雨上がりのキラキラ

寒いっ! いきなり寒いっ! 今日は最高気温が10度。ひぃっ。今年の秋は寒いんだって。

キャンパスでも、学生さんたちも今日はコートやダウン姿。
例年と違って、9月に入ってからも冷たい雨の日も多く、昨日は帰宅時に降り始めて雪かヒョウに変わるんじゃないかと思ったくらい。二日前の夜は強風で、私の簡易グリーンハウスがまたぶっ飛ぶんじゃないかとドキドキした。異常気象の現れなのかな。

クリックで少し大きくしたら、もっときらきらして見えます♪

でもね、今日はとってもいいお天気で、久しぶりに秋の(もう冬っぽい)すきとおった光にうっとり。色づき始めている樹々もきらきら光る。

先週末も同じように冷たい雨のあとの庭がキラキラだった。
しずくをぶら下げた草花をみていると、あぁ、やれやれ。っていう声が聞こえてきそう。

体はなんだか重かったものの、晴れているのに昼寝をするのも気がひけて、少しだけ庭の片付けをしたんだった。そう、曇天で気温も下がってくると庭に出るのも億劫になる。少しずつ、片付けられるところを片付けていかないと、来春大変なことになるもんね。

庭いじりの準備をしてもたついていると、「まだですかね。。。」の顔して待っているGus。ぼくちん待ってるんですけどね。。。の顔。ホントわかりやすい犬。

おひさまが高くまで上がらない時期になり、家と大木の影になって庭の手前や真ん中には日中でも日が当たらない時間帯がある(涙)。せっかく晴れているのだし、日向で作業したいもの。この日も庭の奥の唯一おひさまが気持ちよく当たっているところの片付けをした。

ココにはラークスパーやチコリや早咲きのコスモスなどが自由に咲いていた。来年どうしようかな。宿根草を増やしたら、こうやって片付けて→また種まいて。。。という必要もなくなるんよね。ぼちぼちと、その方向で頑張ろう。

こんなに気温が下がってしまったというのに、黄色ちゃんがまた蕾をつけてるよー。大丈夫??

それに。

もらった寄植えに入っていて、試しに植え替えたミニバラが、「わたしも!」って。

香りもなく、よくスーパーで安売りされているおもちゃみたいなバラなんだけど、小さくて元気なのです。

今年はあちこちに小さなシクラメンが飛び出てきている。野生のものなんだろうな。地下茎でひろがるのかなぁ。

突然、ひょこっと、日陰を好んで顔を出す。いくつかを「この場所の方がいいんじゃない?」ってところに植え替えてみた。掘り起こすと球根が私の手の平ほどの大きさの「円盤」みたいでびっくり。ガーデンストアで買ったことのあるミニシクラメンの球根は、もっと小さい栗のような形なのに。

秋になると「桃色」や「モーヴ」の花(終わりの花)がメインの差し色になるので、秋明菊のやさしい白が映える。毎年すこ〜しずつ花の数が増えて株も大きくなっている。頑張ってね♪

全く関係のない話なんだけど。今日、カウンターに座っていると、常連の「H・M(=High Maintenance)」さんがやってきた。「やたら手がかかるひと(学生・先生)」のことを勝手にHMと札を付けている。このHMさんは年配のおじさんで、週に一度ほどの割合でやってきて「またぼくのコンピューターがこわれてね。」「またパスワードを忘れちまったよ。」「なんかよくわかんないから見てもらおうと思ってね。」と、私の前でつぶやいて、いつも引っ張って歩いているごろつきのカートをカウンターの角におく。私に「ここにおいてもいいかね?」って毎回聞く。で、そのまま階下にあるメインのカウンターに質問しに行く(私のところで止まらずに、行ってくれてありがとう。笑。)。

そのHMおじさんが、今日は私の目の前に立ち止まり、カウンター越しに「君、知ってるかい?」って。『は?なんで・・・今日はココで質問するのー?』と少々重い気持ちで顔を上げる私。すると、おじさんがね。

「君はとてもいいひとだよ。知ってるかい?前にも言ったかな。言ってなかったかもしれないから、ちゃんと言っておきたいんだよ。」って。もじゃもじゃのひげに埋もれた小さな口をもぞもぞ動かして、そう言ってくれた。

「はぁ。。。そ。そう?? ありがとう。」と言っておいた。

大きくなるよ。終わりのあじさいもきれいです。

ちょっと変わっているHMおじさんなんだけどね。「とてもいい人」はわたしじゃなくて、おじさんなんだよ、と思った。

伝えたいことは迷わずにためらわずに伝えたほうがいいなって、おじさんが行ってしまってからおもった。

週末記録:日向ぼっことベリーブラックベリー

今日から新学期開始!


