お腹ぱんぱん:亀すし編

今回の帰国は私一人だったのでフットワークも軽く、色々と外食に連れて行ってもらった♪ 私は家で食べる母の料理で大満足なのだけれど、外食も楽しい。「食べさせてあげたい」と、前もって考えてくれていたことが何より嬉しい。

京都で遊んで帰った翌日、家族全員で懐かしの寿司屋に行った! 東大阪にある「亀すし」。

今も昔も変わらない、「大人の遊び場」やパチンコ店の並ぶ、ややいかがわしい雰囲気のやたらやかましい商店街を通り抜けていく。子供の頃はここを通り抜けるのにいつもドキドキしていた。

亀すしは、働き始めてまだ若かった母が、お給料日など特別な機会に食べに行っていたお寿司屋さん。初代の大将の頃も知っているっていうから、ずいぶんになる。私たち家族も、年の暮れとかボーナスが出たときなど、たま~に連れて行ってもらった懐かしの寿司屋で、亀すしには特別な思い出がある。「ほな、今度亀すしいこか?」と聞くと、三人姉妹はすっかり浮かれていたっけ。私たちは三人とも、小さな頃から口が「肥えていて」、寿司ネタでも安いものには見向きもせず、ウニ、いくら、トロ、から食べ始めるというとんでもないキッズだったらしい。たまに他所の家で、子どもが食べやすいだろうと、卵やカニカマや「うなきゅう」などを出されると、あからまさにがっくりした顔をしていたらしい。ごめん、父・母。

さぁ、食べたお寿司を並べよう!

みんなで一貫目は「とろ」。

ネタが新鮮で。甘い。

後は各々、迷いながら選ぶ。すっごい久しぶりだったのですっごい迷った。胃袋はひとつ、どのネタをどの順で食べるか、とても迷った。う〜んと迷って「しまアジ」。

もし、亀すしに行く機会があったら、絶対に総本店の方(向かい側には本店があるので)にはいりましょう。一階、二階、三階とあるけれど、座るのは絶対に「二階のカウンター」にしましょう!

大将が握るのは二階。三階は座敷になっているので、寿司は二階から運ばれてくる。一階には座ったことがないけど、大将や二番手は一階では握らない。妹の話では、やたらシャリが大きくてネタが小さく見えた、とのこと。

大将はしばらく体調を悪くされているらしい。二階で握っていたのは大将の息子と、古株のこの「にいちゃん」↑↑。「にいちゃん、写真とってもいいですかー?」って聞いたら「はい、かまいませんよ。」とのことだったので。

「おっちゃん」よりも「にいちゃん」が似合う。母も「にいちゃん」と呼んでいた。大将はいつでも大将。どう呼ぶか、というのには微妙なニュアンスがあって面白い。私も寿司屋では「にいちゃん」と呼びたくなるかな。うどん屋や居酒屋で自分より明らかに歳上の大将っぽいひとだったら「おっちゃん」と呼ぶと思う。同い年くらいだったらやっぱり「にいちゃん」かなぁ。これが「女性」だったりすると呼び方に困るだろうな。「おばちゃん」と呼んだら失礼に聞こえるし、「ねえちゃん」というと何故かいやらしく響く。こうやってカウンター越しにシェフに声をかけるのは、関西だけなのかな、とも思う。

光ってる。ぷりぷりしてる。甘い〜。

真ん中の妹には家族があって、前々回は欠席だった。前回の帰国では「本物の寿司」にあまり興味のない相方がいたので亀すしには行かず。なので、昔のように、こうして私たち五人だけで亀すしに行けたということが今回とってもスペシャルだった。

最近になって、この亀寿しが外国人向けのガイドブックや食べ歩きサイトで紹介されたらしく、そのせいで今までにみない顔ぶれ(?)が並んだり、妙に混み合うようになったんだって。で、亀すしも、開店時よりも少し早い時間にそういう外国人グループを取り込んでしまう、ということをしているらしい。私たちは亀寿し総本店のほうが開く五時に合わせて出向いていったよ。

たくさん食べたいなら「にいちゃん、しゃり(ご飯)少なめで~」と頼もう。それから、寿司屋にきてビールなんて飲んじゃいけないと思う。それだけでお腹が膨れてしまう。飲むなら熱燗。久しぶりのお寿司とお酒、最高!

すし飯と海苔ってなんでこんなに相性がいいんだろう。

ぷちゅぷちゅちゅー。 きれいだな。

イワシ、やったかな。めっちゃ美味しい。このあたりで「トリ貝」か「赤貝」を入れたかったんだけど…お腹が… 苦しくて。

亀すしの「赤だし」も美味しいです。もう本当にお腹がぱんっぱんで、妹に一口二口だけ味見させてもらった。

締めはみんなで「ねぎとろ」を頼んで一つずつ。

本当に本当に美味しかったです。 生のお魚の味をしっかりと味わえる舌をもった私たちは幸せだ。

ありがとうございます。お魚たち! 席をたってお勘定を終えたら、握ってくれた「にいちゃん」と他のスタッフにも「ごちそうさんでした~!」と言う。「はいっ、ありがとぅござっしたぁ(←と聞こえる)」と言う元気な声も嬉しい。

あぁ、今度はいつ亀すしに行けるかな~。ごちそうさまでしたっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

8 Replies to “お腹ぱんぱん:亀すし編”

  1. オー、本物のお寿司!笑 やっぱり本物は写真を通して見ても美味しそう!美味しいものを大切な人と一緒に頂くのってシアワセだよね。そうそう、これは本物を食べてみないとわからない美味しさかも。口の中に入れた途端に溶けちゃうトロとか、甘くてとろりとしたイカやエビ、それとご飯と海苔も本物は美味しいよねー。あー、思い出しただけで幸せな気持ち。笑 

