Goodies#130: Bare Mineral/ベアーミネラルをあきらめた理由

ミネラルパウダー

昨日、ちらりと「ベアーミネラル」を使うのをやめました。と書きました。

「Bare Mineral/ベアーミネラル」のお化粧品を宣伝した手前、それを使うのをやめた理由を説明しておかないと、なんだかとても申し訳ない気がするので。

ベアーミネラルのキットは、個人的に「とっても」気に入りました。さらっとしているし、塗ってる!という印象を与えないし、色も豊富、健康色に仕上がる、などなど。1ヶ月半ほど使って自分でも「良し」と思ったので、このブログでも紹介しました

が、使い始めて2ヶ月〜3ヶ月したあたりから、なんだかおでこがかゆい。ほっぺたも、ベアーミネラルのチークを使わなくても「赤らんでいる」。そうこうしているうちに、おでこの真ん中にぽこっとふくらみができました。直径1cm弱。そして数日のうちにほっぺたの、それこそチークをつけるあたりにも、ぽこぽこっとできました。にきびではなく、ただふくらんで赤みをおびるのね。かゆくもないんだけど、そのふくらみが消えず、そこからぼろぼろと乾燥してきたという訳です。

で、3週間ほど前、食あたり(生ガキ?)か単なる Stomach Fluの流感にかかり、体調を崩しました。そのあとすぐにまた、大学でひろまっている風邪をもらってきた。

ミネラルパウダー

なんだかおかしい。肌のトラブルは、風邪をひいたせいかもしれないけど、それにしてもおかしい。

それで、ベアーミネラルを使って、肌のトラブルを経験した人たちのブログなどを読んだところ...

いたいた。全く同じ症状で、惜しくもベアーミネラルをあきらめた人たち。

ベアーミネラルに含まれている、ちょっと恐ろしい成分がひとつ。

「Bismuth Oxychloride」(=オキシ塩化ビスマス)(←なんとも恐ろしい名前)

この成分、ファンデーションにはよく使われているんだって。あの「さらりとした絹のような感触」や「化粧崩れしにくい」というナイスな性質は、オキシ塩化ビスマスによるものだそうです。(ほっほう。)それに、「パールのような仕上がり」や「うまく光をキャッチする」という、女性には嬉しい効果もあわせもっているらしい。(←これは、本当。だからベアーミネラルにもはまったワタシ)。

オキシ塩化ビスマスはオーガニック(有機物)では「ありません」。「ビスマス」の部分はオーガニックで自然のもので、元素記号で「Bi」、元素表では#81。でもビスマスは、自然の状態では少量しか手に入らない。それで、もちろん人工的に作り出す。その過程ではいくつかの鉱物が使われ、その中の一つが「」だというからびっくり!ナマリかよー!

北米の規定にそって生産されている成分で、安全な域に入って入るものの、人によっては「肌のトラブル」を経験するんだそうです。

...ということで、大好きだったベアーミネラルとも、短いおつきあいとなりました。ワタシの記事のあとにベアーミネラルを試してみて、同じように肌のトラブルをおこしてしまった方がいらっしゃったら...

ごめんなさい!

オキシ塩化ビスマスを全く含まないミネラル化粧品もある。

懲りないワタシ。肌がもとにもどったら、今度は「オールナチュラルのミネラルパウダー」(良さそうなのを見つけたのだ...)を試してみるかも...

にほんブログ村:
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へクリック、どうもありがとう。

“Goodies#130: Bare Mineral/ベアーミネラルをあきらめた理由” への8件の返信

  1. なるほど。
    なんか、とても誠意を感じますよん。
    何かの商品に関して考えや印象が変わった事をちゃんと報告する人は少ないと思うから。

    ワタシもアトピーなので、
    ストレスや気候の変化などで症状が悪化する時期には、
    どうしても劇薬に頼らざるをえません。
    その薬に比べたら、自分が摂取する食べ物や化粧品が安全かどうかは、
    それほど大きな事柄じゃなかったりします。

    それにしても…このパウダー、すごくキレイなアースカラーだね!

