金曜の青空とおくりもの。

金曜日! 一月って、一週間がこんなにも長く感じる月だったっけ? 去年の秋から有給を消費するために金曜日に休みをもらい、週休3日の味をしめてしまったから、というのもあるけれど。金曜日がくるたびに「金曜日さん、どうもありがとうございます。」なんて思ってしまう。

そして、今日は朝からいいお天気で気持ちよかったー。

寒いけれど。お日さまにパワーをもらう。

そうそう。今日のDoodleで描いたのですが。

doodle marathonより。

朝いちばんに体を伸ばすときに、おもいきりぐーんと伸びてみる。ステージの上でライトを浴びているかのように、少々おバカに。すると、朝からひとりで笑えたりする。誰も見ていないのでやってみて〜。「今日はこんな変なポーズができたわ」って、笑えます。

お昼過ぎに「ごんごん」と玄関のドアを叩く音がした。郵便屋さんだ。

郵便物が届くっていうのは嬉しい。海を渡って(ここは島なので)時間をかけて、人の手で仕分けされてやってきたのだと思うとまた嬉しい。

そして私宛に届いたものが2つ。

わー♡

佐藤右志さんが挿絵をかかれた本と、右志さんのデザインの年賀はがき(?おめでとうの文字がかくれてる!)!

これね、ツイッターでたまたま、本当に「たまたま」流れてきたツイートのひとつが目についたことが始まり。佐藤右志さんのツイートでフォロワー企画をされていて、それに当選してね、わざわざこんな遠くまで送ってくださったのでした。仕事の後にぱらぱらと見せてもらい、右志さんのイラストの描写力に圧倒された。すごいなぁ〜。右志さんは「形を遊ぶ画家」といわれているとおり、とても楽しい連携したパターンを描かれる。パターンを描いてみたいなぁって思っていたときに出会ったツイートで、それでフォローさせてもらっていたのでした。でも、パターンだけでなく、本当に幅広く写真よりもメッセージ性の高いイラストを描かれていることを、この本を見せてもらって知りました。週末の楽しみができた〜♪

もうひとつ、私宛に届いたのは父からの年賀状。

いつもはモモとゴンタの写真などを年賀状に印刷しているんだけど、今年は父が自分で掘った篆刻文字の印が押してあった。篆刻には漢字が漢字になる前のプリミティブな楽しさが残っていて好き。私は書けないけどー。

今週はずっと「寝付き」が悪かった。珍しい。カモマイルティーを飲んだし、明日はお休みだし。今夜はすっと眠れるかな。明日も晴れるらしい。バラの剪定してあげないと。りんごの木も。そしてあの茂っているアイビーも一掃したい。

良い週末を!

☆kahogo石けん・第四弾パッケージ☆

ちょっと嬉しいお知らせです♪

今回、私のDoodleのひとつが「kahogo石けんの第四弾パッケージデザイン」として選んでもらった〜♪ わ〜い☆

今回選ばれた80の作品。私の(地味〜な)Doodle、どこにあるかわかるかな(笑)

kahogo石けんプロジェクトというのは、プロ・アマ問わず多くのクリエイターさんたちがパッケージデザインに参加できる企画で、今年が4回目なんだそうです。今までの作品も今年の作品も、スタイル・タッチ・カラー・メッセージも様々で、本当に見ていて楽しい。

kahogoさんのデザイン募集について知ったのはほんの偶然だった。ネットで「枠練り石けん」ってなんだろうって調べていて、kahogo soap について書かれた記事に巡り会った。

kahogo石けんっていうのは:

kahogo石鹸は90日間の時間を掛けて大事に大事に育てた透明枠練り石鹸です。
乾燥、湯浸を繰り返し人の手で丁寧に磨き上げ、透き通った透明なkahogo石鹸が出来上がります。
低刺激でお肌に優しく、泡の潤い力でしっとりとした洗い上がりです。
kahogo石鹸は泡立ちにもこだわり、一般的な固形石鹸より、きめ細かいフワッとした泡立ちです。
お肌に敏感な方、お化粧ノリを良くしたい方、ぜひお試しください。
優しい匂いに包まれながら、心も肌もリセットし、1日の始まりと終わりにkahogo石鹸で癒されていただきたいと思います。
[kahogo soap conceptより

透明できれい。すごく丁寧に作られているのが伝わってくるような。どんな香りがするんだろう、どんな泡立ちなんだろう、と、思いが巡り。パッケージデザイン募集がもうすぐ締切になるっていうときに、えいっと思い切って出してみたのでした。

アーティスト・クリエイターさんたちの作品の仲間にいれてもらえたこと、とっても嬉しい。

本名を出そうかなってすごく迷ったんだけど、結局「paprica」で提出しちゃいました。

で、

その私のDoodleはというと。。。

じゃんっ。

Doodleの方でみて覚えているかもしれないけれど、ビーツを引っこ抜いてハッピーなおじさん。

あはは。。。 ビーツおじさん、石けんパッケージでデビュー。

ビーツおじさんのパッケージはココ→☆です!

