すずらんの日・よもぎもち

五月一日。今日はすずらんの日。

大切な人にすずらんを贈る日。この素敵な慣習のことを知ったのは五年前で、ちょうど庭の影になっているところにすずらんが咲いているのに気づいたのもこの年。2016年の五月一日は、今年よりも暖かかったのか、ぷっくりとしたすずらんが咲いていた(→過去記事)。

今年はまだ小さいよ。

少しずつ庭に色が加わりにぎやかになってきた。

夏になると水やりをしない芝生の部分は枯れて茶色くなるけれど、今はまだ青々としてみずみずしい。大きな緑の中にちらりほらりと春の色が差してきれい。

庭のあちこちに勝手に出てくるオダマキ(野生種かなぁ)は、青紫か薄い桃色。2年前に頂いた種から育ったオダマキさんは花弁の形がシュウマイのようでおしゃれです。

シュウマイちゃんと呼んでいる。

長い間、庭に咲いていたらいいのにな、と思っていた赤いビーバーム。モナルダ、ベルガモットとも呼ばれる花。

去年、やっと小さな苗を見つけた♪ それが、この春はわさわさと元気に出てきたよー。こういう風に元気に春を迎えてくれると嬉しくなる。この場所が合っていたんだなって思える。

さてさて。庭の奥の樹の下の、フェンス沿い。あーーー、このブルー・ベルがどんどん広がって。。。ここだけじゃなくて庭のあちこちから出てくる。球根の細い毛がどこかに落ちると、それがまた大きな球根になって翌年花をさかせるからねぇ。ほんと厄介もの。

そんなブルーベルに混じって育ってくれている「よもぎ」。広がるのを避けるために一つは鉢植えにしてあったんだけど、えいやっと地面に植えた。ブルー・ベルも勝手にやってることだし、よもぎもこのエリアで自由にすればいいと。

この春はじめて見かけたミツバチ。今年も頑張ってください。

そして♡

やっとよもぎ餅を作った〜。

覚書きレシピ

よもぎ餅

  • よもぎ 60g
  • もちこ 100g
  • 小麦粉 25g
  • 砂糖 50g
  • 塩 ひとつまみ
  • 水 200g
  1. よもぎは葉の部分だけを集め、重曹を少し入れて10分ほどゆがく。茹で上がったら水切りして絞って細かく切る。
  2. 材料の粉と水を全部混ぜる。混ぜたものの半分ほどと茹でたよもぎをフープロかブレンダーでピューレ状にする
  3. 残りの粉ミックスとよもぎピューレを混ぜ合わせる。電子レンジで1分チン。混ぜる。また1分チン。混ぜる。だんだん透明感がでてくる。私の電子レンジでは、合計2分30秒でいい具合になった。
  4. 熱いのでやけどしないように水で濡らしたスプーンでお餅をすくい、器に入れておいたきな粉に落として丸める。片栗粉でも良い。

このままだとよもぎ団子。私は少し餡を包んできな粉をまぶした。片栗粉が無いのできな粉を使ったんだけど、いい感じだったよー。もちもちで、翌日でも柔らかくて。ふんわりとよもぎの香りがして♪

前回のレシピよりもまとめやすかった。

ようやく♪ 小さなレタスがレタスらしくなってきた。

日曜日のんびりいろいろと

3月17日の今日は「Saint Patrick’s Day」(聖パトリックの祝日)。だけど、祝日ではないんよね。アイルランドにキリスト教をひろめた聖パトリックさんの命日で、アイルランドの祝祭日。らしい。カナダでもHappy Saint Patrick’s Day☆って言い交わしたりするけれど、ただ「緑色の服」を着たり緑のフェイスペインティングなどをして、ビールを沢山の飲んで盛り上がる日、って理解している人が多い。私もその一人です。

平日だったら緑のシャツを着たりするんだけど、今日は日曜だったので、普段と変わらず… でも、相方はまた「New York Times」のレシピコーナーで、Saint Patrick’s Dayにちなんだ(?)レシピを探してきて張り切っていた。いつものオーガニックの肉屋で珍しく「Chuck(肩の上部の肉)」が売っていたので、それをゆっくりと煮込んだシチュー。Chuckには程良く脂身や筋が含まれていて、味わい深いんだけど部位の中では一番エコノミカルなんだって。このChuck meatをダークなギネスで煮込んでたヨ。

chuckmeat_stew

濃厚でまったりなギネス。好きですか?レシピではこのギネスビールとビーフストックとお野菜(にんじん、玉ねぎ、たくさんのリーク、ニンニク)の中で、お肉を3時間ほどオーブンに入れてゆっくりと煮込む。とありました。相方の買ってきたお肉が少し小さめだったので、このギネス1本とストックをほんの少しで足りてしまった。すんごいいい匂いがするよ〜♪

chuckmeat_stew

約3時間後(↑)。フォークを突き刺すと、ほろりと崩れてしまうくらいに柔らかい。

chuckmeat_stew

こんなお肉料理ときたら、マッシュポテトやね。肉汁をかけていただき〜☆ うまいっ!野菜とギネスビールだけなのに、こんな風な旨みが出るってすごいな。こういうシンプルな北米料理も好きです。

