ブロッコリーのサラダがおいしい

Gusのこと、心配してくださってどうもありがとう。

心配しすぎてもイボはどこにもいかないので、いつも通りの週末を過ごしたいと思ってます。

マスタークレンジングの後、食べたいものはいっぱいあるのだけど、少しずつ、いつもの雑食生活に戻していきます。このクレンジングをすると、味覚がとっても敏感になって、素材のそのものの味を普段の3倍ほど楽しめる。これ、本当。白ご飯だけをよくかんで食べても、十分においしい。でね、いつもクレンジングのあとに食べたくなるものがありまして。それが、ブロッコリーとかカリフラワーなどの「お花の野菜(?)」。それとローストチキン。

で、終わったらまず作ってみよう!と思っていた「もめんさんのブロッコリーのサラダ」を試してみたよ♪

無農薬のブロッコリーを二房(結構大きいものだった)買ってきて、昨日の夜のうちにドレッシングをかけてタッパーにいれておいたのだ〜。

broccoli_salad

もめんさんに習って、チックピーを使ってみた。レーズンがなかったので、代わりにブラックカラントとドライクランベリー。それだけです。マッシュルームもベーコンもみかんも入れなかったけど、これ、めっちゃくちゃおいしいっ!!!

http://ymomen.exblog.jp/6813238

一晩おくと、ドレッシングがうまくからまっていたし、ブロッコリーは生なのでコリコリしておいしいの〜☆ ベーコンを入れて塩気を足すとおいしい、っていうのもよくわかる。私のは、無しだったけど十分美味しかったよ。食感よし、味のバランス(甘み、塩気、酸味)も良し。これはハマるよっ。

クレンジングをしなかった相方が、「今日はスイータム(←甘いものをねだるときにこう言う。。。)ないの?」って言うので、残ったレモンを使って「ヴィーガン・レモンポピーシードケーキ」なるものを作ってみた。すごく簡単。レシピはココ→☆

ヴィーガンなので、卵もバターもなし。しかも、このレシピには油もゼロ。『これって、まずいヴィーガンレシピかも…』と怪しく思いながらも試してみた。

ヴィーガンレモンポピーシード

正直な感想を言うと、「やっぱり卵やバターが入っている方がおいしい」です。面白いなって思ったのは「テクスチャー」。これが、なぜか「蒸しパン」みたいだった。アーモンドミルクの代わりに豆乳を使ったんだけど、あれをヨーグルトに置き換えればもう少ししっとりしたのかな。私はほんの少しだけ味見しただけですが、やっぱりレモン風味の蒸しパンみたいだったよ。

Happy Weekend ☆

今日もご訪問どうもありがとう。↓↓ぽちっと One Click嬉しいな♪
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

レモンブルーベリーブレッド

先週の日曜日にも冷蔵庫に眠っていたレモンを消費すべく、「レモンプディングケーキ」に初挑戦して失敗した。

「出来上がりがどんなものか」っていうのを知らなかったため、レモンカードの様にカスタード状になっていた底の部分を「半生」だと思って捨ててしまいました。

で! まだあと4つ残っているレモンを使い切るため、今日は分かりやすい「レモンブルーベリーブレッド」を作ることにした。バナナブレッド、なんかと同じ感覚なので、コレなら間違えることはない。

去年の夏にせっせと買い集めて冷凍しておいてブルーベリー♪ まだあと少し残ってる♪ うしし。

レモンブルーベリーブレッド

レモンとブルーベリーは相性がいいのです。

色んなレシピのバリエーションがあるんだけど、中でもレモン汁をたくさん使えるモノを選んだ。で、小麦粉の分量の一部をアーモンドミールで代用してみた☆

レモンブルーベリーブレッド

材料:

  • 溶かしたバター 1/3 C
  • 砂糖 3/4 C
  • レモンジュース 大さじ3
  • 卵 2個
  • 小麦粉 1C
  • アーモンドミール 1/2 C
  • ベーキングパウダー 小さじ1
  • 塩 小さじ1
  • 牛乳 半カップ
  • レモンゼスト(黄色い部分をすったもの) 大さじ2
  • ブルーベリー 1C

オーブンは180度。

  1. バター、砂糖、レモン汁、卵を泡だて器でよく混ぜる。
  2. 別のボールで「粉もの」(小麦粉、アーモンドミール、ベーキングパウダー、塩)を混ぜあわせておく。
  3. この「粉もの」を「1」の中に「牛乳と交互に」いれ、その都度よく混ぜる。
  4. レモンゼストとブルーベリーを、たたみ込むように混ぜあわせる。
  5. バターを塗ったローフパンの中に流し入れ、オーブンに入れて約1時間。中心に竹串を刺して、何も付いてこなかったらオーケー☆

できたー!

