金曜日のつぶやき。六月のざわざわ感。

いよいよ夏がやってきました〜。ビクトリアにも!

コロナワクチンの接種率も、私の住む州では75%弱の成人、69%の12歳以上が少なくとも一回目を受けたそうで、今週はじめには規制が緩んだ。娯楽や家族に会うといった理由で州の内外を自由に行き来してもよくなった。少しずつ自由が戻ってきている。

屋外なら50人までは集まっても良い、ということになったので、今日の午後は相方が庭で小さなイタリア語の集いを開いていた。ジェッパ先生を含めて5人だけど、にぎやかな雰囲気がとっても新鮮で私まで嬉しくなった。Gusも大喜びで、みんなの中に混じっていた。約1年ぶりの再開で、メンバーの一人はプロセッコのシャンペンを開けてお祝いしていた(笑)。気持ちはわかる〜。

この一枚の主役はみつばち。

ちょっと話はそれるけど。

みなさん、最近調子はどうですか?

わかり易い言葉で説明できないのだけれど、五月の終わり頃から妙に「波打っている」感がある。ざわざわしているというか、でもただ「落ち着かない」のではなく、ばしゃばしゃとした流れの中にいるような。四月から五月半ばとは何かが大きくちがう。私個人のもうちょっと具体的な例でいうと、3週間ほど前に出勤日にものを運んでいたときに、運び方が悪くて(おうちゃくして)、首から肩にかけてぴっきーんと肉離れ(?筋を傷めた?)を起こした。それがさ、なかなか痛みがとれず、良くなったかな〜と思ったらまた翌日、がっちがちになったり、ズキズキと上腕部が痛んだり。相方も最近また痛みがひどくなって隣でよく唸ってるし(←これを聞くのがまたしんどいのです。。。)。日本の家族はというと、ゴンタを失った悲しみですごく落ち込んでいて、続いてモモも調子が悪くなり。二匹を一番近くで面倒見ている母はストレスと疲れのせいでとっっても過敏になっている。彼女の一番悪いパターンが思いっきり前面に出ている。ネガティブのスパイラルにがんじがらめになっていて、すごくつらそうで、そのスパイラルに周りを引き込んでいく。涙もろいだけでなく、私の言った一言にも「どうやったらそんなにネガティブにとれるわけ???」という反応でシャットダウンしたり。近くにいる妹たちもしんどそうだし。

知り合いで「なんだか調子悪い」とか「良くないことが続いてね」と言ってるのも一人や二人じゃない。

波打ってる時期なのかなぁ。なんなんだろ。

しばらくすれば落ち着くところに落ち着くのだ、と言い聞かせて、草花にちからをもらってます。

そうだ、ちょっと楽しかったこと♪ 先日、とっても久しぶりに「映画」をみた。Netflixなんだけど、いつもは相方とドラマしか見ないんだけど、たまたま彼がピックしたのが映画だったので見てみたらとても良かった。

遺跡サットン・フーの発掘を巡る実話を題材に描いた小説「The Dig(時の面影)」を映画化したもの。未亡人エディスが、自分の所有地にある古墳(?)の発掘をアマチュアの発掘家・考古学者バジルに委ねる、というところから話が始まる。

とても久しぶりに会話や仕草や、一緒に過ごす中で生まれてくる信頼感のようなものを楽しめたお話だった。

少しずつ、お野菜も楽しめるようになってきた。夏野菜はまっだまだだけどっ(笑)。

わたしとGusが庭に出ると、お隣さん(F婦人)のワンコ「キャスパー」がベランダに出てくる。

白いシュナウザーだと思う。すれ違うワンコたちにガウガウやってるのをよく見るんだけど、Gusに対してはガウガウじゃなくて「きゅぃ〜ん」と鼻をならすのでかわいい。こうして写真の顔を見ていると、飼い主のF婦人にめっちゃ似てる(笑)。

ゆったりと心地よい週末を♪

朝の庭より。一つ目のもも色ポピー。

今週に入ってからは肌寒い。またフリースを羽織っております。

とはいえ、ホットフラッシュもOn/Offでやってくるので、脱いだり羽織ったり、片腕出したり。ホットフラッシュはあるけれど、以前のようにその度にちょっと気持ち悪くなるということはもう無い。それだけで随分楽になった。

さて。気温は下がって最低気温が10度をきったりしていても、草花たちは夏に向かってゆっくりと進んでいる。

今朝、ひとつめの桃色ポピーが咲いた♪

畑のはしっこでぐんぐん大きくなったひと苗。あぁ、この細い茎がぐぐ〜んと頭を持ち上げる様子をみると元気が出る!