で、私の今日のトライはというと。

なかましほさんのゆべし

「ゆべし」に初挑戦♪ レシピは「なかましほさんの小さなレシピを1ダース」より→☆

なかましほさんのレシピシリーズ、一回分(二人分くらい)の簡単なレシピがあって、気に入ったものを書き留めて試してまーす♪ ゆべしって、初めて聞いたし、ホンモノを食べたことがないから、こんなのでいいのかわかんないけど。やさしい〜味だった〜。ちゃぶ台の前に正座して、お茶をすすりながら頂きたい。そんな味。くるみがはいっているから食べないだろう、と思っていた相方も、「美味しいね」といって食べていたのにはビックリした。

あ!先日、「梅を見に散歩〜」と、写真ものせてみたんだけどね、実はアレ、「梅」ではないみたい〜。可愛らしい梅の姿を粋に演出されていた a-ki_laさん(「春服」)が、「ひょっとすると梅じゃなくてベニスモモかも」って教えてくれた〜☆

「確かに。。。梅の花って枝に転がるように直接つぼみが付いているけど、私が写真にとったのには茎があって花がある。。。」ふむ。早咲きの桜のようにもみえるけど、木の幹は明らかに桜ではない。調べてみるとね「Cherry Plum」(学名はPrunus Pissardii Nigra)って言うらしい。直訳すると「桜梅?」(ややこしー)。ベニスモモで調べると、葉っぱが赤紫っぽいものばかりが出てくるけど、こんなのも咲いてるよ(↓)

Prunus Pissardii Nigra

白くって、ガクは黄緑色。

Prunus Pissardii Nigra

冷たい風がびゅんびゅん吹くなかで、寒さを感じさせない軽やかな可愛さのある「Cherry Plum」。梅ではないよ〜。桜*梅♪ でも… さくらんぼも梅もできないよ。

良い一週間になりますように☆

今日もご訪問どうもありがとう。↓↓ぽちっと One Click嬉しいな♪
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Goodies#96: いちご大福

朝がたの夢の中で、私は和菓子屋の前に立ち、中に並ぶ美しい和菓子にみとれていた。

起きたとき、「いちご大福が食べたい」と思った。どうしても、今日、いちご大福が食べたい。

そして、昔、書き留めた「いちご大福のつくりかた」の紙切れをがさごそと探した。はっは。みぃーっけ。

うちの母は、私が日本に帰ると(時期にもよりますが)いちご大福を作ってくれます。家で作るとたくさんできるので、遠慮せずに食べたい分だけ食べられるのが嬉しい。それに、いちごが新鮮でジューシー。母のレシピはなかなかよろしい。

和菓子というと。プロの作る和菓子は、本当にどれもとても「美しい」。「見ている分」にはどれもこれも大好きです。

和菓子

口にする」となると、好きなもの順位がある。

  1. 三色団子(堂々の一位)
  2. いちご大福
  3. わらび餅
  4. 八つ橋(とか、きな粉のまぶしてあるもの)
  5. かしわ餅

2番以降は、どっちが上位かを決めるのは難しい。でも、三色団子は、私の中ではいつも1番です。

で、今日はいちご大福。大福に使うのだからと、オーガニックの甘いイチゴを買ってきた。アンコは家にあったし、もち粉も、前回「八つ橋に挑戦(記事)」したときのものが余っていた。(あれはおいしかった)

母のいちご大福のレシピ:
材料とつくりかた:

  • もち粉 150g
  • 砂糖 75g
  • 水 1C強
  1. これを蓋つきの耐熱容器にいれてよく混ぜる。
  2. 2分間、レンジでチン。取り出して混ぜる。またレンジに入れて様子をみながら1分チン。
  3. 3回程繰り返して、お餅が透明になればよし。
  4. これを細かくちぎって粉の上に落とし、手でのばして、あんこでくるまれたイチゴを、餅でくるむ。

できあがりの図。

いちご大福

これさぁ、レンジから出してすぐにお餅をあつかうと、あっついです。それからかなり手にくっつきます。粉の上に餅を落として、さっさとのばしてさっさとくるむ。母が作るときは、こんなにもべたべたくっついている様には見えなかったのですが...それから、イチゴはあらかじめ、あんこで包んでおくといいです。

その辺、粉だらけにして、必死になって作った「いちご大福」。

うんうん。食べたかっただけに、満足なり。うふふ。

おまけの質問:どうして、「母」が「草かんむり」をかぶったのが「苺」という字になったのだろう。

にほんブログ村:
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へクリック、どうもありがとう。