こそ泥っ!

朝、Gusと散歩に行くのに裏口を開けようとすると。。。

へっっ??

一瞬目をうたがった。

きみ。そんなところで。。。何やってんの???

おっ。気づかれたか。

べぇ〜〜〜〜〜〜〜っ。

ぬぁ、ぬぁんという態度っ!

窓の向こう側からは、反射してよく見えないのかもしれない。でも、私達の気配は感じているらしい、こそ泥。

ぬぅっとこっちを見つめて。

間合いをつめて。

えっ?

にょっ。

目が合ったーっ!

それでも焦る様子もなく。りんごを大切に両手で抱えてまた振り返る、こそ泥。

私たちのりんごの木になった、最後のりんごだった。2日ほど前に見つけて、「あぁ、コレが最後だなぁ」と、裏口のポーチの手すりの上に置いておいた。寒くなってきたし、外においておいたほうが長持ちするかも〜、なんて思って。

裏庭の奥には、お隣さんの古いりんごの木から落ちてきたリンゴがたっくさん転がっている。なのに、このタヌキたちは見向きもしない。カスカスで美味しくないのをよ〜くわかっている。全く。

元気な一週間を!

オーブンと換気扇の新調!

この夏に冷蔵庫がお陀仏し、嫌なサービス+散々待たされた後、新しいのが家にやってきた(→☆記事)。そして、次は… オーブンのガラスの窓(?)が割れた。

30cmくらいの亀裂が一本入ったのが2年ほど前のこと。で、今年に入ってから枝分かれして2~3本の短い亀裂が入った。それでも、大丈夫さ~と言って使っていたんだけど、数週間前にオーブンのドアががくんとズレてしまい、それを元の位置に戻すときの振動でガラスが亀裂部分からズレて割れた~(涙)。

さすがにこの状態でオーブンを使うのは危なかろうと思い、すぐに新しいのを買うことにした。

カナダでは新しい家(新築だけでなく、古い家もアパートなども含めて)に引っ越すと、大抵は前居住者の使っていた電化製品を引き継ぐことになる。日本のように、自分たちで冷蔵庫やらエアコンやらを購入して取り付ける、ということはしなくてもいい。なので、どんな電化製品が備え付けられているか、というのも物件選びのちょっとしたポイントにもなる。

うちの大きなキッチン家電は全て白い「Kitchenaid」だった。16年ほど前にこの家に引っ越して来てからずっとそのまま。明らかに、前に住んでいた人たちは「セット」で冷蔵庫、オーブン、食洗機、換気扇を購入したんだと思う。古い説明書が出てきたのでよく見てみると、全て1995年のモデル! 最低でも23歳の電化製品だったということになる。わぁ~。よく頑張った!そろそろ暇をやる時期だったんだね。そしてみんな足並み揃えて(?)息絶えたんだわ。で、オーブンとストーブ(調理台?セットになってます)を交換するなら、その上にくっついてる「換気扇」も一緒に買い換えてしまおう、ということになった。また出費〜(涙)

さて。電化製品って「買って、コンセントにつなげりゃオッケーだろう」と私は思っていた。そんなに簡単なものじゃないのね。

古いのを取り除く→掃除する→汚い壁を洗う→穴や亀裂をパッチングする→プライマー(ペンキの下地)をぬる→ペンキを塗る→電気の配線チェック(電気工事屋さんを呼ぶ) etc. etc.  面倒くさ〜。

それでも、私はまぁ、なんとかなるわ〜!と気楽に考えていたんだけど、相方はかなりストレスを感じていたようでした。

で、コレ(↓↓)が推定年齢23歳のストーブ+オーブン+電子レンジ付き換気扇。

換気扇とレンジを取り外したところだったので、下に木箱を置いて支えてます。そう、こんなふうな古いタイプだった。電子レンジの下に「ファン(換気扇)」がついてるタイプなんだけど、音ばっかりうるさくて、吸引力がほとんどなかった。しかも、調理台との距離が60cmくらいしかなかったので、レンジもファンの金網も油でギトギト。洗っても洗ってもとれないほどの酷さでした。オーブンの「窓」の部分も同じく油でギトギトで、亀裂が入ってからはまともに洗えなかったので、外から中の様子を見ることなんてできなかった。

電子レンジと換気扇せっとを取り除くと。。。この通り。

汚い。

相方の心配は、新しい換気扇の通気口(?)がこの部分にちゃんと当てはまるのか。それを自分でできるのか。すごーく心配していたみたい。

結局ね、お友だちの大工さんにセッティングをしてもらい、電気工事屋さんにファンの取り付けもしてもらい、全て完了!

アップグレード!

電子レンジはポイ。調理台と換気扇のスペースが広くなったのですっきりして見える。オーブンの窓もきれいでぴかぴかで、中の電気もちゃんとONになる!!

