなことのありがたみをひしひしと感じているみたい。家にいるっていうだけで、食欲もでてきたし。Gusもお腹をこわしたり、食欲がなかったり、私にべっとりできゅんきゅん鳴いたりしてたし。そっかぁ、湯たんぽを抱かせてみるっていうの、Good Ideaだね!覚えておきます!
      我が家も普段は散らかってるよ〜。細々としたものがあちこちに。今回、一人の間にそういうものを全部片付けてスッキリさせてみたよ。またすぐに散らかるんだろうけど。
      今年のクリスマスは本当にシンプルなものになりそうだけれど、それでもオッケー☆ 家で二人と一匹が一緒に過ごせれば十分です。umiさんも、どうぞゆったりと楽しい年末年始をお過ごしくださいね☆

  5. papricaさん大変だったのね、そうとは知らずブログやめちゃうのかな… と寂しい気持ちになっていました。相方さんは退院してもう一安心なの、かな? クリスマス前に家族揃えて良かったね。きっとお互いに今まで以上に優しい気持ちになれて、家族の大切さがわかってこれが本当のクリスマスの在り方だと思います。 (私もブルトンさんにやさしく、大切にしなくちゃー)

    1. poteriさん、どうもありがとう。
      そう、突然こういう慣れないことに直面するとうろたえてしまうね。とにかく私は元気にサポートしなきゃっていう気負いがあったせいか、退院してほっとして今になって妙に「眠気」ばかりに襲われてます。 家に戻ってくること、家にいること、が一番の心のお薬だったみたい。普段、当たり前にしていることに感謝してしまうね♪ 
      本当に。みんな一緒にクリスマスを過ごせれば、それが何より!ぽてりさんも、お二人+二匹のニャンズで温かなクリスマスをお過ごしくださいね♪

  6. 旦那様、退院されてよかった~!
    これでpapricaさんもGusもほっとしましたね。^^
    家族みんな元気に勝るものってないもの。

    そう考えると、この世の中って本当に不平等なようで平等なのかも。
    クリスマスシーズンは宗教にかかわらず、人への思いやりとか
    感謝、を伝え合うものでしょう?
    生きてる以上、みんな、一瞬一瞬が一期一会。健康でも病気でも、
    それはみんな同じだよね・・・。

    入院中は大変だったでしょうし、不安だったでしょう。
    でも今は幸せね。入院前より深くて重い幸せだと思う。
    Gusのへそてん寝が見たかったワン。^^

    1. 真木さん、どうもありがとう。
      とりあえず退院できてほっとしました。入院中はお医者さんや看護婦さんたちにしっかりと診てもらえるので、私はその方が安心だったんだけど、相方はとにかく早く家に帰りたくてね。家に帰ってきてから食欲も出てきたよ。やっぱりあの病院の雰囲気で、体がどうこうというより気持ちが凹んじゃうんよね。みんなそれは同じだと思うけど。
      本当に、今年の年末年始は家で一緒に過ごせること、そのことに感謝!他には何もいらないよ~。あ、Gusにはぬいぐるみを買ってあるんだけどね(笑)。健康でも病気でも、一期一会。そのとおりです。良い言葉。こういうことがあると「命」というものを見つめ直すね。
      Gusもやっと落ち着いたかな。きっと誰より(人間より)もずっと早くに相方の不調に気づいていたのだろうから、不安でいた期間も長かったわけで。私たちのそばででれんでれんになって寝てるよ~。
      真木さんもゆったりとした年末年始をね!

  7. Papricaさん、相方さんが戻られて、Gus君ともどもどんなにかほっとされていることでしょう。きちんと
    こちらの質問に答えてくれて、安心して任せられる清潔な病院で良かったですね。病院食は、消化に問題がある方も多いので、やはり皆が食べられて栄養が取れることに重点が置かれていて、おいしさは二の次なのでしょう。凍った緑や花がきれいですね。どうか皆さん、Gus君も含めたご家族で、穏やかですてきなクリスマス、新年をお迎えくださいね。

    1. なおこさん、コメントありがとうございます。
      本当に、家がやっぱり一番ですね。家に戻ってきたっていうことが、効果バツグンのビタミンのようでした。
      病院は思っていたよりもきれいに整えられていて、看護婦さんたちも親切でした。でも、人手がたりていないんだろうな、っていうのは感じました。相方には私がいて、食事の手伝いもしてあげられたけれど、全く一人のお年よりもたくさんいて、一人では体を起こして食べれないというひとも中にはいるみたいで、看護婦さんが順番に回っておられました。色々と考えましたよ。私が老いたとき、どうしよう、とか。

      なおこさんも、ご主人、ご家族、お友だちと心温かなゆったりとした年末年始をお過ごしください!

コメントは承認後に表示されます。