Goodies#275: 父のトラック

今週は帰国ネタばかりでスミマセン。

でも、こうして端折ってまとめてみると、遠くにいても家族っていいなってあらためて思う。

どうしても紹介したいもののひとつが、コレ(↓)

手作りトラック

父が孫の一咲の誕生日のプレゼントに作った「トラック」。

娘の私が言うのもなんですが、とてもよく出来ていて、父の愛情がたっぷりつまっているのがよーくわかるのです。長さが30〜35cm。幅が15cm程。運転席のアクセルのあたりにスイッチがあって、赤い豆電球が光るようになっている。後ろの荷台には「丸太棒(小枝にニスをぬって、材木のようにみせかけてある)」が積んである。

父の話では、このトラックを作ろうって決めてから、何度もスケッチブックを持って道の脇に立ち、走り去るトラックの全体図や、信号待ちで止まっているトラックのディティールの観察をしたんだそう。ゆうても、3歳の男の子が遊ぶものなんだから、サイドミラーがすぐに折れてしまっても大丈夫なように、取り換え用の部品まで買い置きしている。

それから、トラックのナンバープレートは「H 020 い – 324」。これは、一咲の誕生日、「平成20年、いさき – 3月24日」という意味。「ぐっどあいであやろー!」と、顔をしわくちゃにして誇らしげに笑う父には笑ってしまった。このトラック、小さなガレージの奥の「工房コーナー」(畳半分位のスペース)に電ノコを置いて、木材を切って作ったんだって。そんなの聞くと、父のために、もっと大きな工房を作ってあげることができたらな、って思う。

手作りトラック

お店で売っているどんなモノよりも、かっこいいトラックだ、と思った。

… 実はさ、私も小さいとき、車好きだったんだけどな。こういうの、作ってくれていたら、今でも大切に持ってたよ、父ちゃん。…むにゃむにゃ。

ずぅっと待ち望んでいた男の子だからね。一咲は父にとっては特別なのです。

“Goodies#275: 父のトラック” への8件の返信

  1. お父さん、凄いね。
    なんだかフランスのメーカーが作りそうなデザイン。色のセンスもステキだし、とてもおしゃれ。ぼくもほしくなっちゃった。
    うちにはサンフランシスコののみの市で買って来たダイキャストのトラックがあるよ。車を運ぶトラック。
    ぼくもクルマは大好き。目を悪くして2年くらい乗っていなかったけど、手術して視力が回復。そろそろ乗りたい。
    とてもキレイな黄色のクルマです。

    • フランスのメーカー?! 父に伝えておきまーす♪
      そーだろー、そーだろー、と言ってまた顔をしわくちゃにして喜びますね、絶対。
      asoboさんのところには、いろんな国のステキなものが溢れていそう。虫を運ぶトラック? 見てみたい…
      黄色のどんな車でしょうか。また紹介してください!

      • 虫ではなくクルマを運ぶトラックですよ。
        ぼくが乗ってるきいろいクルマは、メルセデスベンツのSLK。
        小さいけど、オープンカーです。
        初代のモデルで古くなってきたけど、とても気にいっています。
        愛してるといった方がいいかな。手放す日がきたら、きっと泣きます。
        お父さんのトラック、ルノーのマークをつけたらきっと似合います。
        これお世辞じゃないですよ。本気でそう思っています。

        • ひゃぁ〜っ!メルセデスベンツのSLK?うそーうそー。
          めちゃめちゃかっこえぇ〜〜!!
          そりゃぁ、愛しちゃいますね。眼が悪いからって放っておいてはいけませんヨ。
          しっかり走らせてあげないと。…って、目立つだろうな。日本でベンツのSLKに乗ってたら。しかも黄色でしょ。
          かっこええ。。。
          ルノーって、あのひしがたのマーク? 父にゆうてみまーす♪

  2. こんばんは。
    このトラック、クオリティが高すぎます!!!
    サイドミラーといい、材木といい、
    ディティールのこだわりがひしひしと伝わってきますね。

    お孫さんへの思いがつまったトラックは
    何にも替えられないすばらしいプレゼントですね。
    感動しちゃいました。

    • あはは~、「つくりて」yui さんにそう言ってもらえたら、父も大喜びして、また何か作り出しそうです。
      ほんと、たったひとつのトラックだもんで、娘ながらにちょっと羨ましかったり。ジェラシー。
      いさきが大きくなったときのいい思い出になりそうです。

  3. ブラボー☆ カッコいいよ。
    ベンチシートと寝かせ気味のハンドル、どっちもトラックの特徴だ!

    ウチの父よりずっとお若いけど、ちょっと似た感じ。何でも自分で作るよ。
    ウチも女二人姉妹で、絶対に男の子が欲しかったに違いなく。
    子供心に申し訳ないと思って育ったワタシ^^

    交換パーツを用意する気遣いも、じぃじならでは、だね。
    Happy Birthday to いさき♪

    • ありがとー☆
      なるほどね、寝かせ気味のハンドルかぁ。それには気付かなかったや。
      a-ki_laさんのお父さんも「つくるひと」なんだ。a-ki_laさんのもの作りの血は、おとうさん譲りでしたねー。
      そうそう、うちは女3人+キャラの濃い母でしょ。肩身の狭い思いをした父なのです。
      いさきが生まれたときは、病院で「でかしたぞっ!」と大声を張り上げたそうです…はずかしぃ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*