ちょっとだけ、春への準備

2月も残すところあと一週間! まだ寒いけれど、朝早く薄暗い中でコマツグミのトゥルルルルル~という透き通る歌声が聞こえ始めた。「春」を感じる。一年前、二年前、この同じ歌声を聞きながら感じていたものがふわりと蘇ってくる。やってくる春への期待とか、少しそわそわする気持ちとか、ふと思い浮かべていた懐かしいひとのこととか。Gusの朝散歩も、もう「真っ暗」ではなく、うっすらと明るくなってきた。うんちを探すのに懐中電灯で照らさなくても良くなった。こういう小さな変化が、気持ちを少し軽くしてくれる。ふわっと浮き上がってほんの少しふくらむような感じ。新芽の様だ。

昨夜の満月はまぶしかったな~。夜中にトイレに座ると、バスルームの天窓から差し込む月明かりのスポットライトを浴びた。月明かりって泉の水のようで、気持ちがすぅっとする。

先週末、自転車で買い物に出かけたついでにガーデンストアをのぞいてみた。大根の種ってこっちでも手に入るのかな~と思って。日本の大根(ミヤシゲだいこん)ともう一種類、ありました~♪ ずらりと並ぶ種や球根ボックスを眺めているとわくわくしてきたっ。ここに来るといつも余分なものまで買ってしまうのでさっさとレジに並んだ。すると窓際の蘭がとってもきれいでね~。

なんだか嬉しくなって、家に帰って種の整理をしたっ!

草花と野菜とに分け、それを種をまく月ごとにグループ分け。

で、グルーブごとに洗濯バサミでとめて。それらを紙に書き出して。私にしては例年の3倍ほど「きちんと」オーガナイズしたほうで、満足♪ いつもなら適当にぱらぱら〜、もう植えても大丈夫かなぁ、ぱらぱら〜。ぱらぱらぱらぱらやってるうちに、どこに何を植えたかわからなくなる始末。

なので、今年は試しに「記録」をすることにしたよっ。

次は… どのエリアに何を植えるかを大まかに決めてみよう。

去年はネズミがたくさん出たし、乾燥していたせいかおやさいがあまり元気がなかった。3月のはじめには少し野菜ボックスに土を加えようかな。フェンス沿いは雑草だらけで。。。ものすごいことになっていて、眺めているだけで気が遠くなりそうなんだけど。少しずつ少しずつ。毎年同じことを言っていて、あまり進歩や変化の見られない我が家の裏庭。でも、いいや。今年もミツバチや蝶々やハチドリたちがたくさんやってくるといいな。

3月半ばに地区の「ピックアップ・デー」がある。刈り込んだ草木や雑草や枯れ枝すべてを持っていってくれるので、その日までにしっかりと切って切って抜いて抜いて… 頑張る!

もうすぐ春が来る!

美味しい朝ごはんとお昼ごはん。

わたしの普段の朝ごはんは、ヨーグルト+果物。ここにモリンガの粉シャタバリ粉と(たまにきな粉も)を振りかけてメープルシロップを大さじ1ほど加える。お腹の空いているときはトーストを一枚食べたりもする。

でも今朝は温かい朝ごはんが食べたくて、とっても久しぶりにスチールカットオーツを作った。

きな粉とシャタバリ粉と、ドライクランベリーと砕いたアーモンドを少し振りかけて。あ、それとメープルシロップ。

これが、とってもとっても美味しかった〜。ほっこり。

私はいつも朝ごはんの少しをGusにあげるんだけど(隣りに座ってよだれを垂らしてじーーっと待ってるから)、今朝のスチールカットオーツは本当に美味しかったのであげるのが惜しかったほど。

スチールカットオーツは腹持ちもいい。ただ、作るのに時間がかかる(15分ほど)。夜寝る前に分量の水にひたしておくと、翌朝作るときにそれほど時間がかからないそうなので、今夜試してみよう。

そして♪

最近の私のお昼ごはんは、梅干しおにぎり。コレがとっても美味しい〜。

ちょっと前に読み終えた、原田マハさんの「生きるぼくら」の影響です。引きこもりでどうしようもなかった二十歳すぎの主人公が、大好きなおばあちゃんのいる蓼科で自然農法でお米を育て、お米の成長とともに「生きる」ということを再発見するようなストーリーなんだけれど。この話のなかで何度もでてくるおにぎりが、本当に美味しそうで。蓼科の澄んだ空気と美味しい水を与えられて育ったお米、そりゃぁさぞかし甘くて美味しいことでしょう。帰国して食べる普通のご飯も、こっちのと比べたらずっと甘くて美味しいもん。