ちょっぴり緊張した面持ちで「クラスの場所がわからないの」とやってくる学生さんたちがいっぱい。キャンパスのエナジーががらりと変わる九月のはじめ。私もすこしソワソワしていたものの、弾けている若い学生さんたちを見ているとなんだか元気がでてきた。

みんなピチピチでつやつやで、とってもかわいい。ハッキリとジェネーレーションギャップを感じる。はぁ〜、若いっていいね〜。毎年つぶやいてるよね(笑)

ばたばたばたっとしている間に、九月は風のように過ぎ去っていくと思う。

ので、記録記録〜。

。。。するほどのことでもないんだけど。週末に。


G:きみたち、なにしているのですか。

すっかり色あせたIKEAのガーデンチェアの上で。「寝室4人組(?)」に日向ぼっこさせたよ〜。

左がドゥーイ。右がエティエンヌ。

覚えているひともいるかも〜。二匹のライオンくん「エティエンヌ」と「ドゥーイ」の話→過去記事☆)。わたしのヌリカベくん(←相方はこの子のことを「チクレット(ガム)」と呼ぶ)と、相方のベイビートイのパピー。

相方に大切にかわいがってもらってきた「エティエンヌ」と、義母さんの家のおひさまがガンガンあたるところで放ったらかしにされていた「ドゥーイ」。ドゥーイをうちに引き取ってから3年ほどたちました。過去記事にみるように、引き取った当時のドゥーイは、本当に電気ショックを受けたかのような顔をしていた。

↓↓どうかな?

左のドゥーイの顔、ずいぶん柔らかくなったよね? うん、なったと思う!良かったね〜。

この子たち、ちゃんとGジャン着せてもらっててね、これがなかなかきちんとした作りなのです。涼しくなったらバンダナ巻いてあげよかな。

さて。庭の奥のブラックベリー。せっせと収穫。もう十分かも。

この間作った「ブラックベリーの酵素ジュース」がとても美味しくてねー。炭酸水で割って飲んでいたらもうすぐなくなりそうなので。

少し大きな瓶を買ってきて、また作った☆

今回はチョコレートミントの葉っぱも混ぜたよー。日本の梅を漬けるときに使うような広口の瓶があれば便利なのに、見当たらず。サワークラウト用のこの瓶で妥協。ま、いいや。

毎日50回かき混ぜてるよー。あと5日ほどで飲めるかな。

そーれから♪

ずーっと気になっていた「パンナコッタ」を作ってみた。このブラックベリーのソースをかけて食べたくてっ。

もっとややこしいものかと思ってたら、基本的には牛乳カンと一緒やーん。ゼラチンの量が少し少なかったのと、待てずにひっくり返してしまったので、緩め(汗)。プリン好きの相方も喜んで食べるかなーと思って作ったのに、「うーーーん、まぁまぁ。。。」という反応(なんでー?!)。 で、私一人で消費。あとひとつで終わるけど。。。もうしばらくパンナコッタは食べなくていいです。でも、ゼリーにしてもプリンにしても、こういうつるりんというのどごしの良いデザートって「夏〜」よねぇ。あぁ、わらび餅とか水ようかんとか、恋しいなぁ。こちらはもう秋だけど。

いいお天気で爽やかな九月のはじまり。美しい秋がやってくる♪

*おまけ:よいしょよいしょのGus

久しぶりに長い階段。思わず「よいしょっ」って声をかけてあげたくなる。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

いらいらの日

今日は一日いらいらとしていた。

こういうことはあまり書きたくないのだけれど、一日いらいらに付きまとわれたようで随分疲れてしまった。

この夏取り組んでいる課題のプロジェクトリーダー(Aと呼ぼう)がいらいらの原因。昨日、仕事を終えてもう帰ろうかというときに届いたAからのメールが、とてもパッシブアグレッシブだった。パッシブアグレッシブって日本語でなんていうんだろ。受動攻撃的、といってもしっくりこないのだけど。なんていうのか、ストレートにハッキリと問題提示をしてくれなくて、でも行間に「攻撃的な要素」が詰め込まれている、そんな感じかな。遠回しに言ってみたり、それこそ、一日の終りに送りつけてくる、というのも典型的なパッシブアグレッシブだと思う。Aはよくこういうことをするので驚きはしなかったけど、いい気もしない。言うことあるならハッキリとそのまま全部伝えてよ!と、以前にも何度も思ったことがある。私一人がセンシティブになって深読みしすぎてるのかなーと思い、一緒に課題に取り組んでいる同僚にもそのメールを読んでもらった。彼女も「朝からイライラした」って言っていたから、やっぱり「何かにおう・棘のある」メールだったんだと思う。

