雄鹿も練習するのだ

Gusとの散歩中、何処からか「カツン、カツン」という音が聞こえたので。

ふっと、低い石塀の向こうに目をやると。

あっ。

若い雄鹿だ〜。

角と角をあわせてる〜っ!

喧嘩、してる??

喧嘩にしては動きがスローだし、頭をぐりぐりぐりと合わせている様子も楽しそうなんだけど。

きっと、兄弟なんだー!

これから春に向けて、素敵な女の子を射止めるための男同士の喧嘩に備えて。兄弟で練習中なんだよ、きっと!

でしょ??

えっ?

にいちゃん、もういっかいれんしゅうしようよ。

ほらね、この表情、絶対に本気で喧嘩している顔じゃないでしょ?

きょとんとして、額に栗毛の前髪(?っていうのかな)があってあどけない。少年たちだ。

鹿の角は鹿の種類によるけれど、ぽろりと落ちて生え変わることもあるらしい。時々、丘の上を歩きながら、ツノ落ちてないかなぁ〜、って探すんだけど見かけたことないです。

今まで見たことのない少年シカの遊びと表情に、思わずにっこりしてしまった。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

朝撮り:かわいいのおすそ分け

つい先日、牝鹿に襲われそうになったっていう話をしたばかりですが。。。

見てっ。今朝の通勤途中のパパラッチ!

鹿の親子

おっぱい飲んでる~。

二匹のバンビがかわるがわるに頭をつんつん突き上げて、「母ちゃん、もっともっと!」って。

そぉっと自転車をとめた私に警戒して数歩歩き出したママ鹿。

朝ごはんを突然中断され、不服そうに私を見つめる双子のバンビ。

「あんたのせいだよ。」

バンビ

か。かわいい。。。

あんまりにも可愛くて、FacebookInstagramにものせちゃった。最近、ソーシャルメディアにもぼちぼちと。どうでもいいんだけど、FBとインスタでしか連絡とれない知り合いもいるので気持ちだけでもと。。。

そうそう、日本のアニメや文化に興味があるパートの子の一人が「日本人が好きな動物占いってなに?」って聞くので検索してあげた。そういえば、そういうのあったよね~。で、私はなんだろうって調べてみたら。。。

子鹿だった!

なんというタイムリーな。こんな可愛いバンビならいいけど、ちょっと大きくなった牝鹿なら嫌だな…って思ったりして。

「かわいい」というと。最近、「かわいらしいなぁ」ってつぶやくことが増えたよ。小さい子供だけでなくて、ティーンの女の子や男の子がはしゃいでるのみても「かわいいなぁ」だし、カラスとカモメがパンの取り合いしてるのを見てかわいいなぁ。今日は波打ち際のクラゲを眺めながら「かわいらしいなぁ」って。これって歳ですかね。

そうだ、もう一つ「かわいらしい」というと。昨夜、いつもの線描ので「The Sartorialist」の写真を見ていて見つけた一枚。明らかに日本人。わかるよね、日本人のファッション。

sartorialist1
from The Sartorialist

センスのいいカップルで、とてもバランスがとれていてバギーなパンツとレースのシャツ、帽子もお洒落だ。私がこんなパンツをはくと、完全にポテトサックに足を突っ込んだ状態になるだろな(そんな運動会の競技あったよね)。

で、何が私の目を引いたかというと、二人の黒い靴!! かわいいっ! よね?

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

侮るなかれ。

週末のこと。Gusを連れていつもの週末散歩の道を歩いていると、道を挟んだ向こう側に鹿がいた。牝鹿(doe と言う。牡鹿はbuck)。

angry_doe1

それほど大きくないからまだ若い雌だね~。

この辺りの鹿の数は年々増えていて、こんな風に道ですれ違うことは全く珍しくない。朝早くのゴールデンタイム(?)だと、家族連れで車道をのこのこ歩いているのもよく見かける。

鹿に遭遇したらどうするか。彼らは敏感なので、上の写真の鹿のようにぴたっと止まり、まず私たちの方をじっと見つめてくる。私も時々足を止めて見つめ返す。大抵、鹿のほうがプイと方向を変えて歩き出す。

この日は、Gusと私は特に歩くペースも落とさず「あ、鹿だ。」と思って一枚だけ片手で iPhone 写真を撮ってそのまま歩き続けた。

すると。

angry_doe2

彼女は道を挟んで付いてきた!

