週末:ルバーブのシャーベットと久々のメープルグラノラと。

夏になり外で過ごす時間が増えると、思考が外に向く。

前にもそんなことを言ったような気がする。夏の間は、目は光と緑を追い、足も自然と外に向かい、思考は…うちに取り込こんで思い巡らすというよりも、外に向けられている。外に向けて発信しているというわけではないのだけど、はっきりと、秋や冬のあいだと違うのはわかる。ブログを書こう!という気持ちはあるのに、コンピューターの前に座って書こうとすると「はて。。。」となることが多い。不思議。

さて。はてはて、なんだけれど。記録しておこう〜。

庭のルバーブがまだわさわさとしている。なんの肥料もあげないのに、なんて元気なんだろう。外側から茎を引きちぎると、内側からまたもりもりと新しい芽を伸ばす。もうそろそろそういう成長の仕方にも終りが来ると思う。なんか、捨ててしまうのがもったいなくて、ジャムやソースやパイやクランブル以外のものを。。。と。今年は初めてルバーブのシャーベットを作ってみたよー♪

ルバーブのシャーベット

材料 (1C=250cc):

  • ルバーブの茎 4〜5本(1cmほどに切って3 1/2 C)
  • 水 2 1/2 C
  • 砂糖 1 2/3 C
  • オレンジゼスト 小さじ2(レモンで代用)
  • 生姜 おろしたもの 小さじ2
  • 塩 小さじ1/4
  • メープルシロップ 大さじ2
  • 豆乳(オプション) 2/3 C

オリジナルのレシピでは、豆乳はなし、メープルシロップの代わりにコーンシロップ。

  • 大きめのお鍋にルバーブ、水、砂糖、オレンジゼスト(レモンゼストとレモン汁を使った)、生姜と塩を入れ、沸騰するまで強火にかける。
  • 火を弱めてふつふつと。蓋をして約5分。完全に砂糖が溶けてルバーブが柔らかくなるまで。
  • 10分ほど覚ます。ブレンダーにかけてピューレにし、メッシュでこす。
  • ここにメープルシロップを加える。
  • 冷凍庫に入れ、2時間おきほどに取り出して混ぜる。アイスクリームメーカーがあればそれでなめらかにしてもよい。

うちにはアイスクリームメーカーはないので、時々取り出して大きなスプーンで混ぜ、氷にならないように気をつけたよー。砂糖が入っているのでカチカチにはならないみたい。少し固まってきたところで豆乳を入れた。ほんの少し「ミルキー」にしたくて。これは全くの私の好みです。

ほーら♡ できたよー。

実は、コレは一回目のトライのもので、ブレンダーで撹拌するのを忘れたのでした(汗)。柔らかく煮詰めたものをメッシュでこしただけ。きちんとブレンダーでなめらかにしてから「こす」と、もう少しルバーブの赤い色が強く出てきれいです。

これがね〜、爽やかで美味しい!ほんの少しの生姜が良いアクセントになってるしー。多めに入れたレモン汁もナイス☆ さっぱりととても美味しいシャーベットのできあがり〜。使い切れないルバーブは、切って冷凍しておいて、あとでこんな風にシャーベットにしてもいいかも!あ、メッシュでこして残ったもの(ルバーブの果肉)は、別にとっておいてヨーグルトなどに入れて食べるとおいしいよー。

週末はいいお天気だったものの、風が。。。強いし冷たい!去年もそんなことを言っていたから、だんだんとこういう傾向になってきているのかも。

↑↑ このゼラニウム、かわいいでしょ? これねー、フェンスの下から侵入してきたお隣さんのゼラニウム。そぅっと土を掘ってレスキューしてしまった。上手く根を掘り出すことができたので、来年はこの子が好きそうな日陰に植えてあげよう。うちにもゼラニウムはあるけれど、もっと濃いピンク。しかもこのゼラニウムはいい香りがする。花の香ではなくて、葉を揉むと柑橘系の爽やかな香りがする。わーい♪ レスキュー成功〜。

週末、もう一つ、すっごくすっごく食べたくて作ったのが、メープルグラノラ

ほら、コロナのせいでね、バルクセクション(グラム買いできるところ)がしまってしまってねー。オーツとかドライフルーツ、ナッツなどを好きな量測り買いできなくなってしまって。予め計ってパッケージに入れられているものが売られているんだけど、こういうグラノラを作るときには自分で量を決めて買いたいしー。そんなんで、コロナ閉鎖になってからオーツやナッツを使うのをためらっていた。

んだけど、我慢できなくなって週末に家にあった材料で作ったよー。

久しぶりだったというのもあるけれど、美味しいっ☆ よく噛んで、じんわりと味わいながら、おいしいなぁ〜って言いながらグラノラタイム。 声に出して「おいしいなぁ」っていって食べると、3倍位美味しい気分になってくる。