    • nene_coさん、やさしい。
      誰が見ているかわからないブログだし。自分が好きなように書いた記事が、どんなふうにとらえられているかわからないし。
      私が読み手なら、「おっ!良さそうだ。試してみよー」と、軽くのってしまうだろうし。...と、かなり罪の意識を感じた訳です。
      とはいえ、最近の消費者は賢いから、きちんと下調べをしてからお買い物されている人も多いですよねん。

      アトピーですか。今年は暑かったから、本当につからかったでしょう。
      私の姪っ子も甥っ子もアトピー持ちねん。ほんっっとうにかわいそうです。でも、不思議なことに、彼らがカナダに遊びに来ている間は、かゆみもかさかさも、ぴたっと止まったからびっくり。なんなんだろう。ストレスや環境なのかな。北米では、アトピーってあまり聞かないし、見ないし。

      そうそう、パウダーきれいでしょう? 顔にふりかけたくなる色でしょう? 
      きれいな色をみると、それだけで楽しくなりますよねー。

  2. ほんと、こういう記事はめずらしいとあたしも思いました。
    えらい。
    あたしなんて、いきおいで書いた記事でも、日々変化の人だからいまは全然違ってることもあるのに、訂正とかせずにだらだらきてしまってたりして、一度整理した方がいいのかもしれないなんて思ってたりもしているところなのでした。

    そのかぶれはまさに反応してる感じですね。
    あたしも皮膚疾患はいろいろ経験があって、たいていは食べ物だったりしたのですけれど。
    おなかや背中だけにぷつぷつ(かゆみなし)が出るのもありましたよ。
    20歳頃ですが何ヶ月も治らなくて、皮膚科でも気休めの塗り薬しかもらえなかった原因わからずのもの。
    結局は卵だったのですけれど、気づくのに何ヶ月もかかって、半年くらいは皮膚に出てました。(いまは卵でどうこうなることはないです。当時はたくさん食べてたのです)

    オールナチュラルのミネラルパウダー。
    また試されるようでしたら、ぜひレポートしてください!

    • rairik さん、ありがとうございます。
      えらい、とは思わないけれど、私の肌と同じようになってしまっては...と思うと、いてもたってもいられなくなった。という感じでした。はは。

      かぶれ。私もこれは「何か」に反応してるんだと思います。
      「何に」なのかが、まだはっきりしないので困ってますが、「広がる」のがとりあえずストップしたようです。
      ぶつぶつも、ほんの少しましになったみたいで、ほっとしています。からだって、案外、異常を敏感にキャッチしてるんだなって思いました。

      はい!オールナチュラルのパウダー。もし買ったら、3−4ヶ月使ってみて、異常がなかったらレポートしますねー。

  3. papricaさん、責任感強いと言うか、誠実と言うか . . .
    だから私はアナタの言う事信じちゃうのよーーーん。
    と思っちゃいました。また本題より違うトコに熱入れてる!!??

    • mizue さん、はい、完全に本題からずれたところに熱がはいってます 🙂
      そんなアナタが好きよーーーん。
      と、返しておきましょう。ははは。

      あ!今回のお料理教室ポストも早速チェックしましたよん。鴨肉、好きなんだなぁ〜 わたし。
      トリのお肉の中で一番好き。おいしかっただろうな〜。

  4. いやぁ、ここだけのハナシ(でもないけど)、鴨肉があんなに美味しいとは知りませんでした。
    トリだと、guinea fowl: ホロホロ鳥(ほんとかなぁ?)ってイギリスで時々見かけるんだけど、美味しいよん。

    • ホロホロチョウ??? 聞いたことないデス。
      ググってみました...ほっほう。頭が青くて、不思議な風貌だぁ。お肉は鴨肉の様に赤身かな?
      カナダでは売ってないよー。ターキーの様にローストにするのかな。気になる...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*