そんな美味しいお米じゃないけど、帰国のときに持って帰ってきた梅干しと昆布を少しいれておにぎりをにぎる。あまり上等ではない海苔を巻いて。

お出しに卵だけの汁も作ってみた。

美味しい。「美味しいなぁ、おにぎり。あの本の中のおにぎりはコレの5倍くらい美味しいんだろうなぁ。」って口に出して言ってみたりしながら、ゆっくりと食べる。

そういえば。去年、一時帰国したときに父の畑に行ったときに久しぶりに稲穂を見たんだった。

お茶碗にご飯粒を残したまま「ごちそうさま」をしたときに、「ちゃんと最後まできれいに食べやな目がつぶれるで」と祖母や母に注意されたのを思い出す。 相方はいっぱいご飯粒を残したまま器を流しに持ってくる。何度か注意したけれどなおらないので、今は私がきれいに食べるかGusに「フィニッシュ」してもらう(笑)。「生きるぼくら」を読んでからも、やっぱりお米は一粒も無駄にしちゃだめだなぁ(お米だけじゃないんだろうけど)と思ったのでした。

しばらくスチールカットオーツとおにぎりに夢中になりそう。

 

さくっさくっさくっ。

雪が全部消えてしまう前に。しつこいようだけど、またまた雪のリポート~(これで終わりにするからね)。

お昼休みに大学の庭と小さな林の中を歩きたくって。もう、その気まんまんで長靴にレイヤーつけて出勤!

「雪化粧」ってうまく言ったものです。こういう季節の移り変わりの中で使われる表現においては、日本語は豊かだと思う。中国語もそうかな。無理やり英語にして「Snow makeup」なんて言ったら雰囲気が台無しよねぇ。

あ、でも今日、ランチタイム瞑想のヘンリーさんからのグループメールにこんなのがあって。

これは「Kahlil Gibran(ハリル・ジブラン)」というレバノン系アメリカ人の詩人・画家・彫刻家の引用。「優しさって雪のようで、包むものすべてを美しくみせる」かな。日本語の「雪化粧」っていう表現と重なったタイムリーな引用だった。このギブランさんの引用にはなかなか「はっ」とさせられるものがある。また時間のあるときにみてみたいな。

水分を沢山含んだ重たい雪。道路はぐちょぐちょで、半分溶けた雪が歩道に押し上げられていたりして歩きにくい日。でも、大学の小さな林の中のトレールやお庭は踏み固められた雪がきれいだった。きゅっきゅっという音がする。

青空が広がり気温も徐々に上がり、歩いていると時折、ずさっと木の上から雪が落ちてきた。楽しい〜。犬に負けないくらい雪道を歩くのが楽しい。

かわいらしい雪だるま。こんにちわ。ちゃんとにんじんの鼻をつけてもらい、赤いボタンのシャツを着て、にっこり笑ってた。

スキー服着てたら、迷わず座ってたよ。このベンチ↓↓ ふっかふか。

こんな風にお昼休みに歩ける場所があるの、ありがたいな。

水曜日は昼休みに瞑想に行くのだけれど、今日はスキップ。歩きながらの瞑想、ということで。

いつかこんな風な雪の林の中をクロスカントリースキーしてみたいなー。

誰もまだふんでいないふかふかスポットに誘われて… さくっさくっさく… おすそわけ。です(いらないって?)

ごちそうさまでしたっ♪

special snowy holiday!

雪のため大学は休校。よって仕事も休み。ラッキー☆

ニュースによると、平均して積雪量が55cm。うちの周りでも一晩で20〜30cmほど積もった。街はひっそり。

クリスマスの朝よりも静かな一日だったと思う。

Gusと雪の中をたくさん歩いた。またしばらく、これだけの雪をみることはないだろうから。

胸のあたりまで雪に埋もれると、さすがに歩きにくいらしい。私が踏みかためた足跡をぴったりと歩いてついてきた。

よいしょっ。よいしょっ。のGus。インスタより。

少し離れたところで駆け回っているゴールデンレトリバーを見かけた。すっごいうれしそうにはしゃいでいた。子どもと大人が一緒にソリで丘をすべり、クロスカントリースキーでしゃーっと通り過ぎていくティーンもいた。こんな休日、年に一度あるといいのにな。

気温がゆっくりと上がり、夕方には溶け始めたずっしりとした雪。ヘーゼルナッツの枝が折れてしまわないかと心配で、少し雪を払い落とした。

明日は出勤だな〜。