みつばちたち。さぁおいでおいで。

わさわさとしてきた初夏の庭。冷たい朝の空気が気持ちいい。

今年は一段と、ごちゃごちゃしてる。フォックスグローブはこぼれ種からいっぱい出てくるので、いくつかだけを残して咲かせてるよー。種が落ちる前に切るようにしてます。

種には毒があるそうで、草や土を掘って食べる方が一名いるのでね。

今日は朝からお腹ゴロゴロで食欲もなかったGus。月曜日は私が出勤日なので、日中庭に出て何かを食べたのか。歳のせいか、好き嫌いも増えてきたし食べたくない朝もあるし、タンパク質源が「むかつき」の原因になっていたりするようです。今日は少しディハイドレートフードを乾いたまま食べて(←普通は少しぬるま湯で湿らせるんだけど、湿らせたのは食べたくないらしい)、あとはプレーンのピタブレッドを食べていた。

明日はお腹の調子が戻るかなぁ。

コンスタンス・スプライさんは、今年は去年よりも蕾の数も増えて元気。コンスタンス・スプライとその隣のM.A.キャリエールさんには朝日がたくさん当たる。この二つには虫も殆どつかないし、葉っぱに黒点がつくことも稀。朝日で夜露を乾かすことができるのが良いのかなぁ。

眩しいハーブベッドは、今紫色に覆われているよー。

気温がもう少し上がれば、朝からミツバチたちが忙しくするんだけどねぇ。まだちょっと寒いです。

週末、とっても久しぶりに「フィンランドのデーツのケーキ」を作った。

小瓶に入った赤いのはルバーブのシロップ。

実はこのケーキのレシピは、私のブログでは多分、アクセス数の上位3位に入っているページだと思う。もう随分前に一緒に仕事をしていたワンジャちゃんから教わったレシピなんだけど、失敗知らずでしっとりとしてとても美味しい。小麦粉アレルギーなら、アーモンドミールや米粉などで置き換えても大丈夫。私はこの日は小麦粉、アーモンドミール、ココアを各半カップずつ使った。バターもレシピでは180gだけど、120gくらいでも大丈夫だったし、はちみつも少し減らしたけれど十分に甘い。相方はこのケーキにはチョコレートがたっぷりと入っていると信じている(笑)

草花たちは朝の光のなかで一番きれいにみえる。

好きな色合い。

この時期、庭がどんどん変化するので。記録。

枯れかけた草花用の「レスキューベッド」としてスタートした半日日陰のわたしの花壇。今年はすごくわちゃわちゃとしている。シャクナゲもアザリアも忘れな草、ブルネラ、名前のわからないバーガンディの花、マーガレット。。。それぞれが少し大きくなって茂って混ざり合っている。

こんなにごっちゃごちゃなのに、草花の色たちはクラッシュすることなくそれなりに調和をなしているから不思議。

冬を越したセリンセとアザリアと。隙間にワレモコウがぎゅぅっと(笑)

黄色いシャクナゲとブルネラ、マーガレット。ごちゃごちゃ。

名前のわからないバーガンディちゃんと、アザリア、薄桃色のおだまき、忘れな草ぱらぱら。

今が一番にぎやかで、六月になるとひっそりとしてしまう、私の花壇。

いつも良くしてくれて助けてくれる中国人のお友だちファミリーのために、ストロベリールバーブパイをまた焼いた。この間のMizueさんのパイクラスとがとってもおいしかったのでリピート。余った生地でミニガレット。これも美味しかった。こうして小さいサイズをいくつか作ってもいいかも〜。