    1. Sachieさん、ありがとう~。
      うんうん。。。写真の整理をしながら「食べた~い」って唸ってしまった。他にも食べたかったネタはあったけれど、本当にもうお腹がぱんっぱんで入らなかった… 家族みんなで並んでカウンターに座ってお寿司を食べながら、昔のちょっと懐かしい話や家族ネタで笑ったりして楽しかったよ。 こんなに新鮮なお魚をいただけるの、ありがたいよね~。 そう!海苔! 美味しい海苔ってなんであんなに美味しいの! すっかり満たされちゃったわ~。

  2. お≠≠≠≠ 美味しそうなお寿司がお好みで次々と!! 夢のよう!!! kumatoさん、お寿司大好きだけれど、kumatoさんをお好みでお腹いっぱいにさせるのはいくら万札があっても足りないと思う・・・・・・  ( 成田でお寿司の盛り合わせ一人で食べた2時間後、機内食全部食べたって)  盛り合わせくらいの量だとアペリティーボにしかならない・・・・・ 今度来たら、まずラーメン屋連れて行ってお腹いっぱいにさせてからにしよう。 昔から行きつけのお寿司屋さんがあるっていいな〜〜 (私の松山のすし丸みたいな感じかな〜。 )  いっぱい美味しいところに連れて行っていただいたのね〜。よかったね。

    1. tomさん、こんにちわ~!
      もう日本かな?? さぁ、お寿司を食べに行ってきて~! 
      ぷぷっ。kumatoさんって、食いしん坊だねぇ(笑) でも、食べるのが好き!しっかり食べる!っていうひとは、心も体も健康だっていうもんね。 お寿司の盛り合わせがアペリティーボにしかならないなんて。。。笑えるわ~。 ほんと、次回は「汁物」でお腹をまずふくらませてから、行きつけの寿司屋にいかなきゃねー。 松山の寿司丸? 検索してみよーっと。 この亀すしは、カウンターごしにちょっとおしゃべりもできるし、堅苦しくなくて好き。tomさんも帰国中に美味しいものをたくさん食べてね!

  3. 遅ればせながら京都の観光の様子もじっくり見せてもらったよ。
    青紅葉がとってもキレイだったね。
    紅葉前のまだいくらか静かな時に行けてよかった!
    11/4(日)に京都駅に寄ったら、ありえないほど混んでいてびっくり。
    紅葉には全然早かったんだけど、待ちきれない人たちが
    京都の山の方を目指したのかも。

    いいなぁ、亀すし!ここ行ってみたい!!
    どれもネタがツヤツヤでほんとに美味しそう。
    お寿司と天ぷら、串かつは断然カウンターが楽しいよね。
    気難しい職人さんも多いけど(特に大阪の串かつの大将は怖い・笑)
    こんなふうにフレンドリーだと気張らないで楽しめるし。
    これでお値段もフレンドリーだとサイコーだ~笑

    1. アキラさん、コメントありがとう!
      そうなんだー。紅葉にはまだ数週間早い時期だったから、どこもすいていて歩きやすかったよ。今頃行けば五倍ぐらいのひとがわやわやしてそう。 
      緑に癒やされました。新緑のころもきれいだろうなぁ、って思いながら歩いたよ。 葉が全部落ちてしまった風景も、それはそれで風情がありそう。
      そうそう、アキラさんの家族旅行も楽しそうだったね! 琵琶湖のあたりも京都も、ご両親も満喫されたよね~。 家族が一緒っていうのが何よりのごちそうなんだよ。

      亀すし、機会があったら行ってみてー(ぽとすさんと。笑) 高級寿司屋って雰囲気ゼロで、どちらかというと居酒屋みたいでスタッフも気さくだし。美味しいよー。値段はこのお寿司ならこんなもんだ、っていう程度で、とんでもない値段ってこともないと思う (相場を知らないけど…)
      あぁ。。。串カツ。今回は食べなかったな。 大阪の串カツで美味しいところ、あるの? 大将怖くても美味しかったら行きたーい!

  4. おおお、お寿司!ホンモノの!!笑

    私は生魚が苦手なので、子供の頃、家族で寿司屋へ行くと
    1人巻物か車エビの塩焼き(←これはこれで高かった)を
    食べてました・・・。

    今回は3姉妹とご両親で、昔なじみの店に行けたのですね。
    この前、私もたまたま姉と私、両親とオリジナルメンバーのみ(?)で
    蕎麦屋に行ったとき、「ああ、もしかしたらこれって最後かも?」
    なんて思ったりしちゃった。(^^;

    秋ですねぇ。カナダの紅葉はやっぱり赤いなぁ。

    1. 真木さん、おはようー!
      うふふっ。そうよそうよ、ホンモノっ! あはっ、真木さんは財布に嬉しい子供だったんだね〜(でも車海老の塩焼きって。飲ん兵衛の好きそうなものを頼んでたんだね)
      そのとおり、「オリジナルメンバー・再結成」的な気分だった! うん、きっとこれが最後かなぁって思ったよ。まぁ、最後じゃなくても、次回こういう事ができるのっていつなんだろうって。真ん中の妹は家族から開放されて、自分ひとり寿司食べて酒のんで…っていうことに妙にハイテンションになってはしゃいでました(笑)。気持ちはわかるよね。
      秋もそろそろ終盤です。寒くなってきたよ。最高気温は9度でーす。

コメントを残す