わぁ〜♡♡ 中が見えるよ〜♡

ただねぇ。この調理台、ガラストップなのです。フラットで電気コイルがガラスの下に埋め込まれているようなタイプ。本当はガスコンロがほしかったけど、ガスのラインを引いてもらう工事も必要になるし、ガスコンロのオーブンはも一つ高いし。で、電気の調理台というと、今はみんなこういうフラットなガラス(またはセラミック)トップなんだって。これがね〜、まだまだ使い慣れないです。がさつな私は、すぐに傷をつけてしまいそうで怖いし、やたら汚れが目立つ! 鍋底が平らじゃないといけないし、底が凸凹してたり汚れていたりすると、それがガラスの表面にこびりついたり傷の原因になったりするらしい。相方のおばあちゃんのキャストアイロンのお鍋などは、ガラストップには不向きなんだって。えぇ〜っ。前の古い「むき出しコイル」で良かったのになー。あれだと、ガンガン鍋をのせても大丈夫だったのにな。

でも、まぁ、フラットなのは見栄えは良い。もう少し使ったらなれるかな。

オーブンはコンベクションオーブンと普通オーブンの2つの機能がついているので、コンベクションを使ってパイを焼いてみた。熱が均等にゆきわたるらしい。新しい換気扇は、ずっと静かでちゃんと「吸ってくれる」ので嬉しい♪

キッチンに一つ残った古株は…白い食洗機。めったに使わないしまだ動く。古株の友達たちがみんな引退してしまって、ちょっと淋しげです(笑)

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

ブログをこわしてしまったのでした

ぜーぜー。はーはー。

「コメント欄の不具合」が気になって、木曜日の夜にブログのテーマテンプレートやコードの部分をいじってみた。すると、全くコメントができなくなってしまった。どうやってもできない。あれれ〜と思い、もう一歩踏み込んでパーミッションやらをいじっていたら… 突然、ブログのどのページも、アドミニページも、何も開かなくなったのでした。ちーん。「サーバーのせいかなぁ。そうかもしれない。朝になったら元通りになってるわさ。」と、翌朝チェックしたところ、そのまんま「403エラー」しかでない。

イライライライライライラ… 家でコンピューター関係のことでずっこけると本当にイライラする。

で、いっぱいいっぱい検索して、サーバーに問い合わせして(←返事はまだ来てない)、なんとか戻った!形だけは戻った〜。ほっ。

壊れたブログに訪問してくださった方、すみませんでした。そっけないエラーメッセージしか出せなくて。

夜、眠いときに中途半端にしか理解していないことに手を出すのは辞めよう、と思った。ふぅ、疲れた。

週末はとっても良いお天気で、冷たい風にきれいな景色が「ぴん」と凍りつきそうだった。寒くても晴れていると元気が出るね!

*ブログのコメント欄について:

コメント欄の左下にあるボタンが「返信を投稿」となっていますが、これは「コメントを送信」ボタンです。変な日本語を書き換えたくてもうまくいきませーん。ごめんなさい。そして、この送信ボタンを押していただいた後、何も起きなくて、コメントが消えてしまったのか送られたのかよくわからないのですが。。。実際にはコメントは「承認ボックス」に届いています。「ありがとうございます。承認後にコメントが反映されます」というメッセージを付け加えることもできなくて。。。わかりにくくて。。。ごめんなさいっ!!

*******

ブログがこわれて癒やしをもとめて。このインスタのぶるちゃんパピーを何度も見てしまった。

めっちゃかわいい。。。

で、気分はこの子(↓↓)だった。

幼稚園のだしもので、こういう子絶対に一人はいるよね。このクリップもツボにハマって何度も見てしまったのでした(笑)

良い一週間を!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

世代交代:マイ急須

たったかたーん☆

私の新しいお急須!

かわいいでしょー? 注ぎ口が広めのどっしりさん。

「急須を買い替えなあかんわ~」とぼやいていたのを覚えていた母が買っておいてくれました。ありがたいです。

もう何年も前に一時帰国したときに、近くのスーパーかどこかで買った安物のお急須(↓↓)。長いことよく頑張ってくれた〜。

ブログにも何度か登場してきたこのお急須(→「くっついた」の記事→「くっつくか?!」の記事)。 蓋が割れてくっつけて、また割れて無理やりくっつけて…を繰り返し。とうとうもうくっつけられないほど細かく割れてしまってからは、「おてしょ(小皿)」を蓋代わりにして使っていた。

それでも変な愛着がわいてなかなか捨てられず、この状態で二年ほど使っていた。私がこの急須でお茶を入れていると、とても遠慮がちに「ねぇ、それってそういうお急須なの?」と、友達にたずねられたことが何度かある。こんな蓋見たことないけど、あるかもしれないっぽいからだろう(笑)。

片手急須の新しいのも家にあったんだけど、小さくて。量が足りない。たいてい、私は急須一回分を大きなスタバの「保温マグ」に入れて飲む。長いこと温かいし、何度もついで、飲んで、ついでを繰り返さなくていいから便利。この「古株蓋なし急須」の一回分の量が、私のマグにピッタリなのです。

新米お急須は全く同じ容量♪ やったね!

古株さん、長い間どうもありがとう。新米さん、これからどうぞよろしくねー。

蓋を割らないように大切に使おう。

*おまけ:今日の海。

気温が下がると透明感が増すような。夕方5時前の海より。

穏やかでガラスのような今日の海。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