この間きらしていたのが、この「クイックタピオカ」。これを果物に砂糖をふりかけて少し休ませているときに一緒に入れる。大さじ2くらいかな。コーンスターチや小麦粉よりもいい具合に果汁をゼリー状にしてくれるので、焼き上がってしばらくしたときにぐちょぐちょならない。相方のお母さんかおばあちゃんのベイキングティップ♪

私にできることというとこれくらいなんだけど、とても喜んでくれたので嬉しい。ルバーブを食べてもらえて嬉しい♪

昨日からコロナの規制が少し緩まった。順調にいくと9月はじめにはマスク規制もとれるとか。リモートに切り替わったときには、新しい「ノーマル」に慣れるのに抵抗もあったし疲れることもあった。これがまた「Beforeコロナ」のノーマルに戻るとなると、それはそれでプチストレスも感じるんだろうなー。頑張って変化についていかないとっ。浮き輪にお尻を沈めて流れにのるように(笑)

 

バラが咲き始めた♪

ときどき、「去年の今頃の庭はどんなふうだったっけ」「どんな作業をしていたっけ」と、以前のブログ記事をチェックする。花が咲く時期は年によって、一週間〜数週間ずれたいたりするのをみて驚くこともある。

マダム・アルフレッド・キャリエールさん。咲き始めた♪

これも前に住んでいたひとが植えたものをレスキューしたので、品種は100%確かではないのだけれど、多分多分、そうなんじゃないかなーと思ってる。

去年は「咲いたよ!」の投稿が一週間遅い28日だった。今年の5月は晴れている日は多いけれど、風が冷たい日が続いている。でもバラは1週間早く咲いた。

自由にふわ〜んと花びらをひろげるM.A.キャリエール。きれいだな〜。

フェンス沿いになるべく扇の形になるように剪定しているけれど、今年のつぼみの付き方を見ているととても偏りがある。なんでかなー。日当たりの良いところにつぼみがよく付くのか、ただその枝が元気なのか、片一方はほとんどつぼみがなくて葉っぱばかりです。

M.A.キャリエールのつぼみがたくさんついている方のすぐとなりには、ワイルドな藤がある。マダム・フジコ。

ほ〜ら。フジコは「棚」の代わりに「杖」をついている(笑)

そうそう。ちょっと見て〜。

これね、試しに好きなアイリスの種をとっておいて植えたもの!ちゃんと発芽した!種に少しヤスリをかけ、去年の秋の終わりに植えて冬を越したもの。ようやく10cmほどの大きさになった。まさか発芽するとは思っていなかったのでとても嬉しい。アイリスの中でも細くて繊細なもので、相方が好きなものです。ここから花が咲く大きさになるまで、あと一年〜二年かかるのかな。

このオダマキさんは野生種なのかなー。庭のあちこちにこの色と薄い桃色のが咲いている。種を飛ばして勝手に出てきているものはこの種類。

もう少し薄くて紫がかっているものが多い。この子は青みがつよくてきれいだ。

例年、二番手に咲くのバラは桃色の「コンスタンス・スプライ」なんだけど、今年は「クラウン・プリンセス・マルガリータ」が咲き始めている♪

バラの名前がさ〜、なかなか覚えられなくて。これもスマホのガーデンメモに名前と写真を入れておいたから思い出せたという(汗)。このマルガリータちゃんは、葉っぱに黒い点がたくさん広がっていて困っている。重曹を混ぜたスプレーをしてあげるといいらしいけれど、今からでも大丈夫かな。

今年はポーチドエッグさんがわさわさしている。日当たりの良いこのスポットが気に入ってるんだろうな。

同じ時期に同じ花の種を植えても、元気に咲く年とそうでない年がある。一年前はもうこの時期に最初のスイートピーが咲いていた!今年は全然駄目。まず普通に地植えしたのは発芽してくれない。育苗保育園であとから苗を育てたものが少し大きくなってきたので、明日植え替えようと思う。

今週末は3連休☆ 月曜日はビクトリアデーですよー。現時点でカナダのコロナワクチン接種率はちょうど50%を上回ったところ。私も火曜日に打ってもらった。この連休明けには、少し規制が緩むかも、って期待しているひとも多い。夏に向けて気持ちが開放的になっていく時期、少しずつ元の生活が戻ってくるといいなぁ。

ゆったりと気持ちのいい週末を〜♪