なんだかムラムラとして、そのメールにバシッと返信したい気持ちもあった。でも、ここで返信するのは「オトリにくらいついた魚みたいだな」と感じたので、そのまま何も言わずにいた。

今日も数回、Aからメールがあったものの、最小限の返事だけをした。いちいちそのメールにカチンとくる箇所があったので、今顔を合わせたら食いついてしまいそうだと思い、こっそり隠れてできることをしていた。そんな風に避けて過ごす私自身もパッシブアグレッシブなのかなぁという気もした。

幸いにも、普段一緒に働いているみんなは気さくな人たちで、数人に「ちょっと聞いてー」と愚痴を聞いてもらいスッキリできたんだけどね。そのときは。

私って、一瞬にしてブチ切れる、ということはあまりない(と思う)けど、ジリジリとずるいことをされたりフェアじゃないと感じると、ぐわ〜〜〜んと闘牛モードになってしまう。そう、目の前で赤に布を振られているような気がしてきて。後ろ足で地面を蹴り上げて頭から突進して行きたくなる。愚痴らしてもらって抑えたけれど(苦笑)。

まぁ、たまにこういうことがあると、普段あまり使わない頭と感情のトレーニングになるなぁ、とも思った。

Aも、根は悪い人じゃない。非常に不器用で融通が効かなくて、肝が小さい。まぁ、Aも、上から押されてプレッシャーを感じていてイライラしていたのかもしれない。でも誰にも愚痴を聞いてもらえなかったのかも。うん、多分、そうだ。そんな気がしてきた。

明日は気を取り直してAと話をしようかな。

*おまけ:3コマGus

朝のトマトタイムより

さくっさくっさくっ。

雪が全部消えてしまう前に。しつこいようだけど、またまた雪のリポート~(これで終わりにするからね)。

お昼休みに大学の庭と小さな林の中を歩きたくって。もう、その気まんまんで長靴にレイヤーつけて出勤!

「雪化粧」ってうまく言ったものです。こういう季節の移り変わりの中で使われる表現においては、日本語は豊かだと思う。中国語もそうかな。無理やり英語にして「Snow makeup」なんて言ったら雰囲気が台無しよねぇ。

あ、でも今日、ランチタイム瞑想のヘンリーさんからのグループメールにこんなのがあって。

これは「Kahlil Gibran(ハリル・ジブラン)」というレバノン系アメリカ人の詩人・画家・彫刻家の引用。「優しさって雪のようで、包むものすべてを美しくみせる」かな。日本語の「雪化粧」っていう表現と重なったタイムリーな引用だった。このギブランさんの引用にはなかなか「はっ」とさせられるものがある。また時間のあるときにみてみたいな。

水分を沢山含んだ重たい雪。道路はぐちょぐちょで、半分溶けた雪が歩道に押し上げられていたりして歩きにくい日。でも、大学の小さな林の中のトレールやお庭は踏み固められた雪がきれいだった。きゅっきゅっという音がする。

青空が広がり気温も徐々に上がり、歩いていると時折、ずさっと木の上から雪が落ちてきた。楽しい〜。犬に負けないくらい雪道を歩くのが楽しい。

かわいらしい雪だるま。こんにちわ。ちゃんとにんじんの鼻をつけてもらい、赤いボタンのシャツを着て、にっこり笑ってた。

スキー服着てたら、迷わず座ってたよ。このベンチ↓↓ ふっかふか。

こんな風にお昼休みに歩ける場所があるの、ありがたいな。

水曜日は昼休みに瞑想に行くのだけれど、今日はスキップ。歩きながらの瞑想、ということで。

いつかこんな風な雪の林の中をクロスカントリースキーしてみたいなー。

誰もまだふんでいないふかふかスポットに誘われて… さくっさくっさく… おすそわけ。です(いらないって?)

ごちそうさまでしたっ♪