11月25日(水)からkahogo オンラインショップ下北沢の店舗リルワゴンさんにて販売開始!ということでようやくこうしてブログで紹介してもオッケーとなりましたん♪

また11/25〜12/8の期間、西武池袋店4階(中央A7)イベントスペースNEWSてPOPUPショップも出店されるそうです。お近くの方、お時間があればのぞいてみてくださ〜い。

追加販売はなく、全部で30個(各アーティスト)だそうです。

  • kahogoショップ10個
  • リルワゴン:初回納品3個 (@kahogosoapのインスタにメッセージをすると取り置き予約可)
  • 西武池袋店:初回納品7個
  • ストック:10個(リルワゴン・西武のリピート用在庫)

私も実家の方にサンプル品を送ってもらえたそうで、母がこちらに送ってくれるのを待ちま〜す!

kohogoさん、どうもありがとうございました〜♡

木曜日のつぶやきと嬉しいおくりもの

ダウンジャケット、やっぱりまだ洗えない。朝晩はひんやりするし、また少し寒い日がふと戻ってくるかもしれないもんね。

でも、日中はぽかぽか。昼休みの散歩中、見渡すとあちらこちらで春の色がはじけている。

子供の頃住んでいた家の、小さな小さな庭のはしには赤い椿があった。あまり好きじゃなかったな。椿の花が頭からまるごとぽとりと落ちて、地面の上で茶色く色を変えていくのを見るのが嫌だった。でも、おとなになって食べ物の嗜好が変わるように、今はこの存在感たっぷりの可憐な椿の花が大好きです。葉も蕾も咲いた花も、散る姿までも、中途半端なところが全く無い。我が家にはないので、散歩中に楽しませてもらう。

昨夜はとてもとても怖い夢を見た。私の悪夢のテーマはディストピア。そこに出てくるニンゲンは人間性を失った悪魔のような生きもの。なんであんな怖い夢を見たのだろう。昨夜、相方と見ていたナショナルジオグラフィックのドキュメンタリーのせいかも。そのドキュメンタリーは、養護施設で育てらているチンパンジーや象の子どもたちがテーマだった。みな、密猟者に親を殺され奪われた子どもたち。動物たちが自然に戻り自立して生きていくためには、親とのコンタクトとたっぷりの愛情が必須条件なんだって。このドキュメンタリーの中の小さな象たちが、本当にかわいらしくてたまらなかった。ボランティアの人が鼻の下をさすってあげると、喜んで鼻をやや不器用にぷらぷらと揺らせて巻き付けたり。

今日はかわいい象の写真をむさぼってしまった。

愛らしいチンパンジーや象の様子をみながら、その背景にある現実が心の奥にシミついてしまったのかも。とにかく。この怖い夢のせいで午前中はどうも後味が悪かった。

家に帰るととても嬉しいおくりものが届いていた☆

ブログを読んでくださっている鍵コメさんから♪ ご自身でネットオーダーされたものを譲ってくださったのです。嬉しい〜!こんなにもたくさん!

私に育てられるのかなぁ〜、とちょっと心配でもあるんだけど、「試してみてください」とわざわざ送ってくださったお気遣いがとても嬉しいです。鍵コメさん、どうもありがとうございます!週末に早速植えてみます!

先週末、相方に「週に一回は私ごはん作りたくない。」と言った(笑)。「おぅ、ノープロブレム!」という元気な返事。

で、水曜日は相方がチキンシザーサラダを作ってくれた。よしっ。

買い物は私がしたけれど、準備は彼。シザーサラダのドレッシングは、いつも相方の担当なんだけどね。作らなくていいのだ、と思うと、それだけで気持ちが楽だったのでありがたかった。で、サラダを食べながら「めっちゃ美味しいなーっ。ほんまに美味しいなぁーっ!」と自分のサラダに感激していた相方。『そうそう、あなたは自分の料理好きやもんね。なんなら毎日作ってくれてもいいんだよ。。。』と、頭をよぎったけど口には出さず(笑)、代わりに「ほんま、美味しいなぁ〜!」と ちょっぴり大げさにサンキューサンキューと言った。あはは。来週も頑張ってね〜。

長い一週間もあと一日。来週は4月ですな。はやーいっ!

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

世代交代:マイ急須

たったかたーん☆

私の新しいお急須!

かわいいでしょー? 注ぎ口が広めのどっしりさん。

「急須を買い替えなあかんわ~」とぼやいていたのを覚えていた母が買っておいてくれました。ありがたいです。

もう何年も前に一時帰国したときに、近くのスーパーかどこかで買った安物のお急須(↓↓)。長いことよく頑張ってくれた〜。

ブログにも何度か登場してきたこのお急須(→「くっついた」の記事→「くっつくか?!」の記事)。 蓋が割れてくっつけて、また割れて無理やりくっつけて…を繰り返し。とうとうもうくっつけられないほど細かく割れてしまってからは、「おてしょ(小皿)」を蓋代わりにして使っていた。

それでも変な愛着がわいてなかなか捨てられず、この状態で二年ほど使っていた。私がこの急須でお茶を入れていると、とても遠慮がちに「ねぇ、それってそういうお急須なの?」と、友達にたずねられたことが何度かある。こんな蓋見たことないけど、あるかもしれないっぽいからだろう(笑)。

片手急須の新しいのも家にあったんだけど、小さくて。量が足りない。たいてい、私は急須一回分を大きなスタバの「保温マグ」に入れて飲む。長いこと温かいし、何度もついで、飲んで、ついでを繰り返さなくていいから便利。この「古株蓋なし急須」の一回分の量が、私のマグにピッタリなのです。

新米お急須は全く同じ容量♪ やったね!

古株さん、長い間どうもありがとう。新米さん、これからどうぞよろしくねー。

蓋を割らないように大切に使おう。

*おまけ:今日の海。

気温が下がると透明感が増すような。夕方5時前の海より。

穏やかでガラスのような今日の海。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