レモンブルーベリーブレッド

結局、1時間10分かかりました。上の方の写真はオーブンから出してすぐのもの。

粉砂糖を大さじ3+レモン汁大さじ2を混ぜて「グレージングシロップ」を作っておき、10分ほど冷ましたケーキの上からかける。それが、下の方の写真。中までシロップが浸透するように、竹串でぶすぶすと穴を開けてから、グレージングをかけましたー♪

さて、断面図はというと。。。

レモンブルーベリーブレッド

ブルーベリー入れすぎ?? もうちょっと膨らむ予定だったんだけどな。ふむ。アーモンドミールがよくなかったかな。

感想:しぃっとりとして美味しかった☆ あれだけレモン汁やらレモンゼストやらグレージングを使っただけあり、もんのすごい「レモニー」。ブレッドというより、ケーキに近いかな。爽やかでありどこかほっとする、そんな感じ。

簡単なので、レモンがあったらお試しあれ〜♪

さてまた一週間、頑張ろうね〜。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もどうもありがとう♪ ↑One Click、嬉しいな♪

レモンプディングケーキ

クリスマスにもらったチョコレートたちを食べ終えたところで。。。 久々に焼き菓子を作ることにした☆

相方が「僕はマスタークレンジングをするからね。レモン買ってきてね。」と宣言したのが先週のこと。なのに結局、やっぱりや〜めた〜。と。ったく、そうくると思ったよ。ムニャムニャと「寝言」のように「やります」と宣言して、確信を持って「キャンセルする」。彼のパターンです。んも〜。

というわけで、冷蔵庫には8個のレモンが取り残されました。

で、しゃーないのでレモンを使ったお・か・し。

ときどき覗いてうっとりしている、「Noble Pig」というお料理ブログ。お料理の写真も魅力的だし、ここのレシピの中にはとてもハイカロリーなものもあるんだけど、バターなんかを変にけちらず、ウマさで勝負!っていうアメリカンな勢いが感じられて好きなのです。このNoble Pigで最近紹介されていた「レモンプディングケーキ」を試してみた♪

レシピを紹介しまーす。

レモンプディングケーキ

材料:
(1C=250 cc)

  • 無塩バター 大さじ2(とかしておく)
  • 小麦粉 1/3 C
  • ベーキングパウダー 小さじ半分
  • 塩 小さじ1/4
  • 卵 3個(黄身と白身に分ける)
  • 砂糖 3/4 C(半カップと1/4 Cに分けておく)
  • レモンの皮のすりおろし 小さじ1
  • レモン汁 1/3 C
  • 牛乳 1 1/4 C (豆乳を使ってみた)
  • 粉砂糖 適量

オーブンは165度。ラムキンを6つ用意して、内側にバターをぬっておく。私は小さなラムキンが家にないので、大きなスフレ用の器を使うことにした(←ええんかいな)。で、この器がすっぽりとおさまる耐熱用の器も準備しておく。

レモンプディングケーキ

小麦粉、ベーキングパウダー、塩を小さめのボールにいれて混ぜておく。大きなボールに卵黄(3つ分)と砂糖半カップをいれ、泡立て器(手動)でしゃかしゃかと混ぜる。白っぽくクリーミーになったらオーケー。この中に、溶けたバター、レモン汁、レモンの皮のすりおろし、牛乳(豆乳)、小麦粉ミックスもいれて泡立て器でよく混ぜる。

別のボールで卵白と砂糖 1/4 Cを電動泡だて器で角が立つまで泡立てる。

レモンプディングケーキ

この卵白を、卵+小麦粉みっくすの中にたたむようにして混ぜいれていく。

ラムキン6つに上手に分けていれまーす。私はざざ〜っと大きな器に。こんな感じ(↓)

レモンプディングケーキ

ラムキンが半分浸かるほど、外側の器にお湯をいれて、そうっと気をつけてオーブンにIN!

30分後。

レモンプディングケーキ

できた〜☆

Noble Pigによると、オーブンから出したらすぐに粉砂糖をふりかけて、すぐに召し上がれ〜♪ とあります。

が、私は昼の日中の変な時間に焼きあげてしまい、そのまま台所においておいたら「へっこんだ」。基本的にはスフレと同じアイデアでして、私が作るスフレはいつもへっこむので、へこみには慣れてます。

めげずに粉砂糖をわんさかふりかけて、夕食後に試食☆

レモンプディングケーキ

うん。うん。レモニー♡ で、ふかふか。

レモンプディングケーキ

感想:大きなスフレ用の器を使ったのは失敗。上から3分の2はふかふかだったけど、下の方がとろとろだった… 器が深すぎた。それに、これは、こんな風にお皿に取り分けるのが難しいかな。やっぱり、ちゃんと小さめのラムキンを使って、お一人様用に作るのがベストだ〜。

注意!!なんとなんと! このケーキって上がスフレの様にふかふかで、下はプディングだからカスタードクリームっぽい「モノ」らしい。。。 そんなこと知らずに、とろとろしたクリームの部分は「半生だ」と思って捨ててしまった私。2層になってていいんだよっ! んも〜、一番おいしいところを捨ててもーたやーん(涙)

さて、一週間。頑張ろう!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もどうもありがとう♪ ↑One Click、嬉しいな♪