あ、そうそう♪

友達が送ってくれた小川糸さんの「たそがれビール」を読んでいる。日記のようなエッセイで、ひとつひとつの小さなエピソードにとても温かい気持ちになる。

小川糸さんの作品を読むのは初めてなんだけど、好きだなぁ。自然体で、彼女の話し声が聞こえてきそう。同世代、しかも!私と相方と同じように、歳の離れたパートナー。いや、ただ年齢差があるというところだけが似ているんだけど、親近感がわいちゃって。ま、それはおいといて、この本を読みながら「旅がしたい〜!!」と叫びそうになった。女友達と旅をしたパリやモロッコなどの様子を読みながら、うっとり。あぁ〜、一つ願いを叶えてあげると言われたら。。。 今なら旅をさせて!って叫ぶかなぁ。あー。一つだけの願いなら…うーーん。相方を元気にして〜って頼むなぁ。でもそれだけじゃ寂しいから。願いを二つ叶えてください。ってお願いするかなぁ。ずるい私。(苦笑)

大好きなヌッカローズとみつばち。

5月の海岸沿いには、大好きなネイティブのNootka Rose(ヌッカローズ)が咲く。

ヌッカローズが咲くのを心待ちにしているのは、ミツバチたちも同じ。「しべ」に飛び込み、我を忘れて酔いしれている感じ。その一生懸命さが本当にかわいらしくて、じぃ〜っと眺めてしまう。

ビデオまでとってしまった。

かわいいな。

連休最終日の今日は、予報通りの雨。しっかりと雨。そしてまた寒かった。

庭がとても乾燥していたので、きちんと十分に潤してくれる雨が降ってくれたのはありがたい。外に出て体を動かせなかったので、友達が教えてくれたストレッチをYoutubeを見ながらやってみたり、掃除をしたり。犬飯を作ったあとに収穫して使えていなかったルバーブでシロップを作ってみた。

砂糖とはちみつを使って作ったよー。ソーダ水などで割って飲むといいらしい。ジンなども美味しいらしい。色のついたものを瓶にいれると、それだけでなんだか楽しくなるねー。

ゆっくりとお風呂にはいって「日々是好日」を再読。またまたほっこり。

見たかった樹木希林さんのこの映画を見ることができなかったので、去年帰国したときに買って帰ってきた一冊。幸せ〜な気持ちになる。お茶の世界って高尚で堅苦しくて凡人の私には縁のないもの、って思っていたけれど、森下さんのこの本を読んでから、お茶の世界の美しさにうっとりとしてしまった。茶道って、普通の人の普通の生活からは遠くかけ離れた特別な習い事、というのが私の中で固まっていたイメージだった。でも、実は、日々にみる自然の移り変わりから心が離れてしまったわたしたちを、自然のもとに引き戻してくれる手段のひとつなのかなって、思い直した。美しいお作法だなぁって。とにかく。ほっこりの一冊。

雨、やむかな。明日は自転車乗れるかなー。

 

 

5月はじめの庭で

青空の広がる土曜日。昨日は20度を上回る夏日だったので、今日も温かいぞ〜と思っていたのだけれど、一日中ひんやりとした風が吹いていたので昨日よりもずっと涼しかった。

毎年同じように草花の記録をしているので、去年はどんな風だったのかな〜とのぞいてみると… うん、やっぱりこの時期に同じ花たちが元気に咲いてくれている。裏庭に咲くオダマキたちはこぼれ種で少しずつ増えているみたいで、今年は去年よりも元気に見える。

うちにあるのは紫色のと桃色。今日、スーパーの前の植木コーナーに、花びらが幾重にも重なっているオダマキを見つけて「はっ☆」とした。これ、かわいい!と、思わずてにとってしまったのだけど、あった場所に戻した。今年の目標は宿根草を種から、だから。グリーンハウスで苗を育てるのを頑張る〜。

ワイルドな「藤」。きちんと「藤棚」を作ってあげれればいいのだけど。支柱でささえているだけなので、咲き方がお化けの様でしょ?