「ふむ。人馴れしてるのかな。珍しい鹿だこと…」

と、もう一枚、ぱちり。

奈良の公園の鹿を思い出した。せんべい持ってないよ~。な~んて。

しばらくついてきた。一体どこまでついてくるんだろう?

すると。

道を渡ってきた!

angry_doe

「え? せんべい持ってないってば。」

すると。

すると。

両方の前足を高く上げて、

かっつーーーーんっ!!!と襲いかかってきたーー!!!

きゃぁぁっ!!!

私よりも、Gusをめがけて、ヒヅメをかっつんかっつーんっ!!ってっ。

Gusも私もびっくりしてしまって。立ち止まったっ。 なんなんだっ、このビッチ鹿っ!

女のクレイジー鹿に襲われた時、ニンゲンはどうするのー??? まさか、死んだふりなんてできないしー。
しばらくにらみ合いになった。

見てよ、彼女のこの目つきっ!

angry_doe3

オコッてる。。。

よく見ると、体の毛も逆立っていた… 「そんなに怒らないでぷりーずー!」

子連れのママ鹿がとても攻撃的になるのは良く聞く。そういう鹿を見かけたら、まず近づかない。この彼女の場合、まだ若いし子連れでもないよー。ゆっくりと少しでも前に進もうとすると、攻撃してくる始末。。。しっしっ!とも言ってみた。効果なし。石を投げてみようかとも思った。石がない。。。

ゆっくりと後ずさりして、私たちの背後の家のドライブウェイに隠れた。クレイジービッチは道の向こう側に戻って私たちの様子を見ている。「このままじゃ、どちらにも動けないよ~」と困っていたとき。鹿がいる側に車がやってきた。

「今がチャンス!」

と、Gusを引っ張って車と一緒に走ったー! サンキュー、車っ!

家に帰って相方に話したけれど、「子連れでもない鹿がそんな風にこうげきするか~?」と半信半疑で笑っていた。証拠写真を見せても「その写真じゃぁ、攻撃しているかどうかわからないからスクープにならんよ。」と、冷たい。 ホントに怖かったのにーっ!

そして見つけたこのビデオクリップ。見てみてー! 私が出会ったクレイジービッチ、まさにこんな状態(ここまでひどくならずにすんだけどっ)。

↑↑最初の方の猫ちゃんがバンビをなでなでしているところは、かわいいよね〜。ボーダーコリー。。。大丈夫だったのだろうか。。。かわいそうなワンコ。

みなさんも。「お鹿」よりも「め鹿」に注意っ! 女は怖いのだ。

*おまけ:Doodle☆

久しぶりにデジタル・Doodle→”Ponder in Red”
赤い気分で空想しているひと。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

かわいい親子

お昼休みの散歩途中、可愛らしい親子に遭遇した。ママ鹿と三つ子のバンビ。まだ体に斑点が残っている幼いバンビ。

bambi

キャンパスにいついている鹿たちは人間に追われることもないからか、家の周りの鹿たちと比べるとえっらいマイペースで走り逃げることもなし。ママ鹿から一人で離れてしまってもへっちゃら。ママ鹿もおチビさんたちそっちのけでむしゃむしゃやっていた。

bambi

しっぽをふるふるとさせながら歩く後ろ姿がとても可愛い。

bambi

鹿にはずいぶん被害を受けているので歓迎できる動物たちではないけれど、赤ちゃんっていうものはやっぱりかわいいね。

bambi

そろ〜りそろ〜りと、彼らのあとをついてまわるパパラッチなワタシ。怪しいかな。

一匹のバンビは私がそろりと近づくと、鼻先を宙に高くあげて匂いを嗅いでいた。

bambi5

天敵がいない(とても少ない)ので鹿の数がどんどん増えている気がしてならないんだけど。この種のWhitetail Deer の平均寿命は4〜5年半なんだって。想像していたよりも短いのでびっくり。10年位生きてじゃんじゃん子供を生んでいるのだと思っていた。例えば4年生きる鹿がいて、人間の80歳の寿命と比べてみると、鹿の一年は人間の20歳になるわけで。バンビたちは約3ヶ月で体の斑点がなくなるらしい。ということは、このバンビたちはまだ1ヶ月ちょっとかな。人間で言うと2歳半くらい。。。かな。やっぱり、かわいい年頃なんだ。

bambi

次に会う頃にはティーンになっていて、かわいさ激減だろうなー。

インスタグラムの方に小さな動画をアップしてみました →ココ☆

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