それでも花をい〜っぱいつけてくれていて、いい香りです。

大好きな野草のようなポピー。黄色とオレンジ色。うちの庭で咲くポピーの中では一番バッター。そして長い期間ゆっくりと次から次へとつぼみをつけて咲いてくれる可愛い子たち。

可愛いというと。

フェンス沿いの雑草に埋もれているすずらんたち♡ あーん、かわいい。ちろんちろん♪

すずらんは地下茎でどんどん広がるので、注意していないとあたり一面すずらんだらけになってしまう。

日陰でも元気な花たちって涼しげで、葉っぱも花も柔らかくてみずみずしい。見ていてすぅっとするね。

さぁて。今週末のタスク。生い茂るルバーブを処理。。。とりあえずジャムを作ろう。

去年作ったルバーブジャムはあと一瓶でおしまい。ちょうどいいタイミングかな。6月には妹夫婦がやってくるので、そのときに家族に持って帰ってもらいたいし。採りたてのルバーブと(腹が立つほど甘くない)苺(from the store)のジャムを8瓶。

きれいな色にできあがった♪ あと一回、作っておこうかな〜。

Mother’s Day Weekendということもあり、私の家の近くではガーデンツアーがあったり、家族連れで散歩していたり、外を歩いているだけで楽しくなってくる土曜日だった。Gusもハッピー☆ 裸足で海岸を一緒に歩いて、その後は庭で「裸足芝刈りタイム」。真っ黒になった足を小さなブラシでゴシゴシするのも気持ちいい。

父&母にスカイプをして、二人共元気でいてくれてありがとうと伝えた。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

ルバーブ解禁と、Gusの届けた笑顔

ルバーブ解禁! 休みの最終日、ストロベリールバーブパイを焼いた。春のパイ。いつものお決まりの♪

思いっきりフォーカスズレてる…

これからがんがんルバーブが採れる。本当になーんにもしないのに次から次へとにょきにょき。たくましい。パイを焼いて、ジャムを作って。職場に持っていってもらってもらって、またジャムを作って。

で☆ 初ものルバーブでパイを焼いたよ〜。

いちごはお店で買ってきたものなんだけど、これがねぇ。。。イチゴっ気のない見かけだけがイチゴというイチゴ。酸っぱ。まぁ、パイにするんだからいっか。

甘酸っぱいストロベリールバーブパイは春らしくて、この赤い色と、外の柔らかい緑を見ていると元気が出てくる。

背伸びをして。パイに熱いEye Beamを送るイヌ。

眼力。びびびびびーーーー。

Gいいにおい。ぼくちんもひときれもらえるかな。はしっこのかりかりだけでいいです。

連休中、Gusはひとつ良いことをした♪

お休みの日は、ちょっと長い散歩に出かける。いつもはただ通り過ぎるだけの小さなローカルカフェの前に「We are OPEN!」とチョークで書かれた立て看板が目についた。「祝日なのにあいてるのー?」と、のぞいてみた。かわいらしいお姉さん店員さんが二人と、初老の女性がひとり。私もミルクティーを「To Go」で頼んだ。するとそのお客さんの女性が、「今日もGusは元気で幸せそうね。」と。「あれ?どこかでお会いしたことありますか?」と聞くと、「ほら、あの丘の上で主人と一緒に会ったことがあるのよ。」って。あ、そうだ!半年ほど前にお二人で散歩されていた素敵なご夫婦!と、思い出した。彼女はジャニス、ご主人はボブ。「あ、覚えてますよ!あれは秋の終わりでしたよね~」と答えた。

紅茶の支払いを済ませ、外に出てGusのそばで紅茶ができるのを待っていた。すると、ジャニスが私のそばにやってきて、「ひとつお願いを聞いてくれないかしら。私の家はここからすぐ近くなんだけれど、Gusと一緒に来てボブにGusを会わせてあげてくれませんか?」と。ボブさんには持病があって、もうあまり遠くまで歩けないんだって。ジャニスさんが、「Gusを見たらすごく喜ぶとおもうのよ」って。 Of course! Let’s go and say hello to Bob!

私とGusはジャニスさんたちの家の裏庭に周り、ボブさんが出てくるのを待った。程よい大きさのとてもプライベートなお庭が素敵だった。その日も朝からとてもしんどかったというボブさんに、しっぽをぶんぶん振って走り寄っていき、横っ腹を足にすりつけて挨拶するGus。ボブさんの顔がぱぁっと明るくなって「おぉ~っ、Gusっ!よく来てくれたね~。いい子だいい子だ。今日の最高のおくりものだよ。」と、思いっきりGusをなでてくれました。

本当に嬉しそうなボブさんをみて、わんこパワーはすごいなぁって、Gusを誇らしく思った。
そして。ひとつサプライズ。ジャニスさんに指さされて窓際に置かれた大きな鳥かごに気づく。止まり木の上で、じぃ~っと静かに私たちをみていた「鳩」のジャクゥ。白と薄いカフェオレのような色の子。ジャニスさんが先生をされていたときに、クラスが保護したレスキュー鳩なんだって。なんと、ジャクゥは今年で(最低)「24歳」!鳩ってそんなに長生きするの?

仏教徒だというお二人は日本を訪れたこともあり、ジャニスさんは中でも鎌倉が特別だったと言っていた。あの場所には「Something special」があるって。そしてビクトリアの幾つかの場所もスペシャルよ、とも。

またGusと一緒に週末散歩の途中にお二人をたずねてみようと思う。